英国移住準備

2007年11月05日

ありがとうございました

  今まで 当ブログご愛読ありがとうございました。

今後はロンドンでの生活記録を下記にて 紹介してまいります。

お読みになった記念にコメントを残してくださると

とても励みになり 嬉しいです。

Londonerへの道
ルチカのマイペース英国日記


今後ともよろしくお願いいたします。

niwa

ruchika55 at 23:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年11月02日

検疫通過

  引越も無事に終えて ホテル滞在2日目
お蔭様でみんな 元気!
快適な日々を送っております。

2日間レンタカーを借り
昨日11月1日は 野獣を動物病院に連れて行き
ダニ・条虫駆除と最終的な健康診断を受けて
獣医の証明書を発行してもらいました。

その足でエアラインの貨物部門→ USDA(米国農務省)まで
出向きました。
どちらもJFKの近くにあります。


本来ならばUSDAで証明書の承認を受けて
エアラインに行くべきでしたが
なにせ 手続きがわからなかったもんで
順序が逆になってしまいましたが・・・
いやあ 一日前に出向いておいて本当に良かった。


というのもエアラインの貨物部で
犬のケージのサイズが規定に適っているか
チェックを受けるのですが
ここで 犬のサイズに比べケージが小さすぎると指摘され
あっさり搭乗拒否!
まあ 出発日の1日前にチェックを受けたので
新たに大きなケージを用意できたのですが
もし当日ならば 飛行機に乗り遅れたかも。



冷や汗 かきかき運転し 手続きしてくれたダンさん
どうも お疲れ様でした。

で 慰労会という事で
NY最後の夜はミッドタウンにある焼き鳥屋
”鳥人”で・・・
またこの記事は後日いたします。



ruchika55 at 10:23|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2007年10月31日

ホテル生活

引越して泊まったバッキンガムホテル

ホテル 入り口
バッキンガムホテル 入り口

















カーネギーホールの斜め向かいで

ミッドタウンとアップタウンの境界。

タイムズ スクエアやセントラル パークにも徒歩圏内と便利ながら

このホテルは部屋も広々して

トランクルームもあり とても快適でした。

スーツケース2個 キャリーバッグ大・中・小3個 

手提げ2個にハンドバッグ1個

さらに野獣に 彼女のケージと大荷物

移動だけで大汗・・・

いや とにかく疲れましたわい・・・・


ホテル 室内
バッキンガム ホテル 室内
















アパートを引き払った10月31日の夜

仕事帰りのカタロニア人Sがホテルを訪れてくれて

近くのカフェへ。

”最近は仕事で疲れちゃって

 休んで ヨーロッパ方面に旅行に行きたいの〜”と

あまり元気がない。

”じゃあさ バロセロナの自宅に帰るときに

 ロンドンの我が家に寄ってよね〜”と 伝え

あまり湿っぽくならず お別れしました。

ヨーロッパのどこかで 再会というのも

なかなかオツなものです。



ruchika55 at 19:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

お知らせ

10月30日 夕方にケーブルサービスを解約し
10月31日 アパート退去  
11月2日まで ミッドタウンのバッキンガムホテルに宿泊
 (筺В院檻牽牽検檻毅隠院檻隠坑娃亜
同日 夕刻のフライトで ロンドンへ


ブログの更新が遅れるかもしれませんが
ご了承ください。

  

ruchika55 at 02:17|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2007年10月29日

Many thanks

  10月26日 (金)21時

 仕事帰りのY子ちゃん 

私と同じタイミングで帰国がきまった

Hちゃん&Mちゃん親子と

リンカーンセンター近くのShun Lee Cafeという

中華料理屋でお食事。

そこで 韓国出身の指揮者チョン ミュン フム氏目撃!
って 誰も知らないっつうの。 全然自慢にならないわ〜
チョン ミュン フム














お二人は 最初の語学学校での知り合いで

本当に仲良くしていただきました。

米国に来る前 駐在員妻同士のトラブルも耳にしていましたが

私は周りの方々に恵まれていたので

ほとんど嫌な目にあったことなく

楽しく過ごさせていただいて ラッキーでした。

思えば皆さん お互いの距離の置き方を心得ていらっしゃる。

  つかず 離れずの程よさ

  我を通しすぎない控えめさ

  環境に柔軟に対応する逞しさ

  次へのステップのための努力

これらを踏まえ軽やかにNY生活を楽しまれている様子。

それが多分駐在員に求められる資質なのかなぁと思います。


食事のあと スタバの閉店時間までおしゃべり
New York限定マグカップ
スタバ















でもね 本音は折角仲良くなったのに

離れ離れになるのは つらいです。

旅立っていく方も 残される方も・・・・・

こんなに良い方々に巡り会えて 私 果報者でございます。

いつか 日本に帰国したら

また 再会することを切に願って

どうか お元気で・・・






ruchika55 at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年10月28日

ペットも移住

Defra, UK - Animal health and welfare - Pet Travel Scheme - What you need to do - Checklist 
 ↑UKの動物検疫局の入国手順のサイト 


Biobest - providing rabies serology (blood) testing to the world for pet travel schemes
 ↑ UKの生体検査のサイト 日本からの入国用に日本語のサービスあり


雨の多いイギリス用にレインコートを購入
本人はご機嫌斜め
レインコート













今回の引越で一番の悩みどころはペットの移住です。
日本→ 外国の場合 ネットで検索すれば
情報が得られますが

海外間の移住の場合 もうどこから手をつければ良いか 
お手上げでした。
もし 同じようなペットオーナーの方の目に留まるようにと
色々なサイトを調べた結果を簡単にまとめてみます。


 ^椽使焦前に 狂犬病とフィラリアの予防接種を済ませる。
  
◆(胴餾濬擦両豺隋,修慮紊垢阿貌以病院を通じで
  血清をカンザス州立大学へ送り
  狂犬病の抗体レベルをチェック
    ↓
  陰性ならば 正式な証明書が発行されます。

(尚 日本に帰国の場合も 同じ手続きが必要ですが
 動物病院にて 確認必要)

 テスト日よりさらに半年間 滞在期間が必要。
  
ぁ。妝砲縫撻奪箸鰺∩する場合
  英国系の航空会社の利用が義務付けられます。
  また フライトが確定したら
  航空会社にペットも同乗する旨を伝え
  ケージのサイズも申告します。
  (運搬料は犬の重量に比例。)

ァ(胴饅佝 24〜48時間以内に
  ノミ・害虫駆除の処理をして
  Defra発行の健康証明書と
  航空会社宛の健康証明書に獣医のサインをもらう。

Α―佝前日に 空港の検疫所へ
  書類の提出を済ませることが可能です。
  (ただし ペットを連れて行く必要なし)
  
А―佝当日 航空会社が指定した時間にチェックイン

─。妝貌国後 通常の税関手続きを終えてから
  ペットの受け取り場所まで移動し ピックアップ。
  (到着ゲートから 離れている為)

これ 一人ではとても煩雑すぎてわかりませんでした。
サイトは当然 英語だし
もうはっきりいって 私は降参状態。
動物病院に質問しても はっきりわからないし
どうすればいいんだ〜!!と途方にくれました。
ダンさんに手続きの流れは 丸投げ状態
 いやはや ほんと ありがとう
 お疲れ様です。 
でも 野獣の為だから パパは奮闘しました。


その甲斐あって航空会社から
”Pet Welcome Packageが
届きました。
これ ペット用のパスポートが同封されて
しかもちゃんとマイレージがたまるんです。
特典は5paws(points)で Virgin特製ボールと
マットにフードがもらえます。

パスポート

















家族揃って 無事 大西洋を越えることができるでしょうか?

ruchika55 at 10:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年10月26日

お引越

ロンドンでの生活も 今まで同様

自分の記録&皆様への私信として

綴っていく予定なので

新しくブログを立ち上げました。

まだ 仮住まいなので 更新はちゃんと到着してからですが・・・

Londonerへの道
 ↑こちらをクリック


タイトルがなんかベタなんですが 

”〜への道”シリーズという 私なりのこだわりなのです。

(という 割りに安易な タイトル)

”ロンドン 闇と霧の中”という 提案もありましたが

なんだか 暗そうので 却下。



これからもどうか よろしくお願いいたします。

ruchika55 at 19:18|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

ハグ & ハグ

 10月17日 Yちゃんとアルゼンチン人Sとお茶。

二人は面識がないけれど 

Yちゃん もしかしたらアルゼンチンに旅行するかも

と小耳にはさんだので ご対面となったのでした。

   花屋さんの店先
ハロウィン


















かの地を訪れる 訪れないはともかく

二人とも私にはとても大切な友人で

もし 私がNYを離れても 

ご縁が繋がれば・・・と思っての お見合いです。

同じ母国語を話しても 心が通じない人がいれば

違う国に生まれても 心を通わせる事もできるんですよね。

Sとの友情はその表れです。

そして さよならは ハグ&ハグ

最初Sと挨拶するとき 慣れなくて 

ひえええ〜 と思ったけど

最近は別に気にならなくなりました。

相手の体温が感じられて ぐっと親近感がわいて

結構 好きかも私。

後日 Yちゃんに炊飯器を引き取ってもらうとともに

野獣グッズの受け渡しをしました。

じゃ〜ん その名もファーミネーター
ファーミネーター
















ビーグルって短毛なわりに抜け毛がすごいんです。

これは 犬のアンダーコート(下毛)を刈るための

バリカン。

前から気になっていましたが 日本だとすごく高いらしく

ペットのグルーマーをしているYちゃんにお願いして注文。

約50ドル也。

英国は 家主が煩そうなので

犬の毛を散らさないように購入してみました。





なんだかYちゃんとお別れって 信じられなくて

名残惜しいなあ〜

で 最後はハグしてお別れしました。

日本人同士なのに?

彼女とはなんだか 

そういうお別れの仕方が自然でした。

いつもキュートで自分の世界を大切にするYちゃん

特にボランティアを誘ってくれて

視野が広がった事に 感謝です!

どのフィールドにいても 応援してまっせ。

きっと どこかで ぱっと会って

”元気そうだねえ〜”って 言い合えるような気がします。









ruchika55 at 13:57|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2007年10月23日

一進二退

 10月22日 やっと英国入国のキップを手にしました。
総領事館にてヴィザの発行してもらい
いまや ロンドン行きに王手に掛かろうとしております!!

と 勇んでいるとここでまたまた 問題発生。
昨日から どうもサーバーがダウンしていて
PCは愚か テレビも見れない状態に。
まあ これは良くあるので
 ”いつか 直るさ”ぐらいでしたが
今日になっても改善されず
ケーブル会社に電話したら
勝手にサービス解約されてた・・・・・・唖然
10月31日に引っ越すので 11月1日にキャンセルしてと伝えたのに
   引っ越すのでキャンセル
しか カスタマーサービスのお姉さんの頭に
残っていなかったようで いきなり解約。
だってモデムをサービスショップに返したら
キャンセルを受付するっていったの
そっちじゃないの・・・・
もう呆れながらもムカついて
”(電話を受けた)貴方に腹を立てているんじゃないけど
 頭にきた! 何とかして すぐに!”といったら
午後に セットアップに来てくれ やっと使える状態に。
やれやれ

それでもって 押さえていたフライトの日に
V航空会社はペットを搭乗させない日らしく
1日出発日を繰り上げました。
で 野獣の搭乗予約は受け付けられましたが
ビジネスの残席は残り一枚・・・
トホホ ひとりはエコノミーに行く羽目になりそうです。
まあ 行ければいいんですが 
こうなりゃ ヤケだ〜い!!
これから お肉でも食べて パワーつけてきますわい!

携帯でとったクライスラービル
せめぎ合ってビルが立ち並ぶ様子がマンハッタンぽい
クライスラー

ruchika55 at 19:37|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2007年10月19日

さよなら DRY号

Dry
















ナンバープレートが ”DRY”なのに

我が家に到着した日

今日と 同じように雨が降っていた。

Dry



















ナビを盗まれたり

キーを失くしたり

トラックにぶつけられたり

さんざんな目にもあったけど

いつでもご機嫌な走りで

色々な処に 連れて行ってくれた。

でも 何故か遠出するときは

いつも土砂降りの雨が降って

雨男のレッテルを貼られてた。

  ありがとう DRY号

新しいオーナーさんにも

君ならきっと 可愛がってもらえる筈。







ruchika55 at 17:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)