西洋近代絵画の見方・学び方古書の来歴

2012年03月24日

極北ラプソディ

ようやく借りることができた、海堂尊氏の医療ミステリー。
いや、もうミステリーではないな、と改めて思ったり。

極北ラプソディ極北ラプソディ
海堂 尊

朝日新聞出版 2011-12-07
売り上げランキング : 5091

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



『極北クレイマー』の続編ともいえる作品ですが、ほかにもジェネラルルージュの速水医師ブラックペアンの世良医師など、過去の作品の登場人物がいろいろ出てくるので、過去の作品を読んでいないと本来の楽しさが半減してしまうかも?

海堂尊非公式ファンサイトで作品の登場人物が確認できるので、これは大変助かりますね!


まさか、あの花房師長が・・・のどんでん返しは読んでからのお楽しみということで。


rsketch at 21:47│Comments(0)TrackBack(2)このエントリーをはてなブックマークに追加  

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

2. 【ジェネラル・ルージュはドクター・ヘリがお嫌い?】極北ラプソディ  [ ぱふぅ家のサイバー小物 ]   2012年05月02日 19:48
救急医療がペイしないというのは真っ赤な嘘さ。うまくやればこれほど儲かるエリアはない。でもお役所仕事では絶対に成立しないのさ。(50ページより)
1. 海堂尊の医療エンターテイメント  [ ぱふぅ家のホームページ ]   2012年04月30日 11:55
『極北ラプソディ』を追記しました。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
西洋近代絵画の見方・学び方古書の来歴