2015年12月01日



私、末岡龍二は、プロフットボーラーからの引退を決断しました。

体もまだ動くしもう少しプレーしたかったというのが本音ですが、高校時代サッカー同好会でプレーしていた男が36歳までプロとしてプレーできたのも奇跡のようなものだし、身に余るほどの名誉な出来事もたくさんあり、ここで退くことに満足していいはずだと思っています。そして致命的な怪我もなく14年間プロとしてプレーできたのは幸運で、健康な体と共に次の道に進めることは一つのアドバンテージだとも捉えています。

保育園でボールを蹴りはじめ、今までひたすらそのボールを追いかけてきました。まずはフットボールというスポーツに出会えたこと、そういう環境をつくってくれた両親と常に私を優先してくれた兄、結婚してから本当によくサポートしてくれた妻そして義理の両親への感謝はもちろんのこと、今まで関わってくださったすべての方々に心からお礼を申し上げたいと思います。

小学校の時地元のクラブに入り、中学校、高校、大学、Jリーグ、シンガポール、タイそしてインド。それぞれのステージでたくさんのすばらしい思い出があります。数えれば26か国をほとんどこのスポーツを通じて訪れ、世界中にたくさんの友人ができたのはかけがえのない財産です。

私のフットボーラーとしての生活は自分との闘いでした。大学のサッカー部に入って今まで子供のころのように練習や試合を楽しめる状況というものがなかなかなく常にいろいろなことに悩み苦しみ、しかしゴールが決まった時の究極の喜びと興奮、それがあったからこそここまで選手を続けることができました。ゴール・勝利の瞬間を家族・友人・サポーターと分かち合う、何物にも代えられないものでした。

無名の自分がなぜフットボールの世界で長く生きていくことができたのか、最近ずっと考えていました。これといった答えは見つかりませんが、環境・才能・タイミングは大事なのかなとなんとなく思います。環境に関しては、人・食事・住居・学校・フットボールスクールなど自分では作りだせないものがありがたいことに子供の時に揃っていました。自らの意志で選んだ高校と大学の環境はプロへの道をつくり、そしてプロになって所属したクラブに関してもキャリアを充実させる良い選択だったと思います。才能に関しては、私は子供のころから体が小さいのですが運動能力にはわりと恵まれていたと思います。生まれた時点で能力に差はありますが、その才能を持て余すことなく発揮すること、そしてそれをさらに伸ばすために努力することが人として大切だという価値観を見出すことができました。それが対戦相手へのリスペクトでもあるし、自分自身が納得できる答えでもありました。タイミングに関しては、プロになって日本を離れた時期は絶妙だったかもしれません。

フットボールは1人ではできません。FWでプレーすることが多かった私はチームが機能しているのとしていないのとではゴール数が全く違います。自分自身はほんの少しずつしか成長できませんが、移籍してゴール数が急増するという経験もしました(その逆も然り)。そういう中で自分は周りに生かされることに気づき、つまり謙虚であるべきだということを学びました。14年間で公式戦360試合出場114ゴールという記録は、関わってくださったすべての人から生まれたものだと思います。

このブログも始めて10年近くになり、それ以前にファンの方に作っていただいたHPを合わせれば十数年間自分の思いを書き続けたことになり、その拙い文章を長い間読んでくださってありがとうございました。

12341505_10153228138055267_2088867950072291271_n

子供が同時に二人産まれて賑やかな末岡家ですが、この二人の子供たちに誇れるような生き方をこれからもしていければと思っています。みなさまご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。本当に長い間応援ありがとうございました。


(21:11)

この記事へのコメント

1. Posted by とよた   2015年12月02日 05:06
おつかれさまでした!
2. Posted by 和久井秀俊   2015年12月02日 05:48
とても驚きました。
選手生活、お疲れ様でございました。今後もまた違うフィールドでご活躍される事かと思いますが、陰ながら応援させて頂きます。
スエさん、ありがとうございました。
3. Posted by 穴井5    2015年12月02日 08:51
Buen trabajo!
4. Posted by 紫めがね   2015年12月02日 16:36
フットボーラーからの卒業、おめでとうございます。そして、お疲れ様でした。
本当に素晴らしいお人柄が、文章のあちこちから感じられ、私のようなものの書き込みにも丁寧にお返事を下さり・・・本当に涙が出るほど嬉しかったです。お会いできたこと、忘れません。

我がサンフレチェは今夜チャンピオンシリーズ初戦を戦います。そして、第2戦はホームなので観戦(参戦)します!山口県はレノファ山口がJ2に昇格します!ますますサッカーから目が離せません!
サッカーって、本当に素晴らしいですね(^o^)
末岡さんがこれからも、お元気でご活躍されますことをお祈りしております。本当にありがとうございました。
5. Posted by Tokyo   2015年12月02日 23:58
今までの選手生活ご苦労様でした。

あなたが私の愛するクラブのユニフォームに袖を通してから、クラブを離れても陰ながら応援してました。

このゴールは一生忘れません。
新潟を選んでくれてありがとう。
これからの人生も応援させて下さい。

http://youtu.be/LmqW-aukF1M
6. Posted by 末岡龍二   2015年12月03日 10:13
豊田さん ありがとうございます!インドでは本当に大変お世話になりました!今後ともよろしくお願いします!

トシ 納得できるまで現役でプレーできるのは幸せなことだな。トシはそれができる数少ない選手のうちの一人だと思う。完全燃焼してくれ。俺はまた新たな道でがんばります!ありがとう!

穴井さん ありがとうございます!

紫メガネさん サンフレッチェすごい試合でしたね。レノファもJ2昇格で西の方にすごい勢いを感じます!ほんとたいしたものです。サンフレッチェにぜひ優勝してもらって、クラブWカップでどれだけ力を発揮できるか見てみたいです!今まで本当にたくさんのメッセージありがとうございました!これからは新たな道へ進みますが、自分らしく頑張っていこうと思います!

Tokyoさん 新潟を離れてからも応援していただいてありがとうございます!今でも新潟には本当に感謝しているし、とても好きなクラブですきな場所です。食事もおいしいし。仙台戦のゴール僕も忘れられません。最高の思い出です。今までの自分の経験を活かしてこれからもがんばります!
7. Posted by Gmama   2015年12月03日 14:09
お疲れ様でした。
末岡さんやたくさんの若きサッカー選手に出会い、我が家はサッカーを知りました。

あれから早いもので13年でしょうか?
今ではすっかり大阪の青のチームの熱狂的なサポーターになりました。
週末には夫婦でスタジアムに通っております。
このような生活もあなたに出会えたおかげと感謝しております。

これまで、頑張っておられるお二人をこちらで拝見しておりました。素晴らしい奥さまですね。海外で生活することも大変だったでしょうし、あなたを支え、母になり、新しいことに挑戦するのを見守ることはそう簡単ではないと思います。
どうかお二人でこれからも仲良く頑張ってください。
8. Posted by めりの   2015年12月03日 22:13
 たいへんおつかれさまでした。
末岡さんのドリブル好きでした。
海外へ渡ってからのご苦労はこのブログで伝わっています。
この貴重な経験を若い方たちに伝えてほしいと思います。
そして次のステージでの活躍を楽しみにしています。
9. Posted by 桑の実   2015年12月04日 23:17
龍二さんご夫妻のおかげで、私たちも稀有な経験をさせてもらいました。ありがとうございました。龍二さんの文を感慨深く読みました。タイミングを捉えて、うまく次へのステップにする、その前向きの姿勢を見習いたいと思います。可愛い坊やたちの成長も楽しみです。
10. Posted by 木脇和政5    2015年12月13日 16:28
末岡龍二 様

初めまして。
私は京都在住の木脇和政と申します。息子が木脇悠太と申しまして、2ヶ月ほど前から、インドのAizawlFCでプレーを始めました。
https://www.facebook.com/aizawl.fc

それ以来、同じインドでプレーされている日本人の選手として末岡様のブログを楽しみに拝見し、いつかは同じインドリーグですから、息子のチームとの対戦もあるかもしれない、その時にはインドまで行って応援するつもりでおりました。

しかし、突然の引退宣言。
閲覧だけしていて、勝手な思いで恐縮ですが、何ともショックでした。一度ピッチに立っている姿を拝見したかった。

末岡様のブログからは、サッカーに対する様々な思いを勉強させていただくことができました。その思いは次のステージにもきっと活かされるのだろうと確信しております。

何だか不思議です。お会いしたこともなく、息子とのコンタクトがおありでもない方にコメントしているのに胸が熱くなり、涙が止まりません。

ブログの最後に書かれていました。
「この二人の子供たちに誇れるような生き方をこれからもしていければと思っています。」

お子達もまたいずれ自分の夢に向かって歩き出すことでしょう。そんな未来が見えるお写真でした。

末岡龍二選手ありがとうございました!
11. Posted by 末岡   2015年12月15日 09:09
Gmamaさん シンガポールでは家族総出での応援いつもありがとうございました!今はガンバのサポーターなのですね。フットボールは世界を繋げているので、これからそこに関わるものとしてまたお会いする機会があるかもしれません。インドの田舎で結婚生活がスタートして大変なこともありましたが、それ以上に楽しい思い出がつくれています。子供も二人産まれたし、これからも協力し合って人生を楽しんでいきたいですね。
12. Posted by 末岡   2015年12月15日 09:13
めりのさん ありがとうございます!僕はスピードでここまで生きてきたのでその才能を与えてくれた両親に感謝です。海外での生活は苦労もありましたが、それ以上に楽しさがありました。次は指導の現場に関わることになりますが、まずはその勉強をしてそれプラス自分の経験を加えて良い指導ができればと思います。
13. Posted by 末岡   2015年12月15日 09:16
桑の実さん 僕こそたくさんのサポート本当にありがとうございました!今度は指導者として世界で活躍できるようにがんばります!子供に負けないように僕も引き続き成長したいですね。今後ともよろしくお願いいたします。
14. Posted by 末岡   2015年12月15日 09:31
木脇さん メッセージありがとうございます!実はAizwal FCには僕も自分からアプローチをしていましたが、クラブはアジア枠で木脇選手を獲得したわけです。競争は付き物です。ラトビアでプレーした経験もあるようで、まわりとうまくコミュニケーションをとって思い切りプレーして結果を出してほしいですね。応援しています!
15. Posted by 木尻 徹   2015年12月19日 12:52
本当にお疲れ様でした。残念ですが新しい人生に乾杯です!シンガポールでお会いしてからインドでも10年以上海外でプレーされたのですからいろんな経験が人間を大きくしたことでしょう!これからの新しい人生、ご家族の為にも頑張ってください。またどこかの地でお会いした時にその後の人生を聞かせてくださいね。応援してまっせ。
16. Posted by 末岡   2015年12月26日 16:47
木尻さん まさかインドでお会いできるとは思いませんでした!これからもフットボールに関わっていくのでグローバルな気尻さんともまた世界のどこかでお会いすると思います!再会した時はまたそのパワーをください!笑 今度どこかでご飯でも。
17. Posted by まなぶ   2016年01月03日 18:27
プロサッカー選手としての現役生活お疲れさま。
自ら選んだ海外というフィールドで駆け回る龍二の姿、陰ながら応援していました。
新たなフィールドでの更なら活躍を友人として楽しみにしています。
また高校時代の仲間でのんびり飲みに行きましょう♪
18. Posted by 龍二   2016年01月06日 23:29
まなぶ ご無沙汰だな〜。まなぶから応援されていたとは!笑 ありがとう。俺も今度から日本のカレンダーで動けそうだから、集まろうか。ボールも蹴ったりして飲みに行こう!また連絡する!
19. Posted by 新潟5    2016年02月13日 20:01
お疲れ様でした。
第二の人生にも幸多きことをお祈りいたします。
20. Posted by いってつ(新潟)5    2016年04月05日 09:19
お疲れ様でした。
第二の人生も幸多からんことを、越後の地よりお祈り致します。
21. Posted by まゆ   2016年05月26日 02:28
お疲れ様でした&双子のご誕生おめでとうございます

奥様のブログを数年前までフォローさせてもらっていました。
ふと、そういえばどうされてるのかなと思って検索してこちらにたどり着きました(インドで51度の熱波で死者多数というニュースを見て、いまだにインドにいらっしゃるのかなと)

ぜひお体に気を付けて、また新しいキャリアのスタートを進んで行ってください
奥様にもぜひおめでとうございます、とお伝えください
22. Posted by 卒業生   2016年08月07日 23:43
浅江スポーツ少年団の卒業生のものです。
直接お会いしたことはありませんが、浅江卒のプロサッカー選手としてお名前はよく、伺っておりました。
生でのプレーは見ることができず、残念ですが、お疲れ様でした。
23. Posted by 蘇った宮成隆5    2017年09月16日 23:53
なんでレノファ山口にこんかったんか!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔