マリガンはこちら→翡翠ローグ ガイド(マリガン)

【リスト】

2017年3月19日現在
image
image
image

【順位】3月19日夜頃
 image

【全体解説】


翡翠デッキの強みである対コントロール性能を生かしつつ、バクスタ腹裂き冷血調剤師アルガスを入れることでアグロとも戦えるようにしている。

序盤に寄せているため手札の消費が激しいが、カルトの教祖をいれることでその欠点をカバーしている。

このデッキの主な勝ちかたは次の2つ
①翡翠を育てて巨大なゴーレムを作る(従来の翡翠ローグと同じ)
②テンポを取ってボードを支配し勝つ(テンポローグ的要素)

現在のラダーはアグロが多いため②で勝つことが多いが、①で勝つことも十分可能なリストとなっている

相手に合わせたプレイが求められるため少し難しく感じるかもしれない


【個別カード解説】

(そもそも使ったことない人もいると思うのでおおまかなイメージを掴んでもらえれば)

死角からの一刺し
・死角からの一刺し
強い
コンボの起点になる

怪盗紳士
・怪盗紳士
強い
コンボの起点になる

パッチ―ズ
・海賊パッチーズ
強い

手札に来た時は①相手のミニオン処理②コンボの起点③カルトの教祖でドローのどれかに使えばよく、素出しはまずしない

hearth stone
・超うざい調剤師
4点回復できるのでアグロ(特に海賊ウォリ)に強い
このデッキだと調剤師ラプターや調剤師アルガスといった嫌がらせのようなムーブもできる

甲板員と違ってパッチーズに一方取られないのも強い 

ミッド~コントロールには邪魔になることがある
コンボの起点になる

冷血
・冷血
実質1コス腹裂き(このデッキでは)
基本ボード処理にしか使わない 、強い

ミラクルローグみたいな、雑につけて顔殴るプレイは基本しない(腹裂き顔面に飛ばさないのと同じ)
どちらかといえばZooの凄まじき力(PO)に近い?

地の底の探索
・地の底の探索
アヤを発見するという効果
たまに変なのを発見させられてしまうこともあるが基本はアヤ

コストが1に見えるが正しくは7なのでマリガンでキープしない
もし早くに手札にきてしまったときはどうしても暇なときにだけ打つ
間違っても他にやることがあるのに打たないようにしよう(テンポ大事)

クラスカードの発見率が高いため挑発はほぼ発見できないと思うこと(特に対海賊)

先発見と後発見の場合があるので順番のプレミに注意しよう
よく選ぶカードのコストは6、4、3、2コス 

コンボの起点になる

翡翠の鎌刀
・翡翠の鎌刀
とても弱いカード、仕方なく入れている
2ターン目だとヒロパの方が強い場面多い

他のカードと組合せてやっと普通ぐらいの評価(つまり弱い)

できればキープしたくない

隠れ身は基本的に温存する
顔に1ダメージ与えても勝敗には影響しにくい
影響する場面では勿論殴ること

翡翠の手裏剣
・翡翠の手裏剣
2コスの翡翠の偶像
2ダメはおまけなので雑に使う(顔に打ってもいい)

強くはないが鎌刀に比べれば即効性がある点でかなりマシである
精霊と比べるとコストが軽いのがいい

デッキが軽いため意外とコンボしやすい

腹裂き
・腹裂き
強い

SI7
・SI7:諜報員
強い

素出しもよくする(テンポ大事)

本当は2枚にしたいが枠がない
もしアグロ意識で2枚にしたいならカルトを抜く

掘り起こされたラプター

・掘り起こされたラプター
3/3/4バニラ、強い
まれに効果発動するけどやっぱりバニラ

スタッツがとても強いから3ターン目ポンと出す
出さずに温存する択を考えるのはレノメイジくらい(ラダーに存在しないのも含めればウォリコンなども)

できればキープしたい

エドウィン
・エドウィン・ヴァンクリーフ
強い

ミラクルローグほど育たないため3/6/6ぐらいで出すのが一番多い
3/4/4でもそこそこ強い
たまーに3/2/2で出すこともある(テンポ大事)

アルガス
・アルガスの守護者
アグロキラー、強い

鎌刀や精霊といった小型が並びやすく放置されるためそれらに挑発をかける
カード自体は重いからキープしない(Zooと同じ?)

対コントロールはあまり仕事がない
全体除去に多少耐性を付けるぐらい

翡翠の精霊
・翡翠の精霊
とても弱いカード。仕方なく入れている
他のカードと組合せてやっと普通ぐらいの評価(つまり弱い)

できればキープしたくない

カルトの教祖
・カルトの教祖
実質4コスのショニア

ショニアは手札に呪文を貯めて大量ドローするが、カルトの場合は場にミニオンを貯めて大量ドローする
鎌刀ととても相性が良く、放置された小型のゴーレムも有効活用できる

2~3枚ドローできればOK、1枚でも悪くない
味方に手裏剣投げてドローすることもたまにある

カード自体は重いからキープしない

対ミッド~コントロールで強い、対アグロは弱い

アグロを特に意識するなら一枚をSIにかえる

シャドーキャスター
・シャドーキャスター
基本的には翡翠を増やす
場合によってはアルガスや調剤師増やして生存を図ったり、怪盗紳士増やして手札を補充したりする

相手に合わせて柔軟に動きたい

少し癖はあるが強い、アグロ~コントロールまで幅広く活躍する

アヤ・ブラックポー
・アヤ・ブラックポー
Dr.6、とても強い

6ターン目何も考えず出した方が良い場合がほとんど
シャドーキャスターやラプターが手札にあるからといって欲張らないこと

理論上、1試合で最高5回アヤを出せるのが翡翠ローグの強み

マリガンはこちら翡翠ローグ ガイド(マリガン)