ウルビーノのヴィーナス

2008年04月20日

ウルビーノのヴィーナス展&記念講演会

ウルビーノのヴィーナス展&記念講演会

ようやく観ることができた「ウルビーノのヴィーナス展」についてです。
ウルビーノのヴィーナス

今回は珍しくKさんと一緒に鑑賞、さらに先日のシンポジウムの際に先にカタログを購入したこともあり、実物をみて大きさが想像とまったく違ったり……といつもと違う感覚で観ることができました。

以下は、カタログの写真から。

『ポリフィロの夢』
1499年に出版された『ポリフィロの夢』。
小説『フランチェスコの暗号』(新潮文庫)のネタ本でもあります。


ハルピュイアの注ぎ口のある水差し

ハルピュイアの注ぎ口のある水差し。
ハルピュイア(harpy)とは、ギリシャ神話に登場する女面鳥身の伝説の生物で、画面でいうと注ぎ口の左右にみえる横顔が2人のハルピュイア。
注ぐ口の正面には2本のへピのようなモノがみえますが、これは実は脚。脚のすきまからこの脚の持ち主の顔がみえます。そう、この方ものすごいエビぞり(ブリッジ)してて、苦しそう(笑)。
上の写真の中央にある図が「雌牛に変身させられたイオとアルゴス、メルクリウス」で、下の中央の図は「瀕死のアドニスのもとに駆けつけるヴィーナス」。


神話主題を表したキャビネット

神話主題を表したキャビネット。
彩色されているのではなく、なんと貴石のモザイクで細工されたもの。
中央が「アドニスの死」の図柄で拡大図はこちら。
神話主題を表したキャビネット 中央「アドニスの死」の

岩はわかるとして、イノシシや犬がいい具合に石の模様がいかされてます。
日本の蒔絵を思い出してしまいます。

ドイダルサスのアフロディテ

ドイダルサスのアフロディテ
紀元前3世紀のドイダルサスという彫刻家の原作に基づいて制作された、ローマ時代の模刻。全体も美しいですが、特に頭部(顔、髪)の美しさといったら……!


さて、今回の展示の目玉《ウルビーノのヴィーナス》ですが、人だかりかと思いきや、あまり人は集まっていず、結構近くまで寄ってみる事が出来て良かったです。洗浄・修復の効果もあるのかと思いますが、これぞヴェネツィア派という色彩の美しさも堪能できました。

ミュージアムショップでは、《ウルビーノのヴィーナス》と同じ赤い生地模様のキタムラのバッグ(バラのハンドバッグ)が売っていて思わず笑ってしまいました。



次に、記念講演会についてです。

三浦篤(東京大学教授)は、以下の本で昨年サントリー学芸賞を受賞されていますが、マネを中心に19世紀フランス美術がご専門とのことで、今回はマネの《オランピア》との関連で講演されました。

近代芸術家の表象―マネ、ファンタン=ラトゥールと1860年代のフランス絵画近代芸術家の表象―マネ、ファンタン=ラトゥールと1860年代のフランス絵画
三浦 篤

by G-Tools



下記は、配布された資料とメモを中心に抜粋したものです。


「《オランピア》から《ウルビーノのヴィーナス》へ―近代絵画と伝統」


マネ《オランピア》

マネ《オランピア》。1863年に制作、モデルはヴィクトリーヌ・ムーラン。
1865年のサロンに出品され、スキャンダルを巻き起こす。「高級娼婦だ、裸婦が死体のようだ、看板のようだ、下絵に過ぎない」等。
非常に類似しているにも関わらず、《ウルビーノのヴィーナス》との関連に言及したのは2例のみで、その2例も1人の発言による間接的な言い方にすぎなかった。(※《オランピア》の革新性に圧倒されて言及されなかった?)



19世紀における《ウルビーノのヴィーナス》のイメージ
・テーヌ『イタリア紀行』(1865年)では、貴族の愛人、高級娼婦を描いたとして紹介。
・ラルース『百科事典』(1876年)には、「ヴィーナス」の小項目としてメディチ家の誰かあるいはウルビーノ公の愛人を描いたティツィアーノの傑作として紹介。

マネとティツィーアノの関係
・マネの先生であるクチュールは、ヴェネツィア派、ティツィアーノを推奨していた
・マネはティツィアーノの作品を模写している
 《ウルビーノのヴィーナス》1853年/《白い兎のいる聖母》1854年/《ジュビターとアンティオペ》1856年
・1865年にマネがサロンに《オランピア》を出品した時に、《兵士に侮辱されるイエス》と2点くみあわせて出品しているが、マネの研究者Th. Reffによればティツィアーノの前例に並ぼうとしたのではないか、と推察される。(当時の美術全集シャルル・ブランでは、「ティツィアーノはカール5世に対し、宗教画とヴィーナスをペアにして送った」というピエトロ・アレティーノの逸話を紹介している)


《オランピア》と横たわる裸婦の伝統
・ゴヤ、ベラスケス
 ゴヤの《裸体のマハ》(1800年?)は私的な目的のための注文画であるが、レプリカを通してコピーは知られていたので、挑発的な眼差しは影響を受けた可能性もある。また《着衣のマハ》に影響をうけたマネの作品もある。
 ベラスケスの《鏡の前のヴィーナス》をゴヤはみていた?
・アングルやドラクロワ エキゾチスム、オリエンタリズムの文脈(黒人の召使いなど)

サロンのおける娼婦像
・1863年のサロンでは、カバネルやボードリー、アモリー=デュヴァルがヴィーナスを出品
ヴィーナスが精緻なリアリスムをもって通俗的に描かれるようになる

マネの《オランピア》
・横たわるヌードという古典的な伝統を引き継ぎながら、理想化されない現実の裸体を個性的な特徴とともに表した。
・マネはサロンに反乱していた絵空事的なヌードにアンチテーゼをつきつける意味で出品した?
・マネの友人ボードレールは、1865年「現代生活の画家」で「古典的絵画を参照してもつまらないものしかできない」と述べる
・形式を採用しておきながら内実を壊す作品
・二極の危うい均衡の上にあるクリティカルな絵画(平面的/立体的)

エピローグ
マネの《オランピア》から150年たち、今度はこの作品にインスピレーションをうけた作品が生まれている
・セザンヌの《モデルヌ・オランピア
・ゴーガン、ピカソの水浴の女
・マチスの色と形で画面を構成したヌード



振り返ってみると、今回の講演はマネの《オランピア》が「どう解釈できるか?」ではなく、「どのように受容されてきたか」をたどるという、ニューヒストリ−のお手本のような講演だったと言えるかと思います。
サロンのカタログや批評・カリカチュアなどの資料を引用して当時の社会的な背景を再構築し、「横たわる裸婦」という連続した視覚イメージに焦点をあて、その上で多義的な解釈を許容する・・・以前紹介したピーター・バークの本を思い出さずにはいられません。


そうそう、今回のヴィーナス展の記念講演会の内容は、「講演集」として出版される予定とおっしゃっていました。
私は今回の講演会しか参加できませんでしたが、以下の講演会がどのようにまとめられるのか楽しみですね♪



《記念講演会》
3月4日(土)14:00‐15:30
クリスティーナ・アチディーニ(フィレンツェ美術館特別監督局長官)
「フィレンツェ美術館特別監督局 伝統と未来のはざまの美術館」

3月15日(土)14:00‐15:30
芳賀京子(東北大学准教授)
「古代美術における横たわる裸婦」

4月12日(土)14:00‐15:30
浦一章(東京大学准教授)
「イタリア文学におけるヴィーナスとその周辺人物たち」

4月19日(土)14:00‐15:30
三浦篤(東京大学教授)
「《オランピア》から《ウルビーノのヴィーナス》へ―近代絵画と伝統」

5月10日(土)14:00‐15:30
渡辺晋輔(国立西洋美術館研究員)
「ルネサンス美術に表わされたヴィーナス―《ウルビーノのヴィーナス》を中心として―」



rsketch at 17:33|PermalinkTrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年03月30日

ウルビーノのヴィーナス展記念シンポジウム

ウルビーノのヴィーナス展記念シンポジウムにいってきました。

プログラムは予定より若干変更になり、下記の通り(クリックで拡大します)。
シンポジウム プログラム


朝10時からだったのですが、ちょっと遅れていったので開会の辞の途中から参加しました。いよいよ第1セッション開始という段階で同時通訳機のトラブルがあって、英語はマイクを使わず、日本語通訳をマイクを通して聞くことになりました。電源トラブルのようでしたが、焦ったでしょうね〜。途中から解消して、よかったよかった。
講演会の最後に質疑応答があったのですが、年配の女性の方からつっこんだ質問(実証主義なんて言葉まで出てくるし)が出てちょっとドキドキしました(歴史関係の先生だったんでしょうか?)。
かなり長い間のシンポジウムでしたが、眠くなったのは1回だけ(すみません。ファイエッティ氏の版画の説明で次々と知らない単語が出てきてついていけなくなりました)。
今回、土曜日だから参加できましたが、今後もこのようなシンポジウムを土日で実施してほしいですね〜。
休憩時間には、しっかりカタログを購入しました。

講演会のメモは末尾の「続きを読む」から。

そうそう、一緒に配られたパンフで知ったのですが、ウルビーノのヴィーナス展のチケットまたは半券を提示すれば、下記に無料で入場できるようです。
フェデリーコ・ダ・モンテフェルトロの小書斎
クリックで拡大

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
2008年3月29日 - 2008年4月20日
フェデリーコ・ダ・モンテフェルトロの小書斎
場所:イタリア文化会館 エキジビションホール
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

フェデリーコ・ダ・モンテフェルトロ公が使っていた聖書のコピーやルネサンス時代のオリジナル陶器15点、ピエロ・デッラ・フランチェスカの著作『絵画の遠近法について』の高精度な複製などがみられる、とのことで興味のある方はどうぞ!

(私は今日はシンポジウムだけで肝心の展示会をみていないので、次回一緒に観に行こうかなと考えています。)


上記のシンポジウムもあるようで、なんと伊藤博明氏がパネリストにいるではありませんか! それに、石鍋真澄氏もいます! 参加したいけど、月曜なので私は無理・・・。参加した方がいたら、ぜひご感想を聞きたいです。



4月7日(月)13 時30 分~17 時/イタリア文化会館アニェッリホール
シンポジウム「フェデリーコ・ダ・モンテフェルトロ公とルネサンス文化」
「フェデリーコ・ダ・モンテフェルトロ公の小書斎」展を記念してのシンポジウム(日本語のみ)。
パネリスト:石鍋真澄(成城大学教授)、伊藤博明(埼玉大学教授)、伊藤拓真(東京大学大学院)、
出佳奈子(慶應義塾大学非常勤講師)
主催:イタリア文化会館
お問合わせ:イタリア文化会館 / 入場無料(要予約 e-mail: eventi.iictokyo@esteri.it)

続きを読む

rsketch at 00:01|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年12月17日

ウルビーノのヴィーナス展

すでにいろいろなブログでも紹介されていますが、来年ティツィーアノの代表作が日本にやってきますね。

ティツィアーノの《ウルビーノのヴィーナス》

※クリックで拡大します

ウルビーノのヴィーナス展
会期:2008年3月4日(火)〜5月18日(日)
開場:国立西洋美術館

今なら、12月5日〜12月25日クリスマスまでの20日間期間限定で、ペアチケットが格安(一般当日券2人で2800円のところ、2000円)で入手できます。詳しくはこちら。(私は早速購入しちゃいました)


以前、ダニエル・アラス著『モナリザの秘密』のこの作品についての面白い解釈を紹介しましたが、右側の2人の召使いのいる部屋の部分は、果たして画中画なのでしょうか……??? 
画中画ではないとしたら、画面の左右をわけているものはカーテンなのでしょうか?
明度を下げてよーくみると、縦に柱の模様のようなものがあるのがわかります(奥の部屋にあるようなタペストリーを裏側からみたような感じもしますが……)

ウルビーノ ヴィーナス拡大図

謎はつきぬという感じですが、展覧会では70点もの女神像が展示される、とのこと。今からとても楽しみです。



rsketch at 20:50|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加