2012年07月26日
今年○度目の合掌

ジョン・ロードが亡くなったとか。

もうとうに第一線をリタイアしていたから、具合は以前から悪かったのでしょうが、やっぱり寂しいものがありますねぇ。

ご存知、ディープ・パープルの創設メンバーにして、ディープ・パープルが存在するときは(創設時も再結成時も)、リタイアするまで徹頭徹尾ディープ・パープルのキーボードプレイヤーの位置を他人に譲ることのなかったロード氏。

その氏が奏でるハモンドオルガンの音色は、ロック界では無二のもの。そのヒゲ・強面の風貌とあいまって、私はZeppの故ジョン・ボーナムをいつも重ね合わせて見ていました。ジョン・ボーナムも、彼にしか出せないドラムの音を出していましたよね。そしてそれが、バンドサウンドの重要なアクセントになっていた。だから、ほかの人に代わりは務まりません。

ジョン・ロードがこの世からいなくなってしまったことで、本当の意味でのディープ・パープルは完全終了ということです。もちろん私を含め、ファンの記憶の中にはキッチリと残るでしょうが。

自分は、30年近く前の再結成ディープ・パープルのコンサートで、生のジョン・ロードのプレイを見ています。キーボードを前後に揺らす例のパフォーマンスも、きっちり脳裏に焼きついています。そう、この映像(↓)のようなプレイ。



それにしても、ここのところ続くなぁ。合掌・・・って、今年何度目だよ。

JonLord_rip

[FIN]


トラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rudolf2005/51679598
♪この記事へのコメント
何度TBを試しても、うまくいきません(?_?) なんでだろ。

生ジョン・ロードを拝んでおられるとは、羨ましい〜
私がパープルのライブを観たのは、ジョン・ロードがリタイアした後でしたぁ。。
Posted by remy05 at 2012年07月27日 20:36
偽パープルファンのSYUNJIです。
「ジョン・ロードを悪く言うヤツはリッチー以外にはいない」というデビカバの発言を、昔雑誌で読んだような記憶があります。
パープルはつくづくモメごとの多いバンドでしたが、それでも屋号が継続してたのは、やはりジョン・ロードの人徳なんでしょうね。
この人、ヒゲの角度が独特なんですよね。
はっ!ジョンの音楽性に一言もふれていない・・(ぷく調)
Posted by SYUNJI at 2012年07月27日 22:17
remy05さん、コメント感謝です。
TBはなぜなんでしょうね。

> 私がパープルのライブを観たのは、ジョン・ロードがリタイアした後でしたぁ。。

ドン・エイリーですか・・・それはそれで貴重かも。
Posted by ルドルフ at 2012年07月28日 10:13
SYUNJIさん、コメント感謝です。
先般はどうも。

> 「ジョン・ロードを悪く言うヤツはリッチー以外にはいない」というデビカバの発言を、昔雑誌で読んだような記憶があります。

1984年のディープ・パープル再結成時には、リッチーは「どうしたらジョンのようなキーボードを連れてこられるんだい?」と正反対のことを言っていたと思います。まぁ、リッチーの言うことを真に受けちゃいけないんでしょうが、評価はしていたと思いますよ。
Posted by ルドルフ at 2012年07月28日 10:17

リッチーは時期によってジョンロードについてのコメントが180゚つー位違います
デビカバのインタビューは知らんかったけど
「嵐の使者/ストームブリンガー」後の脱退直後のインタビューではジョンロードをボロクソに言うのは勿論
「俺は作曲・録音とも月単位の時間を掛けてアルバムを作りたかったのに!「インロック」なんかたった2週間だぜ!!」
とアルバムの粗製濫造ぶり迄槍玉に挙げてたもんが
脱退から時間が経つ程に殆どジョンロードの悪口を言わん様になりました
多分脱退直後はカヴァーデイル=ヒューズのアメリカンロック路線に主動権を握られ自分のやりたい事と違ってもうた鬱憤が溜まってた為にキツい口調になったのと
折角レインボウを作り乍ら(特に「ダウントゥアース」以降)アメリカ受けの為に自分の理想だった初期レインボウのシンフォニックなカラーを捨てて単純なハードポップ路線にシフトチェンジするというかつてのパープルと同じ事をせざるを得ず
ジョンロードの苦労を肌身で痛感して以前のジョンロードへの反発や非難を恥ずかしく思ったのではないでしょうか?

元々ツェッペリン,ボウィ,クリムゾンを3種の神器と崇めるブリティッシュ1辺倒で
アメリカンロックは殆ど聞いとらんので
専門外のサンタナへの大量コメが恥ずかしい怠惰ーマスクでした
Posted by 怠惰ーマスク at 2012年12月12日 07:58
怠惰ーマスクさん、コメント感謝です。

ジョン・ロードが逝ってもう半年になりますね。今年も次々と大物が亡くなりました。リッチーもいつかは・・・。そのとき、彼に対する周りのミュージシャンの反応が気になります。人間性はボロクソ言われるのかな?
Posted by ルドルフ at 2012年12月17日 06:50
それについてはコージーパウエルのコメが一番公平と思います

「ベックは付き合い難い奴と思われてる何故なら妥協を許さない男だから
リッチーは付き合い難い奴と思われてる何故なら人付き合いが下手で誤解され易い男だから?
今迄俺はそういう連中とばかり組んでた(笑)」
俺の知る限り一番リッチーを悪く言うたのは(2代目レインボーのベーシストの)ジミーベインでしょうが
まぁこれから色々悪口を言われてもこのコージーのコメが全てを吹き払ってくれると信じます
Posted by 怠惰ーマスク at 2012年12月17日 08:19
> 何故なら人付き合いが下手で誤解され易い男だから?

なんとなく生き方も不器用だったような。
こういう人、自分の周りにもいます。才能は間違いないのにって。
Posted by ルドルフ at 2012年12月23日 18:31