NHKスペシャル「歌麿・紫の謎」その2日本以外全部沈没

2007年03月10日

『ユリイカ』でレオナルド・ダ・ヴィンチ特集

あの『ユリイカ』からレオナルド・ダ・ヴィンチを特集した号が2月27日に発売されていました。

Amazon ではまだ表紙の画像が出てきませんが、商機を逃しているような・・・。
→ようやく表紙が出てきました(3/15に確認して更新)

ユリイカ 第39巻第3号―詩と批評 (39)ユリイカ 第39巻第3号―詩と批評 (39)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


青土社のサイトでは、詳しい目次が閲覧できます。特に、下記の記事はぜひ読みたいです!


【天才の秘密を解剖する!】
生命のつながりという永遠の謎 『受胎告知』 から 『モナ・リザ』 まで / 茂木健一郎+布施英利
異端者レオナルド? / 高階秀爾
アンドロギュヌスの憂鬱 レオナルドと天使と洗礼者ヨハネ / 池上英洋


rsketch at 00:05│TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加  

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 『ユリイカ 特集レオナルド・ダ・ヴィンチ』 刊行のお知らせ  [ 池上英洋の第弐研究室 ]   2007年03月16日 20:10
先日、『ユリイカ』のレオナルド・ダ・ヴィンチ特集号(第39巻第3号、通巻532号、2007年3月)が出ました。→青土社HP 次の私のエッセイが掲載されています。    「アンドロギュヌスの憂鬱――レオナルドと天使と洗礼者ヨハネ」 池上英洋 pp.76-87   レオナ...

この記事へのコメント

4. Posted by ike   2007年03月16日 22:09
TBのご報告〜
3. Posted by うっちゃん   2007年03月11日 20:00
今回『ユリイカ』で特集がくまれたのは、3月20日から東京国立博物館で「レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の実像」という展覧会があって、「受胎告知」という作品が日本初公開になるから、といったほうがいいですねー。(『ユリイカ』の表紙になっている作品です)
1974年に「モナリザ」が日本に来たとき以来のビッグイベントになる・・・といっては言い過ぎかもしれないけど、かなりの混雑が予想されます・・・。
人の頭ばかり見ることになりそうなので、できれば平日に行きたいけど無理かなぁ・・・。

『ユリイカ』の内容は、読み終わったらこのブログでも紹介しますね〜。

2. Posted by sima   2007年03月11日 19:05
現代詩と批評の専門誌
内外のアート、思想、詩人、小説家、音楽家、画家などを取り上げ、その現実的意味を追求していく。

とありました。保存版にする価値ありそう。
1. Posted by sima   2007年03月10日 23:37
ダ・ヴィンチ・コードのブームも落ち着いて・・・ってこと?
『ユリイカ』ってずいぶん歴史が長い気がするけど、
どんな雑誌だっけ。学術関係?
NHKスペシャル「歌麿・紫の謎」その2日本以外全部沈没