菅波亮介のエナジー・カウンセリング(石川県金沢市)

世界中どこからでも、カウンセリングを受けられます。面談(金沢市)・電話・スカイプ・FaceTime 対応。

2016年01月

魂のお話

「自分」とはいったい何?

 「あなたは誰ですか?」と尋ねたら、何と答えますか?

 名前を答えるでしょうか。国籍を答えるでしょうか。職業を答えるでしょうか。はたまた、血液型か星座か、これから叶えたい夢か。

 「自分とは何だろう?」

 私だったら日本人の男で、心理カウンセラーで、以前英語教師とピアノ教師をやっていて、アメリカに11年住んだことがあり、バイセクシュアルとしてカミングアウトしていて、スピリチュアリティーを大事だと思っている人間です、なんてことになるのかな。

 これだけ自己紹介をすれば、大概の人は漠然と私のイメージというものを持つと思います。が、ここに書いたことは私の中のほんの一部に過ぎません。ここに書ききれないものも自分です。

 ということは、「これが私です」と1つの単語で表されるものは見つからない。

 私は心理カウンセラーには違いないけれど、それだけが私ではない。だから心理カウンセラーが私の全体を規定してはいない。男だというのも怪しい。私には女性性がたっぷりある。だから、女ではないとは言えない。男のからだをしているのは確かだけれど、心には女性的なところもある。とすれば、男であると限定することすらできない。

人生は一度ではない

 日本人だというのはどうだろうか。確かに現実世界では私は日本人であり日本のパスポートをもっている。石川県金沢市に本籍もあるし住民票もある。だから、私は日本人には違いない。確かに私にはエジプトの国籍はないし、中国の国籍もない。だから、エジプト人だとは言えないし中国人だとは言えない。でも、私の内面の奥には日本人じゃなかったたくさんの前世の記憶というものがある。私はヨーロッパ人だったことが何度もあるので、「今回は日本人」だけど、以前は違ったという実感がある。

 そう、「今回は」日本人をやっているのである。

 私の中には「今世の自分、現在生きている菅波亮介という人格は自分の一部であり、以前私はいろんな人格を生きていた」という感覚があるのですが、これが「魂」というものです。

 このレベルをアイデンティティーにすれば、つまり自分を魂とイコールだと見れば、私は中国人もエジプト人もフランス人も南米人もやったことがあり、今回は日本人をやっている魂です、となる。女性になったこともあるけれど、今回は男性をやっている魂です、となる。

魂と霊はちがう

 ところが、魂が究極の自分かと言えばそうではありません。魂というのは様々な輪廻転生を通った記憶や感情が蓄積している乗り物です。しかし、自分の中には一度も人間として輪廻転生していない霊(スピリット)の部分もあります。ハイアーセルフ(高次元の自己)と言っても同じです。

 「霊魂(れいこん)」という言葉がありますが、「霊」は永遠に創造主の神と一体のままで、神様が創造したままの純粋な光と愛の自己です。そこから出てきたのが「魂」で、この「魂」は様々な体験を経て進化していく部分です。「霊」は「魂」の旅を眺めて見守っていますが、それ自体は輪廻転生しないんです。

 言い換えると、私たちが人間としてこの世に生を受けるとき、自分のほんの一部しか人間としてこの世に降りて来ないんです。自分の大きな部分は「霊」としてあの世にいるままなわけです。

 そうすると、私たちの正体は、「霊(スピリット)」→「魂(ソウル)」→「精神(マインド)」→「肉体(ボディー)」と次元を降りて来ている宇宙的存在なわけです。

人によって「霊」「魂」「精神」「肉体」の違ったレベルと自己同一化している

 人によって、「自分」というものを「肉体」レベルで規定する人(極めて物質的人間)もいれば、「精神」レベルで規定する人(知性的な人間)もいる。ここまでは唯物的世界観です。「脳みそが意識を作り出している」とか「心は脳にある」と考える人はここに入ります。霊魂を全く知らない人です。

 次に「魂」レベルで自分を捉える人なんかは前世療法を受けたり、天使カードで占ったり、スピリチュアルスポットを旅したりするわけです。あるいは、「魂」を純化しようとして瞑想をしたりする。「前世」があるということを感覚的に分かっている人です。

 「霊」として自分を捉えるというのは、極めてハイレベルなことであり、なかなか困難です。「魂」として何百年・何千年と輪廻を繰り返して、また別の次元で人間以外の経験もひょっとしてした後で、「魂」というものを終えて神様との合一状態に完全に戻ると「霊」になるものと私は考えています。

 だから、「霊」としての自己だけで生きるなどというのは、大部分の人間にとってずっと先の話なんです。ということで、自分の核に存在する「高次元の自己(ハイアー・セルフ)として捉えておくぐらいでいいと思います。

 「霊」が見守ってくれている「魂」としての自分、という捉え方で十分、というのが私の意見です。

 時々「あなたはあるがままで完璧なのだ」という教えを聞きますが、これは「霊」を指しています。「魂」は完璧ではなく、無知や感情的苦悩を抱えているので、学習も癒しも必要としています。

「霊」「魂」「精神」「肉体」の整列状態を取り戻すこと

 「心理学」を英語で psychology と言いますが、これは元々 psyche(プシケー=魂)+logos(ロゴス=理法)が合わさってできた言葉で、「魂の理を追求する学問」ということです。

 ところが、物質文明が優性になるにつれて、マインドを勉強する学問に成り下がってしまった。人間が「霊」から物質化した永遠の存在であるという真理はどこかへ行ってしまったんです。

 これは人間のサガ、そのものですね。

 「霊」が自分の起源であることを忘れて、物質的波動の中で、相手と自分はバラバラという世界観で闘争し合ってきた人類は、あらゆる生命との一体感を見失って互いを傷つけ合って来たわけです。

 そして、戦争に戦争を重ねて、この世を地獄化してしまった。

 そういう無知に苦しむ人類を救済しようと、様々な愛と光の存在がこの世に現れては真理と愛を説いて来た歴史があります。

 そうして、人間の一部は霊起源の自己というものを思い出して、愛と真理に生きるように方向転換してきた。こういう人たちは、「霊」「魂」「精神」「肉体」が1つの線で直列している存在です。

 それに対して、「霊」を忘れた物質的動物人間は、「霊魂」と「精神・肉体」との間に断絶がある。そして、「精神・肉体」と完全に同一化して生きているわけです。無知と貪欲とバラバラ感に支配された人間社会を創造してしまった。そして苦しみを深めて来た。

 ですから、「霊」を知らない「魂」は本質的に人生が解決できない苦悩でいっぱいになります。「霊」という永遠の命と無条件の愛の源との繋がりがあると、この世にあっても安心立命できるんですが、「霊」との繋がりを失った「迷子の魂」としての人間は、神様不在の中で、すべて自分の力で金儲けと安全確保を必死にあがいて手に入れようとします。だから競合的になるし余裕がない。恐怖心と不足感に根ざした生存競争を全くリアルなものにしてしまう。

 「魂」を癒すとは、「霊」との整列状態を取り戻すことで、愛と安全と価値と永遠の命を自分の中心で実感できるようになるということです。

 人類の「霊的再生(spiritual regeneration)」のために世界中で多くの人が働いており、私もこの目的に仕えるひとりなのです。

「霊」との整列を取り戻した後でも、「魂」の浄化プロセスは続く

 「霊」との整列を取り戻し、「魂」としての実感を取り戻したら、それですべて終わり、めでたしめでたし、とはなりません。

 「魂」は傷ついたままなので、時間をかけて癒してあげる必要があります。「魂」は5000年の暗闇での生活でいろいろと傷ついているのです。 

 ここからは「癒しの旅(healing journery)」になります。自分を深く癒しながら、他者の目覚めと癒しに貢献するというライフスタイルを私自身は生きています。

 「魂」を癒す作業を少しずつ進めていくと、その道のりには希望と喜びがあることが分かります。進むにつれて、新たな景色が見えてくるからです。解放されるにつれて、自己感覚が少しずつ上がっていくからです。真理が見えてくるし、愛が見えてくるからです。

 現実というものは、物質的人間が思うほど弱肉強食的なものではない。本当の現実には慈悲や愛や平安や大きな恵みや意味というものが豊かにある。恐怖に根ざした人間の感覚を超えた安らぎと豊かさが、内面からにじみ出るようになるのです。

 私は、人間として生を受けた者にとって、これを超える生き甲斐を見出したことがありません。
 

NORTH NODE & SOUTH NODE その2

 ご自分のノースノードのサイン(何座か)をご存知ない方は、オンラインの無料サイトで調べることができます。たとえば以下のサイトで自分のホロスコープ(出生図)を作成すると簡単に分かります。

 http://www.astro.com/horoscopes/ja

 出生図の「真正月節」(True Lunar Node)と書かれている部分がノースノードです。

 英語でよければ、以下のサイトに早見表があり、すぐ調べられます。ノードは周期が18年半なので、各サインに平均1年半強留まります。ですから、出生時刻が分からなくても誕生日さえ分かれば簡単に割り出せます。

 http://www.cafeastrology.com/northnodetables.html

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 ここからは、12通りのノースノードとサウスノードの組み合わせの意味を私なりに解説していきたいと思います。あくまで私の読みなので、完全なものではないと思います。それぞれのサインの持つ多様な意義を、いろいろなサイトや書物などで確認して、ご自分の魂に最も響く解釈を発見されることを望みます。私の提供する解説が、その発端になれば嬉しい、そんな気持ちでおります。

 繰り返しますが、サウスノードが自分の前世の資質(プラスもマイナスも含めて)を、ノースノードが今世で身につけるべき資質を示しています。

ノースノードが牡羊座(サウスノードが天秤座)

 前世では周囲との調和を重んじる協調性の高い人生を送り、決断のほとんどを周囲の人間に合わせてきた。今世では協調性ではなく、自分軸で決断をし、「自分はこれがやりたい」という強い自我意識を発達させることが課題です。牡羊座は火のサイン。これは情熱や勇気を表します。また12のサインの第1番目であることから、独立心や一人で何かを成し遂げる、イニシアチブを取るなどの意味もあります。

 周囲のことを考えて公平で調和的な決断をすることに慣れている(それが長所でもある)ので、無意識にそちらに戻りがちです。また他者に依存的になってしまっています。優れた点としては、公平であること、理性的であることが挙げられます。

 人生が統合されるにつれ、周囲に対して調和的で公平で理性的な部分も輝かせつつ、「自分はこう生きたいのだ」という自分軸の情熱の火も灯っている、独立心の旺盛な頼もしい人物へと成長していくことでしょう。

 牡羊座ノースノードの有名人:
 江口洋介、名倉潤、福山雅治、花田美恵子、森高千里

ノースノードが牡牛座(サウスノードが蠍座)

  前世では人間関係の執着というドラマをたっぷり経験し、人間の感情の甘いも酸っぱいも知り尽くしている。主従関係や不倫、奴隷、大奥などドロドロしたものをたくさん経験してきている。

 長所としては人間を見抜く鋭い感性をもつ。マイナスとしては感情的にぐちゃぐちゃになるようなドラマチックな状況を自然だと感じるので、カオスになりやすい。

 今世では、心地よい現世の物質的豊かさと自分を中心とした生きる価値を見つけること。奇麗な花壇を作ってもいいし、美しい洋服やおいしい食べ物、安定した収入に素敵な自宅。「ああ、この世って素晴らしいところねえ」と言える素敵な人生を生きることによって、ドロドロした感情の世界とは違う喜びを味わいましょう。

 人間の闇とドラマを見て来ているだけあって人間を見る鋭い目は失われません。物質的・肉体的に自分らしい心地よい人生を生きつつ、その鋭い目を使って人の相談に乗ってあげられるかも。でも、すぐにドロドロに巻き込まれる癖があるからご注意を。人のドロドロには距離をとって、適当に付き合いましょう。 

 あなたに必要なバランスは、気持ちよいお風呂に奇麗なお花、美味しい料理に美しい家。今回はそんな持ち回りなんです。 

 牡牛座ノースノードの有名人:
 森下悠里、松下奈緒、道端アンジェリカ、松山ケンイチ、羽田圭介

ノースノードが双子座(サウスノードが射手座)

  前世では孤独を怖れず真理を追求した宗教指導者や哲学者や我が道を行くカウボーイだったかもしれません。人生を俯瞰できる高い視点を獲得した代わりに、市場の人の気持ちに疎くなっています。

 智慧深いけれども、「自分の真理が唯一の正しいもの」という偏狭さになりやすい。だから、今世では浅く広くいろんな人と交わり、「人によって真理っていろいろあるんだ」ということを学んでバランスをとるほうがいい。今回は「里の行」です。

 一般人と同じ恋愛や娯楽やおしゃべりなどに参加して、様々な人生の視点を知ることで、偏狭さがなくなり、いろんな人を認められるようになるにつれ、前世で培った深い智慧を人々はあなたから受け取るようになります。

 孤高の一匹狼から、気さくな仲間へと進化するのが今世です。

 双子座ノースノードの有名人:
 上川隆也、向井亜紀、風間俊介、水川あさみ、山田孝之

ノースノードが蟹座(サウスノードが山羊座)

  前世では厳しい現実の中でも自己鍛錬と絶え間ざる努力によって、社会から尊敬される地位や財産を築き上げました。放っておいても働き者であるあなたは、現実的ゴールに向けてストイックなまでの努力が自然にできてしまうのが強みでもあり、また弱みでもあります。弱みというのは、自分の心地よさを犠牲にしてでも努力できてしまうため、ハートの感情を置いてきぼりにしやすいという面。

 今世では、月が支配する蟹座、しかも情緒を司る水のサイン。外の現実に適応してき過ぎたので、今回は内面の感情が豊かに喜ぶ生き方を取り入れましょう。規則に厳しくなり過ぎず、ハートが楽しいと感じる選択をしてあげるのです。感情面を特にケアしてあげて、「ああ、この世は極楽」と言えるぐらい、情緒が満たされることが大事です。

 蟹座ノースノードの有名人:
 安めぐみ、櫻井翔、成宮寛貴、深田恭子、近藤春菜
 
ノースノードが獅子座(サウスノードが水瓶座)

  前世では変わり者やよそ者として扱われ、社会によって評価されない個性的な生き方をしていました。知性的で人道主義だったあなたは、社会の外側で自分の主義にあった生き方や主張をしていたのです。

 今世では社会の表舞台の真ん中に立ち、人々はあなたを知り、受け入れ、賞賛します。

 あなたは自信たっぷりで、子どものような茶目っ気もあり、フレンドリーに自分を表現します。情的に距離のある付き合いをしていた前世と違い、ダイナミックに他者と気持ちを交わします。そして生き生きします。

 あなたは今回は辺境者ではなく、社会のど真ん中で自分を見てもらう、聞いてもらうパフォーマーなのです。たっぷり愛される番ですよ〜!

 獅子座ノースノードの有名人:
 大島美幸、玉木宏、又吉直樹、秦基博、大野智、妻夫木聡、乙葉、星野源、青木隆治、杉浦太陽、斎藤工

ノースノードが乙女座(サウスノードが魚座)

  前世では宗教的・芸術的体験を通して、人々との一体感、神様との一体感を感じていました。境界線のないワンネスを知っている、それが大きなプラスです。マイナスは、自分と他人との境界を引く必要のある人間社会という現実に生きるのが下手になってしまっていること。

 そこで、今世では土のサインである乙女座を目指すことで、理想を現実に即した実際的な形にできる人へと進化していきます。乙女座は人に仕えるという意味を持ち、特に体や健康についてケアする才能に恵まれます。しかし、気をつけないと自分を犠牲にしてまで相手に尽してしまう癖があるので注意。今世では、自分に負担なことはきちんとノーと言えるようになるなど、現実的によく考えて、しっかりとした自我感覚を構築することで、現実的な部分を発達させることが大事なんです。

 魚座と乙女座が統合されていくと、深く相手と魂の繋がりを感じつつ、しっかりとした自我境界をもちながら相手と付き合い、この世という現実世界において現実的な貢献ができる人へと進化していくわけです。

 乙女座ノースノードの有名人:
 小泉孝太郎、澤穂希、山崎静代、魔裟斗、宮崎宣子、箕輪はるか

ノースノードが天秤座(サウスノードが牡羊座)

  前世では勇気と独立心でもって自分の望みを叶えることに一生懸命になっていました。そして火星(男性)のエネルギーが過剰になっています。あなたは自分の望んだことを求めたり主張したりすることは得意ですが、相手の立場に立って聞いたり、相手に委ねたり、相手と調和するということが苦手です。

 そこで、今世では対極にある金星(女性)のエネルギーを取り込もうというわけです。

 天秤座は相手とのバランスであり、公平さであり、相手と自分を等しく尊重してウィンウィンの関係になることを指します。

 放っておくと得意な自己主張に偏りがちなので、今世では相手に耳を傾けて聞くという女性原理を使いこなしましょう。相手に決めてもらうという受身の楽しみを知るのも1つです。

 2つのエネルギーが統合されていくにつれて、自己主張はもちろんでき、同じように相手に傾聴し、双方によい解決を導き出せるような、調停能力の高いバランスのとれた人格になっていくことでしょう。

 天秤座ノースノードの有名人:
 市川海老蔵、香取慎吾、山口もえ、大渕愛子、滝川クリステル、DAIGO

ノースノードが蠍座(サウスノードが牡牛座)

  前世では変化することのない一定の価値観や環境で物質的な価値を求めました。そのため、特定の価値観や財産などに執着があります。一定の世界観の中でコツコツと努力することは上手です。

 今世では蠍座という「死と再生」のサインが魂の北極星。人生を通して、絶えず変化を求められます。自分に合うものと合わないものに出会う。イヤな人と好きな人が混ざってやってくる。真実と嘘が混ざってやってくる。選り分けて、「これは取っておく、これは捨てる」と決めて、もう自分に合わない古い価値観や考え方や持ち物は捨てていかなくてはなりません。

 タブーやセックスに絡む経験もやってくるかもしれません。蠍座は時に強烈です。牧歌的な田舎の限定的な世界観でのんびりという人生ではないのです。感情の深いドラマを体験し、自分を絶えず作り替えていく。自己の生と死を何度も繰り返して、生まれ変わっていく。それがあなたの進化の道なのです。

 もう用のないものに執着するとき、前世の牡牛座のモードに戻っています。勇気をもって捨てるのです。あなたの使命は「自己変容」です。慣れたものにしがみつきたくなる気持ちに負けないように。

 蠍座ノースノードの有名人:
 谷亮子、東尾理子、オダギリジョー、森山直太朗、井ノ原快彦、有村昆

ノースノードが射手座(サウスノードが双子座)

  前世では社交的で広く浅くいろんな視点を学び、ある意味どんな人とも付き合えるフレンドリーさを培ってきました。しかし、だからと言って、「自分の哲学はこれなんだ」「自分の信仰はこれなんだ」というインスピレーションに根ざした精神軸がはっきりあるわけじゃない。

 そこで今世では、社交性に加えて、自分自身の真理の深みを掘り当てる精神的な旅に出なくてはなりません。自分の真理に出会うために、外国に行くかもしれません。多様な視点や真理をまとめるだけの高い視点を自分の中に養うのです。神様とひとりになって孤独の中で対話するのです。禅寺で1週間寝泊まりして座禅を組むのです。ドイツの大学でヨーロッパ哲学を学ぶのです。自分のハイアーセルフの炎を自分のものとするのが今世の旅です。

 この2つのエネルギーを統合すると、広く浅いだけの人ではなく、深みがありながら広く人と付き合える人格となっていきます。本人にしか分からない真実というものを携えながら、いろんな人とも付き合える、そういった霊感を与える存在となるでしょう。 

 射手座ノースノードの有名人:
 田村淳、陣内智則、千原ジュニア、草彅剛、虻川美穂子、河本準一

ノースノードが山羊座(サウスノードが蟹座)

  前世では身内などの親密な絆の中で情緒的安定を保っている主婦のような存在でした。情緒的な満足や安定が意識の中心であり、自分で何かを成し遂げるとかいうことはあまり経験がありません。それは夫や父や長老がやってくれたことなのです。

 今世では自分でゴールを設定し、コツコツと努力をして達成し、社会で評価され尊敬されるような地位や財産や業績を残すことが大事です。自分が尊敬できる自分の達成を現実的に目指すのです。前世が主婦なら、今世は職業をもって自分で収入を稼ぐなど正反対の経験になります。

 サウスノードが蟹座の人は、内面の情緒は繊細なので、対人関係ではとても外交的だという長所があります。それに実務能力や達成能力が加わると、とても魅力的な人へと進化するでしょう。 

 山羊座ノースノードの有名人:
 日村勇紀、中居正広、マツコ・デラックス、堀江貴文、木村拓哉、大泉洋、設楽統、友近、イチロー、堺雅人

ノースノードが水瓶座(サウスノードが獅子座)

  前世では舞台のセンターに立つようなカリスマ的な人気者でした。人気者であるがために、多くの人から注意を注がれ、愛されました。しかし、同時に多くの人にとっては自分の仮面しか見られていないという感覚もあります。本当の自分というものをどれだけの人が理解してくれているのか・・・

 今世では、社会からの承認を得られなかったとしても、本当の自分というものを生きたい。自分の本当の個性というものを輝かせたいと思います。たとえアウトサイダーになったとしても。

 あらゆる人の平等性を深く思い、メインストリームで認められていないような人たちにも人類愛を感じます。水瓶座と獅子座のエネルギーを統合することで、カリスマと人気を持つ人でありながら、常識や伝統に媚びない個性を発揮し、あらゆる人への博愛を生きられる人格へと進化していくでしょう。

 水瓶座ノースノードの有名人:
 竹野内豊、有田哲平、西川史子、大久保佳代子、藤原紀香、壇れい、矢部浩之、山口達也、椿鬼奴

ノースノードが魚座(サウスノードが乙女座)

  前世では現実の世界で規律正しく、組織立てて、物事を成し遂げることが上手でした。マイナス面は完璧主義になる傾向があること。重箱の隅をつつくような批判をしがちなのも乙女座です。責任感が強く、頼まれたら断れない親分肌・姉御肌だったかも。とにかく、「この人に任せておけば大丈夫」と言われるほどの人物だったでしょう。

 今世は、規律や組織や現実の固い固い呪縛から自分を解き放って、ソフトになる番です。 

 神仏の他力にお任せするなどスピリチュアリティーや神秘的な世界へと心を開くことが大事です。理性や人智を超えたパワーがあることを実感するのが進化の方向なんです。深い感情やインスピレーションから絵を描いたり、詩を書いたりするのもいいかもしれません。

 何事も評価せず、受け入れる、大きな大きな心の優しさや許しを学ぶときなんです。細かく制御するのではなしに。

 魚座のプラス面は、すべての生命との一体感。あらゆる境界と固さが消えたワンネスです。あらゆるジャッジメントや「こうあらねば」を手放して楽になる人生です。 

 魚座ノースノードの有名人:
 加藤浩次、槇原敬之、橋下徹、山瀬まみ、及川光博、東貴博、千原せいじ、上田晋也、吉岡秀隆

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 自分と正反対の人は自分にとっての教師となります。自分がこれから統合しようとしている資質を、前世までにたっぷりやってきた人たちなのですから。ただし、どの資質もプラスに出るときとマイナスに出るときがあるので、それぞれの資質を上手に開花させている人を模範としましょう。

NORTH NODE & SOUTH NODE その1

 占星術のお話でございます。

 「A さんは乙女座」「B さんは蟹座」という時の星座は、誕生時に太陽が天のどの方向にあったかを示すもので、太陽以外の星は全く違う星座にあるかもしれません。

 たとえば、私の太陽は水瓶座にあり、性格的には水瓶座の典型とも言える、社会規範に合わせることが大嫌いな独立心の強いユニークな人道主義者そのものでございます。

 でも、コミュニケーションを司る水星は山羊座にあるので、風の水瓶座とは違って地の要素が強く、私はコミュニケーションをするときには、できるだけプラグマティックに人の役に立つ表現を心がけます。高尚な理論を世に出すだけでは満足できず、実際の生活で役に立つことを表現したいという強い動機が働いています。

 この他、私のこなすべき課題を示す土星は魚座にあるのですが、魚座というのは12のうちの最後のサインで、時空やあらゆる境界を超越したワンネス、宗教的合一感などを示し、また感情を司る水のサインであることから、感情やフィーリングを通してのあらゆるものとの一体感を悟る方向へと進んでいるようです。

 また、この土星はタブーやセクシュアリティー、無意識、親密な情的関係を表す8ハウスにあることから、深い感情的な傷や問題に精通して、「マスター・サイコロジスト(心理学者の匠)」のような存在になることが私の進化のゴールになっています。

 ということで、「その人の星座」と言っても、冥王星までを含む10の惑星(占星術では太陽も月も惑星と呼ぶ)をすべて考慮しないとその人の全体像は見えてきません。

 また、惑星以外にも誕生時の東の地平線を示すアセンダント(ASC)、真上を示すミッドヘブン(MC)などにも深い意味があります。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

ノースノードとサウスノードについて

 ノースノードとサウスノードは、月の交点のことで、太陽の軌道と月の軌道が交差する2つの点を指しています。ノースノードは北にある昇交点、サウスノードは南にある降交点のことです。天体ではありません。

 ノースノードはドラゴンヘッド(Dragon's Head)、サウスノードはドラゴンテイル(Dragon's Tail)という別名ももっています。

 私が学んでいる占星術はアメリカを中心とした Evolutionary Astrology あるいは Spiritual Astrology というもので、人間を前世から今世、来世と進化の旅を続ける宇宙的存在として捉える学問です。 

 この占星術では、ノースノードとその対極にあるサウスノードの意味を重視します。占星術者の中には、ホロスコープの中で最重要項目だと考える人さえいます。

 というのは、サウスノードはその人の前世で蓄積した傾向を、ノースノードは今世でその魂がどちらの方向に進化していくのが好ましいかを示しているため、人生の羅針盤のような役割を持っているからなのです。

 大海で船が北極星を目指して航行するように、私たちひとりひとりが人生の北極星を見失わずに、その方向に進んで行きさえすれば、今世の目的は達成されるのです。

 つまり、ノースノードは魂が今世で目指すべき方向を教えてくれる「魂の北極星」なのです。

 サウスノードは悪いものではありません。これまで十分に発達させてきたその人の強みも表しています。ただ、そこに偏っているのも確かです。それで、バランスをとるためには、得意でこれまで何度も何度もやってきたサウスノード的生き方ではなくて、真逆のノースノードを取り入れて統合していこうよ、というお話なのです。

 ノースノードとサウスノードは必ず180度の関係にありますから、片方が牡羊座ならもう片方は必ず天秤座、片方が牡牛座ならもう片方は必ず蠍座という風に決まってきます。ですから12通りの組み合わせしかありません。

 さて、私のノースノードは双子座、サウスノードは射手座にあります。これから分かることは、私の前世が射手座的性質に満ちたものであり、今世では逆に双子座的性質を統合するのが良いということです。言い換えると、射手座的性質は慣れ親しんだものなので、無意識になるとそちらへ戻りやすい。けれども、それは私の成長の方角とは違うということになります。

 射手座の前世とはどのようなものなのでしょうか。それは、真実を求めて孤独を厭わずに求道者として、あるいは伝道者として生き、深い智慧を手にしたけれども、社会性を犠牲にしてきたということです。確かに私には「一匹狼」的なところがあるし、人との繋がりを切ってでも、真理を求めて旅をしたいというような情熱というか、熱狂的とも言える部分があります。射手座は旅人をも表すので、私は自分の故郷を離れ、真理を求めて旅をするというモードに心地よさを感じます。もう1つの傾向は、自分の発見した真理だけが正しいと狂信的になりやすいところです。深いけど狭いのです。他人には他人の真理があるという複数の視点が持ちにくい。

 まとめてみますと、射手座の前世のプラス面は、孤独に負けずに真理を追究する情熱に富んでいることや、勇気がたっぷりあること。真理を追究して長旅をしてきたので、深い智慧を発見したこと。マイナス面は、普通の人たちが楽しむような家族とか友人とかの社交的関係や恋愛関係などを疎かにしてきたため、孤立した山の仙人のような部分がある。狭くて狂信的になりやすい。

 ということで、私の魂が今世でバランスをとるには、双子座の性質を生きることが大事だということになりますが、では双子座の今世とはどうすればいいのでしょうか。

 双子座というのは楽しくおしゃべりをしているような社交的なコミュニケーターです。広くいろんな人と交わって、交流を楽しみ、いろんな人から学ぶ。深くて狭い前世を持つ私には、多少深さを犠牲にしてでも、世界を広げて、いろんな人がいることを知ったほうがいい。真理とひと言で言っても、人によって様々なんだよということを実感したほうがいい。また、恋愛や友達などの関係もエンジョイして、ひとりで何でもやろうとしないほうがいい。

 私には親密な関係を避けて、何でも一人でやろうとするところがあります。常に一人旅に出ても大丈夫なように、深い関係にならないように避けているかのようです。

 私の中の射手座的性質は相当強いようで、うっかりするとすぐに頭をもたげてきます。自分ひとりで何でもやろうとするし、他人を必要としないモードに自分を持っていこうとすぐしてしまうんです。人に依存している人を見るとイライラしてくる。(笑)でも、私も人に頼ったりすることを学んだ方がいいんだな、これ。

 どうでしょう? 結構深いと思いませんか?

 私はノースノードとサウスノードに遭遇したとき、占星術が深淵なる魂の真実を見せてくれるものだと初めて悟り、感銘を受けました。というのは、ノースノードとサウスノードの解説が私の深みと完全に共鳴し、「そうそう、私はそうなんだよね」と深く頷けたんです。

 私の一人でインドまで行って瞑想したり、恋愛など全くせずにひたすら真理探求にのめり込める性格というのは、幼少期で形成されたようなそんな浅い歴史のものではない。何百年という過去の私の行動の履歴が入っていると実感するんです。だから、前世を扱わない占星術を私はあまり評価しないんです。

 山の行ばかりやってきた過去生のアンバランスを是正すべく、今生では里の行をやって、もっと広く一般人をよく知りましょうというレッスンを私は今受けているのです。

 鑑真とか三蔵法師のような人生を送って来た私は(まあそこまで偉い人物であったどうかは別にしてですね)、今世では「さんま御殿」のようなバラエティー番組を見てゲラゲラ笑っているのが、結構勉強なんですよね。(笑)

ノースノードとサウスノードは実は統合すべきもの

 日本人が解説したノースノードやサウスノードの意味で、あまり感心するものに出会ったことがありません。何か読み違いをしているような気がします。

 単に一方が運が良いものとか悪いものという捉え方は浅いと思います。

 繰り返しますが、サウスノードは前世に培った自分の長所も示しているし、同時にハマりやすいマイナスの癖も示してくれているので、長所は長所として活かせばいいのです。と同時に、今世の成長課題としてはノースノードという真逆の方向を向きましょうということですから、新たに取り入れなくてはならない性質とは何かをはっきりと意識すると人生の方針が定まります。

 ノースノードとサウスノードは180度の関係なので、いわゆるオポジション。このオポジションの位置関係というのは、対峙して統合するという意味もあるんです。つまり、2つのエネルギーが出会い続けることで、あっち行ったりこっち行ったりと揺れ続けるけれど、その過程を通ることで、2つともちょうどよく調和する方向に進んで行く運命なわけです。

 ですから、年齢と時期によっては前世で慣れているサウスノード的生き方が優性になったり、あるいはノースノード的生き方を試してみたりする。双方向に揺れる。これを繰り返していくうちに、サウスノードの良い所とノースノードの良い所がほどよく混じった人格へと変容していくわけです。これがその魂の進化の過程ということになります。うまいこと出来てますね。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 「その2」では、12種類のノースノードとサウスノードの意味を私なりに解説したいと思います。
 

癒しの星「カイロン」

 記事「カイロン・リターン」(1月26日投稿)に引き続き、彗星・小惑星遷移天体「カイロン(キロン)」についてお話ししたいと思います。

 「癒しの星」とも呼ばれる「カイロン」は、前世で負った最も深い傷を浮上させ、魂が必要としている最も深い癒しを可能にするとても重要な天体です。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

注意

 この記事を読むことで、魂の傷が刺激され気持ち悪くなる場合があります。対処できる自信のある方以外は、この先お読みにならないでください。この記事は変容力の強い記事ですので、さらっと好奇心だけで読める波動にはなっていません。魂の最も暗い闇の部分に光を当てますので、前世のトラウマが浮上しても大丈夫な時間と場所を選んでお読みください。

 対処能力を超える反応が起こったら、読むのを一旦ストップしてください。絶対に無理をしないでください。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

カイロンのあるサイン(星座)を特定する

 ご自分のカイロンのサイン(何座か)をご存知ない方は、オンラインの無料サイトで調べることができます。たとえば以下のサイトで自分のホロスコープ(出生図)を作成すると簡単に分かります。

 http://www.astro.com/horoscopes/ja

 出生図の「カイロン」と書かれている部分の星座を見てください。

カイロンの影響が強くなる時期

 出生図のカイロンと現位置のカイロンが0度、90度、180度などの「重要な角度」になるとき、その人の生活にカイロンの影響が強く現れます。そういう時期には、ふつう魂の傷が表面に出てきて苦しい時期を過ごすことになります。

 苦しいですが、深い癒しのために起こっているのですから、理由のない理不尽な苦しみではありません。「自然治癒力」が働いて、魂の膿を出してあげる時期なんです。そう理解して意識的に取り組めば、ヒーリングが成功して、魂として前進できることになります。ですから、この仕組みを理解して、この経験を受け入れることが重要です。

 10の惑星のどれかが出生図のカイロンと0度、90度、180度などの「重要な角度」になるときにも、カイロンが刺激されて、生活に影響が出ます。

 カイロンが象徴する魂の傷は、自分の最も優れた才能に関わっているものです。なので、カイロンの癒しを経た人は、魂の一番の才能を活かして世の中に貢献できるようになります

 自分の最大の弱点が、最大のギフト(才能・贈り物)に姿を変えるのです。

最も深い傷が癒されたとき、古傷は最も深い癒しの通り道となる

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

カイロンが牡羊座

 魂のトラウマが牡羊座の性質をもっている人とは、自己アイデンティティーの確立、自己主張、自律性などの領域で何らかの深い挫折を味わって来ている人です。だから、根本的に自分であること、自分で決めること、自分を出すことに自信がない。

 しかし、この傷を癒すことで、誰よりも自分らしく生き、自信のない人を勇気づけるリーダー的存在へと生まれ変わることのできる人でもあるのです。 

 牡羊座カイロンの有名人:
 福山雅治、花田美恵子、森高千里、吉岡秀隆、橋下徹、山瀬まみ、工藤静香

カイロンが牡牛座

 五感を満足させ物質的・肉体的に安定した生活を望む牡牛座でのトラウマがあります。飢饉で飢え死にしたのかもしれない。台風や地震で住む場所がなくなってしまったのかもしれない。安定した生活が脅かされる恐怖心をもっていませんか。

 この傷を癒すことで、あなたは大震災の被害者などに物質的・肉体的支援を最もしてあげたいと思える人になります。だって、あなたは同じ目に誰よりも遭って来ているんですから。他人事ではないと思えるんです。

 牡牛座カイロンの有名人:
 大渕愛子、菅野美穂、滝川クリステル、DAIGO、澤穂希、山崎静代、魔裟斗

カイロンが双子座

 知性を働かせていろいろな情報を集めたり、おしゃべりをして広く社交する双子座にトラウマがあります。友達から仲間はずれにされたかもしれない。自由に社交する権利を奪われたのかもしれない。この人たちとは付き合ってはだめと前世の親に縛られたのかもしれない。好奇心を否定されたかもしれない。あるいは、コミュニケーションで大きく誤解された傷が残っているかもしれない。

 楽しく社交したりコミュニケーションをとることに恐怖心がありませんか。

 この傷を癒すことで、あなたは誰よりも楽しく人と交わったり、いろんな価値観や情報を集める楽しみを教えることが出来る人になります。

 双子座カイロンの有名人:
 
上野樹里、田中圭、森下悠里、松山ケンイチ、綾瀬はるか、羽田圭介

カイロンが蟹座

 家族など最も心を許せる人たちの集団で情緒的安らぎや滋養を得られなかった傷があります。孤児だったかもしれません。親がアル中で情緒的に繋がることが不可能だったかもしれません。子どもが必要な精神的な安定が前世で得られていない、そんな苦しみが魂にあります。

 あなたは家庭における心の絆や安心というものの有り難さを誰よりも理解できる人です。傷を癒せば、情緒的サポートの欠如した環境で育った人へ最も慈愛を向けられ、また自分の子どもには自分が過去で得られなかった慈愛や安心感を与えられる人になれるのです。 

 蟹座カイロンの有名人:
 堀北真希、松坂桃李、内村航平、岩田剛典、仲里依紗、錦織圭、柳楽優弥、
豊田エリー、浅田真央

カイロンが獅子座

 獅子座は太陽のようにセンターステージで輝く自分。マグネティックで創造的で自分を出し切ってパーフォーマンスをする。そういう自己表現や創造における傷があります。そして、自分を出して輝くことに恐怖心があるはず。

 前世では人気者になったとき誰かから叩かれたのかもしれない。病気や自己で夢を諦めざるを得なかったのかもしれない。貧乏だったため表現者になれずに死んだのかもしれない。

 自分が輝けない辛さを誰よりも分かっているあなたは、傷を癒したあと、自分が出せないで苦しんでいる人たちを「自分大好き人間」へと導いてあげられるパワーを手にするのです。あなたが自分として輝くことは、自分にとっての成功であるだけでなく、自分を出せないでいるすべての人への讃歌になることでしょう。

 獅子座カイロンの有名人:
 篠崎愛、剛力彩芽、有村架純、菅田将暉、福士蒼汰、能年玲奈

カイロンが乙女座

 てきぱきと詳細に渡るまで気を回し、完璧に実務をこなす頼り甲斐のある乙女座にトラウマがあります。前世ではどれだけ頑張っても完璧主義の親に承認されなかったのかもしれない。そして、どれだけ頑張っても「まだ足りない、まだ足りない」と強迫的に完璧を求めてしまうかもしれない。あるいは反対に「そんなことは無理だ」と諦めてだらしなくなってしまうかもしれない。部屋が片付けられないか、あるいは逆に極端な潔癖性になるかもしれない。あらゆることに批判的で気に入らないかもしれない。

 乙女座のマイナス面である完璧主義や何でもコントロールしようとする脅迫性を乗り越えて、魂の傷を癒したら、あなたは誰よりも頼り甲斐のある、実力のあるお姉さんお兄さん的存在になれます。

 そして、あるがままの自分を受け入れて自分と仲良くなれることによって、自分を厳しく裁き過ぎて自己嫌悪に陥る人の気持ちを誰よりも理解してあげられる相談役になれることでしょう。

 乙女座カイロンの有名人:
 田村正和、久米宏、中村紘子、高畑裕太、野村周平、小島瑠璃子、羽生結弦

カイロンが天秤座

 人間関係におけるバランスと公平性を示す天秤座にトラウマがあります。公平でない関係に苦しんできた前世だったかもしれません。たとえば、自分を殺して誰かに服従せねばならなかった人生。女だから、あるいは少数民族だからといって差別されたかもしれません。

 この傷を癒したら、あなたは公平でない扱いの苦しみを誰よりも分かっているが故に、不均衡な人間関係に悩む人の苦しみを和らげてあげられるようになるでしょう。 

 天秤座カイロンの有名人:
 吉永小百合、西川きよし、西川ヘレン、タモリ、櫻井よしこ、藤田ニコル

カイロンが蠍座

 「死と再生」や「人との情的執着」を意味する蠍座にトラウマがあります。神様などいないと絶望するような魂のダークサイドが絡んでいます。前世では誰かにずっと洗脳されていたとか、支配されていたとか、執着されていたかもしれません。何かドロドロした傷が残っています。

 この傷を癒したら、闇を統合できた者にしか体現できない永遠の光を灯す人となるでしょう。不死鳥として復活するのです。

 蠍座カイロンの有名人:
 大原麗子、猪瀬直樹、尾木直樹、ビートたけし、蛭子能収、西田敏行 

カイロンが射手座

 射手座は故郷から遠く離れて旅をするとか、真理を追求するとか、哲学的・精神的な指導者になるというような意味があります。これらの領域でトラウマが前世にあったものと思われます。

 失脚したとか、潰されたとか、挫折をしたとかいう経験があったかもしれません。

 この傷を癒したら、高みを目指そうという大志をもつ人の力になれるでしょう。

 射手座カイロンの有名人:
 武田鉄矢、大竹まこと、
和田アキ子、綾小路きみまろ、矢沢永吉、姜尚中、志村けん、梅沢富美男、中村雅俊、池上彰

カイロンが山羊座

 山羊座でのトラウマとは、現実社会において努力を重ねて財産や地位や確固たる実績を上げて社会から尊敬されるという道のりにおいての傷を指します。

 たとえば、前世で汗水垂らして家と土地を手に入れて商売を成功させたと思ったら、不公平なやり方で、当時の統治者にすべて奪われてしまった。このような前世のトラウマがあると、地道に努力すればこの世で成功が手に入るなどと信じられないことでしょう。人と同じようにコツコツ積み上げることに訳も分からず恐怖心や絶望感を感じてしまうかもしれません。

 この傷を癒したら、あなたは元々誰よりも地道に努力を積み上げて現実における実績を出せる人なのですから、自己実現の道のりで傷ついている人を癒したり勇気づけたりできるパワーは人一倍強いんです。

 山羊座カイロンの有名人:
 笑福亭鶴瓶、中島みゆき、池畑慎之介、阿川佐和子、山下達郎、高畑淳子、所ジョージ

カイロンが水瓶座

 水瓶座にトラウマがある人は、自分が人と違うことに恐怖を感じたり、個性を発揮することに恐怖を感じたり、常識や権威と意見を異にするのが怖いかもしれません。

 前世では、周囲の多数派と違う民族だったかもしれません。あるいは権威や伝統とは違う進歩的な意見を言って罰せられたかもしれません。「出る杭は打たれる」の杭になったかもしれません。

 この傷を癒したら、あなたは誰よりも他者の個性を認めてあげられる人になります。多数派に否定されるのが怖い人が、個性を活かして輝くのを誰よりも支援できるのです。

 水瓶座カイロンの有名人:
 明石家さんま、竹内まりや、郷ひろみ、桑田佳祐、大竹しのぶ、久本雅美、岩崎宏美、山口百恵、榊原郁恵、渡辺謙

カイロンが魚座

 魚座はあらゆるものとのワンネスを表し、別の言い方をすれば神様との一体感、宇宙との一体感をも意味します。ここにあるトラウマは、多くの場合「宗教トラウマ」を指します。つまり、宗教との関わりにおいて深く傷ついたのです。

 たとえば、前世で宗教を一生懸命実践していた。宗教に従って素直に生きていたら、セックスを否定されるなど、魂を傷つけるような禁欲を通して人間性を否定された経験があるのかもしれません。あるいは、信頼していた僧侶や神父に性的に強姦されたとすれば、天地がひっくり返るほどのショックを受けたことでしょう。愛を説く宗教によって戦争に駆り出され、殺人を神の名のもとに犯してしまい、魂が深く混乱したかもしれません。

 魚座のトラウマは、精神の拠り所である神仏との関係におけるトラウマなので、他のトラウマと少し性質を異にします。霊性、信仰、スピリチュアリティーというテーマそのものに関わるトラウマだと言えましょう。

 この傷を癒した人は、人を傷つけることのない、より本物の霊性・精神性というものを体現し、世の中に広めることができます。また、宗教によって傷ついた人を最もよく理解し、援助ができます。

 現在、カイロンは魚座に位置していますので、今生まれて来ている赤ちゃんは世代的に、多くが宗教トラウマを癒しに生まれてきています。

 私を含む1960年代生まれの大部分はここに含まれ、現在「カイロン・リターン」の時期にきています。今、人類規模で我々の世代を中心として、長い過去に創造された宗教カルマの浄化が行われている最中なんです。2011年〜2019年の8年間、カイロンはだいたい魚座に位置しています(正確には牡羊座に入って魚座に戻ってくる時期が含まれます)が、この時期に起こる魂レベルの癒しによって、それ以後もっと健全なスピリチュアリティーが常識化していくことを期待せずにはいられません。

 魚座カイロンの有名人:
 
上川隆也、江原啓之、風間トオル、IKKO、松田聖子、太田光代、坂上忍、名倉潤薬師丸ひろ子、山口智子、高田延彦、向井亜紀
 

CHIRON RETURN(カイロン・リターン)

 只今、私は全ての人が50歳前後で体験する「カイロン・リターン」なるものの真っ最中でして、結構辛い時期が続いております。

 私は元々占星術にはそれほど詳しくない方でしたが、カウンセリングのメンターがたまたま占星術のプロだったこともあり、彼女のセッションで何度も深いリーディングを受けるうちに、占星術の深みを知った次第です。

 私たち人間は天体の影響を大きく受けていますが、誕生時の天体の位置と同じ場所に天体が戻るとき、特に大きな変化があるとされます。

 29歳前後で全ての人が経験するのが「サターン・リターン」で、これは土星が誕生時と同じ位置に戻ることを意味します。

 土星が誕生時から天の360度全てを航行し終えて、ちょうど一周して元の場所に戻るわけです。

 このとき、つまり29歳前後で、自分が人生で何を目的にして生きるのかということを深く突きつけられます。この時期に決定したことが、人生で後々まで大きな影響をもつことになるのです。

 多くの人と同様に、私が29歳のとき、根底を覆すぐらいの大きな変化がありました。

 私の場合は、スピリチュアリティーの深化という現象でした。インドに1ヶ月行って瞑想したのもこの年。ベジタリアンになったのもこの年。「奇跡のコース」をやり遂げたのもこの年。ダライラマやアンマなどの精神指導者のもとを訪れたのもこの年。29歳を境に、前と後では別人だと言えるぐらいの大きな変化でした。

 次に、40代で「中年の危機」と呼ばれる占星術的出来事が4つあります。それは、天王星が誕生時と反対の位置(180度)になること、海王星が誕生時と90度を成すこと、冥王星が誕生時と90度を成すこと、土星が誕生時と反対の位置(180度)になることです。

 これらはすべて、より本当の自分へと脱皮することを促します。私のカウンセラーとしての仕事はこの「中年の危機」を経て開始したものです。

 「中年の危機」より前の私は、社会的に認められやすい「英語教師」と「ピアノ教師」という職業を通じて社会と接点をもち、自分がバイセクシュアルであることやスピリチュアルなことに深い関心をもっていることはすべて私生活の領域に限定していました。自分のスピリチュアリティーやセクシュアリティーを前面に出して生き残る自信は全くなかった。しかし、「中年の危機」はもっともっと本当の自分をさらけ出し、芯から満足できる生き方を勇気をもって抱擁するよう促してきました。

 そして、スピリチュアリティーを基盤とした「心理カウンセラー」としての仕事を開始し、また自分のバイセクシュアリティーも公表するというステップへと前進したわけです。ここでまた新たな「脱皮」を通過しました。

 今月50歳になった私は、カイロン(傷を負ったヒーラー)という小惑星が誕生時の位置に回帰している最中です。これは、私のメンターによると、自分の最大の才能に関する魂の傷が浮上するときで、私の場合は、霊能力を使って罰せられた前世の傷などがもろに表面化しています。

 50歳のこのイニシエーションを通過した者は、50代以降に人生の最大の仕事を成し遂げると言われています。確かに、多くの人の最高の業績は50代・60代で成されている印象をもちます。

 フルに魂として開花するには、前世からの傷をここで癒す必要があるのですね。

 その後も、58歳前後で土星の2度目の回帰があります。

 私のカイロンは魚座の19度17分にあるのですが、今日のカイロンは魚座の18度28分と1度差もないほど近接しています。これは極めて強力な位置関係なのですが、今日は風邪をひいて寝ております。それから、深い恐怖や絶望や悲しみのエネルギーが浮上しては流れていっています。ああ、しんどい。(笑) 

 これらの人生の時期を意識的に理解して、その意義をきちんと生きることができたら素晴らしいと思います。訳も分からず辛いだけなのではなくて。 

 「カイロン・リターン」の意味と共に乗り切る術も教えてもらった私は幸せ者でございます。 

(2016年1月29日更新)
 

自動的・無意識的反応から自分を解き放つ

 スピリチュアル的に進歩した人は、自らの自動的・無意識的反応に対して能動的に関わり、段階的にそれらの呪縛から自分を解放する術を実践している人です。

 人生の出来事というものは、客観的現実と主観的知覚が必ず混在して経験されるものであり、自分の感じ方には必ずその人が主体的に関わっています。ところが、多くの人にとって、主観的知覚は意志の管轄の下にはあらず、自分の意志に反して心身内で生じて来てしまう「自分とは別の存在」なのです。

 たとえば、「お前は何もできないヤツだな」と誰かが言ったとき、自分の中で煮えくり返るような怒りが生じて来て、相手を傷つけたい衝動に駆られたとしましょう。この人にとって、相手からこのように言われた体験は、自らの激怒と敵意と切っても切れないものであり、自分が激怒と敵意を感じることに関して、自分には選択肢がないと感じます。というのは、自分が激怒したくて選んでいる、敵意を感じたくて選んでいるという自覚が全くなく、自動的に生じてくるからです。

 納豆が嫌いな人が納豆を口にした時「まずい」と感じることに対して自分には選択の自由がないと感じるのと同じように、相手に激怒と敵意を感じることに対して自分には選択の自由はないと思ってしまうのです。

 これがスピリチュアル的に眠った人の意識です。自分の反応に対して責任が取れない未熟な段階です。 

 「自動的・無意識的反応」というものは、長い過去から現在に至るまでに、自分が慣れ親しんで来た「考え方」「捉え方」「感じ方」「行動の仕方」をすべて含んでいます。つまり、無意識の「習慣」であるわけです。

 私たちは自分の反応というものと同化して、自己感覚の重要な部分としていますので、自分の感じ方は自分であり、それを疑問視するのは、自分のあり方を根底から覆されるようで心地悪く感じます。

 つまり、「自分の感じ方は正しい」と思うものなのです。それが自我というものです。

 それで全てうまく行けば何も問題はないのですが、人間はあるとき自分自身の反応の仕方に苦しむことになります。

 何かが起きるたびに不安になる、怒りが出てくる、寂しくて仕方がなくなるというような自分の反応にほとほと疲れるのです。そして、自分を苦しめているのは相手とか現状ではなく、自分の反応の仕方そのものではないかと気づき始めます。

 自分は何でも不安がる癖があるとか、何でも自己嫌悪に結びつける癖があるという風に気づいていくにつれて、無意識への気づきが深まります。「このように反応し続けていていいのだろうか?」と見直すのですから、自動的・無意識的反応にコントロールされる受身で犠牲者的存在から、意識化することで選択し直そうという気概をもった主体的存在へと移行するわけです。

 自分の中の破壊的なもの、束縛的なものを見直し、そこから自分を助け出してやろうという情熱が目覚めることになるのです。

 この段階に来ますと、自動的・無意識的反応というものを現象として離れて観察することに興味を覚えます。「はは〜ん、面白いなあ。私の中には、あらゆることを自分はダメなんだという意味づけで見るプログラムがあるかのようだなあ」という風に、他人事のようにクールに見える瞬間というものがある。プログラムを客体として見ているのですから、もはや無意識に同化していません。プログラムと「自己」との間に空間があります。どっぷり一体化しているのではなく、プログラムを相手と見なして、対峙しているわけです。

 このように、相手の正体をよ〜く見える視点に自分が立ち、相手と対話をして関わり、一方的にコントロールされない空間を自分の中に作ることができると、反応が起きても自動的にそれによって操作されるということがなくなります。「あ、また敵意が上がって来たな」と気づいて放っておけるようになる。そうすると、相手に激怒していながらにして、相手には暴言も暴力も与えないという意志を反映させることが可能になります。

 自分の行動から自動的・無意識的なネガティブな反応を排除できると、外の現実は改善します。しかし、激怒を放っておくと、内面での辛さはなくなりませんよね。つまり、今度は、内面の平安のために激怒というものを解決するという作業をすることになります。

 激怒や敵意や不安というものを押さえつけて蓋をするのではなく、受け入れて対話をして、それらが平安になるために必要なものをこちらが与える側になることで、心理的解決へと至るのです。

 このようにして、自動的・無意識的反応という習慣は少しずつ自分の意志を反映して書き換えられていきます。自分が望むような受容的・積極的・創造的な反応へと選び直すことが可能になります。

 そうすると、気づいていない無意識の自分自身によって自分が苦しめられるという度合いは減っていくことになります。

 Self-Awareness(自己への気づき)が少ない人ほど、遺伝的刷り込み、社会的刷り込み、前世からの刷り込みと無意識に同化して、自分の自由において反応を選んでいないのですから、それらの要素から束縛され、従順に従うことになります。

 Self-Awareness が広がると、遺伝・社会・前世などの影響を観察し、それを選びたいのかどうか、自分の意志をもって決定し直すことができるようになります。このようにして、前世や遺伝や社会的影響を超越し、逆にそれらに影響を与えられる存在へと進化していくのです。

 自分が意識化して、コントロールされる側からコントロールできる側に立った要素に関してのみ、私たちは自分の本来のパワーを発揮できるのですから、自己への気づきを深める作業は重要であり、場合によっては人生を根幹から変容させるほどの威力をもちます。
 

人生の「陰」も大事にする

 人生には「日向」と「陰」があります。

 「日向(ひなた)」とは、人から見える部分で、形として確認できる「活躍」のこと。

 仕事や恋愛や結婚、引っ越しや旅行や社会からの評価などは「日向」の部分です。

 「日向」が優性なときは、物事が前進している気がします。仕事が忙しい。出会いも頻繁にある。大変だけれど次々に新しいことが起きてきて対処しなくてはならない。失敗もあるけれど成功もある。

 「形」としての生活に変化があるので、ある種の手応えがあります。

 それに対して、「陰」の部分が優性になるときというのは、病気や怪我をして仕事を休まざるを得ないとか、引きこもりになるとか、うつで働けないというときもあるし、仕事をしたくても仕事がやってこないときも含まれます。

 あるいは、表では仕事で活躍しているように見られているけれど、自宅では配偶者との関係が冷えきっていて、感情的にはとても暗い。

 人は「日向」ばかり見たいし語りたいものですが、実は「陰」の部分は「日向」と同等に重要なものだと私は考えています。

 「陰」の1つの意義は、とても深いレベルでの癒しが起きるという点です。自分の中で何か古いものが死に、新しいものが生まれるプロセスが起きると、自分というものが根底から変容します。そういう時期には、外の現実世界への積極的・創造的関わりを減らすことが必然的に求められます。ですから、仕事がやってこなくなったり、人と会いたくなくなったりするのはある意味自然な流れなのです。深い内面と向き合うことが今もっとも求められているのですから。

 「日向」の人生を生きるのが成功で、「陰」は失敗だから、「陰」はできるだけ短く終えて、早く「日向」に戻りたいと思いがちですが、「陰」をしっかりと充実させて生きないと、次のステージでの「日向」が輝きません。

 「陰」の時期には「陰」の時期にしか成就できないことがあります。そのような機会として理解し、向き合うことがとても重要なのです。

 私の人生でも度々「陰」の時期というものがやってきました。そういうときは鬱々としたり、絶望的になったり、自己否定になったり、無性に寂しくなったりします。しかし、その度に「陰」に向き合っていくと、自分というものが一回り大きく成長していることに気づくんです。

 それまで蓋をしていたものに蓋をしなくなる。避けていたものを避けなくても平気になる。毛嫌いしていた自分の一部を受容して精神的により安定する。自分も相手もよりはっきりと本質的に見ることができるようになる。自分の能力が深く開発される。

 このような精神的変化を私自身が感じてきました。 

 つまり、外の世界で物事が思うように進まず、それに対して落ち込んだり、引きこもったり、人生の指針を見失ったりするようなときというのは、「早く通り過ぎるべき」不幸な出来事ではなく、むしろ大変深い成長と癒しの機会なのです。

 「陰」の時期こそ丁寧に生きることができれば、次の「日向」の時期がより充実するし、「陰」の時期を疎かにすると、「日向」はそれほど生きないのです。

 さて、少し占星術の話をしましょう。カイロン(Chiron)という星は魂の傷を表しており、前世から持ち越したものも含まれると考えられています。そのカイロンが2011年2月から2018年4月まで魚座にあります。魚座は水のサインの中でも境界線のない全人類的な集合無意識の感情までも含むとても深いサインです。そこにカイロンがいるこの時期というのは、人類にとって無意識の深い感情的癒しが促されている時期だと考えられます。

 つまり、多くの人はこの時期に、今世の幼少期の感情的トラウマを癒すだけに留まらず、前世からの大変古い感情的トラウマまでも表面化してクリーニングしているのです。

 言い換えると、宇宙レベルで、深い感情的癒しのサポートをするエネルギーが放出されている時期だということです。多くの人は「陰」のワークをたくさんするように導かれているのですから、「日向」が思うように進まなくてもあまり心配することなく、「陰」のワークにしっかりと取り組みましょう。

 人生の意味の半分は創造的で積極的に生きる中にありますが、もう半分は深い癒しや自己変容にあります。物質的価値観が優性である現代日本社会では、後者はあまり評価されない傾向にありますが、ホーリスティックに見ると、社会的活躍と同じぐらい大事なものなのです。

心理的現実

 「心理的現実(psychological reality)」とは、その人の内面でリアルに感じられるものを指し、主観的な体験です。

 私たち人間はみな、内面に主観的宇宙をもっています。そして、他の誰とも異なる現実を味わっています。

 誰から見てもそうである、という「客観的現実」というものは想定されていますが、実際に存在するのかどうか分かりません。

 と言いますのは、現実を体験するには感覚器官が必要です。人間で言えば五感になります。視覚や聴覚などを通して現実を認知しているわけですから、現実の味わい方は感覚器官によって影響されることは明白です。

 また、人間には人によって異なる気質というものがあり、楽観的に捉える傾向の強い人や、逆に悲観的な人もいます。

 ということで、人間はひとりひとり異なる心理的現実を味わっているということがお分かり頂けたでしょうか。

 さて、人間の苦悩を解決するには、その人の主観的宇宙(心理的現実)の中で問題が解かれる必要があります。

 他の人から見て、「そんなことは大した問題じゃない」「悩まなければいいだけだ」「妄想だよ」などと明白に分かったとしても、本人にとって難しくて解けない、とてもリアルに感じる苦悩であるならば、このような外からの無理解に基づく介入は本人の苦しみを深めるだけかもしれません。

 たとえ、本人の悩んでいることが妄想であったとしても、その人を救うのは他者がそれを妄想だと気づくことではなく、本人がそれを悟ることなのです。

 心理的問題を解く支援をするときには、「悩みの主観性」というものを大事に扱う必要があります。

 悩みはあくまで、その人の内面にある「主観的世界」において解決しなければ意味がないのです。 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 ここからは、「心理的現実」を捉える方法についてお話しいたします。

 多くの人は、自分の内側に動いている思考・感情・欲求・意志などの多様なエネルギーに呑み込まれて、何をどうしたらいいのか混乱してしまいます。

 何事においても、明確に対処できるためには、現実を明確に把握する必要があります。

 勉強であれば、自分は何が分かっていないのかを明確にしなければ、対策は立てられません。

 病気治療であれば、体のどこがどのように病んでいるのかを明確にしなければ、治療方針は定まりません。

 同様に、心理的苦悩においては、自分の中にどんな思考・感情・欲求・意志があるのかを明確にしなければ、対処できないのです。

 逆に言えば、勉強において自分が分かっていないことが明確になった瞬間、「これを習得すればいいんだ」とはっきりする訳ですから、実はそこでやる気が湧いてきます。「これをしさえすればいい」ということが見えるということは、結果を出す道のりが見えるわけですから、意欲をもちやすい。何をしても結果が出ないと思うと絶望します。でも、これをすれば結果が出るという見込みがあると、私たちは希望と意欲をもてるのです。

 病気においても、何がどう悪いのかが分からないときはもどかしいですが、自分の病気の正体がはっきりすれば、「この治療を受ければよい」と定まります。病名が分からなかった時に比べて、エネルギーの注ぐ方向が定まる分、混乱はなくなります。「よし、この治療を受けよう」という気になる。

 同様に、心理的苦悩においても、何をどう悩んで苦しんでいるのかが把握できていないときほど苦しいことはありません。「自分はあらゆることを自己否定に結びつける癖があるのだ」ということが仮に100%明確に見えて来たとしましょう。そうすれば、自分が苦しい原因がはっきりしたのですから、後はこの問題を解決していくことに邁進できます。

 つまり、問題の正体をはっきり見ることが先決なのです。これはあらゆる問題を解こうとするときに共通した要素です。

 さて、では自分の「心理的現実」をどう捉えるか、です。

 ひと言でいうなら、「自分が感じていること」と「自分が考えていること」で、100%そうだと確信できるものだけを紙に書き出す作業です。

 このとき、問題を解こうとはしないでください。やるべき仕事は、「心理的現実」のあるがままを正確に観察して理解し、把握することのみです。

 病気で言えば、検査をして診断するだけです。治療はまだです。

 把握をより完全にできれば、解決法は自ずと現れてきます。ですから、今の段階では解決法をあれこれ捻り出そうともがかないことが大事です。まずははっきりと問題が見えるところまで行く。それだけを目指します。

 「感じていること(Feeling)」と「考えていること(Thinking)」を区別するのですが、前者は肉体感覚や感情のことで非言語的な体験、後者は言語的・概念的な活動です。

 たとえば、「不安だ」というのは感情であり「感じていること」です。「不安」というのは、胸や腹に落ち着かない肉体感覚を伴います。感じるのです。しかし、「不安」と同時に、「将来食べていかれなかったらどうしよう」という文章が頭に浮かぶ場合、これは「考えていること」です。長い文になるということは、概念を使っているわけです。ストーリーになるものは言語的・概念的です。よって、「考えていること」の中に「将来食べていけなかったらどうしよう」と書きます。「感じていること」の中に「不安」と書きます。

 紙に書くのは確実にそうだと言えることだけにします。たとえば、怒りがあるという実感はないけれど、きっと自分は怒っているに違いないと推測したとしましょう。そうすると、これは本当かどうか分かりませんから、紙には書きません。肉体の実感の中で、「ホントだ。私は確かに怒っている」と確認できたときだけ、「怒っている」と書きます。これが現実と非現実の区別のしかたです。

 自分の心身の中で実感をもって確かめられること、それが心理的現実です。実感をもって確かめられないなら、推測に過ぎません。推測するのは悪いことではありませんし、むしろ良いことです。しかし、推測したことは本当かどうか確かめる術がなくては根無し草同様です。では、推測はどのように現実かどうか確かめられるのでしょうか。それは心身の実感に照らし合わせることによってです。心身の実感によって「確かにそうだ」としっくり来るかどうか、響くかどうかによって、「推測」から「事実認定」へと進めるかどうかが決定されます。このように、心身のチェックを通過し、「事実認定」されたものだけを紙に書くことが大事です。

 このようにして、悩んでいることに関するあらゆる思考や感情を掴めたら、この作業をしていく中で、自然と見方や感じ方がシフトしていることに気づく人も多いでしょう。

 内面がよく見えてくるにつれて、現実認識や感情も変化していくのです。そして、内面の整理がついてくる。場合によっては、この作業の途中で、何が問題で、それについてどうすればいいのかが自然と明白になってくるかもしれません。

 また、作業中に新たな疑問や課題が出てきたら、それを別のところにメモしておきます。

 たとえば、自分の中にはとても深い自己否定があると気づいたけれど、これを一体どうすればいいのかが分からないとしましょう。そうすると、自己否定が深く存在するということがはっきり見えたのは大きな前進ですね。ただ、対処法を知らない自分にも気づいた。これに気づけたことも大きなプラスです。自己否定を何とか改善したいという意欲さえ出てきているかもしれません。そうならさらに大きなプラスです。

 そしたら、自己否定という問題をどう解いていったらいいのかを勉強すればいいのです。本を読んでもいいし、カウンセリングを受けてもいい。または、YouTube で関連の動画を見てもいい。勉強をする方法は無限にあります。

 今日は、自分の心理的現実をはっきりと把握することによって、問題を明確にし、解決に向けて自分を方向づける方法についてお話しいたしました。
 

エネルギーはどこへ行きたがっているか

 私はあらゆることをエネルギーとして捉えます。

 思考もエネルギーなら感情もエネルギー。その人の意図も動機もエネルギーです。

 そして、まず何よりも、「命」というものはエネルギーそのものなのです。

 「命」というエネルギーは、成就したいものに向かう性質があります。たとえば、草花は太陽に向かって高く伸びようとします。根は反対に地下に深く潜ろうとします。なぜなら、それがニーズに最も合致しているからです。

 長らくひとりでいると、誰かとおしゃべりがしたくなります。エネルギーは心の触れ合いを求めて誰かを探す方向へと自分を駆り立てます。

 長い間同じ姿勢で座っていると、体を動かしたくなります。その瞬間、エネルギーが向かおうとしているのは、体を動かしてバランスをとることです。私たちは瞬時瞬時で、そのとき最も必要とされることを欲するようにできています。

 心の中で気になって考えてしまうことというのは、そこにエネルギーが集まっているわけです。「これを解決したい」と思っている。そして掴んでいる。悩んでいる。

 だから、どうしても考えてしまうこと、どうしても悩んでしまうこと、どうしても話したくなる内容、どうしても気になることというのは、今そこへ意識を向けることが何らかの重要性をもっていることの印です。

 体に具合が悪いところがあると、そこが気になります。無視しても、度々体はシグナルを発して、「これに気づいてよ」「これを対処してよ」と訴えてきます。ニーズがあるところに意識を誘うのです。

 心の問題も同じです。未解決の心の問題で、今対処して欲しいと「潜在意識」が思っている事柄というのは、そこに意識が自然と向きます。今考えなくてもいいこと、今解決しなくてもいいことであれば、エネルギーはそこに集中などしません。

 ですから、自分の生命エネルギーがどこへ向いているかを観察して、素直に従っていれば、成就へ向かいます。

 生命エネルギーはその人を成長と意識拡大と他者貢献と平安と幸福と癒しに向けて導きます。なので、基本的にはその流れを信頼して進めばよいと思います。ただし、すべてのマイナス体験をゼロにする方法はありません。マイナス体験は学習のために必要なのでなくならないでしょう。

 でも、マイナス体験から学び、癒され、進化する方向に生命エネルギーは必ず導いてくれますので、それを通り抜けていけばいいのです。
 

問題となる感情が必要としていること

 怒りや不安や罪悪感などに悩まされ続けるとき、必要なのは「感情的解決」です。

 他の記事でも度々お話ししてきましたが、感情自体に抵抗したり、嫌悪したりすると、却って悩みが解けなくなるので注意が必要です。

 感情がすっきりと解決して流れていくには、「何か」を必要としています。自分の感情が「何」を必要としているのかを理解し、「それ」を感情に与えてあげることが大事です。

 私の臨床経験上、感情に悩まされているとき、感情が必要としているものには3種類あります。

① 愛と共感(love and empathy)
② 手放すこと(letting go)
③ 深層の露出(revelation of deeper layers)

 ①は、問題となる感情が怒りであれ不安であれ、その気持ちをとことん聞いてあげ、理解してあげ、受け入れてあげることを指します。自分ひとりでやる場合には、自分の感情と自分とが対話をしているつもりで、自分の不安であれば「そうか、不安なんだね」としゃべりかけるところから始めます。「何が不安なの?」と聞いてあげる。すると不安は答えを返してくれます。このように心を繋げて話し合うというか、聞き合うわけです。そして、しまいには、不安のほうが、「ああ、もうたっぷり聞いてもらえたのですっきりした」「あなたにはとことん理解してもらえたと感じる」と言って満足してくれる。そして不安は解消してしまった。そこまでとことん聞いてあげるわけです。

 とことん聞いてあげるということは、注意をずっとそこへ向けているわけです。それは愛そのものです。また否定せずに、相手の立場を理解しようとして聞きますから、アドバイスしたり相手を変えようとして関わるのではありません。共感を伝えるのです。これを本当に身につけたい人はカウンセリングを学んだり、あるいはアクティブリスニングというものを学ぶといいでしょう。

 ①をやるだけで解決してしまう感情もたくさんあります。ですから、まずは①を実践することから出発するといいでしょう。

 しかし、中には愛と共感では変化しない感情もあります。心にべったりとくっついてしまっているので、剥がさなければいつまでも離れていかない。こういう場合、「私はこの感情を手放します」と意識的にリリースする作業を経るとスムーズに解放されることがあります。心の底から、「私はこの感情を手放します」と唱えるのです。それだけでその感情エネルギーがす〜っと心身から去っていくことも少なくありませんので、大事なメソッドです。

 ①の愛と共感が必要な感情に対して、②からスタートするとうまくいきません。手放す前に理解と受容を待っている感情だからです。②から初めてもうまくいく感情もあれば、②では埒があかないものもあります。

 さて、①と②を実践しても、まだすっきりしない感情の場合、もっと意識の奥のほうに根本原因があって、それが表に出てきていない可能性があります。私たちは広大な無意識の領域を抱えていて、自覚できている部分はほんの一部です。

 ですから、感情によっては、意識できている部分を扱ってもしょうがない、ということがあります。怒りや不安の根っこにある問題は、本人には全く見えておらず、それを意識化せねば何の解決にもならない場合があるわけです。

 そうすると、こういう場合、意識をどんどん掘り下げて、深層を探求していきます。(意識の探求法は様々な記事でお話ししてきましたので、ここでは割愛します。)

 深層が表に露になったとき、共感を注ぐべき対象、あるいは手放すべき対象が何なのか、はじめてはっきりと見えます。それまでは、解決すべきものが何なのかさえ分からないのです。

 ということで、感情問題については、「愛と共感」「手放し」「深層の探求」の3つを適宜組み合わせて、感情の解決に必要なものを見極めて与えていく作業をします。

 必要なものを感情が受け取ることで解決されると、感情のほうが私たちを自由にしてくれます。

 このようにして、私たちは各感情のレッスンをこなし、マスターしていくのです。

 感情は成長課題です。

 不安をマスターするとは、不安になった自分とどのように接すれば不安が和らぐかを理解し、それを自分に与えられる人となることを意味します。不安に悩まされ続ける人は、不安という教科をまだ習得できていないのです。

 怒りをマスターするとは、怒っている自分とどのように接すれば自分とも相手とも調和できる考え方や行動がとれるのかを理解し、それを実践できる人となることを意味します。怒りに悩まされ続ける人は、怒りのレッスンを今まさに学んでいる最中なのです。

 自己否定をマスターするには、自己嫌悪や罪悪感や自己無価値感などをもつ自分にどう接すれば自分を受容し肯定し、自分を愛して励まして育てていけるのかを理解し、それを実践できる人となることを意味します。自己否定に悩まされ続ける人は、自己否定のレッスン(つまり自己受容と自分を愛するというレッスン)に取り組んでいる人です。

 マイナス感情はすべて愛と智慧を育んでくれる教材だと私は考えています。そのレッスンを終えたとき、私たちはその特定の感情に悩まされることがなくなり、その感情になっても受容し愛を注ぎ、自分を平安や幸福へと導いてあげられるようになります。

 ですから、マイナス感情は、学習のための負荷のようなものです。ジムで筋トレをするときに筋肉に負荷をかけて大きくするように、感情的健全さを実現するには、マイナス感情に向き合う体験が不可欠なのです。

 たとえば、勇気というものを育むには、恐怖心に繰り返し向き合って、「恐怖心があっても負けずに目的に向けて行動する」という経験を蓄積する必要があります。恐怖心がないところに勇気は必要ありませんし、また育ちません。ですから、勇気を育むには恐怖心という環境が不可欠だと言えます。安全な条件でしか行動しないのなら、勇気は育たないのです。ということは、恐怖心は勇気を育てる親のような存在。片方なくしてもう片方もあり得ないのです。

 同様に、揺らがない自己受容や自己肯定を手にするには、何度も何度も自己否定や自己批判をくぐり抜けなくてはなりません。相手に否定されたり、自分が自分を見捨てそうになるという経験の中で、それでも自分を見捨てないことに決断し、自分を支えようと決め、自分を大事にするという経験を蓄積することで、ちょっとやそっとのいじめや批判では潰されないだけの自己肯定感というものが育まれます。

 ですから、ある意味では、自己否定や自己批判や他者から見捨てられるという経験は、自己受容や自己肯定を堅固なものにする親だとも言えます。

 このように俯瞰して人間の感情問題を見ますと、あらゆる感情的悩みは、その人の成長過程であることが分かります。そして、マイナス感情を不幸であり取り除くべき要因だと見るのは過ちであり、むしろどのようにその悩みを成長に繋げるかを積極的に考えるべきなのです。

 悩まされている感情というものは、マスターすることでさらに一段階上の自分になるために不可欠な教材です。感情問題をなければよい厄介者だと見るのではなく、自分がまさに今解かんとしている成長課題なのだと捉えることで、道は開けるでしょう。
 
 

心の自然治癒力

 心には自然治癒力があって、邪魔さえしなければ、必要な癒しの過程は勝手に起こってくるものです。

 しかし問題は、癒しの過程が起こったとき、多くの人はそれが癒しの過程であると理解できないため、邪魔してしまうということです。

 つまり、多くの人は自分自身の自然治癒力と協力する術を知らないということになります。そして、無知が故に、自然治癒力が成就しようとしていることを妨害してしまっている。

 では、自然治癒力が働いている状況とはどういうものでしょうか。

 こう書くと多くの方は驚かれるでしょうが、恋愛がうまくいかず、孤独を感じて涙しているようなとき、まさに自然治癒力が働いています

 え? どういうこと? と思われるかもしれません。

 恋愛がうまく行かず別れ別れになった。この状況で刺激されてくる感情反応というものは、この状況に対して生じているように理解する人が大部分でしょうが、実際にはこれまで生きてきた中で溜まっているあらゆる孤独感や不満がいっしょになって反応しているものなのです。

 よ〜く考えてみてください。恋愛がうまくいかずに落ち込んでいるときの自分の感情の中には、「私はいつもうまく行かない」「私は好かれない人間なのかな」「私は幸せになれない」「私はこのままひとりぼっちかもしれない」など、自分に対する一般的な思い、生きることに対する一般的な思い、恋愛に対する一般的な思いがたくさん含まれていることが多いと思います。その特定の相手に対しての感情だけではありません。

 つまり、失恋によって生じてくる感情の多くは、その人が自分に対して、人生に対して何となく思っているマイナス感情であり、自分に自信のない人は自信のなさが、人に愛されないと感じて生きて来て人は愛されない辛さがひしひしと感じられるものです。そして、こういった感情はこの特定の恋愛に限定されたものではなくて、以前から同じように感じていた感情なわけです。

 自分に本当に正直になってみると、この感情はこの相手とは関係なく、初めから自分の中にあったものだということが見えてくると思います。

 外の現実で思うように行かなかったとき、過去のあらゆる未解決の感情が一気に噴出するのですが、恋愛の場合、期待がとても大きいし、感情がとても深い分、いろいろな感情と結びつきやすい。別の言い方をすると、人生全般のあらゆる苦悩が恋愛成就に解決を求められがちであるし、また恋愛の失敗はあらゆる人生の苦悩から解放されないのではないかという絶望感と結びつきやすいのです。

 つまり、失恋して苦しいのは失恋したからだと理解するのは適切ではありません。実際には、失恋という出来事を通して、元から自分の中にあった自己否定感や孤独感を強く味わっているのです。

 そして、ここが大事な点ですが、自分が苦しいのは相手が去っていったからだと理解したり、失恋したからだと理解してしまうと、内側にある苦しみの本当の原因から目を逸らすことになりますので、自然治癒力の邪魔をしていることになるということです。なぜなら、自然治癒力は失恋という体験を使って、古い心の傷を癒そうとしているのですから。

 自然治癒力の発揮に協力するとは、この苦しみが相手とは関係なく、元々自分の中にあったものであることを認めることがまず第一歩です。そして、相手が去っていったから見捨てられたような孤独感を感じているのではなくて、相手が去ったことによって、私は元々自分の中にあった孤独感を感じる機会を得たのだと捉えること。そして、孤独感を感じることを拒否せず、相手のせいにせず、自分を癒すためにとことん感じ尽くすのです。

 あなたが孤独感を強く感じているなら、孤独感に向き合う必要があるから感じているのだと理解してください。孤独感を感じたくないという拒絶感、感じさせられているという被害者意識を捨ててください。

 誤解を怖れず言えば、あなたはいま、孤独感を感じるべくして感じているのです。宇宙の秩序に間違いはありません。

 失恋によって自己否定を強く感じる人は自己否定に孤独感を感じる人は孤独感に絶望感を感じる人は絶望感に向き合う必要があります。向き合うことで心理的に霊的に進化していきます。

 具体的にどうするか。

 まず、感じている感情を1つずつ共感をもって理解し聞いてあげます。

 寂しい、悲しい、絶望的・・・

 「寂しいんだね。心を通い合わせる相手が欲しいんだよね」「この恋愛にはたくさん期待していたものね。がっかりだよね」「そっかあ、この先恋愛が成就するような希望がもてないんだね。絶望的な気分なんだね」ととりあえず心に手をあてて聞いてあげます。そのまま受け取って伝え返します。

 そして、感情と一緒にいてあげるだけ。解決しようとはしなくていい。9割はじっとしているだけです。時々、声をかけてあげたり、質問をして奥を聞き出してあげてもいい。

 こうやって感情の声を1つ1つ聞いていくと、大昔の癒されていない経験が出てきたり、思い込みが出てきたりします。心の痛みの元凶が見えてくる。大きな気づきがあります。この気づきによって、感情が大きくシフトしていくこともあります。

 とにかく失恋を含め、深く傷ついたような体験は、それを癒しのために使うと、大きなプラスとなります。そうすると、「これが起こってくれたお陰で、私は以前にも増して深い癒しが得られた。もっと心が解放できた」と思えるようになります。

 私たち人間は決して不幸になるために生まれて来たのではありません。不幸な体験と見えるものは、心の中の傷を癒すために起こるのです。

 多くの人は心の中に膿をもっています。でも自分で気づけていない。だから痛い体験をすることで膿に気づく必要があります。膿に気づけるから膿から自由になれるんです。

 失恋の痛みは、元々自分の中にあった膿が活性化しているだけ。膿を出してあげると、マイナスのパターンから解放されて、恋愛に対する感情自体が変化していきます。

 心の自然治癒力と是非とも協力をして、あらゆる不幸体験を心を解放する機会として用いていって頂きたいと思います。 
 

感情との向き合い方

 私はカウンセリングの中で、クライアントさんに「感情との向き合い方」のレッスンをすることが少なくありません。

 大部分の人が「感情との向き合い方」を習ってきていないので、やり方が分からないというのが現状です。

 「感情とどう接するか」ということは、学校教育でも家庭教育でも十分に教えられているとは言えません。むしろ、親や教師がやり方を知らないのです。

 感情は心に属するもので、頭に属する理性とは異なります。現代社会は理性を賞賛し、感情を疎んじる傾向が強い。そして、何でも理性で解決しようとすることに問題があります。

 機械が故障したら、観察と理性的判断だけで修理できます。感情はむしろ邪魔かもしれません。しかし、心が苦しみ悩んでいるとき、人間の心を機械と同じように理性だけで修理することはできないのです。

 心の修復には、理性とは違う別次元のものが必要です。その重要なものの1つが「共感(エンパシー)」です。

 否定せずとにかくいったん存在を認めて受容すること。その感情の視点に立って理解しようとして心を開いて共にいることなのです。ここが機械と心の決定的な違いではないでしょうか。

 心は共感に反応します。聞いてもらえただけで、認めてもらえただけで楽になり、感情がシフトしていく。それが心なのです。

 ですから、感情を解こうと思ったら、まずは感情を解こうとせずそのまま認めて受け入れるという段階を経なくてはなりません。ここが機械とは違うのです。

 故障が治らなくてもいいといったん思えと言われてもキョトンとされるだけかもしれません。 

 不安から自由になろうと思ったら、不安を避けたり否定したりなくそうとあがいたりすることを一時やめて、不安なんだと認め、不安であることを拒絶せず、不安に抵抗せず、不安であるがままの状態を許すという段階を経ることが重要なのです。

 そして、逆説的なようですが、不安のままで大丈夫だと思えたその瞬間、不安は解けていくのです。それが感情の性質です。

 ですから、怒りが生じたとき、怒ってはならないと抵抗すればするほど、怒りが増して、怒りに縛られ、怒りに苦しませられ、反対に、怒りを受け入れ、怒りに耳を傾け、怒りを解こうとせず認め一緒にいると決めたら、怒りは柔らかくなって、別のものに変わります。

 皆さんもそうではありませんか。相手があなたを変えよう変えようとすればするほど、変わりたくなくなるでしょう? 変わることに抵抗を感じ、自分を防御したくなりませんか?

 でも、そのままでいいんだよと言う人の前では、変わっていきたい、成長したいと思うのではないですか。

 感情もそれと全く同じです。感情は生きているのです。生き物なのです。そして、感情が変わっていけるためには、まず受け入れてくれる人が必要です。クライアントが自分で自分の感情を受け入れることができたら、カウンセリングは必要ないかもしれません。でも自分の感情はなかなか受け止めることができない。だからカウンセラーの力を借りるわけです。カウンセラーはクライアントの感情を受け止めることが仕事です。クライアントが自分でさえ受け止められない自分の感情を、カウンセラーという他者が受け止めてくれる。それによって、自分をこうやって受け止めればいいんだということを学ぶ。カウンセラーに受け止めてもらうことで、自分を受け止めることを学ぶ。それがカウンセリングというものなのです。

 受け入れたものから私たちは自由であれます。しかし、拒絶し抵抗するものからはずっと縛られます。これを理解することが「感情との向き合い方」で最も大事なことの1つです。 

 さて、ここまで、感情を拒絶すると解けず、受容すると解けるという話をしてきました。多くの人が犯す過ちは、感情を拒絶し抵抗し、感情と戦うことでなくそうとするということです。

 たとえば、「不安な自分を嫌う」という症状が典型です。不安なのはイヤなので、いつまでも不安を感じている自分を毛嫌いする。毛嫌いすれば不安はなくなるかと言えば絶対になくなりません。不安がなくなるのは、不安である自分を受け入れて愛することができたときです。

 「なんで不安なんだよ!」と自分に腹を立てている人は、自分に寛容ではありません。自分の感情の一部を許せないと感じています。そして切り取ろうとしています。これは自己拒絶以外の何物でもありません。

 これはちょうど、不安で怯えている小さな子どもに対して、邪魔臭いなあと思って「不安がるな!」と怒る未熟な親と全く同じです。不安を包み込めないのです。

 感情的問題を解くためには、その感情を包み込めるだけの寛容さ、愛というものを育まなくてはなりません。感情問題は嫌悪と拒絶では決して解けることはありません。

 不安な自分に愛をもてたとき、不安な自分は初めて救われて、自分のからだの中で安堵できるのです。そして自分を許してくれる大きな自分がいるから、不安は小さくなっていく。これが本当の解決です。

 さて、感情を拒絶するのとは別のもう1つの現象を私はよく観察します。

 それは、感情的問題の解決法を頭であれこれ推測して、そこに留まって先に進めない人たちです。

 たとえば、不安から自由になれない自分について、「これは幼少期からの問題なのかな?」とか「私が相手に期待し過ぎなのかな?」とかいろいろ分析をするんですね。

 では分析すれば感情が晴れるかと言えば全く晴れていない。なぜ晴れないかと言うと、頭でやっていることと心の感情が交差していないからです。

 心と離れたところでどれだけ思考を動かそうが、感情問題は解けません。こういうとき、私はクライアントに、思考をやめて、感情を感じる世界へと誘います。答えは感情を感じる中から浮かび上がってくるものだからです。

 答えは感情を底まで感じ尽くしたとき、新しい景色が見えるように見えてくるものであって、感情を感じないで頭であれこれ思考して見えてくるものではありません。

 頭は心が知っていることに無知です。心の実感をよそに、頭があれこれ解決しようとするのは賢いことではありません。すべて推測と幻想に過ぎないのです。

 心の問題にとって救いになるのは、心の現実の中に飛び込んでいって、心に教えてもらうときです。

 感じていることの奥の奥まで入っていって、自分が心でいったい何を感じているのか、何を欲しているのかを実体として掴む作業が不可欠なのです。探求と言ってもいいし、探検と言ってもいい。

 探求によって、心の真実を自分で発見することで、心の正体が掴めます。そうして初めて解ける感情というものもある。

 感情を掘り下げて奥に何が詰まっているのかを実際に旅をしてはっきりと感じて見なくてはなりません。それは推測や分析ではできないことなのです。

 答えは感情のエネルギーそのものの中にあると言ってもいいでしょう。感情のエネルギーを読み解いていくのです。感情から離れて理性で考えるのではありません。理性は感情を感じることと並行して用いるとき力を発揮しますが、感情の中に入らず、感情が伝える実感を考慮に入れず、頭が単独で解決を捻り出そうとしてもうまくいきません。

 頭は心と協同して初めてうまくいくのです。頭は心とコミュニケートできて初めて役立つのです。

 多くの人の中では心と頭は切れています。心の問題を心に尋ねずに、頭が答えを捻り出して心に強制しようとしています。頭が独裁者になっています。だから心が病んでいきます。

 頭は心に対して受身になって聞き手にならなくてはなりません。心に教えてもらうだけの謙虚さが頭には必要です。心の声は、頭を静寂にしなくては聞こえて来ないのです。
 

EMT 基礎講座(2月18日)

EMT 基礎講座

☆イベント内容
 心身をプラス化するために、不要な思考・感情・気を特定してリリースする技術、それが EMT (Energy Management Technique)です。

 基礎講座では、EMT の基本を実践しながら学んでいただきます。

 EMT についての詳細はこちらをご覧ください。→心をデトックスする EMT
 
☆日時: 2016年2月18日(木) 11:00~15:00
(12:30〜13:10はランチ休憩)

☆場所: 菅波亮介のカウンセリングルーム
 →カウンセリングルームへの行き方、周辺地図
 
 金沢市本多町2-18-12

 思案橋バス停より徒歩1分。

 駐車場には限りがございます。お申し込みの際、お尋ねください。

☆定員: 10名様

☆参加費: 3000円(当日払い)
再受講の方は2000円です。

 ランチは正午に皆さんのご注文を伺って近くのうどん屋に出前を取ります。休憩中に近くのサンクス(徒歩3分)に買いに行かれても結構です。また、お弁当を持参されても構いません。ランチ代は各自負担とします。お湯とほうじ茶をお出しします。それ以外の飲み物はご持参ください。

☆講師: 心理カウンセラー菅波亮介

☆お申込み方法: 菅波亮介までお電話かメールでお知らせください。
 連絡先はページ末をご覧ください。

☆キャンセル料
 24時間前を過ぎてのキャンセルには、3000円の手数料を頂きます。

プロフィール
菅波亮介(すがなみ・りょうすけ)

 
 1966年1月金沢市生まれ(50歳)。上智大学外国語学部英語学科卒。マサチューセッツ大学音楽修士。サンタモニカ大学スピリチュアル心理学修士課程前期修了。金沢大学教育学部元非常勤講師。日本プロカウンセリング協会認定1級心理カウンセラー。バイロン・ケイティのスクール卒業。
 現在は、面談と電話とスカイプによる心理カウンセリング(日本全国から受けられます)とスピリチュアル心理学セミナーを行っている。



連絡先

お問合わせ・ご質問はお気軽にお電話でお知らせ下さい。遠距離の方もどうぞお気軽に。

電話1 076-225-7425 (毎日11時~22時)
電話2 0120-011-271 (フリーダイアル) 
お問合わせ・ご予約は全国より通話無料のこの番号をお使いください。
携帯・PHSからもかけられます。
 
 
住所 〒920-0964 石川県金沢市本多町2-18-12
  

心をデトックスする EMT

EMT とは

 EMT(イー・エム・ティー)とは Energy Management Technique(エネルギーを管理する技法)の略で、2013年に私が一般向けに開発した21世紀の健康法です。

 EMT は、アプライド・キネシオロジー(筋反射テスト)を用いて、心身に悪影響を与えている思考・感情・気を特定し、素早くリリースします。

直感によって自分の真実を知る

 キネシオロジーは直感を補佐するものだと私は位置づけています。つまり、直感によって自分の内部の真実を感じることができれば、キネシオロジーは実は必要ないのです。自分が自分自身を深く知るためには、五感でなく直感を発達させる必要があります。そうでないと、自分の深い感情や欲求を知ることは難しいからです。キネシオロジーを使うのには、直感が不完全な大部分の人の中に、直感を育くむという意味があります。

 ですから、私がキネシオロジーを指導するときには、必ず直感から浮かんで来るものに注意を払い、補佐的にキネシオロジーを使うようにと伝えます。

 直感が発達している人の場合には、キネシオロジーを用いなくても、直接心の中の事実を直覚できるので、様々なエネルギーの質の違いや何を必要としているのかという判断が、よりスムーズにできるようになります。

 EMT の究極の目的は、実践者が影響を受けている様々なエネルギーの出元や種類やニーズを自分で意識し、必要な対処をすることで、自分らしいパワフルな人生を生きられることです。

習得にかかる時間と費用

  基本的技術は、2回の個人レッスン(60分x2回=20000円)で習得できます。不定期で開催している EMT 講座(3時間、5000円以内)を受講されますと、1回の参加で修了できます。

電話やスカイプでも学べます

 これまで、電話やスカイプで日本各地の方々に習得して頂いてきました。もちろん、面談カウンセリングの時間内にも学んで頂けます。

 カウンセリングの予約をとられ、「EMTのレッスン希望」とおっしゃってください。

(2017年9月12日更新)

数のもつ波動(数秘術)その12

(このシリーズは、「その1」から順番にお読み頂くと分かりやすいです。)

 最終回の「その12」では、自分と相性のよい電話番号、住所、ペットの名前を選ぶ方法、そしてマスターナンバー(11・22・33)についてお話しいたします。  

電話番号、住所、座席番号の場合

 電話番号や住所、飛行機や新幹線の座席、などを選ぶとき、それらのもつ数の総計が自分の Life Path Number と相性が良いことを確認します。

 電話番号の場合、すべての桁を足して、合計数をまた一桁になるまで足します。

 私のフリーダイアル番号を例に挙げましょう。

 0120−011−271 の合計数を求めると・・・

 0+1+2+0+0+1+1+2+7+1=15

 1+5=

 このフリーダイアル番号の波動は「6」で、癒しの仕事にはとても良い数です。

 電話番号が自分の波動に合わない場合、番号を変えるしかありません。しかし、住所の場合にはいちいち引っ越さなくても大丈夫です。

 自宅(一戸建て)が「◯◯市◯◯町3丁目23番19号」にあったとしましょう。アパートやマンションの場合は後で取り上げます。この場合、3と23と19を一桁ずつ足して合計を求めます。

 3+2+3+1+9=18
 
 1+8=

  そうすると、ここは「9」の波動をもったお家だということになります。

 自分の Life Path Number が9と相性のよい数だと問題はないのですが、相性が悪い場合はどうすればいいのでしょうか。

 たとえば、あなたの Life Path Number が8で、自宅が9なら、住み心地が良くないはずです。

 8と相性のよい数の中から、こういう波動の自宅にしたいと思う性質を選んで決めます。

 仮に「愛と調和」の「2」の家にしたいとしましょう。そうすると、9に何を足せば2になるかを考えます。9に2を足せば11となり、1+1=2になりますね。 

 正確には18という総数に2を足して20にする訳です。

 玄関のドアの裏のどこかに2という数を貼付けるのです。すると、家の中は20(つまり2)の波動になり、「8の人」がくつろげる家になります。

 さて、複数の人が一緒に住んでいる家である場合、住所の波動をこのように変更するには注意が必要です。全員の了解を得ることと、全員にとってポジティブな変化にするよう努めることです。

 悪意をもって波動をいじると必ずしっぺ返しが自分に戻ってきますのでご注意ください。

 でも人間、いつも数を自分の好きなようにコントロールすることはできませんよね。拘り過ぎるのも良くありません。不安を和らげるために強迫的に相性を求めるなんてことにならないようにご注意くださいね!

 自分が書いていることを否定するようですが、私たちはみな全ての数と調和しようと思えばできます。

 ですから、選択の余地がなく、相性の悪い人や場所や日にちにせざるを得ない場合、どう向き合うかが大事だと私は思います。

 その場合、私がお勧めするのは、自分のもとへやってくる「苦手な数」を受け止めようと覚悟することです。そして、なぜ自分のところへそれがやって来たのかを考えるのです。その数とよりよい関係を結ぶにはどうしたらいいかを考えるわけです。

 私の最近あった出来事をお伝えしましょう。あるビジネスホテルに泊まったのですが、料金が手頃だったので予約をとったあとで、住所を調べたら私と相性の悪い数だったんです。

 私の Life Path Number は9なのですが、ホテルの住所は8でした。

 予約をキャンセルすることもできたのですが、8という私に足りない波動を頂きに行こうと覚悟したんです。8だと分かっていてそこへ泊まりに出かけました。

 ホテルを入るときに浮かんできたイメージは、私が「8」の神様にお辞儀をして、「これからあなたの管理するホテルにお邪魔します」と挨拶をしているものでした。

 そしたら、名前が違うので分からなかったんですが、私がよく好きで泊まっているワシントンホテル系列だと分かって嬉しかったのと、やはり8のデラックス感が見事で楽しめました。

 それで、何号室をくれるのかな、といつも通り興味津々で待っていると、5の部屋をくれるじゃないですか!

 5というのは私の9と相性がよく、しかも8ともニュートラルな数。8に敬意を払って泊まろうと決めたおかげか、8のホテルと9の私の両方にとって相性のよい部屋番号をゲットできました。そして5はワクワク楽しいエネルギーで、確かに楽しい時間を過ごせて、帰る時には本当にここに泊まって良かったあと思いました。

 ホテルの部屋番号がもしあなたの数と相性が悪ければ、ドアの内側に適切な数を貼付けて、相性の良い部屋番号に波動的に変えてしまってください。ただし、帰るときに元通りにできること。

 10Aとか13Dなど、数と文字が混じっているとき、文字もちゃんと数扱いして総数を考慮します。

 10Aは2(1+0+1)と同じ、13Dは8(1+3+4)と同じです。 

 これは電車や飛行機や映画館の座席に当てはまります。

 さて、アパートやマンションの場合、732号室などの部屋番号が自宅の波動になります。732号室なら7+3+2=12、1+2=3で「3」の波動をもった、社交的で楽しいホームです。

ペットの名前はオーナーの「数秘術プロファイル」と相性が良い数にする

 1995年3月20日生まれの「金沢太郎さん」という方がいたとします。

 彼の「プロファイル」は 2462/5 です。

 金沢さんは、最近飼うことになった犬に数秘術を使って自分といちばん仲良しになれる名前を付けようと思います。

 犬の候補名は次の5つです。

 ① ラッキー、② コロ、③ ジョン、④ ゴン太、⑤ サニー

 犬の生年月日が分かっていれば用いますが、この場合にはドッグシェルターからもらってきた犬なので生年月日が不明だという想定です。

 それぞれの名前の母音数、子音数、合計を算出します。

 ① ラッキー(LUCKY)

 母音:U Y = 3+7 = 10、1+0=


 子音:L C K = 3+3+2 =

 母音+子音: 10+8=18、1+8=

  「ラッキー」がもつ数は「1・8・9」と出ました。

 ここからは計算過程を省略して結果だけを書きます。

 ② コロ(KORO)=「3・2・5」

 ③ ジョン(JOHN)=「6・5・2」

 ④ ゴン太(GONTA)=「7・5・3」

 ⑤ サニー(SUNNY)=「1・2・3」

 次に金沢太郎さんの「プロファイル」 2462/5 のうち、名前由来の3つの数(最初の246)と5候補との相性を調べます。


      ①
    2 X
    4
X X
    6 X

 一番いいのは① ラッキーと⑤ サニーでした。④ ゴン太は絶対やめておきましょう! 金沢さんの Life Path Number が2ですから、2と相性の悪い5と7を両方もつゴン太という名前は良くありません。

 さて、「ラッキー「1・8・9」」と「サニー「1・2・3」」を比較すると、「ラッキー」は金沢さんと共通な数がひとつもないのに対して、サニーは「2」を共有しています。「2」は金沢さんの最も大事な数である Life Path Number と同じ。私なら「サニー」にします。

 複数の人が飼う動物の場合には、関係者すべてと調和する数になるよう命名してあげてください。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

マスターナンバー(11・22・33)について 

 11とその倍数(22・33・44など)は数秘術で特殊な数として扱います。

 黒柳徹子さんの「数秘術プロファイル」は以下の通りです。

黒柳徹子 7189/8

 このように、「数秘術プロファイル」は六つの数でできていますが、それらの多くが二桁の数を一桁に還元したものでした。元の数も( )の中に表すと次のようになります。

黒柳徹子 7(34)1(37/10)8(71)9(9)6(33/8(17)

 そうすると、黒柳さんの Life Path Number である6は、元々33というマスターナンバーなわけです。

 もうひとり、博多華丸さんの「プロファイル」を( )つきで表してみましょう。

博多華丸 9(9)2(38/11)2(47/11)8(8)2(29/11/3(12)

 華丸さんはマスターナンバーの11を3つももっています!

 Life Path Number は29→11→2と還元され、Personality Number は38→11→2、Power Name Number は47→11→2とそれぞれ還元されます。このように算出過程で出てくるマスターナンバーも認めます。

 マスターナンバーは強い波動であり、公のために身を捧げる使命を霊界を去るときに誓った魂だと私は解釈しています。

 マスターナンバーをもつ者はぐうたらしていられないと言われます。果たさなくてはならない役割があるわけです。

 マスターナンバーが Life Path Number として表れるとき最も重要であり、その他の5つの数に表れるときは二次的重要性を示します。

 「11」の倍数はすべてマスターナンバーですが、最も頻繁に現れる三つについて、ご説明します。

11 「1」が意味する「意志」「独立」「勝利」などが特別強く、不屈の精神をもって「2」が意味する「愛」や「調和」に貢献します。

22 「2」が意味する「愛」「調和」への指向が特別強く、それを「4」が意味する「形」に構築します。

33 「3」が意味する「自己表現」「コミュニケーション」の特別な才能に恵まれ、それを「6」が意味する「慈愛」「滋養」として大衆に与える使命をもちます。

 多くの人たちに「自己表現」と「コミュニケーション」を通して、人の心に滋養と慈愛を与える使命である33というマスターナンバーは、多くの芸能人や有名人に見られます。以下に例を挙げましょう。

33を Life Path Number としてもつ有名人

 池畑慎之介、石原さとみ、市川海老蔵、太田光代、小木博明、倉科カナ、黒柳徹子、小泉孝太郎、河本準一、ダレノガレ明美、豊田エリー、能年玲奈、東尾理子、杏、福山雅治、藤本美貴、堀北真希、山口百恵、メリル・ストリープ

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 数秘術シリーズ第一弾はこれで完結です。

 すべてお読みくださった方、ありがとうございました!

 皆様の愛と調和の生活に少しでも寄与できたとすれば嬉しい限りです。

数のもつ波動(数秘術)その11

(このシリーズは、「その1」から順番にお読み頂くと分かりやすいです。)

 今回は「その10」に引き続き、大事な日を選ぶときに数秘術を使うというお話です。

イベントに相応しい波動を意識的に選ぼう

 当事者の Life Path Numbers にとって相性が良い日を選ぶことが一番大事ですが、二番目に大事なのは、そのイベントの主旨と合ったエネルギーをもった日かどうかということです。

 9つの数と、それぞれに相応しいイベントをいくつか挙げてみましょう。

 「1」は「勝利」「成功」「独立」「意志の強さ」などを表します。ですから、個人優勝とか、独立起業とか、会社でのプロジェクト成功祝賀会などにはもってこいですが、ふたりが結ばれる結婚式では「ひとりひとりが自立すること」が強調され過ぎてしまうのでお勧めできません。「2」「4」「6」などの偶数のほうが「ふたりで一緒にやっていく」という精神を表します。


 「2」は「愛」「調和」「協力」「優しさ」などを表し、結婚式、披露宴、結納、会社合併の祝賀会など、2つの力が融和することを祈る場に選びたいエネルギーです。

 「3」は「コミュニケーション」「自己表現」などを促す軽やかで楽しいエネルギーなので、親しい友達同士でするお鍋パーティー、率直な意見を発表し合って欲しいようなパネルディスカッション、ピアノ・バレー・お花・お習字などあらゆる発表会などに適しています。

 「4」は「鍛錬」「安定」「実直」などを表し、派手さがなく真面目で信頼できるエネルギーです。「固く結ばれて関係が安定する」という意味も持ちますので、たとえば2が使えない「7の人」同士の結婚式には4の日を選ぶとよいでしょう。「4」を「死」との連想で忌み嫌う習慣が東アジアにはございます。4日を避けたいならば、4は表に出ず、足せば4になる日を選べば問題解消です。ただし、前回お話ししたように13は避けましょう。

 「5」は「冒険」「興奮」「自由」などを表し、ハイテンションが相応しい場には最適です。大学の落研サークルの発表会とか、ロックコンサートとか、新型スポーツカーの発売日などです。逆に厳粛にして欲しい日に5を持ち込みますと、問題が発生するかもしれません。5には落ち着きはありませんので!

 「6」は「滋養」「父親的愛」「母親的愛」などを表し、じんわりと温かい「思いやりの豊かなエネルギー」ですので、家族旅行、親の喜寿祝い、介護ホームのオープン日などに最適です。結婚関連にもたいへん良い波動です。2は二人の間のラブという感じですが、6は「一緒に温かい家庭を作っていこうね」という波動です。「家族になろうよ」という歌も、歌っている福山雅治さん(5516/8も6の波動を強く体現していらっしゃいます。

 「7」は「哲学」「霊性」「神秘」などを表し、信仰的行事や、神前結婚、巡礼への出発日などに最適です。精神的な静寂と深みを表しますので、お金と権力とは相性が良くない波動です。お金と権力も不可欠なものですが、それは8にお任せしましょう。 
 
 「8」は「経済力」「政治権力」「上流階級」などを表し、王侯貴族を招いての国際パーティーや高級ブランドの発表会、トップ企業の新規プロジェクトのプレゼンなど、豪華絢爛な見せ場を作りたいとき、経済力と社会的影響力の強さを提示したいときには是非とも入れておきたいエネルギーです。

 「9」は「英知」「博愛」「人道主義」などを表し、家族や民族の垣根を超えた人間愛を表しますので、あらゆる人に開かれた行事、人道的な意味の深いイベントには最適です。9はすべての数を含むと言われる最後の数で、多種多様な人たちを歓迎したいイベントには特に重要でしょう。また、結婚するお二人が、人道支援などで共にお仕事をされていくパートナーである場合などは、結婚式に9の波動を選ぶのも良いアイディアだと思います。

数のもつ波動(数秘術)その10

(このシリーズは、「その1」から順番にお読み頂くと分かりやすいです。)

 「その10」と「その11」は、大事な日を選ぶときに数秘術を使うというお話です。

大事な日には相手と自分の双方にとって調和する波動をもった日を選ぶ

 結婚式やお祝いの会を計画するとき、もし日にちを選べる自由があるのであれば、主要関係者にとってできるだけ調和する波動の日にしたいものです。

 この場合に第一に考慮するのは、関係者の Life Path Number と、日程の「数(波動)」との間の相性です。

Life Path Number と日程の相性を調べます

 日程を選ぶとは、人と人との相性を見極めるように、人と日との相性を見極める作業です。

 単純化して言えば、「5の人」は「1の日」「5の日」「7の日」と最も相性が良く(◎)、「3の日」「9の日」とも良い(◯)。「8の日」とはケースバイケースで(△)、「2の日」「4の日」「6の日」とは悪い(X)ということです。数と数との相性は「その8」でお話しした通りです。

 そうすると、「5の人」(Life Path Number が5の人)が何か大事な日を選びたいとき、「1日(ついたち)」「5日(いつか)」「7日(なのか)」を選び、「2日(ふつか)」「4日(よっか)」「6日(むいか)」を避ければいいかと聞かれれば、「はい、それで仕事の3分の1は終わります」とお答えします。

 各日は「日」「月日」「年月日」という3つの波動を併せ持っているので、3つの「数」をすべて見ることが大事です。

「その日」がもつ3つの波動を算出する

 生年月日から3つの「数」を割り出したように、イベントの日についても3つの「数」を考慮します。

 たとえば、2016年2月10日という日はどんな波動をもっているのか、数秘術で見てみましょう。

 マッキャンツ式だと、①「月+日」②「日」③「年+月+日」という順序で並べます。

 ① 2+1+0=3
 ② 1+0=1
 ③ 2+0+1+6+2+1+0=12→1+2=3

 この日のもつ数は「3・1・3」です。

 この日が「5の人」にとって相性の良い日かとうかは、この3つの「数」と5の相性を調べれば分かります。

 3 と 5 = ◯
 1 と 5 = ◎
 3 と 5 = ◯

 2016年2月10日は Life Path Number 5 の人にとって相性の極めて良い日です。3つの数すべてが5と相性が良いだけでなく、3つの数どうしが相性がよいので、その日自体が混乱せずすっきりした波動になるはずです。

 一日ずれて2月11日になるだけで、日の数が「4・2・4」となり、「5の人」には最低の日となってしまいます。

 4 と 5 = X
 2 と 5 = X
 4 と 5 = X

二人にとって相性の良い日を選びたいとき

 Life Path Number が異なる2人にとって共に相性の良い日を選びたいときには、2人の数のいずれとも相性のよい数をできるだけ増やすようにします。

 たとえば、「2の人」と「6の人」が共にお祝いをするようなとき、2と6との両方と相性の良い数を調べます。

 消去法で行きますと、2と相性の悪い5と7をまず除きます。次に6と相性の悪い1、5、7を除きます。すると、残ったのは2、3、4、6、8、9です。

 2 = 2と◎、6と◯
 3 = 2と◯、6と◎
 4 = 2と◎、6と◯
 6 = 2と◯、6と◎
 8 = 2と◎、6と◯
 9 = 2と◯、6と◎

 このようになり、両者共に◎になる数はこの場合見当たりませんが、逆に言うと、九つの数のうち六つがすべて等しく相性がいいのですから、日は選びやすいですね。

 イベントの時期が決まったら、候補日すべてについて「3つの数」を調べます。1・5・7がどこにもない日を選ぶことさえできれば、2人にとって最高の日になることでしょう。

すべての人にとって避けた方がよい日がある

 ここからさらに深い話になりますが、その日のもつ「3つの数」を算出するときに、一桁にする前に「13」「14」「16」「19」になる部分がひとつでもある日は避けるのがよいとされます。

 これらの4つの数は、過去のマイナスエネルギーを持ち込むという意味合いがあり、おめでたい日には是非とも避けたいものです。 

 たとえば、2016年2月2日を見てみましょう。

 ①「月+日」②「日」③「年+月+日」の順序で計算します。

 ① 2+2=4
 ② 2 
 ③ 2+0+1+6+2+2=13、1+3=4

 すると、この日の波動は「4・2・4」で、最後の4は「13」の二桁を足したものです。

 分かりやすく「4・2・4(13)」と書くことにします。

 このように、3つの数のどこかに「13」「14」「16」「19」が出てくる日は可能な限り避けることとされています。 

2016年は9年に一度の珍しい年です

 今年は2016年ですが、年号の4桁を足すと9になる年です。世界全体が9という波動を1年経験します。人道的活動が増え、いろいろな物事が最終局面に至る可能性があります。

 さて、年が9であるということは、日の「3つの数」のうち①と③が同じになることを意味します。

 ① は「月と日」を足した数です。③は「年と月と日」すべての合計です。ということは、今年は①に9を足せば③になるということになります。何に9を足しても元の数に戻るので、今年1年は①=③なのです。

 たとえば、2016年2月は「1・8・1」「2・9・2」「3・1・3」「4・2・4」「5・3・5」「6・4・6」「7・5・7」「8・6・8」「9・7・9」の9種類の日が順々に表れます。すべて ①=③になっていますね。9の年以外だと、3つの数はすべて違うので、今年は9年に1回訪れる、毎日ひとつの数が必ず増幅される珍しい年なのです。

 この9月はすごいですよ! 1日は「1・1・1」、2日は「2・2・2」という具合に、ひと月じゅう、毎日ひとつの波動を純粋に感じられるんです!9年に1度のめずらしい機会なので、意識的に味わってみてください。多分、自分に合う日はとことん合うし、合わない日はとことん合わないという月になるんじゃないかと思います。(笑)

 「2・2・2」と2が三つも揃う2016年9月2日、11日、20日、29日は、2との相性がよいカップルにとってはものすごく相性の素晴らしい日になります。何たって、2は愛を意味するんですから。

 でも、2との相性が悪い人もご心配なく。他にも結婚に相応しい数があります。神様は全ての人に公平に宇宙を作ってくれてあります。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 「その11」ではさらに、大事な日を選ぶとき、そのイベントに相応しい波動を意識的に選ぶ方法についてお話しします。

数のもつ波動(数秘術)その9

(このシリーズは、「その1」から順番にお読み頂くと分かりやすいです。)

 今回は、結婚するときに夫の姓をとるか妻の姓をとるかで2人の相性が変わり得るというお話です。

苗字が変わると2人の相性も変わります

 「数秘術プロファイル」の下3桁は生年月日から取りますので一生変わりません。しかし、上3桁は名前を変えれば変わってしまいます。

 結婚して名前が変わると、自分のもつ波動が変わるということになります。ですから、彼氏・彼女として付き合っていたときには相性が抜群によくても、結婚して名前が変わると相性が悪くなる場合もあれば、逆に名前が変わることで相性がさらによくなる場合もあります。

 夫の名前をとることで相性がよくなった例として、澤穂希夫妻を取り上げましょう。

辻上裕章 & 澤穂希ご夫妻の場合

 まずお二人の結婚前の「プロファイル」です。

 辻上裕章 2244/3
 澤穂希  5956/6 

① 各ポジションの相性をまず調べます

 2 と 5 = X
 2 と 9 = ◯
 4 と 5 = X
 4 と 6 = ◯
 8 と 4 = ◎
 3 と 6 = ◎
 
 ◎が2つ、◯が2つある、かなり相性がよい感じを受けます。ただ、Xが2つあるので、多少のすれ違いやいざこざが時々あることでしょうが、話し合いで解決できない範囲ではありません。

② Life Path Number(天命の数)を特に調べます

 Life Path Number は4と8で最高の相性です。

③ 5つの主要数の中で共通する数を見つける

 お二人が共通してもっているのは4です。共通数は1つだけなので夫婦としては少ない方です。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 次に、 澤さんが辻上さんの姓に変えるとどうなるか見てみましょう。

 辻上裕章 2244/3
 辻上穂希 2446/6 

① 各ポジションの相性をまず調べます

 2 と 2 = ◎
 2 と 4 = ◎
 4 と 4 = ◎
 4 と 6 = ◯
 8 と 4 = ◎
 3 と 6 = ◎
 
 Xが1つもない完璧な相性となりました。

② Life Path Number(天命の数)を特に調べます

 Life Path Number は4と8で最高の相性のままです。

③ 5つの主要数の中で共通する数を見つける

 共通数は2、4、4の3つとなり、完璧なソウルメートの条件を満たしています。

選手から指導者へ

 姓が澤から辻上に変わることで、ご夫婦の相性が抜群によくなっただけでなく、穂希さんの天命である4が強化され(4が3倍になります)、夫の4とも共鳴して、ともに指導者として活躍されるだろうと推測します。

 4という数字は、「教師」という別名で呼ぶ人もいるぐらいで、コーチや監督に適した数なので、きっとお二人が力を合わせてサッカー界に大きな貢献をなさることでしょう。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 次に、 グリニス・マッキャンツ氏の著書から、結婚後に夫の姓を加えたことで仲が悪くなった夫婦の例をお話ししましょう。

苗字を変えてから仲が悪くなったパメラとトミー

 パメラ・アンダーソンとトミー・リーの結婚前の「プロファイル」は以下の通りです。

 パメラ・アンダーソン 1231/8
 トミー・リー     5493/4

① 各ポジションの相性をまず調べます

 1 と 5 = ◎
 2 と 4 = ◎
 3 と 9 = ◎
 1 と 3 = ◯
 4 と 4 = ◎
 8 と 4 = ◎
 
 Xが1つもない完璧な相性です。

② Life Path Number(天命の数)を特に調べます

 Life Path Number は二人とも4で最高の相性です。

③ 5つの主要数の中で共通する数を見つける

 共通数は3、4の2つとなり、まずまずの相性です。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 さて、パメラは結婚後、多くのアメリカ人がやるように、旧姓の後に夫の姓を付け加えて、「パメラ・アンダーソン・リー」となりました。

 すると、二人の「プロファイル」は次のように変わりました。

 パメラ・アンダーソン・リー 2571/8
 トミー・リー        5493/4

① 各ポジションの相性を調べましょう

 2 と 5 = X
 5 と 4 = X
 7 と 9 = X
 1 と 3 = ◯
 4 と 4 = ◎
 8 と 4 = ◎
 
 Xが3つに増えてしまいました! この二人は結局いざこざが絶えなくなり離婚しました。ところが、離婚後パメラが旧姓に戻ると、またお互いを求め始めたそうです。

 でも、今度は名前を絶対に変えないつもりです。なぜなら、名前を変えたことが悪影響を及ぼしたことをマッキャンツ氏から聞いて理解したからです。

 名前を変える際には、相手との相性の変化がプラスになることを確認しましょう!

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 次回は、大事な日にちを決めるとき、数秘術を使おうというお話です!
 

数のもつ波動(数秘術)その8

(このシリーズは、「その1」から順番にお読み頂くと分かりやすいです。)

 今回は、「数秘術プロファイル」をもとに、人と人との相性を見る方法をご説明します。

数と数との間には「相性」がある

 9つの数は、それぞれ性質が異なるため、お互いに相性の良いものと悪いものがあります。相性が最も良い組み合わせは、3の倍数(3・6・9)同士、2の乗数(2・4・8)同士、その他の素数(1・5・7)同士です。下のチャートでは◎になっています。

数の相性チャート(1)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
1 X X
2
X X
3 X X X
4 X X X X
5 X X X
6 X X X
7 X X X X X
8 X X X
9 X X X

 ◎=Natural Match 話さなくても分かり合えるほど相性がよい
 ◯=Compatible 少し話せば分かり合えるほど相性がよい
 △=Neutral 相性は個人差があり、いい場合と悪い場合がある
 X=Challenge (Toxic) ぶつかり合って、分かり合うのが困難

数の相性チャート(2)

 1番のチャートが読みづらい方のために、同じデータを違う書き方でお伝えします。1番で十分な方は飛ばしてください。

 「1」との相性
  ◎・・・1、5、7
  ◯・・・2、3、9
  △・・・8
  X・・・4、6

 「2」との相性
  ◎・・・2、4、8
  ◯・・・1、3、6、9
  X・・・5、7

 「3」との相性
  ◎・・・3、6、9
  ◯・・・1、2、5
  X・・・4、7、8

 「4」との相性
  ◎・・・2、4、8
  ◯・・・6、7
  X・・・1、3、5、9

 「5」との相性
  ◎・・・1、5、7
  ◯・・・3、9
  △・・・8
  X・・・2、4、6

 「6」との相性
  ◎・・・3、6、9
  ◯・・・2、4、8
  X・・・1、5、7

 「7」との相性
  ◎・・・1、5、7
  ◯・・・4
  X・・・2、3、6、8、9

 「8」との相性
  ◎・・・2、4、8
  ◯・・・6
  △・・・1、5
  X・・・3、7、9

 「9」との相性
  ◎・・・3、6、9
  ◯・・・1、2、5
  X・・・4、7、8

佐々木健介 & 北斗晶ご夫妻の場合

 おしどり夫婦として知られるお二人の相性は抜群です。

 佐々木健介 6524/3
 北斗晶   8544/2 

① 各ポジションの相性をまず調べます

 6 と 8 = ◯
 5 と 5 = ◎
 2 と 4 = ◎
 4 と 4 = ◎
 7 と 7 = ◎
 3 と 2 = ◯
 
 このご夫妻は、すべてのポジションの相性がよく、相性の悪い数が1つもありません。

 X は1つか2つあっても、多少の食い違いがある程度で、仲良くやって行けます。3つあると、関係の維持に常に努力が必要ですがやって行けないことはありません。6つのうち4つ以上 X があるときには、常に困難がつきまとうことになるので、そこまでして維持したい関係なのかどうか熟慮するようにとマッキャンツ氏は言います。

② Life Path Number(天命の数)を特に調べます

 お二人とも Life Path Number は7。お二人とも明るく賑やかな雰囲気をもっていますが、魂の望みは生きる意味を深く掘り当てることにあります。そのため、これを成就させるには、静寂と孤独がたっぷり必要です。

③ 5つの主要数の中で共通する数を見つける

 6番目の Attitude Number を除いた5つの主要数の中で、共通する数が3つ以上ある場合、「ソウルメート」だとマッキャンツ氏は定義しています。

 このお二人には、共通して4、5、7という数があります。自分がもっている5つの波動のうち、3つ以上が同じであれば、ソウルメートなのです。 

 ですから、佐々木さんと北斗さんは明らかにソウルメートですね。

田中裕二 & 山口もえご夫妻の場合

 「その7」でも登場していただいた田中裕二夫妻の相性を見てみましょう。

 田中裕二 6851/2
 山口もえ 7642/8 

① 各ポジションの相性をまず調べます

 6 と 7 = X
 8 と 6 = ◯
 5 と 4 = X
 1 と 2 = ◯
 5 と 5 = ◎
 2 と 8 = ◎
 
 ◎が2つ、◯が2つある、かなり相性がよい感じを受けます。ただ、Xが2つあるので、多少のすれ違いやいざこざが時々あることでしょうが、話し合いで解決できない範囲ではありません。

② Life Path Number(天命の数)を特に調べます

 お二人とも Life Path Number は5。目指しているものが同じです。また、コミュニケーションスタイルを示す Attitude Number も◎なのが大きいですね。もえさんが8で、裕二さんが2であるところから察するに、もえさんの方が強く出て、裕二さんが「はい」と聞く感じになることが多いのではないでしょうか。(笑)

③ 5つの主要数の中で共通する数を見つける

 お二人が共通してもっているのは5と6です。3つ以上共通数があるのが理想ですが、2つでもかなりの絆を感じるはずです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 相性の悪い例として、陣内智則と藤原紀香の元カップルを見てみましょう。

陣内智則 & 藤原紀香 元夫妻

 まずは、お二人の「プロファイル」です。

 陣内智則 1454/6
 藤原紀香 3141/7 

① 各ポジションの相性をまず調べます

 1 と 3 = ◯
 4 と 1 = X
 5 と 4 = X
 4 と 1 = 
X
 9 と 7 = 
X
 6 と 7 = 
X
 
 6つの組み合わせのうちXが5つもあり、とてもではありませんが、うまくやっていける相手とは言えません。無理です!

② Life Path Number(天命の数)を特に調べます

 Life Path Number は陣内さんが9で藤原さんが7。目指しているものがずれていて融和しづらい相手です。

③ 5つの主要数の中で共通する数を見つける

 1と4をお二人とももっていらっしゃるので、共通数が2つあります。よって、似た所がまったくない相手ではありませんが、離婚して正解だったと言わざるを得ません。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 次回は、結婚するときに夫の姓をとるか妻の姓をとるかによって相性が変わるというお話をいたします。

 

数のもつ波動(数秘術)その7

(このシリーズは、「その1」から順番にお読み頂くと分かりやすいです。)

 今回は、「数秘術プロファイル」の算出をマスターされた方に、その読み解き方をご説明いたします。

Life Path Number に表れるその人の天命

 生年月日の総数を一桁にした Life Path Number は、最も重要な数です。なぜなら、それはその人が今世で成就したいと思っていることを表しているからです。

 阿川佐和子さんのように Life Path Number が3の人は、自己表現をし、コミュニケーションを通して人を楽しませたり勇気づけたりするのが生き甲斐。3のエネルギーを生きることで、最も自分らしくいられ、かつ充実感を感じられるのです。

 さて、1から9までの数の意味は、それが Soul Number であれ、Life Path Number であれ、Attitude Number であれ変わりません。数秘術の良いところは、9通りの意味をいったん掴めば、だいたい何でも読めることです。

 もういちど、1から9の基本的意味をおさらいしてみましょう。 

 1・・・「勝利」「独立」「意志」
 2・・・「優しさ」「調和」
 3・・・「自己表現」「コミュニケーション」
 4・・・「自己鍛錬」「安定」「構築」
 5・・・「冒険」「自由」「変化」
 6・・・「滋養」「父親」「母親」
 7・・・「哲学」「神秘」「霊性」
 8・・・「お金」「政治力」
 9・・・「英知」「人道主義」 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 ここからは、具体的に有名人の「数秘術プロファイル」をご一緒に読み解いて参りましょう。

久本雅美 6639/7

 久本さんも阿川さんと同じく、自己表現とコミュニケーションによって人を楽しませたり勇気づけたりする Life Path Number 3をもっています。

 プロファイルの中に同じ数が2つ以上あると、そのエネルギーが強化されます。久本さんは3という数をふたつもっていますので、自己表現とコミュニケーションがとても強い人だと分かります。

 それに加えて滋養的な6をふたつもっています。これは、人を育てたり可愛がったり世話を焼いたりする姉御肌的なもの、母親的なものがとても強いことを表しています。女性の場合6は母親の数、男性の場合は父親の数と呼ばれます。6をもつ人は、自分の子どもを可愛がるか、自分の子どもがいない場合には後輩や生徒やペットなどと可愛がることで滋養的な欲求を満たすことが大事です。

 久本さんのコミュニケーションスタイルが7というのは、不思議で外から見てよく分からない部分があることを示しています。3は愛嬌があって軽くて面白いのですが、7は人と混じりたくない、ひとりぼっちで自然の中にいて、人生を深く考えてみたいようなエネルギーなので、久本さんの中でちょっと葛藤があるかもしれません。

 久本さんがシリアスなテレビドラマで演技されていたのを見ましたが、じ〜んと来るような深い心理描写をされていて感銘を受けました。あれはあまり人に見せない7の部分かと思います。とても深い部分をもった方ですね。

 9は英知と人道主義のエネルギーです。これもおもちですね。

近藤真彦 2811/8 

 うわあ! 1がみっつもある!

 Life Path Number が1のマッチは、とにかく勝つこと、想い通りの人生を謳歌し、成功し、「勝利」を手にするのが天命です。1が多い人は勝ち気。「ナンバーワン」にならずにはいられない、そんなエネルギーが1なのです。

 それから8もふたつあります。8はお金と権力の数。芸能界でトップに君臨し、名声と財産を手に入れる運命です。

 でも内面の奥には2という「優しさ」と「調和」を望む気持ちもある。やんちゃで可愛らしい部分があって、それがまた魅力になっています。

 2をもつ人は男でも女でも、ソフトで優しくて繊細、守ってあげたくなるようなデリケートなものをもっています。 

田中裕二(爆笑問題) 6851/2 

 田中さんの Life Path Number は5。これは、常に自由と変化を求めて冒険することが天命の方です。5をふたつももっているので、その影響が強化されます。

 奥様の山口もえさんも 7642/8 と同じく Life Path Number が5で、相性がとてもいいです。 

 田中さんは「父親」である6という数ももっています。山口もえさんのお子さんを自分の子として育てようと思える、そういう慈愛的な部分が6に表れています。おふたりとも6をもっているので、良いパパ・ママのコンビですね。

 田中さんの他の数をみると、1・2・8をもっています。1は頑張り屋、2は優しくて調和的、そして8はお金と権力を手に入れる運を示し、実際そうなっていますね。 

妻夫木聡 5514/7

 妻夫木さんの Life Path Number は7。これは、とてもスピリチュアルな数で、孤独の中で意識を深めて行くような哲学的作業、あるいは精神的修養というものが天命です。

 7をもつ人は、表面的などんちゃん騒ぎとかブランド品を買い漁るといった物質的な享楽から離れて、宇宙や大自然や信仰の世界に答えを求めなくては生き甲斐が感じられません。

 7をふたつもつ妻夫木さんは、そういった内面の深さが魅力の1つです。

 また5をふたつもってもいるので、変化や刺激を求める冒険心も強い。エキサイティングな面もある。

 1の頑張り屋なところと、4の実直なところも兼ね備えている、そんな人です。

 7を多くもつ人は、ミステリアスで孤高な感じがします。

 香椎由宇 7977/9 
 吉田喜重 9777/9 
 木村拓哉 8874
 伊藤蘭 7644
 藤原紀香 3141
 江原啓之 7754/7 
 中島みゆき 6745
 内村航平 9773
 鈴木おさむ 7757/2
 草彅剛 5739

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 「その8」では、人と人との相性についてお話しいたします。
 
アクセスカウンター

    アクセスして頂いたページ数(PV)です。

    QRコード
    QRコード