11月4日(日)、16日(金)、18日(日)にシルバーシティ駒込Mumbai+The tea House、Asian India Festival 台湾にて踊らせていただきました。

シルバーシティ駒込でのカタック演舞はキッズ達(4歳~9歳)、男性ダンサー、17歳のVASちゃんに踊っていただきました。暖かい雰囲気の中、楽しく踊らせていただきました。有難うございました。
komagome4


メンバー紹介の後、一曲ずつ楽曲を披露しました。


当日の模様をシルバーシティさんのブログにてご紹介いただきました。
男性ダンサーのメイクが堂に入ったようで、インド人として紹介されていました

komagome1 (2)

お客様方は皆様、珍しいインドのダンスを最初から最後までとても集中してご覧になってくださいました。


何といってもかわゆいキッズ達
木曜日夕方レッスンでは基礎のムーブメントができるようになって、2曲ほどきちんと踊れるようになりました。
現在3曲目を練習中。

12月から新曲も練習していきます。
成長がとても楽しみです。







komagome2
お疲れ様でした♡
←これこれ、このメーク、インド人に見える

VASちゃんはカタックの英才教育を受けるため、この春、カタック学科があるプネーの学校を受験するそう。15分のカタックソロの実技試験もあり、超難関らしいですが、合格するとグルジーからマンツーマンでカタックを習えるそうです。グルジー主宰のカンパニーのお稽古や公演にも参加できるそう。カタック王国プネーならではのシステムです
プネー出身のダンサーさんで好きなダンサーさんというとRohini Bhate女史(故人)が筆頭に挙げられますが、USAで活躍されているShambhavi女史もとてもとても素敵です。VASちゃんのご家族がShambhavi Jiのお弟子さんと縁があるらしく、将来は舞踊団に入団とか、美しく素敵に踊れるように、繋がっていって欲しいと思います。将来がとても楽しみです。


16日はMumbai+The tea Houseのオープニング・パーティーにて踊らせていただきました。オーナーの方のリクエストで、サラスワティ・ヴァンダナ、純粋舞踊、ガザルを踊らせていただきました。ガザルはレーカー様の「ウムラオ・ジャーン」より「イン・アーンコーキー・マスティー・ケー」(日本語訳だと「瞳に酔いしれて」といった感じでしょうか)。アンコールもいただき、最後まで踊らせていただきました。有難うございました。

翌日は成田へ。11月17日から25日まで、9日間の日程で開催される「アジア インディア フェスティバル 台湾」、18日の午前の部と午後の部に出演いたしました。
フェスティバルは本年、香港、台湾、インド、日本からインド・アーティストが結集。本年はインドからカタカリ・チームとシタール奏者の方が招待されていました。
2018台湾04







午前の部にて。










2018台湾12




←夜の公演を終えて中正記念堂にてラジャスタン・チームの皆様と
(終演間際の出演だったため、着替える時間が無くてそのまま出てきてバス待ちをしている時に撮影しました)










12月は私めはプログラム出演はお休み、来年2月、3月、4月、5月、6月、9月(うわお、毎月ですね(-_-;))の企画・振付・構成に入ります。が、アカデミーの生徒さんは年末まで元気いっぱいに踊らせていただきます。

アカデミー・ダンサーさんが踊らせていただく12月のイベントです↓

12月5日(水)音楽ダンスイベント 19時45分〜@シルクロードカフェ
インストラクターのJUNKO、YUMIが4曲を踊らせていただきます。昨日は、夜12時近くまで猛特訓を行いました。カタックのアビナヤは所作の一つ一つの意味を丁寧に全身で表現していくので、とてもきめ細やかに指導しています。お疲れ様でした。本番は笑顔で美しく踊られてくださいね。

12月22日(土)14時〜 津田沼パルコ祭
カタックの楽曲を華やかに踊ります。お近くの方は是非お越しください。