葉っぱに埃がついたので水をかけて払ってやったでちブログ

〜 歌舞伎と音楽 〜

January 2007

3
ブログネタ
クラシック に参加中!

Guten Abend!!

こちらでは、今日の2時から、アニメ『のだめカンタービレ』がありました。
もちろん、オンタイムでは見られないので、DVDに録画です。

ですが、ある方のブログを見ていたら、ビデオが公開されていたんですよ、それで見てしまいました。やはり、真澄ちゃんが出てくると、面白くなりますよね〜。

♪♪♪♪♪
今日は、ブルックナーの第6番のシンフォニーです。
ホルスト・シュタインさん、ヴィーナーフィルハーモニカーの演奏です。

ブルックナー:交響曲第6番 イ



途中に練習をはさみながら、聴いています。
良いですね〜。6番はこのCDしか持っていません。前に友人から借りた、ラインスドルフ(?)・シカゴの演奏もなかなか良かったなって思っています。

ブルックナーを聴いていると、何か心が落ち着きますね。
ブラームスなどよりも、そういった感じを持ちますね。
どうしてなんでしょうね〜。

練習は、あまりやりたくなかったんですよ、いつも金曜の練習が今日に移動になっています。何となく練習に行きたくないような感じがするんですよ。ちょっと疲れていたかもしれません。

音階練習 1オクターヴ、2オクターヴ ⇒ A-Dur のアルペッジョ ⇒ デタッシェの練習、難しい指でのデタッシェ ⇒ 曲の中の難しいところをさらう
これだけで、およそ1時間くらいです。


♪♪♪♪♪
今日は午前中に、一番に診察に出かけ、それから、ある方のところに楽譜を届けに行きました。今度の日曜日に、念願のアンサンブルをやる予定です。ロッシーニをやろうかと言っています。場所は、ある方の奥さんが色々と探してくださり、確保できました。

診察では、この2週間のことをお話ししました。お話を聞いてもらったという感じです。
お昼は、定食屋さんに出かけました。
それから、少し昼寝をしました。
何となく眠くて〜〜

♪♪♪♪♪
ブルックナーは4楽章に入っています。
この6番も、4番、5番、7番とは少し異質な感じがしますね
どういう違いなんでしょうか?はっきりとは言えないもどかしさがあるんですが
新鮮なんでしょうか?他の曲よりも聴いていないからでしょうか?

今日は練習です。気持ちよく練習できると良いのですが


にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
← このランキングにも参加しましたぁ〜 応援してくださいね (*^_^*) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 少し上がりました。ありがとうございます。m(_ _)m


アニメ『のだめカンタービレ』の公式サイトですぅ〜
関西は、やっと放映されました〜 (^o^) 関西は火曜の深夜、水曜の2時頃からですね。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪


にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜

ブログランキング
人気blogランキングへ
 ← ポチッとお願いします。 (^_^)v

音楽ブログランキング ← このランキングにも参加しましたぁ〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜


3
ブログネタ
うつと暮らす に参加中!

Guten Morgen!!

今日で1月も終わりですね、早いものですね、ほんとに

今朝は、ハイドンです。
ジョージ・セル指揮 クリーヴランドの演奏で
交響曲第98番です。

Haydn: Early London Symphonies



この演奏も、懐かしいもので、LP時代に何度も何度も聴いた曲です。確か97番とカップリングされていたものです。
大学時代にハイドンにはまって、カザルス、バーンスタイン、セルの演奏(何か偏っているようにも思いますが)を聴き続けている時期がありました。友人の影響であったかもしれませんが、何が聴く契機になったかは、はっきりとは覚えていません。

グーグルで検索をしましたが、98番の記事は少ないですね、Wikipediaにも番号だけの曲に関しては、まだ書かれていませんね。

楽章は、ハイドンの後期のシンフォニーのパターンで書かれていますね。
1 アダージョ・アレグロ   重々しい序奏のあと、序奏を長調にしたような、カワイイ旋律で始まるソナタ形式の曲ですね
2 アダージョ・カンタービレ   木管楽器を上手く使った、歌の楽章です。
3 メニュエット・エ・トリオ アレグロ   フルートのソロが上手く使われていますね トリオではバスーンとヴァイオリンのユニゾンのきれいな旋律が出てきます
4 プレスト   オーボエにカワイイ旋律が出てきます。それに、コーダのところで突然、チェンバロのオブリガーとが出てきます。少しビックリしますよ

セルの演奏は、構成のしっかりとした演奏で、音もモツアルトよりも良い感じがします。というか、モツアルトよりもハイドンの方が、セルの音楽に合っているのではないかなって思ったりしますね。弦楽器の数が少ないのではないかなっておもいます。それくらい、アンサンブルは良いですね〜。

録音年代は、このCDには載っていませんが、1960年代ではないかなって思います。
ハイドンのシンフォニーは疲れなくて、良いですよね〜。(^o^)

♪♪♪♪♪
今朝は4時半起きです。

昨日はさすがに疲れました。朝は7時45分過ぎに『芋たこなんきん』を見てから、仕事に出かけ、仕事自体は12時半頃終わっていたんですが、それから仕事場を出たのは、4時頃、それから高速に乗って移動して、6時から9時過ぎに仕事は終わったんですが、仕事場を後にしたのは、10時前;; それからまた高速を使って、帰ってきたのが11時過ぎ、それから夕食でした。

仕事場では、またも、土曜の会議で切れた人が話しかけてくるんですよね;;
何なんでしょうか? ハラスメントなんでしょうか? 私のことは放っておいてくれたら、って思うんですが、どうもそうはしてくれない様子です。

京都のオッチャンが昨日、珍しく私のメールに返事をくれました。
京都のオッチャン、曰く『自分の意見に自身と信念を持ってる人は自分とは異なる意見を謙虚に聞く耳を持ってると思いますね。ギリギリの頭で必死に考えた提案こそ意地になってキレると思います。』って。なるほどな〜って思います。そういうこと、言えますよね。私は、自分の意見がどうかなって思う時には、畑の違う人に意見を聞いてもらうことにしています、独善的になったいないか、独りよがりではないか、といつも考えてしまいます。
それで、疲れてしまうことがあります。

さすがにブログの更新もできず、コメントをくださって方々にレスをすることもできませんでした。後でレスをしますね、m(_ _)m

今朝も何とかブログの更新ができました。
今日は2週間ぶりに診察の日です。
午前中、早めに行こうと思っています。それに、今日は夜に練習もあります。


にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
← このランキングにも参加しましたぁ〜 応援してくださいね (*^_^*) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 少し上がりました。ありがとうございます。m(_ _)m


アニメ『のだめカンタービレ』の公式サイトですぅ〜
関西は、やっと放映されました〜 (^o^) 関西は火曜の深夜、水曜の2時頃からですね。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜

音楽ブログランキング ← このランキングにも参加しましたぁ〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜



3
ブログネタ
クラシック に参加中!
ウィーンの休日



Guten Morgen!!

今朝は、5時過ぎ起きです。
今朝は、久しぶりに、クナッパーツブッシュ指揮 ヴィーナーフィルハーモニカーの演奏する、ヴィーナーヴァルツァー集からです。

このCDは、LP時代から、愛聴していたものです。
とりわけ
コムザーク『バーデン娘』、ツィーラー『ヴィーン市民』の2曲
とんでもない演奏です。ここぞというところで、ヴァルツのテンポを落として、金管に咆哮させるところも、爆〜
クナは、もちろん、ヴァーグナー、ブルックナー指揮者として有名ですが、こういう小品(きっとリハーサル嫌いですから、録音は一発録音ではないかと思います)でも、彼一流の解釈(?)で、大曲と同じ姿勢で演奏しています。

1. ラデツキー行進曲op.228(J.シュトラウス1世)
2. ワルツ「バーデン娘」(コムザーク)
3. アンネン・ポルカop.117(J.シュトラウス2世)
4. 加速度円舞曲op.234(同)
5. トリッチ・トラッチ・ポルカop.214(同)
6. ワルツ「ウィーンの市民」(ツィーラー)
7. 同「ウィーンの森の物語」op.324(J.シュトラウス2世)
8. 軍隊行進曲op.51-1(シューベルト~ウェニンガー編)
9. 舞踏への勧誘op.65(ウェーバー~ベルリオーズ編)
10. 歌劇「ウィンザーの陽気な女房たち」序曲(ニコライ)

私は、シュトラスの作品よりも、その他のものの方が好きですね。
今朝も、シュトラウスは飛ばして(爆)、CDになってから、こういうことが楽にできるようになりましたよね。
2 ⇒ 6 ⇒ 10 と聴いています。

この時代のヴィーナーフィルハーモニカーは、本当に甘美な音がしていますね、今では聴けなくなった音です、弦の艶やかさ、管の甘い響き(木管楽器の音程は悪いですが、その悪さが味になっています、今は音程はものすごく良くなっていますが、味の方がなくなってしまったような;)、それに、デッカの録音の優秀さ、本当に良い音がしています。

私は、ある評論家の影響を強く受けていたことを告白します(爆〜)、ですが、その評論家から、良い演奏を教えてもらったことに関しては、感謝しています。そうでなければ、知ることがなかった演奏もあったと思うので〜。
もちろん、今は、まったく彼の文章は読んでいないので、どのような評論をされているのか、さっぱり分かりませんが〜。

ニコライの序曲の沸き立つような感じ、これからオペラが始まるぞ、って感じが最高ですね〜。気分が良くなりますよ。

♪♪♪♪♪
昨日は、朝の7時に出て、仕事場には8時過ぎに着き、9時から1時半頃まで仕事をし、それから、昼食、移動して、車の中で仮眠を少しして、4時頃から仕事場に出かけ、9時頃まで仕事、さすがに疲れました。帰りには、TVの音だけで『たけしのTVタックル』を聴きながら帰ってきました。昨日は、少し休憩し、10時過ぎに高速を降りて、料金を半額にしました、爆〜。

帰ってから、コメントをくださっている方々にレスを書いて、ルーセルのサンフォニー第3番を聴いて、ブログを書こうかと思っていましたが、寝てしまいました。

で、一日一回の更新になっています。
今日も朝から夜までの仕事です、ですが、明日からはまた休みに入ります、爆〜
日雇い稼業は辛いですよ〜、爆〜。

何とかブログを更新できました。

私は、ちょっと今朝、反省をしました。自分の意見を人に押しつけてはいないかなって。そういう反省をする人にモラハラ人間は罠をかけるんですよね、ギャボ〜〜


にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
← このランキングにも参加しましたぁ〜 応援してくださいね (*^_^*) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 少し上がりました。ありがとうございます。m(_ _)m


アニメ『のだめカンタービレ』の公式サイトですぅ〜
関西は、やっと放映されました〜 (^o^) 関西は火曜の深夜、水曜の2時頃からですね。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪


にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜

ブログランキング
人気blogランキングへ
 ← ポチッとお願いします。 (^_^)v

音楽ブログランキング ← このランキングにも参加しましたぁ〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜




3
ブログネタ
うつと暮らす に参加中!

Guten Morgen!!

昨日は、午前中は音楽を聴いて、少し練習をしました、日曜に練習をするのは、珍しいです。金曜、土曜の練習で疲れてしまうからか、日曜に練習することは非常に少ないです。

練習はいつも通りですが、最近少し練習方法を変えています。
音階練習は、いつも通り ⇒ その後に、調性毎のアルペッジョも練習に入れるようになりました。⇒ その後、デタッシェの練習、新しいページに移り、4度を中心にやっています(これが難しいです、爆〜)。⇒ その後で、曲の難しいところをさらう。テンポを遅くして、小節の中のパーツ毎に練習するというスタイルです。難しいところのブリッジが完成するように、ひつこく練習しています。

♪♪♪♪♪
今朝は、フォーレの管弦楽曲を〜
昨日紹介した、アンセルメ・スイスロマンドの演奏です。確か、私がフォーレの音楽に初めて触れたのは、この演奏であったと思います。

フォーレ:組曲「ペレアスとメリ


ガブリエル・フォーレ 『ペリアスとメリザンド』組曲(1901年)
オーケストレーションの一部は、弟子のケクランが行ったそうですね。

組曲版は1901年2月3日、カミーユ・シュヴィヤール指揮コンセール・ラムルー管弦楽団によって初演されたそうです。コンセール・ラムルーは今も活躍しているオケストラですね。

この演奏では、「メリザンドの歌」が割愛されています、独唱が入るからだと思います。

1 前奏曲
2 糸を紡ぐ女  バソンとオーボエの歌の交換が本当に美しい曲です。
3 シシリエンヌ  この曲はフルートのソロで有名な曲ですね、フォーレというと、まずこの曲を思い浮かべるのではないでしょうか?
この曲のみケクランのオーケストレーションがそのまま使われている、とのことです。
4 メリザンドの死

こういう曲を演奏させたら、アンセルメ・スイスロマンドを最高ですね、これを超える演奏をまだ聴いたことがありません。こういう曲は、バスーンではなくて、バソンがピッタリな曲ですね、でも、バソンがフランスでも使われなくなってきていることもあり、新しい録音で、バソンが聴けるのは、フランス国立の演奏くらいでしょうか。ここでは、バソンの名手、アンリ・エレールさんの素晴らしい演奏を堪能できますよ。 (^o^)

『マスクとベルガマスク』 (1919年)
アンセルメ盤では、序曲、メニュエット、ガヴォット、パストラールだけが演奏されています。

全体は、1. 序曲 / 2. パストラール / 3. マドリガル / 4. いちばん楽しい道 / 5. メヌエット / 6. 月の光 / 7. ガヴォット / 8. パヴァーヌ となるそうです。全曲盤は、プラッソンがトゥルーズのオケストラで入れていますね。

私は、『ペレアス』よりも、この曲が好きです。浮き立つような序曲、端正な美しさを持つメニュエット、古典的なガヴォット、落ち着いた美しさをもつパストラール、どの曲も素敵ですよ。

フォーレって、私は大好きな作曲家の一人です。(^o^)

♪♪♪♪♪
昨日は、練習後に、昼食を食べ、歩いて、散髪屋さんに出かけました。歩いて15分くらいのところです。歩いていくと、自転車という敵に何度も何度も出くわすのですが、昨日は日曜ということもあり、自転車も少なかったですよ。自転車は、本当に車よりも歩行者にとっては脅威ですよね、何せ歩道を猛スピードで、我が物顔で走り抜けますからね〜、爆〜。

その後、久しぶりに梅田に出ました、半年ぶりです。静かだろうと思って、ホテルのラウンジでコーヒーを飲もうと思いましたが、五月蝿かったです、はい、爆〜。

そういえば、昨日は、大阪でマラソンが行われていたんですね、知りませんでした。

♪♪♪♪♪
東国原知事が、TVに出まくっていますね
彼は意外に真面目に政策を語っていますね、あの情熱を、議会の反対に遭っても、持ち続けてくれることを祈っています。ノックちゃんのようにならんといてね 爆〜。

ブログ村が、ランキングに参加、不参加を決められるようになったようですね、ランキングに参加すると、ランキングが気になってしまいますね; 何か、それはそれで、よくないような気もします。
でも、ランキングが上がっていると、嬉しいし〜、爆〜

まぁ、ゆっくり考えます。

今朝は早出です、7時には出ようと思っています。
朝のこの時間が音楽を聴く時間になっています。

今朝もブログを更新できました。
そのことを感謝
見てくださっている方々に感謝
仕事をくれている方々にも感謝です。


にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
← このランキングにも参加しましたぁ〜 応援してくださいね (*^_^*) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 少し上がりました。ありがとうございます。m(_ _)m


アニメ『のだめカンタービレ』の公式サイトですぅ〜
関西は、やっと放映されました〜 (^o^) 関西は火曜の深夜、水曜の2時頃からですね。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪


にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜

音楽ブログランキング ← このランキングにも参加しましたぁ〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜


3
ブログネタ
クラシック に参加中!

Guten Tag!!

今日は珍しく、フランス音楽です
それも、ルーセルです。
sumito96さんのブログで、バレエ音楽『蜘蛛の饗宴』が挙げられていたんですよね、それで、ひょっとして、アンセルメの『フランス音楽のすべて』(CD16枚)に入っていないかなって思って探してみたら、ありました、爆〜。きっと一回も聴いていないかもしれません、爆〜〜。

フランス音楽の全て


ルーセル『蜘蛛の饗宴』
アンセルメ指揮 スイス・ロマンド

ルーセルというフランス近代の作曲家のことは、殆ど何にも知りません、それで、Wikipediaから引用します。

<ここから>
ルーセルは気質において古典主義者であった。初期作品は、強烈に印象主義音楽に影響されているけれども、次第に個人様式を見出した。ルーセルの作曲様式は、構想においては形式中心で、強烈なリズム感があり、同時代の作曲家(例えばドビュッシーやラヴェル、サティ、ストラヴィンスキー)の作品に比べて、 調性に対するはっきりした好みが明らかである。ルーセルは重厚なオーケストレーションがしばしば非難されてきたが、これはフランス人らしい繊細で名状し難い様式に似たものが期待されるからであろう。だがルーセルはそのような美学を完全には誰とも共有していない。派手なドイツ・ロマン主義音楽のオーケストレーションに 比べると、ルーセルのが重厚などとはとうてい言えない。

ルーセルはジャズにも興味があり、《夜のジャズ》と題された歌曲を作曲した。同時期のジャズに霊感を受けたフランス人作曲家のその他の作品に比べると、この曲は興味深い対照をなしている。(例えば、ラヴェルの《ヴァイオリン・ソナタ》の第2楽章や、ダリユス・ミヨーの《天地創造 La Creation du Monde》を参照)。
<ここまで>

何が言いたいのか、分かりませんね、爆〜。

『蜘蛛の饗宴』(1912年作曲)は聴きやすい曲ですね、それに良い曲です。スイス・ロマンドのバソン奏者、アンリ・エレール氏の素晴らしいソロも堪能できますね。

このCDには、彼の交響曲第3番(1930年)、第4番(1934年)も入っています。
第3番は、分かりにくい曲です、難しいな〜
最終楽章で、確かにジャズの雰囲気が少し出てきますね。初めて聴いて分かりにくいという点では、ショスタコーヴィッチに少し似ているところがあるかもしれません。音楽自体は似たところはないようで、あるような気もします。意外に分厚いオーケストレーションです。

演奏というかCDは、録音時期は1956年、54年ですが、ものすごく音が良いですね〜。さすがにデッカの録音だと思います。分離が非常にいい音で録音されています。

4番はまた今度書きたいと思います。

♪♪♪♪♪
今日は一ヶ月ぶりに散髪に行ってこようと思っています。


にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
← このランキングにも参加しましたぁ〜 応援してくださいね (*^_^*) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 少し上がりました。ありがとうございます。m(_ _)m


アニメ『のだめカンタービレ』の公式サイトですぅ〜
関西は、やっと放映されました〜 (^o^) 関西は火曜の深夜、水曜の2時頃からですね。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪


にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜

ブログランキング
人気blogランキングへ
 ← ポチッとお願いします。 (^_^)v

音楽ブログランキング ← このランキングにも参加しましたぁ〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜



3
ブログネタ
鬱とのつきあい方 に参加中!

Guten Morgen!!

昨日は色々と考えるところがありました。
ブログにも少しだけ書きました。

私は職場での雑談がものすごくストレスになっています。人のお金の話、人の病気の話、これが職場での一番の話題です。私はそんなものは聞きたくもありません。そういうことをチャットの友人に話したら、「それは気にしすぎだよ、音楽とかに逃げると、そういうことが嫌いな人だと思われて、余計にそういう話をされるよ」って言われました。でも、そんな話ばかり聞いていると、いいいいぃぃって気持ちになります。

どうしてそんな会話しかできないのかなって思っていまいます。皆さんの職場はどうですか? 皆さんはそんな話、聞きたいですか?

♪♪♪♪♪
今朝は、ブルックナーです。
私のブログは同じ曲を何度も何度も取り上げています、ギャボーーー ひつこく
どちらかというと、自分の聴いたものの感想、そのときの気持ちなどを書いています。

ブルックナー:交響曲第2番 ハ


アントン・ブルックナー 交響曲 第2番
ホルスト・シュタイン指揮 ヴィーナーフィルハーモニカー

この曲の素晴らしさを教えてくれた演奏は、ジュリーニの演奏でした。ジュリーニの演奏は、ヴィーナーシンフォニカーです、シュタインさんの演奏は、フィルハーモニカーの演奏です。やはり、フィルハーモニカーの方が、オケストラとしては上手いですよね、それに、シュタインさんの棒で、余計に上手さが増しているように感じます。

シュタインさんは、NHK響を一時期よく振っておられました。そのときはそれほど良いとは思わなかったです、同時期に、スィトナーさん、サヴァーリッシュさんも振っておられたんで、それほど目立たなかったように思います。

それに、シュタインさんは、バイロイトでも活躍されていましたね、ギネス・ジョウンズさんがブリュンヒルデを歌っておられた頃だと思うんですが、そのときもそれほどとは思いませんでした。

ですが、最近、シュタインさんの録音を色々と聴くようになって、本当は凄いのではないかって思うようになりました。

このブルックナーも良いですね、何度聴いても、その印象は変わりません、曲も素晴らしいのですが、演奏も良いように思います、というのも、2番はジュリーニさんとシュタインさんの演奏しか知りませんから、爆〜

♪♪♪♪♪
「そのまんま東」知事が人気者になっていますね
大丈夫かな?康夫ちゃんもブームになりました、でも、やはり日本は根回し社会で、跳ね上がりもの、意見の違う人をはじき飛ばそうとする人が多いです。意見の違いを認め合う社会にはなっていませんね。何かこれまでと違うことをやろうと思うと、ものすごい反対を受けてしまいますね。私はこういう社会が一概に悪いとは思いません、ですが、今の日本は、寛容の精神がなくなりつつある社会になっているのではないかなって思うんですよ。

今朝も何とかブログを更新できました。
今日は一ヶ月ぶりで、散髪に行こうかと思っています。
10時に予約したかったんですが、混んでいるようで、1時半からです。それまで、少しは仕事をしようかなって思ったりも〜 まぁ、無理せず、ゆっくりしていようかな、とも思います。 (^^)


にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
← このランキングにも参加しましたぁ〜 応援してくださいね (*^_^*) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 少し上がりました。ありがとうございます。m(_ _)m


アニメ『のだめカンタービレ』の公式サイトですぅ〜
関西は、やっと放映されました〜 (^o^) 関西は火曜の深夜、水曜の2時頃からですね。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪


にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜


音楽ブログランキング ← このランキングにも参加しましたぁ〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜



再起


ディック・フランシスの久しぶりの新作
もう新作は出ないのではないかと思っていました。
今、読み始めています (^o^)

2
ブログネタ
クラシック に参加中!

Guten Abend!!

今日は午前中は少しの練習と会議です。

いつもの喫茶店で昼食、野菜炒めランチにしました。サービスランチはハンバーグだったんですが、ちょっと胃にもたれることもあって、野菜炒めにしました。

♪♪♪♪♪
行き帰りには、モツアルトのセレナーデ『ポストホルン』を、ベーム指揮のベルリンフィルのものを聴きました。
ベームは、ヴィーンよりも、ベルリンフィルとの演奏の方が良いような気もしますね。

この曲は本当に良い曲ですよね、何楽章でしたっけ、オーボエとフルートが旋律を歌い合うところは、本当に美しいです。オーボエは、コッホさん、フルートは、ゴールウェイさんのソロです。

帰ってきてからは、無性に、モツアルトの『クラリネットコンチェルト』を聴きたくなり、アルフレート・プリンツさんのソロ、ベーム指揮 ヴィーナーフィルハーモニカーの演奏を〜 プリンツさんも、何度も何度もライブで聴いたクラリネット奏者ですね、ヴィーンでもソリストクラスの管楽器奏者はそれほど多くはないと思うんですが、プリンツさんのクラリネットは、豊かなで、自然な感じが持ち味でしょうか、ですが、テクニークも相当のものだと思います。

♪♪♪♪♪
4時過ぎに練習に出かけました、そのときは、ベーム指揮のベルリンの演奏で、モツアルトの『ハフナーセレナーデ』を聴きながら行きました。今日はモツアルトの日ですね。

帰ってきてからは、オーマンディ・フィラデルフィアの伴奏で、フィラデルフィアのトップ奏者を長年務められたクラリネット奏者、ジリオッティさんの演奏する、モツアルトの『クラリネットコンチェルト』を聴いています。

この演奏のおもしろさは、オケストラがもの凄く雄弁なんですよ。オーマンディのモツアルト、良いですね、暖かいて、分厚い弦の響き、バックの管楽器、フルート、バスーン、ホルンの上手さも特筆ものですよ。

ジリオッティさんのクラリネットは、響きは少し暗めです、オケストラのソロの場合と同じで、本当に安定した演奏ですね。私はジリオッティさんの方が最近は好きですね〜
ジリオッティさんは、フランスのセルマー社のクラリネットを吹いておられたそうです、ジリオッティモデルというそうです。

本当に伴奏が何とも言えず、美しいんですよ。
皆さんにも一度は聴いてもらいたい演奏です。


にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
← このランキングにも参加しましたぁ〜 応援してくださいね (*^_^*) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 少し下がってきました;;


アニメ『のだめカンタービレ』の公式サイトですぅ〜
関西は、やっと放映されました〜 (^o^) 関西は火曜の深夜、水曜の2時頃からですね。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪


にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜

音楽ブログランキング ← このランキングにも参加しましたぁ〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜



♪♪♪♪♪
今朝の会議では、ある企画に対して、反対意見を述べました。すると、その企画を出した人が怒り出してビックリしました。逆ギレって感じでした。私には、その方がどうして怒っておられるのか、分かりませんでした。(分かるような気もします、反論できないんで、怒り出されたのではないかなって)。もう会議には出たくありませんね〜;;


昨日、るどるふ・ぜるきんが
やってみたいですね、ですが、この曲はシュベルトのオクテットよりも、ヴァイオリンが難しくて、ちょっと今朝のようなところもあります。
とか思ってたらしいの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「雁次郎」が書きました。

3
ブログネタ
クラシック に参加中!

Guten Morgen!!

今朝も4時前起きです、『朝まで生テレビ』がまだ終わっていない時間に起きてしまいました。

昨日は忙しい一日でした。
7時半頃に仕事に出かけ、11時まで仕事をし、時間があったので、お医者さんに出かけ、その足で昼食に出かけ、それから家で少し休憩し、また、2時半頃に仕事に出かけました。

3時半から5時半頃までの仕事だったのですが、仕事場を後に出来たのは、7時、それから練習に出かけました。

練習はどうだったでしょうか?
かなり遅れてしまいましたし、アップも出来ず、ちょっと不完全燃焼のような状態でした。で、個人練習で、音階練習などを小一時間ほどやりました。(練習指揮者に嫌みも言われました、爆〜、相性が悪いんです)

♪♪♪♪♪
今日は、久しぶりにゼルキン師の演奏を〜

モツアルト ピアノコンチェルト第15番
ルドルフ・ゼルキン師
クラウディオ・アバド指揮 ロンドン・シンフォニー・オケストラ 

このところ、ミケランジェリのピアノを聴いてきましたので、かなり、新鮮な感じがします。

一音、一音を慈しむような演奏です。
同じパッセージを決して繰り返すようなことはないですね
それに、テンポは遅いんですが、意外に遅いようには聞こえないんですよね、微妙にテンポを揺らしているからかもしれません。

アバドが絶妙な伴奏をつけていますね
二人の関係が相当良かったんだと思います、相性も〜

2楽章の静かな雰囲気は、格別ですね

3楽章は、オーボエとピアノとか歌の交換をするところ、何とも言えません。

♪♪♪♪♪
ここまでは、本当は昨日、聴いていたところなんですよ、爆〜

Beethoven: Piano Sonatas Nos 8, 14, 23, 30


今朝は、ベトベンのピアノソナタ第30番
録音は、1952年のもので、普通に出回っているCBS盤とは違う録音です。

やはり良いですね、1楽章の出だし、何とも言えません
それに、2楽章の Gesangvoll まさに言葉の通りの演奏ですね。心が落ち着きます。

書いていて思いますが、音楽は言葉よりも勝っているのではないかなって思います。音の方が雄弁であるように思います。このゼルキン師の演奏を聴いていると〜

♪♪♪♪♪
今日は午前中は会議があります。私の大嫌いな会議です、爆〜。会議に出かける前に練習をしようと思っています。午前中に練習をしておかないと、不安なんです。

今日もブログの更新ができました。
気持ちの良い朝を迎えています。

今日も感謝の気持ちを忘れずに〜 (^o^)


にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
← このランキングにも参加しましたぁ〜 応援してくださいね (*^_^*) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 少し下がってきました;;


アニメ『のだめカンタービレ』の公式サイトですぅ〜
関西は、やっと放映されました〜 (^o^) 関西は火曜の深夜、水曜の2時頃からですね。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪


にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜

音楽ブログランキング ← このランキングにも参加しましたぁ〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜



ファミレスから帰ってきて、『芋たこなんきん』を見ました。
藤山直美のお母さん役の香川京子さん、上品やわ、どないみても、あの娘のお母さんには見えません、爆〜。でも、それがドラマの良さかもしれませんね。

昨日『チャングムの誓い』(完全版)第3回も見ました。
チョ・ジョウウンちゃんがカワイイですよね、ハングルにも慣れてきました。
字幕の方が、俳優さんの声と表情が一致して面白いですね〜
ミ(`w´彡)

3
ブログネタ
うつと暮らす に参加中!

Guten Morgen!!

今朝も、ミケランジェリのピアノを聴いています。まとめてCDを買ったんで(大人買いとか言うそうですね)、それを少しずつ聴いています。

普段、私が殆ど聴かない部類の音楽です。今朝はドビュッシーの『プレリュード』第1巻、それに『子供の領分』です。

『子供の領分』は、有名な曲ですから、知っている旋律も出てきますね。フランスの作曲家のオケストラ曲は割と聴きます。ピアノ曲となると、ラヴェルは、カサドシュが好きなので聴くことがあります、それに、フォーレの室内楽くらいでしょうか、ドビュッシーのピアノ曲、LP時代から殆ど聴いたことがありません、私にとっては、新しい分野です。

ですから、ミケランジェリの演奏がどうなのか、私には、まったく言えません。何度か聴きこまないと〜
ただ、いつも聴いている、モツアルト、ベトベンとは、まったく別の世界だなって思います。フォーレは、割とベトベンと近い世界の作曲家ではないかなって勝手に思っているんですが、ドビュッシー、ラヴェルとなると、かなり違っていますよね。

♪♪♪♪♪
昨日は、午前中は、練習、買い物に出かけ、いつもの喫茶店でランチ、その後コンビニで、夕食を買い、帰ってきて、ブログを書いたり、ブログを見たりしていて、昼寝をしたら、目が覚めたのが7時半〜

R.シュトラウス 歌劇《カプリッチョ》 パリ・オペラ座 2004年


夜は、パリオペラ座で録画された、R・シュトラウスの『カプリッチョ』の後半を観ました。このDVDは変わった演出をしていて、主役を歌うルネ・フレミングがオペラ座に『カプリッチョ』を観に来たところから、オペラが始まります。それに、オペラの時代を1942年『カプリッチョ』が初演された時代に舞台の時代を移し、ナチの陰が忍び寄っているパリを舞台にしています。非常にややこしい設定です、まだよく分かりません、爆〜。

演奏は、素晴らしいですね、特に、ルネ・フレミングの伯爵令嬢は、絶品ですね、それに、ラ・ロッシュ役のフランツ・ハヴラータというバリトンは上手いですね、ビックリです。最近、『薔薇の騎士』のオックス男爵を得意にしているとのこと。なるほどって思います。メトロポリタンの引っ越し公演でも、フレミング、グラハムと共にオックスを歌ったそうですね。日本でのオペラ公演は、チケット代がバカ高くなっていて、ちょっと行けないですよね、それに、すぐに売り切れ;;

このDVDは、はまりますね〜。

♪♪♪♪♪
今日は、『チャングムの誓い』完全版の放映日ですよ!!
確か韓国では、70分の放映時間だったと思うのですが、本当に完全版なのでしょうか??
どなたか、お教えください〜〜

今朝も、何とかブログの更新をしました。
今日は、朝の時間、夕方に仕事があって、それから、練習です。

今日も何とか一日を過ごしたいですね、感謝の気持ちを忘れずに〜


にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
← このランキングにも参加しましたぁ〜 応援してくださいね (*^_^*) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 少し下がってきました;;


アニメ『のだめカンタービレ』の公式サイトですぅ〜
関西は、やっと放映されました〜 (^o^) 関西は火曜の深夜、水曜の2時頃からですね。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪


にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜

音楽ブログランキング ← このランキングにも参加しましたぁ〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜


3
ブログネタ
クラシック に参加中!

Guten Abend!!

今日はお休みです。
ファミレスでは、浅田次郎氏の『珍妃の井戸』を読書です。
帰ってきてから、『芋たこなんきん』を見た後、少し眠ってしまいました。

♪♪♪♪♪
今日は練習も〜 午前中に練習するのが好きです。

いつものように音階練習から
⇒ 今日は少しやり方を変えました。スケールとアルペッジョをすることにしました。これからは、アルペッジョも練習に入れていこうと思っています。
⇒ その後は、デタッシェの練習 難しい指でのデタッシェ
⇒ このまえ練習で上手く演奏できなかったところのチェックをしています。テンポは、実際の倍くらいのテンポで、息と指との確認をしています。

少し休憩して、また練習です
⇒ 練習の最後には、音階練習とアルペッジョを入れることにしました。長調、短調とも。少し練習のパターンを変えてみようかと思っています。

♪♪♪♪♪
今日は珍しく、ジョージ・セル指揮 クリーヴランドの演奏で、モツアルトを聴いています。昔は、セル・クリーヴランドの演奏は、LPで本当に良く聴きました。廉価盤が色々と出ていた時代です。

CD時代になってからは、あまり聴かなくなっています。きっと、オーマンディ・フィラデルフィアを聴きだしたからではないかなって思います。

モツアルト セレナード『ポストホルン』
ジョージ・セル 指揮 クリーブランド

Mozart: Eine kleine Nachtmusik; Posthorn Serenade; Six German Dances

(私が持っているCDは、モツアルトの後期のシンフォニーが入っている3枚組のCDです)

セルとクリーヴランドのアンサンブルは、良く完璧だって言われましたよね。でも、今聴いてみると、意外とアラもありますよね、爆〜。弦楽器の音が良く言えば、しまっている、悪くいうと、味わいが乏しいとも。管楽器は、意外に大人しいというか、派手さは殆どないですよね。そういうこともあって、最近はあまり聴かなくなっています。
CDは、ベトベンの全集、モツアルトの交響曲集、それに、ハイドン、ブラームスの全集などを持っているんですよ。

でも、この曲は、珍しく、良く聴きます。
木管前列の歌の交換がとても美しいですよね。
硬質なアンサンブルって感じが、この曲には合っているような気がします。もう少し暖かさがあっても良いのにって、思ってしまいますが〜。

『ポストホルン』が終わって、CDの最後の曲、『フィガロの結婚』の序曲になりました。弦楽器がたたみかける最後のところは圧巻ですね。この演奏でも木管楽器の音が小さいです。ただ、ラッパは上手いですね〜。小さな音で響きを締めています。

♪♪♪♪♪
今日は、午後は昼寝をしてしまいました。
4時前から7時半頃までです。で、夕方の練習はできませんでした。
夜遅くは練習はさすがにできません。他の住民の方に迷惑がかかるかもしれませんから〜。

これから、R・シュトラウスの『カプリッチョ』のDVDを観ようかなって思っています。


にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
← このランキングにも参加しましたぁ〜 応援してくださいね (*^_^*) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 少し下がってきました;;


アニメ『のだめカンタービレ』の公式サイトですぅ〜
関西は、やっと放映されました〜 (^o^) 関西は火曜の深夜、水曜の2時頃からですね。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪


にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜

ブログランキング
人気blogランキングへ
 ← ポチッとお願いします。 (^_^)v



3
ブログネタ
うつと暮らす に参加中!

Guten Morgen!!

昨日はさすがに疲れ果てて、早めに寝ました。
今朝は、4時前起きです、爆〜

今朝は、超珍しく、バッハを聴いています。

バッハ:ブランデンブルク協奏曲集(全6曲)
ルドルフ・バウムガルトナー指揮 ルツェルン弦楽合奏団
ヨゼフ・スーク(ヴァイオリン)オーレル・ニコレ(フルート)モーリス・ブルグ(オーボエ)ギィ・トゥーヴロン(トランペット)、他

バッハ:ブランデンブルク協奏曲集


バロックは昔は(LP時代ですが)良く聴きました、NHK、FMの朝の『バロック音楽の時間』は、愛聴番組でした。本当に毎日聴いていました(今もやっているのかな)、皆川達夫さんの解説が良かったんですよね。

『ブランデンブルクコンチェルト』で持っているCDは、カザルス指揮のマールボロ音楽祭のオケストラのものだけです、今は〜。
私が聴くものは非常に偏っています。

バッハを聴いていても、眠くなってしまう演奏が多いんですが、このバウムガルトナーの演奏は、そんなことはないですね、どの曲も生き生きしていて、それに、素晴らしいソリスト陣です。スークさんのヴァイオリン、ジャコテさんのチェンバロ、ニコレさんのフルート、ブールグさんのオーボエ、どれを取っても、一級のものですよね。

こんなに聴きやすいバッハは、久しぶりです。5番のコンチェルトって手垢が付いたような演奏が多いですが、チェンバロの動きが面白いですよ。ニコレさんのフルートも見事ですね。久しぶりに上手いフルートを聴いたように思います。

全曲を通して聴けるなんて、久しぶりです、途中でCDを変えてしまうことが多いんで (^_^;)。
クレストシリーズとかで、HMVでは安売りですよ (^_^)v

♪♪♪♪♪
昨日は、朝からタダの仕事に出かけました(交通費も出ません、爆〜)。もちろん、お金をもらえる仕事をしに来ておられる方が殆どでした、というか、タダの仕事に来ているのは私だけでした。それで、分かったんですが、私には仕事が来ていないってことでした、爆〜。まぁ、ええわ、って思っていますが、チョットだけムッと来ました、何であの人はあんなに仕事が多いの?って。私は自営業ですから、行ってナンボの世界なんで〜。

そりゃ、私は去年も休んだし、前にも何ヶ月か休んだこともあるし、仕事は遅いし〜、こういうのがマイナス点になっているんでしょうね

まぁ、良いですよ(爆)、ゆっくり、マイペースで仕事をしようと思っています。

♪♪♪♪♪
『ブランデンブルクコンチェルト』に戻ります。5番、本当に面白い演奏です。音程の良さ、品の良さ、音楽の愉しみを与えてくれる、本当に良い演奏ですよ。

今日はお休みです。ゆっくり練習したいなって思っています。
今朝もブログを更新できました。

今日も感謝の気持ちを忘れずに〜〜


にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
← このランキングにも参加しましたぁ〜 応援してくださいね (*^_^*) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 少し下がってきました;;


アニメ『のだめカンタービレ』の公式サイトですぅ〜
関西は、やっと放映されました〜 (^o^) 関西は火曜の深夜、水曜の2時頃からですね。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪


にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜

音楽ブログランキング ← このランキングにも参加しましたぁ〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜


2
ブログネタ
クラシック に参加中!

Guten Abend!!

今日は7時に出かけ、帰ってきたのは、8時頃です。
さすがに疲れました。仕事場は相変わらず喧しいです。
今日はCDを聴くことにしました。
ミケランジェリが弾く、シュベルトのソナタを聴きました。曲も変わっていますが、演奏も古典の演奏とは思えないものですね
このピアニストの演奏は、何度も聴いてみないと、その良さが分からないような気がします。

帰りは、ベトベンの5番のコンチェルトを聴きながら帰ってきました。
まず気づいたことは、トリルの正確さですね、本当にキラキラしています。それと、1楽章の中間部で、ジャジャジャン、ジャジャジャン、とピアノとオケストラが交互にリズム打ちをするところがありますよね、あのピアノの強い打鍵は、印象的ですね。
それと、3楽章の主題で、裏拍にアクセントをつけている演奏は初めてです。

ちょっと魔術師のようなピアニストのような感じがします。

♪♪♪♪♪
帰ってきてから、アニメ『のだめカンタービレ』第2回を見ました。
面白くなってきましたね、一回目よりも俄然面白かったです。
龍太郎くんは、瑛太さんの印象が強いんですが、アニメの方が、コミックに忠実かもしれませんね。

どんどん面白くなっていきそうですね〜

♪♪♪♪♪

1番も、5番のコンチェルトも、ジュリーニ指揮ヴィーナーシンフォニカーです。ジュリーニのサポートも良いですね、きっと相当のコミュニケーションをしたのではないかなって思います。しかもライヴ録音で、あれだけの演奏、ちょっとビックリしています。

今日はちょっと短めです。
疲れています。
ルネ・フレミングが歌う『カプリッチョ』を観ようかと思っています。


にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
← このランキングにも参加しましたぁ〜 応援してくださいね (*^_^*) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 少し下がってきました;;


アニメ『のだめカンタービレ』の公式サイトですぅ〜
関西は、やっと放映されました〜 (^o^) 関西は火曜の深夜、水曜の2時頃からですね。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪


にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜

ブログランキング
人気blogランキングへ
 ← ポチッとお願いします。 (^_^)v



3
ブログネタ
うつと暮らす に参加中!

Guten Morgen!!

今朝は5時起きです。
昨日はさすがに疲れました。午前中は、マンションの水回りのチェックということで、のだめ部屋状態の玄関の段ボールなどのゴミを何とか整理して、捨てました。
それから、仕事の準備をして、喫茶店にお昼を食べに行って、仕事に出かけ、帰ってきたのは、10時半です。

♪♪♪♪♪
今朝は、ミケランジェリのベトベンを聴いています。ブログ仲間のYさんのコメントに触発され、ミケランジェリを聴いてみたくなり、大人買いをしました、爆〜。

L'Arte Di Arturo Benedetti Michelangeli


その中から、DGに録音したものから
ベトベン ピアノコンチェルト 第1番
ミケランジェリ(ピアノ)
カルロ・マリア・ジュリーニ指揮 ヴィーナーシンフォニカー の演奏です。

昨日は、モツアルトのコンチェルトも車で聴いたのですが、ちょっと独特だなって印象でした。このベトベンは、音の粒がくっきりと出ている演奏ですね。

2楽章は遅いですが、思い入れたっぷりな演奏ですね、ジュリーニの影響もあるのでしょうか?二人の協演の演奏が多いですが、イタリア人通しでそれなりの良い関係があったのでしょうか?
この2楽章はいつ聴いても良い曲ですよね。1楽章とはピアノの音が変わったように感じます。ペダルの使い方を変えられているのでしょうか? オケストラが弱音で美しいですね。これはジュリーニの好みなんでしょうか?
2楽章の最後のクラリネットの絡みのところで、ピアノがスタッカートで演奏していますね、こういうのは、私は初めてです。

3楽章です。ミケランジェリっていうピアニストは、本当に細かいところに細かなニュアンスをつけていますね〜。私はゼルキン師ばかり聴いていて、他の演奏を受け付けない時もあるんですが、これは良いですわ〜。
初めのピアノのソロも、左手と右手の力の入れ方が微妙に違っていますね〜。芸が細かいです。

ミケランジェリをまとめて聴いてみたいと思っています。

♪♪♪♪♪
今日も本当は仕事はお休みの日なんですが、ボランティア(無給という意味で使っています)の仕事に、7時から出かけます、帰りは、7時頃になるでしょうか?

そのまんまさんが知事になりましたね、割とまともなコメントをしていますね、知事になってすぐに「鳥インフルエンザ」問題、既成の政治家に対する批判票なのでしょうか?
大阪のノックちゃんのようにならないと良いですね〜。

今日も何とかブログの更新をしました。
コメントをくださった方々、ありがとうございます。ちょっとレスが遅くなっています。申し訳ありません、m(_ _)m 。




にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
← このランキングにも参加しましたぁ〜 応援してくださいね (*^_^*) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 少し下がってきました;;


アニメ『のだめカンタービレ』の公式サイトですぅ〜
関西は、やっと放映されました〜 (^o^) 関西は火曜の深夜、水曜の2時頃からですね。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪


にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜

音楽ブログランキング ← このランキングにも参加しましたぁ〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜



3
ブログネタ
クラシック に参加中!

Guten Morgen!!

昨日は夜のブログの更新をしようと思っていましたが、できませんでした。
帰ってきたのが、遅かったんで〜。3時半起きで、昼寝なしで、1時から9時まで働きました、途中、お休みがあったんですが、爆〜。

昨日は、車の中、仕事場で、バルビローリ指揮 ベルリン・フィルの演奏する
マーラーのシンフォニーの9番を聴きました。名盤の誉れ高い演奏です。

私は、マーラーの9番は、ヴァルターがヴィーンが併合される直前に録音した、ヴィーン・フィルとの演奏がこれまで聴いた演奏の中で一番好きです。バルビローリの演奏もそれに次ぐ演奏ではないかなって思いました。ですが、何度か聴いてから、まだ感想を書きたいと思っています。

♪♪♪♪♪
今朝は、ヘルマン・プライさんの若い頃に録音されたアリア集を〜

ドイツ・オペラ・アリア集


ヘルマン・プライさん(バリトン)
ホルスト・シュタインさん指揮 ベルリナーシンフォニカー(シュタインさんのサポートも素晴らしいですよ)
1961、62年の録音です。

・モーツァルト:歌劇『魔笛』〜パパゲーノのアリア ⇒ これはプライさんならではのパパゲーノですよね
・クロイツェル:歌劇『グラナダの夜営』〜猟人のロマンツェ
・マルシュナー:歌劇『ハンス・ハイリング』〜ハンスのアリア
・ロルツィンク:歌劇『ロシア皇帝と大工』〜皇帝のアリア
・ロルツィンク:歌劇『密猟者』〜伯爵のポロネーズ ⇒ ここまでの曲は初めて聴く曲ばかりです。
・ワーグナー:歌劇『タンホイザー』〜ウォルクラムの懸賞歌 
・ワーグナー:歌劇『タンホイザー』〜夕星の歌(ワーグナー) ⇒ F・ディースカウさんの名唱もあるのですが、プライさんはまたひと味違う、ヴォルフラムですね。ディースカウさんは上手すぎるっていうところもあると思うんですよ、ですが、プライさんは、温かみがありますね。
・ネッスラー:歌劇『ゼッキンゲンの喇叭手』〜ウェルナーのアリア
・フンパーディンク:歌劇『王様のこどもたち』〜吟遊詩人の最後の歌
・コルンゴルト:歌劇『死の都』〜想い浮かぶは故郷のこと ⇒ コルンゴルトのこのオペラは最近ようやく、日の目が当たるようになってきていますね、このアリアも、美しいですね (^o^)

プライさんは、F・ディースカウさんよりも低い声ですよね
『フィガロ』では、プライさんがフィガロ、ディースカウさんが伯爵で、ベーム盤の素晴らしい録音が残されていますね。ロッシーニの『セヴィリアの理髪師』は、プライさんのもの、プライさんが晩年には、『マイスタージンガー』のベックメッサーの新しい形を作られましたが、ディースカウさんは、新しいザックスを作られました。

きっと、ずっとライヴァルと、二人は思われてきたことだと思います。お二人がどんな関係であったのかは、私には分かりません。ただ、ニルソンさんが「歌手同士の友人関係というのは本当に少ない、私にはリザネクさんという友人がいますが」と書かれていました。スターには、なかなか同じ分野の友人というのは出来にくいのかもしれませんね。

録音ということでは、ディースカウさんが圧倒的に多いと思います。ですが、プライさんの歌声も、今では非常に貴重なものではないでしょうか?

シュベルトの『冬の旅』も聴いてみたくなりました。上手すぎるディースカウさんとは違う歌声を聞けるのではないでしょうか?

オペラでは、『フィガロ』『コジ』は持っていて、いつもプライさんの素晴らしい歌声が聴けます。ベックメッサーも聴いたいなって思っています。ディースカウさんとの競演の『マイスタージンガー』が実現していたら、どれだけ良かったかなって思います、残念ながら、そういう録音は残されていません。

♪♪♪♪♪
昨日も、職場は喧噪の嵐でした。本当に喧しかったです。これが、私にとって一番のストレスの原因です。ゴルフ、ワンちゃん、人の収入の話、誰それが一千万を超える車を買ったとか、そんなことしか話すことはないのでしょうか? この酷い世の中を嘆く声など一つも聞かれません。私の職場がどこだって??思われる方もおられるかもしれませんが、私は自営業です、爆、自由業だって言うこともあります。お分かりでしょうか?

今朝も何とかブログを更新できました。
今日は、マンションの水回りのチェックがあって、自宅にいないといけません。その間に仕事の準備をし、今日は1時までには出ようと思っています。

今日も感謝の気持ちを忘れないようにしたいと思っています。

ランキングが下がってきてしまっています、ポチッとお願いします <(_ _)>

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
← このランキングにも参加しましたぁ〜 応援してくださいね (*^_^*) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 少し下がってきました;;


アニメ『のだめカンタービレ』の公式サイトですぅ〜
関西は、やっと放映されました〜 (^o^) 関西は火曜の深夜、水曜の2時頃からですね。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪


にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜

音楽ブログランキング ← このランキングにも参加しましたぁ〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜



3
ブログネタ
クラシック に参加中!

Guten Morgen!!

ブログは昨日の夜に書き出したんですが、寝てしまいました。疲れていたのでしょうか?

今朝は、3時半起きです、爆〜。(^_^;)

昨日は、午前中は、ファミレスで、センター試験の英語の問題をやりました。帰ってきてから、新聞、予備校のサイトなどを見て、どういう判断をしているのかなって思って、ちょっと見てみました。普段はそんなサイトとは無縁なんですが〜、爆〜。

ここからは、昨日書きかけて寝てしまったところも含んでいます。

♪♪♪♪♪
昨日は、HMVに注文しておいたCDが届きました。
ヨゼフ・スークのヴァイオリン、スメタナカルテット(+α)が弾くメンデルスゾーンのオクテット、ハイドンの弦楽四重奏曲(日本でのライヴ録音だそうです)、ヘルマン・プライのアリア集、バルビローリのマーラーの9番、ルネ・フレミングが歌っている『カプリッチョ』のDVD、それにバッハの『ブランでブルクコンチェルト』です。スーク、スメタナ・カルテット、プライさんのアリア集も廉価盤、その他のものは、ブログ友達の方々がブログで紹介されていて、聴いてみたいなって思ったものばかりです。

♪♪♪♪♪
昨日の夕方は、友人の京都のオッチャンに、PCのことを電話で質問しました。私にはオッチャンが使うPC用語が分からず、コミュニケートできませんでした、爆〜。どうして、訳の分からない横文字を使うんでしょうか? もっと分かりやすい日本語が使えないのでしょうか? たとえば「上位互換性」という言葉、こんな言葉を聞いてすぐに日本語が分かるんでしょうか? 私にはそこの言葉が分からず、言い合いになりました、爆〜。「言葉」の問題は奥深いですね〜。

♪♪♪♪♪
まず聴きだしたのは、もちろん、ヨゼフ・スークのアルバムです。
『スーク・ライムライト』というアルバムです。


ライムライト


収録曲は
(1)思い出(ドルドラ)
(2)故郷の人々(フォスター)
(3)歌の翼に(メンデルスゾーン)
(4)汝はわが傍らに BWV508(バッハ)
(5)ただ憧れを知る人のみ(チャイコフスキー)
(6)メヌエット 作品49の2(ベートーヴェン)
(7)嘆きのセレナード(トセリ)
(8)愛よ、おお愛(チェコ民謡)
(9)ウィーン奇想曲(クライスラー)
(10)ロマンス(パガニーニ)
(11)前奏曲第4番 ホ短調 作品28の4(ショパン)
(12)間奏曲(プロヴォスト)
(13)ワルソー・コンチェルトよりアダージョ(アディンセル)
(14)ライムライト(チャップリン)
ヨゼフ・スーク(ヴァイオリン)
ヴァーツラフ・ヒブシュ(編曲&指揮)ヴァーツラフ・ヒブシュ・オーケストラパヴェル・キューン合唱団

1989年の録音みたいです。800円台の廉価盤です。

オケストラがちょっと、融通が利かない感じです。
スークはインテンポを余儀なくさせられている感じがしますね、もう少しリズムを揺らしたかったのではないかなって。とりわけ、チャップリンの曲など、たっぷりと歌ってほしいなって思ったりもします。ですが、これはこれで、良いのかもしれませんね〜。

スークのヴァイオリン、甘い音色、音程の良さ、品の良さはいつも通りですね

♪♪♪♪♪

ハイドン:弦楽四重奏曲第39番&amp;第67番


次は、スメタナ・カルテットにパノハ・カルテットに参加して演奏している、メンデルスゾーンの『弦楽八重奏曲』を聴いています。16歳のときの作品だそうです。この曲は昔は、ヴィーンのアンサンブルのLPを持っていて、良く聴いていました。リムスキーコルサコフの『ピアノと木管のための五重奏曲』とのカップリングでした。アマゾン、HMVのサイトを見たのですが、CDは出ていませんね。

メンデルスゾーンのこの『オクテット』は、本当に良い曲ですね、シンフォニーよりも良い曲だと思います。1楽章に沸き上がってくるような旋律、いつ聴いても、うきうきしてきます。(^^)

♪♪♪♪♪
昨日は、午前は、センター試験をやり、後は、何をしていたのかな、そうそう、ある団を退団させられた方と、メールの交換をしていました。ある程度、コミュニケーションができている場合は、メールでも話ができますね。

午後は、『たかじんのそこまで言って委員会』を見ていて、寝てしまいました。起きあがったのが5時半頃、少しTVを見て、京都のオッチャンと電話をした後、CDを聴きだしたのですが、寝てしまって;; 目が覚めたら2時前でした、で、3時半に起床

今日からの一週間は、仕事があります。
今日は午後から夜まで
明日も同じ、水曜は朝から夕方まで、金曜は朝から午後まで、土曜は、嫌な『会議』です。私は会議が大の苦手です; 言いたいことは言えないし、それかといって、黙っていると認めたということになるし〜;; 

♪♪♪♪♪
今日の仕事の準備は、ファミレスでやろうと思っています。

昨日はブログは一回しか書けませんでした。今日は二回書きたいですね〜。

今日も感謝の気持ちを忘れずに〜 (^o^)


アニメ『のだめカンタービレ』の公式サイトですぅ〜
関西は、やっと放映されました〜 (^o^) 関西は火曜の深夜、水曜の2時頃からですね。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
← このランキングにも参加しましたぁ〜 応援してくださいね (*^_^*) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 少し下がってきました;;

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜

音楽ブログランキング ← このランキングにも参加しましたぁ〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜



<<今朝届いたメルマガから>>

人を許すなんてこと、できっこありません。
神様だって、許せない奴には、天罰をくだすのです。
人間に人間を許すことなんてこと、できっこないです。


そもそも、許すことで和解できて、双方が幸せになれるのは、
お互いに相手に対する愛情がある場合に限られます。
親子や夫婦など、愛があるのに、コミュニケーションの行き違いから、
誤解が生じている場合。
これは、許し、歩み寄り、話し合いの場を持つことで、和解できます。

けれど、あなたが「許せない!」と思っている相手は、
残念ながらほとんどの場合、あなたのことを愛してくれてなどいません。

そんな相手を許す必要などないのです。

人の苦しみの多くが、今の自分にとって必要のない人間関係を継続している
ことから発生しています。



☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 頑張らないで幸せになる無意識の使い方
┃   ↓メルマガ登録解除はこちらから↓
┃  http://www.mag2.com/m/0000129794.htm
┃       ───────────────────────────
┃◇発  行   :イメージワーク メンタルサポート
┃   http://www.happysam.jp/
┃◇ご感想をいただけると嬉しいです
┃  幸せ請負人 矢野惣一 info@happysam.jp

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎頑張らないで幸せになる「無意識」の使い方のバックナンバー
⇒ http://blog.mag2.com/m/log/0000129794/
<<>>

4
ブログネタ
クラシック に参加中!

Guten Morgen!!

今朝もベトベンです。
ですが、久しぶりに聴く曲です。
ベトベンの初期の名曲 『七重奏曲』作品20 です。
しかも、演奏者が珍しいもので、フランスの管楽器奏者の往年の名手、ジャック・ランスロのクラリネット、パール・オンニュのバソン、ジルベール・クールシェのホルン、ヴァイオリンはドュモン、ヴィオラはパスカル、チェロはサール、ルジェロのコントラバスの演奏です。

このCDは、私が大昔に東京に行ったときに、石丸電気というCDショップ(今もあるのでしょうか?)で見つけて買ったものです。ちょっと今では手に入らない演奏ではないかと思います。

ランスロさんは、フランスのクラリネット界、ばかりか世界のクラリネット界に多大の影響を及ぼした名手であったですよね、バソンのオンニュさんは、パリバロックで数々の録音を残された方ですね。ホルンは本当のフレンチホルン(今ではフランスにも残されていないそうです)の名手です。

ベトベンのこういった曲だと、決まってヴィーンの奏者の演奏が第一に挙げられますが、私は管楽器の入った室内楽は、フランスの奏者、もしくは、アメリカの奏者の演奏が好きです。

それは、それぞれの楽器がしっかりと自己主張をしつつ、それが一つの音楽になっているからです。全体の音楽だけが重視されて、それぞれの楽器の持ち味があまり出ていない演奏がドイツ系の演奏家には多いような気がします。

♪♪♪♪♪
私が大学生の頃、パリバロックの来日があり、私も心をときめかせて演奏会に行ったことを覚えています。LPで、オンニュさん、オーボエのピエルロさん、フルートのラリューさんの演奏をどれだけ聴いたか、分かりません。ランスロさん、フルートのランパルさんはもうこの頃は、パリバロックには参加されていなかったと思います。

オンニュさんの音のまろやかな音だったこと、ピエルロさんのオーボエの色彩豊かな演奏に時間を忘れました。オンニュさんは、この演奏会の後、若くして亡くなられました;; 最後の演奏を聴くことができたんですよ。フランスの管楽器を代表する方々だったと思います。
今も懐かしく思い出します、もうXX年も前のことです。

♪♪♪♪♪
昨日は、練習の帰りにいつも行っていた喫茶店に何とか行くことができました。そう書くことには、訳が〜、爆。

昨日も練習場の駐車場には、4時半頃に入れて、喫茶店に行きました。それで、新しい携帯のマニュアルを読んでいましたが、分かりません〜;; それから6時前に練習場に。足早に前を行く人がありました、モラハラオジンの片割れです、エレベータに一緒に乗りましたが、挨拶もなし、こちらもなしです。最近入った方で、私よりも若い方ですよ、「こんばんは」くらいあっても良いのではないでしょうか、でも、私がこの前に話しかけたときも、まったく無視されたので、私も無視しようと思っています。ぴあのんさんが書いてくださったように「空気」と思いますね(ありがとうございます)。

練習が終わって、モラハラオジンが喫茶店に行くのが分かっているんで、きっと9時半頃には帰るだろうと思って、駅前を楽器を持ってウロウロしました。でも、寒くて、爆〜。車に戻りました。でも、なかなか喫茶店から出てきません;;; ああああ、出てきたと思ったら、近くに車を停めていましたから、こちらのことが分かっていたのかもしれませんが、動かないんですよね;; それで、喫茶店に電話して、もう少し開けておいてくれますかって聞いたら、良いよ、ってことで、もう少し待ちました、なかなか帰ってくれません、顔を合わせたくないので、そんな面倒なことをしているんですよ、爆〜。マスターには事情を話してあるので、待ってくださったんだと思います。

ようやく、30分くらい待っていて、帰ってくれました、ホッと(ひょっとしたら、嫌がらせなのかな?こっちには気づいていたと思いますし、爆〜)。

ともかく、帰ってくれたので、喫茶店に
一ヶ月ぶりくらいです、前は毎週、土曜日の夜に色々とマスターと話すのが楽しみでした、その楽しみを壊されて、もう何ヶ月も経ちます。モラハラオジンを無視して、他の席に座ることも考えましたが、私がそんなことをされたら、気分を害すると思ってしまいます、まさに、こういう風に考えさせるのがモラルハラスメントを仕掛ける人の常套手段のようですね

ですが、昨日は10時過ぎから12時半まで、二人で色々なことを話しました。時間が経つのも忘れて、久しぶりで楽しかったです。

♪♪♪♪♪
今朝は、それに、懐かしい演奏
あまり寝ていません、ですが、起きあがってきました。

ベトベンのこの曲は、シンフォニーを書く以前の曲ですよね、この時期には管楽器のための素晴らしい曲が色々とあります。シュベルトがベトベンのこの曲に刺激を受けて、『オクテット』を書いたのは有名ですね。このCDには、そのオクテットも入っています。私は、ベトベンのセプテットはいまだに演奏したことがありません、残念ですが〜。やってみたいですね、ですが、この曲はシュベルトのオクテットよりも、ヴァイオリンが難しくて、ちょっとコンチェルトのようなところもあります。

いつの日にか、きっと実現させたいと思っています、私の夢を〜

今朝も何とかブログの更新ができました。
いつも見てくださっている方々、それに、コメントをくださる方々、本当にありがとうございます。

今朝も感謝の言葉から〜 (^^)


アニメ『のだめカンタービレ』の公式サイトですぅ〜
関西は、やっと放映されました〜 (^o^) 関西は火曜の深夜、水曜の2時頃からですね。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
← このランキングにも参加しましたぁ〜 応援してくださいね (*^_^*) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 少し下がってきました;;

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜

音楽ブログランキング ← このランキングにも参加しましたぁ〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜



今朝、届いていたメルマガから

こういうメルマガです

自┃分┃大┃好┃き┃人┃間┃に┃な┃ろ┃う┃!┃
  ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
     〜潜在意識を味方に付けて心に自信・自分に自信をつける法。〜


            −メンタルビューティー・アファメーション−
                   → http://www.1daIsuki.com 

「相手の気持ちを想像する。」
ともすると、
“どうしてわかってくれないの”と
相手を責めていませんか?

“私はこんなに思っているのに・・・”と
相手にもまったく同じ気持ち、もしかすると
それ以上の要求をしていませんか?

相手の立場になってみましょう
相手の気持ちを想像してみましょう。

責任は、相手にあるのではなく
     自分自身にあると気づくことが大切です。

Q:相手があなたに求めているものは
            何だと思いますか?


〜〜〜〜〜
これは難しいですよね、相手の立場に立つってこと、割と簡単に言いますが、私はそんなことは不可能ではないかと思います。

センター試験をファミレスでやってきました。ホッと。(^_^;)



3
ブログネタ
クラシック に参加中!


Guten Tag!!

今日は、午前中、何とか一つ仕事を仕上げました。
その後、少し練習も

いつものように、まずは、音階練習 ⇒ デタッシェの練習 ⇒ 難しい指でのデタッシェ、4度のものに挑戦しました ⇒ 曲の中の難しいところを倍のテンポ、速いテンポで何度も交互に練習しました。

その後、いつもの喫茶店でランチ
昼寝をしようと思いましたが、どうも眠れません、爆

♪♪♪♪♪
起きあがってきて、何か聴こうと思いました。
ブルックナーの9番、3楽章を聴きたいなって思ったんですが、止めておいて

Strauss: Intermezzo


R・シュトラウス『インテルメッツォ』です。
シュトラウスのオペラの中では、最も上演されることの少ないものではないでしょうか。それにCDも、私が知る限り、一組だけしかでていませんね

ヴォルフガング・サヴァーリッシュ指揮 バイエルン放送響
ルチア・ポップ(ソプラノ)
D・フィッシャー・ディースカウ(バリトン)

指揮者の夫妻の諍いを描いた、間奏曲を交えた会話劇という感じの曲です。台本はシュトラウス自身が書いていますね。

この曲を知ったのは、間奏曲だけを演奏しているCD、ジェームズ・キングさんとレオニー・リザネクさんのガラコンサートの中で演奏されていました。初めて聴くシュトラウスの曲で、あまりに面白いので、全曲を聴いてみたくなり、探しましたが、このCDしか手に入りませんでした。

オペラの中で演奏される間奏曲がもの凄く魅力的な曲ですね。シュトラウスを得意としておられた、サヴァーリッシュさんの指揮、それに、ポップさん、ディースカウさんの名唱を味わえるんですから、それだけで良いですよね。

私はサヴァーリッシュさんが指揮をするシュトラウスは、『アラベラ』だけ聴いたことがあります。アラベラは確か、ルチア・ポップさんだったと思うんですが、はっきり覚えていません、爆〜 どんどん忘れていきますね、爆〜

♪♪♪♪♪
今日は練習がかち合ってしまったんですよ、それで土曜はできるだけ行こうと思っている方の練習に行こうと思っています。

昨日はかなりショックなことがあったんで、今日はそういうことがないことを祈っています。

帰りにいつも行っていた喫茶店に行きたいんですが;;
行けない事情が〜;; 嫌な人が来ているんで〜

でも、行けると良いんですが〜


アニメ『のだめカンタービレ』の公式サイトですぅ〜
関西は、やっと放映されました〜 (^o^) 関西は火曜の深夜、水曜の2時頃からですね。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
← このランキングにも参加しましたぁ〜 応援してくださいね (*^_^*) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 少し下がってきました;;

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜

ブログランキング
人気blogランキングへ
 ← ポチッとお願いします。 (^_^)v



沼津
観たことがありますね
どちらかに挑戦しているように思います

今朝は、それなりの「沼津」
観たことがありません、三代目の型にとらわれてはおられないでしょうね、何とかブログでもピカソ
になって考えますね〜 (^o^)


それから「特命係長 只野仁」
に、二世延若は、昔は残しておきたいって言っておられたですからね


Haydn:The12LondonSymphonies


ハイドン シンフォニー 第94番「驚愕」

レナード・
バーンスタイン指揮 ニューヨーク・
フィルハーモニック の演奏です

ハイドンって無性に聴きました


ハイドンは、二代目さんを尊敬しているプロ、恥ずかしくないのかな?;;
 シンフォニー 第93番 第94番「驚愕」
ジョウウンちゃん、最後に少し出てきた「延若藝話」
と、雁次郎が考えたの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「雁次郎」が書きました。

3
ブログネタ
うつと暮らす に参加中!

Guten Morgen!!

今朝は5時起きです。
昨日もうたた寝をしてしまったです。『特命係長 只野仁』を見ていたんですが、寝てしまったようで。気づいたら、2時半頃でした。で、もう一度寝ました。

今朝は、ドボルジャークの『バガテル』作品47です。
変わった曲で、弦楽四重奏にオルガンが入っています。オルガンといっても、どうも、昔の小学校の教室にあったようなオルガンです。Wikipediaを見ると、「ハーモニウム」を書かれています。ヴィオリン2,チェロ1、それに「ハーモニウム(またはピアノ)」だそうです。1878年の作曲のようです、まだ若い頃の作品ですね。

ジュリアードカルテット、ルドルフ・フィルクスニー(オルガン?)

Dvorak: The 2 Piano Quartets/Piano Quintet/Bagatelles


これが、なかなか面白いんですよね
ドボルジャークというと、シンフォニーでは、8番、9番、それに、チェロコンチェルト、弦楽四重奏曲『アメリカ』が有名ですね。ですが、このCDを聴くまで、ピアノ五重奏曲、ピアノ四重奏曲を書いているとは知りませんでした。
これも、ある方のブログで紹介されていたのを、聴いてみたいと思い、買ったCDです。

『バガテル』の前には、ピアノ五重奏曲(作品81)が入っています。これも、非常に美しい曲ですね。

スラブ民謡というのでしょうか、ドボルジャーク特有の甘い旋律が、耳に心地よいですね。

♪♪♪♪♪
ちょっと焦り気味です。
仕事を今日出さないと行けないし(やりかけているだけマシですが)、それに、練習もしないと。昨日のようなことを言われては(といっても、ここには書いていないのですが)。

ここには出来るだけ、嫌なことは書きたくないと思っています。楽しいと思ったこと、良かったと思うこと、それを書いていきたいと思っています。

今朝は、少し短めです。
まずは、ファミレスで、読書と朝食です。
今は、浅田次郎著『珍妃の井戸』(2回目)を読み出しています。これは、お正月に読んだものですが、『蒼穹の昴』の続編のようです。ちょっとミステリタッチになっています。

珍妃の井戸


今日も何とかブログの更新ができました。
そのことを感謝です。

感謝の気持ちを忘れずに〜 (^o^)


アニメ『のだめカンタービレ』の公式サイトですぅ〜
関西は、やっと放映されました〜 (^o^) 関西は火曜の深夜、水曜の2時頃からですね。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
← このランキングにも参加しましたぁ〜 応援してくださいね (*^_^*) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 少し下がってきました;;

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜

音楽ブログランキング ← このランキングにも参加しましたぁ〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜



不二○の一件、何かおかしくありませんか?
確かに、ずさんな食品メーカーだと思います、雪○もそうでしたよね
でも、そうすれば、殆どのところは同じだと思うんですよ
でも、やり玉は、ペコちゃん;;
何か裏があるような気がして、仕方がありません。
どうなんでしょうか?

このページのトップヘ