葉っぱに埃がついたので水をかけて払ってやったでちブログ

〜 歌舞伎と音楽 〜

November 2008

3

Guten Morgen!!

今朝は5時起きです。
今朝も、割にスッと起き上がれました。

昨日は練習から帰ってきてから、遅めの夕食です。『ジャッジ鵺』の録画をもう一度観ました。良いですね〜。

♪♪♪♪♪
今朝はバッハです。今日、アンサンブルでバッハを演奏します。短い曲を2曲ほどですが〜。それで、今朝はバッハを聴こうかと思いました。ブッシュ・チェインバー・プレイアーズの演奏とリステンパルトが指揮をしているものを聴いています。

J.S Bach: Brandenburg Concertos 1-6; Orchestral Suites 1-4
J.S Bach: Brandenburg Concertos 1-6; Orchestral Suites 1-4


J・S・バッハ:「管弦楽組曲 第3番」ニ長調 BMV1068
アドルフ・ブッシュ 指揮 ブッシュ・チェインバー・プレイアーズの演奏です。
(1936年の録音のようです)

Bach: Oeuvres pour Orchestre
Bach: Oeuvres pour Orchestre


カール・リステンパルト 指揮 オーケストル・ドゥ・シャーンブル・ドゥ・ラ・サール(ザール室内管弦楽団) の演奏です。
トランペット・ソロは、かの天才、モーリス・アンドレです。
(1960年の録音です)

この曲の編成は、オーボエ 2、トランペット 3、ティンパニ 一対、ヴァイオリン 2パート、ヴィオラ、通奏低音(チェロ、コントラバス、チェンバロで演奏される) だそうです。

第1楽章  序曲 4/4 - 2/2
第2楽章  エール(エア、アリア) 4/4
(「G線上のアリア」として編曲されたものが有名です)
第3楽章  ガヴォット 2/2(このガヴォットも有名なものですね)
第4楽章  ブーレ 2/2
第5楽章  ジーグ

ブッシュ・チェインバー・プレイアーズの演奏は1936年の演奏、リステンパルト盤は1960年の録音です。ですが、後者はあまり録音状態が良いようにも思われません。そうすると、ほとんど演奏の良さしか問題にならないようにも思われますね〜。

もちろん、リステンパルト盤の方が曲そのものを鑑賞するにはそりゃ良いと思います。ステレオ録音ですし〜。でも、あの輝かしいラッパであったアンドレさんの音が若干歪んでいるように思えるところが残念なところです。

第2楽章の「エアー」は、本当に美しい曲ですよね、美しく清らかな感じもします。

リステンパルト盤を2回聴いてから(昨日ですが)、ブッシュ盤に戻りました。すると不思議なことに、1936年の録音の方が良いのですよ。ラッパ、弦楽器などのバランスも良いのです。音楽は不思議なものですね〜。
どれほど録音が悪くても心を突き動かす音楽、演奏がありますよね。ブッシュ盤の「エアー」、実に清らかな感じがします。静謐感のようなものを感じます。ガヴォットも良いですね〜。

リステンパルト盤も豪華な演奏です。ブッシュ盤に匹敵するような演奏だと思うのですが、ブッシュ盤の方が心に届く感じがします。なぜなのか、分かりませんが〜。

昨日、練習の行きにブッシュ盤を聴きながらでした。
今朝は、リステンパルト盤を聴いています。
いずれも素晴らしい演奏だと思います。

♪♪♪♪♪
昨日も練習がで来ました。午前中と午後に少しです。
昨日も書きましたが、今日は、京都のオッチャンが教えている音楽教室の発表会に出演します。トリだそうです、爆〜。
ピアノの先生、ヴァイオリンの先生、フルートの先生、それに京都のオッチャンはコールアングレで参加です。通奏低音を私は担当しますので、休みがほとんどなく、なかなか大変です。そういうこともあり、昨日の練習は少しやり方を変えました。

練習はいつも通り、ヴィブラートの練習でお腹に力を入れる練習、音階練習、デタッシェの練習、その後は、演奏する曲を重めのリードで何度も演奏してみて、どこで力を抜けば良いかと考えながらの練習をしました。そういう練習はあまりしないのですが〜 休んでも良さそうなところを考えました。それと、何度も演奏して休みがないのに慣れる練習もしましたよ。(^o^)

『女の道は一本道にございます。さだめに背き、引き返すは恥にございます』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(この台詞を越える台詞は、まだ出てきていませんね〜 )

この「一本道」、天璋院が昨日、和宮に言っていましたね〜。

『なれど、伝えるなと言うたは父の気持ち、それを伝えたのもまた父の気持ちじゃ』
(斉彬公の台詞ですね)

『あの子は薩摩に戻ってこないと思います。私が産んだ子供だから分かるのです。』
(今和泉・島津家のお幸(天璋院の実母)の台詞ですね、偉く感動しました)

昼から出かければ良いと思っていたのですが、午前中にリハーサルをするとかで、9時頃に出かけます。10時頃に楽器店に行くそうです。それからリハーサル、午後は時間つぶしで、トリに出演です、4時頃だそうです。時間を潰すのが大変そうですが、京都のオッチャンと話でもしています、爆〜。

いつもの「日常」に戻っています。沖縄旅行まであと8ヶ月ですね、爆〜。
だんだん近づいてきていますよ〜。

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。
皆さんのおかげで、10位以内にいますぅ〜
皆さんのさらなる応援をお願いします〜〜  m(_ _)m

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね (*^_^*) ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)


コミックの『のだめカンタービレ』第21巻が、発売されましたよ(^o^)
読みましたが、やはり日本編の方が面白かったように思いますね〜。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

1月4日、5日の『のだめ』パリ編が特別放送、終わりましたね
DVD、もう届いています (^o^)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。
次はどの公演に行くでしょうか?

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


Don't Look Now and Other Stories (Penguin Modern Classics)


これは大学時代に読んだ本ですが、また読み返しています
難しいです;; (^_^;)
沖縄でもあまり進みませんでした。今年に夏中に読み終わりたいですが〜。
読み直しをしたいと思っていますが〜。

ビルギット・ニルソン オペラに捧げた生涯


ビルギット・ニルソンさんの自伝が出ています。(^o^)
読み出していますが、面白いですよ
凄い記憶力です。
カラヤン、バーンスタインの印象など、辛辣なところもありますが
説得力もあるんですよ〜。
ニルソンさんのインタビュー番組で、ニルソンさんが何年にもわたってストーカーに悩まされていたことは知っていましたが、とても酷いものだったようです。その女性のストーカーは、ニルソンさんの滞在するホテルのいつも隣の部屋を取り、どうも、ニルソンさんの部屋に入って、日程表などをチェックしていたとか〜
録音に関しても面白い意見が満載です〜。
2回目を読もうと思っています。

正義で地球は救えない
正義で地球は救えない

環境問題に関しての新たな視点を教えてくださいますね〜。


極限捜査 (文春文庫 ス 12-2)
極限捜査 (文春文庫 ス 12-2)


読み始めています〜。



るどるふ・ぜるきんの「今朝も早起きです 〜 シュベルト「冬の旅」ルネ・コロさんの演奏 」のまねしてかいてみるね

GutenMorgen!!今朝もあまり進みませんでした逃走で歌い続けてしましたら、少し分かるように告別とお願いした方を教えてしまいましましましたら、とんでもないですが取り上げていますが進むと言うたが面白かったと思われるかもしれませんでしたかもしれない演奏と思われる方のお幸(天璋院ができます。

*このエントリは、ブログペットの「雁次郎」が書きました。



Guten Morgen!!

今朝も4時過ぎ起きです。
今朝も、割にスッと起き上がれました。

昨日も早めに寝ました。食事をして、10時過ぎには眠くなり、寝てしましました。テレビはつけっぱなしではないですよ〜。(^_^)v

♪♪♪♪♪
今朝もシュベルトです。ですが、ピアノ曲、室内楽ではなく、歌曲です。

シューベルト:冬の旅
シューベルト:冬の旅


フランツ・シュベルト:歌曲集「冬の旅」 D.911 作品89

ルネ・コロ(テノール)
オリヴァー・ポール(ピアノ)
(2003年の録音だそうです)

ルネ・コロさんは、1937年の生まれですね。今年で71歳でしょうか、この録音がなされたときは、66歳のときでしょうか〜。

この演奏は、ブログ仲間の方が取り上げておられて、面白そうだなと思い、HMVを検索してみましたら、もう廃盤、それでアマゾンで検索してみると、日本盤はまだ入手できるということで、早速注文したものです。
(HMVでも日本盤は入手できますよ。でも、アマゾンの方が少し安いですよ〜)

聴き始めてビックリの歌唱です、本当に驚きますよ、爆〜。
あああ、何でこんなテンポで、と〜。

ルネ・コロさんがCDに一文を書いておられます。


私にとって、≪冬の旅≫は、まず第一に告別と死への願望の物語、だというわけではありません。私は、それ以上に、この曲はある男の怒りをこめた逃走であると考えます。その男は、階級の違いがもたらす現実に苦しみ、愛する人の元を離れなければならない男です。

(この後も続きますが、引用はここまでにしました)

「冬の旅」は、確かヘルマン・プライさんのCDしか持っていないと思います。シュベルトも歌曲はそれほど持っていないのですよ。でも、少しくらいは他の演奏も聴いたことはあります。それらとコロさんの歌唱、まったく異なります。ハンス・ホッターさんやフィッシャー・ディースカウさんの「冬の旅」を聴いておられる方は、この演奏を聴けば、どうなっているの?? と思われることと思います。

第1曲「おやすみ」、第2曲「風見」のところだけを聴いていると、とんでもない演奏と思われるかもしれません。上のコロさんの解説、分かるような気もしますが、良く分からないところもありますよね〜。

ルネ・コロさんは、70年代から90年代まで、主にヴァーグナーを歌うヘルデン・テノールとして活躍されてきた方ですよね。ヘルデン・テノールの方の歌曲というのも珍しいと思います。ルネ・コロさんの前の代表的なヘルデン・テノールであった、ヴィントガッセンさんは、歌曲の録音をされているのでしょうか?

ですが、この演奏、聴き続けていると、説得力のある解釈であり、凄い演奏ではないかな、と思えてきます(際物になる寸前まで行っていると思いもしますが〜)。

コロさんは、あたかもオペラを歌っておられるような感じで歌い続けられます。それは非常に新鮮に思えます。上にも書いたかもしれませんが、聴いていくうちに、本当に説得力のある演奏であり、解釈であるのかもしれないと思えてきます。
この録音をされたときはかなりの高齢ですが、あの明るいコロさんの歌声は健在で、良い声ですよ。

昨日は歌詞を見ながら、久し振りで聴きました。歌詞を見ていると、コロさんが込められている思いも少し分かるような気がします。

それと、曲が進むと、段々落ち着いてくるような気もします。「怒れる男の物語」かどうかは別にしても〜。面白い演奏です。きっと今度この演奏は聴き続ける演奏になりそうな予感がします。是非聴いていただきたい演奏ですよ。ピアノの伴奏も、コロさんの解釈に上手くついて行っています。なかなかの演奏だと思います。

♪♪♪♪♪
昨日は仕事に出かけたのは7時半頃、帰ってきたのは4時半頃であったと思います。仕事に出かければ何とかなっています。

昨日も練習をしました。日曜日に京都のオッチャンが教えている音楽教室の発表会に出演します。トリだそうです、爆〜。ピアノの先生、ヴァイオリンの先生、フルートの先生、それに京都のオッチャンはコールアングレで参加です。通奏低音を私は担当しますので、休みがほとんどなく、なかなか大変です。そういうこともあり、昨日の練習は少しやり方を変えました。
いつものようにヴィブラートの練習でお腹に力を入れる練習、音階練習、デタッシェの練習、この辺りまではかなり時間をかけました。その後は、演奏する曲を重めのリードで何度も演奏してみて、どこで力を抜けば良いかと考えながらの練習をしました。そういう練習はあまりしないのですが〜。休みがないと辛いです〜。
今日もそういう練習をすこししようと思っています。

昨日はまた『篤姫』を見て、復習をしましたよ、爆〜。

『女の道は一本道にございます。さだめに背き、引き返すは恥にございます』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(この台詞を越える台詞は、まだ出てきていませんね〜 )

この「一本道」、天璋院が昨日、和宮に言っていましたね〜。

『なれど、伝えるなと言うたは父の気持ち、それを伝えたのもまた父の気持ちじゃ』
(斉彬公の台詞ですね)

『あの子は薩摩に戻ってこないと思います。私が産んだ子供だから分かるのです。』
(今和泉・島津家のお幸(天璋院の実母)の台詞ですね、偉く感動しました)

土曜は練習の日と決めています。ただ、明日の日曜は午後から出かけると思いますので、少し仕事の準備をしておこうかとも思っています。
それに、午後からは『篤姫』の再放送ですよね〜。(^o^)
昼寝をしてから、練習に出かけようかと思っています。


いつもの「日常」に戻っています。沖縄旅行まであと8ヶ月ですね、爆〜。
だんだん近づいてきていますよ〜。

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。
皆さんのおかげで、10位以内にいますぅ〜
皆さんのさらなる応援をお願いします〜〜  m(_ _)m

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね (*^_^*) ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)


コミックの『のだめカンタービレ』第21巻が、発売されましたよ(^o^)
読みましたが、やはり日本編の方が面白かったように思いますね〜。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

1月4日、5日の『のだめ』パリ編が特別放送、終わりましたね
DVD、もう届いています (^o^)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。
次はどの公演に行くでしょうか?

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


Don't Look Now and Other Stories (Penguin Modern Classics)


これは大学時代に読んだ本ですが、また読み返しています
難しいです;; (^_^;)
沖縄でもあまり進みませんでした。今年に夏中に読み終わりたいですが〜。
読み直しをしたいと思っていますが〜。

ビルギット・ニルソン オペラに捧げた生涯


ビルギット・ニルソンさんの自伝が出ています。(^o^)
読み出していますが、面白いですよ
凄い記憶力です。
カラヤン、バーンスタインの印象など、辛辣なところもありますが
説得力もあるんですよ〜。
ニルソンさんのインタビュー番組で、ニルソンさんが何年にもわたってストーカーに悩まされていたことは知っていましたが、とても酷いものだったようです。その女性のストーカーは、ニルソンさんの滞在するホテルのいつも隣の部屋を取り、どうも、ニルソンさんの部屋に入って、日程表などをチェックしていたとか〜
録音に関しても面白い意見が満載です〜。
2回目を読もうと思っています。

正義で地球は救えない
正義で地球は救えない

環境問題に関しての新たな視点を教えてくださいますね〜。


極限捜査 (文春文庫 ス 12-2)
極限捜査 (文春文庫 ス 12-2)


読み始めています〜。



3

Guten Morgen!!

今朝も4時半頃起きです。
今朝は割にスッと起き上がれました。

昨日は11時過ぎに寝ました。
今朝も少し疲れ気味です。ブログをお休みしようかとも思いましたが、何とか書こうと思いました〜。

♪♪♪♪♪
今朝はまたシュベルトです。リヒテルの演奏です。

Schubert: Piano Sonatas D. 664 & D. 784
Schubert: Piano Sonatas D. 664 & D. 784


フランツ・シュベルト:ピアノ・ソナタ イ短調 第13番 D.664
スヴァトスラフ・リヒテル(ピアノ)
(1979年 東京でのライヴ録音だそうです)

この曲のリヒテルの演奏は、前に他のCDの録音をブログに書いたことがあると思います。それは、1963年に録音されたもので、こちらは東京でのライヴ録音です。

1楽章は、何ともいえず優しい旋律で始まります。リヒテルの慈しむような演奏が心に染み渡ります。こんな優しい曲をシュベルトは若い頃に書いているのですね〜。1819年に作曲されたそうで、21歳のシュベルトの作品です。

2楽章も、一人語りをしているような楽章ですよね〜。
3楽章になると、初めて明るい感じが出てきますよね。リヒテルの演奏だからかもしれませんが、この楽章に焦点が当たっているように感じます。

本当に良い曲ですよね〜。
シュベルトを聴いていると、本当にそう思います。
こんな素晴らしい曲を20歳過ぎで書いたシュベルト、もし長生きをしていたら、どんな曲を書いたのでしょうか?
ちょっとそんなことも思ってしまいます。

小さなピアノ・ソナタですが、実に良い曲です〜。
今朝は、少し短めです。m(_ _)m

♪♪♪♪♪
昨日は6時半頃に仕事に出掛け、帰ってこられたのは8時半頃でした。
昨日はどうだったでしょうか? 仕事に出掛けてからも、帰れると楽になるという気持ちが強くありました。もちろん、帰ることはなかったのですが〜。
ちょっと疲れ気味なのかもしれません。

食事をしながら、テレビでの映画『オーメン』を見ていました。う〜ん、面白かったのか、どうかは分からないところです。それから、もうちょっとテレビを見ようかなと思いましたが、11時半頃には寝たと思います。
昨日はテレビはタイマーを付けて寝ましたよ。お布団に入ったらすぐに寝てしまったと思います。

『女の道は一本道にございます。さだめに背き、引き返すは恥にございます』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(この台詞を越える台詞は、まだ出てきていませんね〜 )

この「一本道」、天璋院が昨日、和宮に言っていましたね〜。

『なれど、伝えるなと言うたは父の気持ち、それを伝えたのもまた父の気持ちじゃ』
(斉彬公の台詞ですね)

『あの子は薩摩に戻ってこないと思います。私が産んだ子供だから分かるのです。』
(今和泉・島津家のお幸(天璋院の実母)の台詞ですね、偉く感動しました)

今朝も早出です。市内ですから7時半頃に出掛ける、金曜日です。
今日はどんな一日になるでしょうか? 早めに帰ってこられれば、練習をしようと思っていますが〜。どうでしょうか?
昨日も、色々な方にコメントをいただいています。何とか今朝、レスを書きたいと思っていますが、書く時間がないかもしれません。その時は帰ってきてからレスを書きます。申し訳ありません。昨日帰ってきてからレスを書こうと思いましたが、書けませんでした。m(_ _)m


今日も、出来るだけ焦らずに、ゆっくりした気持ちで過ごしたいと思っています。まずは一日のペース通りに一日を始めていきますね〜。

いつもの「日常」に戻っています。沖縄旅行まであと9ヶ月ですね、爆〜。

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。
皆さんのおかげで、10位以内にいますぅ〜
皆さんのさらなる応援をお願いします〜〜  m(_ _)m

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね (*^_^*) ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)


コミックの『のだめカンタービレ』第21巻が、発売されましたよ(^o^)
読みましたが、やはり日本編の方が面白かったように思いますね〜。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

1月4日、5日の『のだめ』パリ編が特別放送、終わりましたね
DVD、もう届いています (^o^)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。
次はどの公演に行くでしょうか?

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


Don't Look Now and Other Stories (Penguin Modern Classics)


これは大学時代に読んだ本ですが、また読み返しています
難しいです;; (^_^;)
沖縄でもあまり進みませんでした。今年に夏中に読み終わりたいですが〜。
読み直しをしたいと思っていますが〜。

ビルギット・ニルソン オペラに捧げた生涯


ビルギット・ニルソンさんの自伝が出ています。(^o^)
読み出していますが、面白いですよ
凄い記憶力です。
カラヤン、バーンスタインの印象など、辛辣なところもありますが
説得力もあるんですよ〜。
ニルソンさんのインタビュー番組で、ニルソンさんが何年にもわたってストーカーに悩まされていたことは知っていましたが、とても酷いものだったようです。その女性のストーカーは、ニルソンさんの滞在するホテルのいつも隣の部屋を取り、どうも、ニルソンさんの部屋に入って、日程表などをチェックしていたとか〜
録音に関しても面白い意見が満載です〜。
2回目を読もうと思っています。

正義で地球は救えない
正義で地球は救えない

環境問題に関しての新たな視点を教えてくださいますね〜。


極限捜査 (文春文庫 ス 12-2)
極限捜査 (文春文庫 ス 12-2)


読み始めています〜。



2

Guten Morgen!!

今朝は4時半頃起きです。
目が覚めたのは4時頃、どうしようかなと思いながら
4時半過ぎに起き上がってきました〜。

ちょっと起き上がりたくない病のようなものが出てきましたが、起き上がっています。起き上がってしまえば、今は大丈夫なような気がします。

♪♪♪♪♪
今朝は久し振りにベトベンの交響曲ですよ。
本当に久し振りだと思います〜。カイルベルトの演奏です。

ベートーヴェン:交響曲第7番&序曲集(2)
ベートーヴェン:交響曲第7番 & 序曲集(2)


ベトベン:交響曲第7番 イ長調 op.92
ヨーゼフ・カイルベルト 指揮 ベルリナー・フィルハーモニカーの演奏です。
(1959年の録音です)

劇音楽『エグモント』序曲 op.84
『レオノーレ』序曲第3番 op.72a
これらもカップリングされています。
(1960年の録音のようです)

ベトベンのシンフォニー、最近ほとんど聴いていません。CDも久し振りに購入しました。最近はまったく買っていなかったように思います。

『のだめ』で一躍人気曲になりましたよね。確かCMでも使われていますよね(あの演奏は酷いですが、爆〜)。

冒頭の序奏から、力の入ったベトベンです。
もう聴けなくなったベルリナー・フィルハーモニカーの昔の木管の響き、美しいですよ。第1楽章の主部にはいると、8分の6拍子のリズムが実に生き生きと演奏されていきます。徹頭徹尾でイン・テンポの演奏をしています。ずしりと響く金管楽器の音、低弦の唸るような音、懐かしいなと思ってしまいます。気持ちの良いリズム感、こういう演奏を一度でも良いからしてみたいものです。

2楽章に入ると、低弦とヴィオラのアンサンブルの良さに驚かされます。ピアニッシモが実に美しいですよね。ある意味で実に単調な音楽なのですが、大きな弧を描かれています。調が変わって、長調で木管が歌うところも絶妙です。格調高い音楽が続きます。弦楽合奏の難しい部分も当然のことながら、実に巧いです。

3楽章に入っても、イン・テンポの演奏は変わりません。テンポは少し遅めですが、本当はそうでないと演奏できないほど難しいところなのですよ。この楽章でも、ピアノ、ピアニッシモの扱いが良いです。トリオでのホルンとラッパの音程の良さに舌を巻きます。当たり前といえば当たり前なのですが〜。

4楽章でも、ずっとイン・テンポです。朴訥なまでのイン・テンポの演奏です。クライバーの演奏のような洗練されたところはありませんが、スコアを充実に音楽にしておられますよね。

久し振りで良いベトベンの演奏に触れた思いがします。
「レオノーレの3番」の序曲も良いですよ〜。

♪♪♪♪♪
昨日は、午前中に仕事の準備、少しの朝寝(爆〜)、それから起き上がって、また仕事の準備などをして、お昼は定食屋さんに行きました。

帰りに買い物をして、家に帰ってくると、会いたくない人(夫婦)にバッタリ、エレベータで会いました。このブログにも何回も書いてきましたので、もう書きませんね、色々とありましたので〜。気分が悪くなりましたが、昼寝をして、少しマシになりました。同じところに住んでいないと思うようにしていますが、会ってしまうと同じところだと思ってしまいますので、それが不快です。(元友人であった人が友人ではなくなってしまっています。色々なことがあって〜)。

昼寝から起きて、音楽を聴いたら、ニュース番組を見たり〜。
夜はニュース番組、それにテレビ東京系の『信濃のコロンボ』を見ていて、途中で寝てしまいました〜。

『女の道は一本道にございます。さだめに背き、引き返すは恥にございます』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(この台詞を越える台詞は、まだ出てきていませんね〜 )

この「一本道」、天璋院が昨日、和宮に言っていましたね〜。

『なれど、伝えるなと言うたは父の気持ち、それを伝えたのもまた父の気持ちじゃ』
(斉彬公の台詞ですね)

『あの子は薩摩に戻ってこないと思います。私が産んだ子供だから分かるのです。』
(今和泉・島津家のお幸(天璋院の実母)の台詞ですね、偉く感動しました)

今朝は早出です。6時半頃出かける予定です。
どんな一日でしょうか? 辛い一日でしょうか、静かな一日でしょうか、しんどい一日でしょうか、ともかく、一日、一日過ごしていくしかありません。

今日も、出来るだけ焦らずに、ゆっくりした気持ちで過ごしたいと思っています。まずは一日のペース通りに一日を始めていきますね〜。

いつもの「日常」に戻っています。沖縄旅行まであと9ヶ月ですね、爆〜。

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。
皆さんのおかげで、10位以内にいますぅ〜
皆さんのさらなる応援をお願いします〜〜  m(_ _)m

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね (*^_^*) ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)


コミックの『のだめカンタービレ』第21巻が、発売されましたよ(^o^)
読みましたが、やはり日本編の方が面白かったように思いますね〜。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

1月4日、5日の『のだめ』パリ編が特別放送、終わりましたね
DVD、もう届いています (^o^)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。
次はどの公演に行くでしょうか?

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


Don't Look Now and Other Stories (Penguin Modern Classics)


これは大学時代に読んだ本ですが、また読み返しています
難しいです;; (^_^;)
沖縄でもあまり進みませんでした。今年に夏中に読み終わりたいですが〜。
読み直しをしたいと思っていますが〜。

ビルギット・ニルソン オペラに捧げた生涯


ビルギット・ニルソンさんの自伝が出ています。(^o^)
読み出していますが、面白いですよ
凄い記憶力です。
カラヤン、バーンスタインの印象など、辛辣なところもありますが
説得力もあるんですよ〜。
ニルソンさんのインタビュー番組で、ニルソンさんが何年にもわたってストーカーに悩まされていたことは知っていましたが、とても酷いものだったようです。その女性のストーカーは、ニルソンさんの滞在するホテルのいつも隣の部屋を取り、どうも、ニルソンさんの部屋に入って、日程表などをチェックしていたとか〜
録音に関しても面白い意見が満載です〜。
2回目を読もうと思っています。

正義で地球は救えない
正義で地球は救えない

環境問題に関しての新たな視点を教えてくださいますね〜。


極限捜査 (文春文庫 ス 12-2)
極限捜査 (文春文庫 ス 12-2)


読み始めています〜。



3


Guten Morgen!!

今朝は珍しく早起きですよ。4時過ぎに起き上がっています。
昨日も夕食後すぐに眠くなり、10時半頃には寝たと思います。
昨日はテレビを消して寝ました〜。

♪♪♪♪♪
今朝は、何となくソロモンのピアノを聴きたくなりました。ベトベンです。

Beethoven: Piano Concertos Nos. 1 & 2
Beethoven: Piano Concertos No. 1 & 2


ベトベン:ピアノ協奏曲 第1番 ハ長調 作品15
ソロモン(ピアノ)
ヘルベルト・メンゲス 指揮 フィルハーモニア・オケストラ・ロンドン の演奏です。
(1956年の録音のようです。どうもステレオ録音のように思えます)

ソロモン(カットナー)は、大学時代から聴いてきているピアニストの一人です。吉田秀和さんの紹介で知ったピアニストです。私の持っているCDは、ベトベンのピアノ協奏曲が5曲と、ピアノソナタが1曲入っている、EMIから出ているCDなのですが、どうも廃盤に成っているようです。

このコンチェルトも好きな曲の一つですね。5番の『皇帝』は大きすぎてめったに聴かないのですが〜。この1番も久し振りかもしれません。

ベトベンは最近はピアノ・ソナタを聴いていることが多いですね。弦楽四重奏曲も最近はご無沙汰になっていますね〜。

ソロモンはこのブログでは何度も取り上げていますが、1902年の生まれですから、ゼルキン師と同世代のピアニストですね。脳梗塞でキャリアの途中で引退に追い込まれた方です。1956年に引退し、1988年に亡くなっているようですね〜。

ピアノソナタ集のLPを昔は何度も何度も聴いたものでした。全曲録音を目指していたそうですが、その途中で引退されたのですね。その後どんな生活を送っておられたのでしょうか? (今はCDで聴いていますが〜)

このコンチェルトの演奏は、指のもつれなどはまったく感じさせない演奏です。スッキリとしたベトベンと言っても良いのではないでしょうか?
堂々とした演奏です。1楽章のカデンツァは、私の知らないカデンツァです。誰のものを使っているのでしょうか? ソロモンさんの自作なのでしょうか? ご存じの方がおられましたら、お知らせくださいね〜。

メンゲスという指揮者は全く知りませんが、意外に良いサポートをしているように思います。1楽章の冒頭は長くオケストラの演奏ですが、その部分もなかなかのものです。そういえば、テーマがすべてオケストラで演奏されるコンチェルト、ちょっと珍しいような気もしますね。ベトベンの新しい試みの一つかもしれませんね〜。

第1楽章の、ピアノの出だしは、もの凄く恰好が良いですよね〜。ソロモンさんの演奏は、本当にきっちりとしたものですよね。

第2楽章の夢見るような旋律、最後のところでクラリネットとピアノが歌い合うところ、陶然とした気持ちにさせてくれます。

第3楽章では、ちょっとジャズに思えるような箇所がありますよね。その辺りの演奏も実に立派なものですよ。

最近はリヒテル、ルービンシュタインの演奏を聴くことが多いですが、やはりソロモンさんも、私の大好きなピアニストの一人です。(^o^)

♪♪♪♪♪
昨日は午前中は2週間ぶりの診察に行きました。早めに行ったのですが、2人目でした。この間のストレスなど、仕事のストレスがほとんどですが、それをお話ししたり、仕事中に口の中がカラカラに乾いてしまう、といったことをお話ししました。調子が悪いときのお薬なので、様子を見て、次回の診察のときに、少し減らしましょうか、ということになりました。

帰ってきてから昼食、少し昼寝、それから少し仕事の準備をして、仕事に出掛けました。帰ってきたのは8時頃だったと思います。夕食を食べたら眠くなって、早めに寝ました。

『女の道は一本道にございます。さだめに背き、引き返すは恥にございます』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(この台詞を越える台詞は、まだ出てきていませんね〜 )

この「一本道」、天璋院が昨日、和宮に言っていましたね〜。

『なれど、伝えるなと言うたは父の気持ち、それを伝えたのもまた父の気持ちじゃ』
(斉彬公の台詞ですね)

『あの子は薩摩に戻ってこないと思います。私が産んだ子供だから分かるのです。』
(今和泉・島津家のお幸(天璋院の実母)の台詞ですね、偉く感動しました)

今日のお休みは、お医者さん巡りはありません。午前中には仕事の準備をしようと思っています。11月も、もう4,5日ですね。早いものです。来週は師走ですよね〜。

今日も、出来るだけ焦らずに、ゆっくりした気持ちで過ごしたいと思っています。まずは一日のペース通りに一日を始めていきますね〜。

いつもの「日常」に戻っています。沖縄旅行まであと9ヶ月ですね、爆〜。

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。
皆さんのおかげで、10位以内にいますぅ〜
皆さんのさらなる応援をお願いします〜〜  m(_ _)m

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね (*^_^*) ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)


コミックの『のだめカンタービレ』第21巻が、発売されましたよ(^o^)
読みましたが、やはり日本編の方が面白かったように思いますね〜。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

1月4日、5日の『のだめ』パリ編が特別放送、終わりましたね
DVD、もう届いています (^o^)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。
次はどの公演に行くでしょうか?

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


Don't Look Now and Other Stories (Penguin Modern Classics)


これは大学時代に読んだ本ですが、また読み返しています
難しいです;; (^_^;)
沖縄でもあまり進みませんでした。今年に夏中に読み終わりたいですが〜。
読み直しをしたいと思っていますが〜。

ビルギット・ニルソン オペラに捧げた生涯


ビルギット・ニルソンさんの自伝が出ています。(^o^)
読み出していますが、面白いですよ
凄い記憶力です。
カラヤン、バーンスタインの印象など、辛辣なところもありますが
説得力もあるんですよ〜。
ニルソンさんのインタビュー番組で、ニルソンさんが何年にもわたってストーカーに悩まされていたことは知っていましたが、とても酷いものだったようです。その女性のストーカーは、ニルソンさんの滞在するホテルのいつも隣の部屋を取り、どうも、ニルソンさんの部屋に入って、日程表などをチェックしていたとか〜
録音に関しても面白い意見が満載です〜。
2回目を読もうと思っています。

正義で地球は救えない
正義で地球は救えない

環境問題に関しての新たな視点を教えてくださいますね〜。


極限捜査 (文春文庫 ス 12-2)
極限捜査 (文春文庫 ス 12-2)


読み始めています〜。



3


Guten Morgen!!

今朝も遅めです。5時過ぎ起きです。
昨日も高速は渋滞していました。行きは大丈夫だったんですが、帰りは1時間半ほどかかりました。
渋滞は疲れますね〜;

昨日は、9時過ぎに寝てしまいました。
テレビをつけっぱなしでした (>_<)

♪♪♪♪♪
昨日は、行き帰りはハイフェッツの室内楽を聴きながら帰ってきたのですよ。帰ってきてから、無性にブルックナーが聴きたくなり、カイルベルト盤を聴き出しました。ブルックナーを聴くのはもの凄く久し振りな感じがします。

ブルックナー:交響曲第9番
ブルックナー:交響曲第9番


アントン・ブルックナー:交響曲第9番 ニ短調
ヨーゼフ・カイルベルト 指揮 フィルハーモニッシェス・シュターツオーケスター・ハンブルク の演奏です。
(1956年の録音だそうです)

カイルベルトはカラヤンと同じ年の生まれです。ですから今年は生誕100年になるそうですね。亡くなったのが60歳ですから、もう亡くなってから40年になるんですね〜。

カイルベルトという指揮者を聴き始めたのはどの曲からであったか、忘れてしまっています。R・シュトラウスのオペラ『影のない女』だったでしょうか?オペラの録音はヴァーグナーの『リンク全曲』だけでなく、シュトラウスなども持ていると思います。ですが、交響曲の演奏は、前に書いたブルックナーの6番とこの9番しか持っていないかもしれません。
100年記念で色々なCDが出ています。ベトベンの交響曲全集も出ていますね〜。(そこまで手が出せないのですが〜)。

9番には思い出の演奏が多数あります。カラヤンの旧盤(DG)、これが初めて聴いたブルックナーだったですよ。中学生の頃かと思います。スコアまで買いました。それから、シューリヒト盤、大学時代に聴きまくりました。最近はショルティ・シカゴ響のCD、これには驚きました。こんな素晴らしい演奏をしていたのか、と。思いつくまま書いてみました、他にもあるかと思うのですが〜。

カイルベルトは、ヴァーグナーでも金管を咆哮させていますが、このブルックナーでもそういうところがあります。今では金管楽器は音を割って吹くことは忌み嫌われていますが、ベームやカイルベルトの頃は普通だったですよね〜。このブルックナーでも、金管楽器の咆哮が気持ちよいものです〜。

昨日、第1楽章、第2楽章を聴いていて、今朝は第3楽章を聴いています。早朝ですから、それほど大きな音では聴けませんが〜。
何か特別なことをしている感じはまったくしません。ですが、ブルックナーの音楽が心にまで届いてきます。この第3楽章のコーダの辺りですか、ヴァイオリンが、音が下がってくる動機を演奏するところがありますよね、ショルティ盤も天国の音楽のような美しさで演奏していますが、このカイルベルト盤も実に美しいです。

1楽章に今戻っています。本当に取り立てて何かをしている感じはまったくしません。オケストラは無名のオケストラですが、意外に上手いですよ。オケストラの演奏に問題はまったく感じません。この曲でよく出てくるオーボエのソロも実に達者な演奏です。金管楽器も音程が良いですし〜。

ベトベンはどんな感じなのでしょうか? 聴かれた方はおられますか? 
印象を教えていただけるとありがたいのですが〜。廉価盤にはしては少し高めです。日本盤ですから1枚1000円です。今は、輸入盤がもの凄く安くなっているので、少し高く感じますね〜。

この演奏、ブルックナーの音がしていると思います。
この演奏、ずいぶんと前に入手して、書こう書こうと思いながら、これまで書いてきませんでした。何を書いて良いのか、分からなかったからなのですが〜。なかなか難しいです。きっとこのブログを読んでくださっている方々の中には聴かれた方もおられると思います。感想を聞かせていただけると幸いです。

♪♪♪♪♪
昨日も仕事でした。行きはそれほどには混んでいなかったのですが、帰りはやはり渋滞で、いつも1時間くらいのところが、1時間半かかりました。日曜よりはマシだったですが〜。渋滞は疲れますね〜。
帰ってきてからは、すぐに出前を注文して食べてから、録画しておいた番組を見て、たけしのYVタックルで、眠くなりました。
それで、昨日も早めに寝ました。

『女の道は一本道にございます。さだめに背き、引き返すは恥にございます』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(この台詞を越える台詞は、まだ出てきていませんね〜 )

この「一本道」、天璋院が昨日、和宮に言っていましたね〜。

『なれど、伝えるなと言うたは父の気持ち、それを伝えたのもまた父の気持ちじゃ』
(斉彬公の台詞ですね)

『あの子は薩摩に戻ってこないと思います。私が産んだ子供だから分かるのです。』
(今和泉・島津家のお幸(天璋院の実母)の台詞ですね、偉く感動しました)

今日は2週間ぶりの診察日です。
連休明けなので混んでいるかもしれません、早めに出ようと思っていますが〜。
今日は仕事は2時半頃から出掛けます。

今日も、出来るだけ焦らずに、ゆっくりした気持ちで過ごしたいと思っています。まずは一日のペース通りに一日を始めていきますね〜。

いつもの「日常」に戻っています。沖縄旅行まであと9ヶ月ですね、爆〜。

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。
皆さんのおかげで、10位以内にいますぅ〜
皆さんのさらなる応援をお願いします〜〜  m(_ _)m

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね (*^_^*) ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)


コミックの『のだめカンタービレ』第21巻が、発売されましたよ(^o^)
読みましたが、やはり日本編の方が面白かったように思いますね〜。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

1月4日、5日の『のだめ』パリ編が特別放送、終わりましたね
DVD、もう届いています (^o^)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。
次はどの公演に行くでしょうか?

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


Don't Look Now and Other Stories (Penguin Modern Classics)


これは大学時代に読んだ本ですが、また読み返しています
難しいです;; (^_^;)
沖縄でもあまり進みませんでした。今年に夏中に読み終わりたいですが〜。
読み直しをしたいと思っていますが〜。

ビルギット・ニルソン オペラに捧げた生涯


ビルギット・ニルソンさんの自伝が出ています。(^o^)
読み出していますが、面白いですよ
凄い記憶力です。
カラヤン、バーンスタインの印象など、辛辣なところもありますが
説得力もあるんですよ〜。
ニルソンさんのインタビュー番組で、ニルソンさんが何年にもわたってストーカーに悩まされていたことは知っていましたが、とても酷いものだったようです。その女性のストーカーは、ニルソンさんの滞在するホテルのいつも隣の部屋を取り、どうも、ニルソンさんの部屋に入って、日程表などをチェックしていたとか〜
録音に関しても面白い意見が満載です〜。
2回目を読もうと思っています。

正義で地球は救えない
正義で地球は救えない

環境問題に関しての新たな視点を教えてくださいますね〜。


極限捜査 (文春文庫 ス 12-2)
極限捜査 (文春文庫 ス 12-2)


読み始めています〜。



2


Guten Morgen!!

今朝も、5時半起きです。
寝すごしました;;

昨日は疲れました、京都に行くのに渋滞で3時間
帰りも京都市内も高速も混んでいて、3時間;;
練習は1時間ちょっと、爆〜。

今日は仕事で京都です;;

♪♪♪♪♪
昨日は、カイルベルト・バイロイト盤の「リンク」から書こうと思って、行き帰りに聴いていたのですが、ちょっと、と思い、今朝もシュベルトにしました。

シューベルト:弦楽五重奏曲
シューベルト:弦楽五重奏曲


フランツ・シュベルト:弦楽三重奏曲 第2番 変ロ長調 D.581
ヤッシャ・ハイフェッツ(ヴァイオリン)
ウィリアム・プリムローズ(ヴィオラ)
グレゴール・ピアティゴルスキー(チェロ)

このCDは、前にも紹介したものですが、この弦楽三重奏曲は初めてです。
この曲は1817年に作曲されたようです。シュベルト、20歳頃の作品でしょうか〜。

小さな曲で、4つの楽章から成っています。
意外に難しい曲のように思います。
この名手のトリオ、実に素晴らしいものですよ。
初冬の清々しい朝にピッタリかもしれません。

今朝は寝すごしましたので、ちょっと短めです。m(_ _)m
今朝、2回目を聴いていますが、シュベルトはやはり良いですよね〜。

♪♪♪♪♪
昨日は、京都のオッチャンが教えている音楽教室の先生方とのアンサンブルの練習に出かけました。練習は1時間、ですが、行き帰りに6時間もかかりました。さすがに疲れました;;

練習は面白かったですよ。ピアノ、チェンバロはピアノ先生、フルートの先生、ヴァイオリンの先生、いずれも音楽大学を卒業された方で、何もしなくても音程があいますし、リズムも〜♪ いつもやっているのが何なのか、分からなくなってしまいます、爆 〜 珍しく音楽をやっていて面白く、充実した1時間でした。(行き帰りの6時間はしんどかったですが〜)

5時半に京都を出て、帰り着いたのが、8時過ぎで、もう『篤姫』が始まっていました。昨日は、幾島が大活躍、久し振りに松坂慶子さんの演技が観られました。色々と書きたいのですが、今朝は寝すごしてしまい、書く時間がありません。(>_<)

『女の道は一本道にございます。さだめに背き、引き返すは恥にございます』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(この台詞を越える台詞は、まだ出てきていませんね〜 )

この「一本道」、天璋院が昨日、和宮に言っていましたね〜。

『なれど、伝えるなと言うたは父の気持ち、それを伝えたのもまた父の気持ちじゃ』
(斉彬公の台詞ですね)

『あの子は薩摩に戻ってこないと思います。私が産んだ子供だから分かるのです。』
(今和泉・島津家のお幸(天璋院の実母)の台詞ですね、偉く感動しました)

ですが、『篤姫』2回観ましたよ。そこで眠くなり寝てしまいました。
皆さんは連休かもしれないのですが、今日も私は仕事です。
何とか出かけられそうです。(^_^)v


今日も、出来るだけ焦らずに、ゆっくりした気持ちで過ごしたいと思っています。まずは一日のペース通りに一日を始めていきますね〜。

いつもの「日常」に戻っています。沖縄旅行まであと9ヶ月ですね、爆〜。

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。
皆さんのおかげで、10位以内にいますぅ〜
皆さんのさらなる応援をお願いします〜〜  m(_ _)m

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね (*^_^*) ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)


コミックの『のだめカンタービレ』第21巻が、発売されましたよ(^o^)
読みましたが、やはり日本編の方が面白かったように思いますね〜。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

1月4日、5日の『のだめ』パリ編が特別放送、終わりましたね
DVD、もう届いています (^o^)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。
次はどの公演に行くでしょうか?

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


Don't Look Now and Other Stories (Penguin Modern Classics)


これは大学時代に読んだ本ですが、また読み返しています
難しいです;; (^_^;)
沖縄でもあまり進みませんでした。今年に夏中に読み終わりたいですが〜。
読み直しをしたいと思っていますが〜。

ビルギット・ニルソン オペラに捧げた生涯


ビルギット・ニルソンさんの自伝が出ています。(^o^)
読み出していますが、面白いですよ
凄い記憶力です。
カラヤン、バーンスタインの印象など、辛辣なところもありますが
説得力もあるんですよ〜。
ニルソンさんのインタビュー番組で、ニルソンさんが何年にもわたってストーカーに悩まされていたことは知っていましたが、とても酷いものだったようです。その女性のストーカーは、ニルソンさんの滞在するホテルのいつも隣の部屋を取り、どうも、ニルソンさんの部屋に入って、日程表などをチェックしていたとか〜
録音に関しても面白い意見が満載です〜。
2回目を読もうと思っています。

正義で地球は救えない
正義で地球は救えない

環境問題に関しての新たな視点を教えてくださいますね〜。


極限捜査 (文春文庫 ス 12-2)
極限捜査 (文春文庫 ス 12-2)


昨日から読み始めています〜。



3

Guten Morgen!!

今朝も、5時起きです。
今朝はスッと起き上がったら5時でした〜。

昨日は寝たのが12時頃だったと思います。

練習場近くのイルミネーション




(練習場近くの公園のイルミネーションです)

♪♪♪♪♪
今朝は、イヴ・ナットのベトベンのピアノ・ソナタを聴くシリーズです。
2番まで書いて、止まっていました。今朝はその続きです。

Yves Nat: Ses Enregistrements, 1930-1956 [Coffret du 50�me Anniversaire]
Yves Nat: Ses Enregistrements, 1930-1956 [Coffret du 50eme Anniversaire]


ベトベン:ピアノ・ソナタ ハ長調 第3番 作品2ー3 
イヴ・ナット(ピアノ)
(1955年の録音だそうです)

3番までが作品2なんですよね、1番から3番までのソナタが作品2なんですね。作品1は、何だったんでしょうか? 変な疑問が沸いてきます、爆〜。
4番は作品7ですね。

この3曲は、ヨーゼフ・ハイドンに献呈されているんですね。
1番から4番までは、各曲4楽章で書かれていますね〜。

第1楽章 Allegro con brio
かわいい主題で曲は始まります。いつ始まったのかなと思うくらいです。ですが、その後の展開はベトベンならではのものではないかと思います。
それにもまして、短調の第2主題も実に可愛らしいものですよね〜。生気に満ちた楽章です。後半には大きな展開がありますよね。ピアノのカデンツのようなところまでありますよね。

第2楽章 Adagio
ハ長調からは遠い調性のホ長調の楽章になっているそうです。
夢を見るような旋律が出てきますね。このようなところを聴いていると、初期の曲というよりは、中期以降の作品のような雰囲気を漂わせています。

第3楽章 Schrzo,Allegro
スケルツォの楽章ですね。色々なところからネズミが出てきて踊っているような印象を受ける曲です。ちょこまかと動き回っています。トリオにはいると、分散和音が美しいです。

第4楽章 Allegro assai
ロンドの楽章です。軽やかなものと重々しいものが交互に出てくる感じがします。終わりかけで少しテンポを遅くしておいて、その後またテンポに戻って堂々とした形で曲を終わります。

ナットは、1楽章では若干の指のもつれのような箇所(トリルでですが)があります(ナットは指が短くて、そのせいで自分なりの運指を考えたそうですね)。それほどの瑕とは思いませんが〜。(グルダ盤の全集から聴いてみたのですが、グルダの演奏でもちょっと指がもつれていました。それだけ難しいのでしょうね〜。)

このシリーズでは、ナットの演奏を何度も何度も聴いています。それぞれの楽章の印象なども書きたいですし、ナットの演奏の良さなども書きたいと思ったりもします。なかなか良い言葉が浮かばないのですが〜;
何曲も聴いていくうちに、それなりのものが浮かぶと良いなと思っているのですが〜。

当たり前のことかもしれませんが、ナットはそれぞれの旋律に対して、その色合いの出し方を微妙に変えています。それがモノラル録音であるにも関わらず聴きやすい印象を受けるのではないかな、と思ったりもします。
音の線がクリアであることも、ナットの演奏の良さかもしれませんね〜。

グルダの演奏も聴いてみました。実に巧いですし、達者ですよね。やろうとしていることが良く分かる演奏だと思いました。ステレオの強みもありますね〜。

このブログを書くために、もう5,6回は聴いていると思います。
今朝、何となく思ったんですが、ナットの演奏は、なにがしか芸術の分野に客観性をもたらそうとしているのではないかな、と〜。ちょっと妄想かもしれませんが〜。そういう意図というか意思を感じるんですよ。
ナットだけの音楽ではなく、ベトベンを通して音楽が持っている普遍性を伝えようとしているのではないかな、と〜。ある意味ではどの演奏家もそうかもしれません。でも、その演奏には意思の力が強く働いていながら、それが突き抜けて、客観的な世界に通じているのではないかと〜。

訳の分からないことを書いたかもしれません。でも、何となくそんなことを演奏を聴きながら感じました。

♪♪♪♪♪
昨日は午前中は練習、基礎練習中心です。
ヴィブラートの練習をしてお腹からお尻に向かって域が流れているかのように思うようにして、デタッシェ、音階練習、デタッシェ、難しい指でのデタッシェ、リードのちょっとした調整(低音で楽に発音するようにすることを目標にしています)をやりながらリードのチェックをしていました。

お昼を食べてからは『篤姫』の再放送を観て、今日の『篤姫』に備えました〜 (^o^)
それから少しの昼寝、起き上がってきて音楽を聴いて、少しまた練習して、車で練習に出かけました。昨日は問題としていたところは、少しはマシな演奏が出来たかもしれません。かなり練習していますから〜。

帰ってきたのは10時半頃でしょうか〜。
昨日もNHKのドラマ『ジャッジ鵺』の録画を見ながらの夕食です。
このドラマ、『ジャッジ鵯』は見逃したのですが、良いドラマだったです。奄美大島、ドラマでは大美島に赴任した裁判官(支部で裁判官は一人です)が、奮戦していくところを描いているのですが、島の生活、島民の悩み、裁判官一家の悩みなども、上手く描いていて、最近のドラマとしては本当に良くできたものだと思いました。感動もしましたよ〜。
脇役が豪華でした。浅野温子さん、寺田農さん、菅井きんさん、梅津栄さん、小野武彦さんなど、島言葉も使っていましたし、毎回、南国のきれいな海と空を堪能できました。こんな真面目な裁判官がいるのかいな、と思いますが〜。感動的な時間を過ごせました〜。

『女の道は一本道にございます。さだめに背き、引き返すは恥にございます』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(この台詞を越える台詞は、まだ出てきていませんね〜 )

この「一本道」、天璋院が昨日、和宮に言っていましたね〜。

『なれど、伝えるなと言うたは父の気持ち、それを伝えたのもまた父の気持ちじゃ』
(斉彬公の台詞ですね)

『あの子は薩摩に戻ってこないと思います。私が産んだ子供だから分かるのです。』
(今和泉・島津家のお幸(天璋院の実母)の台詞ですね、偉く感動しました)

今日は珍しく、京都のオッチャンが教えている音楽教室の先生方とのアンサンブルに参加します。初めてのことです。来週に日曜が本番なんですよ。アンサンブルをすることは非常に少ないので、楽しみでもあります。
午後から出かけます。
寝ている日曜にはなりそうもありません。というか、出かけますから寝ていられません、爆〜。

それに、今日は『篤姫』の放送日ですね〜。
懐かしい幾島が出てくるようですね、次回の予告で姿が出てきていましたよね〜。楽しみです〜。(^o^)

今日も、出来るだけ焦らずに、ゆっくりした気持ちで過ごしたいと思っています。まずは一日のペース通りに一日を始めていきますね〜。

いつもの「日常」に戻っています。沖縄旅行まであと9ヶ月ですね、爆〜。

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。
皆さんのおかげで、10位以内にいますぅ〜
皆さんのさらなる応援をお願いします〜〜  m(_ _)m

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね (*^_^*) ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)


コミックの『のだめカンタービレ』第21巻が、発売されましたよ(^o^)
読みましたが、やはり日本編の方が面白かったように思いますね〜。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

1月4日、5日の『のだめ』パリ編が特別放送、終わりましたね
DVD、もう届いています (^o^)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。
次はどの公演に行くでしょうか?

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


Don't Look Now and Other Stories (Penguin Modern Classics)


これは大学時代に読んだ本ですが、また読み返しています
難しいです;; (^_^;)
沖縄でもあまり進みませんでした。今年に夏中に読み終わりたいですが〜。
読み直しをしたいと思っていますが〜。

ビルギット・ニルソン オペラに捧げた生涯


ビルギット・ニルソンさんの自伝が出ています。(^o^)
読み出していますが、面白いですよ
凄い記憶力です。
カラヤン、バーンスタインの印象など、辛辣なところもありますが
説得力もあるんですよ〜。
ニルソンさんのインタビュー番組で、ニルソンさんが何年にもわたってストーカーに悩まされていたことは知っていましたが、とても酷いものだったようです。その女性のストーカーは、ニルソンさんの滞在するホテルのいつも隣の部屋を取り、どうも、ニルソンさんの部屋に入って、日程表などをチェックしていたとか〜
録音に関しても面白い意見が満載です〜。
2回目を読もうと思っています。

正義で地球は救えない
正義で地球は救えない

環境問題に関しての新たな視点を教えてくださいますね〜。


極限捜査 (文春文庫 ス 12-2)
極限捜査 (文春文庫 ス 12-2)


昨日から読み始めています〜。

<ちょっと一言>
元官僚を刺殺したという容疑者が自首したようですね。
どうなのでしょうか? 良く分かりません。
どうしてあんなことをしたのか?

良く分からないのは、小さなアンサンブルでもあります。
前の列の方々とまったく音程が合いません。
特に、私よりも高齢な方とはまったく合いません。
私はは、あまりに変な音程なので、合わせる気がありませんが、爆〜
指導されている先生もお分かりのようなので、何にも言いませんが〜。
厄介なことです〜。




るどるふ・ぜるきんの「今朝は5時起きです 〜 ブラームス「クラリネット五重奏曲」ジャック・ランスロ盤 」のまねしてかいてみるね

GutenMorgen!!今朝も記事が忘れられないです〜。今朝もあったんですから〜。昨日、何年のおかげで起き上がりましたので〜。

*このエントリは、ブログペットの「雁次郎」が書きました。

3


Guten Morgen!!

今朝は、5時起きです。目覚ましの音で起き上がりました。
昨日は寝たのが遅くなって、1時頃でした。
ちょっと睡眠不足気味かもしれませんね〜。

♪♪♪♪♪
今朝はブラームスです。ブラームス、本当に久し振りです。
ランスロさんのクラリネットを聴きたくなったんですよ、昨日の夜に〜。

エラート録音集大成
エラート録音集大成


モーツァルト:クラリネット五重奏曲イ長調,ブラームス:同ロ短調


ヨハネス・ブラームス:クラリネット五重奏曲 ロ短調 作品115

ジャック・ランスロ(クラリネット)
ミュンヘン四重奏団の演奏です。
(1965年の録音です)

ランスロさんは、一時代前のフランスのクラリネット奏者です。1920年のお生まれです。今はもうお亡くなりなのでしょうか? Wikipediaにも記事が載っていませんでした。

上のCDは、ランスロさんがエラートに録音したものを7枚のCDにまとめたものです。衝動買いをしました、爆〜。持っている録音もあったのですが、この集成でないと聴けない曲もありましたので〜。

フランスの粋なクラリネットといえば、ランスロさんではなかったでしょうか?  
ランスロさんはルーアンの生まれで、パリのコンセルヴァトワールを卒業されてから音楽活動に入られたんですよね。フルートのランパルさん、オーボエのピエルロさん、バソンのオンニュさん、などとフランス管楽五重奏団などを作って活躍された方です。フランス派のクラリネット界の重鎮でした。

今は、モーリス・アリニョンさんが有名ですね。パリのオペラ座のソリストから、パリのコンセルヴァトワールの教授をされています。

この曲は、ブラームスが1891年に作曲した曲ですね。晩年の作品ということになっていますが、1897年に64歳で亡くなるのですから、50歳代の作品ですよね。この頃にはおおかたのブラームスの代表曲は書かれてしまっていますね〜。この五重奏曲の後には、2曲のクラリネット・ソナタ(ヴィオラ・ソナタ)を作曲しただけですね〜。

人生を振り返って内省しているように思える曲ですが、意外にブラームス特有の重さというものは感じない曲だと思ったりもします。軽いというと言い過ぎでしょうが、変なところに力が入っているような曲ではなく、自在の境地に至っているように思います。ブラームスの室内楽はほとんど聴かないのですが、この曲は例外的にごくたまに聴きます。

ランスロさんのソロは、日本ではまったくと言っていいほど、評価されていないのではないかな、と思います。NHK響の元首席奏者、浜中浩一さんが師事されたクラリネット奏者です。ランスロさんは、若干ヴィブラートをかけられることがあります。それが日本の聴衆には受け入れないのかな、と思ったりもしますが、演奏されている音楽は実に深いものです。表面的な音だけではなく、やっておられる音楽を聴いて貰いたいものですが〜。

でも、ランスロさんがどうしてミュンヘンの弦楽器奏者と協演することになったのか、私にはまったく分かりません。エラートの方針であったのか、ランスロさんがドイツ系の弦楽器の方と協演することを望まれたのか、何とも言えませんね〜。

第1楽章  アレグロ(ロ短調、6/8拍子、ソナタ形式)
第2楽章  アダージョ(ロ長調〜ロ短調〜ロ長調、3/4拍子、三部形式)
第3楽章  アンダンティーノ(ニ長調の間奏曲、4/4拍子)
第4楽章  コン・モト(ロ短調、2/4拍子、変奏曲形式)

いずれの楽章も、緩除楽章で書かれているように思います。1楽章がアレグロだと思う方は少ないのではないかな、と思います。

この曲、秋の夜長にピッタリの曲ではないかなと思います。ブラームスも良いですよね〜。
ドイツ系のクラリネットでは、アルフレート・プリンツさんの演奏が忘れられないですね〜。

♪♪♪♪♪
昨日は7時半頃出かけて、帰ってきたのが5時頃です。
2時半に仕事は終わっていましたが、サーヴィス残業が1時間半ほどです。
帰ってきてから、少し休憩をして、昨日は久し振りに練習をしました。練習をするのが金曜、土曜になっていますね〜。今度の日曜は、京都のオッチャンの縁で、小さなアンサンブルの練習を京都でやることになっています。オッチャンが教えに行っている音楽教室の先生方とのアンサンブルのようです。

昨日の練習も、いつもの基礎練習です。ヴィブラートの練習をしてお腹に力を入れるようにしてから、音階練習、デタッシェの練習、難しい指でのデタッシェの練習、それに低音で小さな音で演奏する練習など、小一時間やりました。毎日は練習できません。仕事で遅くなることもありますから〜。
昨日の夜は、何をしていたのかな?

『女の道は一本道にございます。さだめに背き、引き返すは恥にございます』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(この台詞を越える台詞は、まだ出てきていませんね〜 )

この「一本道」、天璋院が昨日、和宮に言っていましたね〜。

『なれど、伝えるなと言うたは父の気持ち、それを伝えたのもまた父の気持ちじゃ』
(斉彬公の台詞ですね)

『あの子は薩摩に戻ってこないと思います。私が産んだ子供だから分かるのです。』
(今和泉・島津家のお幸(天璋院の実母)の台詞ですね、偉く感動しました)

今日は『篤姫』の再放送日ですよね、きっと観ると思います。
辛いですが、どんどん歴史の流れは早くなり、明治維新へと向かっていくんでしょうね〜。

今日は午前中に提出物の仕事をちょっとしなければなりません、昨日やるのを忘れていました〜。

今日も、出来るだけ焦らずに、ゆっくりした気持ちで過ごしたいと思っています。まずは一日のペース通りに一日を始めていきますね〜。

いつもの「日常」に戻っています。沖縄旅行まであと9ヶ月ですね、爆〜。

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。
皆さんのおかげで、10位以内にいますぅ〜
皆さんのさらなる応援をお願いします〜〜  m(_ _)m

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね (*^_^*) ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)


コミックの『のだめカンタービレ』第21巻が、発売されましたよ(^o^)
読みましたが、やはり日本編の方が面白かったように思いますね〜。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

1月4日、5日の『のだめ』パリ編が特別放送、終わりましたね
DVD、もう届いています (^o^)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。
次はどの公演に行くでしょうか?

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


Don't Look Now and Other Stories (Penguin Modern Classics)


これは大学時代に読んだ本ですが、また読み返しています
難しいです;; (^_^;)
沖縄でもあまり進みませんでした。今年に夏中に読み終わりたいですが〜。
読み直しをしたいと思っていますが〜。

ビルギット・ニルソン オペラに捧げた生涯


ビルギット・ニルソンさんの自伝が出ています。(^o^)
読み出していますが、面白いですよ
凄い記憶力です。
カラヤン、バーンスタインの印象など、辛辣なところもありますが
説得力もあるんですよ〜。
ニルソンさんのインタビュー番組で、ニルソンさんが何年にもわたってストーカーに悩まされていたことは知っていましたが、とても酷いものだったようです。その女性のストーカーは、ニルソンさんの滞在するホテルのいつも隣の部屋を取り、どうも、ニルソンさんの部屋に入って、日程表などをチェックしていたとか〜
録音に関しても面白い意見が満載です〜。
2回目を読もうと思っています。

正義で地球は救えない
正義で地球は救えない

環境問題に関しての新たな視点を教えてくださいますね〜。

チャイルド44 上巻 (1) (新潮文庫 ス 25-1)
チャイルド44 上巻 (1) (新潮文庫 ス 25-1)


殺人などが起こらない社会であるはずのソ連での連続殺人事件を扱っています〜。初めのうちは面白くないのですが、突然面白くなりますよ〜。





3


Guten Morgen!!

今朝も、少し早起きです。5時前に起き上がっています。
昨日は寝たのは12時前です。
少し寝不足気味かと思いますが、今朝も起き上がっています。

♪♪♪♪♪
今朝はシュベルトです、爆〜。どうもシュベルトが多すぎですよね〜。

シューベルト:ピアノ五重奏曲
シューベルト:ピアノ五重奏曲


フランツ・シュベルト:ピアノ五重奏曲 イ長調 D.667 「鱒」
スヴィアストラフ・リヒテル(ピアノ)
ボロディン四重奏団
ゲオルク・ヘルトナーゲル(コントラバス)
(1980年の録音のようです)

この曲はシュベルト、22歳の時の作品のようです。
(これは何度も書いているかもしれませんね)

このCDは最近手に入れたものです。
リヒテルのシュベルト、これが最近のお気に入りになっています。
それで、このCDも欲しいなと思っていたんですよ。

そして演奏を聴いてビックリです。
凄い演奏です。凄いのはまずは第1楽章です。
華やかに始まります。ピアノの腕前はさすがに上手いですよね。
ボロディン四重奏団とは良く協演していたようで、相性も良い感じがします。驚くのは、1楽章で9分くらい過ぎたところなんですよ。
スコアがないので、何とも言えないのですが、ゲネラルパウゼのようになって、非常に小さな音でピアノとヴァイオリンが歌い出すのです。何事がおこたのかな、と驚いてしまいました。まさか1楽章が終わったわけではないはず、あれれ〜、と〜。本当にビックリしますよ〜。

初めて聴いたとき、本当にビックリしました。
ここを聴くためだけでも、このCDは十分手に入れる価値があるように思います。

今朝も1楽章を何度も聴いています、もう2回目です。
本当に面白い演奏なんですよ。

今朝は、1楽章までにします。2楽章以下は、また書きたいと思っています。

♪♪♪♪♪
昨日は、ライブドアのメンテナンスで、ブログをアップしてから仕事に出かけられるかな、と思っていましたが、何とか7時前に復旧して、ブログをアップしてから出かけることが出来ました。
そのために、家でパンの朝食にしました〜。
仕事先に着いたのは8時過ぎ、それから仕事は5時半まで
それからサーヴィス残業をして、8時頃に仕事先を出て、帰ってきたのは9時過ぎです。
それから、録画しておいた『その時歴史が動いた』を見ながらの夕食です。
小松帯刀に焦点を当てた、王政復古までの60日間を描いたもので、『篤姫』で小松帯刀が出てきますので、面白く見ました。

『女の道は一本道にございます。さだめに背き、引き返すは恥にございます』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(この台詞を越える台詞は、まだ出てきていませんね〜 )

この「一本道」、天璋院が昨日、和宮に言っていましたね〜。

『なれど、伝えるなと言うたは父の気持ち、それを伝えたのもまた父の気持ちじゃ』
(斉彬公の台詞ですね)

『あの子は薩摩に戻ってこないと思います。私が産んだ子供だから分かるのです。』
(今和泉・島津家のお幸(天璋院の実母)の台詞ですね、偉く感動しました)

今朝も早出ですが、市内なので7時半頃に出かけられると思います。
喫茶店でモーニングを食べてから出かけようと思っています。

いつものように今朝も出かけられると思います。
そのことに感謝しています。

今日も、出来るだけ焦らずに、ゆっくりした気持ちで過ごしたいと思っています。まずは一日のペース通りに一日を始めていきますね〜。

いつもの「日常」に戻っています。沖縄旅行まであと9ヶ月ですね、爆〜。

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。
皆さんのおかげで、10位以内にいますぅ〜
皆さんのさらなる応援をお願いします〜〜  m(_ _)m

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね (*^_^*) ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)


コミックの『のだめカンタービレ』第21巻が、発売されましたよ(^o^)
読みましたが、やはり日本編の方が面白かったように思いますね〜。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

1月4日、5日の『のだめ』パリ編が特別放送、終わりましたね
DVD、もう届いています (^o^)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。
次はどの公演に行くでしょうか?

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


Don't Look Now and Other Stories (Penguin Modern Classics)


これは大学時代に読んだ本ですが、また読み返しています
難しいです;; (^_^;)
沖縄でもあまり進みませんでした。今年に夏中に読み終わりたいですが〜。
読み直しをしたいと思っていますが〜。

ビルギット・ニルソン オペラに捧げた生涯


ビルギット・ニルソンさんの自伝が出ています。(^o^)
読み出していますが、面白いですよ
凄い記憶力です。
カラヤン、バーンスタインの印象など、辛辣なところもありますが
説得力もあるんですよ〜。
ニルソンさんのインタビュー番組で、ニルソンさんが何年にもわたってストーカーに悩まされていたことは知っていましたが、とても酷いものだったようです。その女性のストーカーは、ニルソンさんの滞在するホテルのいつも隣の部屋を取り、どうも、ニルソンさんの部屋に入って、日程表などをチェックしていたとか〜
録音に関しても面白い意見が満載です〜。
2回目を読もうと思っています。

正義で地球は救えない
正義で地球は救えない

環境問題に関しての新たな視点を教えてくださいますね〜。

チャイルド44 上巻 (1) (新潮文庫 ス 25-1)
チャイルド44 上巻 (1) (新潮文庫 ス 25-1)


殺人などが起こらない社会であるはずのソ連での連続殺人事件を扱っています〜。初めのうちは面白くないのですが、突然面白くなりますよ〜。




2


Guten Morgen!!

今朝も、少し早起きです。5時前に起き上がっています。
ライブドアのメンテナンスということで、
今朝はブログを早めにアップできるかどうか、分かりません。

昨日も9時過ぎに寝てしまいました。
眼が覚めたのは3時半頃でしたが、もう一度寝てしまったようです。

♪♪♪♪♪
今朝は久し振りにモツアルトです。本当に久し振りです。

Mozart: Quintet for Piano and Wind Instruments; Piano Quartet in G minor; Sonata for Two Pianos
Mozart: Quintet for Piano and Wind Instruments; Piano Quartet in G minor; Sonata for Two Pianos


モツアルト:ピアノ四重奏曲 第1番 ト短調 K.478

ゲオルク・ショルティ(ピアノ)
メロス四重奏団
(1984年の録音のようです)

このCDは、モツアルトの『ピアノと木管のための五重奏曲』を聴きたいと思って買ったCDです。LP時代からその演奏はよく聴いていたものなんですよ。ですが、今朝は、ピアノと弦楽器のためのカルテットにしました。

この曲は、それほど聴いてこなかったのですが、ブログ仲間の方が取り上げておられて、そういえば買っていたな、と思って探し出したんですよ。
ショルティのピアノの演奏も聴けます。

モツアルトのト短調という調性は、やはりそれなりの意味がある調性なのではないでしょうか?

第1楽章 アレグロ
第2楽章 アンダンテ
第3楽章 ロンド:アレグロ・モデラート

冒頭から厳しい音楽が始まります。ト短調の響きです。この演奏を聴いているとショルティが指揮をしているのではないかな、と思ってしまいます。彼のモツアルトのオペラの指揮ぶりと似通ったピアノの演奏です。実に巧いですよ〜。指揮者の余技を越えていると思います。

第2楽章は、歌の楽章です。ピアノと弦楽器、ないし管楽器の演奏の方が、弦楽四重奏曲などよりも、モツアルトの場合はピアノ・コンチェルトの雰囲気が強いように思いますね〜。木管との五重奏曲はまさにピアノ・コンチェルトの世界ですよね。この四重奏曲も、そういう趣がありますが、弦楽器とピアノの場合は、もう少し室内楽の雰囲気があるかもしれませんね〜。

第3楽章のロンドも、モツアルトならではのロンドでしょうね〜。
久し振りにモツアルトを聴くと、やはり良いな〜と思ってしまいますよね〜。

メロス四重奏団の弦楽器のメンバーも、ショルティに負けない演奏をしていますよ。

このCDには、『のだめ』で有名になった、『2台のピアノのためのソナタ』も収録されていますよ〜。 (^o^)

♪♪♪♪♪
昨日は午前中は歯医者さん、それから仕事の準備などをして、お昼を食べに定食屋さんに行き、帰ってきてからは、ミステリの番組を少し見ていて、昼寝を少ししました。4時前に起き上がってきて、ニュース番組、ほんの少しだけ仕事をしました。
それからお風呂に入って、夕食です。
夕食を食べると眠くなりますね。
昨日も、『その時歴史が変わった』かな? 小松帯刀などを扱っていたので、それを見てから寝ようと思っていたのですが、ダメでした。寝てしまいました。録画はしておいたので、また見られますが〜。

『女の道は一本道にございます。さだめに背き、引き返すは恥にございます』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(この台詞を越える台詞は、まだ出てきていませんね〜 )

この「一本道」、天璋院が昨日、和宮に言っていましたね〜。

『なれど、伝えるなと言うたは父の気持ち、それを伝えたのもまた父の気持ちじゃ』
(斉彬公の台詞ですね)

『あの子は薩摩に戻ってこないと思います。私が産んだ子供だから分かるのです。』
(今和泉・島津家のお幸(天璋院の実母)の台詞ですね、偉く感動しました)

今日は早出の日です。6時半頃出ています。
7時過ぎに高速を降りて、近くの吉野家で朝食、先週は休んでいたのでパンの朝食なりましたが、今日はやっていると思います。

いつものように今朝も出かけられると思います。
そのことに感謝しています。

今日も、出来るだけ焦らずに、ゆっくりした気持ちで過ごしたいと思っています。まずは一日のペース通りに一日を始めていきますね〜。

いつもの「日常」に戻っています。沖縄旅行まであと9ヶ月ですね、爆〜。

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。
皆さんのおかげで、10位以内にいますぅ〜
皆さんのさらなる応援をお願いします〜〜  m(_ _)m

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね (*^_^*) ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)


コミックの『のだめカンタービレ』第21巻が、発売されましたよ(^o^)
読みましたが、やはり日本編の方が面白かったように思いますね〜。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

1月4日、5日の『のだめ』パリ編が特別放送、終わりましたね
DVD、もう届いています (^o^)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。
次はどの公演に行くでしょうか?

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


Don't Look Now and Other Stories (Penguin Modern Classics)


これは大学時代に読んだ本ですが、また読み返しています
難しいです;; (^_^;)
沖縄でもあまり進みませんでした。今年に夏中に読み終わりたいですが〜。
読み直しをしたいと思っていますが〜。

ビルギット・ニルソン オペラに捧げた生涯


ビルギット・ニルソンさんの自伝が出ています。(^o^)
読み出していますが、面白いですよ
凄い記憶力です。
カラヤン、バーンスタインの印象など、辛辣なところもありますが
説得力もあるんですよ〜。
ニルソンさんのインタビュー番組で、ニルソンさんが何年にもわたってストーカーに悩まされていたことは知っていましたが、とても酷いものだったようです。その女性のストーカーは、ニルソンさんの滞在するホテルのいつも隣の部屋を取り、どうも、ニルソンさんの部屋に入って、日程表などをチェックしていたとか〜
録音に関しても面白い意見が満載です〜。
2回目を読もうと思っています。

正義で地球は救えない
正義で地球は救えない

環境問題に関しての新たな視点を教えてくださいますね〜。

チャイルド44 上巻 (1) (新潮文庫 ス 25-1)
チャイルド44 上巻 (1) (新潮文庫 ス 25-1)


殺人などが起こらない社会であるはずのソ連での連続殺人事件を扱っています〜。初めのうちは面白くないのですが、突然面白くなりますよ〜。






3


Guten Morgen!!

今朝は、久し振りの早起きです。4時起きです。
最近、寝すごし気味でしたから、早起きですよ。
昨日は9時前に寝てしまったような〜

昨日は夕方だけの仕事なので、それほど疲れているはずではないと思うのですが〜。
寒くなっていますね〜;;

♪♪♪♪♪
今朝は、この前に届いたCDからです。昨日から聴き続けています。
バッハの無伴奏ヴァイオリンです。

バッハ:無伴奏VNソナタ全集
バッハ:無伴奏VNソナタ全集



J・S・バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ 第1番、第2番
カール・ズスケ(ヴァイオリン)
(1983年、1985年、ドレースデン・ルカ教会での録音のようです)

バッハの「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」は昔から聴いていましたが、意外にCDを買い始めたのは最近です。ハイフェッツのボックスに入っていた演奏、加藤知子さんの演奏、CDで持っているのはそれくらいです。きっとヨーゼフ・スークの演奏があればすぐに買っていたと思うのですが〜。スークは、ヴァイオリンソナタのCDは出していますが、無伴奏は録音していないのでしょうか?

カール・ズスケの演奏を聴いてみたいと思ったのは、ズスケ四重奏団(ベルリン四重奏団)によるベトベンの弦楽四重奏曲の演奏が実に素晴らしいものであったからだと思います。

1枚目のCD、ソナタの1番、2番、パルティータの2番が収録されています。昨日から何度も、何度も聴いています。ハイフェッツ、加藤知子さんと比べれば、テクニークの点では少しは劣っているかとも思ったりもしますが(聴き比べているわけではありませんが)、奏でている音楽は、遜色がないように思います。

ズスケさんは、ライプツィッヒのゲヴァントハウスのオケストラのヴィオラ奏者からコンサートマスターになられ、その後ベルリンのシュタールかペレのコンサートマスターを経て、またゲヴァンドハウスのコンサートマスターに戻られた方です。ソロ奏者としても、ベトベンのコンチェルトなどの録音も残されているようです。
ソリストとして活躍されていたというよりは、室内楽の世界で活躍されていたと思います。
ですが、ヴァイオリンの腕前はソリスト・レヴェルだったんですね〜。

バッハの無伴奏は、ヴァイオリン奏者にとっては難曲の一つであろうと思います。テクニークの点でも、表現の面でも〜。
「パルティータ2番」のシャコンヌなどを聴くと、少しテクニークが、と思うこともありますが、その音楽は実に真摯なもので、誠実な感じがします。

このような演奏を可能にしたものは何であったのでしょうか?
私は最近、ヘルベルト・ケーゲルさんの指揮した演奏、スィトナーさんの演奏などを聴いていて思うのですが、旧東独の演奏家たちの素晴らしい演奏、あの体制の中でどうして可能であったのか、と不思議に思います。音楽の世界にも政治は割り込んできますよね。それをはね除けて、音楽の世界に住まう、といったことは簡単に言えますが、実行は甚だ難しいことではないかと思うのですよ。

聴けば聴くほど味が出てくる演奏です。孤高の姿を想像しています。ズスケさんが真摯にバッハに取り組んでおられる姿を想像しています。
あの有名な「シャコンヌ」も、実に良い音楽になっています。テクニーク面では少し劣ると書きましたが、その真摯な音楽作りには敬意を表したいと思います〜。
「シャコンヌ」を聴きながらです〜。

♪♪♪♪♪
昨日は午前中はお医者さん巡りはなく、仕事の準備を少ししましたが、眠くて、朝寝も少ししました。この頃は睡眠時間はたっぷりと取っていると思うのですが、眠い感じがします。疲れがたまっていたのでしょうか?
その辺りは分かりません。ですが、眠いというのは身体が睡眠を欲しているのではないかと思っています。

昨日は、2時半頃仕事にでかけ、7時頃に戻ってきて、早めの夕食にしました。それから音楽を聴き始めたのですが、眠くて、9時前には寝てしまったと思います。

『女の道は一本道にございます。さだめに背き、引き返すは恥にございます』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(この台詞を越える台詞は、まだ出てきていませんね〜 )

この「一本道」、天璋院が昨日、和宮に言っていましたね〜。

『なれど、伝えるなと言うたは父の気持ち、それを伝えたのもまた父の気持ちじゃ』
(斉彬公の台詞ですね)

『あの子は薩摩に戻ってこないと思います。私が産んだ子供だから分かるのです。』
(今和泉・島津家のお幸(天璋院の実母)の台詞ですね、偉く感動しました)

今日は午前中に歯医者さんの予約が入っています。歯医者さんに行くと、ものすごく疲れますので、それまでに明日の仕事の準備をしておきたいと思っています。どこまで出来るか分かりませんが〜。

今日も、出来るだけ焦らずに、ゆっくりした気持ちで過ごしたいと思っています。まずは一日のペース通りに一日を始めていきますね〜。

いつもの「日常」に戻っています。沖縄旅行まであと9ヶ月ですね、爆〜。

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。
皆さんのおかげで、10位以内にいますぅ〜
皆さんのさらなる応援をお願いします〜〜  m(_ _)m

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね (*^_^*) ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)


コミックの『のだめカンタービレ』第21巻が、発売されましたよ(^o^)
読みましたが、やはり日本編の方が面白かったように思いますね〜。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

1月4日、5日の『のだめ』パリ編が特別放送、終わりましたね
DVD、もう届いています (^o^)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。
次はどの公演に行くでしょうか?

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


Don't Look Now and Other Stories (Penguin Modern Classics)


これは大学時代に読んだ本ですが、また読み返しています
難しいです;; (^_^;)
沖縄でもあまり進みませんでした。今年に夏中に読み終わりたいですが〜。
読み直しをしたいと思っていますが〜。

ビルギット・ニルソン オペラに捧げた生涯


ビルギット・ニルソンさんの自伝が出ています。(^o^)
読み出していますが、面白いですよ
凄い記憶力です。
カラヤン、バーンスタインの印象など、辛辣なところもありますが
説得力もあるんですよ〜。
ニルソンさんのインタビュー番組で、ニルソンさんが何年にもわたってストーカーに悩まされていたことは知っていましたが、とても酷いものだったようです。その女性のストーカーは、ニルソンさんの滞在するホテルのいつも隣の部屋を取り、どうも、ニルソンさんの部屋に入って、日程表などをチェックしていたとか〜
録音に関しても面白い意見が満載です〜。
2回目を読もうと思っています。

正義で地球は救えない
正義で地球は救えない

環境問題に関しての新たな視点を教えてくださいますね〜。

チャイルド44 上巻 (1) (新潮文庫 ス 25-1)
チャイルド44 上巻 (1) (新潮文庫 ス 25-1)


殺人などが起こらない社会であるはずのソ連での連続殺人事件を扱っています〜。初めのうちは面白くないのですが、突然面白くなりますよ〜。


<ちょっと一言>
昨日は社会保険事務所の方と電話でやり取りをしましたが、埒があかず、その方が自宅まで来てくださいました。(来いと電話したのですが、爆〜)。どうも、未納部分がやはりあったのではないかとの結論に達しました。書類もきちんと打ち出して持ってこられました。調べないと分からないと電話では言っておられましたが、すぐに出てくるではないですか、爆〜。
年金はやはり寄付になっているかもしれません;;



3

Guten Morgen!!

今朝は、6時前起きです。
どうも最近、寝すごし気味です
3時頃起きていた時期が懐かしいような〜

♪♪♪♪♪
今日は、我らがキャプテン、ユージン・オーマンディ師のお誕生日です。
1899年の生まれですから、生きておられたら、109歳になっておられるのでしょうか〜

Eugene Ormandy - The Original Jacket Collection
Eugene Ormandy - The Original Jacket Collection

(HMVでは7000円弱で入手できますよ〜)

この中から、何を聴こうかと思いましたが、フィラデルフィアは、弦楽器も、木管楽器も、金管楽器も上手いのですが、とりわけ弦楽器の分厚い響き、これはオーマンディ師が作り上げた響きではないかと思います。

CD10: The Romantic Philadelphia Strings
ユージン・オーマンディ師 指揮 ザ・フィラデルフィア・オケストラの演奏です。

・ボロディン:夜想曲(1957年ステレオ)
・マスカーニ:『カヴァレリア・ルスティカーナ』間奏曲(1967年ステレオ)
・ロンドン・デリーの歌(1965年ステレオ)
・バーバー:弦楽のためのアダージョ(1957年ステレオ)
・チャイコフスキー:アンダンテ・カンタービレ(1966年ステレオ)
・シベリウス:悲しいワルツ(1959年ステレオ)
・グリーグ:抒情組曲より『ノットゥルノ』(1968年ステレオ)
・グリーグ:2つの悲しい旋律より『過ぎし春』(1967年ステレオ)
・マスネ:エレジー(1966年ステレオ)
・マクドウェル:野ばらへ op.51-1(1966年ステレオ)
・ヴォーン・ウィリアムズ:グリーンスリーヴスによる幻想曲(1957年ステレオ)
・ヴォーン・ウィリアムズ:タリスの主題による幻想曲(1963年ステレオ)

ボロディンの「夜想曲」(弦楽四重奏曲の中の一つの楽章ですね)から、ヴォーン・ウィリアムズまで、実に豊かな音で、たっぷりと演奏されています。こういう演奏は日本の評論家の大家にはまったく認められなかった演奏ばかりです。ですが、何と美しいことでしょう〜。

こういう音楽が認められないことには、少し残念ですが、認める人が少数でもいればそれで良いと思っています。オーマンディ師は、そんなことは何とも思われていないことと思います。あれほどの録音したということは、それだけ売れたということですから〜。評論家の先生が何を言おうと、意にも介しておられなかったと思います。

このストリングスの演奏は、朝よりも夜に聴く方がピッタリかもしれません。ワインでも飲みながらだと、至福の時間が過ごせるとことと思います。
とりわけチェロ、コントラバスの音の良さ、音程の良さには驚きを禁じ得ません〜。

実はこの部分は、昨日の夜に書いていました。(昨日の朝は寝すごしましたので、少し先に書いておこうと思いました。)

一部の曲では、木管楽器、ハープのソロも入っています。主体は弦楽器ですが〜。
これからも、オーマンディ師の指揮している演奏を聴き続けていくと思います。好きなんですよ〜。

今、「カヴァレリア・ルスティカーナ」の間奏曲になっています。
何と美しい弦楽合奏でしょうか〜。
それに、清楚なオーボエのソロ〜(ドゥ・ランシーさんだと思います)。
美しいハープの音(コステロさんだと思います)。

♪♪♪♪♪
昨日は、8時頃出かけて6時過ぎに帰ってきました。
心配していた営業成績の書類、下半期も届きました (^o^)
6月にも届いたんですが、今月は届くのかな、と心配していました。
どうかなと気が気ではなかったんですよ;;
小心者ですから〜、爆〜。
ホッとしていてはいけないのですが、少しホッとしています。
(これが届くと「呼び出し」ての注意がなくなるんですよ)

『女の道は一本道にございます。さだめに背き、引き返すは恥にございます』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(この台詞を越える台詞は、まだ出てきていませんね〜 )

この「一本道」、天璋院が昨日、和宮に言っていましたね〜。

『なれど、伝えるなと言うたは父の気持ち、それを伝えたのもまた父の気持ちじゃ』
(斉彬公の台詞ですね)

どうも生活のリズムが崩れかかっているようにも思います。
少し注意をしないと行けないなと思っているところです。

今日も、出来るだけ焦らずに、ゆっくりした気持ちで過ごしたいと思っています。まずは一日のペース通りに一日を始めていきますね〜。

いつもの「日常」に戻っています。沖縄旅行まであと9ヶ月ですね、爆〜。

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。
皆さんのおかげで、10位以内にいますぅ〜
皆さんのさらなる応援をお願いします〜〜  m(_ _)m

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね (*^_^*) ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)


コミックの『のだめカンタービレ』第21巻が、発売されましたよ(^o^)
読みましたが、やはり日本編の方が面白かったように思いますね〜。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

1月4日、5日の『のだめ』パリ編が特別放送、終わりましたね
DVD、もう届いています (^o^)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。
次はどの公演に行くでしょうか?

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


Don't Look Now and Other Stories (Penguin Modern Classics)


これは大学時代に読んだ本ですが、また読み返しています
難しいです;; (^_^;)
沖縄でもあまり進みませんでした。今年に夏中に読み終わりたいですが〜。
読み直しをしたいと思っていますが〜。

ビルギット・ニルソン オペラに捧げた生涯


ビルギット・ニルソンさんの自伝が出ています。(^o^)
読み出していますが、面白いですよ
凄い記憶力です。
カラヤン、バーンスタインの印象など、辛辣なところもありますが
説得力もあるんですよ〜。
ニルソンさんのインタビュー番組で、ニルソンさんが何年にもわたってストーカーに悩まされていたことは知っていましたが、とても酷いものだったようです。その女性のストーカーは、ニルソンさんの滞在するホテルのいつも隣の部屋を取り、どうも、ニルソンさんの部屋に入って、日程表などをチェックしていたとか〜
録音に関しても面白い意見が満載です〜。
2回目を読もうと思っています。

正義で地球は救えない
正義で地球は救えない

環境問題に関しての新たな視点を教えてくださいますね〜。

チャイルド44 上巻 (1) (新潮文庫 ス 25-1)
チャイルド44 上巻 (1) (新潮文庫 ス 25-1)


殺人などが起こらない社会であるはずのソ連での連続殺人事件を扱っています〜。初めのうちは面白くないのですが、突然面白くなりますよ〜。

<ちょっと一言>
年金は寄付だと思っていましたが、
「ねんきん特別便」で未納の時期が;;
自分もそうなっているとは思いもしませんでした〜;;
皆さんはどうですか? 国民年金に加入していた部分が未納になっています;;
電話して文句を言いました、爆〜。
「何で社会保険事務所まで持っていかないと行けないのか?」
「電話では本人確認ができないのはどうしてなのか?」
疑問がいっぱいです〜〜 爆〜。

果たして、私の年金=寄付金は何処にありや???





2


Guten Morgen!!

今朝は、6時半過ぎ起きです。
完全に寝すごしました〜;

昨日は10時過ぎには寝ていたと思うんですよ。二回目の「篤姫」の途中か終わってからかな;
2時頃眼が覚めたんですが、もう一度寝てしまいました。
疲れていたのかな?
でも、寝すごしました〜。(^^;)

♪♪♪♪♪
今朝もシュベルトです。
昨日リヒテルで聴いた同じソナタです。

Schubert: Piano Sonatas in A minor and D major, D784 &amp; D850
Schubert: Piano Sonatas in A minor and D major, D784 &amp; D850


ブレンデル・シュベルト






ブレンデルのシュベルト・ピアノソナタ集のHMVのサイトですぅ〜
(アマゾンでは見あたりませんでした、7枚組で3500円くらいです)


フランツ・シュベルト:ピアノ・ソナタ イ短調 第14番 D.784
アルフレート・ブレンデル(ピアノ)
(1972年 東京でのライヴ録音だそうです)

第1楽章  Allegro giusto
第2楽章  Andante
第3楽章  Allegro vivace

ブレンデルの演奏、昨日何度も聴いたのですが、リヒテルの演奏とは全く違う曲のようにも感じます〜。
演奏者でこれほどにも異なる曲に聞こえることがあるんですね〜。
不思議です〜。
それだけシュベルトの世界が広いということでしょうか?
今朝はこれを聴いていたということしか書けません。

リヒテルの悪魔的な演奏とはかけ離れた演奏ですね〜
今朝は寝すごしましたので、今朝はこれだけにさせていただきます。 m(_ _)m

♪♪♪♪♪
昨日は、午前中は仕事の準備などをしていました。
午後からは昼寝、音楽、それにテレビでした。
夕飯は出前を取って食べてから、「篤姫」を見たんですが〜。
昨日も、面白かったんですが、感想を書く時間はなさそうです。(>_<)

『女の道は一本道にございます。さだめに背き、引き返すは恥にございます』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(この台詞を越える台詞は、まだ出てきていませんね〜 )

この「一本道」、天璋院が昨日、和宮に言っていましたね〜。

『なれど、伝えるなと言うたは父の気持ち、それを伝えたのもまた父の気持ちじゃ』
(斉彬公の台詞ですね)

月曜はいつも、8時頃に出かけています。喫茶店には6時半頃行き、7時頃帰ってきて、それからコメントを書いたり、レスを書いたりして、それから出かけていますが、今朝は喫茶店は行けそうにもありません。
今は7時過ぎですから〜。でも大丈夫です。
それほど焦っていませんから〜。

今日も、出来るだけ焦らずに、ゆっくりした気持ちで過ごしたいと思っています。まずは一日のペース通りに一日を始めていきますね〜。

いつもの「日常」に戻っています。沖縄旅行まであと9ヶ月ですね、爆〜。

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。
皆さんのおかげで、10位以内にいますぅ〜
皆さんのさらなる応援をお願いします〜〜  m(_ _)m

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね (*^_^*) ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)


コミックの『のだめカンタービレ』第21巻が、発売されましたよ(^o^)
読みましたが、やはり日本編の方が面白かったように思いますね〜。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

1月4日、5日の『のだめ』パリ編が特別放送、終わりましたね
DVD、もう届いています (^o^)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。
次はどの公演に行くでしょうか?

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


Don't Look Now and Other Stories (Penguin Modern Classics)


これは大学時代に読んだ本ですが、また読み返しています
難しいです;; (^_^;)
沖縄でもあまり進みませんでした。今年に夏中に読み終わりたいですが〜。
読み直しをしたいと思っていますが〜。

ビルギット・ニルソン オペラに捧げた生涯


ビルギット・ニルソンさんの自伝が出ています。(^o^)
読み出していますが、面白いですよ
凄い記憶力です。
カラヤン、バーンスタインの印象など、辛辣なところもありますが
説得力もあるんですよ〜。
ニルソンさんのインタビュー番組で、ニルソンさんが何年にもわたってストーカーに悩まされていたことは知っていましたが、とても酷いものだったようです。その女性のストーカーは、ニルソンさんの滞在するホテルのいつも隣の部屋を取り、どうも、ニルソンさんの部屋に入って、日程表などをチェックしていたとか〜
録音に関しても面白い意見が満載です〜。
2回目を読もうと思っています。

正義で地球は救えない
正義で地球は救えない

環境問題に関しての新たな視点を教えてくださいますね〜。

チャイルド44 上巻 (1) (新潮文庫 ス 25-1)
チャイルド44 上巻 (1) (新潮文庫 ス 25-1)


殺人などが起こらない社会であるはずのソ連での連続殺人事件を扱っています〜。初めのうちは面白くないのですが、突然面白くなりますよ〜。




2

Guten Morgen!!

今朝は、6時前起きです。
寝すごしました〜;
昨日は小さなアンサンブルの練習から帰ってきたのが、10時半頃、それから録画しておいたドラマ『ジャッジ鵺』を見て、寝たのが1時頃です。
遅くなっても当たり前かもしれませんね〜。

♪♪♪♪♪
今朝は昨日ようやく届いたCDです。注文してから1ヶ月くらいかかりました〜。

Schubert: Piano Sonatas D. 664 &amp; D. 784
Schubert: Piano Sonatas D. 664 & D. 784


フランツ・シュベルト:ピアノ・ソナタ イ短調 第14番 D.784
スヴァトスラフ・リヒテル(ピアノ)
(1979年 東京でのライヴ録音だそうです)

リヒテルのシュベルトの演奏、色々と集めてきています。室内楽、それにソロの曲なども〜。第13番は、他のCDでここで紹介しました。この録音でもやはり面白いのですが、それについてはまたいずれ〜。

この14番のソナタ、非常に不思議な曲です。
それに、リヒテルの演奏、何かが乗り移ったかのではないかと思うような演奏です。ライヴでありながら、ミスのようなものは見あたりません。

第1楽章  Allegro giusto
第2楽章  Andante
第3楽章  Allegro vivace

何か「死」に囚われているいるかのように感じます。
もちろんシュベルトは、確か31歳で亡くなっているわけですが、この曲は晩年の曲ではありません。ですが、そんな風に感じられます。26歳の時の作品です。この頃に、いわゆる「未完成」交響曲、
リヒテルの演奏がそうなのかもしれませんが〜。

第1楽章は、光をひたすら求めて苦悶している感じがする曲です。途中で華やかになるところもあるのですが、やはり、影がさしています。

第2楽章 穏やかな曲調なのですが、深い、深い井戸の底を覗いているような感じがします。

第3楽章 少しだけ明るくなります。第2主題などは夢見る乙女のような感じがします。実に良い曲です。

リヒテルは、シュベルトが好きだったのではないでしょうか? 色々とソナタのCDが出ています。少しずつ集めていきたいなと思っています。

確かブレンデルの演奏も持っていたと思います。聴いていないので、今日、聞き比べをしてみようかとも思います。

実に良い曲ですよ。

今朝は寝すごしましたので、モーニングから帰ってきてから書き加えますね〜。 m(_ _)m  (少し書き加えました〜)


♪♪♪♪♪
昨日は午前中から練習をしました。基礎練習中心です。
午後は「篤姫」再放送を観ましたよ。(^o^)
それから少し横になって、起きだしてから、また練習をしました。
久し振りにしっかりと練習が出来たかもしれません。

休んでいた小さなアンサンブルの練習には久し振りに出かけられました。(^o^) 今日、見学に行こうと思っていた団体は、この次にしてもらいたいとメールを送りました。どうも、日曜は寝ていたいのかもしれません。

『女の道は一本道にございます。さだめに背き、引き返すは恥にございます』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(この台詞を越える台詞は、まだ出てきていませんね〜 )

この「一本道」、天璋院が昨日、和宮に言っていましたね〜。

『なれど、伝えるなと言うたは父の気持ち、それを伝えたのもまた父の気持ちじゃ』
(斉彬公の台詞ですね)

今日は待ちに待った『篤姫』ですね〜 (^o^)
楽しみです。午前中は少しだけ仕事の準備をしたいと思っています。


今日も、出来るだけ焦らずに、ゆっくりした気持ちで過ごしたいと思っています。まずは一日のペース通りに一日を始めていきますね〜。

いつもの「日常」に戻っています。沖縄旅行まであと9ヶ月ですね、爆〜。

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。
皆さんのおかげで、10位以内にいますぅ〜
皆さんのさらなる応援をお願いします〜〜  m(_ _)m

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね (*^_^*) ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)


コミックの『のだめカンタービレ』第21巻が、発売されましたよ(^o^)
読みましたが、やはり日本編の方が面白かったように思いますね〜。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

1月4日、5日の『のだめ』パリ編が特別放送、終わりましたね
DVD、もう届いています (^o^)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。
次はどの公演に行くでしょうか?

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


Don't Look Now and Other Stories (Penguin Modern Classics)


これは大学時代に読んだ本ですが、また読み返しています
難しいです;; (^_^;)
沖縄でもあまり進みませんでした。今年に夏中に読み終わりたいですが〜。
読み直しをしたいと思っていますが〜。

ビルギット・ニルソン オペラに捧げた生涯


ビルギット・ニルソンさんの自伝が出ています。(^o^)
読み出していますが、面白いですよ
凄い記憶力です。
カラヤン、バーンスタインの印象など、辛辣なところもありますが
説得力もあるんですよ〜。
ニルソンさんのインタビュー番組で、ニルソンさんが何年にもわたってストーカーに悩まされていたことは知っていましたが、とても酷いものだったようです。その女性のストーカーは、ニルソンさんの滞在するホテルのいつも隣の部屋を取り、どうも、ニルソンさんの部屋に入って、日程表などをチェックしていたとか〜
録音に関しても面白い意見が満載です〜。
2回目を読もうと思っています。

正義で地球は救えない
正義で地球は救えない

環境問題に関しての新たな視点を教えてくださいますね〜。

チャイルド44 上巻 (1) (新潮文庫 ス 25-1)
チャイルド44 上巻 (1) (新潮文庫 ス 25-1)


殺人などが起こらない社会であるはずのソ連での連続殺人事件を扱っています〜。初めのうちは面白くないのですが、突然面白くなりますよ〜。




るどるふ・ぜるきんの「今朝は早起きです 〜 チャイコフスキー 交響曲第2番「小ロシア」オーマンディ盤  」のまねしてかいてみるね

GutenMorgen!!今朝は面白くなり、この台詞は父のさらなる応援を応援したそうです)冒頭の方が一級品ですね。
仕事は練習します〜。初めの録音の部屋に入っていってもあまり演奏です)の効果は練習、クヮジ・モデラート(長調)の3曲と、すぐに背き、和宮に入るとお願いしたいですよ〜。早く帰ってストーカーは練習の自伝があまり演奏は練習が満載です)風邪などが引き継ぎますよ〜。読み直しを聴いたりすると信じて困っていたように読んだ本です。

*このエントリは、ブログペットの「雁次郎」が書きました。

3

Guten Morgen!!

今朝は、4時過ぎ起きです。

昨日は早めに寝ました。9時頃でしょうか、夜中に起きてしまいました、爆〜
二度寝をして、4時過ぎ起きです。

♪♪♪♪♪
昨日は、ブッシュ四重奏団の演奏で、ベトベンの14番の弦楽四重奏曲を聴いていたのですが、これについてはもう少し聴きたいような気がしました。で、今朝も珍しくチャイコフスキーです。ブログ仲間の方がチャイコフスキーの初期のシンフォニーを良く取り上げられていて、一度取り上げてみたいと思っていました。

チャイコフスキー:交響曲第1番「冬の日の幻想」、第2番「小ロシア」、第3番「ポーランド」
チャイコフスキー:交響曲第1番「冬の日の幻想」、第2番「小ロシア」、第3番「ポーランド」


チャイコフスキー:交響曲第2番 ハ短調 作品17 「小ロシア」
ユージン・オーマンディ 指揮 ザ・フィラデルフィア・オケストラの演奏です。
(1976年の録音のようです)

チャイコフスキーの後期のシンフォニーは何度も、何度も演奏したこともあり、演奏をするときにはフィラデルフィアの演奏でその演奏を参考にするために聴いたりすることもありますが、めったに聴くことはありません。

このCDも、初期の3曲のシンフォニーを収録されているのですが、発売されて届いたときに聴いて以来、聴いていなかったかもしれません。

ですが、聴いていると、いずれも良い曲だなと思いますね〜。
この曲は、1872年に作曲され、1880年に大改訂をされたようです。
初演当時から好評を持って迎えられたそうです。

第1楽章  アンダンテ・ソステヌート - アレグロ・ヴィーヴォ(ハ短調)
冒頭のホルン独奏、それをバスーンが引き継ぎます。久し振りでフィラデルフィアの演奏を聴いていますが、陶然とするほど上手いですね〜。
主部に入ると、チャイコフスキーらしい旋律が出てきます。
華やかな主部、コーダでは、ホルンのソロ、バスーンのソロで楽章を締めくくっています。

第2楽章  アンダンティーノ・マルツィアーレ、クヮジ・モデラート(変ホ長調)。
ティンパニのソロで始まります。マーチのような旋律を木管が最初に歌い、それが弦楽器に受け継がれます。オケストレーションは精密なもので、後期のシンフォニーに比べても遜色がないものではないでしょうか〜。
木管の旋律に弦楽器がオブリガートを演奏するところがありますが、ここは難しそうですね。終わりはティンパニのソロで終わります。

第3楽章  スケルツォ:アレグロ・モルト・ヴィヴァーチェ(ハ短調)
このスケルツォも面白いですね〜。
それに難しそうです。ひょっとすると、この難しさが、このシンフォニーがあまり演奏されないことの原因の一つかもしれませんね〜。演奏の効果は、後期の3曲と遜色はないと思いますね〜。
トリオでは、木管の美しい旋律が出てきます。チャイコフスキーならではものですね〜。

第4楽章  フィナーレ:モデラート・アッサイ - アレグロ・ヴィーヴォ(ハ長調)。
壮麗な序奏は、ムソルグスキーの『展覧会の絵』を思い出させるものです。可愛らしい旋律から大きな盛り上がりを作り出しています。第2主題も、ロシアの雰囲気を漂わせたもので、実に美しいですね〜。
チャイコフスキーはごくたまに聴くと、実に魅力的ですね、壮麗な大団円で終わります。演奏される機会は少ないかもしれませんが、実に良い曲だと思います。ドラが一発鳴らされてから、コーダに入りますが、この辺りも実に巧く書かれていますね〜。

初版と改訂版のどちらが優れているのかといった問題もあるそうです(Wikipediaにはそういうことが書かれていました)
オーマンディ師の演奏は、きっと改訂版を使っているのではないかと思います。それに、オーマンディ師独自の小さな改訂を行っているのではないかと思います。

久し振りに、フィラデルフィアの演奏を聴いているわけですが、本当に上手いものですね。木管、金管、それに分厚い弦楽器の響き、どれをとっても一級品ですよね〜。

早朝ですから、音を絞って聴いていますが、大音量で聴けば、いっそう面白く聴けたのではないかな、と思います。

♪♪♪♪♪
昨日は、7時半頃仕事に出かけ、5時頃に帰ってきました。仕事は2時半頃終わっていましたが、サーヴィス残業で4時過ぎまで仕事先にいました〜。
早く帰ってこれたので、久し振りに練習をしました。
風邪が治らずしばらく練習をしていませんでしたので、基礎練習を中心に1時間少し練習しました。ヴィブラートの練習で、お腹に力を入れる練習をした後、音階練習、デタッシェの練習、難しい指でのデタッシェの練習などを休憩を挟みながらやりました。

このところ、少し気分が落ち込みがちで、練習も出来なかったのですが、久し振りに練習すると、やはり充実感を感じることが出来ました〜。

7時過ぎから夕食、すぐに眠くなり、9時前に寝たと思います。眼が覚めると12時半頃でした。少し音楽を聴いてまた寝ました〜。

『女の道は一本道にございます。さだめに背き、引き返すは恥にございます』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(この台詞を越える台詞は、まだ出てきていませんね〜 )

この「一本道」、天璋院が昨日、和宮に言っていましたね〜。

『なれど、伝えるなと言うたは父の気持ち、それを伝えたのもまた父の気持ちじゃ』
(斉彬公の台詞ですね)

お昼の「篤姫」の再放送も楽しみですね〜。

風邪などで、小さなアンサンブルの練習は2回休んだんですが、今日は行けそうな気もします。どうでしょうか?
土曜は練習の日としていますが、今日は練習が出来そうです。


今日も、出来るだけ焦らずに、ゆっくりした気持ちで過ごしたいと思っています。まずは一日のペース通りに一日を始めていきますね〜。

いつもの「日常」に戻っています。沖縄旅行まであと9ヶ月ですね、爆〜。

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。
皆さんのおかげで、10位以内にいますぅ〜
皆さんのさらなる応援をお願いします〜〜  m(_ _)m

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね (*^_^*) ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)


コミックの『のだめカンタービレ』第21巻が、発売されましたよ(^o^)
読みましたが、やはり日本編の方が面白かったように思いますね〜。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

1月4日、5日の『のだめ』パリ編が特別放送、終わりましたね
DVD、もう届いています (^o^)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。
次はどの公演に行くでしょうか?

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


Don't Look Now and Other Stories (Penguin Modern Classics)


これは大学時代に読んだ本ですが、また読み返しています
難しいです;; (^_^;)
沖縄でもあまり進みませんでした。今年に夏中に読み終わりたいですが〜。
読み直しをしたいと思っていますが〜。

ビルギット・ニルソン オペラに捧げた生涯


ビルギット・ニルソンさんの自伝が出ています。(^o^)
読み出していますが、面白いですよ
凄い記憶力です。
カラヤン、バーンスタインの印象など、辛辣なところもありますが
説得力もあるんですよ〜。
ニルソンさんのインタビュー番組で、ニルソンさんが何年にもわたってストーカーに悩まされていたことは知っていましたが、とても酷いものだったようです。その女性のストーカーは、ニルソンさんの滞在するホテルのいつも隣の部屋を取り、どうも、ニルソンさんの部屋に入って、日程表などをチェックしていたとか〜
録音に関しても面白い意見が満載です〜。
2回目を読もうと思っています。

正義で地球は救えない
正義で地球は救えない

環境問題に関しての新たな視点を教えてくださいますね〜。

チャイルド44 上巻 (1) (新潮文庫 ス 25-1)
チャイルド44 上巻 (1) (新潮文庫 ス 25-1)


殺人などが起こらない社会であるはずのソ連での連続殺人事件を扱っています〜。初めのうちは面白くないのですが、突然面白くなりますよ〜。

<ちょっと一言>
Macのメールソフトで、迷惑メールの設定をしました。
クズメールが山のように入ってきて困っていたのですが、ほとんど来なくなりました。サーバーで、スパムメールをカットされているからかもしれませんが〜。

ミ(`w´彡)




2


Guten Morgen!!

今朝は、5時半起きです。
寝すごしました〜〜。
いつもは5時頃までには起きているんですが〜。

♪♪♪♪♪
今朝はバッハを聴こうと思いました〜。
無伴奏ヴァイオリンです〜。

バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ(全曲)(モノラル録音)
バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ(全曲)(モノラル録音)


J・S・バッハ: 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ
ヘンリク・シェリング(ヴァイオリン)
(1955年の録音のようです)

無伴奏のヴァイオリンのためのソナタ、これも昔から聴いている曲だったのですが、意外にCDは買っていず、最近になって買ったものが多いです。
このシェリングのものも、タワーで復刻盤が出たときに買ったものです。

後は、ハイフェッツ、それに日本人の加藤知子さんの演奏などを持っています。ハイフェッツの内に内に向かっていくような演奏、加藤さんの実に鮮やかな演奏、どちらも好きです〜。

このシェリングの演奏も、音程、リズム感ともに良く、それに真摯な音楽作りに感動を覚えます。モノラル録音ですが、音は非常に良く、鑑賞には何の差し障りもありません。

今朝は寝すごしてしまったので、短めです。m(_ _)m

♪♪♪♪♪
昨日は、6時半に仕事に出かけ、帰ってきたのは9時半です。
さすがに疲れました。仕事は5時半には終わっていたのですが、サーヴィス残業で8時頃まで仕事先にいました。

9時半頃からの遅い夕食です。
寝たのは11時過ぎではないかと思うのですが、はっきりとは覚えていません。それだけ疲れていたのではないかと思います。

『女の道は一本道にございます。さだめに背き、引き返すは恥にございます』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(この台詞を越える台詞は、まだ出てきていませんね〜 )

この「一本道」、天璋院が昨日、和宮に言っていましたね〜。

『なれど、伝えるなと言うたは父の気持ち、それを伝えたのもまた父の気持ちじゃ』
(斉彬公の台詞ですね)

今朝も早出ですが、7時半頃出かければ良いので、少しは楽です。帰りも早ければ4時頃には帰れるかもしれません。
寝すごしましたので、コメントをくださった方にレスを出来ないかもしれませんが、帰ってきてからレスをしますので、お許しくださいね〜。m(_ _)m


今日も、出来るだけ焦らずに、ゆっくりした気持ちで過ごしたいと思っています。まずは一日のペース通りに一日を始めていきますね〜。

いつもの「日常」に戻っています。沖縄旅行まであと9ヶ月ですね、爆〜。

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。
皆さんのおかげで、10位以内にいますぅ〜
皆さんのさらなる応援をお願いします〜〜  m(_ _)m

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね (*^_^*) ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)


コミックの『のだめカンタービレ』第21巻が、発売されましたよ(^o^)
読みましたが、やはり日本編の方が面白かったように思いますね〜。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

1月4日、5日の『のだめ』パリ編が特別放送、終わりましたね
DVD、もう届いています (^o^)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。
次はどの公演に行くでしょうか?

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


Don't Look Now and Other Stories (Penguin Modern Classics)


これは大学時代に読んだ本ですが、また読み返しています
難しいです;; (^_^;)
沖縄でもあまり進みませんでした。今年に夏中に読み終わりたいですが〜。
読み直しをしたいと思っていますが〜。

ビルギット・ニルソン オペラに捧げた生涯


ビルギット・ニルソンさんの自伝が出ています。(^o^)
読み出していますが、面白いですよ
凄い記憶力です。
カラヤン、バーンスタインの印象など、辛辣なところもありますが
説得力もあるんですよ〜。
ニルソンさんのインタビュー番組で、ニルソンさんが何年にもわたってストーカーに悩まされていたことは知っていましたが、とても酷いものだったようです。その女性のストーカーは、ニルソンさんの滞在するホテルのいつも隣の部屋を取り、どうも、ニルソンさんの部屋に入って、日程表などをチェックしていたとか〜
録音に関しても面白い意見が満載です〜。
2回目を読もうと思っています。

正義で地球は救えない
正義で地球は救えない

環境問題に関しての新たな視点を教えてくださいますね〜。

チャイルド44 上巻 (1) (新潮文庫 ス 25-1)
チャイルド44 上巻 (1) (新潮文庫 ス 25-1)


殺人などが起こらない社会であるはずのソ連での連続殺人事件を扱っています〜。初めのうちは面白くないのですが、突然面白くなりますよ〜。


このページのトップヘ