2012年02月19日
このドキュメンタリー映像に萌える(その1) - ロリ・リバーマン

ちょっと音楽を聴きたい、というときに、レコードやCDを持ち出すより、YouTubeにアクセスして映像とともに試聴することが多くなった。

――という記事を何度か書いた記憶があります。それは今も変わりません。ていうか、iPod Touch(タッチ君)を手に入れてからというもの、その傾向がよりいっそう強くなったような気がします。タッチ君には(これはiPhonもそうだけど)YouTube専用アプリが最初からついていますからね。

で、そのYouTubeで聴きたい曲を検索するとき、曲以外の映像も検索されることがあります。例えば、○○○○というアーティスト名で検索をかけたとする。そのとき、○○○○のPVやライブ映像のほか、○○○○のインタビュー映像やら何やらも引っかかってくるわけですね。

で、たまにそんな曲以外の映像ものぞいてみるわけですよ。そうすると、意外と面白いものがあったりする。そんななかからいくつかを、今回は紹介してみようかな、と思いついた次第であります。

まず第一弾は、ロバータ・フラックでおなじみ「やさしく歌って(Killing Me Softly with His Song)」のオリジネータである、ロリ・リバーマンのドキュメンタリー映像。

みなさんロリ・リバーマンってご存知ですか? 私は名前は知っていましたけど、どんなアーティストなのかはごく最近まで知りませんでした。

また、Killing Me Softly with His Songの“His”が誰を指すものなのかご存知ですか? これは有名なエピソードですが。

これらのことについて、ロリ・リバーマン本人が、本人しか知りえない体験談を交えて話しています。

自分がリリースした曲(作曲者のクレジットは本人じゃないけど)を、ロバータ・フラックが大ヒットさせたときの心持ちやらも語られているのですが、それよりも、大切な宝物のように思っている、この世紀の名曲に対する彼女の想いが、ほんわかと伝わってくるという点で何度も見たくなる映像なんですね(それゆえぜひ紹介したいと思ったのですが)。

英語が苦手な方も、話の流れから、何回か視聴すれば中身についてはすんなり理解できると思います。



[To Be Continued...]

トラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rudolf2005/51648635
♪この記事へのトラックバック
2010-05-20 前回繋がりで、作者が同じ チャールズ・フォックスと ノーマン・ギンベル作、永遠の名曲を〜 「やさしく歌って」('73/1位) by ロバータ・フラック この曲も、前回の「I Got A Name」と 同じライティング・コンビで作られた曲だったのね〜 くつろぎの...
Roberta Flack - Killing Me Softly With His Song【Remy's Cafe♪】at 2012年02月20日 23:11
2010-05-23 前回の「やさしく歌って」繋がりで〜 「American Pie」('72/1位) by ドン・マクリーン 「やさしく歌って」のオリジナルである ロリ・リバーマンが、当時まだ無名であった ドン・マクリーンの歌う「Empty Chairs」を聴いて 感銘を受けて書いた"Ki...
Don Mclean - American Pie【Remy's Cafe♪】at 2012年02月20日 23:13
♪この記事へのコメント
BS-TBSで名曲にまつわるエピソード等を紹介する「SONG TO SOUL」(日曜23時)という番組があるのですが、この番組で「やさしく歌って」がカバー曲である事を初めて知りました。
番組内でロリ・リバーマンのインタビューもありました。
番組サイトです。

http://w3.bs-tbs.co.jp/songtosoul/onair/onair_18.html
Posted by つぼ丸 at 2012年02月20日 11:07
おこんばんは〜^^;

このネタ、2年程前にアップしております^^;
しかもルドルフさんがネタばらししちゃってましたよ。オヨヨ!
Posted by remy05 at 2012年02月20日 23:09
つぼ丸さん、コメント感謝です。

SONG TO SOULは、気にしつつも、いつも見逃してしまいます。こんな企画もあったんですね。あとで拝見させていただきます。
Posted by ルドルフ at 2012年02月22日 07:03
remy05さん、コメント感謝です。

> しかもルドルフさんがネタばらししちゃってましたよ。オヨヨ!

そうなんです。ここまではよく知っていました。
でも、生ロリ・リバーマンはYouTubeで知りました。
なかなかチャーミングな人です。
Posted by ルドルフ at 2012年02月22日 07:04