2007年03月07日

炊き込みご飯が好き

gohan
塩昆布と桜海老の炊き込みご飯
またしても我が家の定番メニュー。
白いご飯も大好きですが、炊き込みとか、混ぜご飯も大好き。これ、とんでもなく簡単で美味しいですよ!
皆さん、好きな料理家の方がいらっしゃると思うんですが、こちらのレシピは私がよく参考にさせていただいている、川津幸子さんのもの。
もと料理編集者で栗原はるみさんの「ごちそうさま、がききたくて」なんかも手がけた方でございます。彼女のレシピは奇をてらったものではなく、時間のない働く女性がささっと簡単に、見栄えもよく、そしてもちろん美味しく作れるものが多いので好きです。
レシピはこちら
材料:米3合 ふじっこみたいな塩昆布(細切り)30g 桜海老15g ごま大さじ2 酒大さじ2
作り方:(討録罎30分前に洗ってざるに上げる
⊃翦售錣豊,諒討鯑れ、分量の酒と水で普通に水加減。
1昆布と桜海老をのせ、スイッチを入れる。
た罎上がったらごまを混ぜて出来上がり。

rubymomo0724 at 00:00│Comments(12)TrackBack(0)晩ごはん 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 笑犬   2007年03月07日 00:11
うーん、か・ん・た・ん!(セーラー服と機関銃ばりに・・)
塩昆布ってあると便利と判っているのに買わずじまい・・・。
塩と昆布入れたらいいことか・・・。
あーおいしいそ♪
作る時にまたレシピ覗きに再度お邪魔させて頂きます。
お茶碗かわいいですねー。
2. Posted by 笑犬   2007年03月07日 00:14
あ、今川津さんのリンク先行ったら
私もこの方のレシピ本参考に作ってました。ヾ(´▽`;)ゝ
ちなみに、「いつもキッチンからいいにおい」です。
彼女のレシピは簡単で美味しいんですよね。
失敗が少ないので我が屋の料理本の中でも参考頻度が高いです。
3. Posted by apricot   2007年03月07日 00:59
食後の満腹チャンなのに、う、うまそう・・・!
さっそくマイ・レシピブック入り〜〜!
ついでにカテゴリ「晩ごはん」のラインナップ
「鶏肉の梅風味照り焼き」「かぶのクリームパスタ」「大根と鶏肉のごまみそ煮」もファイリング完了〜!
これからもナイスレシピ期待してまっす!

「簡単」はポイント高し・・・
4. Posted by シノッチ   2007年03月07日 01:18
おいしそーっ!
炊き込みご飯っておかずがひとつ増えたみたいで
得した気分になるから好き!それに食欲をそそる彩り・・・私も早速チャレンジさせていただきます!
5. Posted by タラ   2007年03月07日 08:53
こりゃまた旨そうな画像!さっそくご相伴に預かりましたわん。
塩昆布ってふじっこでもいいのかな?
だったらココでも作れそうなレシピだわ。
やってみっかな〜。あー、炭水化物バンザイ!(爆)
6. Posted by ruby   2007年03月07日 09:39
>薬師丸笑犬さん

レシピに追加しておいたんですけど、
ふじっこで全然オッケーですよー。
高級塩昆布でやればきっともっと美味しいと思いますが、
それは私のモットーに反しますので(何じゃそりゃ)。
川津さんのレシピ、失敗が少ない!それそれ。
変に手を入れすぎないところが好きですわ。
お茶碗、可愛いですか?フフ。
もう10年以上使ってるんですよー。意外と長持ち(笑)。


>apricotさん

早い・美味い・簡単!
この3つで料理をしておりますので、
私が紹介するレシピは間違いないですわよ!(笑)
だって、毎日のことだもの、少しでも楽な方が。うひひ。
ただ、御菓子系は全くダメなんですよねぇ。
apricotさんも、何かオススメレシピあったら
是非ともアップしてくださいまし〜。
7. Posted by ruby   2007年03月07日 09:42
>シノッチさん

料理上手が何を仰いますやら!
ホントにその辺にある材料しか使わん
超簡単お料理ばっかりで。。。
おかずごはんって優秀ですよね〜。今日の晩御飯にドゾ!


>タラしゃん

私ももちろんふじっこ使用だよー!
だから、レシピに付け足しといたわ。
気休めなのか、一応減塩を使ってみたりして(苦笑)。
桜海老も全然高級なのじゃなくても平気。
旦那様は、「混ぜ」ご飯でも大丈夫なのかしら?!
ちょっと心配よ〜〜。
8. Posted by まき   2007年03月07日 10:17
この写真ヤバいです。
ものすごくおいしそー!!
器もステキですわねー。
簡単だし、作ってみたいと思います。

川津幸子さん、知りませんでした。
さっそくチェックしよっと。
9. Posted by qnico   2007年03月07日 10:30
おいしそうです!
実は、私の元祖・料理教科書は栗原はるみさんの↑
「ごちそうさまが・・・」なんです〜。
そのお師匠さん、じゃなくて編集をされた方なんですね。
それは本屋へGOです(^^ゞ

>時間のない働く女性がささっと簡単に、
見栄えもよく、そしてもちろん美味しく
作れるものが多いので好きです

おっしゃる通りですわ〜
生協で手抜きしまくりなのを最近反省してました。
簡単レシピ導入〜♪
この炊き込みもまたチャレンジしてみます(^^)
10. Posted by ruby   2007年03月07日 12:50
>まきしゃん

うまいぞ〜!
ホントに簡単だから作ってみてね。
川津幸子さんは、ずっと雑誌で連載を読んでたのよねー。
この人のレシピは、ケンタロウのよりも頻繁に利用してるかも!


>qnicoさん

栗原さんが師匠ですか!
だったら多分気に入ってもらえると思われ。
私はいつも生協で手抜きまくってますよん。
そうでもしないと、毎日食事作ってられないですもの(言い訳)。
私は雑誌で読んでて、切抜きをしてたんですけど、
多分それが本になったのが「ごはんよ、急げ!」ってやつだと。
是非ご覧になってねん。
11. Posted by さとりん   2007年03月07日 12:54
ワタクシもこの方存じ上げませんでした。
早速帰りに本屋さんに行こうと思います!
「奇をてらわない」とか身近な材料で作れるのって
ありがたいですねー♪
料理の本みてても、あまり馴染みのない調味料がでてきたら作る気もなくなってしまいますし・・・。
今度、訪問者がきたら作ってみようと思いまーす。
12. Posted by ruby   2007年03月07日 23:37
>さとりんさん

Domaniで連載されてたんですよ〜。
最後の方は、コレを見たいがために買ってたって感じでした(笑)。
だって、ファッションは追いつかないんだモノー。
料理本、やけにオサレすぎちゃって
聞いたこともないようなスパイス名なんかあった日にゃ、
即効却下ですわよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔