November 2009

November 23, 2009

TREEDOM

簡単には抜け出すことのできないデタラメな世界。同じ場所をいつまでも周り続けるだけ。毎日。毎日。ぐるぐる。ぐるぐる・・そんな世界の在り方に本当は誰もが嫌気がさしている。このままでは出口も見つかりそうもない。

システムを維持することだけに従事する者達には、見いだすことの出来ない『未来』をイメージし、そこに向けての第一歩を踏み出せたら!?


いつも通る道でも景色は同じじゃない。安全で平坦なアスファルトの上を歩き、目的なき目的地に向うのを辞め、あの公園にある大木によじ登って上から世界を眺めてみたら、これまでの景色とは全然違うものになるかもしれない。


人生はつまらないものと思えば、本当につまらない人生になる。人生は素晴らしいものだと思えば、人生は本当に素晴らしいものになる。人生は、自分が思ったとうりの人生になっていく。


そして理想こそが現実を作っている。理想を失わないで持ち続けることができるなら、それはすでに現実なのだ。強い『思い』があれば、自分の人生を自由に創造することができる。


恐怖や勝手な思い込みが自分自身を不自由にする。生き「なければならない」。周りの皆にあわせ「なければならない」・・・


だけど本当に「なければならない」ことなんてこの世界には存在しないことに気が付き、あらゆる思い込みから自分を解放し、過去や未来にも捉われず、捉われないことにも捉われのない精神を獲得できたら、それが“ネ申”に等しい絶対的な自由の境地とは言えないか。


今此処に存在することに意味などない。あるのは自分の選択だけ。したいことを為し、したくないことを為さないだけ。他の誰でもない自分自身こそが真理なのだ。


rsgyou-1






己の殻を破壊せよ。 


世界を革命する為に☆



BOSS




November 22, 2009

Rock☆Steady☆Gym 鎌倉

西暦2009年。鎌倉のハイブロウな地に約550坪の土地を購入。ボクは1818.18平米という途方もなく広大な土地の大地主になった。

org


江ノ電の某駅から平坦な道で徒歩5分。もちろん江ノ島の向うへ富士山を野望む絶景の海へも徒歩5分の風光明媚なロケーション。雄大な山々を見晴らし、野生のリスがいる森を背負う絶好のランドスケープ。

そこに、自宅、ジム、カフェ、鎌倉野菜を使ったオーガニックなカレー屋、サーファーやクリエイター用のイケてるアパートメント、ツリーハウスのビレッジ、トレーニング用の自然地形を生かしたアスレチック施設(SASUKE的な!)…などを創る計画を進めている。


コンセプトは、
『Slow Life Slow Training』

大自然の中で、加圧トレーニングをさらに進化させるプロジェクトだ。


すでにジム、自宅、ツリーハウスは先月から施工が始まっている。湘南では有名なハウスビルダーと著名な建築家とのコラボレーションだ。20世紀モダニズム における巨匠の自宅であるイームズハウスをモチーフにした、シンプルモダンなフルオーダーの秘密基地が来春には竣工する。


SHIBUYA-13


もはやお約束のTECHNOGYM社の最高峰マシンがフル装備の加圧トレーニングジム。鎌倉野菜のフレッシュなジュースが飲めるプロテインバー。レセプ ションは8Mの吹き抜け。木が突き抜けるスキップフロアのウッドデッキ。ハンモックが吊るされたテラス。車やハーレーを整備するには持って来いのガレー ジ。秘密の地下室。窓をほぼフル開放できるジャグジー。そして北欧製の薪ストーブ…

TREE-5


そして何といってもこのプロジェクトのハイライトは、豊かな森の中に突如現れる大人の隠れ家。森の中に見晴らし最高なツリーハウスを作ってジムの2階から直接繋ぐ。もちろんBBQやヨガも可能なウッドデッキ付き。

TREE-4


6:00AM 目覚ましのアラームが鳴る。部屋には東から太陽の日差しが差し込み。空遠くからかすかに聞こえるトンビの声。裏山の斜面からは、小鳥のさえ ずりが聞こえる。6:30AM 軽く朝食を済ませ、海へ愛犬と波のチェックに向う。心地よく鼻孔を刺激する潮の香り。南から吹き抜けていく湘南の汐風。いい波がなければ、ツリーハウスでのんびり昼寝すればいい。

TREE-1


1:30AM 満月の眠れない夜。ベットルームから直接、フレッシュな空気を吸いつつ森の空中通路を歩いてツリーハウスまで30秒で到達。トップライトから見える星空の下“悪魔のように熱くて濃いコーヒー”を飲みながら蝋燭の灯でフィッツジェラルドを読みふける…

TREE-3


先行き不透明な混沌とした時代だからこそ、ESCAPEIZMが求められてるのだと感じている。より本質が求められるようになり、アナログやプリミティブ なものに原点回帰するのではないだろうか。自然はもちろん肉体や精神の在り方がより重要視され、ローマ時代のように再び哲学などの教養が最高の娯楽になる かもしれない。

TREE-6


平安時代の貴族文化から武士文化に変革した鎌倉時代。それまでの価値観が180度変わるパラダイムシフト。それに匹敵するレボリューションを起こし、“ROCKSTEADYな幕府”を鎌倉で実現する(笑)これまでにないまったく新しいカルチャーを創造するのだ。

TREE-2


兎に角、此処には、海があり、山があり、太陽が東京より身近にある。そして、森、花、鳥、虫、波、風、砂、星、月…、それらを肌で感じることが、全て をシンプルにしてくれる。時間がゆっくり流れているから、自由に自分らしく生きることができる。それ以上何が必要なのだろうか?


BOSS