モナリザ

2012年01月14日

アイルワース版モナリザ

2005年に日テレで放送され話題になった、アイルワースのモナリザが来日中ということで、最近このブログにも「アイルワース」「モナリザ」でアクセスしている方が多い模様。

本ブログでの過去記事一覧はこんな感じ。

2005年3月26日 TV放送 「たけしの歴史的大発見 名画モナ・リザはもう1枚あった」
2005年3月28日 拡大画像発見
2005年3月29日 モナリザ誤報で日テレに抗議文
2005年4月2日 アイルワース版モナリザが掲載されている本
2005年4月2日 『世にも恐ろしい世界史の迷宮』のモナ・リザ真贋論争


アイルワースのモナリザが見られる展覧会は以下のとおり。

【静岡展】
2011年11月3日(木・祝)〜12月25日(日) ※終了
「レオナルド・ダ・ヴィンチ美の理想」展|静岡市美術館
http://www.shizubi.jp/

【東京展】
2012年3月31日(土)〜6月10日(日)
「レオナルド・ダ・ヴィンチ美の理想」展|Bunkamuraザ・ミュージアム(東京都渋谷区道玄坂2−24−1)
http://davinci2012.jp//

【福岡展】
2012年1月5日(木)〜3月4日(日)
福岡市美術館(福岡市中央区大濠公園1-6)
http://www.davinci-fukuoka.com/


美術ファンとしては、東京展でしかみられないですが、《キリストの洗礼》の天使の習作も見られるというのはうれしいですね。習作の時点で既に師匠を超えている、といえるほど美しいです。
(ただし、4月24日(火)より展示)
展覧会みどころで習作が確認できます。

《キリストの洗礼》は、レオナルドの師匠であるヴェロッキオとレオナルド共同作品ですが、ルネサンス美術研究の重要な文献とされているヴァザーリの「列伝」では、レオナルドが20才頃に描いたこの天使のできばえがあまりにもよく、師匠のヴェロッキオが絵筆を折ったというのは有名な逸話です。
キリストの洗礼(部分)
http://www.wga.hu/html/l/leonardo/01/1angel.html
by WEB Galley of ART



《裸のモナ・リザ》と関連しそうな彫刻もあるようですが、このあたり、どこまで研究は進んでいるんでしょうね
裸のモナリザ フローラ?

レオナルド派?《Bust of Flora》 
http://www.wga.hu/html/l/leonardo/15sculpt/5flora.html
by WEB Galley of ART


rsketch at 13:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年10月19日

「モナリザ」の眉毛が発見された??

CNNニュースによると、高解像カメラで調査した結果、モナリザに眉毛の筆跡があることが判明したのだそうです。



サンフランシスコ(CNN) レオナルド・ダ・ヴィンチの傑作「モナリザ」に、眉毛やまつげはあったどうかは、長年の謎だった。この謎を解くべく、フランスの技術者が高解像度なカメラで絵画を調査。その結果、「ダ・ヴィンチが描いた当時には、眉毛とまつげがあった」との内容を、17日に米国サンフランシスコ発表した。



詳しくは、こちら - 2007.10.18 Web posted at: 19:43 JST

記事を読むと、「眉毛とみられる1本の毛を描いた筆跡があることが判明した」とあり、「え? 1本だけ?」という感じですが、「1本でも眉毛があれば、ダ・ヴィンチが描いた時期には眉毛やまつげがあったという証拠になると思う」と話している、とのこと。

確かに眉毛があったと考えるほうが自然だし、ヴァザーリの「ルネサンス画人伝」にもモナリザの眉毛についての記述があります。
それがこれ↓

「眉毛は毛が肌から生じて、あるいは濃く、あるいは薄く、毛根によってさまざまに変化している様子が描かれているため、これ以上自然であることは不可能である。鼻孔の美しいその鼻はばら色でやわらかく、まるで生きているようである。」

ただし、ヴァザーリが実際に「モナリザ」を見たのかは疑問視されていて、すべて聞き書きだろうといわれています。

CNNのニュース記事には、「コットさんが撮影した高解像度の写真により、眉毛やまつげの存在だけではなく、左手部分が当初、別の位置にあったことも判明した。」という部分もあり、こっちも気になりますね〜。ウィンザー手稿との関連が証明される日がやってくるのかも・・・?

コットさんはモナリザが描かれた当初の姿を再現したいと考えている、とのことですが、それは後でゆっくり公開してもらうとして、とりあえず早くその高解像度写真を公開してほしいですよね!?

■追記

CNNのオリジナル記事サイトはこちら

英語サイトを探して、問題の見つかった眉毛の跡が掲載されているサイトを見つけました。「left eye」のリンクをクリックしてください。
25 Secrets of Mona Lisa Revealed

以前読んだ漫画ではモナリザのX線調査をルーブルが拒否している、なんて話もあったように記憶していますが、X線や赤外線調査も進んでいたのですね。 
Mona Lisa: X-ray View
残念ながら、モナリザの後にイエス像はありませんでした(笑)


rsketch at 23:14|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年03月15日

ダニエル・アラス著『モナリザの秘密』

以前このブログでも紹介した、ダニエル・アラスの新著が3月に出ているようです。
タイトルにモナリザが入っていますが、モナリザについてだけではなく、フェルメール、マネなどの作品も登場するようです。

白水社のサイトでは、ちょっと立ち読みができるようになっています。
個人的には、この立ち読みの箇所は著者の魅力をあまり伝えていないかも・・・と思います。
以前読んだ「何もみていない」でもそうでしたが、推理小説を読むように謎解きをしてくれる、というのがこの著者の大きな魅力なので・・・。(でも、読みやすさは伝わりますよね)


モナリザの秘密?絵画をめぐる25章
モナリザの秘密?絵画をめぐる25章ダニエル・アラス 吉田 典子

白水社 2007-03
売り上げランキング : 24642

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


なにも見ていない?名画をめぐる六つの冒険
なにも見ていない?名画をめぐる六つの冒険ダニエル アラス Daniel Arasse 宮下 志朗

白水社 2002-09
売り上げランキング : 269684
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




rsketch at 22:47|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加