rs6000の日記

IBM Power Systems AS/400 iSeries アニメ ゲーム 仕事 雑記等をつらつらと…

全日本レベルでの花見の名所な高遠城址公園に行ってきました。

自分は4/13時点で天気快晴で五分咲きと言う状況でした。

以下がスマホで撮影した記念写真です。
20190413A01
移動中、あまりに寒いので途中のPAで休憩しました。
雪が残ってますな…
20190413A02
これが現地駐車場です。午前中と言う事もありバイクの駐車場そのものは余裕の空きでした。
20190413A03
こちらは帰りのPAです。
カッコイイ、KATANAが先客でいました。
20190413A04
お昼はソースカツ丼をいただきました。
20190413A05
しかし残雪な状況で飲む缶コーヒーは風流ですな…

ここからは一眼レフなデジカメで撮影した画像です。
20190413A06
20190413A07
20190413A08
20190413A09
20190413A10
20190413A11
20190413A12
20190413A13
20190413A14
20190413A15
20190413A16
20190413A17
20190413A18
20190413A19
20190413A20
20190413A21
20190413A22
20190413A23
20190413A24
20190413A25
20190413A26
20190413A27
20190413A28
20190413A29
20190413A30


かんそう!


高遠城址公園に関してですが、理想を言うならば「満開&快晴」が最高の花見体験が出来ます。
煽りやら誇張抜きでギャルゲに出てくる様な幻想的な桜吹雪がありまして、永遠にこの場所にいたくなる魔力的なのがあるレベルで美しい桜吹雪を体感できます。

が、まあ実際の所そんな条件を体験するにはかなりの運要素が必要です。

おそらく桜を楽しむのはGW辺りまで大丈夫だとは思いますが、ハッキリいって桜の時期のこのちほーの渋滞っぷりはヤバいです。
自分はバイクかつ朝早めの行動していたのでマシですが、自分がお昼前に脱出した対面の車線は山から下界の町中まで延々と大渋滞です。

GWだともっと恐ろしい事になっています。
定番のコメントなのですが「マイカーで行くと死を覚悟するレベル」ですので公共交通機関を利用する事をオススメします。

あくせするーと!


下道で高遠城址公園まで行くのも不可能ではないのですが、素直に高速道路を利用しました。
中央自動車道で小黒川スマートICで降りました。
バイクにETC付けててよかったです。


NINJA250で高速道路


あれこれ改造してしまったNINJA250で高速乗るのは初めてですので、再度レビューです。

GIVI D4108 エアロダイナミックススクリーンですが、確かに高速ですとそれなりに効果がありますね。
自分はそんなに長時間高速(?)を利用しまくる人ではないのでアレですが、この寒い時期ですと風辺りが少しでも軽減されるのはありがたいと感じました。

あとYoutubeとか個人ブログだと「NINJA250だと高速でハンドルの振動が凄い」って意見ありますが、自分が11000rpmくらい回しても非常にスムーズにエンジンが回りまして特に不快な振動はありません。NINJA250の慣らしも終わったのもありますが、このNINJA250って高回転型な性格なエンジンなんですね。文太さんの「11000まできっちり回せ」の意味が解りました。
パワーが無いとかの意見もありますが、左車線から右車線に移動して追い越しする使い方なら車に加速力で負けるのはありえないレベルで加速していくので、「オマエラは普段から200psオーバーのレーサーで高速走ってるのか?」って思ったりします。

自分は高速走っても一時的な追い抜きするシーンは別ですが、基本的に左車線を80-90km/h前後で走ってる車を見つけてはそれを追尾していくだけのまったり移動さんなんであの不満を漏らしてる方々は常時160-180km/hで走ってるんですかね…?

自分が自分のペースで走る分には高速を3時間くらい走っても手の痺れとか皆無です。
今回は5時間くらいNINJA250で高速を走りましたが自分はなんともありませんでした。

むしろ足の方が…(この話は別記事で)

個人的所感ではNINJA250で高速道路を運転しても特になんともありませんので、そんなに手がしびれるとかですと車両の整備不良とかタイヤの空気圧とか他の要素を疑った方がいいんじゃないかな?って思います。

知人と一般人的な花見は済ませましたので、自分が高確率で出没してる近所の峠でアスファルトタイヤを切りつけながら桜を鑑賞していました。

庭田山


20190407B01
山頂に向かう途中で記念撮影
20190407B02
山頂に到着、NINJA1000後輩がいました。
で奥にガチ勢なオフ車と普通のオフ車がいました。
自分みたくどノーマルオンロード車がいていていいふんいきではなかったw
20190407B03
桜ゾーンはまだみたいですね。
20190407B04
展望台
ちょっと曇ってますな
20190407B05
バイクが数台入れ替わっていました。

で自分が発進準備していたら奥にいたナンバーの無い2STのオフ車が林の中に消えてきましたw

あとやたらケッタマシーンがいますた。
と言うか一部のチャリダー団体が奥の展望コーナーまでケッタマシーンで乗り込んできました。
え?なんで車両が公園の芝生やら緑を荒らしながら走り回ってるの?頭大丈夫ですか?って状況でした。ケッタマシーンTUEEEEeeeee

ケッタマシーンで公道ヒルクライムするのは自由だとは思いますが、公園の敷地内まで団体で乗り込んできて頭沸いてるのか?と思いました。

と言うかこの日は峠道だけでなく普通の一般道にもケッタマシーンが山程いましたけど、渋滞とまでは言いませんが、交通状況を乱しまくりでかなり辟易しました。

そりゃまぁ自転車は軽車両ですので原付きやらオートバイと同じですから車道を走るのは解るんですよ…。
だからと行って自分みたく制限速度50Km/Hの車道をオートバイと同じ感覚で気持ち左より程度の位置で20-30Km/Hで走行されてもぶっちゃけ迷惑。

路側帯がある場合、そのロードが路側帯を走るならまだ許容できますが、ロードは路側帯があっても普通に車道を堂々と走っています。
バイクの自分は横をすり抜けできますが、一般的な4輪ドライバーとかは反対車線に危なげに移動しながら追い越ししてる場面に山程遭遇しました。

個人的見解では一般道でロードは走るべきではない車両です。峠も一般道である事には変わりませんが普通の方が多く利用される下道を走られると迷惑以外の何物でもない。

庭田山の山頂にナンバーの無いバイク海苔の方みたくトランポで山頂までバイクを運んでそこで走って遊べ、ってホント思います。

ロードの方が庭田山の峠を攻めるのは自由なんだけど、せめて直列1列で移動してほしいです。
なんで2台が仲良く道を占拠しながら走ってるの?
後続車がロードを抜こうしたら事故が発生する確率がかなり高いです。
確かに道交法的にはロード海苔には非が少ないのですが、あそこまで都合よく軽車両と交通弱者の武器を振り回してるのは車とかバイク海苔からすると納得いかない存在です。

ゆるキャン△のリンちゃんが冬が好きって理由におそらくは春のアウトドア連中のウザさがあるのでしょうけど、暖かくなるとホントにアレな方々が活動しはじめるので少し辟易していました。

自分も聖人君子でもないですしマナーで他人に説教できる程の人格車でもないのですが、どー考えてもバイク海苔よりもロードの方が悪質なのに、世間では自転車だと健康的なアウトドアって印象があるのは謎です。

バイク海苔にバカが多いのは事実ですが、ロードは賢い連中が愛用する乗りモノなのはわかりますが賢すぎて悪質な人大杉かと。

むろん、多くのロードの方は譲り合いの精神を保有してるのは認識していますが、謎正義&弱者を振り回すバカが多いのも事実なのでなんとかして欲しいです。

鞍掛峠


画像とかはありません。
ここはNINJA250をゲットしてから何回か来てはいたのですが、路面がウェットだったり落ち葉さすごかったりクソ寒いとかで世間で言う程走りに向いてるか疑問だったのですが、最近は暖かくなりましたしタイヤも温まりましたので、久しぶりによってました。

本日は落石とかも少ない(普通に落石は存在してるw)ですし、対向車がセンターライン超えてくる率も低い(普通に数回ほどセンターライン超えの車とは出会ったw)ので走りやすい部類


自分的には頑張ってバイク寝かせつつ走りましたがまだタイヤの端から2,3cmくらいまでしか使えてないのでまだまだ修行不足だなぁ、って認識です。前のバイクだとバンクセンサーくらいならガリガリ削りながら曲がれたので…。

自分の技量ではNINJA250のステップのバンクセンサーを削るところまで寝かせるのは怖いのですが、世間でバックステップつけてる方々はノーマルステップではバンクセンサーを削りまくりなくらいバイクをバンクさせて走ってるって事を考えるとまだまだ自分がミジンコみたいな腕前だと再認識しますね。

タイヤ空気圧監視システム


20190407B07

Amazonで売ってるコレです。


タイヤの空気圧とか温度を調べられるステキアイテムです。
が、なんか空気圧の表示がなんかおかしいです…。
温度はソレっぽいので信頼できますが…。
アマゾンのレビュー通り当たり外れが激しい商品の模様。
寒い時期にはタイヤが温まるまでの我慢メーター的に使えますが、ぶっちゃけこれからの季節はタイヤの温度とか気にする必要はないので冬まで封印するか迷い中です。


NINJA250(JBK-EX250L)のLED化


20190407B06

NINJA250(JBK-EX250L)をLED化するとどれくらい消費電力が抑えられたのか?って実体験を語ります。

普通のNINJA250でグリップヒーター+スマホUSBにブレーキ踏みつつ+ウインカーを出すと電圧は13Vを下回ります。
これがLED化したNINJA250ですと通常14.5Vから14.2Vくらいにしか下がりません。
バイクの照明をLED化した効果は絶大です。

つまりの所、NINJA250(JBK-EX250L)みたく非LED照明のバイクかつ小型(?)バッテリー搭載車でグリップヒーターとUSB電源を同時に使うのが無理です。また一見使えているように見えますがスマホとには充電マークはついていましたが順調にバッテリーが減っていったので電流は足りてない模様でした。

よくYoutubeやら趣味ブログで「USB電源は○○から取りました」と解説してたりするのがありますが、その口についてるヒューズとかの意味を理解して○○から取っているならともかく理解せずに「近くにこの配線あったから使ってしまえ」的なノリでやっていると後で痛い目を見ると思います。

正しく説明書読んで取り付けしてるなら問題が発生する可能性は低いですが、たまにォィォィって内容もありますので、バイクの改造をする場合はショップに任せましょう。

オススメしないカスタムシリーズです。
フロントのヘッドライト及びポジジョンランプをLEDタイプに交換します。

画像は少なめと言うか撮る気力が無かったです。
20190406A01
20190406A02


ポジジョンランプ


カウルさえ外してしまえばポジジョンランプの交換は簡単(?)です。
カウルを外さなくても不可能ではないかもしれませんが、オススメしません。

あと自分はふんわりな白を購入しました。
ここらは記憶があやふやですが、青とか緑とかは入れてる方がおられますが警察官の気分でお縄になるカスタムだと思われます。


事実上そんなバイクとか車といっぱい走ってるじゃん、って話ですが運転車両においてはお約束として「照明は白もしくは黄色」「ブレーキは赤」と言う大原則がありますので、変にカラフルな色を選択しますとお巡りさんにビビりながら運転する事となりますので注意しましょう。

WinPower バイク用LEDヘッドライト


実際にこれらの商品レビューを細かくされてるNINJA250海苔の方が劇少ないので人柱状態で購入しましたが、やっぱり人柱でした^_^;


先に結論をいいますと「NINJA250(JBK-EX250L)にはそのままではLEDヘッドライトは使えない」と思って差し支えません。

まず取り付けに関しては「純正ライト防水カバーをカットする」OR「純正ライト配線をカットする」の2択です。
ポン付け交換は不可能です。

そしてH7規格ヘッドライブバルブとの事ですが座具がH7の形してるだけで他はまったくH7してませんのでどのバイクに利用できるかは先駆者の人柱の上になりたっております。

とりあえず自分は純正カバーをカットしてLEDヘッドライトも無理やり固定しましたが、長期間使った場合の耐久性やらは自分でも疑問符がつくレベルの工作でした。

つまり純正ヘッドライトと社外性LEDヘッドライトのメリットデメリットは以下の通りです。


●メリット
・明るい
・消費電力が低い


●デメリット
・放熱効果が不安
・耐久性が不安
・雨天時が不安

自分は純正カバーを切り裂いて交換しました。
普通の雨やら簡単な洗車では大丈夫だと思いますが、それでも純正程のアバウトさでバイクを洗車する事は不可能となりました。
ただ自分のバイクはUSB電源やら電圧計を装備してるので自分のNINJAはもう高圧洗浄とかは不可能な車両となっていますので、割り切ってますが、洗車場でバイクをダバダバ洗う人はNINJA250(JBK-EX250L)のヘッドライトのLED化は不可能と思ってください。

自分ももう少し試行錯誤して完全防水は諦めた晴天専用バイク仕様にしようかと思います。
真夏が到来する前にはカバーと固定っぷりを見直す予定です。

おそらくショップで作業を依頼してもこれらの問題はJBK-EX250Lの構造上永久に解決できない気がします。

あと思ったことですがこういう商品に適合車種とか書いてあってもまったく参考にならない事を痛感しました。(^_^;

他の人にコメントするならば「明るいのに交換したいならポン付けで交換できる清く正しいH7バルブにしましょう。JBK-EX250LでLEDヘッドライト交換はかなりの苦行」ですので覚悟してください。

明るさに関しては昼間でも発光部を直接見るのは危険な光量です。
正直、純正と同じ明るさでいいので極限まで消費電力下げたLEDバルブを発売して欲しいです。


しゃけん!


ヘッドライトやポジジョンランプを交換のお話です。
これも結論から言いますと素人がヘッドライトを交換した場合、バイクの車検はほぼ通りません
これはバイク屋さんのお墨付きです。

自分のNINJA250は車検がありませんので関係ない話ですが、この記事を読んで「ボクのNINJA400/1000もヘッドライトをLEDに交換する!」と奇特な方がおられたとしても自分で作業しようと思わない方がよろしいです。

と言いましょうか正直な話、車検の無い250ccクラスでもヘッドライトの交換はお店にやってもらいましょう。

常々コメントしていますが、自分はD.I.Yは推奨しておりません。
この記事は単なる自分メモみたいなモノです。

オススメしないカスタムシリーズです。
フロントのウインカーバルブをLEDタイプに交換します。

ここら辺からは趣味の個人がやる範疇を超えてる難易度だと思われます。
あまり参考にしない方がよろしいかと思われます。

20190404D01
カウルをバラした状態です。疲れました。
20190404D02
ウインカーバルブを交換していましたら片側だけ白濁してました。あうー。

ウインカーバルブのLED化


LEDの球はリアウインカーと同じバルブを使いました。と言うかコレしか選択肢がないです。



まず自分でフロントのウインカーを交換した事の無い方に忠告しますが、「NINJA250はフロントのウインカー交換するだけでもカウルを全て外さないといけない」です。超面倒くさいです。つかシート下のパネル外しからスタートです。ここからかよ…、って感じで初心者の心を折りにきているバイクです。

これは人によると思いますが、慣れてない方がカウルの取り外しを行う場合は高確率でカウルをキズつけるorぶっ壊すと思われます。

端子部分の白濁な汚れは無水エタノールで清掃しました。

画像が少なめなのは、カウルを全バラしてから天候が急変し超強風状態で気温はダダ下がりでランダムに通り雨が振ると言う悪天候の中で作業していて撮影する余裕がなくなったからです。

特に風が強くて近くの自転車はガシャガシャと倒れますし、部品を入れていたトレーが強風で吹っ飛んでネジが散らばると言う悪夢な状態でした。

カウルを外した状態でウインカーの配線を結線した状態でテストしていたらお約束で強風が吹いてカウルが吹っ飛んだりして端子がぶっ壊れたりカウルが傷ついたりと散々でした。

自分的な価値観ですとバイクの整備を自分でやる事自体の難易度はそれほど高いとは思わないのですが、趣味の人間ですとガレージがあるワケではないのでこの様な自然災害によって難易度がガレージ作業と比較すると100倍以上跳ね上がります。

ですので自分としては「バイクの整備はお店に任せるべき」派なのです。
作業する環境が安定してるのは作業の品質に繋がりますからね。

青空下の作業と言えば気持ちいい様な響きがありますが、実際にこの季節に作業をするとバイクに花粉はつくわいい事無しですよ?

自分でやってみた感想としては「ウインカーの交換そのものは難しくはないが、NINJA250のカウルを外すのが面倒くさすぎる」の一言です。

本物レーサーのカウルとかはカウルがクリップで止まってるだけですので、極論工具無しでもカウルは超スピーディーに外せますが、SSのバイクはレースでのメンテ性を重視してるワケではないので、ひたすらに面倒くさいです。

と言うかNINJA250はメンテ性はよろしくないよね…。
消耗部品の交換とかは簡単にできるようにしろよ…、って気分でした。

悪い事は言わないです。
SS系のバイクでカウルを外さないと作業不可能な作業はお店に頼みましょう。

整備性がどーこー言い出すと「前輪を外さないとプラグ交換できないバイクよりマシ。文句言うなwww」的なマウントを取ってくる方がおられるとは思います。主に痛くない方のイタ車はソーダヨネー

確かに外車の整備性とかに比べたらKawasaki車なんて子供でも整備できるくらいイージーだよな…

外車とかは日本車慣れしてるとプラグ交換やらエアクリーナー交換で信じられない作業を要求してきたりしますからね

見た目のデザインを追求しまくると整備性が落ちるのは仕方ないとは思いますが外車はそこらのストッパーが効いてないからこそカッコイイのでしょうね.。゚+.(・∀・)゚+.゚

オススメしないカスタムシリーズです。
テールランプ(ブレーキランプ)をLEDタイプに交換します。
20190404C01
購入したLEDテールランプです。
20190404C0102
純正のバルブはこんな感じです。

テールランプのLED化


自分はAmazonで以下の商品を購入しました。


購入する際はBAY15Dのダブルならポン付けてほとんど利用できると思います。
あやふやな言い回しですが、バイク用の社外製品は博打な面が多いです。
カスタムは自己責任ですので、上手くつかないとかそういうのが嫌ならお店に頼みましょう。
自分はSP武川のを購入しました。

昼間での所感ですが、純正とあんまり変わらない感覚です。
自分は目が潰れる様な明るさを求めていませんので、これでちょうどいいと思います。

自分がLED化するのは明るさとかデザインとかではなく、単純に電力の消費を下げたいだけですのでキジマが出してる様なテールランプユニットとかはあまり興味がありませんな…。

正直、自分の価値観としてはテールランプユニット内にウインカー入れるのもあんましなぁ…、って人です。

ただテールランプをLED化すると確かに点灯時の反応はいいので安全的な事を考えても比較的にアリだとは思います。

オススメしないカスタムシリーズです。
今回はナンバー灯をLEDタイプに交換します。
20190404B01
これが純正のナンバー灯です。カバーを外すだけですので比較的に簡単な作業です。
20190404B02
これが今回自分が交換したLEDナンバー灯です。

ナンバー灯のLED化


自分はAmazonで以下の商品を購入しました。


正直な話、バイクはある時期を堺に「光り物は光らせろ」と言う横暴なお達しが出てまして昼間でもライトを灯火しないといけません。
ナンバー灯といえどもそれなりに電力を食っております。
ウインカーはウインカーを使っている時しか電力を消費しませんが、ナンバー灯とポジジョンランプ、ヘッドライトは常に点灯している状態ですので、バイクの灯火類に関して省電力化を意識する場合、ナンバー灯も外せないポイントだったりします。
そんなワケでナンバー灯もLED化してみました。

自分はAmazonでナンバー灯専用のバルブを購入しましたが、正直な所T10のLED電球ならなんでもいいと思います。
ここの色温度で主張してどーこーとかはありませんしね…

つか自分はNINJA250で夜走らない人なのでそもそも元の明るさとか知りませんし…。( ´∀`)つ

オススメしないカスタムシリーズです。
前回はウインカーリレーを交換しましたので、ウインカー灯(バルブ)をLEDタイプに交換します。

20190404A01
これが純正のウインカーバルブです
20190404A02
LEDタイプに交換しました。

リアウインカーのLED化


自分はAmazonで以下の商品を購入しました。



リアのウインカーバルブの交換自体は作業難易度は比較的に低めです。

後ろにあるネジを外すとカバーが緩みますので部品を壊さないように引っ張り出します。
バルブ自体の交換は少しバルブを押し込みつつ反時計回りに回転させるとバルブが引っこ抜けます。

NINJA250で注意する点としてはG18 BAU15Sの規格の商品を購入しましょう。
NINJA250の場合、この規格のお陰で選択の幅がかなり狭まります…。

Amazonですと事実上自分が購入したのくらいしか選べません。

自分的にはウインカーに点滅のキレとか明るさとかは求めていませんので、後は長期間壊れない事を祈るだけです。

本来、LEDは低電力で長寿命のはずなのですが、現実的には低電力ではありますが短寿命の商品が多いですので…。
まあリアくらいならぶっ壊れても交換は簡単なのでいいのですが、NINJA250の場合はフロントのウインカー交換が鬼ですので…

バイクのオススメしない系カスタムのLED化をやってみました。
記事は小分けにしていこうと思います。

20190403A01
バイクを作業しやすい様に直立にて固定しました。
20190403A02
リアまわりのカウルを外すと純正のウインカーリレーと保対面です。
20190403A03
自分はこれくらいカウルとかシートを外しました。
20190403A04
と言うワケでLED対応のリレーに交換しました。

LED対応ウインカーリレーに関して


最近発売される多くのバイクは最初からLEDのバルブを搭載してるオートバイが多いでしょうが、自分のNINJAは普通にハロゲン球な照明のオートバイさんです。

これらのバイクをLED化する場合、ウインカーに関してはウインカーリレーも交換する必要があります。ブレーキランプやらヘッドライトのみをLED化するのでしたらウインカーリレーは必要ありません。
こまかい理由は端折りますが、ウインカーをLED化する場合、同時にリレーを交換しないと面倒くさい事になる可能性が高いですので、ケチらずに購入しましょう。

自分はDAYTONAのを買いましたが、ぶっちゃけた話アマゾンで販売してる300円のリレーでも大丈夫な気がします。
と言うかもう、LED化カスタムを行う時点で「全て自己責任」ですので、転んでも泣かない人向けな作業ですし、エフェクター自作するスキルがあるならこういうリレーそのものを自作も不可能ではありませんし、トラブルを楽しむくらいの人が行う作業だと思います。(^_^;

DAYTONAのLEDウインカーリレーに関しては特にトラブルもなくそのままNINJA250に使えました。





最近、バイクの整備してる時間が長いのでもうちょっと普通の工具を揃えてみようと思いましてスタビーなラチェットを購入しました。
ホームセンターで人気モノのSK11です。
20190331A01
20190331A02

ついでにエクステンションバーとかソケットセットとかも購入しました。

Youtubeの動画とかですとやたらめったら「車載工具で簡単に交換できます!」的なネタをカマしていますが、あれらは自分的価値観ですとかなりの特殊スキルです。

この記事で紹介してる小型のラチェットとかまで行くと少し仰々しいのはありますが、かと言ってバイクのオマケの車載工具で作業しても作業効率が落ちるだけです。あれらは旅先でのトラブルに対しての応急処置ツールであって普段のメンテナンスで使う道具ではない、と言うのが自分の認識です。

正直な所、バイクの改造やらメンテはお店にまかせて「車載工具しか持ってないよ」って人もアリはアリだと思います。

ですがNINJA250ですと改造はともかくとして掃除するだけでもカウルをバラさないといけない所がありまして、これを車載工具でやれって「拷問かなにかですか?」って話です。

普通の車用の工具セット(3000円)相当でも別にカウルを外すのは不可能ではないのですが、小型のラチェットがないとキツいシーンがあったりします。

無理して高価な工具を揃える必要はないとは思いますが、以下の安工具セットで十分にバイクの日頃のメンテ(清掃・オイル交換程度)ならこなせます。


そこで「バイクにUSB電源ポートを自分で取り付けたい!」って人は自己責任において以下の工具セットを買い足せばほぼほぼ困る事はないとか思います。


で実際に色々な工具を購入してみれば理解できるでしょうが「バイク屋の工賃って実は良心的だよね」ってオチです。(^_^;
工具まで揃えて素人が試行錯誤してバイクを弄るよりもプロにお願いした方が確実な上に安いと言う現実です。
このブログでも「自作エフェクターが安いなんてない」と言ってるのと同じで餅は餅屋です。

自作エフェクターもモトブログも同じですが「店に頼むと高い!自分でやれば安い!」とか言ってる人の記事や動画は情弱をカモにして小銭稼ぎしてる人です。

おまいう発言ですが改造とかD.I.Yは自己責任かつ自己満足な行為です。

自分は一応は有識者の管理下において仲間&マニュアル見ながらですが車のエンジンをバラして組みたたりした経験もあると言う一般人の中で数%レベルのレアスキル持ちですが、そんな自分ですら「バイクを弄るのは面倒くさい。基本的に整備はお店に任せる」ってスタンスですよ?

なんで車のエンジンを整備したりガス溶接やらアーク溶接も経験が無いような素人が動画を撮影して「車載工具でも簡単に整備ができます!」とかドヤ顔で言ってるのを見ると「世も末だな…」って認識です。

これも炎上しそうな発言ですが「世の中には超えてはいけない線を超えてしまう」って人が一定割合で存在しています。

多くのモトブログでは「オイル交換くらい簡単なんで自分でやるべし」とかの論調があったりしますが、自分みたくそれなりに現場にいた人間からすると「正しいオイル交換とか難しいから!お店はサービス価格でやってるんだよ?自分でオイル交換とか出来なくても全然おかしくないからね?」って認識です。

自分の肌感覚としては「1/30くらいの確率で整備をやらすと命にかかわるレベルのミスをする」人が存在します。

「自分でメンテ作業をすると愛着が沸く」って意見もある程度は認識しますが、時々オイルをお漏らししてるバイクを見ると「ネットで騙されて自分でもオイル交換できると勘違いしちゃったさん」だろうなぁ…、って思ってます。

今どきのバイクは整備不良でもない限りお漏らしとかしませんからね?

自分も自分で才能があるとは思いませんが、自分でやるならネットの情報ではなくバイク屋さんに教えてもらってからやりましょうね…。(^_^;

ちなみに自分はバイク屋さんに「rs6000さんは自分でできるよね!やっちゃいなよ!」と何気にやんわりと断れてます。
なので自分でやれるところは自分でやってるだけです。

20190330A01

やたらめったらカッコイイ名前ですが要は「腹巻き」です。

ウインドブレークストームガード


冬のバイクの防寒具としてはワークマンのイージスが最強なのは事実ですが、最強すぎると言いましょうかスキーウェア着て運転してる様なモノですので、3月とかの肌寒さ的には大仰すぎるところがありますね。

そんな感じで防寒用インナーウェアとして「腹巻き」を使ってみました。

ガチで暖かい

の一言です。

バイクに乗るときはHenly Beginsの防風インナーと組み合わせて使いましたがカイロをとかを使っていないのにお腹とか背中がポカポカします。

あと冬場の作業時にも使いましたがかなりヌクヌクします。

商品の性格上「おっさんライダーのみに許された装備品」ではありますが、自分はおっさんなので問題ありません。(*・ω・)ノ

と言いましょうか普段から腰とかお腹が冷えて困ってる的な人全般にオススメですわ…。

と言っても実際は道の駅 明宝で昼ごはん食べたついでみたいなものです。

20190323A01
自分のお気に入りスポットの道の駅 明宝です。
なんかハーレーな方々の集団がいました。
ブルジョアオーラがでてました
20190323A02
珍しく喫茶店(?)で一日15食限定な女子力高め的な空気のあるランチを食べました。
20190323A03
でここがライダーの聖地とか言われてる道の駅らしいです。

自分の認識では「意識高い系DUCATI乗りが派手に事故るスポット」だったりします。

この方々って公道でどんだけスピード出してんだ?って方々でしてこういう峠では水を得た魚のように生き生きとアスファルトでカウルを傷つけながら滑っていくのが大好き連中ですね、って思っていました。

まあこの日はクソ寒いのでバイク海苔は自分と隼さんしか見かけませんでしたw

道の駅 パスカル清見


下調べせずに適当に行ったらお土産コーナー等はお休みでした(*・ω・)ノ

まあ道の駅の施設やらトイレやら自販機は利用できますのでそれほど困りませんでしたが、とにかく寂れた感じがいい味だしていました。

と言うかライダーの聖地のクセに自分しかいませんでしたが…

そりゃまぁ冷静にならなくても当日は道の端には白いのが見えましたし、気温も5度前後と言う普通に真冬並の気温で超厳しいコンディションでしたから、こんな日にバイクに乗るのはバカだろって感じでした。

もうちょっと暖かくなったらお土産目当てで行ってみたくもありますが、自分はそれほど積極的に他のライダーを交流を積極的にしたいタイプでもないので、あんましライダーがたむろしてる場所は苦手ですから明宝辺りで引き返す予感です。

自分は峠道はもっともっともっと狭くてRが超キツくて下りがヒヤヒヤする様な所が好きでして、ああいう排気量で差が出やすい道は好きじゃないのですよ…。

てか自分は根性も度胸も腕もないので峠をビュンビュン走るのはないですね…。
明宝温泉入ってそこでメシ食って帰る方が充実度高いですぃ.。゚+.(・∀・)゚+.゚


Yahoo!カーナビ


いつもはGoogleマップのナビなのですが、Googleマップが劣化の話を聞いてYahoo!のカーナビを試してみました。
Googleマップと比較しつつ所感としては以下の通りです。

・ナビする道が超安牌
・安牌すぎて渋滞にハマるケース多し
・ナビとしては使いやすい
・あいまいなキーワードで検索すると変な検索結果が出ることがある

Googleマップはタマにイカれた道を案内しますが、渋滞を迂回できる道を提示してくるのと検索キーワードが曖昧でも望んでる検索結果が出てくるので、Yahooナビと比較しても甲乙つけがたいのはありますね

どっちもバイク用のナビとしては普通に使えますし無料アプリって事を考えると数世代前のカーナビなんかよりは遥かに使い勝手がいいので、初めて行く場所で渋滞に巻き込まれても迷いたくないって人はYahooを使い、ある程度何回か行ったことのある地域ってならGoogleの方が便利だと思います。

要は「こんな道あったんやな…」って新発見しやすいのがGoogleです。まぁリスクもありますし「あっちのルートの方が速かったろ…」ってのもあるのがGoogleですかねぇ…(^_^;

2019.3.10 みやこめっせにて開催されました艦これの同人誌即売会に参加してきました。
厳密にはサンライズクリエイション京都と言う合同イベですね。
ザクザクした説明しますと艦これ以外にもボイロやらガルパン、まどまぎ、アズレン等他のジャンルと同じ会場で開催されてる同人誌即売会です。

ちまめーちょ


20190310B01
艦これの白露型のイラスト本です。アナログイラスト本です。
別にデジタルイラストに価値がないとか言うつもりもないのですが、とは言えアナログのイラストは本当に凄いですね。
アナログの色紙もありました。
といいましょうか貰った手提げ袋もアナログ一点モノっすか…
自分も一時期ヤフオクとかでアナログ一点モノのイラスト落札してた時期がありましたが、久しぶりにイベントで一点モノの色紙を買いました。

朝潮ちゃん可愛いです


もいすちゃー


20190310B02
白露型の本です。
自分は白露型イベに参加したのは初めてでして、「きっと白露型の本ばっかなんだろうなぁ」と思っていたのですが意外に白露型以外の本もあるイベントでしたので、どうなんだろうと思いつつ、自分がゲットした本は白露型が多かったです。
そんな中でも白露型のファンにもオススメの同人誌です。
しかし、お嬢様スタイルな夕立も捨てがたいよね…



かわらそば


20190310B03
五月雨ちゃん本です。
ここのサークルさんの五月雨ちゃんはとても可愛いので本が欲しいなー、と思いつつ不思議と縁がありませんでしたので今回五月雨ちゃんの本が入手できてホクホクですわ




MASULAO MAXIMUM


20190310B04
こちらはアズレン学園購買部8と言うアズレンイベの本です。
長門本ですので艦これ+アズレンのコラボ本ですね(^_^;
同人界では不思議と長門はロリコン扱いされてますが、そんなロリコン長門がアズレンのロリ長門と出会ったらのIFのエピソードです。
しかしアズレンの長門がロリなのはやっぱ同人界艦これ長門の影響なんでしょうね…
青葉とかはアズレンも艦これも性格が史実よりなのに長門に関してはどうしてこうなった?感がありますので(^_^;


GUNP


20190310B05
西方海域ユリランカ島空襲八戦目からの鹿島本と文香本です。
おそらくは艦これの百合ジャンルイベなのでしょうけど、鹿島さんは普通に男好きですよね?w
文香は…
それはそれとしてどちらも楽しく読ませていただきました。
SNSでも似たぼやきをしましたが艦これはシナリオがあるならいつかは平和な海を取り戻すENDをするべきかな…、って思いますね。


プラハ計算機


20190310B06
白露型のイラスト本です。
ただキャラが描かれてるだけでなく、季節感のある背景やら生活感といいましょうか時間帯を意識する描写がなされているのがステキなイラスト集ですね。


オリオンのベルト


20190310B07
白露型のイラスト本です。
ひたすらに時雨が愛らしいイラストです。
制服だけでなく私服イラストも大変可愛らしくて満足度高いです。



Astral Craft


20190310B08
白露型の同人誌です。
と言いましょうかここまでイラスト中心の本が多かったのでちゃんとストーリーかつ起承転結のあるお話の同人誌はあんまりなかったですので…
自分も艦これは古参組に属すると思うのですが、そんな自分でも白露型で五月雨ちゃんとかが制服がかなり違うのは違和感ありまくりでしたし、ぶっちゃけ今でも違和感ありますね(^_^;

あと言われて見れば山風とか海風って初配布イベで落とすとその後の入手は絶望的だよね…
艦これのこういう所は直した方がいいと思う


曖昧me


20190310B09
アズレン学園購買部8のアズレン本と艦これ本です。
どちらもほわほわした感じでやさしい世界観の同人誌で見て癒やされるいい本です。
しかしアズレンは元からケモミミキャラですが、艦これの白露型改二もわんこキャラ度が上がるのでこうやって並べてみるとどっちも違和感ないのはありますね。



DejaVu


20190310B10
五月雨ちゃん本です。
いろんなグッズもありましたが、五月雨ちゃん抱きまくらカバーはかなり葛藤しました。
いや、だって仕方ないと思いますが2万オーバーの抱きまくらは買うのにかなりの覚悟がね…(^_^;


かんそう!


イベントの感想とか述べていきます。
同日に東京でサンクリが開催されていましてそちらも悩んだのですが、東京へ日帰りって一日に800-900キロほど移動する事になりますし、天気がいいならまだしも雨とか聞きますと気力が萎えましたので、同じ雨でも京都ならマシだろう、と言う事で京都のイベントに参加しました。

京都のみやこめっせのイベントは初めて参加するワケではないのですが、ドールイベントかつサークル側で参加した経験しかないので「みやこめっせで同人イベントってやってるんだ?」っての素直な所感でした。

関西で同人イベントと言うと自分的にはインテックス大阪な印象がありましたので・・・。

そしてこれも初体験に近いのですが、列の待機中に「18禁同人誌を買われる方は身分証明書を…」ってのが回ってきました。
運営が免許証等を確認して18禁販売許可証的なリストバンドを配布していました。

例えば舞鶴の砲雷撃戦の艦これ同人誌イベですとそもそも18禁の本は頒布不可能です。
名古屋の砲雷撃戦も同じで18禁の本は頒布不可能だったはず。

でこの拡張高い京都のイベも18禁の本は頒布不可能かと思っていたら実は18禁本が頒布可能なんですね。よく会場貸してくれたな…、って思う事しきりです。

しかし、自分の所に年齢確認に来た時は既に開場時間(11時)過ぎだったのでォィォィな気分。

自分的にみやこめっせの同人誌即売会に参加したのは初体験なのでよく解りませんがいつもこんなに人くるものなんですかね?
自分が予想してた人数の3倍はいた感触です。

艦これゾーンとかは一部&一瞬だけ盛況でしたが開場後30分も経つと平和ゾーンに変わりましたが、一部のボイロゾーンはコミケ並の移動困難な混雑っぷりでしたわ…

舞鶴の砲雷撃戦はそもそも会場のキャパがおかしいと言うか「なんでこんなに人くるの?会場見直そうよ?」ってレベルでしたがサンライズクリエイション京都もちょっとアレな気がします。

ただまぁ自分が変にコミケ慣れしてるのかも知れませんが、同人誌即売会って名古屋や京都の合同イベくらいの規模がちょうどいいんでしょうね。

コミケが格段にイカれてるだけで普通の人は本来はこれくらいの会場で1時間もあれば全サークルのチェックが可能な規模の同人イベントから慣れた方がいいと思ったりシます。

あと今回自分は車でイベントに参加しましたが、車でちょくせつみやこめっせの会場の地下駐車場が利用できてとても快適でした。

これがコミケだとサークル参加者しか駐車場利用できない上に駐車場から東館とか西館とか超遠いですが、みやこめっせですとB2の駐車場から荷物を台車に乗せてそのままエレベーターに乗って3Fでイベント会場に搬入が可能ですからね。

自分が昔、ドールイベントのディーラー枠で参加した時は地上駐車場でちょっと苦労しましたがなんだかんだで駐車場に余裕のある会場でのイベント開催はちほー民にはありがたいですわ。

そして余談ですが地下駐車場からエレベータ乗る時に同じ同志がいて「まずどこいけばいいんですかねー?」って会話が始まりました。


自分:まずはパンフ入手して列に並ぶのでは…
同志:あ、ぼくサークル参加なので
自分:(今、10時超えてるのに搬入大丈夫なのかな…)、それだと別の入り口が…。自分はドールイベだとサークル参加した事あるんですけどねー
同志:あ、そうですよね
自分:(ドルパ知ってる人だったw)はは…

と言うやりとりしていました。

確かにこの時間にあそこの駐車場使う人ってサークル(ディーラー)参加者っぽいよね

そーいや、コミケだとサークル参加者はかなり早い朝から入らないと地獄をみたりしますが、みやこめっせのイベントですと開場1時間未満にサークル入ってもOKって辺りは平和でいいですよね。


あと同人イベとは関係ない話題ですが、京都の原付きとかチャリはやっぱヤバないですか?
ちほーだとそもそもイキりロード乗りの人の相対数が少ないのもあるのでしょうが、京都・大阪のロード&チャリの人の自由さはパナイ島

交通事故がトップクラス出身な東海ちほーの自分から見ても関西人の二輪の乗り方は異常

それではイベントに参加された皆さんお疲れ様でした。

20190310A01
バイクのカスタムで定番コースの一つであるブレーキレバーとクラッチレバーの交換をしてみました。

注文したはAmazonで安売りされてるコレです。



20190310A02
注文してから到着するまで2,3週間くらいかかりました。極限までコストダウンした梱包で好感が持てました。
20190310A03
袋から出してみる
20190310A04
なんとなくサイズをノギスで測っていた人
20190310A05
ブレーキレバー交換完了!
20190310A06
クラッチレバー交換完了!

自分のバイクが超カッコイイ!です。.。゚+.(・∀・)゚+.゚

かんそう!


バイク関係の記事では耳にタコができるレベルで繰り返し書いてる事ですが、「自分で作業される場合はすべて自己責任」と言う事を忘れないでください。
そして自分でやってみた感想としましては「自分でやらずに店に頼めばよかった」と後悔する事しきりです。

よく「レバー交換なんて簡単だから自分でやってみよう」的な記事がありますが、実際にやってみればわかりますがNINJA250(おそらく400,1000)もブレーキレバー側はともかくクラッチレバーの交換時に普通の工具が入らない事に気がつくと思います。

有り体に言いますとやや特殊な工具がないとスムーズにクラッチレバーを交換するのは不可能です。それか「ナットをキズつけてもいいなら交換可能」って構造になっています。

そして交換したブレーキレバーに関しての所感ですが、「確かに位置をレバーを調整できるのはありがたいが実の所、あの調整幅は必要ない」事に気が付きます。
このレバーは1-6段階まで選べますが、自分の手のサイズからすると4-6までしか使いません。と言うか1ですとグリップにレバーが接触するレベルの距離になりますからセッティングとしては非現実かな…、って話です。

ただ夏用の薄いメッシュグローブと冬用のフワフワもこもこグローブを使い分けてる人(自分)とかは調整できた方が嬉しいのでそこらは便利ではありますね。

レバーの精度に関しては当たり外れがあるかと思いますが、自分が購入した個体に関しては純正とほぼ同様の誤差ですので使い勝手は純正とほぼ同じです。と言うか自分が純正と同じ感触になるように組んでます。

レバーのショート化に関しては自分は人指し指がスロットル、中指+薬指でレバーを引くタイプですのでショートでも問題ないのですが、稀に小指スロットル、人指し指〜薬指or人指し指+中指or中指+薬指がレバーとやや変態タイプの操作をしますのでロングタイプのレバーを選びました。

可倒式レバーに関しては「倒れた時に折れない」と言う事でしょうが、そもそも自分は倒れない(w)ですし、可倒式のギミックでレバーに必要以上に遊びが出る方が気に食わないので、可倒式とかは辞めました。

結局レバーの形状とかは各自のライディングスタイルに依存しますので、良し悪しとかは語りにくいのですが、90%くらい一般ライダーの人は純正レバーの方が簡単かつ安全に止まれる形状をしています。

オンロード車ですと「超高速状態からのフルブレーキングする際に腕&ハンドルに荷重をかけずにグリップを支点にレバーをまっすぐ引ける」タイプのライダーはこの手の形状のブレーキレバーの方が向いていると思います。

要はレース向けって話です。

まあ下道をタラタラ走って法定速度を完璧に守ってるライダーにはどちらもも大差ないです。

と言うか自分はわりと速攻でバイクに合わせて運転できてしまうタイプらしいので純正レバーが運転しにくいとかないです。
ですので、自分にとってはこれらは見た目のみのドレスアップパーツですね。

大切な事なのでもう一度いいますが「レバー交換はお店に頼みましょう」

この間カウルを外した時に納車されてから半年も経っていないのにそこそこ錆が湧いていたのでお掃除する事にしました。
まあ積雪地域を走ってたりもするので塩害でしょうな…

20190309a01
バイクをメンテするスタンドに載せます
20190309a02
お掃除前のメモ
20190309a03
20190309a04
根性が無いので磨くのはここら辺で止めています。真にパイプを綺麗に磨くならカウルをバラさないと無理ゲ
20190309a04
20190309a05
仕上げのケミカルです。獣の数字っぽくて萌えますね

使った掃除道具はおおよそこんな感じ








おそうじ!


これはあくまで自己流のお掃除なので真似しろとかそういうお話ではありません。

やってる事は以下の通りです。

1.アンダーカウルを外す
2.水洗い
3.クレンザーで磨く
4.ピカールで磨く
5.KURE 6-66をウエス等で塗り拡げる

といいましょうか作業していた日は風が非常に強くて作業には向かない日でしたのでガチでピカピカにするのは諦めて適当に切り上げました。風が強くてケミカル溶剤の容器とかウエスが吹っ飛んでいくくらいの強風の日でした。

バイクを常にピカピカにしてる人って本当に凄いと思います。
自分はわりかし乗りっぱなし派ですからね…(^_^;

まあエキパイとかに多少の赤錆とか浮かんでいても即致命傷になるわけでもないですので、そんなに気合を入れて掃除をする必要はないと思います。

ネイキッドなバイクですと見栄えがありますので磨かざる得ないですが、カウル付きのバイクのいいところこはこういう掃除を端折れる所にあると思っていますので(^_^;

お掃除&メンテのケミカルに関しては、どこでも売ってるクレンザーとピカールで十分だと思います。
成分的には変わりませんしね。
ピカールはギターのフレット磨きにも使っていますので、超オススメなケミカルです。
重要なのは環境と言うか方法だと思います。
理想はカウルとかエキパイ外して、薬品にエキパイとか漬け込んでグラインダーで磨くのが最大効率でしょう。
ただそんなの工場がないと無理ゲですので、自分はチマチマと適度に磨いて終わりにしました。

自分のNINJA250にもっと今風のアイテムを搭載したくなりましたので、DAYTONAから出ていますNINJA250用のバーホルダーを装着していみました。

20190302B01
商品とついでにトルクレンチを購入しました。
20190302B02
まず最初の難関(?)はハンドルを固定してるネジのカバーの外し方だと思われます。
20190302B03
自分は精密ドライバーを使って外しました。
いつか再利用する積もりがないならなんでもアリですが、自分は貧乏性なので傷ができないように頑張りました。
20190302B04
ちなみにハンドル部のネジだけでした6のサイズのを6角レンチをハメればOKです。NINJA250の簡単な整備ですと5,6,8辺りを揃えておけば問題ないかと思います。
20190302B06
アマゾンで売っていた激安中華スマホホルダーです。ちなみにストレートにはハマりませんでしたのでマスキングテープとか使いながら調整しました。
20190302B07
今回はレビューしませんが、タイヤの空気圧を管理するシステムな商品です。
20190302B08
とりあえずバーにスマホホルダーをつけてみました。これで一般人に近づいた気がします。

かんそう!


大事な事なので先にコメントしますと「バイクの整備はお店に頼むものです」と「自分でやるなら全て自己責任」です。

Youtubeとかで「車載工具でやりました」シリーズをよくみますが、自分的に車載工具は出先にトラブルが発生した場合の非常用でして、普段の整備では使うモノではありません。

特にハンドル周りでの整備は締め付けトルクの指定がありますので「トルクレンチがないとやっちゃダメ」な作業です。
自分は激安なトルクレンチ使ってますが、それでも道具代に合計5000円は飛んでいってますので、整備が趣味でない人はお店で頼んだ方が安い上に精度が高い、ってオチです。

「自分で整備・カスタムをすると愛着が湧く」ってのは間違いではないですし、その通りではあるのでしょうがとは言えトルク指定がある様な作業は悪いことは言いませんからお店に頼むべきかと思われます。

でNINJA250にスマホホルダーつけてみた感想ですが、スマホの位置が妙にタンクに近いので「思っていたのとなんか違う…」感があります。

もうちょっとカウルに近い位置に配置したいのでここから更にステーで位置を調整するなりカウルに固定する方法を模索してみようかと思っています。




20190302A01
道の駅に到着
20190302A02
日陰なんでバイク写りがイマイチっすね(^_^;
20190302A03
3月らしい気候といいましょうかなかなか温かい日でした
20190302A04
モーニングと言えば小倉トーストっすね

道の駅 半布里の郷 とみか


また道の駅ですみません。
今回はモーニングを食べにやってきた的なノリです。
色々な野菜の直売とかやってますね。

ほどよい田舎っぷりで落ち着ける道の駅ですね。

しかし、自分はちょっと出かける的なノリでのぷちツーリングばっかりで本格的な旅ツーリングってしない人っすなぁ…

地道にNINJA250をカスタムしてる日々です。

電圧計が欲しくなりましたので頑張って自分で取り付けを行ってみました。


とりつけ!


20190224B02
電圧計の定番品であるDAYTONAのを選びました。
20190224B03
内容物はこんな感じですね。
自分はこのタイプの配線コネクターは好きではないので、別途ギボシ端子で取り付ける事にしました。
20190224B04
そして実際の取り付け手順ですがバイクのシート下のカバーを外します。
20190224B05
外した部品は段ボールにでも入れておきます。
20190224B06
シート下にネジがありますのでこれもレンチを使って外していきます。
20190224B07
シート下には各種配線が通っています。
20190224B08
バッテリーとご対面です。
20190224B09
アクセサリにつなげる部分の配線にギボシ端子を取り付けます。
20190224B10
自分のNINJAは既にUSB端子やらETCユニットでアクセサリから電源を取っていますのでそれに分岐させるハーネス経由で電圧計の電源と分岐させています。
20190224B11
動作試験しています。
20190224B12
後はカウルとか外して配線作業します。

実は勢いあまってアンダーカウルとか外していますが、サイドのカウル外すだけで良かったみたいです。無駄な労力を使ってしまいました。
20190224B01
かんせい!



こうぐ!


とりあえず自分の記事を見て「自分でやってみよう」と思われる方がいましたら以下の道具やらが必要です。




そういえばこの部品を紹介されてる方が多いのですがNINJA250だと蓋が閉まらないので使えないんじゃないかなぁ…
おそらくネチネチと工作する必要とかある気がします。

バイクがまだ処女状態ですと恐ろしく面倒だと思われます。







かんそう!


ぶっちゃけ「お店に頼むべきだった」案件でした。
よく「取り付けなんて簡単だから自分でやろう」的な話を聞きますが、やってみて思いましたが工賃と道具を揃える費用を考えたら「お店で頼む方が安い」的な作業だと言う認識です。

と言うか今更話ですが、バイクを新車で購入する時に「ETCとUSBと電圧計」辺りをセットで頼むべきだったなぁ…、って思います。ええ…。

バイクのカスタムは自分みたいに思いつきではなく、計画性をもって行いましょう(^_^;

自分は自作エフェクターを製作してる事もあり電気的な面はノープレブレムではあるのですが、その補正があっても「フルカウルのバイクに配線するの面倒」って一言です。
ネイキッドなら多少は楽と言えますが、ネイキッドはネイキッドで「雨対策」する必要があります。

この商品は電圧計そのものは確かに防水仕様なのでしょうがケーブルは別に普通のハーネスですので、濡れたら故障しますわなw



電圧計を取り付けた経緯ですが、バイク屋さんに言われていた事ですが「NINJA250はバッテリー容量に余裕がないのでグリップヒーターとUSB電源を使いまくると危ない」的な指摘がされていました。

確かにスマホとかは調子がいいとそれだけで2.1A使ったりしますので、移動中はともかく、停車中とかエンジン止めてると自殺行為に等しいと思われます。

まあそれらは利便性の代償なのである程度のリスクは許容せざるえませんが、それで旅先でバッテリーが上がったら泣くに泣けませんので、それらの自己防衛策として電圧計を装着する事にしました。

最後にお約束のお話ですが「バイクの改造は自己責任でお願いします」

しかし冬場とは言え12.2Vとか見ると少し頼りない感が…(^_^;


20190224A01

■Bluetoothハンズフリーヘルメットを作ってみた KAMUI-II - OGK KABUTO

この記事でMP3プレイヤー版のヘルメットも試してみたい的な発言をしました。
そんな感じでMP3プレイヤーを装着して近所へツーリング行ってきました。

20190224A02
温泉に入る前の腹ごなしとして道の駅のめいほうです。20190224A03
いい天気
20190224A04
朝ごはんの明宝のメンチカツです。
20190224A05
温泉に到着。山肌には白いのが見えますが気にしない。
20190224A06
温泉の後の食事です。
ハムな定食です。自分でジュージューと焼きながら食べる的な定食です。
20190224A07
帰りはミナミィと言いながら休憩しました。



明宝温泉 湯星館


うん、またここなんですよ…。
いやまぁ、なんだかんだでほどよく人が少なくて落ち着けて近くに道の駅めいほうがあってグルメちほーでもありますので自分的にはお気に入りの場所ですわ…

特に今回は利用した時間がよかったのか露天風呂は自分ひとりだけでしたし、室内も自分以外は数人しか利用客のいない状況でしたのでかなりゆったりできる日帰り温泉でよかったですわ…。

ただまぁ、156号線を移動していたら頻繁に渋滞に巻き込まれました…。
比較的に暖かくなってきたのでみんな観光しはじめたのかも知れませんね。


MP3プレイヤー


とりあえず使ってみた感想ですが、音の良し悪しを語る系ではないので、それ以外のレビューとなります。
・説明書…かなり日本語に難がありますが理解できないこともないこともないこともないレベルです。

・操作性…グローブしてると事実上操作は不可能です。

・電池の持ち…カタログでは連続稼働25時間とかありえない時間が記載されていますが、とりあえず5時間は持ちました。

・重さ…27gと超軽量ですのでヘルメットのバックルに装着しても重さとかはまったく気になりません。


つまり電池の容量とか気にせずに音楽聴きながらツーリングするのはわりかし最適だと思います。
後は耐久性とかですが、3000円でここまで高性能なら数年でお亡くなりになっても許せるレベルかと思います。



20190216B01
とりあえず使ってみた20190216B02
20190216B03


アマゾンで販売されてる特売的なアレです。




リアバイクスタンドはともかく、ホイールクランプって?って疑問を持たれる方もおられるとは思いますが、ホイールクランプを利用するとセンタースタンドがないバイクでも直立させる事ができます。

この状態ですとリアメンテスタンドも一人でも簡単かつ比較的に安全に利用できます。

バイクの後輪を浮かせる為には一般的にリアメンテスタンドを使うと思いますが、一人でリアメンテスタンドを使うのはそこそこにリスクがあります。

「バイクは直立させて保管するのが理想」とかは自分は正直気にしていないのですが、メンテの際に前輪固定+直立+後輪を浮かせると「こんなにチェーンのメンテって楽なの…」とか「普通に掃除とかやりやすい」とかかなりのメリットを教授できました。

#そもそもバイク保管の究極的な理想は吊るす事だと思いますが、一般家庭どころかバイク屋でも不可能でしょ…

ただこれは自分のNINJA250が比較的に軽量かつ安いバイクだから出来る芸当であってハーレーとかBMWとかの重量級のバイクではちゃんとした(?)ブランドでサポートが受けられる的な製品を使う事をオススメします。

スペックだけ見ているとバイクの車重が170-180Kgでギリギリの模様。
NINJA250をこれに乗せたまま保管は正直ねーな感があります(^_^;

アマゾンで売ってる謎ブランドのメンテ道具は軽量バイクのメンテには大丈夫は思いますが、CB1300SFとかの車重が250Kg超えな重量級なバイクは無理があると思われます。

とりあえず、自分は成功したと言う話であってこれらの格安道具のご利用は自己責任にてお願いします。
.gist-data { max-height: 400px; }