今回は アクションRPGゲーム 「LEVEL 9」
2


作者HP

ふりーむダウンロード


作者:サワハト 殿
【ストーリー(引用)】
改造兵士の少女、ノイン。
殺された家族の復讐。

人間を超越した力。
傷付き倒れても、彼女はまた立ち上がる。

人間なのか、兵器なのか。
戦いの果て、彼女の選択は……?

【プレイ時間】
1~2時間程度

【ゲーム概要】
本作はRPGツクール2000で作られたACTRPG。
プレイ時間はフルプレイで2時間程度で終わります。

2_2



【見所】
1 システム関連周りが丁寧に作られており、READ MEをよまなくても直感的にプレイができる。
この作者殿のゲーム全般にいえることだが、非常にシステム関連周りが丁寧に作られている。LEVEL9で例を挙げると

・操作性がハッキリしていて説明書をみずにやれる。
・TIPSやヘルプをところどころに入れる親切さ。

2_232_14
ゲーム中に違和感なく「操作方法」「ヒント」を少しずつ導入していってくれているため、プレイヤーが置いてけぼりになる感がない。

2_15
改造システムもいたってシンプル。「合成」をはじめとしたフリゲでありがちな「覚えるのが面倒くさいシステム」は一切ない。

・各ステージ事に固有の特性を持つ敵キャラをすぐに配備しているのでプレイ中にマンネリがない

2_22
物語が進むと横スクロールのステージも。


・レベル9のタイトル通り、レベルを9まであげたら・・・


2_19
本作のメインテーマでもあるのでそれについては割愛。

2 キャラ一点集中型で改造人間である主人公の設定がわかりやすい。
主人公が改造型ヒロインとわかりやすい設定であり、デザインからしてもフラグシップキャラとしての役割も果たしている。

2_32_10
2時間程度で終わる映画作品と思うとちょうど良いボリュームと登場人物の概要。


【前バージョンと比べて】

一言で言えば映画「LEVEL9 ディレクターズカット版」というべき作品。
前バージョンと比べて物足りなかった部分(イベント、演出)が補填されており、
グラフィック周りも強化されている。

2_172_7
脇役クラスもこのように書き下ろしデザインに。作品として根幹ができているため「正統進化」といえる。


【短所】
1 ノイン以外は全員彼女に付随する端役で代わりが不在。

対抗馬となる改造人間キャラが黒幕ボスしかおらず、ver2で追加された人物もシナリオ上「とってつけた感」がある。(終盤は別にその人物いなくてもその気になれば話を作ることができる)

本作品はノインが不在だと世界が動かないどころか滅びてしまうので
良くも悪くも「ノインゲー」なのであることはver2でも変わりなし。

野球で言えば「四番を打てるバッターがノインしかいない」状態。代替といえるキャラは不在。(ただし、作品ボリュームとしてその方針が間違っているわけではない。例外としてこちらのような作品もありますが・・・)

2 ACTゲームとしてのギミックの根幹が浅く、拡張性、応用性はあまりない。
ACTRPGとはいうものの、ゲームオーバーになる要素はせいぜいラストバトル以外には見受けられないくらい易しい設定。

映画を見る感覚ではさくさくプレイでちょうどいいけど
ACTとして戦略性があるかどうかと言われたら黙ってしまう。
(ラストバトルも基本オート回復するためにうろちょろして時間稼ぎするのが必勝法)

ボリューム的に拡張できるのは根幹としてこれが限界だと思われます。

(前作のこちらは戦略性を考える楽しみが反対にあった。)

ちなみに、今回追加された新ステージもチューニングさえ
間違えなければ詰まる要素はほぼない。


【お勧めスキル】

レイ、マインドハーフ、各種アップ系

【総評】
誰でも気軽にプレイできるACTシステムと改造人間少女「ノイン」がウリのアクションRPG。

内容も1本映画のボリュームであり、ver2になって、足りなかったところが
しっかり補填された正統進化、すなわちディレクターズカット版となっている。

サクっと気軽にACTゲームみたいなものをやりたい、
改造人間の女の子好きにはオススメの作品です。


--------------------------------------------------------
「LEVEL9 ver2」長所短所まとめ
【長所】
1 システム関連周りが丁寧に作られており、READ MEをよまなくても直感的にプレイができる。
2 キャラ一点集中型で改造人間である主人公の設定がわかりやすい。

【短所】
1 ノイン以外は全員彼女に付随する端役で代わりが不在。
2 ACTゲームとしてのギミックの根幹が浅く、拡張性、応用性はあまりない。