菅波亮介のエナジー・カウンセリング(石川県金沢市)

世界中どこからでも、カウンセリングを受けられます。面談(金沢市)・電話・スカイプ・FaceTime 対応。

2013年02月

いろいろな差別撤廃の歴史

 私はよく今自分の置かれた環境がいかに恵まれたものであり、それが先人たちの血と汗によって獲得されたものであるかということについて思いを巡らせます。

 特に人権と差別撤廃の歴史について考えるのです。

 長い人類の歴史を考える時、「奴隷制度」があったのは、つい最近までです。

 「身分制度」があったのもつい最近までです。全ての国民が選挙で同じ一票をもつなどということは、明治時代より前には考えられなかったことです。誰でも職業を自由に選べるということも。

 「女は教育を受けなくても良い」という考えは、私の祖父母の世代にも色濃くありました。21世紀の日本でも、女は男を立てて従っていればいいという人は少なくないので、女性差別は完全になくなっていませんが、それでも過去100年の向上には目を見張るものがあります。

 人種差別もまだ完全になくなってはいませんが、私の生涯においても南アフリカのアパルトヘイト(人種差別政策)が撤廃されるという歴史的出来事が起きましたし、黒人がアメリカの大統領になりました。

 私の子供の頃には、誰でも写真が簡単にとれるカメラを「馬鹿チョンカメラ」と言っていましたが、これは「馬鹿でもチョン(朝鮮人)でもとれる簡単なカメラ」という意味で侮蔑語だったので、「こういう言葉は人を傷つけるからやめましょう」という動きがありました。(馬鹿チョンのチョンの語源には諸説ありますが、チョンと言われて差別を受けてきた朝鮮人が多いという事実があるため、侮蔑語と考えて差し支えないでしょう。)

 在日コリアンへの差別意識は完全になくなっていないと思いますが、ハングル名を名乗る方も増えてきて、私はとても喜んでいます。日本人として、非日本人が安心して住める慈愛に溢れた社会であってほしいと願うからです。

 身体障害者に対する意識も向上してきて、パラリンピックのように、いろいろな可能性にチャレンジできる世界になりつつあることは、喜ばしいことですね。

 私はどんな人であれ、いかなる理由であれ差別されたり、偏見で見られたり、いじめられることのない世界に少しずつなっていくのではないか、またそうあってほしいと思っています。

 世界にはいろいろな差別を撤廃して、あらゆる人間の心を解放し、それぞれの人が自分の天分を最大限に生かして生活できるような環境に進化していくエネルギーが働いているということを、ひしひしと感じています。

 そういった中で、性的少数者の人権の問題は、私が当事者であるということもあって、大変関心があります。

 アメリカの知人と話しましたところ、この1年でアメリカでもこの領域でとても大きな変化があったそうです。とても保守的なグループでさえ、性的少数者への抵抗を緩めてきていて、理解を示し始めているということです。とてもいい兆しですね。

 人類の歴史が動いている最前線(フロンティア)を感じるとワクワクします。世界は確かに成長しています。 

同性愛と異性愛のブレンドいろいろ

 バイセクシュアルというのは、同性愛と異性愛を両方もっているんです。私の場合、同性愛が強くなったり異性愛が強くなったり波があって、自分のことながら「何だこれは!面白いなあ!」と思います。

 例えば私の場合、10代の頃は同性愛が強かったんです。ところが、だんだんと異性愛が出てきて、女性と付き合っていて満足している時には同性愛の感情はほとんど出てきません。

 40歳を過ぎて、ほとんど異性愛だけになった時期には、「あれ?異性愛者に変わってしまったかな?」なんて思ったこともありましたが、やがてまた同性愛が戻ってきました。

 結局は自分の中に両方あるんです。

 キンゼイという人がセクシュアリティーについて研究していますが、その中でとても興味深いことを言っています。それは、100%同性愛の人や100%異性愛の人もいるけれども、多くの人はその中間のグレイゾーンだということです。

 彼はキンゼイスケールというスペクトルでセクシュアリティーを表現しました。

 0・・・異性にしか惹かれない
 1・・・異性に主に惹かれるが、まれに同性にも惹かれる
 2・・・異性に主に惹かれるが、時々同性にも惹かれる
 3・・・同性と異性に惹かれる割合が同じぐらい
 4・・・同性に主に惹かれるが、時々異性にも惹かれる
 5・・・同性に主に惹かれるが、まれに異性にも惹かれる
 6・・・同性にしか惹かれない

 厳密に言うと、完全な異性愛者は「0」だけ、完全な同性愛者は「6」だけで、あとは両性愛者ということになりますが、「1」の人でも「自分は異性愛者だよ」と言っている可能性は高いです。

 美輪明宏さんは女性に惹かれたことはないとおっしゃっているので、「6」ですね。私は同性に惹かれる気持ちと異性に惹かれる気持ちが、だいたい6:4ぐらいなので、「4」ぐらいだと思います。

 両性愛者だと判明している有名人・歴史上の人物はこちらです→ウィキペディア:両性愛の人物

 日本史では3代将軍徳川家光、織田信長、武田信玄、そしてここ加賀藩の前田利家など。

 もう少し近いところでは三島由紀夫、三善英史、真島茂樹、池畑慎之介(ピーター)、壇蜜など。

 世界で見るとハンス・クリスチャン・アンデルセン、アンネ・フランク、ジョン・メイナード・ケインズ、レナード・バーンスタイン、ジェームス・ディーン、キャサリン・ヘップバーン、マドンナ、レディーガガなどです。

 結婚している人の中にもバイセクシュアルは結構いて、私の知り合いの女性は結婚して子供もいますが、本当は男性より女性の方により惹かれると言っていました。

 とにかく、あなたがどんなブレンドであろうが、「これはおかしいだろうか?」と悩む必要はありません。どんな割合でも自然なのですよ!^^ 
アクセスカウンター

    アクセスして頂いたページ数(PV)です。

    QRコード
    QRコード