時事

2007年08月03日

本当に大丈夫?

8月1日(水)ミネソタ州ミネアポリスで起きた橋の崩落事故
これは決して他人事ではないなあ〜というのが実感です。


本日のThe New York Timesによると
NYでは大小あわせて2,000以上の橋が構造上欠陥を抱えているそうです。
そこで真っ先に思い出されるのがBrooklyn Bridge

Brooklyn bridge




















昨日 橋を点検した調査官は
”ミネアポリスのような大惨事はNYでは起こりそうもない”
などとコメントしているようですが 
安全が保障されているわけではありません。


この橋は1883年に作られて かなり老朽化が進んでいます。
さらに 一日約132,000台の車両が通り
冬季の厳しい寒さにさらされ
昨年 橋のコンディションが”まあまあ”
から”悪い”に格下げしたというし
   大丈夫と言われるほど不安が募ります


橋だけでなく地下鉄 ビル 道路などなど
古くて整備されていない物だらけのマンハッタン
いつかトラブルに巻き込まれるんじゃないか?
ロシアンルーレットさながら
実はひやひやしながら生活しております。




ruchika55 at 16:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2007年07月21日

中越沖大地震の報道

連日 The New York Timesで日本の大地震の様子が
大きく取上げられています。
年老いた人々が 災害後の避難場所で苦労している姿に
胸が痛みます。

中越地震
















その一方 原子力発電所の 放射線漏洩レベルの
誤報(隠蔽)も取上げられ苦々しく思います。

新潟県:出納局:新潟県中越大震災義援金の受け入れ
↑ 新潟県のお報せはこちら

我が家も ダンさん名義でほんの僅かながら
ネットバンキング経由にて 義援金振込みしました。
少しでも 早い被災地の復興を願って止みません。


ruchika55 at 11:45|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2007年07月16日

新潟地方の地震

 ダンさん 7月13日 ロンドンより無事帰ってきました。
っていうか 
   ”へへへ〜 ただいま〜”
家に着いて荷も解かない内に
   ”んじゃま 今夜はこれからリンカーンセンターで
    オペラ聞きにいきますわい !!”
と ほいほい出て行った。

   ” ふん なんだいっ
     顔もちゃんと見ないでさっ
     ぐれてやる〜! ”

こんな感じだから ついつい強がって       
   ”  今度はいつまでNYにいるの? ”って 
憎まれ口たたいてしまうんだよね。

 一方野獣は 私と二人の時は
いつもべったり傍から離れず甘えモードなのに
ダンさんが 帰ったら
コロッと態度が変わりダンさんLOVEなんです。
ふんっ 現金な奴め
   ” も〜  イジメたる!

という具合に相変らず 能天気なルチカ家なんですが
(アンタだけやんと言われそう)
今朝のNBCニュースは
日本の新潟地方の震度6の地震がトップで
眠気が一遍に冷めました。
これほど大惨事ならば
その他の地域にも影響があったのではないでしょうか?

震災にあわれた方
もしくは ご親戚やご家族が被災された方
本当に心からお見舞い申し上げます。
一日も早い復興を願って止みません。


傍にいるはずの家族を突然失ったり
傷ついたり
住まいが倒壊する事がどれほどつらいか・・・・
胸中 お察し申し上げます。
うん とりあえず家族みんな
無事で元気が何よりなんですよね。

今日は 
 ”ありがとね 家族の為に一生懸命働いてくれて”
と三つ指ついて ダンさんに感謝してみようかしらん?
 (誰だ〜 おぇ〜 似合わんと言うた人   退場!)






 

ruchika55 at 15:00|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2007年07月04日

ホットドッグはアメリカの味

 本日はアメリカの独立記念日で祭日です。

1776年 7月4日 
イギリスの植民地だったアメリカは
独立宣言書を大陸議会に提出し
これが正式に採択されました。


今日は各地で独立を祝うお祭や花火が催されます。
人々は 家族や友人の元に集まり
ヒーとかヒャーとか騒ぎながら
裏庭でバーベキューを楽しみ
  ”アメリカと 家族を愛する”
という思いに浸る日のようです。
で うちのアパートの隣人達も どこぞに出かけたのか
ひっそり
アパート周辺もとても静かです。
あいにく 朝から曇り空で
夕方から処により雷雨の予報。
マンハッタン各エリアで花火があがるので
ちょっと残念です。
といっても私は家でTV越しに
花火をみるつもりですが・・・・

それとコニーアイランドにて
毎年ホットドッグの早食い競争があります。
日本人で現在7連覇 優勝中の小林 尊氏のことは
きっと皆さんもよくご存知なはず
(私は全く知らなかったです ハイ)
ホットドッグやピザはアメリカ人にとって
日本人のお蕎麦やラーメンみたいな存在で
庶民的 かつ 誰もが大好きな一品。
そのアメ人のソウルフード ホットドッグ早食い競争で
栄冠が日本人の手にあるというのは
アメ人にとっては許しがたいらしい。
いわば わんこ蕎麦大会で
アメ人が優勝くらいの衝撃らしい(本当か?)


NY1: Top Stories
↑ ホットドッグ早食い競争の記事はこちら



去年 僅差で優勝した小林氏ですが
今年は 好敵手の追い上げがすさまじく
勝利は厳しいのでは?と囁かれています。

というわけで うちも負けじとお昼はホットドッグ
ホットドッグ















正直に申しますと
  私こちらのホットドッグって 
  一度も美味しいと思ったことがありません


あのグニャっとした歯ごたえが まずいけません。
  ”もう はっきりして!!”
と叱咤したくなる食感のわりに
味が 人工的で塩辛く 押し付けがましくて
食感と味のバランスの悪さで イライラするんです。
日本製の皮がプリっとはじけて 
ジューシーな味をソーセージに求める身としては
すごく裏切られます。

 でも 自分のアメリカかぶれ度を試す為に
時々ホットドッグ作ったり 屋台で食べてみます。


う〜ん  やっぱり いまだに 私はお蕎麦の方がいいなあ・・・



 

ruchika55 at 12:30|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2007年07月02日

グラスゴー テロ報道に温度差あり?

 ロイター通信によると
スコットランドのグラスゴー空港で30日、
空港ビルのガラス扉に四輪駆動車が突入して炎上した。
現地警察当局では、前日のロンドンでの
自動車爆弾発見と関係があると見ている。
これによって英国はテロ脅威 警戒レベルを最高の
”Critical(危機的な状態)”に引き上げ厳戒態勢をしいている。

というニュースが世界中のメディアで一斉に報道。
炎上する自動車の映像が繰り返し映し出され
とても不安な気持ちになった。
実は6月30日の夜 JFKを発ったダンさん
7月1日の朝早く ロンドン ヒースロー到着
特に連絡がないので
大丈夫だと思うけど やっぱり心配になってしまう。

メールでダンさんに到着確認したところ
  ”ほう。
   またテロがあったの?
   こちらでは至極正常な雰囲気ですが・・・・”
との 返事。
心配してメールをくれた双方の実家へ 
安心してください。


う〜ん アメリカや日本のメディアでこんなに繰り返し
報道されているというのに
現地はそれほどでは ないらしいのです。
もちろん 油断は禁物
いつ事件の被害者になるか わからない世の中ですから・・・

 以前から感じていたのですが
ショッキングな事件であれば あるほど
報道する側のフィルターを通すと
かなり現実と違っているという事。
極端にいえば
   ニュースはショーである


でも それが正しいか 否か
判断する材料が身近にない場合
報道の裏に何かないか とりあえず疑って
そして 冷静に対処する。
情報が氾濫している現在
人は 新しく 刺激的なものを求めている。
だから簡単に操作されやすいと思うのですが・・・






ruchika55 at 18:41|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2007年06月27日

梅雨なのか?

最近 蒸し暑い日が続き午後になるとT−storm
(雷混じりな雨 夕立)が度々起こる。
去年も6月下旬〜7月中旬まで
朝はカンカン ジリジリ ムシムシ 気温があがり
午後 雷になって 
ざっぱ〜と一時的に雨が降り 
急にぴか〜っと太陽が顔を出し
またまた夕立。
一日で天気がコロコロかわる。
極端なんです なんでも。
日本の梅雨みたいに じめじめ しとしと ぐじぐじ 
しつこく一日中雨が降ることはない。


この時期 日中華氏90度近く(約32度)
で 室内は北極みたいにクーラーをかけて
寒さで震えあがるほど。
合衆国がエコに敏感になると地球温暖化防止に
かなり効果あるんだけどなあ〜

と のんきに思っていたら
アパートのエレベーターが停止して 
人が閉じ込められていた様子。
うちのエレベーターは日本で事故が起きたシン●ラー製
安全性には絶対問題あるよね。
外気が暑くなって アパートの住人がいっせいに
クーラーをかけたため
電力供給量が追いつかなくなったのかしら?
原因は不明。 



雷が鳴ると 体が震えて身動きとれなくなる野獣
”でも今日は余裕だ〜い”  
最近 観葉植物のドラセナがすごく元気。 

野獣





















ドラセナの根元に種から紫蘇を植えてます。
完全オーガニック!!
日系スーパーでも紫蘇はありますが
種から育てるって 愛情がひとしおでいいわ〜

って 言いつつ育ったら ちゃんと食べます。

しそ 



















最近 女子な話題が少ないので・・・
BATH & BODY WORKSのShopがセール中
ちょっとだけ覗くつもりが・・・
体は一つなのに こんなに買い占めてどうするの?
というあなた!!
言い訳するつもりないですが
日本では なかなか珍重されている様子で
ネットで価格を調べてびっくり!!
しかも今セール中だから 激安なんです。



ボディーローションやソープにこだわって
自分の好きな香に囲まれるって すごく幸せな時ですよね。
家族や友達にも好きな香を楽しんでもらいたいです。
”sea island cotton”のボディーローションは
万人受けしそうな爽やかな石鹸の香


私は くちなしの香が好きなので
今はガーデニア(くちなし)のボディーローションと
MARC JACOBSのトワレを愛用して
日本の梅雨を思い出してます。

bath

ruchika55 at 12:30|PermalinkComments(10)TrackBack(0)

2007年06月05日

世界の真実

 今日からまた語学学校の授業が始まりました。
マダム先生は相変らず天然でポイントが外れていますが
(人の事いえない私)可愛いです。
今回のクラスメートは少し人数も増えて
イスラエル人 S
スイス人 D
韓国人 J
日本代表 ルチカとインターナショナルなクラス。
前回よりメンバーがアグレッシブな感じ。
例えばSが
”私はアフリカの貧困にあえいでいる人を考えると
  自分がどうすればいいのか 本当に苦しい。・・・
  ニュースで見聞するたびに 自分の無力を知るの ”
と議論を投げかければ

社会派Dが
”ではアフリカがなぜ貧しいと思うのか?
 何故 救うべきと思うのか?
 世界のルールは誰が決めているのか?
 西側諸国か? 
 それ以外の国の有り様は無視すべきか?”
とさらに 哲学的な議論へと誘う。

最初の授業からいきなり世界の時事に話題が及び
私とゴシップ大好きなマダム先生(?)は 
たじたじでありました。
まあ最初の授業だから
足慣らしっちゅうことで授業参加半分な私に向かって
”日本人ってとてもスマート(賢い)ってきいたけど 
 貴女 この件について どう思う?”って



すっ すいません・・・・・
私を日本人代表とオモワナイデ クダサーイ 
自分の考えが整理できず
拙い英語で伝えるうちに尻切れトンボになるとき程
情けないものはありません。
次はきっと上手く議論を展開し
見返してやろうと思う瞬間です。
正直 意見はどう?って 振られると焦ります。
そういう訓練を日本ではしていないからね。


その後 JとSとスタバでお茶
そこでJがポツリ
”確かに アフリカの難民を救うべきだけど
 私たちは同族として北朝鮮の人達の事を考えるの。
 韓国に居るときは北朝鮮の情勢を全く知らなかったから
 本当にどう救うべきか 悩むの”

 って マジ? 
 それ単に世間知らずなだけかと思ったら
 彼女 韓国でもすごいエリートだったんです・・・・
 報道規制って国内にいるとわからないものなんですね。
 恐ろしい。

で 私は報道の真実がどこにあるか 自ら調査することに。

ええ 
何事も自分で確認しないと気がすまないA型ですから

























学校の近くにあるクリスピークリームというドーナッツ屋さんへ

揚げたて ホカホカだと
店のウィンドーに ”HOT(揚げたて ほかほか!)”という
ネオンがともるらしい。


クリスピークリーム




















全く知らなかったけどどうやら昨年 日本にも上陸し
開店当時は買うまで2時間近く待ったらしい。
ドーナッツごときで (゚Д゚≡゚д゚)!?
信じられん!!


そこまで並ぶには 
常識を超えた珍味であるに違いない。
そうでなければ列に並んでいる人達に
申し訳立たないでしょうに。

 が しかし
訪れた店舗はしょぼくてなんてことない風情。
件の”HOT”ネオンも点ることなく
賑わっていますという雰囲気 皆無の店。
う〜ん このさりげなさに秘伝の味が隠されているのかと
すかさず購入

クリスピークリーム



















家に帰り コーヒーが出来上がるやいなや 
がっつく私





んんんん? 
むぁぁぁぁ〜
これが2時間待ちの味なのか?


って これ めちゃくちゃ甘いんですけど・・・・・
というか上に掛かった砂糖の味しかしないんですが。
”8秒程 レンジで温めて”という指示通りにしたら
ますます糖度アーップ 
いっきに2個食べて 激しく後悔しました。
きっと 血糖値300ぐらいまで上がってしまったかも!!





というわけで世界の真実は
身をもって体験しなければ わからないと
立証するにたる貴重な一日でした。

世の中の流布は本物か 作り物か
判断するのは難しいです ハイ














ruchika55 at 10:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年04月17日

全米に衝撃が走る銃乱射事件

 みなさんご承知のように
16日朝 ブラックスバーグのヴァージニア工科大学で
銃乱射事件が起こりました。
犯人を含む33人の死者は
アメリカ史上最悪です。
( ”Massacre”大量虐殺
  ”Rampasge”暴力事件・凶暴な行為とか
  普段目にすることない単語を知りましたが
  あまりこんな言葉覚えたくないです)

   

韓国系の同大学生の犯行で
昨日から本日まで
TVではこのニュースを特番で放映しています。
(といいつつ 合間に結構ゴシップニュースやスポーツも
 流れているのがアメリカ的)
ブッシュ大統領も現地入りし大学で演説し
被害者に対する哀悼の意を表しています。

同じアジア人として犯人が韓国系というのも
非常に衝撃的です。
まだ詳しい事件の背景はわかっていません。
(犯人が元ガールフレンドと友人を襲撃したのが発端?)

そして問題になっているのは
最初の発砲から次の大量殺戮が出るまで
2時間半以上経過していること。
大学側の危機管理能力が問われています。
早い段階で防いでいれば
これほど被害は拡大しなかったというのが
大方の見識。

このような事件が起こるたびに
”アメリカでは常に銃の脅威にさらされている”という事を
あらためて感じます。
日常は びっくりするほど平穏なので
全く忘れていますが
銃社会であることを再認識します。


以前 銃の規制について
学校でグループセッションがあったときに
日本や韓国の学生は
”銃を携帯しない安全な社会こそ理想”と主張したのに反して
メキシコ人の学生は
”銃の脅威には銃で向かうしかない
 安全は自分達で守るもの”と語っていた。
アメリカ人と結婚した ある日本人女性は
”いつも就寝時に
(ご主人は銃を)枕元に銃を置いている”と
言っていたし・・・

それにしても 悲惨な事件で
表現する言葉がありません。


(”安短近の旅〜ハーレム 後編”は 後日Upします)


ruchika55 at 18:30|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2006年10月12日

East side 72thのビルに小型飛行機が激突

今日 夕方17時半から語学学校があるので
家にいたところ
だんなから電話あり
”マンハッタンの東側の72thでビルに
飛行機かヘリコプターが激突して
炎上している”とのこと。
テレビでブレイキング ニュースを確認したところ
10月11日 現地時間14時半に
登録が確認されていない小型飛行機が
ビルに衝突したらしい。
現在は火事も消火されているが
少なくとも4人死者がでているそう。
多分観光用の飛行機らしいが
テロの疑いもあるので事故調査中とのこと。

私の学校は東側のアップタウンにある。
たぶん周囲の交通機関が規制され
地下鉄 バスも通常運行されていない
可能性があるので
今日は自主休講して自宅待機するつもり。
(いえ さぼりでは・・・ないです)
だんなはミッドタウンで会議が予定されていたが
それも中止になり家に帰ってくるらしい。

普段何気なく生活していても
やはりテロの脅威はいつも感じている。
たぶん今回も単なる事故だと思うけれど
2次災害を避けるために自分の身は
自分で守らなければと
あらためて身が引き締まる思いだ。

追記

小型機のオーナーの
ヤンキースのピッチャーコリー リドル氏と
飛行機の教官の二人死亡が確認された。
ご冥福をお祈りします。




ruchika55 at 05:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年10月05日

自由の代償

70th st.. & Broadway 


70Th St. & Broadway corner
アパートの壁面の装飾





New Yorkerは初めに自由ありき。
自分が中心なので人のことを気にしません。
他人が何をしようが、どのような格好をしようが
自分のスタイルを貫くので他人はあまり関係なし
だから日本に比べると他人の目が気にならないので
ストレスは少ないかも。
私 結構ストレスためやすい性格だったもので
日本に居るときはいつもイライラしていた。
自分では気にしていないようにしていたけど
やっぱり他人の尺度がすごーく気になっていたんです。
こちらに来てまず感じたのは
“誰も人のこと構っちゃいない!”という空気。
これ、ものすごーく居心地よかったんですね。
しかも自分がしたいことを表現すれば
それなりに解ってくれる社会。
みんな、なんとなく遠慮している日本人に比べて
ちょっと生きやすいかなあ・・・と思ってしまいました。

でも考え方をかえれば
他人が自分に関心がないということで
自分に価値がないと感じる人が
いるかもしれません。


 アメリカでは日本的な
“空気を読む”とか“察する”という
暗黙の了解はあまりない。
だからアメリカってプレゼンのうまい人が
世渡りのラクな世界なので
ちゃんと自分の考えを表現できない人には
つらい社会だと思います。
アメリカ人の中でもうまくアメリカ的な社会に
適応できないひとが沢山いると思う。
全ての人が自分の考えている事を明確に
出来ているわけではないので
そういう人は日常的に怒りや不満を覚えて
弱者に暴力をぶつけるんだるなあ・・・・


ペンシルベニアのアーミッシュ学校襲撃事件によせて
犯人に個人的な同情は全くないですが
いつになくくらーい気分になってしまいました。





ruchika55 at 12:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)