デッキ解説はこちら→翡翠ローグ ガイド(デッキ解説)

【マリガン】

・対ウォリアー  
ウォリアー33%  
想定:海賊 
相性:五分?
翡翠は基本キープしない
<先攻> 
キープ:バクスタ、調剤師、怪盗紳士、
ほぼキープ:腹裂き(残していいと思うが怪しい)
状況に応じて: ラプター(1コスあれば)
手札が良ければ:いろいろ(例:バクスタ+SI:7)
 
<後攻> 
キープ:バクスタ、調剤師、怪盗紳士、SI:7
ほぼキープ:腹裂き(怪しい)、エドウィン(怪しい)
状況に応じて:ラプター(1コスあれば)
手札が良ければ:いろいろ

メモ:対海賊は序盤の猛攻を凌ぎきれるかどうかで勝敗が決まる
そのため、テンポロスする翡翠は返し軽いカードを探しにいく 

序盤さえ凌ぎきればアルガスで蓋して勝ち

冷血を上手く利用してダメージレースに勝つ選択を取ることもたまにある 

・対シャーマン 
シャーマンmini 
想定:アグロ、ミッド(というよりトログゴーレムの最強ムーブ)
相性:?
翡翠は基本キープしない※posesiさんはキープするらしいです
<先攻> 
キープ:バクスタ、怪盗紳士
ほぼキープ:調剤師(怪盗紳士なければ) 
状況に応じて: ラプター(1コスあれば)
手札が良ければ:いろいろ
 
<後攻> 
キープ:バクスタ、怪盗紳士、SI:7、エドウィン 
ほぼキープ:調剤師(怪盗紳士なければ) 
状況に応じて: ラプター(1コスあれば)
手札が良ければ:いろいろ

メモ:翡翠ミッドシャーマンよりローグの方が翡翠の成長早いので、マリガンで返しても問題ないと思う
数は減ったがアグロにも対応できるようにしたほうが勝率上がる気がする

退化があるためあまり鎌刀を温存せずさっさと割った方がいいことが多い
一方で、全体除去に強くするために隠れたままの方がいいことも多い
判断が結構難しいので、慣れないうちはさっさと割る方がいいかも


・対ローグ  
ローグ33%  
想定:アグロローグ、ミラクル 
相性:アグロローグは五分~やや有利?、ミラクルは不利
翡翠は一部キープ
<先攻> 
キープ:バクスタ、怪盗紳士、鎌刀、手裏剣
ほぼキープ:調剤師(怪盗紳士なければ) 
状況に応じて: ラプター(1コスor鎌刀あれば)
手札が良ければ:いろいろ
 
<後攻> 
キープ:バクスタ、怪盗紳士、鎌刀、手裏剣、SI:7、エドウィン 
ほぼキープ:調剤師(怪盗紳士なければ) 
状況に応じて: ラプター(1コスor鎌刀あれば)
手札が良ければ:いろいろ

メモ:ローグのミニオンは体力がそんなに高くなく、手裏剣や鎌刀でトレードしやすいためキープでいいように思う
ただ、精霊だけは容易に除去られやすくテンポロスが激しいため残さない

アグロローグの場合、相手のリストにもよるが先に相手が息切れする場合が多い
そのため、序盤中盤凌ぎきれれば勝てるはず

ミラクルの場合、相手がショニア引けなくて事故ることを祈る、冷血隠蔽されたら負け


・対プリースト  
プリースト33% 
想定:ドラゴン 
相性:?
翡翠は基本キープしない
<先攻> 
キープ:バクスタ、怪盗紳士
ほぼキープ:調剤師(怪盗紳士なければ) 
状況に応じて: ラプター(1コスあれば)
手札が良ければ:いろいろ

<後攻> 
キープ:バクスタ、怪盗紳士、SI:7、エドウィン 
ほぼキープ:調剤師(怪盗紳士なければ) 
状況に応じて: ラプター(1コスあれば)
手札が良ければ:いろいろ

メモ:テンポを取った方が有利トレードできてかつハンド消費も抑えられるためテンポ第一に考える
テンポ取ることでカルトで大量ドローすることも可能になる
翡翠育てるのは後回しにする

プリーストは攻撃4が倒せない(カルト、シャドーキャスター)
 
・対ドルイド  
ドルイド33%  
想定:翡翠 
相性:有利?
翡翠は全部キープ(全力で探す)
<先攻> 
キープ:怪盗紳士、鎌刀、手裏剣、精霊、アヤ
状況に応じて:ラプター(鎌刀あれば)
手札が良ければ:いろいろ

<後攻> 
キープ:怪盗紳士、鎌刀、手裏剣、エドウィン、精霊、アヤ
状況に応じて:ラプター(鎌刀あれば)
手札が良ければ:いろいろ

メモ:翡翠を先に育てた方が勝ちなため翡翠最優先で探す
こちらの方がアヤを出せる確率が高いのと、カルトでテンポを失わず手札を補充できる点で有利?

コイン繁茂開花など序盤からマナ加速されまくると少し厳しい 

・対ウォーロック  
ウォーロック33% 
想定:レノ (レジェ上位にZoo使ってる人はほぼいなかった)
相性:やや不利~五分?(posesiさんによれば微不利) Zooは不明
翡翠は全部キープ(全力で探す)
<先攻> 
キープ:怪盗紳士、鎌刀、手裏剣、精霊、アヤ
状況に応じて:ラプター(鎌刀あれば)
手札が良ければ:いろいろ

<後攻> 
キープ:怪盗紳士、鎌刀、手裏剣、エドウィン、精霊、アヤ
状況に応じて:ラプター(鎌刀あれば)
手札が良ければ:いろいろ

メモ:コントロールは翡翠育てれば勝てる
ただ、翡翠ドルイドと同じく巨人やドレイクを出されると厳しいため有利ではないと思う

対Zooはテンポを取った方が有利トレードできてかつハンド消費も抑えられるためテンポ第一に考える
もし相手がZooだと最初から分かっていたならマリガンはシャーマン・プリーストと同じマリガン
 
・対メイジ  
メイジ33%  
想定:レノ (レジェ上位にテンポ使ってる人はほぼいなかった)
相性:有利? テンポは不明
翡翠は全部キープ(全力で探す)
<先攻> 
キープ:怪盗紳士、鎌刀、手裏剣、精霊、アヤ
状況に応じて:ラプター(鎌刀あれば)
手札が良ければ:いろいろ

<後攻> 
キープ:怪盗紳士、鎌刀、手裏剣、エドウィン、精霊、アヤ
状況に応じて:ラプター(鎌刀あれば)
手札が良ければ:いろいろ

メモ:コントロールは翡翠育てれば勝てる

テンポは自分のライフに気をつけつつ翡翠を育てれば返せなくなって勝てる 
もし相手がテンポだと最初から分かっていたならマリガンはシャーマン・プリーストかローグあたり?

・対パラディン  
パラディン33%  
想定:???
ほぼ当たらないためわからず

・対ハンター 
ハンター33%jpg 
想定:??? 
ほぼ当たらないためわからず

デッキ解説はこちら→ 翡翠ローグ ガイド(デッキ解説)