デイヴィッド

2007年05月02日

デイヴィッド ホックニー 著『秘密の知識』 その4

その1その2その3に引き続き、この本の紹介については今回で最後です。

かなーりオススメ!
秘密の知識 巨匠も用いた知られざる技術の解明秘密の知識 巨匠も用いた知られざる技術の解明
デイヴィッド ホックニー David Hockney 木下 哲夫

by G-Tools


この本の面白さを知人に紹介したところ、「それじゃあ、過去の巨匠は天才というわけではなかったということよね。なぞるだけなんて、なんだかがっかり。」という反応……。私の説明不足をあわてて補足したのですが、ホックニーは本の中で「光学機器は絵を描かない」と何度も強調しているんです。
光学機器は優れた補助装置にはなったとしても、実際に描くのは画家の目と手なわけで、普通の人が真似をしてもうまく描けるわけではない、というところは最初に強調しておくべきでした……。


画家が光学機器を使うのは「ごまかし」であり、わたしの意見にしたがうと芸術家を天賦の才の持ち主とする考えが成り立たなくなるのがお気に召さない。ここではっきりさせておきたいのだが、紙に絵を描くのは光学機器ではなく画家の手であり、それには非凡な技量を必要とする。光学機器を使ったからといって、絵を描くのが少しでも易しくなることはない。自分でも使ってみたから、わたしにはそれがよくわかる。


ちなみに、どちらも光学機器だけど「カメラ・オブスクラ」と「カメラ・ルシーダ」(本の表紙になっているもの)はまったく違うもので、各々発展系があるようなので、詳しくは下記をご参照くださいませ。

カメラ・オブスクラ
http://www.pharmaquiz.ch/anime/CameraObscura.php ←カメラ・オブスクラの原理を説明するフラッシュアニメーション (英語)はわかりやすい!

カメラ・ルシーダ

※なお、本書の後半には、光学理論の原理が古代ギリシャにあることや、ファイユームの肖像画に影が描かれていることにまで触れていて、光で投影した映像とのつながりを示唆しています。


以下は、ホックニーが、光学機器の使用年代とからめて論じている部分のピックアップです。うーん、刺激的〜。


ルネサンス後期の絵画は初期の絵画のものと比べて実物にはるかによく似ていると気づいたところから出発した私たちは、こうして具体的な議論に入れるようになった。現実の忠実な写実への転換は、1420年代終わりから1430年代の初めにかけて、フランドル地方で突然に生じた。ほかに説明のつけようがあるだろうか。カンピンやファン・エイクなどの画家が、どうしていきなりずっと「モダン」で、「写真のように見える」絵を描き始めたのだろう。今日のわたしたちは、レンズを透して投射される映像に慣れ親しんでいる。カメラは「現実界」の像をフィルムに投射できるからこそ、機能する。カンピンとファン・エイクもこのように映し出された世界を目にしたのだろうか。
ロベルト・カンピンについては、salvastyle.comのページをどうぞ。
ヤン・ファン・エイクについては、salvastyle.comのページをどうぞ。



(略)これは画家がレンズを透して見た映像に影響された結果だとわたしは思う。初めてそれが起きたのは1430年頃、ところはフランドル地方だった。ほかの画家たちもそうした絵を見て、たちまち影響を受ける。新たな芸術の影響が世間に広まる。ギルドに加盟する職人の間では、その方法が噂の種になった。ゆっくりと、話が外にもれはじめる。しかしいくつかの例外(たとえば、アントネッロ・ダ・メッシーナなど)を除いて、「秘密」がヨーロッパ北部から外に出ることはなかった。ところがヒューホー・ファン・デル・フースの「ポルティナリの祭壇画」が1480年代にフィレンツェに送られてからというもの、イタリア美術にも光学機器の使用を裏づける特徴が目につくようになる。
ヒューホ・ヴァン・デル・フースについては、salvastyle.comのページをどうぞ。
すべての画家が光学機器を使用した、といっていてるのではなく、そうした絵をみることによって影響を受ける、ということ。。。
日本でも、かつて影はあまり描かれていませんでしたが、ひとたび流行るととたんに影のある絵が増えましたよね?



デューラーは1505年の夏から1507年初めにかけてのヴェネツィア滞在中に、光学機器に出会ったのではないかとわたしは思う。デューラーにこの手法を手ほどきしたのはジョヴァンニ・ベッリー二かもしれない。ベッリーニは当時の記録によると、貴族に扮しアントネッロ・ダ・メッシーナのモデルを務めて、作画の秘密を学んだともいわれ、またデューラーのヴェネツィア滞在中は後継者として援助を惜しまなかった(アントネッロはすでに見たように、ネーデルランドの技法をイタリアに紹介した)。
ジョヴァンニ・ベッリーニについては、salvastyle.comのページをどうぞ。



1590年代の半ばのある時点で、カラヴァッジョはレンズを手に入れた。おそらくは有力な庇護社であったデル・モンテ枢機卿から授けられたのだろう。枢機卿はガリレオに望遠鏡の改善法を助言したほどであるから、光学に詳しかったはずであり、レンズも何枚か所有していたにちがいない。
カラヴァッジョについては、salvastyle.comのページをどうぞ。 《リュートを弾く若者》のリュートについて、ホックニーはデューラーの装置で描くには難しい、と述べています。


↓最後に、鏡のレンズを用いて得た映像の特徴! 頭に入れておくことにしましょ……。

鏡のレンズを用いて得た映像にはきわだった特徴がある。真正面から見た図であること、明暗の著しい対照とまぎれもない一体感、暗い背景と浅い奥行き感。こうした特徴はすべて装置の限界に起因する。これまでに見たように、画家たちは多様な要素を「コラージュ」してこうした限界を克服し大きな絵を作り上げたもの、各要素を真正面から、また間近に見て描くことに関しては相変わらずだった。すべてが空間のなかに自然に配置されていると思わせたのは、構図を工夫する画家の才の働きにほかならない。
口径が大きく、質の高いレンズができ、凸面鏡に取って代わると(16世紀のどこかの時点)、鏡のレンズで映像を得る術にすでに長けていた画家は、レンズの明確な利点を見抜いただろう。視界が広まるのである。レンズに切り替える画家が何人か現れたが、その過程を最も明確に示すのはカラヴァッジョの作品である。カラヴァッジョのレンズの使い方はじつに想像力に富んだものであったので、その影響はたちまちヨーロッパ全土にひろまり、若手の画家たちはカラヴァッジョの作品を見、その信奉者(カラヴァジェスキ)に学ぼうと、巡礼のようにイタリアに足を運んだ。


続きにあるのは個人的なメモ。続きを読む

rsketch at 16:32|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年04月30日

デイヴィッド ホックニー 著『秘密の知識』 その3

先日に引き続き、デイヴィッド ホックニー 著『秘密の知識』の内容についての紹介です。
できるだけ本文をママ引用します。画像はクリックで拡大できます。

1543 Lorenzo Lotto

1543 Lorenzo Lotto


壁に貼った絵の1枚、ロット作「夫婦」である。絨毯の「鍵穴」模様の上部が開き明らかにピンボケなことに気づいた(光学機器が発明されるまで、この語が使われることはなかったろう)。人間の目がこのように物を見ることはないが、レンズを使えば確かにこうなる。光学の専門家チャールズ・ファルコ氏に見てもらったところ、この絵には少なくともふたつの消失点があると指摘された。(中略)線遠近法を用いたとすれば、ひとつしかない視点に対応し、模様は直線的に縮小するはずだ。ところが模様は中程でわずかにふくれ、そこからやや向きを変える。チャールズは次のように推測する。ロットは模様を投影するためにレンズを設置したが、全体にピントを合わせることはできないことに気づいた。絨毯の後ろの部分を描くには、焦点の位置を変える必要がある。それには副作用が伴う。倍率が変化してしまうのである。幅の狭い縁の部分ではたいした差にはならなくとも、模様の中心部分は5倍の差があるため、倍率の変化も5倍となり無視はできない。ピンボケにするのは、この矛盾を解消する手だてだった。チャールズに言わせると、こうした作用は「光学的産物」であり、光学機器の使用を示す信頼性の高い科学的根拠となる。


チャールズ・ファルコ氏との共同論文から2003年のホックニーとチャールズ・ファルコ氏による共同の論文(The Art of the Science of Renaissance Painting←クリックでPDFが開きます)には、この部分についてのさらに詳しい分析が掲載されています。
また、ファン・アイクが素描をもとに油彩画を作成する際に、反射投影鏡を使って拡大したのだろう、という興味深い例も紹介されていますので、英語が得意の方は、ぜひPDFをご覧くださいませ。
さらに、まだま続きます。




Hans Memling

1532 Hans Memling

もうひとつ遠近法に歪みのある絨毯の例をあげよう。左隅の模様は「本物らしい」けれども、手紙に近づくにつれてテーブルがせりあがり、右下ではまるで隅を裁ち落としたかのように、思いがけずずるりと垂れ下がる。また左にある硬貨の入った缶は、テーブルとは別の角度から見下ろしているような感じがする。こううした歪みも幾何学的な法則ではなく、レンズの使用をうかがわせる。この絵はロットをさらに10年前にさかのぼる。




Hans Memlingの花瓶  消失点が2つ


ロットの「夫婦」に50年以上先だって、ハンスメムリンクは肖像画の背景に花の絵を描いた。ここにも絨毯があり、模様に遠近法のずれを認めることができる。花瓶からの前の半分の消失点(A)は後ろ半分の消失点(B)と一致しない。これらはメムリンクがロット、ならびにホルバインと同じように、絨毯を描く際に線遠近法ではなく光学的な装置を使ったことを暗示する。なぜなら、線遠近法を用いれば、このようなことは絶対に起こり得ないからである。おそらく前半分を先に描き、つづいて焦点深度に問題があるため、後ろ半分を描く前にピントを合わせ直した結果、消失点がふたつできることになった。この絵は、北欧では早くも15世紀末に画家たちが光学機器を用いていたことを示している。


そして、鏡のレンズを使った場合に、断片のコラージュにならざるを得ないという考察。ファン・アイクなどの作品に見られる、「すべてに焦点があてられている絵」の謎がこれですっきりするんです!

鏡のレンズを用いた映像の場合、実際に使えるのは直径約30センチまで限られる。これは凸面鏡の光学的な特性であり、鏡自体をどれほど大きくしても解決できない。この「スウィートスポット」を外れて、ピントをぴたりと合わせるのは不可能である。鏡のレンズを使って描いた絵画はしたがってとても小さいか、狭い範囲の光景ー肖像や手、衣服、足のディテール、そして風景の断片などーのコラージュにならざるを得ない。静物画は15世紀後半(メムリンクの小さな花瓶は先駆けのひとつにちがいない)に始まり、16世紀に入ると一段と勢いを増しながら、徐々に独自の分野としての地位を確立する。生命をもたない品々は(腐敗しても)動くことはなく、長い時間をかけて入念に吟味することができる。光学的に映像を映写するにはもってこいの対象であり、そうした補助具を用いる画家にとっては格好の主題である。



というわけで、鏡の歴史に俄然興味がわいてきました。
13世紀ころには主に中世のドイツとヴェネツィアが鏡の産地で、ドイツとヴェネツィアは鏡の製造で激しく競争し、スパイ合戦までやっていたとのこと。最終的に勝利したのはヴェネツィアのようですが、もともとはドイツが起源だったようだし、どのように鏡が広まっていったのか、とても興味が出てきました。調べてみたら、こんな本が今年の1月に出版されています。要チェックです〜。

鏡の歴史
鏡の歴史マーク・ペンダーグラスト 樋口 幸子

河出書房新社 2007-01
売り上げランキング : 161628
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



rsketch at 12:35|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年02月28日

デイヴィッド ホックニー 著『秘密の知識』その1

とっても欲しい本があるんです・・・。でも、値段が高すぎ・・・。

秘密の知識 巨匠も用いた知られざる技術の解明
秘密の知識 巨匠も用いた知られざる技術の解明デイヴィッド ホックニー David Hockney 木下 哲夫

青幻舎 2006-10
売り上げランキング : 16716
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


こちらをみると、世界15カ国で翻訳され、10万部を超えるベストセラーになっているのだとか。
「ダ・ヴィンチやカラヴァッジョ、フェルメール、ファン・エイクなどの西洋絵画の巨匠たちの作品に鏡やレンズがいかに用いられたか」を 現代の巨匠ホックニーが豊富な図版と共に紹介しているというのだから、面白くないはずはない。

英語版は若干安いですが、やっぱりハードル高いですし……。
Secret Knowledge: Rediscovering the Lost Techniques of the Old MastersSecret Knowledge: Rediscovering the Lost Techniques of the Old Masters
David Hockney


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



美術史家ではなく、実際の芸術家が過去の巨匠の作品について語って話題になったものとして、岡崎 乾二郎氏の本もありましたね。
ルネサンス 経験の条件
ルネサンス 経験の条件岡崎 乾二郎

筑摩書房 2001-07
売り上げランキング : 102509

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この手の本は、いろいろな意味で賛否両論はあると思いますが、刺激的な本であることに違いはありません。





rsketch at 22:14|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加