2016年07月24日

ポケモンGO

先週金曜日に日本でダウンロード可能になったポケモンGO。
昨日ようやくダウンロードして、ただ今ようやく30ポケモンをゲット。
普段の買い物の途中、わざわざ遠回りしてポケスポットに立ち寄った結果、いつもの2倍以上の時間がかかってしまいました。
しかし、ようやく出現したピカチューに逃げられてしまったのは痛い失敗・・・。

レベル5にようやく達しましたが、まだジムデビューしてない自分。
のんびり楽しむことにしよっと。


rsketch at 16:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 ゲーム 

2016年07月03日

レアジョブ

今年の4月から、英会話をはじめてまもなく3ヶ月。

Skypeでの日常会話からはじめたのですが、遅々とした歩み・・・。

https://www.rarejob.com

思いきって海外にいっちゃったほうが早いということはわかるのですが、長期で海外に行けるわけもなく、ひたすら1日25分、週3日以上の会話をめざす日々。。。

もうちょっと若いときからスタートしていれば、、、と思ってしまいますが、今はとりあえずチャレンジあるのみ。。。





rsketch at 22:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 語学 

2016年06月12日

死のドレスを花婿に

ピエール・ルメートル作で読んだ2冊目の本。

死のドレスを花婿に (文春文庫)死のドレスを花婿に (文春文庫)
ピエール・ルメートル 吉田恒雄

文藝春秋 2015-04-10
売り上げランキング : 15831

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



強烈なバイオレンス、狂気の世界、そして予期せぬどんでん返し・・・。
読みはじめたらとまらない作品で、2日で読んでしまいましたが、人によっては拒否反応が大きいかも・・・?
これも映画になりそうな作品ですね。







rsketch at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加  

2016年06月11日

美術検定 2016

久しぶりに美術検定のサイトをチェックしたら、新しい本がいろいろ出ていました。
今年は11月13日(日)が開催日とのこと。

新しい参考書は表紙にルノワールやクリムトの絵が使われていて、豪華ですね。


はじめて学ぶ美術の歴史 一問一答 美術検定4級練習問題はじめて学ぶ美術の歴史 一問一答 美術検定4級練習問題
「美術検定」実行委員会

美術出版社 2016-06-03
売り上げランキング : 83991

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


続  西洋・日本美術史の基本続 西洋・日本美術史の基本
「美術検定」実行委員会

美術出版社 2016-05-12
売り上げランキング : 62776

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


もっと深める美術の歴史 一問一答 美術検定2級練習問題もっと深める美術の歴史 一問一答 美術検定2級練習問題
「美術検定」実行委員会

美術出版社 2016-04-08
売り上げランキング : 98468

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


改訂版 西洋・日本美術史の基本 美術検定1・2・3級公式テキスト改訂版 西洋・日本美術史の基本 美術検定1・2・3級公式テキスト
美術検定実行委員会

美術出版社 2014-05-19
売り上げランキング : 19372

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この絵、誰の絵? 100の名作で西洋・日本美術入門この絵、誰の絵? 100の名作で西洋・日本美術入門
佐藤晃子

美術出版社 2008-08-08
売り上げランキング : 60800

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




rsketch at 21:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 美術検定 | 美術書

2016年05月28日

火星の人

映画「オデッセイ」をみてあまりにも面白ろかったので、原作を読みました。

オデッセイ 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]オデッセイ 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2016-06-03
売り上げランキング : 13

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


火星ダッシュ村の映画、ともいわれていますが、原作はオタク・・・いや本格的なハードSF。
著者のアンディ・ウィアーは15歳で国の研究所にやとわれた経歴を持つプログラマー。
はじめは著者のウェブサイトで無料公開されていましたが、まとめて読みたいという声にこたえてキンドル版を検討し、無料では販売できないためキンドル版として最低価格の99セントで売り出して大ヒットになったというのだから、まさにサクセスストーリー。
主人公のワトニーは植物学者でありメカニカル・エンジニアでもあるのですが、火星でたった一人でじゃがいもを育てたり、水をつくったり、ひっくり返ったローバーを直したり・・・と火星でのサバイバルの描写が本当にリアルで、SFに出てきがちな未確認飛行物体や宇宙人はまったく出てきません。
そういう意味では、どちらかというとサイエンス・フィクションと呼んだほうが妥当かもしれません。
映画でも主人公のユーモアにあふれたキャラクターがとても魅力的でしたが、原作を読むともっと好きになること間違いなし。
もちろん、映画と原作では異なる点が多数ありました。
(以下はネタバレになるので、要注意)

たとえば、原作ではアレス3からアレス4までの長旅行にかなりのページを割いていますが、映画の中では砂塵嵐からの生還などがすべてカットされちゃっています。
また、ワトニーを宇宙空間でキャッチする感動的なシーンは、原作では船長のルイスではなく、ベック。さらに、ワトニーがグローブに穴をあけて推進力を得る、というアイデアはリスクが高すぎるとして、原作では却下されています。

最後に1点、やはり小説だと思ったのは、ワトニー1人のために他のクルーを危険にさらすことは現実には認められない可能性が高いのでは、という点でしょうか。
(もちろん、それをふまえて原作でも謀反が起こったりするのですが・・・)

ともあれ、ここ最近読んだ本の中では5本の指に入ること間違いなし!

火星の人〔新版〕(上) (ハヤカワ文庫SF)火星の人〔新版〕(上) (ハヤカワ文庫SF)
アンディ・ウィアー 小野田和子

早川書房 2015-12-08
売り上げランキング : 5258

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



火星の人〔新版〕(下) (ハヤカワ文庫SF)火星の人〔新版〕(下) (ハヤカワ文庫SF)
アンディ・ウィアー

早川書房 2015-12-08
売り上げランキング : 4398

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




rsketch at 23:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加  | 映画

2016年05月15日

ヤマザキマリの偏愛ルネサンス美術論

以前から読みたいと思っていた本ですが、ようやく読めました。

【カラー版】ヤマザキマリの偏愛ルネサンス美術論 (集英社新書)【カラー版】ヤマザキマリの偏愛ルネサンス美術論 (集英社新書)
ヤマザキマリ

集英社 2015-12-22
売り上げランキング : 4519

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




ヤマザキマリさんといえば、なんといっても『テルマエ・ロマエ』が有名ですが、この本でなんと平成27年度(第66回)芸術選奨新人賞を受賞されたのだとか。

「変人」をキーワードにルネサンスを楽しく解読ということで、爆笑しながらあっという間に読んでしまいました。

今度はぜひ『プリニウス』を読んでみたいです。

プリニウス (1) (バンチコミックス45プレミアム)プリニウス (1) (バンチコミックス45プレミアム)
ヤマザキマリ とり・みき

新潮社 2014-07-09
売り上げランキング : 15109

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



rsketch at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加  | 美術書

2016年05月06日

満願

2015年に以下の6つの賞を受賞した作品を読みました。

第27回 山本周五郎賞(新潮社)受賞
第151回 直木三十五賞(文藝春秋)候補
ミステリが読みたい! 2015年版 国内編』(早川書房)1位
週刊文春ミステリーベスト10 2014 国内部門』(文藝春秋)1位
このミステリーがすごい! 2015年版 国内編』(宝島社)1位
第12回 本屋大賞(NPO法人 本屋大賞実行委員会)ノミネート

満願満願
米澤 穂信

新潮社 2014-03-20
売り上げランキング : 7953

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




米澤穂信さんの作品を読んだのは初めて。
短編ということもありいずれも読みやすく、あっという間に読んでしまいました。

今度は長編を読んでみたいかな。


rsketch at 19:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加  | ミステリ