NPSK2と言うのはシステムサコムのRS232C分配器
NPSK2

この図の通り、RS232Cを2分配するものです。


最近、NPSK2-PとNPSK2-Bの2機種が発売されました。
従来のNPSK2と何か違うのか?
NPSK2-PとNPSK2-Bとは何が違うのか?
どのように使うのか書いてみました。





NPSK2-Pは、コモン側にPCなど(DTE)を接続して、分岐側に端末(DCE)を接続する用途に使います。コモン側のケーブルはストレート、分岐側のケーブルもストレートになります。
NPSK2-Pの詳細情報はこちら・・・http://www.sacom.co.jp/product/products_detail.php?prid=ss_232c_npsk2_p





NPSK2-Bは、コモン側にバーコードなど(DCE)を接続して、分岐側にPCなど(DTE)を接続する用途に使います。コモン側のケーブルはストレート、分岐側のケーブルもストレートになります。
NPSK2-Bの詳細情報はこちら。。。http://www.sacom.co.jp/product/products_detail.php?prid=ss_232c_npsk2_p




要するに、
用途をきちんと分けて、使えるケーブルを整理したと言う事ですね。



最後に、
従来のNPSK2は新規のユーザ向けじゃありません。と言う事ですから
新規ユーザや新規システムには使わないほうが無難です。
この NPSK-P や NPSK-B を使ってください。


次に、いつも上記の組み合わせでありませんから、
その他の使用例を挙げてみます。


つづく・・・

<<こちらは、RS232C、RS485、RS422、USB変換、LAN変換、特殊変換の専門情報館です>>



補足情報です。
NPSK2では実現出来なかった、
2台のRS232C機器データを1台のPCへ送ることのできる製品が出来ました。
2台のバーコードリーダーを1台のPCへ接続できます。

名前は、USB-232C-BND2-* です。

http://www.sacom.co.jp/product/products.php

本ブログの、USB-232C-BND2-* に関する記事が書いてある、
バーコードリーダーRS232Cを2台使って2台のPCへ接続したい。
http://blog.livedoor.jp/rs485/archives/1329016.html
も読んでみて下さい。