2016年05月01日

火花

かなり前に予約した本ですが、ようやく読むことができました。

火花火花
又吉 直樹

文藝春秋 2015-03-11
売り上げランキング : 168

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


芥川賞で有名になりましたが、あまり期待せずに読みはじめました。
ところが、読んだ後は予想以上に読んでよかったと思える内容でした。
主人公が又吉さんとがっつり重なるので、想像しやすったのも良かったのかも。

rsketch at 00:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加  

2016年04月24日

伊藤若冲画集 Kindle版

Kindleを持っている人に朗報!

伊藤若冲画集: 153絵図258頁+全解説付 (日本の名画シリーズ) Kindle版
「生誕300年記念若冲展」記念キャンペーン 300円→160円(4/24まで)

記念価格は本日までなので、お見逃しなく・・・!


伊藤若冲画集: 153絵図258頁+全解説付 (日本の名画シリーズ)
伊藤若冲画集: 153絵図258頁+全解説付 (日本の名画シリーズ)伊藤若冲 楽しく読む名作出版会

楽しく読む名作出版会 2016-04-06
売り上げランキング : 61


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




また、2月に荒俣先生の新しい本が出ていました。

脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま
脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま荒俣 宏

KADOKAWA/角川書店 2016-02-27
売り上げランキング : 33198


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


残念ながら図書館には入っておらず。。
もう少し待ってみますか。



rsketch at 11:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 美術書 

2016年03月21日

タイムリー 変換アダプタ Groovy UD505SA

すっかり紹介を忘れていた購入品。



何の問題もなく接続でき、ファイルを取り出すことができました。

マシンの調子が悪くなった時には、高い修理代を払う前に、まずは試してみる価値がある製品です。





rsketch at 20:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年03月13日

出産祝い

同僚の出産祝いのプレゼント。

オムツケーキは名入れができるし、amazon商品券は、好きなものを買ってもらえるので間違いなし!






y

rsketch at 19:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 ショッピング 

2016年03月06日

日経PC21(ピーシーニジュウイチ)2016年4月号

珍しく購入した雑誌。
スマホやWi-fiの最新事情を知るには手頃です。
おまけの「グーグルまるごと活用事典」は別冊になっていて、電車の中で読むのに良いですね。


結論として、現状の自分のプランでは乗り換えなどは必要なさそうということがわかりました。新プランになったからとあわてて変更すると、思わぬ落とし穴がありそうですので、要注意です。


rsketch at 17:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加  | インターネット

2016年03月05日

ボッティチェリ《プリマヴェラ》の謎: ルネサンスの芸術と知のコスモス、そしてタロット

バタバタしていて、斜め読みした本。



タロット生まれた歴史やブームの背景がわかるのかと思っていたら、違う趣旨でした。
絵画作品の元ネタを聖書や当時流行った詩と考えるのは昔からある方法ですが、今回読んでみて改めて証明するのは難しいものだと感じました。
似ている、似ていないのかは、個人差があるのと一緒ですね。

ドキュメンタリーがあるようなので、日本語で見られるようになるとよいですね。


rsketch at 21:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加  | 美術書

2016年02月11日

ラプラスの魔女

タイトルの「ラプラスの魔女」は、「ラプラスの悪魔」に由来しています。
フランスの数学者、ピエール=シモン・ラプラスによって提唱されたもので、『確率の解析的理論』には以下の記載があります。

もしもある瞬間における全ての物質の力学的状態と力を知ることができ、かつもしもそれらのデータを解析できるだけの能力の知性が存在するとすれば、この知性にとっては、不確実なことは何もなくなり、その目には未来も(過去同様に)全て見えているであろう。

本書の主人公は、脳の障害で驚異的な知性を得て、この確率論でまさに未来を見通す能力を得ます。
夢のようなお話ですが、東野圭吾さんお得意の、平行して話が進むパラレルワールドでぐいぐい読み進むことができます。
医療モノが好きな方にオススメです。





rsketch at 13:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加  | 東野圭吾