Miyabiのカタック日記

みやびカタックダンスアカデミー主宰佐藤雅子のブログ。インド宮廷舞踊カタックダンスや観劇など、ダンスな日々を綴ります。

はじめてのカタック(水)20時10分&(土)14時〜 
はじめてのカタック超入門(日)11時〜 子供教室(2.3.4日曜)朝10時〜
ラジャスタンダンス(月)19時〜 ボリウッド(火)19時30分〜  生徒募集中♪
http://miyabi-kathak.com/academy/trial-lesson

7月は、2つのプログラムに出演させていただきました。

7月9日(日)は、南インド舞踊バラタナティヤムの山元先生とクチプディの渡辺先生が主催する「Natya Lahari vol.3」にて、2010年頃に新宿芸術家協会20周年記念公演にて発表した「マハーカーラー」を踊らせていただきました。新宿の経王寺の大黒天の歴史を、南インド古典舞踊バラタナティヤムと北インド古典舞踊カタックで表現した作品です。グル、ジャイキシャン・マハーラージ師より特別に作っていただいた楽曲を、山本先生と半年以上かけて創作いたしました。
IMG_0040
インドは広い。北と南、リズムも旋律も全く対極。インドでも、北インドのアーティストと南インドのアーティストによる創作ジュガルバンディは殆ど披露されないもの。(私が在印していた約10年の間、北インド舞踊と南インド舞踊のジュガルバンディを鑑賞したのは一回のみ)でもだからこそ面白い。


さてさて、グルジーから作っていただいた楽曲は
北インド古典舞踊の部分は通常より遅いスピードでとても踊りにくく
南インド古典舞踊の部分は通常より早いスピードで踊りにくい
というおまけつき。

さらに、7年も経つとすっかり振付を忘れていて、滅多に見ない過去ビデオを見ながらストーリーと動きを思い出し、、、そして蒼白。

わ…

若い!

そして…

よく動いている!

うぎゃ(今の年齢で踊れる自信が全くない)

山元先生におそるおそる聞いてみると、「私たち本当に頑張ったよ、あの時!!」と同意見。

…ということで頑張りました。
身体を戻すのに思いもかけず時間がかかりました。毎日のレッスンで筋肉に負荷を与えて基礎体力は万全だったつもりでしたが、あの頃とはまた違うものです。姿勢はよくなったし、腹筋もより使えるようになったし、身体もよく動くところはありますが、若さというか、大胆さというか、力強さというか‥‥( ;∀;)(涙)

ある種のダンスはある年齢を超えると、怪我、身体能力との闘い。この先もう2度と踊れなくなってしまうかもしれない、という思いがダンサーをより強く、深い表現へと誘うようです。

本番当日、天女のような神々しさの山元先生を隣に、密やかに舞わせていただきました。あの高みに華を添えることができたのだとしたらとても嬉しく思います。
Natya Lahari 3

美しい音楽を作ってくださったインドのグルジーにも感謝です







19748404_10155487898073535_7056248596737072431_n[1]出演者全員で♥








Natya Lahari2

アジャンター創業60周年記念公演ということで、観客席にはお美しいサリー姿のマダムが大勢いらっしゃいました。
MKDAの生徒さん達は浴衣姿で
有難う〜〜〜

wine折衷♪







インド舞踊三昧の日々が続いています。

5月はナマステインディアin 女川町に参加させていただきました。

東日本大震災後、インドよりレスキュー隊(国家災害対応部隊)46名が女川町に入って以来、女川町とインド大使館との交流が始まり、今年はGWに開催されました。
IMG_4285









女川駅からは徒歩5分ほどで、湾に出ます。
GWとあって大勢の方が訪れていました。

IMG_4286









人気の女川丼。早朝に獲れたての魚介類をさばくため、お昼時は1時間以上待ちです。


IMG_0365IMG_0384














みやびカタックダンスアカデミーはカタック古典より、タラーナー、純粋舞踊、ストゥッティーなどを披露させていただきました。

たくさんの拍手をいただきました。有難うございました。

IMG_4288
オリッシーのカージャールさん、ボリウッドの麗しきダンサーさんとミティラー画の前で。











6月10日はNPO AVA主催のドレミファダンスコンサート♪@東京体育館「世界のダンスコーナー」に出演させていただきました。インドのダンスを踊るグループは都内で数多くございますが、今回、MKDアカデミーを選んでいただきましたことに主催者様にたいへん深く感謝する次第です。

コンサート当日は秋篠宮紀子妃殿下、佳子内親王殿下が御成り、また、小池都知事がご来場され、コンサートをご覧くださいました。

39名で踊るカタック…はじめての試みでしたが、限られた練習時間内で全員が揃って踊れるように、楽曲選びや振付・フォーメーションに工夫を凝らしました。キッズ(6〜7歳)も途中から参舞。いきいきと踊ってくださいました

多くの障害者の方々や付き添いの方から手拍子をいただいたり、象のダンスのシーンでは一緒に踊られる方もいらっしゃって、とても楽しいひと時を過ごしました。

ダンスって楽しい…皆様に感じていただけていればとても嬉しいです。

IMG_4601IMG_4604







広かったです〜。踊り終わって皆さん笑顔。

a5fb7bbf401d371de8bff3f7c4d6f6fb




出演者全員での記念写真♪

初めてのインド・メイクもとても楽しい思い出です♪
IMG_4212 











IMG_4586














バリ舞踊のREIちゃんと〜♪
民族舞踊の衣装は華やか💓
 

先月、アカデミーのMARINAちゃんが、都内ライブハウスにてインド・イベントに参加されたのでご紹介いたします。
IMG_4626

 








IMG_4628










コルカタ総領事を務められている夛賀様、2016年ミスワールド日本代表の吉川プリヤンカさんも来場され、とても盛り上がったそう。

プリヤンカさんはボリウッド女優への夢を求めて、このイベント後にムンバイへ発たれたとか。

頑張ってください〜♪ 応援しています!!



昨日は新宿芸術家協会公演のお手伝いをさせていただきました。
公演は裏方さんあって成り立つものだと改めて認識させていただいた次第です。

本編では後ろから先生方の作品を拝見いたしました。
芸歴数十年の皆様の演技に万感の涙…。

特定非営利活動法人AVA主催・東京都障害者ダンス大会「ドレミファダンスコンサート」6月10日/東京体育館メインアリーナが近づいてまいりました。

ドレミファダンスコンサートは、NPO AVAによって2012年よりスタートし、今年で10回目。「10回目はワールドダンスを障害者の方々に楽しんでもらいたい」と、昨年にお話をいただきました。

純真無垢な観客の方々とふれあうことで、アカデミーの会員の皆様の心に何かしら軌跡を残していただけるかも、と思ったこと、個人的には、高校の時に他界した父が長らく闘病で病院を転々、障害者手帳を行政機関よりいただいていたそうで、父が天から持ってきたご縁なのかもしれない、など思い合わせ、快諾いたしました。

東京体育館…広いです!
IMG_4101








全体練習は代々木公園からスタート♪
IMG_4260








代々木のオリンピックセンターにて。色とりどりの衣装が華やか♪
IMG_4488IMG_4493








新宿村にて、一番広いスタジオ本番とほぼ同じ尺です。走りました〜〜♪
IMG_4562








総勢39名で踊るインド舞踊演舞の構成はカタックフュージョンで優雅に始まり、宮廷舞踊ミシュラパランで華麗に、ガネーシャのダンスで勇壮に、表情を変化させて踊ります。ラストはキッズが入り、ラジャスタン旋回も入ってとても華やかご覧いただきます皆様にインドの風を感じていただけるとてとも嬉しいです

ワールドダンスはインド舞踊のほか、フラダンス、バリ舞踊、男子新体操、カポイエラと、バラエティー豊かな組み合わせ。各大学のダンスチームによる演舞や、バレエ、和太鼓、バンド、ミュージカル、車椅子レクダンスなどお楽しみいただける内容です。

出演者の皆様には連日の練習お疲れ様です。今週細かいところを直して、当日は是非笑顔で、楽しんで踊られてくださいね

東京都障害者ダンス大会
NPO AVA主催 ドレミファダンスコンサート
@東京体育館メインアリーナ
6月10日(土)開場14時/開演13時
障害者・同伴者;入場無料/一般 チャリティ 2000円

13時から警視庁音楽隊の吹奏楽パレードが明治神宮前から出発します。
お誘い合わせの上、是非会場まで足をお運び下さいませ。
1494889412100





 

ようやく春めいてまいりました💓千鳥ヶ淵の桜もそろそろ見所。本年は薄ピンクから白色の淡い色が目立つように感じます。
IMG_4011








4月3日(月)、および4日(火)と2日間にわたって開催されましたインド大使館主催のカルチャー・プログラムにて、4月3日(月)に踊らせていただきました。数日前には予約でいっぱいだったそうで、友人は入場を断られたとのこと。皆様のインド文化への関心の高さが伺えます。

2日間にわたって開催されるカルチャー・プログラム、初日は、駐日インド国大使チノイ閣下による点灯式の後、インド古典舞踊、インド民俗舞踊、ヨガ、インド音楽等のパフォーマンスが行われました。

MKDアカデミーからは現在、千葉、銀座でカタックダンスレッスンのインストラクターをしていただいているJUNKOさんとYUMIさんに、古典楽曲よりチャラン、タート、アーマード、パランアーマードを披露いただきました。ビランビット速度という、たいへんゆっくりとした速度で踊るとても難しい楽曲ですが、日頃の練習の成果をムードたっぷりに踊ってくださいました。お二人ともインド大使館のヴィヴェカンナーダ劇場での演舞披露は初めてで、とても緊張されたそう。

私めは、シヴァ神とパールヴァティ妃を讃える楽曲、ビルジュー・マハーラージ師の「Ardhanārīśvara」、手持ち楽曲の中で多分最高速度の「Talana」by ジャイキシャン・マハーラージ師を踊らせていただきました。ご鑑賞いただきました皆様からたくさんの拍手をいただきました。有り難うございました。

時間の関係で演舞が終わった後、早めに引き上げたのですが、大使館のインドの方がカタックをとても気に入ってくださったようで、繰り返し何度もお褒めの言葉をいただきました。とても嬉しかったです。有り難うございました。

IMG_4014
演舞後はみなさん笑顔で💓







 




IMG_3998いつもお美しいオリッシーの安延先生&バラタナティヤムの小田切先生と♪
小田切先生とは昨年のチェンナイ公演以来の再会💓

 







IMG_4008スタジオオリッシーのインストラクターの皆さんと💓
麗しい〜〜(^ ^)

 





IMG_4012大使館よりお祝いのプレゼントをいただきました。とても美しい孔雀象が入っておりました。有り難うございます💓

スタジオのインド・コーナーに、新しい神様が増えました💓

クリシュナ、タージマハル、ガネーシャ、ミヤビちゃん人形、そして孔雀くん♪

KUJAKUNと呼ぼう♪

IMG_3992
こちらは千鳥ヶ淵ではなく上北沢。やはり都内の名所です。

26日に開催された「フラメンコmeets ブルーノート東京〜ミュージック・ジャーニー;インディア〜アラブ〜アンダルシア」、悠久の時の流れを感じさせる神秘のインド宮廷音楽から始まり、幻想的なアラブ音楽、魂を揺さぶるアンダルシアの音楽演奏の後、情熱的なフラメンコ、ダンサーの人生を表現するかのような情感豊かなベリーダンス、華やかで躍動的なカタックダンスが披露されました。

ダンスは全て生演奏。超豪華です!
日本では(もちろんスペインやトルコでも!)なかなか見ることのできない構成のステージで、私はもちろん生徒たちも大感動。感激のメールをたくさんいただきました。

各アーティストは、フラメンコ界の重鎮、小松原先生が選び抜かれたとのこと、小松原先生の眼力の高さと行動力、通常は相容れない海外の第1級アーティストの競演@日本という偉業に心より感謝する次第です。

カタックはジャイプール派のディーパク・アローラご夫婦。ジャイプール派は力強さとスピード感、高速回転が身上。決して広いとはいえないステージでのデュエットでしたが、楽しそうに飛び回りながら激しく踊られるご夫妻💓一糸乱れぬ超高速回転が見事でした。

音楽ももちろん見事で、ジョシ氏の艶やかなシタールの音色、ガンガーニー氏のクリアーなタブラ・サウンドが嬉しい。ヴォーカルのパリハール氏はパカワージを持参され、演奏に華を添えていました。

プログラム後半はディーパク氏のソロパートに加えて、フラメンコの日本人男性ダンサーとのジュガルバンディもあり、ラストのティーンタール・ドゥルットでの天真爛漫な鮮やかで軽やかなダンス表現が印象的でした。(ダンスをとても楽しまれていました!)

Image
←ご夫妻を描くとこんな感じ😊
真っ赤な衣装を着用されていましたが、手もとに青のボールペンしか無かったので💦
旋回の様子などは赤ペンを手に入れたら、またいつか描きます♪






気になる本公演は本日3月2日(木)夜6時半から
3月3日(金)昼2時〜、 夜7時〜
フラメンコへの道

フラメンコとベリーダンス、カタックが織りなす芸術性の高い作品を是非お楽しみくださいませ。
 

このページのトップヘ