2011年02月06日
きてるね - イーグルス「呪われた夜」

大新聞ですら、イーグルスモードになってきていますね。

asahi_20110205


昨日の○日新聞の朝刊にイーグルスの結成から解散に至るまでの経緯が2面にわたって掲載されていました。アルバム「呪われた夜」から「ホテル・カリフォルニア」ができるまでのメンバー間の暗闘を絡めて。2面で上手くまとめているところは、さすが。

で、そこに書かれていたタイトルチューン「呪われた夜(One of These Nights)」の中身まではよく知りませんでしたね。これ、ホテカルにも通じるメッセージソングなんですね。たしかにこの頃(70年代中頃)は、ベトナム戦争後の、体制への批判みたいなことをメロディに乗せて歌うことが許されていた時代。記事を読んでいて、こういう曲が大ヒットする世の中というのもまたいいかもしれない、なんて思ったりなんかして。

けれども、それから40年近く、時代は大きく様変わりしています。あと、イーグルスのメンバーのキャリアも。

今年来日する彼らは、この曲をどのように演奏するのか。エネルギッシュにロックっぽくか、アコースティックにか。きっと、絶妙の曲順で、ビジネスライクに上手くまとめてくるのだろうけど。

この曲に限ったことではないでしょうが、現在のメンバーがどのような演奏スタイルでライブを行うのかは、個人的にスゴく興味がありますね。



でも、なんやかんや言ったところで・・・やっぱり行きたかったな〜というのが本音だったりします。(←こればっか)[FIN]

トラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rudolf2005/51568902
♪この記事へのトラックバック
2011-02-06 来月、7年振りに来日するイーグルス・ナンバーを〜 過去記事で取り上げた時には、動画がブロックされて 再生できなかった曲が、You Tubeにアップされてたじょ(^_^)v また速攻で削除される可能性もあるので 今のうちに、再度アップしときます(^^♪ 青春時代...
名盤 『呪われた夜』【Remy's Cafe♪】at 2011年02月06日 23:12
          THE LONG RUN    EAGLES                     The Long Run           I Can't Tell You Why           In The City    ...
アメリカの至宝の“先の長さ”とは裏腹な重苦しさの中で。【ROCKでもない奴。】at 2011年02月19日 23:04
NO.01221 イーグルスのオリジナル・アルバム『呪われた夜』 (1975年) 『三十九夜』 「ホテル・カリフォルニア」がまだ産声をあげる前、『呪われた夜』と言う ...
イーグルス 9【まい・ふぇいばりっと・あるばむ】at 2011年05月04日 13:26
♪この記事へのコメント
ルドルフさんこんばんは。
すいません、2週間くらい前にメールしましたんで、もし届いてたらご確認下さい。

さてイーグルス。
自分にとって実はそれほどリアルタイムなバンドでもない、微妙な位置づけです。

>エネルギッシュにロックっぽくか、アコースティックにか。きっと、絶妙の曲順で、上手くまとめてくるのだろうけど。

これと同じような評価を、確か「Hell Freezes Over」の時にもされていたような記憶があります。
ラストに「ならず者」を持ってきた演出に「反則だ!」と逆説的に絶賛していた記事もあったと思います。
Posted by SYUNJI at 2011年02月06日 22:35
こんばんは。
さあ、今からとるんだチケットを!
(私は今回お休みですが 笑)
Posted by sugi at 2011年02月06日 22:54
あらら、奇遇です!
今日は『呪われた夜』を取り上げようと
80%くらい記事を書きかけていたところ
夕方こちらへお邪魔したらばがにぃ〜〜
『呪われた夜』がアップされてたので初ビンゴ!?です。
私もアップしましたので
仕切り直し?でTBに参りました^^;

イーグルスで青春を過ごしたドンピシャ世代にとって
『呪われた夜』は、思い入れの深〜いアルバムです。

but、前回のメンバーってことで
私も今回は欠席させていただきます^^;
Posted by remy05 at 2011年02月06日 23:06
SYUNJIさん、コメント感謝です。

Hell Freezes Overねぇ。それからもずいぶんたっていますから、どうなることやら。

> すいません、2週間くらい前にメールしましたんで、もし届いてたらご確認下さい。

すんません。受け取った形跡がありません。
もしかしてspamに振り分けられちゃったのかも。
再度メールしていただけないでしょうか。
Posted by ルドルフ at 2011年02月07日 07:07
ありゃ、やっぱり届いてなかったんだ・・
すいません、今送りました。
中華街の件です。
Posted by SYUNJI at 2011年02月07日 22:48
こんにちは。まだ席が余っているらしいから、行きましょうよ。まあ、それほどイーグルス、好きではないんですが・・(じゃあ、行くなよ!)

フリートウッドマック来ないかな。
Posted by ぷくちゃん at 2011年02月08日 06:20
sugiさん、コメント感謝です。

> さあ、今からとるんだチケットを!

検討中だったりします。
Posted by ルドルフ at 2011年02月09日 06:38
remy05さん、コメント感謝です。

> but、前回のメンバーってことで
> 私も今回は欠席させていただきます^^;

フェルダーさんがいないのが痛手でしょうか。
気持ちはわかりますです。
Posted by ルドルフ at 2011年02月09日 06:40
ぷく師匠、コメント感謝です。

> こんにちは。まだ席が余っているらしいから、行きましょうよ。

当日券があるようですね。マジで検討中。
Posted by ルドルフ at 2011年02月09日 06:42
1979年の2度目の来日の時には
「One Of These Nights」と「New Kid In Town」が
聴けなくて残念な思いをしました。

が、『Hell Freezes Over Tour』のときに
両曲とも聴くことができました。

あとはドンやグレンといった面々を従えて
ランディが歌う「Take It To The Limit」が聴きたい。
Posted by golden_70s at 2011年02月14日 11:29
golden_70sさん、コメント感謝です。

すでにイーグルスには2回も行かれているということですよね。うらやましい。

> ランディが歌う「Take It To The Limit」が聴きたい。

いまはグレンが歌っているとか。
ランディの歌は、ランディの単独ライブでしか聴けませんね。いまも現役なのかしら。
Posted by ルドルフ at 2011年02月16日 07:06
 ルドルフさん、ご無沙汰しております。
 イーグルス来ますね。  たぶん最後の来日でしょう。
 私も「呪われた夜」はよく聴いたアルバムでした。
 “One Of These Nights”という曲も、“ホテカリ”同様に、ドン・フェルダーがソングライテングに大きく関わってます。 いや、彼とビル・シムジクがいなかったら、あそこまでソリッドでダイナミックには仕上がりませんでした。
 彼は今回、いや、今後もイーグルスには戻れない。
 私にしては、今のイーグルスは残念ですが、魅力半減以下ですね。  私も最近の記事TBいたします。 
 
Posted by たか at 2011年02月19日 23:03
たかさん、コメント&TB感謝です。

> 彼は今回、いや、今後もイーグルスには戻れない。

もし戻るとしたら、もっとヨイヨイになってからでしょうか。まぁ、ほとんど可能性はないでしょうが。

> “One Of These Nights”という曲も、“ホテカリ”同様に、ドン・フェルダーがソングライテングに大きく関わってます。

この人がいたから、カントリー臭さが薄れてよかったのに、というのが私の考えです。いなくてマジで残念ですね。

TB返しておきます。
Posted by ルドルフ at 2011年02月22日 06:13