2月9日に「天竺祭」、2月23日に「DHOAD gypsies of Rajastan」に、アカデミーの生徒さん達と一緒に出演させていただきました。ご覧いただきました皆様&主催者・スタッフの皆様方に改めましてお礼申し上げます。

雪花が舞った2月9日の天竺祭。

新大使のご挨拶から始まり、東インドの古典舞踊オリッシーと民俗舞踊、インド古典音楽、ヨーガ、北インド古典舞踊カタック、南インド古典舞踊バラタナティヤム、南インド古典音楽、ボリウッドなど、インド文化がぎっしり詰まった6時間(しかも無料)、インド文化ファンにはとても嬉しいフェスティバルでした。

カタックの3番目の演目はタラーナー。「衣装がとても可愛いのよ〜♪」とあちこちで宣伝した結果、キッズ達がたくさん観に来てくださいました。

翌週のレッスンでの開口一番は
「先生、誰かと思った〜♪」(化粧が濃かったようで…

MAI&YUKARIさんのクリシュナ・ヴァンダナと、KEIKO&MARINAさんのタラーナー
天竺祭1天竺祭2





















私めはクリシュナ楽曲と12拍子の純粋舞踊を踊らせていただきました。
天竺祭3











2月23日(土)は「DHOAD〜Gypsies of Rajastan〜ムガル宮廷の華」、ラージャースタン州からの音楽演奏家の皆様の演奏に合わせて踊らせていただきました。

生徒さん達は初めてのライブ体験
COCO様、貴重な機会をいただきましてたいへん有難うございました

今回はカタックの新人さん方とボリウッドクラスの生徒さん達に踊っていただくので、宮廷舞踊の(難しめの)リズムは封印。ラージャースターニーの楽しいリズムとアビナヤ・ムドラーで振り付けました。

リハーサル初日の模様です。RAHIS氏を中心に、ボーカル、サーランギー、カルタ―ル、ドーラクの皆様。
IMG-20190221-WA0001 (002)IMG-20190221-WA0000




















初日のリハーサルを終えて♡
COCOさんチームも一緒に♪
IMG-20190221-WA0021












23日当日は素晴らしい音楽家の皆様の演奏にて、楽しく踊らせていただきました。
15513278773581551327882657



















ご出演いただいたボリ&カタックチームの皆様
15513279523711551327787390


















出演にさいしての演目を3曲ほどCOCOさんからリクエストいただいたのですが、その中から選ばせていただいた曲目は「Lat Pat Chiye Nagal Belle」

マハラジャ(王様)に嫁いだマハラニ(王妃)が、少女時代を過ごした故郷のお城に戻り、何を見てもマハラジャを思い出して恋しがってしまう、というラージャスターン地方に伝わる民謡をもとに、DHOADの皆様がアレンジされたという楽曲を、8名のダンサー用に振り付けいたしました。

歌詞の中に、ラージャスターン地方にて逞しく育つ「ニームの木」の記述があります。「ニーム」は1昨年前に購入してベランダでひっそりと育てておりました。元気にすくすくと成長したものです。が、ベランダでの越冬が可哀そうで部屋に置いたら即枯れ…。やはり外で育てないといけないものなのですね。


演奏後に皆で記念撮影
15509333109231551327741339


ラージャースタンの砂漠にいるかのように、ドーラクの音が流れ始めて、ダンスタイム。太鼓の音を聞くと踊らずにはいられないボリチームの生徒さんからダンスの輪の中に入ると、他のメンバーの方も次々に踊り始めました。
ロマフェスならではの風景です。








ラージャースタン地方の芸能を現在の地位に高められた、伝説のダンサーGlaboJi様と
1551327749860

Glabo Ji様の即興の舞を、舞台袖から拝見いたしました。ミュージシャン様方を導く卓越した舞踊表現に加え、オーラも半端なく素晴らしかったです。



ところで、インド舞踊のダンサーの皆様は一流になると、お抱えのミュージシャンをお持ちになっておられます。(それぞれマイ・ミュージシャン、と呼んでいらっしゃいますね)Glabo Ji様にとって日本での舞台は「マイ・ミュージシャンではない音楽家の方々と演奏」ということで、このコンサートが彼らにとってどれほど凄いことであるのか、、、と思うと感慨深いものがあります。

公演が終わった後、GlaboJiとお話させていただく機会がありました。
お茶目なところもあり、他愛ない会話で盛り上がりました。
彼の地インドにて神様から選ばれたダンサーさんからたくさんの愛とパワーをいただきました。

Thanks all