rs6000の日記

IBM Power Systems AS/400 iSeries アニメ ゲーム 仕事 雑記等をつらつらと…

20170320sg01

Arduino関連の記事でブレッドボード上で実験とかしてきましたが、やはりマイコンは組み込んでナンボのシロモノなので適当なケースに入れてみました。
20170320sg02
20170320sg03

スケッチはこれまでのを適当にブレンドして作りました。一部コードに無意味と言うか怪しいところがありますが動くので問題ありません。動くプログラムは全て美しいのです。

マイコンを組み込む場合、自分が用意したのは以下のパーツです。
・ケース(タカチYM-130)
Arduino ProMini
・電池ボックス(単4電池)
・電源確認用LED(秋月で買ったブラケット入LED)
・信号発生確認LED(手持ちの適当な3mmLED+ブラケット)
・信号発生ボタン(秋月で購入したモーメンタリのプッシュスイッチ)
・電源用スイッチ(秋月で購入したSPDTのトグルスイッチ)
ユニバーサル基板
・配線材
フォーンジャック
・適当なLPF部品(4K7,10uF)
・適当な出力抵抗

LPFに関しては以下の記事を参考にさせていただきました。
■Arduino Uno のPWM出力をアナログ信号に変換する
■PWM信号とローパスフィルタを用いた簡易D/A

これが何の役に立つの?的な話ですが、自作エフェクターとか製作していると動作確認する際にエフェクターとギターは配線して、ギターの弦を弾いて「音出てるかなー」とかしますが、音が出ない時はとか、チェックしてはギターを弾くとかの工程が鬱陶しいので信号を出しっぱなしにする機材が欲しくて作りました。

正直なところPCとマルチエフェクターがあれば要らないですし、マルチエフェクターのルーパー機能とか使えば要らない機材ではありますが、そういう事を言い出すと自作そのものの意味がなくなるので忘れる事にします。(^_^;

あとこれも言い出すとキリがないシリーズなのですが、単純に音を出すといいましょうか正弦波発振回路そのものはオペアンプ1回路ほど使った簡単な回路でも作れますので、わざわざArduinoとか使う必要はありません。
単純な部品代だけで言うならアナログ回路で組んだ方が安いのは事実ですし電力消費も低いです。

とは言え、マイコン本体(ArduinoProMini)とか1個500円前後で入手可能です。昔みたいにマイコンが敷居が高い時代でしたらいざしらず今はIDEも無料提供されてる状況ですので、制御系はマイコン使ったほうが「早い、安い、美味い」の三拍子な状態だと言う認識です。

変な話なのですが、ド素人に「テスト用の信号発生装置を作ってね!ケースに入れてモーメンタリのボタンでON/OFFできてついでにLED連動するヤツ。音質はどーでもいい」と言う条件下ですと、素人さんがそれをケースに入れるまでの学習コストは一ヶ月超えると思いますが、Arduinoならば1・2週間で到達できるでしょう。

どっちが楽に実装できるか?ってのは実際にアナログとデジタル両方を経験していないのと言えない話ではありますので、この手の話にたいした意味はないんですけどね。
ただアナログしか知らない人とかアナログが超得意!って人はデジタル畑の人よりもアナログ畑の人の方が早く実装できるでしょうが、流石に「適当なメロディ鳴らして」とか「後で音色も変更できるように」とかの要件がついたら圧倒的にデジタルなマイコン無双です。

自分はアナログの自作エフェクターたくさん作っていますけど、「自分はアナログエフェクターだけでなくデジタルマルチもよく使うよ!」と公言してる人でして、「これはデジタルで作った方が面白そう」って理由でシグナルジェネレーターはマイコンで作りました。

Twitterでもつぶやきましたがアナログのオリジナル(?)自作エフェクターとかの製作はしばらく休止して、今度はマイコン使ったお遊び記事とかを中心に掲載していこうかと思っています。

あと真似する人もほとんどいないと思いますが、お約束としては「自作は自己責任でね!」ってのを深く理解してほしいです。

電気に詳しい人からみたらこの仕様は「アホかと」ってレベルで色々なモノを端折っております。
本当はLPFを通した後にレールtoレールなオペアンプを使って適正なバイアスを与えてインピーダンス変換&出力調整とかすべきでしょうけど、面倒なのでLPFで終わらせています。

要は「作り間違えた場合、接続先がシンプルなヴィンテージ的なチューブアンプだとアンプが即死する可能性あり」って事です。

ブティック系は別ですが、普通のBOSS辺りのエフェクターとか市販されてる普通のソリッドアンプは堅牢かつ丈夫な設計ですので保護回路が作動して仮にやらかしてもぶっ壊れないとは思いますが、モノには限度がありますからね…。

この工作を真似して「アンプが壊れました」とか言われても「やったね!新しいアンプが買えるよ!すごーい!」くらいの返答しか出来ません。いやマジで…(^_^;

とりあえずマイコンをケースに組み込むと「なんか凄いの出来た!」感が達成できて楽しいです。
ブレッドボードで動作するモノを作ってもそのままでは結局使わなくなっちゃうのでちゃんと単体で動くモノを作るべきだと思います。

そんなワケで久しぶりにハンドワイヤードな工作しました。


Arduinoと言うマイコンはかなりイージーに音が出せます。
圧電スピーカーを利用した適当なブザー音程度でしたら、ピンとGNDを接続してtone()関数で一発です。

今回は圧電スピーカーではなくとりあえず100円ショップで売ってるスピーカーで音を出す事にチャレンジしてみました。
ブレッドボードにはこの部品を使ってステレオミニジャックを取り付けています。
■3.5mmステレオミニジャックDIP化キット


後はこのステレオジャックにお手持ちのスピーカーをつなげれば音は出ます。
が、事故が起きる事も考慮して100円ショップで適当なスピーカーを接続しましょうです。

最初はMozziを使おうかと思いましたが、単純に曲(?)鳴らす程度であれはArduinoの標準ライブラリのサンプルスケッチを少し改造するだけできらきら星のイントロくらいは鳴らせます。
流石に一曲すべて打ち込む気力は無かったです(^_~;

こんな感じで音が出ましたですよ。




arduinoでの"HelloWorld!"はLチカと呼ばれる、LEDをチカチカと点滅させる超基礎的なプログラミングです。
次の学習段階としては「ボタンを押すとLEDが消灯状態なら点灯、点灯状態なら消灯させる」があると思います。
実際は配線はarduinoとタクトスイッチ配線するだけでLED制御のサンプルはできちゃいます。
20170319A01

単純にプログラムを組むとこんなコードになると思います。と言うかサンプルそのまんまです。



動かすとこんな動作をします。

辛い
これはこれで当たり前の動作ですが、これでは実用的とは言い難いのでプログラムを工夫します。

これでなんとか普通に動作する様になりました。

ですが正直プログラムが美しくありません。
ハードウェアの挙動とその対策の基礎を学ぶと言う意味では意味のあるコードですが、制御するボタンが増える度にこんなコードを書いていては生産性が上がりません。

Arduinoには幸いにも他人が書いてくれたコードを参照して利用できる機能がありますので、それらを使ってシンプルにボタン制御を記述していみようと思います。

デバウンスのライブラリを利用します。
http://playground.arduino.cc/Code/Bounce
なんかBounce2に進化していましたが旧Verの記述でもそれなりに動いています。



この様に比較的にシンプルにボタンによるLEDのON/OFFが可能となりました。
ありがたや

と言いましょうかバウンス関連の処理ではdelay()ではなくmillis()を使うべし!って事なのでしょうね。
将来的に割り込みとかコネコネしだすどdelay()で泣くことなりそうですし。

20170311OVERDRIVE13
適宜更新します。 前記事(■自作エフェクターへのリンク■)(■自作エフェクターへのリンク2■)(■自作エフェクターへのリンク3■)

Rabbit☆Splitter! (Is the order a rabbit?/桐間 紗路/GuitarSignalSplitterSS!)20161201split03

Rabbit☆AC⇒DC Adapter! (Is the order a rabbit?/保登 心愛&香風 智乃/トランス式AC-DCアダプタ 18V)
20161215AC07

Rabbit☆PowerSonic! (Is the order a rabbit?/保登 モカ/超ローノイズ・プログラマブル可変電源キット:Texas Instruments TPS7A4700改)
20161225POW09

Rabbit☆Booster! (Is the order a rabbit?/香風 智乃/LTC1144+2SK369+NJM5534 Boost!)
20170121FET5534_08

Rabbit☆Booster! (Is the order a rabbit?/宇治松 千夜/LT1026+2SK369+LT1028 Boost!)
20170121FET1028_08

Rabbit☆PreAmplifier! (Is the order a rabbit?/保登 心愛/LTC1144+2SK369+MUSES8820D amplifier)
20170304PREAMP05

Rabbit☆Distortion! (Is the order a rabbit?/天々座 理世/MUSES8920D Distortion)
20170304DIST08

Rabbit☆Overdrive! (Is the order a rabbit?/香風 智乃/LT1026+MUSES8920D Overdrive)
20170311OVERDRIVE14

最近は自作エフェクターよりもマイコンのお勉強してる人です。
主に自分が遊んでいるマイコンはArduinoです。

Webで色々なページを参考にしつつ勉強しているのですが、多くの記事で使われている回路図とかブレッドボードのレイアウト図が似ているので、おそらくは同じソフトウェアを用いて開発しているのだろうと思いまして調べましたらFritzingと言うソフトウェアを用いているのが解りましたので自分のPCにインストールしてみました。

インストール方法は適当にググってください(^^)
スイッチサイエンスさんのページがわかりやすく説明していますので、それにならって遊んでみた感想です。
■Fritzingの使い方


Arduinoで動かす小規模回路の設計には非常に最適なCADソフトですね。
操作性が直感的でそれでいて統一性があります。
マウスのみの操作でサクサクとブレッドボード上に部品を並べてる事が出来ますし、なんと回路図を書かなくてもブレッドボードで配線したらそこから逆に回路図を起こしてくれます。
20170218A01
20170218A02
20170218A03

KiCADでも似た様な事は出来ますが、正直現実的ではないと言いましょうかアレなんですよ…

KiCADは作業手順が「これ以外の方法での手順では絶対に認めない!」と言う使う人がツールに合わせると言う日本人的な発想の元に作られていますが、Fritzingはツールが人に合わせてると言う認識です。

と言うかぶっちゃけるとKiCADのUIがクソすぎるのと、普通に開発力やらデザイナーのセンスがFritzingに比べると10年以上遅れているだけだと思います。

もちろんそれぞれのソフトには得手不得手があります。
20170218A04
自分が長年愛用していたDiyLayoutCreater(Windows版の初期Ver)であればインストールも簡単ですし、MXRサイズでオペアンプが2個くらいまでのエフェクター回路であればCAD初心者でも不満もなく作れて世界中に愛用者も多い素晴らしいソフトです。
ただディレイクラス(NJM7805+NJM4558+PT2399、POT×3)の回路になると厳しい感があるのは否めませんね。
小規模のエフェクター回路でポイント・トゥ・ポイントとか片面のエッチング基板のレイアウトを作るのに最適なソフトウェアだと思います。


20170218A05
KiCADは「異様なコストをかけて勉強&準備&環境を揃え、ネットに上がってるドキュメントやらが旧バージョンの話だったりと艱難辛苦を乗り越えて、KiCADの機能やコマンドを脳内にインプットし、回路図作成→コンポーネントの関連づけ→PCBエディタの流れで戻りは一切ないケースであれば右手マウス、左手キーボードでショートカット駆使しまくりで、大規模回路の開発であれば抜群の生産性を誇る」のは間違いないでしょう。
自分の場合は「両面基板かつ業者に基板製作を依頼したいので仕方なく使ってる」的な面があるのは否めません。
KiCADを使うメリットとしては回路シミュレータとの連携やらPCB設計でオートルータ等でしょうか?
自分的にはLTSpiceと連携して回路シミュレーター動かすとか高尚な事はしないと言いましょうか、自分の場合は「KiCADで回路組む→ブレッドボードで試験しつつ定数を調整」って流れですので回路シミュとかあまり使う機会がないので…(^_^;
回路シミュの結果も参考にはなるといえばなるのですが、エフェクターの場合は「結局耳で最終調整」ってフェイズが必ず入るので、「回路シミュで波形がこうだから…」って理由はそれほど重要な要素になっていないのですよね。
これが普通の発振回路とか増幅回路なら回路シミュも重要だとは思います。

FritzingはDiyLayoutCreater(初期Ver)とコンセプトが似ていまして「小規模向けで簡単かつ解りやすい」が主眼にありまして、恐ろしいまでに初期の導入コストが軽いです。
マイコンをArduino UNO R3にしておくとプリント基板エディタがデフォルトでArduinoシールドの外形&ピン配置となっている為、恐ろしい程に使い勝手がよくて親切なソフトウェアとなっています。
これでいてガーバーも出力できますので、デザインした自作シールド基板を気軽に外部に発注できるのも革新的な出来です。

このソフト一つで回路図、ブレッドボード上の実体配線図、プリント基板エディタがオールインワンとなっているので、初心者が学習目的で導入するCADしては驚異的な完成度です。

KiCADをDisるワケでもないのですが、KiCADは良く悪くも技術畑の人向けのソフトなんですよね。
マウスでポチポチとGUI操作するのではなく、キーボードでパタパタと打ち込む人向けです。
て言うかGUIがクソすぎて自分も時々直接ファイルをテキストエディタで開いて操作しますし、Pythonのスクリプトとか自作してアレコレやって「なんとか使えるかなぁ」的なソフトです。
回路設計の知識と経験以前にプログラマの知識も必要です。
純粋に回路の勉強とかする以前に初歩的なプログラムの知識&経験がないとそもそも使えません(^_^;
要は敷居の高さがハンパ無いのです。

トラ技系の雑誌とかが「KiCAD始めよう!」とかよく言っていますが、ガーバーデータ作成して外部業者に基板を発注する、って目的が無ければKiCADとか始めなくていいと思います。
学習目的でブレッドボード止まりの電子工作が多いならFritzingの方が便利だと思います。
人によりけりだとは思いますが、多少慣れてくるとブレッドボード上で「ここをこうして…」とかやって変更したりするケースが多いワケですが、KiCADだとそういう作業が余りにも向いてないです。と言うか普通に回路図変更→レイアウト変更の連携もマトモに出来ないのがKiCADですので、この不便さに慣れかけてる自分からしたらFritzingはかなり優秀なソフトウェアだと思います。

基板製作サービスのPCBGOGOを使ってみましたのでそれらの所感に関しての記事です。

自分自身は電子工作は素人さんですので、それらを踏まえて読んでくださると幸いです。

自分がこれまで利用してきた基板製作サービスはElecrowです。
自分は行う工作は自作エフェクターと言う事で使う部品はディスクリート部品(チップ部品ではなく部品にリードが付いている部品)、ICもDIPパッケージを利用してる古典的な電子回路の人です。
Elecrowは品質面ではあまりいい噂は聞かないのですが、自分みたいにディスクリート部品が主体の人では品質の低さとかはそれほど気になりませんでした。
基板のシルクが汚れていようが掠れていようがマスクが甘かろうがランドが微妙にズレていてもアナログのエフェクター程度ではたいした障害にはなりませんので、そんなに気にしていませんでした。

そんな感じでElecrowは「安かろう悪かろう」を理解し素人工作で使う分には格安で基板製造してくれるありがたいサービスでした。

が、最近のElecrowは納期を平気で破る上に品質の低下が著しいので他の基板製作サービスを探していたところPCBGOGOが目に止まりましたので人柱の精神で特攻してみました。

PCBGOGOに提出するガーバーデータはElecrowとまったく同じフォーマットで提出しましたが、問題なく処理してくれました。
ガーバーデータはKiCADで作成しています。
デザインルールもKiCADのデフォルトで作成しています。

注文に関してElecrowとPCBGOGOは少し手順が違います。
Elecrowは作る基板をカートに入れてその際にガーバーのzipファイルをアップロードして即決済です。
PCBGOGOは基板をカートにいれてガーバーのzipファイルをアップロードするところまで同じですが、ガーバーデータの確認が終わってから決済と言う流れです。

基板の出荷に関してElecrowに比べるとPCBGOGOはかなり早かったです。
Elecrowは注文書には「4-7日で出荷」と記述されていますが、ここ最近では7日ですら出荷される事はまずありません。自分ですと10-14日で出荷と言う「ちょっと遅れたとか言うレベルじゃない」ってくらい今のElecrowは酷いです。

PCBGOGOは実質3日くらいで出荷していますので、たしかに宣伝通りの速さです。
Elecrowも自分が使い始めた頃はこれに近い速さだったんですけどね…。

ただ難点としては配送業者でDHLを初めて利用しましたが、これが最悪レベルな配送サービスです。
以下の点がネガティブな評価ポイントです。
・価格が高い
・その割に早くない
・再配達の受付は平日のみ(土日祝不可能)
・再配達可能時間は前営業日1500時まで
・再配達を依頼するのに費用が発生する

要するに金曜日の午後に荷物の受取を受け取れなかった場合最短でも火曜日まで荷物が届くことがありません。

基板はちょっとオサレな箱に入ってきます。箱がやや潰れるのは安定の中華クオリティ。
20170214A01
20170214A02

基板の密封もElecrowと同じですね。
20170214A03


基板の質は自分は素人なのでコメントが難しいですが、特にElecrowとくらべて劣ると言う事はないみたいです。

20170214A04
左がElecrowで右がPCBGOGOです。PCBGOGOの赤の方が気持ち発色がいいですね。
20170214A05
これがElecrowのIC部分の拡大画像です。
20170214A06
こちらがPCBGOGO
20170214A07
D2の右側にシルクのゴミがあったりします。

Elecrowの基板は品質がガタ落ちする前の2016版です。悪評高い2017版は未だに出荷されないので不明w

最後に料金の話ですがおおよそ5cm×5cmの基板10枚製造した場合は以下の通りです。

Elecrow:約1600円
PCBGOGO:約3600円

つまり価格が倍以上違いますので、早く出来て当たり前じゃね?ってのもあるのは事実です。
PCBGOGOの料金があればElecrowなら5cm×5cmの10枚を2種類でOCS配送(2-3日で日本に届く)サービスを使ってお釣りがきます。

なんでこんなに価格に差があるか?といいますと基板製造費に関してはPCBGOGOはElecrowとはそれほど大差ないのですが、発送方法がDHL国際宅急便(2000円オーバー)のみと言うブルジョアコースしか選べないのが痛いです。OCS配送なら同じスピードで日本に届くのに料金はDHLの半額です。船便でまったりなら500円もかかりません。
これがElecrowの様に4-5$で発送できる様になったらPCBGOGOは間違いなく覇権を取れるとは思います。

そういう意味でPCBGOGOはElecrowの倍以上出す価値があるか?って聞かれるとかなり厳しいです。
エフェクター程度の基板であればElecrowの品質で十分です。

PCBGOGOがOCS配送に対応してくれたら確実にElecrowから乗り換えるんですけどね。(^_^;

自分的には基板製造費がElecrowよりも数割高くてもこの速さで製造してくれるのは有利だと思いますが、配送費の高さと配送業者の日本では信じがたい殿様商売っぷりと荷物の受取のハードルの高さがPCBGOGOのメリットを全て帳消しにする程のサービスの悪さですので、「配送トラブルなんて慣れっこだぜwww」って人しかPCBGOGOをオススメできません。

自分のケースですと結果的にElecrow+OCSに頼むのと受け取るまでの期間は変わりません。てかElecrowが多少遅くてもOCSパワーで遅さをカバーできます。当たり前ですがElecrowの方が遥かに安いです。

現時点でElecrowとPCBGOGOを簡単に比較した場合以下の通りです。

○Elecrow
・価格が安い
・品質低い
・色々な配送サービスが選べる

○PCBGOGO
・価格がやや高い
・品質普通
・配送サービスが選べない上にそのサービスの費用が高額な上に地雷

と言う訳でPCBGOGOは基板の質はともかく配送サービスが最悪なので今後利用するかはかなり微妙です。

現段階では勇者向けサービスですので、自分で挑戦する勇者様は線幅6milで基板作ってみて欲しいです。(^_^;

FusionPCBもElecrowも6mil対応ですしね(出来るとは言ってない)

通販のポイントが溜まっていたので無駄にArduinoの基盤を購入しました。

購入したのは以下の商品です。

Arduino Nano 3.0 互換品 ATMEGA328P 5V 16MHz
USBシリアル変換モジュール SILICON LABS CP2102 6ピン DTR端子付き

普通(?)のArduinoはUSB端子とか電源端子がついていて即開発とか出来るのですが、自分が購入したのはちょっと安いキットですので、組み立てから動かすまでを紹介したいと思います。


Arduino Pro Miniキットの中身です。ピンを半田付けするだけです。
20170204Arduino01
マクロレンズで接写しました。記念と言うかメモも兼ねています。一部のピンが微妙な位置にあるので…20170204Arduino02
20170204Arduino03
こちらはUSB⇔シリアル変換モジュールです。
これは半田付け済なのですね。
20170204Arduino05
20170204Arduino06
でシコシコとArduino Pro Miniを半田つけしました
20170204Arduino07
並べてみました。接続するコネクタがないので作る必要があります20170204Arduino08
自分はタマに使うQIコネクタの部品です。
エフェクターではあんまし使わないと言うかこれも日本で使ってるの自分だけ?ってくらいの頻度の部品ですね(^_^;
詳しくは以下のURLを見てください
【Tips】電子工作でよく使う『QIコネクタ』の圧着方法
20170204Arduino09
驚きなのですが、USBシリアル変換モジュールのUSB端子がTYPE-Aと言う利用者の事をガン無視したコネクタなので100円ショップでUSB延長ケーブル買ってきました。
20170204Arduino10
てなワケで自作コネクタで配線しました。
無事LEDが点灯しPCからも認識できました。
20170204Arduino11
Arduino IDEも最新バージョンにして設定します
20170204Arduino12
お約束のLED点滅するスケッチです
20170204Arduino13


で、これが稼働情強です。久しぶりの動画撮影です。


思ったことは意外にコネクタとかUSB周りが面倒でした

普通にマイコンで遊んでみたい!って人はやっぱり以下のArduinoが無難だと思います。

Arduino Nano
スイッチサイエンス

数年ぶりにアナログのエフェクター買いました。

DS-1のアニバーサリー・エディションであるDS-1-4Aです。


箱はかなりの高級感あります。
20170128_DS-1-4A_01

20170128_DS-1-4A_02
フタをあけるとなんかテンション上がります。
20170128_DS-1-4A_03
黒ベースの筐体に金文字でかなり高級感あります。これが6480円とかパナイっす。
20170128_DS-1-4A_04
自分は特に思い入れはないのですが銀ネジです。
20170128_DS-1-4A_05
で、使ってて違和感あるのはDS-1の真ん中のツマミがLEVELと言う罠。BD-2やOD-3に慣れてると「そこかよ!」ってツッコミ入れたくなります。
20170128_DS-1-4A_06
裏面の説明はDS-1-4Aが一番シンプルですね。日本語無いしw
20170128_DS-1-4A_07


で、サウンドですが記憶の中のDS-1と比較しても変わんないかな?ってペダルです。
TONEの効きがMuff並にエグいのはいつもの事でストラトのリアPUかつTONEを上げるセッティングだと異様にジャキジャキするのもDS-1ならではですし、フロントPU&ローゲインにしてTONE下げるといなたいオールドな歪みだなぁ、って感慨にふけるモノがあります。

モダンハイゲインディストーションではないので、そのジャンルに使うには厳しいのはあるかも知れませんが古きよき時代のロックの黄金期に活躍しただけあってMarhsallやらFenderアンプにつなげるとかなりゴキゲンなハードロックサウンドが今でも楽しめる素晴らしいペダルだと再認識します。

DS-1-4Aでなくてもいいので基本として持っとけ!的な立ち位置のペダルですね。

なんかTLで道具ネタで盛り上がっていたのでとりあえず自分も自作エフェクターに使っている道具とかを紹介します。自分の作業環境はR-18指定なので未成年はブラウザを閉じる事推奨します。

おそらくは世界でもっとも参考にならないであろう自作エフェクター工具紹介だと思います。

同人誌の感想の続きです。

■やだぽっと
20161231_6_01
20161231_6_02
イラスト本です。
商業での活躍も目立つようになってきてまして来年も躍進される予感がする作家さんですね。
ここで過去に出してたモバブーも欲しかったですよ。
同人グッズってモバブーが一番入手難易度高いアイテムですよね


■わさんぼん
20161231_6_03
艦これのイラスト本です。
自分はしおいちゃんとか鳳翔さんのイラストがお気に入りです。


■C.R's NEST
20161231_6_04
グラブルのアンスリア本です。
いや、自分はアンスリア持っていないんですけどね。つい購入してしまいました(^_^;
かなり薄い本要員なキャラですよね。


■千段櫂船
20161231_6_05
艦これの村雨本とオリジナルの風紀委員本です。
村雨本は村雨がいいところ見せてくれる本です。と言うかこの本の提督さんってわしかしクズですよね(^_^;
風紀委員ちゃん本は本番シーンは少ないですが、おなにゅーなシーンがエロエロで良かったですよ。



■スライム企画
20161231_6_06
艦これの暁本とイラスト本です。
どちらも暁が中心ですね。
性癖これくしょんとは業が深そうな内容でして猫耳で首輪プレイとかニーソとか目隠しノー○ンストッキングとか暁ちゃんが健気に尽くしてくれる本です。
こういうこじらせてしまった系の本も同人ならではですねー・


■ショコラテ
20161231_6_07
艦これの雲龍本と翔鶴本です。
雲龍本は姫始めって事で着物を着ながらのプレイです。なんか雲龍型は着物は珍しくないはずなのですが、雲龍だけはあんまし着物来てるイメージが少ないのですよね。
翔鶴本は男の浪漫の裸エプロン本です。これもそうなのですが、ここの本はフルカラー漫画って事でかなり頑張ってると思います。


■もずちち
20161231_6_08
艦これの香取姉妹本です。
新人アルバイトさんが香取と鹿島がコンビニで色々と温めてもらえる素晴らしいシチュのお話です。
ここの香取姉妹どんぶりはとても美味しそうですわ…


■Frenchletter
20161231_6_09
艦これのしおい本とろーちゃん本と時雨本です。
どの本も基本的に不倫・NTR・めんどくさい系のお話ですな(^_^;
しかし実際のゲームだと重婚提督も普通ですので、ここのしおいちゃんやろーちゃんは本当に一途(?)でいいですね。(^_^;


■こるり屋
20161231_6_10
艦これのはいてない本と仙台本です。
てか、前のはいてないエピソードって続くんだ…、って感じでした。
神通さんの「体が火照って…」の辺りは笑いました。
川内さんのひきこもり本も面白かったです。
しかし、川内さんはよくFXする元手持っていましたね…。


■squeezecandyheaven
20161231_6_11
20161231_6_12
オリジナル本✕2と艦これの潜水艦以外の娘総集編です。
オリジナルの妹本は基本黒い内容です。商業じゃ通らないだろうなー、な内容でいしてある意味で同人っぽくていいですね。
ストーカー本は前作の続きでNTRと言うか親友の裏切りにあった娘がヒロインで客観的に見るとかなり酷い内容かつ展開ですが、これもある意味で商業では通らなさそうな内容ですので、是非にゲットする事をオススメします。
艦これ総集編は別に黒くない内容でしてちゃんと艦これをリスペクトしてる楽しいラブラブ展開ですのでこっちもかなりオススメです。


■にくきゅうおんど
20161231_6_13
女子高生と楽器本と縛り本です。
女子高生と楽器な本は多少はあるあるなネタで面白いです。しかしまぁコレは絵面的に女子高生だから見れますが、普通の野郎がやってたら痛いことこの上ないですな…
縛り本は縛った際の着衣の乱れ加減やら女子の表情がいいですね。


とりあえず同人誌の感想はおしまいです。
-----
コミックマーケット91 同人誌感想リンク
■コミケ91 1日目 戦利品レビュー その1
■コミケ91 1日目 戦利品レビュー その2
■コミケ91 1日目 戦利品レビュー その3
■コミケ91 1日目 戦利品レビュー その4
■コミケ91 1日目 戦利品レビュー その5
■コミケ91 1日目 戦利品レビュー その6
■コミケ91 2日目 戦利品レビュー
■コミケ91 3日目 戦利品レビュー その1
■コミケ91 3日目 戦利品レビュー その2
■コミケ91 3日目 戦利品レビュー その3
■コミケ91 3日目 戦利品レビュー その4
■コミケ91 3日目 戦利品レビュー その5
■コミケ91 3日目 戦利品レビュー その6
-----

同人誌の感想の続きです。

■Twilight Road
20161231_5_01
20161231_5_02
艦これの神風本です。
神風も結構多くの提督から愛されキャラですよね。
性能がかなり厳しいので対潜と遠征くらいしか使えませんが自分も頑張って育てています。


■夢よりすてきな
20161231_5_03
艦これの鹿島本です。
そういえば、鹿島ってSキャラな外観してますけど、ゲームだと普通に気が利くいい娘なんですよね。
で、この同人誌だとドMになっちゃっていたりします。
しかし最後まで読むと「やっぱり鹿島は天使やな…」って内容だったりします。


■米-つぼ
20161231_5_04
艦これの翔鶴本です。
前ページフルカラーのえちぃ翔鶴さんが堪能できて満足ですよ
マフラー翔鶴さんも大変愛らしいです。


■とんぷぅら亭
20161231_5_05
艦これの翔鶴本です。
ここの同人誌、毎回かなりエロいのでファンですよ。
子作りに励む翔鶴さんがエロ可愛い本です。


■まじかよ
20161231_5_06
艦これの26本です。
ここのニムちゃんはいい肉つきしていてそれでいてロリフェイスで自分好みですわ。
自分もニムちゃんとストレッチしたいです。


■猫じゃらされ
20161231_5_07
艦これの長月本とやどかり艦本です。
長月本は貴重でして、自分もこの本で長月成分補給していますです。
こういう話は野暮だとは思うのですがこの人がべるぬいとか中心で書いていたら余裕で壁サークルなんだろうなぁ、とか思ったりします


■INFINITY DRIVE
20161231_5_08
艦これの鹿島本です。
鹿島さんに香取姉の属性を付与と言いましょうか、メガネ鹿島に黒スト鹿島と全部のせ鹿島とかなりフェティッシュな鹿島さんとラブラブするお話です。
香取先生可哀想…


■satomachine.
20161231_5_09
艦これの翔鶴本です。
翔鶴さんと妊活本です。
これはこれで新しいパターンな展開と言いましょうか結局エロい事するのは変わらないのですが、艦これ本って妊娠エンド率高いよなー、って感じで楽しませてもらっています。


■APPLE WATER
20161231_5_10
艦これの春雨本です。
ここの春雨はめちゃくちゃ可愛いですね。
しかし耳かきしてもらいならがの春雨いじりは鼓膜が破れそうでアレですな…。
あとオマケの春雨ちゃんが筆おろししてくれる漫画も良かったです。
春雨ちゃんは天使やな…
-----
コミックマーケット91 同人誌感想リンク
■コミケ91 1日目 戦利品レビュー その1
■コミケ91 1日目 戦利品レビュー その2
■コミケ91 1日目 戦利品レビュー その3
■コミケ91 1日目 戦利品レビュー その4
■コミケ91 1日目 戦利品レビュー その5
■コミケ91 1日目 戦利品レビュー その6
■コミケ91 2日目 戦利品レビュー
■コミケ91 3日目 戦利品レビュー その1
■コミケ91 3日目 戦利品レビュー その2
■コミケ91 3日目 戦利品レビュー その3
■コミケ91 3日目 戦利品レビュー その4
■コミケ91 3日目 戦利品レビュー その5
■コミケ91 3日目 戦利品レビュー その6
-----

同人誌の感想の続きです。

■むげん@WORKS
20161231_4_01
20161231_4_02
20161231_4_03
グラブルのククル本とイラストとグッズセットです。
ククルお姉ちゃんとグラン君がえちぃ事する本です。
オイゲンもカッコイイです。
ってそーいやオイゲンも銃持ちキャラだったなぁ…、オイゲンとかゲーム始めた頃にしか使っていなかったのでククル姉との絡みがあるとか思いもしませんでした。
てか自分の手持ちだとシルヴァ、ククル、


■わたくび
20161231_4_04
オリジナル本です。
ナースメイドに看病と言うかえちぃ事する本です。
ヒロインのデザインがとても可愛いです。


■メガネ少女
20161231_4_05
オリジナルのイラスト本です。
とにかく女の子が可愛いです。そして18禁でもないですがエロいです。
月並みな褒め台詞しか出てきませんがオススメのイラスト本です。


■kanemasita
20161231_4_06
艦これの潮本とシャドバ本です。
潮本は恒例の妊娠ENDです。
ここの同人誌はなんにせよ最後は妊娠しますよね(^_^;
シャドバはすみません。まだチュートリアル的なところまでしか進んでないので話がよく解りません(^_^;


■スイスイワークス
20161231_4_07
グラブルのユグユグ本です。
感想としてはユグユグ本ってのがまず凄い。
あと謎な感想してゆぐゆぐって足あるのね…、勝手なイメージだとゆぐゆぐってジオングみたいに「足なんて飾りです」キャラかと思っていました(^_^;


■極彩色
20161231_4_08
ToS本です。
すみません、ToSはサッパリです。なんとなく流行ってるMMORPGってくらいしか知識がないです。
とりあえずエロいゲームなんだろうなぁ、って思う事にします。


■桃のカンヅメ
20161231_4_09
グラブルのカリオストロ本です。
カリオストロがグランと言うかジータの服を着てえちぃ事する本です。
グランがジータの服と言うか女性の衣装を持ってるのは立派な変態だと思います(^_^;


■たつまき皇帝
20161231_4_10
グラブルのククル本です。
クムユがサンタさんへの願いで「妹が欲しい」って願いを叶える為にククルが団長さんと子作りすると言うステキストーリーです。
しかしカリオストロはなんでも出来るイメージがあるからああいう作戦が成功するのでしょうね
ところでこの本のグラン君はちゃんとカリオストロをおっさん扱いしているのが好感が持てます。



20161231_4_11
グラブルのドラフ本とリーシャ本の準備号です。
ドラフ本を見ていて思いましたがハレゼナはともかくサラーサってみんなそんなに持ってるの?
十天衆の素材集めが死ぬほどキツいんですけど…
リーシャ本ですけど準備なのでモニカが代わりいたしている本です。
そういえばモニカもプレイアブルキャラクター化しないんですかね?


■ばつ印
20161231_4_12
グラブル本です。
この本の特徴と言いましょうか、ちゃんとゲームのイベントシナリオのクリスタニア編のエピソードを取り入れているのが面白いですね。
イベント開催当時も「これは薄い本が厚くなるな…」なネタでしたが、こうやって実際に薄い本が厚くなるのは楽しいです。
-----
コミックマーケット91 同人誌感想リンク
■コミケ91 1日目 戦利品レビュー その1
■コミケ91 1日目 戦利品レビュー その2
■コミケ91 1日目 戦利品レビュー その3
■コミケ91 1日目 戦利品レビュー その4
■コミケ91 1日目 戦利品レビュー その5
■コミケ91 1日目 戦利品レビュー その6
■コミケ91 2日目 戦利品レビュー
■コミケ91 3日目 戦利品レビュー その1
■コミケ91 3日目 戦利品レビュー その2
■コミケ91 3日目 戦利品レビュー その3
■コミケ91 3日目 戦利品レビュー その4
■コミケ91 3日目 戦利品レビュー その5
■コミケ91 3日目 戦利品レビュー その6
-----

同人誌の感想の続きです。

■くりもも
20161231_3_01
20161231_3_02
グラブルのフェザジタ本です。
フェザーは本当にカッコイイよなぁ…。そしてセージジータはエロい。
あとSSR島村卯月はお疲れ様でした。そりゃグラブルはまだ天井があるからマシですが、デレマスは天井しらずですからね…。


■SweetAvenue
20161231_3_03
城ヶ崎美嘉本です。
美嘉がなんかダメなカンジのキャラで楽しい漫画です。
ギャル系の人なのに薄い本ではいい人キャラになってますよね。
楽しいギャグなり姉妹ネタがあってオススメデレマス本です。


■のりおいける!
20161231_3_04
艦これのザラポーラ本と長門陸奥本です。
デレマス本は完売していました…。
ノーマル絵もですがSD絵も非常に愛らしい艦娘が堪能できる良質の4コマ漫画本でオススメです。


■ciaociao
20161231_3_05
艦これのプリンツ本と大洗レポ本です。
ろーちゃん本は…
ここの同人誌は導入部と言いましょうかHシーンへの突入が他の同人誌と差別化されてると言いましょうか、竿役の提督が最初はそれほど乗り気でないがいいですよね。
で艦娘が積極的だったり、やらかし系で状況に流されてHに突入って流れがなんか新鮮です。
大洗レポも非常読み応えがあり面白かったです。
自分も機会があれば一度くらい大洗へ行ってみたいですね。


■しぐにゃん
20161231_3_06
艦これの榛名本とイラスト本ですね。
ここの榛名さんはいろんなプレイをしていてそろそろネタが尽きるんじゃないんだろうか?と心配してしまいますが、年末年始のコミケだと時事ネタとして姫始めネタが使いやすいのでなんか良かったですね、的なカンジでした。


■我龍屋
20161231_3_07
艦これの時雨本です。
時雨から「そしてオナ禁一週間さ」と言う台詞が出て来る逆レイプ本ですw
そりゃまぁ、白露とか夕立に比べたら時雨はムッツリ系と言われたらそうかもしれませんが、ここまでぶっ飛んだ性癖ですと感動すら覚えます。


■一ノ瀬
20161231_3_08
20161231_3_09
20161231_3_10
20161231_3_11
グラブルのルナール・コルワ本と艦これの総集編です。
ここはケースも凝っていましてセット購入した本が綺麗に格納できるケース付きでした。
同人誌を呼んでいて久しぶりに思い出しましたがコルワの操る糸って人を操作できるんだったよな。
他の薄い本だとコルワってハッピーエンドとか言ってるだけのエロいお姉さんな事が多いので…
あとルナール先生が新刊落としたり、発禁になるのは定番のオチですなw


■N×Cthermit
20161231_3_12
デレマスの文香本ですね。
ここのシリーズも毎回楽しみに読まさせてもらっています。
しかしPって安アパートに住んでるなー、とか思ったり(^_^;


■CHIBIKKO KINGDOM
20161231_3_13
艦これのサラトガ本とおまけ本です。
と言っても準備号と言うかかなりラフな本でしたので当人がおちついた頃に正式版とか読みたいです。
自分はここらはよくわからないのですが壁のシャッターサークルさんってこういう本だすとペナルティとかありそうで怖いモノがありますね。


■PeachCandy
20161231_3_14
オリジナルの妹本です。
一人暮らしの兄のもとに通う少し頭の弱い甲斐甲斐しい妹のエピソードです。
しかし、一人暮らしでオナホに手を出すのはまだ解るのですが、タイツに手を出すのはどういう心境なんだろう…
空気嫁にでも履かせて興奮とかしてるのかなぁ…
-----
コミックマーケット91 同人誌感想リンク
■コミケ91 1日目 戦利品レビュー その1
■コミケ91 1日目 戦利品レビュー その2
■コミケ91 1日目 戦利品レビュー その3
■コミケ91 1日目 戦利品レビュー その4
■コミケ91 1日目 戦利品レビュー その5
■コミケ91 1日目 戦利品レビュー その6
■コミケ91 2日目 戦利品レビュー
■コミケ91 3日目 戦利品レビュー その1
■コミケ91 3日目 戦利品レビュー その2
■コミケ91 3日目 戦利品レビュー その3
■コミケ91 3日目 戦利品レビュー その4
■コミケ91 3日目 戦利品レビュー その5
■コミケ91 3日目 戦利品レビュー その6
-----
.gist-data { max-height: 400px; }