葉っぱに埃がついたので水をかけて払ってやったでちブログ

〜 歌舞伎と音楽 〜

April 2009

3

Guten Morgen!! 

今朝は、3時過ぎに起き上がっています。
早朝覚醒かもしれませんね〜。
今日の仕事、持つかなとちょっと不安ですが〜。

昨日は、午後は練習に出かけ、場所を変えて、また練習、といっても、私の出番は少しなんですが、爆〜。

♪♪♪♪♪
今朝は久し振りに、シュベルトのピアノソナタです。

Schubert: Moments musicaux D780, Op94; Piano Sonata in Bf No21, D960
Schubert: Moments musicaux D780, Op94; Piano Sonata in Bf No21, D960
クチコミを見る

(HMVではまだ入手できますよ、しかも、2500円くらいの廉価盤です)


フランツ・シュベルト:ピアノ・ソナタ イ長調 第20番 D.959
アルトゥール・シュナーベル(ピアノ)
(1937年の録音です)

このCDを買おうかと思ったきっかけは、いつもコメントをくださる方がご推薦くださったからです。シュナーベルのピアノは、大昔、LP時代に確かEMIからGRシリーズという昔の名演を廉価盤で売っていたもので、少しは聴いていたように思います。ですが、CD時代に入ってからはまったく聴いていませんでした。

シュナーベルと言えば、ベトベンのピアノ・ソナタの全集で有名なわけですが、昔の演奏家に対する偏見を持っていて、これまで聴いてきませんでした。このシュベルトを聴き、そうした偏見を捨てなければいけないのではないか、と思いかけています。

昔の演奏家の演奏は、恣意的で勝手に演奏している、という印象、いつから持ったのか、分かりません。ですが、私の中にあります、今も〜。ひょっとすると、フルトヴェングラーが指揮したものでそんな風に感じ、マエストロ・トスカニーニが指揮したものを聴くようになった頃から、そんな風に感じだしていたのかもしれません。高校生の時代はフルトヴェングラーの演奏、数々聴いてきました。ですが、CD時代になってからはまったくと言って良いほど聴いていません。マエストロ・トスカニーニが指揮したCDは山ほど持っていますが、爆〜。

そうした偏見、捨てないと行けないですね〜。
一昨日(CDが届きました)から、シュナーベルの演奏するシュベルトを聴いています。実に面白いんです。それにピアノも上手い、爆〜。
誰なんですか、ピアノのタッチが不正確だとか言っている人は???
上手いじゃないですか、爆〜。

シュベルトのピアノソナタは、テクニーク的にそれほど簡単だとは思えません。きっと難しい部類に入るのではないかな、と思っています。ですが、私にはピアノのことが分かりませんから、いい加減かもしれませんが〜。どうでしょうか?

実に味わい深い演奏なんですよ。
昨日くらいから、このピアノソナタ、もう何度も聴いているのですが、音は少し古いかなと思ったりもしますが、それほど違和感はありません。1937年の録音にしては相当に良い音で録音されているのではないかなと思います。これに比べれば、フルトヴェングラーの演奏など、もっと音が悪いですよね〜(これも、偏見かもしれませんが〜)。

このピアノソナタ、きっとゼルキン師の演奏、リヒテルの演奏、それにクリーンさんの演奏など、色々と聴いてきているように思います。そういえば、クリーンさんの全集盤を聴くのも、間遠になっていますね〜;;
聴いていきたいと思っているんですが、ブログ仲間の方々が面白い演奏を推薦してもらうと、どんどんと他の方へ、爆〜。

シュナーベルは、1882年にオーストリア領のポーランドに生まれたそうですね〜。
Wikipediaの記述から少し引用します〜。


幼い頃から「天才少年」として楽才を発揮し、ウィーンにて幾人かのピアノ教師に学んだ後、モーツァルトのピアノ協奏曲第20番のソリストとしてデビュー。デビュー後に改めて名ピアノ教師として名高いレシェティツキに師事し、一時助手も務めた。また、ブラームスからは「将来最も恐るべき天才」と絶賛された。

1933年からはナチの台頭によりスイスに移住。さらに1938年からはアメリカに本拠を移し、1944年にアメリカの市民権を取得した。

1946年3月3日、カーネギーホールでのロジンスキー指揮のニューヨーク・フィルハーモニック演奏会でモーツァルトのピアノ協奏曲第23番を演奏中、第3楽章の途中で曲を忘れてしまい、演奏をやり直した。こういったアクシデントにもひるまず、第二次世界大戦後もアメリカとヨーロッパで演奏活動とレコーディング活動を続けたが、1951年8月15日に亡くなった。


19世紀に若い頃を過ごしていたんですね、シュナーベルが生まれた頃は、まだブラームスもブルックナーも生きていたのかもしれませんね〜。そう思うと、時代を感じますね〜。いわゆる、19世紀のロマン派の作曲家たちがまだ生きて作曲活動をしていた時代ですよね〜。マエストロ・トスカニーニの方が年上ですね〜。

この録音の頃は、50代の全盛期の録音かもしれませんね〜。
実に面白い演奏です。それに味わい深いです。
シュナーベルの解釈まで云々するほど聴いていませんので、今日はここまでにします〜。

シュナーベルの演奏も、これから少しずつ聴いていこうかと思っています〜。

♪♪♪♪♪
昨日は喫茶店の後、今日の仕事の準備を少しして、練習を少ししました。昨日は土曜日にコンサートのある団体の練習が午後からありましたので〜。基礎練習を40分くらいです。

出番は3時頃だったのですが、駐車場がいっぱいになると困りますし、連休で渋滞していても困るので、12時前に出かけました。道路はいつもより空いていましたよ。で12時半頃に練習場に到着です。3時までは長いですよね〜。少しウトウトとしましたが、車の中は暑くて;; 練習場ではおかしな音が聞こえますから(爆〜)、寝られません、爆〜。
それで、京都のオッチャンに電話すると、どうも風邪で調子が悪いようで、声だけ聞いてすぐに切りました。雑誌を見たりしていましたが、待っているのは辛いですね〜。

3時半頃から練習になりました。これまで落ちていたところは落ちなくなりましたが、まだ落ちるところが、爆〜。ダメですね、笑ってしまいます。でも、明日の練習までには覚えてしまいますね〜。(^_^;)

昨日はセクション練習をするとかで、また練習場所を移動です。移動と待ち時間の方が長いです、爆〜。
妹の家の近くだったので、電話してみたのですが、風邪で寝こんでいると、旦那が〜。それで、練習場所に移動しました。
いつも話している方と楽器のことなどを話したりも〜。
練習は実に良い練習でした。指揮者の先生は、良い先生だと思います。リズム感、音程感も良い、と思います。
しっかり演奏しないと、と思います。昨日も練習を録音していたので、それを今日、明日とチェックしますね〜。

帰ってきたのは9時頃です、疲れました〜。
もう若くはないです。夕飯を食べたら、すぐに寝てしまったようです。

『女の道は一本道にございます。定めに背き、引き返すは恥にございますよ』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(「篤姫」が終わってしまったのが残念なのは私だけでしょうか〜。)

今日は早出の日で、6時半過ぎに出かけます。仕事は夕方まであります、持つかな、と思ったりも〜。
今頃、少し眠くなってきています、爆〜

今日は、どんな一日でしょうか? 

沖縄旅行まであと3ヶ月を切っています〜
だんだん近づいてきていますよ〜。(^_^)v

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。 
皆さんの応援で、10位近くまで戻っています〜。
さらなる応援を宜しくお願いしますぅ 〜〜  m(_ _)m  

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね。ミ(`w´彡) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)


コミックの『のだめカンタービレ』第21巻が、発売されましたよ(^o^)
読みましたが、やはり日本編の方が面白かったように思いますね〜。
第22巻が発売予定になっていますね、予約が始まっています〜。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

来年は、映画版が封切られるそうですね〜。(^o^)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。
初芝居は、愛之助ちゃんの後援会に頼みました。
後援会から、愛之助ちゃんの紋が散らしてある、コーヒーカップが届きました。クリスマス・プレゼントかもしれませんね〜。

2月の花形歌舞伎の観劇記を書いています〜。

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
クチコミを見る


かなり面白いですよ。再読しています。
本当に、学ぶことが多くある本ですよ〜。
色々とマスコミでは知り得ない情報も教えてもらえますよ〜。

新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫)
新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫)
クチコミを見る


今朝、読み終わりました。ドラマよりも先に読まなくて良かったと思っています。ドラマと原作では、篤姫の考え方も異なっています。ドラマと原作は別物ですね〜。

NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第弐集 [DVD]
NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第弐集 [DVD]
クチコミを見る


「篤姫」第弐集、ようやく発売されました。もう大分前に予約しておいたのですよ、やっと昨日届きました。アマゾンはペリカンさんから佐○に配送業者が変わったようです。また佐○と揉めました、爆〜。
初回限定版で、オマケがついていますよ〜。オマケは何でしょうか?

環境問題はなぜウソがまかり通るのか3 (Yosensha Paperbacks)
環境問題はなぜウソがまかり通るのか3 (Yosensha Paperbacks)
クチコミを見る

このシリーズ、「嘘がまかり通る3」が出ていますね〜

これも読み始めています〜。


3

Guten Morgen!! 

今朝は、4時すぎ起きです。
昨日は仕事から帰ってきたのは、10時40分頃でした。
昨日は一日、ストレスのかかっている日でした。

仕事には3時半頃出かけました。
仕事先からは何の連絡もありませんでした。

♪♪♪♪♪
今朝も、マーラーです。マーラーの曲の中ではほとんど聴かない曲です。

Mahler: The Symphonies [Box Set]
Mahler: The Symphonies [Box Set]
クチコミを見る

(HMVでは、7500円くらいですね〜)

Mahler: Symphony No. 1
Mahler: Symphony No. 1
クチコミを見る


グスタフ・マーラー: 交響曲 第1番 ニ長調
ゲオルク・ショルティ 指揮 シカゴ・シンフォニー・オケストラ の演奏です。
(1983年の録音です)

この曲は、大昔は、ブルーノ・ヴァルターの演奏(コロンビア響)、バーンスタイン(ニューヨーク・フィルハーモニック)の演奏、それに、ショルティのLP盤のマーラー全集盤(確か、ロンドン・シンフォニー)の演奏では、何度か聴いたことがあります。忘れていました、オーマンディ師(フィラデルフィア)盤も愛聴盤です。と言いながら、マーラーのシンフォニーの中では、2番と共に、ほとんど聴かない曲です。

ヴァルター盤を聴いていたのは、主に、中学、高校の頃かと思います。大学の頃は、ショルティのLP盤全集(昔は高かったですよ〜)です。ですが、5番から9番までを繰り返し聞いていたように思います。4番も好きな曲でした。こちらは、クーベリック盤のLPが一番好きでした。

マーラーのシンフォニーの中では一番、編成が小さいということで、私も2回演奏したことがあります。ソロを吹いたのは1回ですが〜。
そのときは、もうブログを始めていたと思います。
今はもうお亡くなりの指揮者が練習に初めて来られたとき、3楽章のソロで、私一人が虐められました。まず、出だしのDの音が違う、と〜。「Dの音はいくつありますか?」という意味不明の質問から、延々と30分以上にわたって、私だけの練習をさせられました、爆〜。そんなことをする指揮者は、これまでの演奏生活で初めてです、爆〜。普通は気に入らないところがあっても、「練習しておいてね」で終わりです。他にも音程の悪いパートは多数あったのに、私は割と音程は良い方だと思っています(勘違いかもしれません)。

物凄く恥ずかしいし、物凄く腹が立ちました、爆〜。
で、もう練習が始まります。ピアニッシモで音程の良い指遣いなどを探したり〜、レッスンでは日本フィルの先生に、どんな風に演奏したら良いかを聞いたり、本当のピアニッシモで演奏するにはどうしたらよいか、2回もレッスンを受けました。先生には、リードの削り方を教えてもらいました。これは、今も、その削り方を応用しています。

ですが、その指揮者、その練習が終わった週に、お亡くなりになりました〜;; 寝覚めが悪かったですよ。
で、代わりの指揮者で演奏会になったのですよ。
そのときのこともブログに書いたと思いますが、もう大昔のように感じます。演奏会は何とか無難に終わりました。指揮者がソロを演奏した奏者を立たせてくださいます、これはプロもアマも関係ありません。私も立たせてもらいました、恥ずかしながらです。で、私が立ったそのときです、「ブラボー」の声がかかりました、爆〜。どう考えても、友人の声ではありません、「あんたか」とメールをしましたら、そんな恥ずかしいことはせえへんで、と〜。
私の演奏生活で、初めての「ブラボー」でした。それ以降も皆無です、爆〜。
他の奏者も立たせてもらったのですが、「ブラボー」はありませんでした。マーラーの交響曲の最初の形、「花の章」付きの演奏で、ラッパの大きなソロがあったにもかかわらず、ラッパには声がかかりませんでした。

これは、本当にうれしかったですよ(自慢はもう止めておけ、との声がかかりそうですね〜)。

ショルティのCD盤のマーラーの全集を買ったのはそれほど昔ではありません。2007年ですね、バーンスタイン・ニューヨーク・フィルハーモニック、クーベリック・バイエルン放送響、ショルティ・シカゴの全集を、2007年に買っているようです。HMVのサイトで調べました。4月にバーンスタイン盤、9月にクーベリック盤、10月にショルティ盤を買ったようです。

この1番を聴くのは初めてだと思います。
ブログ仲間の方が最近、取り上げておられていました。それで、私も聴いてみようかと思った次第です。

聴くとやはり、興奮しますね〜。良い曲です。
第1楽章では、弦のフラジオレットの中を、カッコウの音を模倣した木管の和音、それから段々と主部に入っていくところなど、やはり良い曲です。
ですが、この辺りはものすごく難しいところです。
さすがに、シカゴです、上手いものですね、弱音の見事さ〜。シカゴというとパワフルな金管を賞賛する声が多いですが、木管も実に上手いんですよ。
それに、弦楽器の響き、往年のフィラデルフィアの弦楽器の響きとはかなり異なるものですが、やはり艶やかな音がしています。

ショルティ・シカゴの演奏は2回ほどライヴで聴いたと思います。マーラーの5番のシンフォニーには本当に驚くほどの感銘を受けました。

ラッパは、ハーセスさんが吹かれていると思いますが、弱音の美しさは見事という他ありません。ハーセスさんが座っていた地位(ラッパの首席)は、ハーセス・チェアーと呼ばれているようですね〜。

今朝は2回目を聴き始めています。
やはり、弱音の美しさに驚いています。もちろんショルティは、爆発させるところは、これでもかと爆発させます、爆〜。ですが、芸風がこの頃、変わってきていたのではないかと思ったりもします。

ショルティのマーラーの演奏で有名なのは、5番、8番の演奏だと思います。その録音は70年代初めで、シカゴ響との録音としても初期のものだと思います。この1番は、LP全集ではロンドン・シンフォニーの演奏だったと思います。それで、シカゴで再録音したものだと思います。

ニルソンさんがその自伝で書かれていました。「あまりにオケストラの音を大きくしようとするので、他の歌手と一緒に後ろに倒れたんですよ、するとオケストラもショルティも大笑いとなり、音を小さくしてくれたんですよ。でも、マエストロとの演奏は、実に勉強になりました。ヴィーナー・フィルハーモニカーとは上手く行かなかったようですが〜」といった内容を書かれています。

この演奏の一番の聴き所は、1楽章のピアノの部分、2楽章ではトリオ、3楽章、これも最後の辺りのバスーンのソロ(エリオットさんだと思いますが)実度とです。4楽章では、回想のシーンのところではないでしょうか?
4楽章のこの辺りは、美の極致を見るような思いがします。

実に良い演奏だと思います。

♪♪♪♪♪
昨日は、午前中は内科、それにお医者さんと病院のハシゴです。内科はものすごく混んでいましたが、お医者さんは連休前なのに、10時に行っても、ガラガラでした。
内科では3ヶ月ぶりの血液検査です。血圧は正常とのことです。内科でも一昨日のことを話すと、先生は「私が勤務医をしていた頃も、色々の嫌がらせ電話、苦情電話が多かったですよ。XXさんと同じですよ」と言ってくださいました。

お医者さんでは、一昨日のことなどを相談しました。空いていたということもあり、30分間ほど、診察をしてくださいました。
「今回のことは、尾を引かないと思いますよ。XXさんは自分のやりたいようにやって、その点では問題がないのですから〜。他の方の評価は、取りあえずはどうでも良いのですから〜」と〜。

帰ってきてから、ブログ仲間の方と久し振りにスカイプで話をしました。うれしいものですよね、困っているとメールをすると、忙しい中、時間を割いてくださいました。

それに、励ましのコメント、痛み入ります、本当にありがとうございます。m(_ _)m

昨日は、仕事先からの電話を待っていたのですが、かかってきませんでした。それで、仕事に出かけました、爆〜。かかってきた場合は、潔く身を引こうと思っていたのですが〜。

実家の父母にも早朝に電話して相談しました。高齢の父母に心配をかけたくありませんでしたが、相談相手がいません、爆〜。「もうええやないか、お前もええ年なんやから、アカンと言われたら、辞めたらええ、帰ってきたらええがな〜」と父が言ってくれます、有り難い限りです、この年になって、ようやく、父母の愛に感謝しています。

仕事先では、やはり、仕事先の偉いさんから、今回は露骨ではなく、やんわりと言われました。「メッセージが伝わっていないようなので、それを伝えてくださいね〜」と〜。この偉いさんは、昔からの付き合いを大事にしてくれます、有り難い限りです。もう少し、這いずり回ってみます。

昔からの知り合いにも電話しました。「今は、精一杯仕事をしている姿を見せることやないですか」と〜。これまた、感謝です。

色々な方々の思いやりの中で生きている自分を感じています。ありがたいことです。
少しずつ、仕事も変わってきているようにも思います。


『女の道は一本道にございます。定めに背き、引き返すは恥にございますよ』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(「篤姫」が終わってしまったのが残念なのは私だけでしょうか〜。)

今日は土曜日の演奏会の練習が午後、夜とあります。しかも、明日、明後日は仕事ですので、その準備もしないといけません。

今日も忙しい一日になりそうです、夜までもつかな、と思っているところです。

今日は、どんな一日でしょうか? 

沖縄旅行まであと3ヶ月を切っています〜
だんだん近づいてきていますよ〜。(^_^)v

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。 
皆さんの応援で、20位以内に留まっています〜。
さらなる応援を宜しくお願いしますぅ 〜〜  m(_ _)m  

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね。ミ(`w´彡) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)


コミックの『のだめカンタービレ』第21巻が、発売されましたよ(^o^)
読みましたが、やはり日本編の方が面白かったように思いますね〜。
第22巻が発売予定になっていますね、予約が始まっています〜。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

来年は、映画版が封切られるそうですね〜。(^o^)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。
初芝居は、愛之助ちゃんの後援会に頼みました。
後援会から、愛之助ちゃんの紋が散らしてある、コーヒーカップが届きました。クリスマス・プレゼントかもしれませんね〜。

2月の花形歌舞伎の観劇記を書いています〜。

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
クチコミを見る


かなり面白いですよ。再読しています。
本当に、学ぶことが多くある本ですよ〜。
色々とマスコミでは知り得ない情報も教えてもらえますよ〜。

新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫)
新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫)
クチコミを見る


今朝、読み終わりました。ドラマよりも先に読まなくて良かったと思っています。ドラマと原作では、篤姫の考え方も異なっています。ドラマと原作は別物ですね〜。

NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第弐集 [DVD]
NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第弐集 [DVD]
クチコミを見る


「篤姫」第弐集、ようやく発売されました。もう大分前に予約しておいたのですよ、やっと昨日届きました。アマゾンはペリカンさんから佐○に配送業者が変わったようです。また佐○と揉めました、爆〜。
初回限定版で、オマケがついていますよ〜。オマケは何でしょうか?

環境問題はなぜウソがまかり通るのか3 (Yosensha Paperbacks)
環境問題はなぜウソがまかり通るのか3 (Yosensha Paperbacks)
クチコミを見る

このシリーズ、「嘘がまかり通る3」が出ていますね〜

これも読み始めています〜。

<ちょっと一言>
そうそう、昨日、どさっと注文してあったCDが届きました。3点で30%オフ、ポイント5倍に釣られました、爆〜。買ったのは、リヒテルのDG盤、シュベルトのピアノ曲、バッハの宗教曲、ハイドンの弦楽四重奏曲の全集、ブラームスの室内楽、それに、珍しくモツアルトのオペラです。


1

Guten Morgen!! 

今朝は、4時すぎ起きです。
昨日は仕事から帰ってきたのが11時前でした。
それには理由があるのですが〜。

寝たのは12時半頃です。ちょっと寝不足です〜。
昨日は落ちこんで帰ってきました。

♪♪♪♪♪
今朝はマーラーです。しかも、その中の1楽章を聴こうと思っています。
何度も書いたかもしれませんが、お許しくださいね〜。

クーベリックのマーラー全集







マーラー:交響曲第3番& 第10番
マーラー:交響曲第3番& 第10番
クチコミを見る

(全集盤はHMVでは6000円くらいだったです〜)

グスタフ・マーラー: 交響曲第3番 ニ短調
ラファエル・クーベリック 指揮 シンフォニー・オケストラ・デス・バイエーリッシェン・ルントフンクス(バイエルン放送響)の演奏です。
(1963年の録音のようです)

今朝は何を聴こうかと思いました。いつもは色々と考えていたりもします。
ですが、今朝は〜、昨日の仕事先で苦情が出たということで、仕事が始まる少し前に、それを聞かされ、やはりダメなのか、と思ったりしています。帰りの車の中でも、一体どうしたら、良いのかと、考えたりも〜。

動揺しています、爆〜。

昨日、仕事先で、客からの苦情が殺到しているとのことを、仕事が始まる10分前に聞かされました。

仕事先の偉いさん「こういう苦情が来ています。どうにかなりませんか?」
私「そうですか、ですが、私にどうしろと仰るのですか?」
仕事先の偉いさん「苦情を聞き入れて、変えてください」
私「変えたいですが、私の方針もあります、それを受け入れていただけないとすれば、私の不徳としか言えません。そちらで対処してください。今日は休みにして、他の方に代わってもらえば良いのではないですか」とも〜。
仕事先の偉いさん「取りあえず、今日は仕事をしてください」と〜。

こういう問題は、これまでにも何度か起こっています。ですが、その度に、何とかなってきました。というか、客側からの苦情がなくなり、私が仕事を病気で休んだ際には、「あの人でないなら、辞める」という客側からのうれしい苦情もあったと聞き及んでいます。

ですが、そんなことはどうでも良いのかもしれません。
お金をもらっている以上、プロです。その場合、客側からの苦情があるのは、ダメだと、私も思います。仕事先の言われていることは、私にも良く分かります。立場は違うとしてもです。

落ちこんでいると書きましたが、割とスッキリと受け入れられています。割り切っています。もうダメです、と言われたら、その際は受け入れる以外は、私には道は残されていません。そういう職種です。
そういう職種が私に合っているかどうかは問題ではありませんよね、私がやっている以上、その仕事に課せられた責務は負わないとなりません。

昨日も同僚とそんな話をしました。同僚は昔からの知り合いですが、こんなことを言っていたのを思いだしています。「プロである以上、苦情が来るようではダメだ」と〜。その通りかと思います。

今朝は、音楽ブログから、少し形態を変えさせてもらいました。
いい歳をして泣きたい気分にもなりました、爆〜。

昨日の仕事は、これが最後かもしれないと思い、自分の思いのたけをぶつけました。それでよいと、私は思っています。
私の選択が悪くても、責任を負うのは私しかありません。仕事先に迷惑をかけているのなら、迷惑が最小になるようにするのが、私の責務です。それができていないなら、実を引くしかありません。

今日は、内科の予約(血液検査)、それに2週間ぶりの診察日でもあります。

昨日は、帰ってきてから呆然としていました。
夕飯を食べないと行けないと思いましたが、食べる気が起こりません。ですが、まだまだ生きていかないといけません。身体が資本です、そう思い、少しだけ食べました。

なかなか苦労なく、人生を送っていくのは難しいものですね〜。それが生きるということかもしれません。

マーラーの3番のシンフォニー、その6楽章
私は大好きです。マーラーの音楽としては、次の4番と同じく、珍しく明るい曲であり、穏やかな曲でもあります。今朝はもう3回も聴いています、爆〜。

マーラーも色々なことで悩んできた作曲家だと思います。その悩みは、私たちの悩みでもあるのかもしれません。だから、その音楽に共感できるのではないか、と〜。

クーベリックのこの曲の演奏、これまでこのブログで何度も取り上げているかもしれません。ですが、今朝はこれを聴きたくなりました。今、私が何とか心の平静を保ていているのは、自分でも不思議です。病気をして、少し考え方が変わったのかもしれません。

『女の道は一本道にございます。定めに背き、引き返すは恥にございますよ』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(「篤姫」が終わってしまったのが残念なのは私だけでしょうか〜。)

今朝は血液検査をするとのことで、朝は朝食抜きです。
それに、2週間ぶりの診察日でもあります。
本当に不思議なのですが、落ち着いています。それが怖いようにも思いますが〜。

今日は、どんな一日でしょうか? 

沖縄旅行まであと3ヶ月を切っています〜
だんだん近づいてきていますよ〜。(^_^)v

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。
もう10位以内は難しいかもしれませんね〜 
皆さんの応援で、20位以内に留まっています〜。
さらなる応援を宜しくお願いしますぅ 〜〜  m(_ _)m  

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね。ミ(`w´彡) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)


コミックの『のだめカンタービレ』第21巻が、発売されましたよ(^o^)
読みましたが、やはり日本編の方が面白かったように思いますね〜。
第22巻が発売予定になっていますね、予約が始まっています〜。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

来年は、映画版が封切られるそうですね〜。(^o^)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。
初芝居は、愛之助ちゃんの後援会に頼みました。
後援会から、愛之助ちゃんの紋が散らしてある、コーヒーカップが届きました。クリスマス・プレゼントかもしれませんね〜。

2月の花形歌舞伎の観劇記を書いています〜。

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
クチコミを見る


かなり面白いですよ。再読しています。
本当に、学ぶことが多くある本ですよ〜。
色々とマスコミでは知り得ない情報も教えてもらえますよ〜。

新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫)
新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫)
クチコミを見る


今朝、読み終わりました。ドラマよりも先に読まなくて良かったと思っています。ドラマと原作では、篤姫の考え方も異なっています。ドラマと原作は別物ですね〜。

NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第弐集 [DVD]
NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第弐集 [DVD]
クチコミを見る


「篤姫」第弐集、ようやく発売されました。もう大分前に予約しておいたのですよ、やっと昨日届きました。アマゾンはペリカンさんから佐○に配送業者が変わったようです。また佐○と揉めました、爆〜。
初回限定版で、オマケがついていますよ〜。オマケは何でしょうか?

環境問題はなぜウソがまかり通るのか3 (Yosensha Paperbacks)
環境問題はなぜウソがまかり通るのか3 (Yosensha Paperbacks)
クチコミを見る

このシリーズ、「嘘がまかり通る3」が出ていますね〜

これも読み始めています〜。




3


Guten Morgen!! 

今朝は、4時前起きです。
昨日は午前、午後と練習、さすがに疲れました。

何時に寝たのか、覚えていないのですが、きっと10時頃には寝ていたと思います〜。

♪♪♪♪♪
今朝はベトベンです。しかもピアノ・ソナタの大曲です。
昨日から聴いています〜。

Beethoven: Klavier Sonaten [Box Set]
Beethoven: Klavier Sonaten [Box Set]
クチコミを見る



ベートーヴェン:ピアノソナタ第29番「ハンマークラヴィーア」&第30番
ベートーヴェン:ピアノソナタ第29番「ハンマークラヴィーア」&第30番
クチコミを見る


ベトベン : ピアノ・ソナタ 第29番 変ロ長調 作品106
エミール・ギレリス
(1982年の録音のようです)

この曲にはベトベンは『ハンマークラヴィアのための大ソナタ』という名前をつけていたようですね〜。作品101以降のピアノ・ソナタには、すべてハンマークラヴィアと楽器指定をしているようです。
ベトベンはピアノという楽器の開発途上に作曲を始め、その時々のピアノに合わせてソナタを書いていった、と聞いたことがあります。

この曲もそうしたピアノ(ハンマークラヴィア)のために書いたのかもしれません。でも、もうこの頃のベトベンは耳がまったく聞こえなかったと思うのですが〜。そう考えると、やはりベトベンは凄い作曲家ですね〜。

私のこの曲の出会いは、中学生の頃、どうしてかはもう覚えていないのですが、ゼルキン師のLP、これを買ってもらったんですよ。聴いて、なんて長い曲なんだ、と思いました。この頃のLPには、ゼルキン師の写真や録音のエピソードなどもふんだんに書かれていて、何度も読んだものです。

そのときから、私はゼルキン師のピアノと共に歩んできました。リサイタルを2回行くことができたのは、人生の喜びの一つです。これまで何度も書いてきましたが〜。

それ以降、色々なピアニストのこの『ハンマークラヴィア』を聴いてきています。やはり一番印象に残っているのはソロモンの演奏でしょうか、ゼルキン師の演奏ばかりを聴いていましたので、ソロモンの演奏は新鮮で、しかもこんなに上手いピアニストがいるのかとショックを受けました。

ギレリスのベトベン、彼が晩年に何とかベトベンのピアノ・ソナタの全集を録音しようと頑張っていたわけですが、最後までは録音できなかったとのことです。彼にとってはきっと心残りだったと思います。亡くなる年まで録音を重ねていたようですから〜。

最近、このソナタ集を買ってから、少しずつ聴いています。
どうしても好きな曲からになってしまっています。

第1楽章を聴き出してから、驚きました。ギレリスは「鋼鉄のピアニスト」と呼ばれてきていましたよね。ですが、そういう雰囲気は皆無です。ゼルキン師よりもタッチがソフトになっています。あの激しい音楽が祈りに満ちているように感じるのです。不思議な時間が過ぎていきます。

ブリリアント盤、ライヴ盤も持っているのですが、そこでは激しい音楽が続いていたと覚えているのですが、この演奏はまったくそれとは異なっているように思います。

それがもっとはっきりするのは、あの長大な第3楽章です。
この楽章は、ゼルキン師の演奏で何度も何度も聴いてきて、ようやく最近になり、その良さが分かるようになってきています。最初のうちは眠いだけで、4楽章へと移行していくところになると、目が覚めるという感じでした。ですが、最近ではこの楽章が一番好きになっています。

このギレリス盤、凄い演奏だと思います。
音楽の中に深く沈潜していきます。どんどんと深いところへと〜。
ギレリスの芸風(?)をここまで変えたのは、一体何なのか? 彼が意図的に変えていると思うのですが、それがいったい何であったのか? それを考えずにはいられません。そんなことを考えなくても良いようなものですが〜。

温かく音楽を包み込みながら、ゆっくり、ゆっくりと進んでいきます。
いつまでも続いていくかのような感覚を覚えます。不思議な演奏です。

アタッカで4楽章に入るのですが、その間にも少しの時間を置いています。この部分も静謐が支配している演奏です。

4楽章に入って、有名なフーガになるわけですが、ここでは、少し光が差してきますが、やはり、フォルテでも静けさが支配している感じがします。ゼルキン師の演奏では、喜びが支配している演奏だと思うのですが、ギレリスの演奏は違います。これほど、音楽に深く深く入り込んでいる演奏は珍しいのではないか、と思います。
ピアノのところが実に良いです。
テクニーク的には何の問題もありません、やはり上手いです。
それよりも、音楽の大きさ、深さに感動を覚えます。
この演奏は凄いと思います、本当に〜。

第1楽章 Allegro 変ロ長調
第2楽章 Scherzo. Assai vivace 変ロ長調
第3楽章 Adagio sostenuto 嬰ヘ短調
第4楽章 Largo - Allegro risoluto 変ロ長調

♪♪♪♪♪
昨日は、午前中から練習がありました。セクションの自主練習とかで、音あわせをするとか〜。私は、音あわせをしないと行けない場合は、音は合わないという持論です。これまで上手い演奏家と演奏すると、何もしなくても音程などは合いました。音程のない方とでは、音程が合うことは奇蹟のようなものである、と思っています。
音出しをして練習する、というのは意味のあることだと思うのですよ。
音楽をするものは、プロでもアマでも音楽で会話をしたいと思うのです、言葉ではなくて〜。こういう練習をする場合、たいていは音程の悪い人に「あなたの音程は悪いよ」ということを言うだけの練習になる場合が多いです。もちろん、言われた方はそんなことはまったく思っていないので、音程が悪いのであって、悪いと思っている人は治そうとしていますから、音程は良いわけですよね〜、爆〜。

私は「そんな練習は意味がない」とは言えませんので、「体調が思わしくない」と言って、参加できるかどうかは分かりませんと伝えておきましたが、自分の練習にもなるかと思い、参加しました。リズムの怖いところがあったので〜。それと、最近、練習が2時間を越えると、集中力が続きません、これは年の影響ではないかな、と寂しく思います。ですが、そうなのですから、それとどう付き合うか、それが問題です。

昨日も、私の出番は2時間待った後にもあったのですが、その練習は体調が悪いと言って、不参加させてもらいました。自分の思うような演奏ができないと、ストレスが溜まるからです。

午前中の練習では、言葉も交わしたことのない方々との練習でした。初めは刺々しい雰囲気が支配していたのですが、私の意見も少しずつ言わせてもらいました。雰囲気も和らいできて、参加して良かったと思っています。

仕事先でもオケでも、どうも私は自分の意見を上手く表現できません。仕事では、お金をもらうのですから、自分の意見だけが通るわけではないと思っています。ですが、趣味の世界では、自分の意見が通らなくても、好きな曲を演奏できるなら、と我慢を続けてきました。ですが、もうそんなことは辞めようと思っています。ストレスが溜まるだけなので〜。

昨日は初めてソリストの方が来られましたが、やはり代理とはかなり違いました。演奏していて、楽しかったです。音楽での会話がすこしできたようにも思います。指揮者の先生も、少し指揮が変わりました、爆〜。
それに、指揮者の先生も数え間違いをしておられました、爆〜。
落ちまくって怖かったところ、何とかなりました。ホッとしています。

昨日も良い時間が過ごせたと思っています。
京都のオッチャンにも、そのことを電話で話しました。
おおきに、Mさん〜。あんたがいてくれるから、私は正常でいられるのかもしれません〜。

そうそう、仕事先の友人にも電話したら、奇跡的にかかりました、爆〜。
30分ほどですが、楽器を買ったことなど、辞められた方のことなども〜。
関心を共有できる友人は貴重です。

『女の道は一本道にございます。定めに背き、引き返すは恥にございますよ』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(「篤姫」が終わってしまったのが残念なのは私だけでしょうか〜。)

今日は8時頃に出掛けます。11時からの仕事なのですが、早めに行く方が精神的に楽なんです。それと仕事の準備もします。
今週の土曜日には、演奏会です。水曜、金曜と練習も続きます。
身体と心が持つかどうか、分かりません。ですが、一週間を始めていきます。

今日は、どんな一日でしょうか? 

沖縄旅行まであと3ヶ月を切っています〜
だんだん近づいてきていますよ〜。(^_^)v

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。
もう10位以内は難しいかもしれませんね〜 
皆さんの応援で、20位以内に留まっています〜。
さらなる応援を宜しくお願いしますぅ 〜〜  m(_ _)m  

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね。ミ(`w´彡) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)


コミックの『のだめカンタービレ』第21巻が、発売されましたよ(^o^)
読みましたが、やはり日本編の方が面白かったように思いますね〜。
第22巻が発売予定になっていますね、予約が始まっています〜。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

来年は、映画版が封切られるそうですね〜。(^o^)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。
初芝居は、愛之助ちゃんの後援会に頼みました。
後援会から、愛之助ちゃんの紋が散らしてある、コーヒーカップが届きました。クリスマス・プレゼントかもしれませんね〜。

2月の花形歌舞伎の観劇記を書いています〜。

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
クチコミを見る


かなり面白いですよ。再読しています。
本当に、学ぶことが多くある本ですよ〜。
色々とマスコミでは知り得ない情報も教えてもらえますよ〜。

新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫)
新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫)
クチコミを見る


今朝、読み終わりました。ドラマよりも先に読まなくて良かったと思っています。ドラマと原作では、篤姫の考え方も異なっています。ドラマと原作は別物ですね〜。

NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第弐集 [DVD]
NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第弐集 [DVD]
クチコミを見る


「篤姫」第弐集、ようやく発売されました。もう大分前に予約しておいたのですよ、やっと昨日届きました。アマゾンはペリカンさんから佐○に配送業者が変わったようです。また佐○と揉めました、爆〜。
初回限定版で、オマケがついていますよ〜。オマケは何でしょうか?

環境問題はなぜウソがまかり通るのか3 (Yosensha Paperbacks)
環境問題はなぜウソがまかり通るのか3 (Yosensha Paperbacks)
クチコミを見る

このシリーズ、「嘘がまかり通る3」が出ていますね〜

これも読み始めています〜。

2


Guten Morgen!! 

今朝は、5時前起きです〜。
寝すごしました、爆〜

昨日は練習から帰ってきたのが10時半頃
その後、遅めの夕食
寝たのは昨日は1時頃でした〜。

♪♪♪♪♪
今朝はめったに取り上げることのないグリーグにしました〜。

Grieg, Schumann: Piano Concertos; Liszt: Fantasia on Hungarian Folk Themes
Grieg, Schumann: Piano Concertos; Liszt: Fantasia on Hungarian Folk Themes
クチコミを見る


グリーグ: ピアノ協奏曲 イ短調 作品16
ソロモン(ピアノ)
ヘルバート・メンゲス 指揮 フィルハーモニア・オーケストラ の演奏です。
(1958年の録音のようです、ステレオ録音のように聞こえます)

この曲は、中学生時代は本当によく聴きました。
親父の部下の人が廉価盤LPをかなり買ったとかで、それを統べてくれたんですよ。きっと100近くあったと思います。それが私のクラシックのLPとの最初の出会いであったように思います。ステレオを買ってもらったのが、中学生の初めの頃であったのではないかと思っています。小学校だったかもしれませんが〜。

LP時代に、この曲をよく聴いたという記憶がありません。
CD時代になってから買った記憶もありません。グリーグの管弦楽曲はもちろん持っているのですが〜。

こんなに有名な曲でもCDがないということがあるんですよ。
それで、見つけ出したのが、ソロモンがコンチェルトを入れたCDを持っていたと〜。それがこれです。
オーマンディ師・フィラデルフィアの録音は買えるものはほとんど集めていますが、その中にもなかったです。今朝はCDの山を少し探しました、爆〜。

この曲はグリーグが25歳の時、1868年に作曲されたそうですが、今演奏されているのは、1907年の改訂版だそうです。
オケストラは2管編成にトロンボーンが3本ですね〜。

実は、昨日、ブログ仲間の方が取り上げられていて、それに触発されて聴きたくなったんですよ。皆さんは、誰の演奏を聴いておられますか?
ルービンシュタインでしょうか? 実はルービンシュタインの演奏もありました。1941年のモノラル録音で、あまりに音が貧弱なので、このソロモン盤にしました。

ソロモンはベトベン、ブラームスなどの大家であるように言われますが、このグリーグも実に素晴らしいんですよ。
私の持っているCDは2枚組で、ベトベンのコンチェルト、シューマンのピアノコンチェルトも収録されています。

第1楽章 Allegro molto moderato イ短調 4/4拍子

ティンパニのクレッシェンドに導かれて登場する冒頭のピアノの流れ落ちるようなフレーズ、一度聴いたら、忘れられないものですよね〜。
クラとバスーンの旋律、これも良いですよね〜。物凄く格好が良いデスよね〜。
ピアノのソロに対旋律を演奏するバスーンとホルン、この箇所が一番好きですね〜。

非常に長いカデンツァが付いています〜。
ソロモンさんのピアノ、実に良いですね〜。それに、カデンツが終わってからの曲作りも素晴らしいものですね〜。

第2楽章 Adagio 変ニ長調 3/8拍子
弱音器を付けた弦楽器の旋律、これが何とも言えない味わい深さがありますよね〜。ピアノのソロも実に良いですよね、名曲です。

第3楽章 Allegro moderato molto e marcato イ短調 2/4拍子

第2楽章からはアタッカで、3楽章に入ります。
木管も和音からピアノソロになります。この旋律も良いですよね〜。
中間部ではフルートの有名なソロが出てきます。本当に良い旋律です〜。
最後の盛り上がりも素晴らしいですよね〜。

ソロモンさんのピアノ、堅実でありながら、ポエーティシュなところもあります、見事なソロです。
それと、伴奏のオケストラが上手いんですよ、オーボエ、フルート、バスーン、ホルンのソロが実に上手いです。イギリスのオケストラは侮れませんよね〜。

このピアノコンチェルト、最近はあまり演奏されないのかもしれませんが、チャイコフスキー、ベトベン、ブラームス、ラフマニノフのピアノ協奏曲に匹敵するとまでは言えないかもしれませんが、それに並ぶ名曲だと思いますね〜。

私はもう20年くらい前に一度だけ演奏したことがあります。グリーグはオーケストレーションが巧みで、伴奏のオケストラも実に面白く書けています。各楽器のソロも、すべての木管楽器、それにホルンに美しいソロがあります。それほど難しくもなく、演奏していて、嬉しくなるようなソロが多いです〜。

もう一度くらい演奏したいですが、もう機会はないかもしれません〜。

♪♪♪♪♪
昨日は喫茶店が定休、それでファミレスで一日が始まりました。
雨の土曜日でした。
帰ってきてから、報道番組を見てから、練習を始めました。
音程のことが気にかかっていましたが、何のことはない、リードの問題だけでした、爆〜。京都のオッチャンに相談したりもしましたが〜。

途中で、仕事先の偉いさんに電話しました。
辞める方、亡くなった方、この間、色々なことがありました。私も一昨年休んだり、仕事に穴を開けたりと、色々とありました。ですが、今年は一昨年並に仕事を戻してくれました。そのことのお礼を一言いっておこうと思ったんですよ。
ですが、出てきた言葉は甘くなかったです;;「まだまだ厳しいです」と〜。
休んだこと、それに何かが重なれば、また危なくなるとのことでした。
くれぐれも注意をしてくれとのことです、聞いた方が良かったのか、聞かない方が良かったのか、分かりません、爆〜
それを聞いて、ちょっと落ちこみました;;

世の中は厳しいですね、私は甘いのかもしれません。
ですが、自由に仕事ができないのは困りますし、何も、命まで預けているわけではないですし〜。ちょっと、あそこまで言わなくても良いのではないか、とも、ややこしいです。生きていくのは大変ですね〜。

お昼を食べて、昼寝をして、3時頃から音楽を聴いて
練習をもう少ししました。リードのチェックなど、基礎練習です。

昨日は、小さなアンサンブルの練習でした。
音程はまったく問題がなかったです。
新しい楽器、やはり良いと思いました。ここの練習は楽しいです。10人くらいしか来ておられませんが、実に良いアンサンブルになります、下手ですが、爆〜。

帰ってきたのは10時半頃です。夜は寒かったですよ。
寝たのはちょっとした理由で遅くなりました、爆〜。

『女の道は一本道にございます。定めに背き、引き返すは恥にございますよ』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(「篤姫」が終わってしまったのが残念なのは私だけでしょうか〜。)

今週の土曜日に実は演奏会があります。その練習が今日もあります。練習日程がコロコロ変わる団体です、爆〜。午前中は音あわせがあるようです。最近思ったのですが、もう午前と午後に練習することはできないようです。集中力が持ちません。で、体調が悪いとメールしました、爆〜。
でも、出かけようかとも思っています。その場合8時過ぎに出かけます〜。

今日は、どんな一日でしょうか? 

沖縄旅行まであと3ヶ月を切っています〜
だんだん近づいてきていますよ〜。(^_^)v

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。
もう10位以内は難しいかもしれませんね〜 
皆さんの応援で、20位以内に留まっています〜。
さらなる応援を宜しくお願いしますぅ 〜〜  m(_ _)m  

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね。ミ(`w´彡) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)


コミックの『のだめカンタービレ』第21巻が、発売されましたよ(^o^)
読みましたが、やはり日本編の方が面白かったように思いますね〜。
第22巻が発売予定になっていますね、予約が始まっています〜。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

来年は、映画版が封切られるそうですね〜。(^o^)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。
初芝居は、愛之助ちゃんの後援会に頼みました。
後援会から、愛之助ちゃんの紋が散らしてある、コーヒーカップが届きました。クリスマス・プレゼントかもしれませんね〜。

2月の花形歌舞伎の観劇記を書いています〜。

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
クチコミを見る


かなり面白いですよ。再読しています。
本当に、学ぶことが多くある本ですよ〜。
色々とマスコミでは知り得ない情報も教えてもらえますよ〜。

新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫)
新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫)
クチコミを見る


今朝、読み終わりました。ドラマよりも先に読まなくて良かったと思っています。ドラマと原作では、篤姫の考え方も異なっています。ドラマと原作は別物ですね〜。

NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第弐集 [DVD]
NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第弐集 [DVD]
クチコミを見る


「篤姫」第弐集、ようやく発売されました。もう大分前に予約しておいたのですよ、やっと昨日届きました。アマゾンはペリカンさんから佐○に配送業者が変わったようです。また佐○と揉めました、爆〜。
初回限定版で、オマケがついていますよ〜。オマケは何でしょうか?

環境問題はなぜウソがまかり通るのか3 (Yosensha Paperbacks)
環境問題はなぜウソがまかり通るのか3 (Yosensha Paperbacks)
クチコミを見る

このシリーズ、「嘘がまかり通る3」が出ていますね〜

これも読み始めています〜。

3

Guten Morgen!! 

今朝は、4時前起きです。
昨日は10時半頃か、11時頃に寝たように思います〜

昨日も少し早めに帰れたので、少し練習しました。
それで疲れたのかもしれません。

今日は雨の土曜日ですね〜

♪♪♪♪♪
昨日から、思い出したように、クーベリックのマーラーを聴き出しています。

クーベリックのマーラー全集








マーラー:交響曲第2番
マーラー:交響曲第2番
クチコミを見る

(全集盤はHMVでは6000円くらいだったです〜)

グスタフ・マーラー: 交響曲第2番 ハ短調
ラファエル・クーベリック 指揮 シンフォニー・オケストラ・デス・バイエーリッシェン・ルントフンクス(バイエルン放送響)の演奏です。

エディット・マティス(ソプラノ)
ノーマ・プロクター(コントラルト)
バイエルン放送合唱団(合唱指揮 ヴォルフガング・シューベルト)
(1969年の録音のようです)

このところ、ハイドンばかりになっています、爆〜。
それも、オラトリオにはまっています、凄く良い曲なんで〜 これまで聴いてこなかったのが不思議なくらいです。

一時期、マーラーばかり聴いていた時もありますよね〜。
マーラーを聴くのは今年初めてかもしれませんね〜。
昨日、仕事の行き帰りに、この全集から聴いていない演奏を聴こうと思い、第2番のシンフォニーを何度も聴いています。昨日は仕事から帰ってきてからも聴いていました〜。

クーベリックのマーラーの演奏、本当に何度も何度も聴いているのですが、1番、2番はまったく聴いていませんでした。この2曲が苦手なんです、爆〜。1番は2回演奏したことがあるのですが、このブログでも以前に書いたのですが、3楽章のソロの出だしの音程が違うと、30分以上にわたって、指揮者に虐められたことがあります、爆〜。その指揮者はその数日後に亡くなられたのですが;; なにくそと思い、物凄く弱音で音程を注意して、どれだけ練習したか、虐められたことは、良いきっかけになりました。私の演奏を大きく変えてくれました。でも、寝覚めが悪かったですが〜。

2番は、昔バーンスタイン・ニューヨーク盤、ヴァルター・コロンビア盤で、嫌と言うほど聴いていたように思います。高校生の頃か、大学生の頃です。
1番も、ヴァルター・コロンビア盤、それに4番は色々な演奏を聴いていました。バーンスタイン、ヴァルター、それにクーベリック、ショルティなどです、とりわけ4番は、私が演奏している楽器にも珍しくソロが多いので、よく聴きました。それと4番は本当に美しい曲ですよね〜。

この2番は、1番とはオケストラの大きさがずいぶんと異なっていますよね、1番は基本的には3管編成です。
2番では以下の楽器が使われています(Wikipediaより)

フルート 4(ピッコロ持ち替え 4)、オーボエ 4(コーラングレ持ち替え 2)、ソプラニーノクラリネット 2、クラリネット 3(バスクラリネット持ち替え 1)、ファゴット 4(コントラファゴット持ち替え 2)、
ホルン 10(そのうち舞台外に4)、トランペット 6 + 舞台外に4(しかし移動のための時間があればオーケストラ側から2人借りられる)、トロンボーン 4、チューバ1、
ティンパニ 2人(8台) + 舞台外に1台(計3人)、シンバル 2 + 舞台外に1、タムタム 2、大太鼓 +舞台外に1、小太鼓 1以上の複数、グロッケンシュピール、鐘(音程の定まらないもの3種)、ルーテ(むち)
ハープ 2台、オルガン
弦五部(16型)
ソプラノ独唱、アルト独唱、混声合唱

こんな大きな曲はこれまでの音楽の歴史でも初めてではないかなと思います。ヴァーグナーの4管編成よりも大きいですし、ベルリオーズもここまで大きなオケストラを使っていないのではないかなと思います。
初めて聴いた人はきっと驚いたでしょうね〜。
演奏会でもこれだけの大きさですから、それほどには取り上げられないように思いますね〜。第8番の交響曲はもっと大きいですが〜。

私が演奏したことのあるマーラーの作品は、交響曲第1番(2回)、交響曲第5番(1回)、これだけだと思います。4番は是非演奏してみたいのですが、無理でしょうね〜。

第1楽章  アレグロ・マエストーソ まじめで荘厳な表現で一貫して ハ短調 4/4拍子 

第1楽章の後に「少なくとも5分間以上の休みを置くこと」という指示があるがあるそうです。この指示は守られているのかどうか、分かりません。
マーラーのスコアには、色々な指示が山のように付いています。そのすべてをきっちりと守っている演奏などあるのかどうか、分かりません〜。
レヴァイン盤が割と守っているように思いますが〜。

第2楽章  アンダンテ・モデラート きわめてくつろいで、急がずに 変イ長調 3/8拍子 

第3楽章  スケルツォ 静かに流れるような動きで ハ短調 3/8拍子 

第3楽章から第4楽章、さらに第5楽章までアタッカで(切れ目なく)演奏されます。

第4楽章 「原光」 きわめて荘重に、しかし素朴に 変ニ長調 4/4拍子 
アルトが歌い出すところは、実に美しいですよね〜。

第5楽章 スケルツォのテンポで、荒野を進むように ヘ短調 - 変ホ長調 4/4拍子 

クーベリックの演奏はどの曲も割と早めで、この第2番もCD1枚に収録されています。普通は2枚になっていることが多いと思いますので、演奏時間は短いものでしょうね〜。
ですが、速いという感じはしません。なのに、この演奏時間です。不思議ですよね〜。クーベリックという指揮者は、大学時代からわりと好きな指揮者で、曲毎にオケストラが変わるというベトベンの交響曲全集のLPも愛聴盤でした。今では廃盤で手に入らないのですが〜;;

この全集を買う前にも、4番、8番のCDは持っていました。ですが、全集で買った方が安いので、重なっていましたが、全集を買いました。
クーベリックのマーラーの国内盤のCDジャケット(LPジャケットも同じだったと思うのですが)は、クリムトの絵画が載っていて、その装丁は良かったですよね〜。バーンスタイン盤も、不思議な絵画がLPジャケットの両面に載っていました。これも懐かしい思い出です。

やはり、この曲は名曲ですね、昨日から何度か聴いているのですが、やはり良いです、爆〜。第5楽章で盛り上がるところなど、音楽を聴く喜びを与えてくれますよね〜。

クーベリックは歌うべきところでしっかりと歌いながら、それでも、70分ちょっとで演奏しているのは驚きですね〜。
ソリストの二人はいずれも良いですよ。マティスさんの清潔な歌、プロクターさんはこのクーベリック盤でしか知りませんが、深い良い声です〜。

この演奏、今日も聴きそうです〜、爆〜。
早朝なので、大音量で聴けないのが残念です。

♪♪♪♪♪
昨日も喫茶店に行って、一日が始まりました。
昨日の仕事は、10時からなんです、去年は9時からだったのですが〜。
でも、7時半過ぎに出かけて、8時過ぎには仕事先に入っています。それから仕事の準備をすることにしています。

9月以降は、夜も仕事が入っています。これは私が仕事先に言って、やらせてほしいと言った仕事です。どうなるか分かりませんが、新しい仕事も作っていくことも大事かなと思ったりもしています〜。

仕事が終わったのは4時半頃です。今年は早めに帰れそうです。
帰ってきたのは5時半頃でしょうか、それから少し休憩して、昨日は練習をしました。どうも新しい楽器の音程感に、私がついて行けていないように思ったりもします。凄く演奏しやすいですし、音も良いと思うのですが、音程が少し高めになってしまいます。A=442のチューニングになっていて、それはしっかりと守られています。私は、レッスンを受けている先生から、440で練習しなさい、と言われています。「それくらいにしておかないと、曲を演奏したときにきっと高くなってしまう」と、先生が言われています。
ですが、どうも440では演奏ができないようんです。前の楽器では440でまったく問題がなかったのですが〜。(^^;)
どうしたものでしょうね〜。
ちょっと悩んでいます〜。
京都のオッチャンに相談してみようかな〜 

昨日は近所迷惑ですが、8時頃まで、2時間弱練習をしました。
昨日は贅沢に出前を頼んで(と言っても2000円もしませんが、爆〜)、食べた後、音楽を聴いていました。

昨日の仕事は、何とはなしに、独り相撲を取っているような感じがしました。空回りと言っても良いでしょうか〜。ちょっと、というか、かなり反省しています。私の仕事はお客さんあっての仕事でもあるんです。評価はお客さんの評価になります。それが悪いと、呼び出しになります。
去年は呼び出しはなかったのですが、今年はどうでしょうか?

『女の道は一本道にございます。定めに背き、引き返すは恥にございますよ』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(「篤姫」が終わってしまったのが残念なのは私だけでしょうか〜。)

今日は練習をする日にしている土曜日です。ちょっと書き物の仕事も滞っていますので、少しだけでもしようかと思ったりもしていますが〜。

今日は、どんな一日でしょうか? 

沖縄旅行まであと3ヶ月を切っています〜
だんだん近づいてきていますよ〜。(^_^)v

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。
もう10位以内は難しいかもしれませんね〜 
皆さんの応援で、20位以内に留まっています〜。
さらなる応援を宜しくお願いしますぅ 〜〜  m(_ _)m  

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね。ミ(`w´彡) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)


コミックの『のだめカンタービレ』第21巻が、発売されましたよ(^o^)
読みましたが、やはり日本編の方が面白かったように思いますね〜。
第22巻が発売予定になっていますね、予約が始まっています〜。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

来年は、映画版が封切られるそうですね〜。(^o^)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。
初芝居は、愛之助ちゃんの後援会に頼みました。
後援会から、愛之助ちゃんの紋が散らしてある、コーヒーカップが届きました。クリスマス・プレゼントかもしれませんね〜。

2月の花形歌舞伎の観劇記を書いています〜。

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
クチコミを見る


かなり面白いですよ。再読しています。
本当に、学ぶことが多くある本ですよ〜。
色々とマスコミでは知り得ない情報も教えてもらえますよ〜。

新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫)
新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫)
クチコミを見る


今朝、読み終わりました。ドラマよりも先に読まなくて良かったと思っています。ドラマと原作では、篤姫の考え方も異なっています。ドラマと原作は別物ですね〜。

NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第弐集 [DVD]
NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第弐集 [DVD]
クチコミを見る


「篤姫」第弐集、ようやく発売されました。もう大分前に予約しておいたのですよ、やっと昨日届きました。アマゾンはペリカンさんから佐○に配送業者が変わったようです。また佐○と揉めました、爆〜。
初回限定版で、オマケがついていますよ〜。オマケは何でしょうか?

環境問題はなぜウソがまかり通るのか3 (Yosensha Paperbacks)
環境問題はなぜウソがまかり通るのか3 (Yosensha Paperbacks)
クチコミを見る

このシリーズ、「嘘がまかり通る3」が出ていますね〜

これも読み始めています〜。



きのうるどるふ・ぜるきんと、配置しなかった。

*このエントリは、ブログペットの「雁次郎」が書きました。

3

Guten Morgen!! 

今朝は、4時半起きです。
3時半頃目が覚めたのですが、寝てしまったようです。

昨日は8時前に帰って来られました。
それからメールしたりしてから、夕食です。
その後、疲れていたのか、10時過ぎには寝てしました〜。

♪♪♪♪♪
今朝はブラームスです。しかもピアノ曲です。ブラームスのピアノ曲の中で、きっと一番好きなものです。

Yves Nat: Ses Enregistrements, 1930-1956 [Coffret du 50�me Anniversaire]
Yves Nat: Ses Enregistrements, 1930-1956 [Coffret du 50eme Anniversaire]


ヨハネス・ブラームス: 「ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ」作品24
イヴ・ナット(ピアノ)
(1955年の録音だそうです。モノラル録音ですが、鑑賞にはまったく問題がありません)

この曲はゼルキン師の録音で知りました。それ以来、ずっとゼルキン師の演奏を聴いてきたのですが、その後に、ソロモンの演奏、ハイドシェックの演奏なども聴いています。ですが、私にはやはりゼルキン師の演奏が規範になっている感じもします。ソロモンの演奏も素晴らしいですが〜。

ブラームス:ピアノ協奏曲第1番+ヘンデル・ヴァリエーション
ブラームス:ピアノ協奏曲第1番+ヘンデル・ヴァリエーション
クチコミを見る


この曲は、ヨハネス・ブラームスが1861年に作曲したもので、当時28歳のブラームスがハンブルク近郊ハムで書いた作品で出版されたもののうち、唯一のフーガ作品を伴う作品だそうです。出版は翌1862年。
初演は1861年12月7日、ハンブルクにて、クララ・シューマンによって演奏されたそうです。クララ・シューマンはこの難曲が弾けたということは、相当の名手だったんでしょうね〜。

この曲はとんでもない難曲だと、ある音大のピアノ科の教授をしておられる方に伺ったことがあります。

ナットの演奏、少し指が回っていないところがあります。そういう点では少しの瑕があるような気もします。ソロモンの演奏などは、それはもう鮮やかなものですから〜。ナットは指が短かったそうですね、それで自分なりの運指を考えて演奏しておられたとか〜。

ゼルキン師の演奏は、これもテクニークの点ではなんの問題もないと思います。それよりも、どちらかというとルービンシュタイン、ホロヴィッツなどのピアニストとは異なった印象を受けるのですが、やはり、同じようなヴィルトゥオーゾであったとことが実感できる演奏です。

良く聞き込んでくるほど、ナットの演奏の面白さが分かるような気がします。昨日、夕食後、何か音楽が聴きたくなり、このCDを出してきました。ナットのベトベンのピアノ・ソナタを聴くシリーズ、止まっています、爆〜。ギレリスのソナタ集を聴いていると、こちらの方が面白くなってきたりしています。

ナットの演奏も、ソロモンなどと同じくらいの速さで演奏しておられます。難曲ですから、これほどの速さで演奏するのは相当に難しいのではないかと思っています。
昨日は、指のもつれなどが気になったのですが、今朝聴いていると、そんなことはどうでも良い、と思ってきています。

それぞれの変奏曲の色合いを上手く出しておられます。私が聴いている演奏は、それぞれ名手が演奏しているのですから、それなりの面白さがありますよね〜。

ナットの演奏も、どこかどう良いのか、語るのが難しいです。
速さの中で、非常に細かなニュアンス付けをされています。それは見事ですね〜。力任せに弾くのではなく、しっかりとしたアプローチというものを感じます。フランス人というと、どうしても音楽に対していい加減だ(オケストラの評などでお目にかかる言葉ですが)と言われることがありますが、デカルト、マールブランシュなどを生んだ国でもありますよね〜。数学者も多数出ていると思います。そういう合理性にしっかりと裏打ちされた演奏である余にも思います〜。

指揮者で言えば、アンセルメの幾何学的な演奏と似ているところがあるようにも思います。

この曲だけのCDはどうも出ていないようです。このCDは15枚組で、HMVでは5000円ほどです。この演奏だけではなく、ベトベンのピアノ・ソナタの全集なども収録されています。お買い得盤ですよ、爆〜。
HMVのサイトが大きく変わっていますね、今朝、見てびっくりです〜。

♪♪♪♪♪
昨日は6時半頃に仕事に出かけて、帰ってきたのは8時前です。
朝一からの仕事、疲れます。昨日は仕事上のミスも多数です、疲れてきているのかもしれません。

気を取り直して、今日の仕事を大事にしないといけないですよね〜。

昨日は仕事先で、先輩に、ある方が仕事を辞められた顛末を少し聞きました。ある方が役職に就いたのに腹を立てて、辞表を郵送されたと聞きました。う〜〜ん、難しいですよね、わたしの職種は日雇い形式です。その中では、仕事先と良い関係、少なくとも向こうの意見は尊重するしかありません。私は何度も病気で仕事の穴を開けてきました。ですが、今年は去年よりも仕事を増やしてくれました。そういう温情もあるところだと思っています。そういう仕事先としっかりと話し合ったのか、一時の腹立ちでものごとを決めるのかどうかな、と私は思っています。
難しいです、ですが、同年配の方が亡くなったり、辞めていかれるのは寂しいものです。

『女の道は一本道にございます。定めに背き、引き返すは恥にございますよ』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(「篤姫」が終わってしまったのが残念なのは私だけでしょうか〜。)

今日は10時からの仕事ですが、いつもの金曜と同じに、7時半に出かけています。それから、仕事の準備をしています。
帰ってきて、練習ができるでしょうか? 分かりません〜。

今日は、どんな一日でしょうか? 

沖縄旅行まであと3ヶ月ですね、爆〜。
だんだん近づいてきていますよ〜。

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。
もう10位以内は難しいかもしれませんね〜 
皆さんの応援で、20位以内に留まっています〜。
さらなる応援を宜しくお願いしますぅ 〜〜  m(_ _)m  

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね。ミ(`w´彡) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)


コミックの『のだめカンタービレ』第21巻が、発売されましたよ(^o^)
読みましたが、やはり日本編の方が面白かったように思いますね〜。
第22巻が発売予定になっていますね、予約が始まっています〜。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

来年は、映画版が封切られるそうですね〜。(^o^)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。
初芝居は、愛之助ちゃんの後援会に頼みました。
後援会から、愛之助ちゃんの紋が散らしてある、コーヒーカップが届きました。クリスマス・プレゼントかもしれませんね〜。

2月の花形歌舞伎の観劇記を書いています〜。

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
クチコミを見る


かなり面白いですよ。再読しています。
本当に、学ぶことが多くある本ですよ〜。
色々とマスコミでは知り得ない情報も教えてもらえますよ〜。

新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫)
新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫)
クチコミを見る


今朝、読み終わりました。ドラマよりも先に読まなくて良かったと思っています。ドラマと原作では、篤姫の考え方も異なっています。ドラマと原作は別物ですね〜。

NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第弐集 [DVD]
NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第弐集 [DVD]
クチコミを見る


「篤姫」第弐集、ようやく発売されました。もう大分前に予約しておいたのですよ、やっと昨日届きました。アマゾンはペリカンさんから佐○に配送業者が変わったようです。また佐○と揉めました、爆〜。
初回限定版で、オマケがついていますよ〜。オマケは何でしょうか?

環境問題はなぜウソがまかり通るのか3 (Yosensha Paperbacks)
環境問題はなぜウソがまかり通るのか3 (Yosensha Paperbacks)
クチコミを見る

このシリーズ、「嘘がまかり通る3」が出ていますね〜

これも読み始めています〜。


2


Guten Morgen!! 

今朝は、4時前起きです。
昨日は9時頃に寝てしまいました〜。

昼寝もしたのですが、眠くなって
夕方に1時間練習をしたのですが、練習をすると疲れるのかもしれませんね〜。

今朝は少し焦っています〜、爆〜

♪♪♪♪♪
今朝もハイドンです。ドラティ盤の 『天地創造』の後半を聴いています〜。昨日から聴いているのですが〜

ドラティ・天地創造






ハイドン:オラトリオ「天地創造」
クチコミを見る


ヨーゼフ・ハイドン: オラトリオ『天地創造』全曲
アンタル・ドラティ 指揮 ロイヤル・フィルハーモニー・オケストラ の演奏です。

ガブリエル:ルチア・ポップ(ソプラノ)
ウリエル:・ヴェルナー・ホルヴェーク(テノール)
ラファエル:クルト・モル(バス)
イヴ:ヘレナ・デーゼ(ソプラノ)
アダム:ベンジャミン・ラクソン(バス)

通奏低音
チェンバロ: アンタル・ドラティ
チェロ: デイヴィッド・ストレインジ
コントラバス: ジャック・マコーミック

ブライトン・フェスティヴァル合唱団(合唱指揮 ラスロ・ヘルティ)
(録音:1976年12月、ロンドン  ステレオ録音です)

第1部は、天地創造の初日から第4日目まで
第2部は、天地創造の第5日目から第6日目まで
第3部は、アダムとイヴによる神の創造の称賛
こういう構成になっているようです。

ガブリエルは「神の人」の意で、聖書においては平和の使信を伝える使者で、ウリエルは「神の火」の意で、太陽の管理者、ラファエルは「神の健康」、「聖なる治癒者」を意味しているそうです。

第2部
第5日 第14曲 レチタティーヴォ「神はまた言われた」
第15曲 アリア「力強い翼を広げて」
ガブリエルのアリアです。
実に見事なアリアです。ちょっとモツアルトのオペラで出てくる技巧的なアリアに似た感じの作りになっています。ですが、やはりハイドンです。
ルチア・ポップさんの歌声はやはり良いですよね〜。コロラトゥーラの技巧も素晴らしいです。

第16曲 レチタティーヴォ「神は大きな鯨と全ての動く生き物をつくり」
第17曲 レチタティーヴォ「やがて天使たちは彼らの不滅の竪琴を奏で」
ラファエルのレスタティーヴォです。
クルト・モルさんの深い声を楽しめます〜。

第18曲 三重唱 「若々しき緑に飾られて」
ガブリエル、ウリエル、ラファエルの三重唱です。
管楽器のソロが実に美しい曲です。
ソプラノから歌い出し、テナー、バスへと受けつがれていって、3重唱になります。この3重唱も美しいですね。モツアルトとは異なる美しさがあります。何とはなしに新鮮な美しさです。
バスーンのソロが美しいです。ハイドンは管楽器の使い方が実に上手いものですね〜。モツアルトとは使い方がかなり違いますよね〜。

第19曲 独唱付き合唱 「その脚力によりて大いなり」
少しテンポが速くなります。ここでもオケストラの伴奏が面白いんですよ。ソプラノはここでも、コロラトゥーラの技巧を見せるように作曲されています。合唱がフォルテではなくてピアノで伴奏をしている感じです。これは、ドラティさんの指示なのかもしれません。

第6日 第20曲 レチタティーヴォ 「神はまた言われた」
第21曲 レチタティーヴォ 「大地は直ちにその胎を開き」
ラファエルのレスタティーヴォです。
21曲はオケストラの伴奏付きのレスタティーヴォです。
色々な生き物が想像されている様子を歌うんです。
カワイイ伴奏が付いています、ハイドンらしいですね〜。

第22曲 アリア 「いまや天は光に溢れて輝き」
ラファエルのアリアです。
ラファエルのレスタティーヴォです。
歌詞も見ながら聴くと面白いと思うのですが、どうしても見ながら聴く余裕がありません、爆〜。
オケストラの伴奏で、とんでもない低音が出てきます。

第23曲 レチタティーヴォ 「そこで神は、その御姿に従って人間をつくられた」
人間が創造されます〜。

第24曲 アリア 「威厳と気高さを身につけ」
ウリエルのレスタティーヴォとアリアです。
ホルヴェークさんの端正な歌声が楽しめますね。
テノールのホルヴェークさん、色々な曲で聴いているかと思うのですが、曲が出てきません。

第25曲 レチタティーヴォ 「そこで神が、作られた全てのものを見られたところ」
ラファエルのレスタティーヴォです。
神がすべてを見て「良し」と言われる箇所です。

第26曲 合唱 「大いなる御業は成りぬ」
合唱が神を讃えます。

第27曲 三重唱 「おお主よ、全てのものはあなたを仰ぎ見」
ガブリエル、ウリエル、ラファエルの三重唱です。
前半は、ピアノで歌われる三重唱です。ラファエルのソロの部分は、神の威厳のようなものを伝えています。

第28曲 合唱 「大いなる御業は成りぬ」
Vollendet ist der grosse Werk.(エスツェットが出ませんので、ss にしています。)
神を讃える合唱です。少しフーガのように書かれています。
ハレルヤ、ハレルヤと神を讃えます。最後のティンパニのポコポコが良いですよ〜。

ハイドンの声楽曲は、オペラ『月の世界』くらいしか知らなかったのですが、オラトリオ『四季』とこの『天地創造』を聴いていて、ひょっとしてハイドンはモツアルト以上の天才ではないかな、と思ったりもしてきています。
ひょっとしてそうではないでしょうか?
この『天地創造』、凄い傑作だと思います、今頃言うのもなんですが〜。

ドラティさんの指揮は、どこがどうのという感じがする指揮ではないですが、堅実です。曲の良さをしっかりと伝えておられる感じがします。

今朝は早出なので、第3部はまた後日です。m(_ _)m

♪♪♪♪♪
昨日は定休でした。
ブログを書いて、コメントをして、喫茶店です。
その後は、帰ってきて、少し今日の仕事の準備も〜

一昨日にリードが入荷したとのお知らせが来ていましたので、少し練習をして、楽器屋に10時過ぎ、社長にいつもは聴いてもらうのですが、社長はお休みの日です。それで自分で決めたのですが、今回は決めるのが難しかったです。良いようにも思うし、もう一つのような気もして〜。いつものように4本買って帰りました。
お昼は定食屋さんです。帰ってから、少し仕事の準備をしようかとも思ったんですが、眠くて、爆〜。昼寝です。
昨日は2時間弱です。それほど長く寝ることがなくなってきています。どうしてなんでしょうか? 夜中まで寝てしまうことはなくなってきています。

起きあがってきて、仕事の準備です。2時間以上やりました。ですが、一つだけです。もう一つやりたかったのですが、時間が掛かりすぎました;;
疲れたので、6時過ぎから少し練習です。昨日買ったリードの調子などを調べるために、音程のチェック、五度、オクターヴ、それに音階練習、デタッシェの練習、デタッシェの難しい箇所の練習、それだけで、1時間ほどです。

その後、もう少し仕事の準備をしました、結構やっているでしょう、爆〜。
それから、野球です;;;;;
アカンな〜〜 夕食後、面白くなく、眠くなり、すぐに寝てしまいました。お薬を飲むのを忘れたというか、飲むのもしんどいくらいに疲れていました。
練習をすると疲れます、爆〜。

『女の道は一本道にございます。定めに背き、引き返すは恥にございますよ』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(「篤姫」が終わってしまったのが残念なのは私だけでしょうか〜。)

今朝も早出で、6時半頃出かけます。喫茶店はお休みにします。
帰りは早く帰れると良いのですが、早くても8時頃になりそうです。

今朝も目が覚めてから焦りまくりです、爆〜。
一つ、一つ、ですよね〜。

今日は、どんな一日でしょうか? 

沖縄旅行まであと3ヶ月ですね、爆〜。
だんだん近づいてきていますよ〜。

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。
もう10位以内は難しいかもしれませんね〜 
皆さんの応援で、20位以内に留まっています〜。
さらなる応援を宜しくお願いしますぅ 〜〜  m(_ _)m  

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね。ミ(`w´彡) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)


コミックの『のだめカンタービレ』第21巻が、発売されましたよ(^o^)
読みましたが、やはり日本編の方が面白かったように思いますね〜。
第22巻が発売予定になっていますね、予約が始まっています〜。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

来年は、映画版が封切られるそうですね〜。(^o^)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。
初芝居は、愛之助ちゃんの後援会に頼みました。
後援会から、愛之助ちゃんの紋が散らしてある、コーヒーカップが届きました。クリスマス・プレゼントかもしれませんね〜。

2月の花形歌舞伎の観劇記を書いています〜。

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
クチコミを見る


かなり面白いですよ。再読しています。
本当に、学ぶことが多くある本ですよ〜。
色々とマスコミでは知り得ない情報も教えてもらえますよ〜。

新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫)
新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫)
クチコミを見る


今朝、読み終わりました。ドラマよりも先に読まなくて良かったと思っています。ドラマと原作では、篤姫の考え方も異なっています。ドラマと原作は別物ですね〜。

NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第弐集 [DVD]
NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第弐集 [DVD]
クチコミを見る


「篤姫」第弐集、ようやく発売されました。もう大分前に予約しておいたのですよ、やっと昨日届きました。アマゾンはペリカンさんから佐○に配送業者が変わったようです。また佐○と揉めました、爆〜。
初回限定版で、オマケがついていますよ〜。オマケは何でしょうか?

環境問題はなぜウソがまかり通るのか3 (Yosensha Paperbacks)
環境問題はなぜウソがまかり通るのか3 (Yosensha Paperbacks)
クチコミを見る

このシリーズ、「嘘がまかり通る3」が出ていますね〜

これも読み始めています〜。



3

Guten Morgen!! 

今朝は、4時半頃起きです。
昨日も帰ってきたのは10時過ぎです。

昨日は今日が定休なので、少し夜更かししました。
でも、大体の定時に起きあがっています〜。

♪♪♪♪♪
今朝はハイドンにしようと思っていました。いつも同じやな、と思い、代えました、爆〜。

ブルックナー:交響曲第8番
ブルックナー:交響曲第8番
クチコミを見る


アントン・ブルックナー: 交響曲第8番 ハ短調
エドゥアルト・ファン・ベイヌム 指揮 アムステルダム・コンセルトヘボウ・オケストラ の演奏です。
(1955年のモノラル録音です。モノラルですが信じられないほど良い音で録音されています)

ベイヌムという指揮者、ある方のブログで取り上げられていて、その記事に触発されて、色々と聞いてきています。ハイドン、ベトベン、ブルックナーと聞いてきています。ブルックナーの交響曲は、5番、7番、8番、9番と録音を残しているようです。私は7番、8番を入手しています。5番、9番も注文しているのですが、なかなか届きません。でも、気長に待っています。マーラーもいくつかの録音を残しているようです。これも聴いてみたいなとは思っています。

このフィリップスから出ている復刻盤、音がどれも素晴らしいです。どこかでデッカの録音であるとか書かれていたように思うのですが〜。

ベイヌムが演奏している版は、1887/90 Mixed Versions. Ed. Robert Haas [1939] のようです。7番を取り上げたときに、これまでの指揮者がどの版で演奏しているかを調べて書かれているサイトを紹介しましたが、そのサイトの情報からです。

この演奏は快速な演奏です。
第1楽章 14分ほど 第2楽章 14分ほど 第3楽章 23分ほど 第4楽章 21分ほどです。全体で70分ほどでしょうか〜。

快速でありながら、ブルックナーのこの曲の美しさをしっかりと伝えてくれる演奏です。7番で「端正なブルックナー」と書きましたが、この8番でも同じように感じます。
ベイヌムは1901年の生まれで、亡くなったのは1959年です。ほぼ同世代に、あのカラヤンがいるわけですが、相当に音楽観は異なっているように思います。ベイヌムは指揮者としてはこれからという年齢で亡くなっています。あと20年長生きをしていれば、ステレオ時代に入ってもおり、晩年の彼の音楽も聴けたかもしれません。

この演奏で驚くのは、この時代からロイヤル・コンセルトヘボウは非常に上手いオケストラであったということです。この時代の録音、色々と聞いていますが、匹敵するのは、ヴィーナー・フィルハーモニカー、シカゴ・シンフォニー、それにフィラデルフィアくらいでしょうか〜。

弦楽器の美しさに、管楽器の華やかさまで、ブルックナーがスコアに書いているものを実に鮮やかに再現してくれています。

ブルックナーの取り組み方としては、シューリヒトに少し似ているかもしれませんが、あれほどの速さで演奏はしていません。中庸なテンポで演奏していながら、もたれることのない、流れのあるブルックナーです。

私が演奏している楽器は、ブルックナーの交響曲では演奏する場所も少なく、チューバよりも面白くありません、爆〜。ですが、意外にこの演奏だと聞こえてくるんですよ。ひょっとすると、ベイヌムがヴィオラ奏者であったことが影響しているかもしれませんね〜。ドボルザークもヴィオラ奏者であったそうですが、彼の書いている曲では、管楽器の2番奏者(ソロは普通は1番奏者なのですが)にもソロの箇所が多数あります。ベイヌムにも、内声を大事にしようとする傾向があったのかもしれませんね〜。

どの楽章も良い演奏ですが、特に第3楽章のアダージョ、それに第4楽章が良いと思います。

第3楽章では、大きな弧を描いた演奏でありながら、一部の指揮者の演奏のような、もたれる(長すぎる)演奏ではないことです。コーダに入ってからの美しさは、カラヤン盤とも匹敵するものだと思いますが、カラヤンとは全く違うアプローチです。

第4楽章では、冒頭にティンパニから雄弁ですよ。打楽器の使い方が上手いように思いますね、ベイヌムは〜。フォルティッシモのところでも、ティンパニの打ち込みが凄まじいです。それと、この演奏、シューリヒトなどの演奏している版と同じとなっていますが、相当に異なっています。指揮者によって、演奏する版が異なりますよね、ブルックナーのシンフォニーは〜。同じ版を使っていても、色々と指揮者による改変がありますね〜。

それとこの楽章は、実に格好の良い演奏です。ライヴで聴いていたとしたら、さぞや感動するだろうと思います。録音でも感動を覚えるのですから〜。

ベイヌムと指揮者を作ったのはどういうものなのか、それが知りたいと思っています。残されている演奏だけは分からないようにも思いのですが〜。少しでも、演奏に触れてみたいと思っている指揮者の一人です。

最近よく聴いている指揮者は、このベイヌムとヘルベルト・ケーゲルです。ケーゲル盤もCDは少しずつ増えているのですが、ブログにはまだ書けないものもあります。

第4楽章のコーダ、これも凄いです〜。
金管、ティンパニの使い方が実にユニークですよ。
こんなブルックナーは、私は初めてです。実に面白い演奏で、しかも飽きませんよ〜。

♪♪♪♪♪
昨日の火曜日は、夕方からの仕事です。去年外されていた仕事を一昨年並に戻してくれています。仕事先には感謝です。

午前中は、少し書き物の仕事を始めました。定食屋さんでの昼食、その後、少し昼寝をして、2時半頃起きあがってきて、また仕事をやったのですが、ファイルが消えてしまいました;; 一部は残っていたのですが〜;;
保存先をしっかりと決めておかないといけないな、と反省です。

そんなこともあり、3時半に出かける予定が、4時に変更です。
仕事先に着いたのは5時過ぎです。久し振りに会う同僚から、ショッキングな知らせを聞きました。私とほぼ同年代の女性の方が仕事先を辞められたとのこと、驚きました。詳しい話を聞いているときに、お邪魔虫のお喋りの同僚の登場です、爆〜。しっかりと理由などを聞くことができませんでした。聞いたところで、私にはなんにもできないのですが、同年代の同僚が亡くなったり、辞めていくのは寂しい限りです。

仕事が終わって、帰ってきたのは10時過ぎです。
月曜と火曜は遅くなります。夕飯を食べる時間が遅くなるのはしんどいわけですが、仕事がないと困ることもあるので、致し方がありません。

昨日は、ある事件の最高裁での判決が出ましたね。
予想されていた通りの判決でした。私には真犯人がどの人なのか、分かりません。状況証拠だけでも「非常に疑わしければ犯人」ということになるのでしょうか? 疑わしきは罰せず、というのが西洋の裁判制度であろうと思うのですが、どうも日本の裁判制度はそうではないようですね〜。
きっと、あの人が犯人ではあろう、とは私も思います。ですが、「きっとそうだろう」というのと、「犯人だ」とは異なると思うのですが〜。
皆さんにも、色々とご意見があるかと思います〜。

どうも、私には日本の司法、警察が信用できません。取り調べの可視化くらいは絶対にしないといけないと思うのですが、いまだに警察は反対していますよね〜。国会議員は何をしているのでしょうか、爆〜 笑うしかありません。

『女の道は一本道にございます。定めに背き、引き返すは恥にございますよ』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(「篤姫」が終わってしまったのが残念なのは私だけでしょうか〜。)

今日は定休ですが、忙しくなりそうです。
昨日の夕方、楽器屋からリードが届いたとのメールを貰いました。優先権を与えてくれていることには感謝です。朝一で買いに行きます〜。

それに、明日からの仕事の準備、それに書き物の仕事、やることがいっぱいあります。でも、そんなにたくさんはできません、爆〜。
一つ、一つずつですよね〜。

今日は、どんな一日でしょうか? 

沖縄旅行まであと3ヶ月ですね、爆〜。
だんだん近づいてきていますよ〜。

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。
もう10位以内は難しいかもしれませんね〜 
皆さんの応援で、20位以内に留まっています〜。
さらなる応援を宜しくお願いしますぅ 〜〜  m(_ _)m  

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね。ミ(`w´彡) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)


コミックの『のだめカンタービレ』第21巻が、発売されましたよ(^o^)
読みましたが、やはり日本編の方が面白かったように思いますね〜。
第22巻が発売予定になっていますね、予約が始まっています〜。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

来年は、映画版が封切られるそうですね〜。(^o^)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。
初芝居は、愛之助ちゃんの後援会に頼みました。
後援会から、愛之助ちゃんの紋が散らしてある、コーヒーカップが届きました。クリスマス・プレゼントかもしれませんね〜。

2月の花形歌舞伎の観劇記を書いています〜。

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
クチコミを見る


かなり面白いですよ。再読しています。
本当に、学ぶことが多くある本ですよ〜。
色々とマスコミでは知り得ない情報も教えてもらえますよ〜。

新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫)
新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫)
クチコミを見る


今朝、読み終わりました。ドラマよりも先に読まなくて良かったと思っています。ドラマと原作では、篤姫の考え方も異なっています。ドラマと原作は別物ですね〜。

NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第弐集 [DVD]
NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第弐集 [DVD]
クチコミを見る


「篤姫」第弐集、ようやく発売されました。もう大分前に予約しておいたのですよ、やっと昨日届きました。アマゾンはペリカンさんから佐○に配送業者が変わったようです。また佐○と揉めました、爆〜。
初回限定版で、オマケがついていますよ〜。オマケは何でしょうか?

環境問題はなぜウソがまかり通るのか3 (Yosensha Paperbacks)
環境問題はなぜウソがまかり通るのか3 (Yosensha Paperbacks)
クチコミを見る

このシリーズ、「嘘がまかり通る3」が出ていますね〜

これも読み始めています〜。


3

Guten Morgen!! 

今朝は、4時半頃起きです。
昨日の月曜は帰りが遅くなる日で、10時半頃帰ってきました。
それから遅い夕食です。

12時頃には寝たのですが〜。

♪♪♪♪♪
今朝はモツアルトにしました。

モーツァルト:弦楽五重奏曲全集
モーツァルト:弦楽五重奏曲全集
クチコミを見る


W・A・モツアルト:弦楽五重奏曲 第2番 ハ短調 K.406
ブダペスト四重奏団

ヨーゼフ・ロイスマン(第1ヴァイオリン)
アレクサンダー・シュナイダー(第2ヴァイオリン)
ボリス・クロイト(ヴィオラ)
ミッシャ・シュナイダー(チェロ)
ヴァルター・トランプラー(第1ヴィオラ)
(1965年、66年の録音のようです)

この曲は、モツアルトが1782年に作曲した『8本の管楽器のためのセレナード』(K.388 、384b)を1787年に弦楽五重奏に編曲したものです。
原曲は、オーボエ、クラリネット、バスーン、ホルンがそれぞれ2本ずつの曲ですが、ここの編曲版では、ヴァイオリン2本、ヴィオラ2本、チェロ1本の五重奏曲になっています。

木管楽器を演奏している方は、この原曲の方がご存じかもしれませんね〜。私も、どちらかというと、管楽器のセレナーデを聴くことが多いかもしれません。ですが、この曲を昨日、帰りの車の中で聴いていて、少し驚きました。それは弦楽器の方が表情が豊かではないかな、ということだったのです。管楽器よりも本数が少ないにもかかわらず、弦楽器五本の方が表情が豊かに思ったんですよ。

管楽器にも名手がたくさんおられ、そういう方々の録音も知っているのですが、やはり弦楽四重奏団の方が音楽的に優れている場合が多いのではないかな、と思ったりも〜。

モツアルトの編曲も実に上手いものだと思います。
オーボエ、クラリネットのパートはヴァイオリンが演奏していることが多いですが、バスーンのパッセージなどはヴィオラとチェロに分けていたりもしますね〜。

第1楽章 Allegro di molto
第2楽章 Andante
第3楽章 Menuetto in canone - Trio in canone al roverscio
第4楽章 Allegro

この曲は、オーボエの名手(管楽器の名手と言えると思いますし、弦楽器奏者の名手に匹敵する奏者だと思います)のハインツ・ホリガーが『オーボエ五重奏曲』で演奏しているものがありますよ。この演奏も、実に素晴らしいものですよ。

モーツァルト:オーボエ四重奏曲
モーツァルト:オーボエ四重奏曲
クチコミを見る


管楽器のセレナーデでは、それぞれの管楽器の長所を生かした曲で、それも良い曲だと思います。ですが、均質性を考えると、弦楽器の室内楽に匹敵するほどの名曲はそれほどにはないのではないかな、と思います。

このブダペスト四重奏団にトランプラーが参加したもの、このブログでは一曲を取り上げましたが、この曲も実に良い演奏をしていますね〜。
ヴァイオリンのロイスマン、シュナイダー、実に上手いものですね、それに味わいも深いものです。昨日のウィーン・コンツェルトハウスとは、味わいは異なるものですが、何とはなしに、同時代の色のようなものも感じます。

この曲は原曲の方が良いと、これまで思ってきましたが、この演奏を聞いて、編曲版も面白いと感じています。スメタナ四重奏団+ヨゼフ・スークはどんな演奏をしていたのか、聴いてみたくなりました〜。

♪♪♪♪♪
昨日は8時前に出て、仕事先には9時前に着きました。
仕事は11時からなのですが、早めにいって仕事の準備をしています。
11時から2時半頃までの仕事、それから休憩で6時から9時までです。
どうしても帰りが遅くなります。去年は夜の仕事は外されていましたので、楽だったのですが、今年は夜の仕事が月曜と火曜(火曜は夜だけです)にあります。
なかなか仕事は難しいもので、自分で上手く行っているかどうかは分かりません。

昨日は、練習での失敗でのこと、温かいコメントをいただきありがとうございました。m(_ _)m
昨日、京都のオッチャンにメールしてアドバイスをしてもらったのですが、言ってくれていることは分かるのですが、きっと譜面を知らないだろうと思い、昨日は休憩時間に電話してみました。昨日はオッチャンの休みの日でいました。オッチャンもその曲のスコアをPCで見てくれて、二人で話をしました。オッチャンはメールでは「スコアをすべて覚えてしまえ」という考えでした。
ですが、その箇所のスコアを見て、意見を変えました。
「ここは数えても、覚えても無理やね」とオッチャンも〜。
ピアノのソロが終わり、ある楽器の吹き伸ばし(弾き延ばし)、5拍の同じ音が続き、その後に他の楽器が動き出します。そのときのテンポを指揮者が示してくれないと、その弾き延ばしにリズム感がなくなってしまい、数えにくくなるのです。音が伸びているだけなので、指揮者は何も振らないことが多いです。ですが、振ってもらわないと、どんなテンポになっているのか、分かりません。それで、私も分からなくなったんだと思います。
「これはしゃあないな、指揮者に振ってくれ、と言わんとアカンかもしれへんね」と、オッチャンも〜。

京都のオッチャンとはもう何十年の付き合いですが、音楽のことを良く知っていて、演奏はともかく、その耳や音楽は信頼しています。
自分がどうして落ちたのか、良く分かって、今度の練習の方針も分かりました。Mさん、おおきに〜。

そういえば、私の住んでいる市から、かの有名な「定額給付金」の申請書が届きました。非常に厄介ですよ;; 身分証明、預金通帳の写しなどを添付しないといけないようです。昨日、仕事場の友人に聞きましたら、彼にも届いたとのことですが、聞いてみると、私の市とは形式が違うようでした。こんなもの、何の効果があるんでしょうか、愚策として思えませんが〜。

『女の道は一本道にございます。定めに背き、引き返すは恥にございますよ』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(「篤姫」が終わってしまったのが残念なのは私だけでしょうか〜。)

火曜は毎週、出かけるのが午後の3時半頃になります。どうしても出かけるのが遅いと、「行きたくない病」が出ていたりもしたのですが、今年はどうでしょうか? 行きたくなくなったら、その時点で家を出ようと思っています。出かけて、どこかで時間つぶしをしようと思っています〜。

今日は、どんな一日でしょうか? 

沖縄旅行まであと3ヶ月ですね、爆〜。
だんだん近づいてきていますよ〜。

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。
もう10位以内は難しいかもしれませんね〜 
皆さんの応援で、20位以内に留まっています〜。
さらなる応援を宜しくお願いしますぅ 〜〜  m(_ _)m  

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね。ミ(`w´彡) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)


コミックの『のだめカンタービレ』第21巻が、発売されましたよ(^o^)
読みましたが、やはり日本編の方が面白かったように思いますね〜。
第22巻が発売予定になっていますね、予約が始まっています〜。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

来年は、映画版が封切られるそうですね〜。(^o^)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。
初芝居は、愛之助ちゃんの後援会に頼みました。
後援会から、愛之助ちゃんの紋が散らしてある、コーヒーカップが届きました。クリスマス・プレゼントかもしれませんね〜。

2月の花形歌舞伎の観劇記を書いています〜。

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
クチコミを見る


かなり面白いですよ。再読しています。
本当に、学ぶことが多くある本ですよ〜。
色々とマスコミでは知り得ない情報も教えてもらえますよ〜。

新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫)
新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫)
クチコミを見る


今朝、読み終わりました。ドラマよりも先に読まなくて良かったと思っています。ドラマと原作では、篤姫の考え方も異なっています。ドラマと原作は別物ですね〜。

NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第弐集 [DVD]
NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第弐集 [DVD]
クチコミを見る


「篤姫」第弐集、ようやく発売されました。もう大分前に予約しておいたのですよ、やっと昨日届きました。アマゾンはペリカンさんから佐○に配送業者が変わったようです。また佐○と揉めました、爆〜。
初回限定版で、オマケがついていますよ〜。オマケは何でしょうか?

環境問題はなぜウソがまかり通るのか3 (Yosensha Paperbacks)
環境問題はなぜウソがまかり通るのか3 (Yosensha Paperbacks)
クチコミを見る

このシリーズ、「嘘がまかり通る3」が出ていますね〜

これも読み始めています〜。


1

Guten Morgen!! 

今朝は、4時半頃起きです。
ちょっと起きあがりたくない病が久し振りに出たのですが、
起きあがってきました〜。

昨日も練習で上手く行きませんでした。
もうアカンかな、と思ったりもしています〜。(>_<)

♪♪♪♪♪
今朝も、シュベルトです。落ちこんだときは、ゼルキン師のベトベンだったのですが、今朝はシュベルトにしました。

シューベルト:弦楽五重奏曲
シューベルト:弦楽五重奏曲
クチコミを見る

(アマゾンでは廃盤ですが、HMVではまだ入手できますよ)

フランツ・シュベルト: 弦楽五重奏曲 ハ長調 作品163 D.956

ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団

アントン・カンパー(第1ヴァイオリン)
カール・マリア・ティッシュ(第2ヴァイオリン)
エーリッヒ・ヴァイス(ヴィオラ)
フランツ・クヴァルダ(チェロ)
ギュンター・ヴァイス(第2チェロ)
(録音:1950年のようです、モノラル録音です)

この曲を知ったのは、去年です。それから色々な団体の演奏を聴いてきています。どの演奏にもその良さがあるように思います。
これまで、クリーヴランド四重奏団(ヨー・ヨー・マ)、ハイフェッツの演奏、ヴェラー四重奏団の演奏を聴いてきていますね〜。
いずれも素晴らしい演奏であったと思います。

このウィーン・コンツェルトハウスのCDも、去年入手していたと思いますが、ブログに取り上げていませんでした。アマゾンで去年12月21日に注文していました〜。

ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団を知ったのも、ブログ仲間の方の記事やコメントからでした。これは良い演奏を知った、と本当にうれしく思っています。

これまで、ヴィーンのカルテットはほとんど聴いてきませんでした。ですが、ヴェラー四重奏団の演奏を聴いて、こんなに上手いところが合ったのかと驚きました。そして、このウィーン・コンツェルトハウス四重奏団です。ハイドン、シュベルトの弦楽四重奏曲を聴いてきています。いずれも素晴らしい演奏です。

ヴィーンのカルテットは音程が悪いと、ある団体の演奏(有名なところですが)を聴いて、勝手に思いこんでいました。私の勝手な思いこみです。
ブッシュ四重奏団も、昔の演奏だし、音程などが悪いだろうと勝手に思いこんでいました。これも勝手な思いこみでした。
思いこみほど怖いものはありませんね〜。

人間、すべて色眼鏡(主観といえるものかもしれませんが)を通してしか、ものを見ることは出来ないと思っていますが、その色眼鏡でも、訂正することも出来るのだと思います。

この曲に関しては説明が要らないですよね〜。
シュベルト晩年の名作の一つですよね。シュベルトの晩年の曲は、ある何とも言えない暗さが支配している曲が多いのですが、この曲は珍しく明るい曲ですね〜。あの有名な交響曲第8番(第9番)の完成の直後に作曲されたものだそうですね〜。

第1楽章  アレグロ・マ・ノン・トロッポ Allegro ma non troppo
第2楽章  アダージョ Adagio
第3楽章  スケルツォ・プレスト − トリオ(アンダンテ・ソステヌート) Scherzo: Presto – Trio: Andante sostenuto
第4楽章  アレグレット Allegretto

アルトゥール・ルービンシュタインは、自らの葬儀にこの第2楽章を流すように要望したそうですね、実際にそうされたのかは分からないですが〜。

この四重奏団の演奏、派手さはありませんが、どう言ったら良いのでしょうか、安心感を感じます。聴いていて、疲れません。良い演奏だけど、何度も聴くのは辛い演奏もありますよね、ですが、この演奏にはそういうところがありません。きっと室内楽を本当に楽しみながら演奏しておられたのではないかな、と思ったりもします。

音楽の厳しさ、音楽を作っていく際の努力はもちろんされていると思いますが、それが演奏には出ていないように思います。
自分でも音楽をしていて、かなり厳しいなと思うこともあるのですが、そういうことを微塵の感じさせない演奏です。

当たり前のことを当たり前のようにやっておられます。
これこそ、プロなんだと思います。

演奏の細かな点については書けませんでした。

♪♪♪♪♪
昨日も練習がありました。5月の初めに演奏会がある団体です。団員になっているのかどうか分からないのですよ、他の団員の方と話をすることもまったくありませんので、分かりません、爆〜。

どうも集中力が続きません、この団体での練習では〜。
昨日は12時過ぎに練習場に行っていました。私の出番は、練習の一曲目と、練習の最後です。1時半頃から3時頃まで練習、その後、5時半頃まで出番なし、それから30分ほどの練習、こういう降り番のある練習、しかも個人練習が出来ません。昨日は読書をしようと思っていたのですが、本を持っていくのを忘れました;; で、少し音楽を聴きながら車の中で、ウトウトしていたのですが、寝不足です〜。

あれほどCDを聴いたりして、数を数えていたのですが、2カ所嫌なところがあるのですが、1カ所は指揮者も入りの合図をしてくださり、大丈夫だったのですが、2カ所目は、ダメでした;; 繰り返しの練習があったので「もう一度やっていただけませんか?」と指揮者に言ったのですが、やってもらえませんでした;; もう一度やって何とかなると、気分的にも楽なのですが〜、こちらの都合だけでは練習はできませんよね〜。
CDをもう聴くのもしんどいです。やはり実際に演奏するのとは違いますから〜。練習の中で覚えていきたいのですが、そういう練習はしてもらえないようです。一ヶ月に一度の練習ですから〜。

もう引退かな、と思ったりもします。新しい楽器は誰にも気づいてもらえません、爆〜。同じ色ですし分かりにくいのかもしれませんが〜。話をする隣の方に「何か変わっているの感じませんか?」と聞いてみましたが、「分かりませんよ、色も同じだし、少しケースが変わったかなと思ったくらいで」と〜。かなり音も音程も変わったと思うのですが、気づいてもらえないのは残念ですよね〜。

気分を取り直して、また復習をします。これで終わるのはシャクです、爆〜。でも、かなり落ちこんでいるのも確かです。何でなんでしょうか、あの団体の時だけです、落ちるのは〜。他では落ちたことなど皆無に近いのですが〜。日曜の午後というのが問題なのでしょうか?
分かりません。でも、まだ新しい楽器を買ったばかり、これで引退はしたくないですよね〜。もっと確実になるまで、曲を覚えるしかないですね〜。

もうダメかなと思ったりもします。
でも、まだ頑張りたい気もします。どうも、あそこの練習に行くと落ちこんで帰ってくるような気もします。どうしてかな??

落ちこんでいます (^^;)

昨日は練習に出かけたのが11時半、帰ってきたのが7時です。でも、練習した時間は2時間弱ですよ。
昨日は早めに寝ました。落ちこんで〜。

でも、今日も仕事です。

『女の道は一本道にございます。定めに背き、引き返すは恥にございますよ』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(「篤姫」が終わってしまったのが残念なのは私だけでしょうか〜。)

月曜の今日は、早出で、夜が遅くなります。帰りは10時を過ぎると思います。しんどい一日ですが、気を取り直して〜

今日は、どんな一日でしょうか? 

沖縄旅行まであと3ヶ月ですね、爆〜。
だんだん近づいてきていますよ〜。

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。
もう10位以内は難しいかもしれませんね〜 
皆さんの応援で、少し上がっています。
さらなる応援を宜しくお願いしますぅ 〜〜  m(_ _)m  

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね。ミ(`w´彡) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)


コミックの『のだめカンタービレ』第21巻が、発売されましたよ(^o^)
読みましたが、やはり日本編の方が面白かったように思いますね〜。
第22巻が発売予定になっていますね、予約が始まっています〜。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

来年は、映画版が封切られるそうですね〜。(^o^)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。
初芝居は、愛之助ちゃんの後援会に頼みました。
後援会から、愛之助ちゃんの紋が散らしてある、コーヒーカップが届きました。クリスマス・プレゼントかもしれませんね〜。

2月の花形歌舞伎の観劇記を書いています〜。

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
クチコミを見る


かなり面白いですよ。再読しています。
本当に、学ぶことが多くある本ですよ〜。
色々とマスコミでは知り得ない情報も教えてもらえますよ〜。

新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫)
新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫)
クチコミを見る


今朝、読み終わりました。ドラマよりも先に読まなくて良かったと思っています。ドラマと原作では、篤姫の考え方も異なっています。ドラマと原作は別物ですね〜。

NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第弐集 [DVD]
NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第弐集 [DVD]
クチコミを見る


「篤姫」第弐集、ようやく発売されました。もう大分前に予約しておいたのですよ、やっと昨日届きました。アマゾンはペリカンさんから佐○に配送業者が変わったようです。また佐○と揉めました、爆〜。
初回限定版で、オマケがついていますよ〜。オマケは何でしょうか?


環境問題はなぜウソがまかり通るのか2 (Yosensha Paperbacks)
環境問題はなぜウソがまかり通るのか2 (Yosensha Paperbacks)
クチコミを見る


このシリーズ、「嘘がまかり通る3」が出ていますね〜


荷風語録 (岩波現代文庫)
荷風語録 (岩波現代文庫)
クチコミを見る


CDの山を少し整理しました。
すると、この本が出てきました、爆〜。

3

Guten Morgen!! 

今朝は、4時半頃起きです。
昨日は寝たのが1時頃かもしれませんです〜
大丈夫かな?

小さなアンサンブルの練習から帰ってきたのが10時半頃〜
その後、遅い夕食です。
寝るのが少し遅くなりますよね〜。

♪♪♪♪♪
今朝は久し振りにシュベルトです〜。

シューベルト:ヴァイオリンとピアノのための作品集(再プレス)
シューベルト:ヴァイオリンとピアノのための作品集(再プレス)
クチコミを見る


フランツ・シュベルト: 二重奏曲(ソナタ) イ長調 D.574(作品162)
ミシェル・オークレール(ヴァイオリン)
ジュヌヴィエーヴ・ジョワ(ピアノ)

ミシェル・オークレールさんのヴァイオリンを教えてくださったのは、ブログにコメントをいつもくださる方ではなかったかと思います〜。

このCDは、アマゾンで去年の9月12日に買っています(アマゾンは買ったものには、そういう注文状況が出てきます、これは便利ですね、私のように、何を買ったのか、忘れてしまっている人間には〜)。

『幻想曲』(ハ長調)を聴きたいと思って買ったのだと思います。ハイフェッツの演奏、アドルフ・ブッシュの演奏を聴いていて、他の演奏も聴いてみたくなったのだと思います。アドルフ・ブッシュとゼルキン師の演奏は、至高の音楽を時を越えて奏でていること、そのことに関しては、私は今も意見は変わっていません。ですが、他の演奏も聴きたいですよね〜。

この曲は、シュベルト20歳の頃の作品のようです。
1817年に作曲されたようです。それまでの『ソナチネ』よりは、技巧的にも面白く書かれているようです。

第1楽章 アレグロ・モデラート
第2楽章 スケルツォ
第3楽章 アンダンティーノ
第4楽章 アレグロ・ヴィヴァーチェ

このCDは、シュベルトがヴァイオリンのために書いた全作品が収録されています。シュベルトのヴァイオリン曲を聴くのには適したCDですよね〜。

そういえば、ゴールトベルクとルプーが演奏しているシュベルトも注文しているのですが、まだ届いておりません。

オークレールさんに関しては、『幻想曲』について書いたときに経歴などをあげたと思います。ジャック・ティボーに師事し、パリのコンセルヴァトワールを出て、その後、母校で教えられていたとのことですね。

オークレールさんの演奏に関しては、アマゾンなどではひどいレビューが載っていたりするのですが、決して、下手な演奏家であるとは思いません。もちろん、グリュミオー、シェリング、大御所のハイフェッツのようなテクニークは持ち合わせておられないかもしれません。ですが、このシュベルトの演奏では、実に音楽性豊かな演奏をしておられると思います。

疲れた夜などに、取り出して聴くのに、適した曲であり、演奏であろうかと思います。
テクニーク面で難があるとは、私は思いません。ちょっとだけ音程感が甘いかな、と思ったりする箇所もありますが、シュベルトの歌心をしっかりと伝えてくれている演奏だと思います。

どの楽章も、シュベルトらしい歌に満ちあふれた名曲の一つだと思います。ヴァイオリン奏者はその技巧を示すことはあまり出来ませんから、こういう曲は録音に取り上げられないのかもしれませんが、こういう曲をしっかりと演奏する方が難しいのではないかな、と思います、音楽としては簡単な曲の方が難しいと思うんですよ〜。

この曲の後には『ソナチネ 第1番』は収録されています。
実は、私は子供の頃といっても、少しヴァイオリンを習うには年を食っている頃に、ヴァイオリンを何年間か習ったことがあります。続けていれば、どうなっていたでしょうか? 今の楽器との出会いはなかったかもしれません。レッスンを毎週受けていたんですよ。そのレッスンで習った曲だと思います。懐かしさで一杯です。青春を振り返るようになると、年でしょうが、爆〜。

シュベルトの音楽は本当に良いですね〜。(^o^)

♪♪♪♪♪
昨日は練習の土曜日です。
喫茶店が定休なので、ファミレスでモーニングをした後、帰ってきて、いつもの報道番組を見て、9時過ぎから練習を始めました。
基礎練習、音階練習の前に、五度、オクターブの練習をするようにしています。その後でデタッシェ、音階練習、またデタッシェ、その後、デタッシェの難しい箇所をゆっくりとしたテンポで、1小節ずつさらっています。

なんとはなしに、リヴィングの床に箱に入れて積んであるCDの山、それをちょっとだけ整理しようかと思ってやりだしたら、大変でした;;
埃、ゴミを掃除機で掃除しながらです、爆〜。疲れてしまいました、爆〜
1時間くらい掃除をしたように思います〜。

練習は1時間半ほどだったかもしれません。
お昼を食べてからは、2時間ほど昼寝をして、3時過ぎに起きあがって、少し音楽を聴いて、また1時間ほど練習をしました。今度は、リードを少し削ったりもしました。新しい楽器はリードを選ばないのですが、もう少しピアノを出したいな、楽に演奏したいと思って、少し重かったリードを軽くしました。

5時過ぎに小さなアンサンブルの練習へ〜
N市、生まれ故郷の市の公民館での練習です。
つまらないお話しが皆無の練習で、かなり疲れます、爆〜。
後半は疲れてきていました。集中力が続かなくなってきているかもしれません。
終わって帰ってきたのが、10時半頃です。帰りは半時間ほどで帰ってこられるのですが〜。
ちょっと寝不足ですが、今日も練習があります。5月の初めに演奏会がある団体の練習で、ここは月一回の練習です。演奏会前は少し練習が増えるようですが〜。

今朝も、インタビュー番組を見ながら、このブログを書いています。
この前の「ミサイル騒動」=「戦争ごっこ」のことに関して、元衆議院議員の野中広務さんが警鐘を鳴らしておられます。氏は、常に自衛隊(自衛軍??)を海外に派兵することには一貫して反対しておられます。戦争に道を開くような法整備に対しても、氏は一貫して反対をしておられます。こういう主張をされる政治家が非常に少なくなってきています。戦争を経験した世代がこれからどんどんと亡くなって行かれると思いますが、その思いを私たちが受け継いでいかないといけないと思っています。

『女の道は一本道にございます。定めに背き、引き返すは恥にございますよ』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(「篤姫」が終わってしまったのが残念なのは私だけでしょうか〜。)

今日も午後の1時から練習があります。この前の練習では大事なところで落ちてしまった練習でした。今回は少しはマシな演奏が出来ればと思っています。少し離れていますから、11時半頃には出かけようと思っています。初めと最後に出番があるだけなんですよ、合間はどうしましょうか、読書でもしようと思っています。

今日は、どんな一日でしょうか? 

沖縄旅行まであと3ヶ月ですね、爆〜。
だんだん近づいてきていますよ〜。

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。
もう10位以内は難しいかもしれませんね〜 
皆さんの応援で、少し上がっています。
さらなる応援を宜しくお願いしますぅ 〜〜  m(_ _)m  

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね。ミ(`w´彡) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)


コミックの『のだめカンタービレ』第21巻が、発売されましたよ(^o^)
読みましたが、やはり日本編の方が面白かったように思いますね〜。
第22巻が発売予定になっていますね、予約が始まっています〜。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

来年は、映画版が封切られるそうですね〜。(^o^)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。
初芝居は、愛之助ちゃんの後援会に頼みました。
後援会から、愛之助ちゃんの紋が散らしてある、コーヒーカップが届きました。クリスマス・プレゼントかもしれませんね〜。

2月の花形歌舞伎の観劇記を書いています〜。

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
クチコミを見る


かなり面白いですよ。再読しています。
本当に、学ぶことが多くある本ですよ〜。
色々とマスコミでは知り得ない情報も教えてもらえますよ〜。

新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫)
新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫)
クチコミを見る


今朝、読み終わりました。ドラマよりも先に読まなくて良かったと思っています。ドラマと原作では、篤姫の考え方も異なっています。ドラマと原作は別物ですね〜。

NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第弐集 [DVD]
NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第弐集 [DVD]
クチコミを見る


「篤姫」第弐集、ようやく発売されました。もう大分前に予約しておいたのですよ、やっと昨日届きました。アマゾンはペリカンさんから佐○に配送業者が変わったようです。また佐○と揉めました、爆〜。
初回限定版で、オマケがついていますよ〜。オマケは何でしょうか?


環境問題はなぜウソがまかり通るのか2 (Yosensha Paperbacks)
環境問題はなぜウソがまかり通るのか2 (Yosensha Paperbacks)
クチコミを見る


このシリーズ、「嘘がまかり通る3」が出ていますね〜


荷風語録 (岩波現代文庫)
荷風語録 (岩波現代文庫)
クチコミを見る


CDの山を少し整理しました。
すると、この本が出てきました、爆〜。


3

Guten Morgen!! 

今朝は、4時頃起きです。

昨日は仕事から帰ってきたのが6時頃です。
夕食を食べてからは、まったりとした時間を過ごしました〜。

♪♪♪♪♪
今朝はバッハです。久し振りかもしれません。少しずつ聴いてきています〜。

Bach: Matthaeus-Passion
Bach: Matthaeus-Passion
クチコミを見る

(HMVではまだ在庫があるようです。3200円ほどです〜)

J・S・バッハ:『マタイ受難曲』 BWV.244
ペーター・シュライアー 指揮 シュターツカペレ・ドレースデンの演奏です。

ペーター・シュライアー(T)
テオ・アダム(Bs)
ルチア・ポップ(S)
マルヤーナ・リポヴシェク(A)
エバーハルト・ビュヒナー(T)
オラフ・ベーア(Br)
ロバート・ホル(Bs)、他
ライプツィヒ放送合唱団 ドレーストナー・カペレクナーベン(ドレースデン児童合唱団)
(録音:1984年8&9月 ドレースデンのルカ教会で録音されています。デジタル録音だそうです)

『マタイ受難曲』 これまであまり聴いてきていない曲です。確か、ショルティ盤は出たときに買った覚えがありません。ですが、あまり聴いてはいません。

シュライアーさんが指揮しているバッハ、ブログ仲間の方に教えて貰い『ミサ曲 ロ短調』 は聴いています。実に充実した演奏でした。『ミサ曲 ロ短調』はわりあいよく聴く曲で、色々な演奏を持っているかと思います。

東西ドイツが再統一されたのは1990年ですね。この録音の頃は、あの壁がなくなるなどとは思いもかけなかった頃かもしれません。私も、生きている間に東西ドイツが統一されるなどは思いもかけませんでした。

最近、東ドイツの演奏家の演奏を聴くことが多いです。そして、音楽の室の高さに驚くことが多いです。統一後は、音楽業界の不振もあり、新譜が出ることも少なくなり、元東ドイツの音楽事情はほとんど分からなくなっています。

最近よく聴いている指揮者の演奏は、ヘルベルト・ケーゲル、それにオトマール・スイトナーさんの演奏があります。ケーゲルという指揮者も、ブログ仲間に教えて貰った指揮者で、色々な演奏を集めるようになりました。このブログでまだ取り上げていない演奏もあります。スイトナーさんの演奏はこのブログでは何度も取り上げていますよね〜。

このシュライアー盤は、指揮とエヴァンゲリスト(福音史家)をシュライアーさんが兼ねておられることが一番の特徴かもしれません。
それに、東ドイツの名歌手、それに西ドイツの名歌手を集めて録音されています。

この曲では、オケストラは2組必要になります。
それぞれの組には、フルート2、オーボエ2(オーボエ・ダモーレ持ち替え)、弦5部、通奏低音、オルガン、混声合唱
(第1オーケストラは、更にリコーダー2、オーボエはオーボエ・ダ・カッチャにも持ち替える。) 少年合唱

ソリスト群:ソプラノ2、アルト、テノール(福音史家)、バス(イエス、他)

バッハ『マタイ受難曲』の詳しい解説が載っているサイトですぅ〜

曲全体は、2部に分かれているようです。
第1部は29曲、イエスの捕縛までを扱い、第2部は39曲、イエスの捕縛、ピラトのもとでの裁判、十字架への磔、刑死した後、その墓の封印までを扱っているようです。

今朝は第1部から聴き出しています。
これまで真面目な聴き手ではなかったですので、細かな部分はまだこれから勉強していかなければなりません。上のサイトは、詳しい解説があり、役に立ちそうです。

この演奏を買ったのは、シュライアーさん、それにテオ・アダムさん、何よりもルチア・ポップさんが歌っておられるからです。
この曲では、何といっても、有名な演奏は、カール・リヒターが指揮をしているものだということは知っています。きっと何処かで聴いたことがあるかとおいますが、LPでも持っていませんでしたし、CDも持っていません。これから聴いていきたい演奏ではあります。

シュライアーさんの指揮するバッハ、聴きやすいバッハです。それは『ミサ曲 ロ短調』でも感じました。いわゆるピリオド奏法とは無縁の演奏です。モダンの楽器を使っての演奏だと思います。
歌手とオケストラが良く歌っていると感じます。シュライアーさんは、テノール歌手として、オペラ、歌曲などで大活躍をされてきた歌手ですが、指揮者としても、色々な曲を録音されていますね、特にバッハの録音が多いように思います。

ようやく、第1部の終曲まで来ています。
もう一度、第1部の冒頭に戻っています。何度も、何度も聴かないと分からない曲ではないかな、と思っています。それに、何度も聴くに値する演奏であるようにも思っています。

♪♪♪♪♪
昨日は仕事自体は10時からでしたが、去年と同じ時間、7時半頃に出て、仕事先に行くことにしました。仕事先で準備もできますし〜。
仕事場は、ある方が来ると急に喧しくなります。その人からは離れていたいと願っているのですが、昨日は私の前の席に座られて、爆〜〜;;;
他の方に、「来週は私の前に座ってね」と、昨日お願いをしてきました、爆〜。

私が同席をしたくない方、もう70歳に近いですが、人を商売の道具としか見ておられない方です。その点では徹底しています。そして、その「商売」には非常に熱心です、爆〜。私は長年、その方を見てきています。もう20年以上になるかと思います。ですが、その点だけはまったくお変わりになられません。言っておられることは、カメレオンのように変わって行かれますが、爆〜。一貫性がない、節操がないという点では、一貫性をお持ちの方です。その点では尊敬に値すると言えるかもしれませんが、爆〜。

私は出来うる限り、「仕事には誠実でありたい」と願っています。
毎年、同じ曜日にはほぼ同じ方々が来ておられることが多いのですが、今年はかなり変わりました。私が尊敬している方は、今年はご一緒できません、残念ですが〜。

若い方と昨日は少し話をしました。真っ当な主張をされている方です。私とも意見が一致しますが、仕事の面ではあまり評価されていないと思います。私の職場での、評価の仕方は、非常に変なものです。ここでは書けませんが〜、爆〜。
私はそうした評価は、あまり考えていません。それよりも、自分が何を提供できるか、提供するものを出来るだけ良いものにしたいとは思っていますが〜。今年も、色々なことで悩みそうです、爆〜。
それが生きているということかもしれません。

昨日は仕事が終わったのは、4時半頃、5時半頃仕事先を出て、帰ってきたのは6時頃です。楽器屋からメールが来ていたので、電話して、楽器の良さを話したり、手入れで大事なことなどを聴きました。

その後、珍しく、7時から小一時間、練習しました。基礎練習です。新しい楽器に代えてからは、五度、オクターヴの音のチェックもするようになっています。

夜はまったりと過ごしました〜。

『女の道は一本道にございます。定めに背き、引き返すは恥にございますよ』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(「篤姫」が終わってしまったのが残念なのは私だけでしょうか〜。)

仕事が始まって、まだ1週間が経っていません。来週の火曜日で一週間が経ちます。まだ一週間が経ってみないと分からないことが多いです。
土曜日は、練習の日と決めています。午前中、午後にも練習します。明日は、他の団体の練習もあります。午後から6時頃まで〜。
今日はしっかりと昼寝もしないといけないですよね〜。

今日は、どんな一日でしょうか? 

沖縄旅行まであと3ヶ月ですね、爆〜。
だんだん近づいてきていますよ〜。

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。
もう10位以内は難しいかもしれませんね〜 
皆さんの応援で、少し上がっています。
さらなる応援を宜しくお願いしますぅ 〜〜  m(_ _)m  

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね。ミ(`w´彡) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)


コミックの『のだめカンタービレ』第21巻が、発売されましたよ(^o^)
読みましたが、やはり日本編の方が面白かったように思いますね〜。
第22巻が発売予定になっていますね、予約が始まっています〜。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

来年は、映画版が封切られるそうですね〜。(^o^)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。
初芝居は、愛之助ちゃんの後援会に頼みました。
後援会から、愛之助ちゃんの紋が散らしてある、コーヒーカップが届きました。クリスマス・プレゼントかもしれませんね〜。

2月の花形歌舞伎の観劇記を書いています〜。

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
クチコミを見る


かなり面白いですよ。再読しています。
本当に、学ぶことが多くある本ですよ〜。
色々とマスコミでは知り得ない情報も教えてもらえますよ〜。

新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫)
新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫)
クチコミを見る


今朝、読み終わりました。ドラマよりも先に読まなくて良かったと思っています。ドラマと原作では、篤姫の考え方も異なっています。ドラマと原作は別物ですね〜。

NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第弐集 [DVD]
NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第弐集 [DVD]
クチコミを見る


「篤姫」第弐集、ようやく発売されました。もう大分前に予約しておいたのですよ、やっと昨日届きました。アマゾンはペリカンさんから佐○に配送業者が変わったようです。また佐○と揉めました、爆〜。
初回限定版で、オマケがついていますよ〜。オマケは何でしょうか?


環境問題はなぜウソがまかり通るのか2 (Yosensha Paperbacks)
環境問題はなぜウソがまかり通るのか2 (Yosensha Paperbacks)
クチコミを見る


このシリーズ、「嘘がまかり通る3」が出ていますね〜

荷風語録 (岩波現代文庫)
荷風語録 (岩波現代文庫)
クチコミを見る


CDの山を少し整理しました。
すると、この本が出てきました、爆〜。




きょう雁次郎が提出した?
でも、ぴょんはカーテンコールへ描写しなかったー。
だけど、popoki菊蔵で映画版みたいな行列するはずだったみたい。
だけど、きのうるどるふ・ぜるきんと、連絡♪

*このエントリは、ブログペットの「雁次郎」が書きました。

3

Guten Morgen!! 

今朝は、3時起きです。
今日は仕事があるのですが〜、大丈夫でしょうか?

昨日は帰ってきたのが8時頃
それから夕食、久し振りに勝っている野球の試合、爆〜。

11時前には寝たように思います〜。
ちょっと寝不足ですね〜。

♪♪♪♪♪
今朝も、ヴァーグナーです。クーベリックが指揮する『ローエングリン』の続きを聴いています〜。第3幕、昨日の仕事の帰りに聴き出しました。

Richard Wagner: Lohengrin
Richard Wagner: Lohengrin
クチコミを見る


R・ヴァーグナー: 『ローエングリン』 第3幕
ラファエル・クーベリック 指揮 バイエルン放送響の演奏です。

ジェイムズ・キング(T:ローエングリン)
グンドゥラ・ヤノヴィッツ(S:エルザ)
グィネス・ジョーンズ(S:オルトルート)
トマス・ステュアート(Br:テルラムント)
カール・リッダーブッシュ(Bs:国王ハインリヒ)
ゲルト・ニーンシュテット(Bs:軍令使)、他

バイエルン放送合唱団
(録音:1971年 ミュンヘン、ヘルクレスザール[ステレオ])

ようやく第3幕まで来ました〜。あるCDを探していて、『ローエングリン』、他のCDも持っていることが判明しました。ヨッフムがバイロイトで指揮したもので、1954年のライヴ録音です。エールザがニルソンさん、ローエングリンはヴィントガッセンさん、オルトルートはヴァルナイさんです。このCD、真面目に聴いてきていなかったような、(^^;) 。

Wagner: Lohengrin
Wagner: Lohengrin
クチコミを見る


持っているのも忘れていたような〜 爆〜。
アマゾンで2004年に買ったもののようです。

第3幕

第1場
華々しい前奏曲のあと、『婚礼の合唱』(いわゆる「ワーグナーの結婚行進曲」)。


この前奏曲は単独で演奏されるものですよね、実に格好良く書けているものだと思います。勇壮な主題の後、トリオに入ってからのオーボエの旋律も良いですね〜。
ここでの「結婚行進曲」は、メンデルスゾーンの『夏の夜の夢』の「結婚行進曲」と並んで、ものすごく有名なものですが、この後、ローエングリンとエールザは別れることになるのですから、本当は不吉なものなんですよね〜。実際の結婚式でも使われることがありますが、あまり良くはないですよね〜。


第2場
エルザと騎士は初めて二人きりになる。騎士はエルザに疑いの心を持たないように説く。しかし、エルザは次第に不安が募り、とうとう騎士の素性を問いつめる。困惑する騎士。そこへフリードリヒが仲間の貴族を率いて乱入する。騎士はフリードリヒを一撃で倒すと、エルザを着替えさせるよう命じる。


ここでは、ローエングリンとエールザの二重唱が主となっていますね。
ヤノヴィッツさんのエールザ、良いですね。本当に美声だと思います。ヴァーグナーの二重唱では声が重なり合うことが意外に少ないですが、この部分では二つの声が混じり合っていて、実に美しいですね〜。

『ローエングリン』、割と退屈なオペラとこれまで思ってきていましたが、そんなことはないと、このクーベリック盤は教えてくれました。
この辺りは、ヴァーグナーが書いた二重唱の中でも出色のものかもしれませんね〜。実に美しいです(陳腐な表現ばかりですが〜)。

エールザがローエングリンの名前を聞きたくなるのは、無理からぬことですよね、しかも、それをけしかけるものがいると〜。


第3場
場面転換の間奏はトランペットとティンパニの壮大なファンファーレ。第1幕と同じスヘルデ河畔。ハインリヒ王の前で、騎士は、自分はモンサルヴァート城で聖杯を守護する王パルツィヴァルの息子ローエングリンだと名乗る。白鳥が小舟を曳いて迎えにやってくる。オルトルートはあざ笑うが、ローエングリンが祈りを捧げると、白鳥は人間に姿を変える。白鳥は、オルトルートの魔法によって行方不明にされていたゴットフリートだった。叫び声を上げて倒れるオルトルート。ローエングリンが去り、エルザもまたゴットフリートの腕の中で息絶える。


場面転換の音楽は、実に勇壮な音楽です。バイエルン放送響、上手いですね〜、まぁ、CDになっている演奏で下手くそなのはないと思うのですが〜。

国王ハインリッヒのリーダーブッシュさん、手堅いですよね〜。
全盛期にはバイロイト、カラヤンとの録音で大活躍だったですよね〜。

ジェームズ・キングさんのローエングリン、初めて聴きましたが、やはりショルティ盤のローエングリン役を歌っている歌手よりは格段に良いですね〜。
この幕は出ずっぱりで、ずっと歌っていないといけない役ですよね。ライヴでは大変なんでしょうね〜。ヘルデンテノール役のジークフリート、タンホイザーなどは歌われたことがあるのかどうか、分かりませんが、ジークムント、このローエングリン役は、はまり役だと思います。

第1幕の前奏曲で使われていた美しい和音に乗って、名乗りをするところは、オケストラの伴奏も相まって、実に美しいです(いったい何度、同じことを書けば気が済むのかと〜 恥ずかしくなりますが〜)。

ジョーンズさんのオルトルートも良いですね〜、このオペラの主役級の方々の歌唱は、その役柄をしっかりと表現しておられますね〜。
これは、クーベリックの功績もあるのかもしれませんね〜。

『ローエングリン』は、久し振りで真面目に聴いた感じがしています。このブログを書くために、どの幕も何回か聴きました。ヴァーグナーは何とも言えず、魔法の力を持っていますね〜。聴き手を捕らえて離さないところがありますね〜。

♪♪♪♪♪
昨日は早出です、それに市外での仕事なので、喫茶店を休んで、6時半過ぎに仕事に出かけました。高速を降りてから、吉野家の朝定食です。お箸が割り箸でなくなっていますが、食べにくいですね。滑りやすい箸です、使い回していくようですね、割り箸は間伐材で作られているので、資源の有効利用だと思うのですが〜。

仕事先には8時頃に到着、仕事は9時から1時前までびっちりありました。少し空きがあり、5時半頃まで続きました。後はサーヴィス残業です、昨日は6時半過ぎまでいました。帰りは眠くなることがあるので、高速に乗ってすのSAでアイスを食べて、少し休憩しました。

帰ってきたのは8時過ぎで、遅めの夕食、面白い番組もなく、ニュースも野球の話ばっかりで、早めに寝たと思いますが、11時過ぎだったかもしれません。

楽器屋から、振り込みありがとうございます、のメールが来ていました。
かなり高額の楽器ですから、それくらいは来ますよね〜。
大事に使わないといけないと思っています〜。

『女の道は一本道にございます。定めに背き、引き返すは恥にございますよ』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(「篤姫」が終わってしまったのが残念なのは私だけでしょうか〜。)

今日は、新年度の2日目です。明日、明後日は定休になります。
今日は実は早出ではないのですが、早めに行って仕事の準備をしようと思っています。去年と同じく、7時半頃に出ようと思っています〜。

今日は、どんな一日でしょうか? 

沖縄旅行まであと3ヶ月ですね、爆〜。
だんだん近づいてきていますよ〜。

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。
もう10位以内は難しいかもしれませんね〜 
20位くらいまでに沈んでしまっています;;
さらなる応援を宜しくお願いしますぅ 〜〜  m(_ _)m  

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね。ミ(`w´彡) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)


コミックの『のだめカンタービレ』第21巻が、発売されましたよ(^o^)
読みましたが、やはり日本編の方が面白かったように思いますね〜。
第22巻が発売予定になっていますね、予約が始まっています〜。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

来年は、映画版が封切られるそうですね〜。(^o^)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。
初芝居は、愛之助ちゃんの後援会に頼みました。
後援会から、愛之助ちゃんの紋が散らしてある、コーヒーカップが届きました。クリスマス・プレゼントかもしれませんね〜。

2月の花形歌舞伎の観劇記を書いています〜。

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
クチコミを見る


かなり面白いですよ。再読しています。
本当に、学ぶことが多くある本ですよ〜。
色々とマスコミでは知り得ない情報も教えてもらえますよ〜。

新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫)
新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫)
クチコミを見る


今朝、読み終わりました。ドラマよりも先に読まなくて良かったと思っています。ドラマと原作では、篤姫の考え方も異なっています。ドラマと原作は別物ですね〜。

NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第弐集 [DVD]
NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第弐集 [DVD]
クチコミを見る


「篤姫」第弐集、ようやく発売されました。もう大分前に予約しておいたのですよ、やっと昨日届きました。アマゾンはペリカンさんから佐○に配送業者が変わったようです。また佐○と揉めました、爆〜。
初回限定版で、オマケがついていますよ〜。オマケは何でしょうか?


環境問題はなぜウソがまかり通るのか2 (Yosensha Paperbacks)
環境問題はなぜウソがまかり通るのか2 (Yosensha Paperbacks)
クチコミを見る


このシリーズ、「嘘がまかり通る3」が出ていますね〜

<ちょっと一言>
このブログを始めて、来月の5日で、4年目に入ります。
早いものですね、丸三年が経とうとしています。
初めの頃は、ほんの少しの記事だけだったです。
段々長くなってきていますね〜。
このことは、忘れないために書きました〜。

ミ(`w´彡)

3

Guten Morgen!! 

今朝は、4時半起きです。
もっと早い時間に一度起きたようなんですが
もう一度寝ました〜。
昨日は9時過ぎには寝たんですよ、眠くなって〜。

今日は新年度の仕事の初日です。
少し緊張しています〜。

♪♪♪♪♪
今朝は、ギレリスの演奏するベトベンのピアノ・ソナタからです〜。

Beethoven: Klavier Sonaten [Box Set]
Beethoven: Klavier Sonaten [Box Set]
クチコミを見る


ベートーヴェン:ピアノソナタ第29番「ハンマークラヴィーア」 & 第30番
ベートーヴェン:ピアノソナタ第29番「ハンマークラヴィーア」 & 第30番
クチコミを見る


ベトベン: ピアノソナタ ホ長調 第30番 作品109
エミール・ギレリス(ピアノ)
(1985年の録音のようです)

ギレリスが亡くなる年の録音ですね〜。白鳥の歌とも言える録音かもしれません。この30番は色々な演奏でこれまで聴いてきたと思います〜。
ですが、この演奏、少し前にも聴いていて、今朝、改めて聴いている訳ですが、私にとって特別なものになりそうな予感がしています。ゼルキン師の演奏、ソロモンの演奏、それに加える演奏になりそうな予感がしています〜。

第1楽章 Vivace, ma non troppo  ホ長調
第2楽章 Prestissimo  ホ短調
第3楽章 Andante molto cantabile ed espressivo (Gesangvoll, mit innigster Empfindung)  ホ長調

この第3楽章が、全体の白眉と言っても過言でないと思います。
変奏曲の形式、ベトベンが得意とした形ですね〜。
ギレリスの演奏も、ここに焦点が当たっているような演奏だと思います。
主題の歌い方、何とも言えず、味わいの深いものなんですよ。ゆったりとしたテンポで淡々と歌っています。ですが、その中にギレリスの心象風景と言っても良いもの(どんなものなのか、それは斟酌できないのですが)がしっかりと描かれているような感じがします。
ベトベンの音楽とギレリスの音楽が融合しているように感じます〜。
それぞれの変奏が実に有機的に繋がっているように感じるのです。

最後の変奏でのトリル、これが実に味わい深いものです。これほど色々な意味のつまったトリル、それほど聴くことができないものであるように思います〜。

第3楽章だけを主に書きましたが、第1楽章も第2楽章も良いものです。
第1楽章では、あの主題をフォルテで演奏する箇所、ここのタッチの素晴らしさは言葉では表せないほどです。

この演奏はまたブログに書くかもしれません。
ギレリスのベトベン、聴くのが楽しみになってきています。

今朝は早出で、少し短めです。m(_ _)m

♪♪♪♪♪
昨日も、喫茶店でモーニング、帰ってきてから、今日からの仕事の準備です。ですが、winのファイルをMacで開けようとしたら、開くものと開かないものがあるんです;; それで、相当時間を使ってしまいました;;
京都のオッチャンに聞いたりもしたのですが、分からないようで;;

そうそう、京都のオッチャンに送っておいた、新しい楽器の練習の録音、オッチャンはほとんどの音の音程が良いと言ってくれました。(^_^)v
安心しました。高い楽器で音程が悪いと言われたらショックなので〜。
私と同じ感想を持ってくれていたので、本当に安心しました。

お昼まで、仕事の準備をやって、帰ってきてからパソコンで楽器の代金を振り込みました。私の預金の残高は、アッという間に…;;;;
高いんで〜。

昨日は1時半頃から3時頃まで昼寝をして、起きあがってきて、音楽を聴きながら、仕事の準備をしました。珍しく真面目に〜。少しテレビを見て、ゆっくりしていたりも〜。

少しだけ練習しようと思いました。今日と明日は練習が出来ないかもしれないので〜。
基礎練習だけです、五度の音程、オクターヴの確認を最近しています。新しい楽器の音程に慣れるためです。問題なく音程は良いのですが〜。それに、デタッシェの難しいところの練習も〜。デタッシェも、新しい楽器はやりやすくなっています。これが高い楽器の値打ちかもしれません。

練習が終わってからは、仕事の準備はそこまでにし、お風呂、野球、どうも大量得点をされたからは消してしまいました、爆~。

昨日も書きましたが、K西の粛正された(?)芸人さんの話題、これが2チャンネルで沸騰しているそうです。言論封殺か、自業自得か〜。良く分かりませんが、何某かの力が働いているのかもしれませんね〜。今後の展開を見ていこうと思っています。

『女の道は一本道にございます。定めに背き、引き返すは恥にございますよ』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(「篤姫」が終わってしまったのが残念なのは私だけでしょうか〜。)

3月、4月初めと、ほとんど仕事がありませんでしたが、今日から新年度の仕事が始まります。少し緊張もあります。うまくいくやろうか、とか〜。
肩の力を抜いて、仕事に向かいたいとは思っています〜。

今日は、どんな一日でしょうか? 

沖縄旅行まであと3ヶ月ですね、爆〜。
だんだん近づいてきていますよ〜。

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。
もう10位以内は難しいかもしれませんね〜 
何とか20位くらいまでに沈んでしまっています;;
さらなる応援を宜しくお願いしますぅ 〜〜  m(_ _)m  

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね。ミ(`w´彡) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)


コミックの『のだめカンタービレ』第21巻が、発売されましたよ(^o^)
読みましたが、やはり日本編の方が面白かったように思いますね〜。
第22巻が発売予定になっていますね、予約が始まっています〜。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

来年は、映画版が封切られるそうですね〜。(^o^)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。
初芝居は、愛之助ちゃんの後援会に頼みました。
後援会から、愛之助ちゃんの紋が散らしてある、コーヒーカップが届きました。クリスマス・プレゼントかもしれませんね〜。

2月の花形歌舞伎の観劇記を書いています〜。

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
クチコミを見る


かなり面白いですよ。再読しています。
本当に、学ぶことが多くある本ですよ〜。
色々とマスコミでは知り得ない情報も教えてもらえますよ〜。

新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫)
新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫)
クチコミを見る


今朝、読み終わりました。ドラマよりも先に読まなくて良かったと思っています。ドラマと原作では、篤姫の考え方も異なっています。ドラマと原作は別物ですね〜。

NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第弐集 [DVD]
NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第弐集 [DVD]
クチコミを見る


「篤姫」第弐集、ようやく発売されました。もう大分前に予約しておいたのですよ、やっと昨日届きました。アマゾンはペリカンさんから佐○に配送業者が変わったようです。また佐○と揉めました、爆〜。
初回限定版で、オマケがついていますよ〜。オマケは何でしょうか?


環境問題はなぜウソがまかり通るのか2 (Yosensha Paperbacks)
環境問題はなぜウソがまかり通るのか2 (Yosensha Paperbacks)
クチコミを見る


このシリーズ、「嘘がまかり通る3」が出ていますね〜


3

Guten Morgen!! 

今朝は、深夜起きです。3時前に起きあがってきました。
昨日は11時過ぎに寝ました〜。

昼寝をたっぷりしたので睡眠時間は足りていると思うのですが〜。

♪♪♪♪♪
今朝も、ヴァーグナーです。クーベリックが指揮する『ローエングリン』の続きを聴いています〜。

Richard Wagner: Lohengrin
Richard Wagner: Lohengrin
クチコミを見る


R・ヴァーグナー: 『ローエングリン』 第2幕
ラファエル・クーベリック 指揮 バイエルン放送響の演奏です。

ジェイムズ・キング(T:ローエングリン)
グンドゥラ・ヤノヴィッツ(S:エルザ)
グィネス・ジョーンズ(S:オルトルート)
トマス・ステュアート(Br:テルラムント)
カール・リッダーブッシュ(Bs:国王ハインリヒ)
ゲルト・ニーンシュテット(Bs:軍令使)、他

バイエルン放送合唱団
(録音:1971年 ミュンヘン、ヘルクレスザール[ステレオ])

第2幕は、おどろおどろしい前奏曲の後は、オルトルートとテルラムントの二重唱で始まります。ここでは、ジョーンズさんとスチュアートさんの歌声を楽しむことができますね〜。ジョーンズさんは、大昔に『バラの騎士』のマルシャリンを聴きました、指揮はクライバーでした。ミュンヘンのシュターツオーパーの引っ越し公演であったと思います。

1971年というと、お二人ともバイロイトで大活躍をされていた頃かもしれませんね〜。


第1場
夜。アントウェルペン城内。庭の物陰で、フリードリヒは妻オルトルートに、決闘に敗れた自分が追放処分になること、エルザに弟殺しの罪を着せるようけしかけたのはオルトルートであることをもらして、悪態をつく。オルトルートは、騎士が決闘に勝ったのは魔法を使ったためであり、名前と素性を言えと迫られるか、あるいは体の一部でも切り取れば魔法が解けるという。フリードリヒは気を取り直し、2人による『復讐の二重唱』となる。


この二人の『復習の二重唱』、ヴェルディの『マクベス』、『オテロ』にも在りそうな感じの歌です〜。オルトルートがフリートリッヒをけしかけるところは怖いですね〜。オルトルートとテルラムント(フリートリッヒ)とユニゾンで歌う二重唱は怖いですね〜。


第2場
バルコニーに現れたエルザに、オルトルートは嘆いて同情の念を誘い、さらに騎士への疑念を吹き込む。オルトルートは、キリスト教以前の神々として、ヴォータン(のちに楽劇『ニーベルングの指環』にも登場する)の名を呼ぶ。


疑いを知らないエールザ、それを利用しようとするオルトルート
いずれも女性の一面を表現しているのかもしれませんね〜。
ヤノヴィッツさんとジョーンズさんの二重唱になりますが、良いですね〜。
それと、クーベリックの演奏、どちらかというと健康的な演奏が多いですが、ここでは恐ろしい音楽を作り出しています〜。曲が曲ですから〜。


第3場
夜が明け、王の伝令がフリードリヒの追放、騎士がエルザと結婚してブラバントの守護者となることを告げる。4人の貴族が東方出征への不満をもらしているところへフリードリヒが現れ、企てを話す。


この辺りは、華やかな音楽が続きますよね〜。
合唱も良いですよね〜。バイエルン放送響は普段はオペラは演奏していないと思うのですが、良い演奏をしていると思いますね〜。ミュンヘンにはシュターツオーパーのオケストラもありますが、こちらはオペラ、バレエの伴奏が中心だと思います。ですが、この放送響も良い演奏をしていますね〜。


第4場
婚礼の式のために礼拝堂へ向かうエルザ。『エルザの大聖堂への行進』の音楽。突然オルトルートが行列を阻み、エルザを罵り、素性の知れない騎士を非難する。


この『エルザの大聖堂への行進』は、有名な箇所ですよね〜。
オーボエ、クラリネットの甘い旋律を楽しむことができます〜。
オルトルートが出てくると、劇的な高まりを感じます。


第5場
ハインリヒ王と騎士がやってくるところ、フリードリヒも群衆に向かって騎士が魔法を使っていると告発し、名前と素性を明かせと迫る。動揺するエルザ。騎士はフリードリヒらをエルザから引き離し、「自分に答えを要求できるのはエルザただひとり」だと答える。2人は礼拝堂へと入っていく。


ローエングリンは、2幕では、この5場で出てきますね。ヴァーグナーのオペラでは、主役は歌いっぱなしが多いわけですが、この『ローエングリン』では、ローエングリンは、1幕も後半、2幕は最後だけ、3幕は出ずっぱりかもしれませんね〜。エールザの方は歌うところは多いようにも思いますね〜。

キングさんのローエングリンは初めて聴きますが、やはりなかなかのものですね〜。キングさんといえば、ジークムントが有名ですよね。『マイスタージンガー』のヴァルター、『ジークフリート』のジークフリート、なども歌っておられるのでしょうか?  パルジファルはクーベリック盤で歌っておられましたよね、意外にヴァーグナーのオペラのCDでは歌っておられないような感じもしますね〜。HMV、アマゾンなどを検索しましたが、あまり出てきませんでした〜。

それに、クーベリックはオペラの録音をそれほど残していないような気もしますね〜。ヴァーグナーは3つ、モツアルト『ドン・ジョヴァンニ』、意外にヴェルディが何作かありますね。録音があっても良かったと思うのは、ヤナーチェクのオペラですが、録音はありませんね〜。

2幕の最後は盛り上がりますね〜。『ローエングリン』を真面目に聴いているのは初めてのような気もします。ローマンティッシェ・オーパーと言われている意味が少し分かったような気がします〜。

ショルティ盤はほとんど聴いていないと前に書いたと思います。このクーベリック盤、良いですね、退屈せずに聴けますよ。この『ローエングリン』は意外に退屈なところがあるのですが〜。

♪♪♪♪♪
昨日も、喫茶店でモーニング、帰ってきてから、明日からの仕事の準備です。昨日は2週間ぶりの診察日だったのですが、9時過ぎに出かける予定だったので、それまで準備をしました。

お医者さんには診察開始の30分前に、この頃は出かけています。
昨日は雨だったので、待っておられる方は少なかったです。診察は1番でした。先生にはこの2週間のこと、仕事が一昨年並に戻ったこと、大きな買い物をしたことなどをお話ししました。

先生は、「仕事が増えても大丈夫な感じがしますか」と聞かれました。「今のところは大丈夫なような気がするのですが、仕事場に我慢できるかどうかが分かりません」と答えました。私にとっては仕事よりも、同僚といる仕事場の方がストレスになります。つまらない会話、それも大きな声で、爆〜。この騒音、内容が仕事に関係していることも多いので、無視できないのです。そのためにiPodを買って、音楽を聞いたりもしているのですが、音楽よりも大きな騒音が聞こえます、爆〜。
先生は、大きな買い物(楽器のことですが)に関しては、「良いのではないですか、それで気持ちを変えることが出来るかもしれませんし〜、毎年、仕事が長く休みになると、体調が崩れることが多かったですが、今年は休みが長かったにも関わらず、調子が落ちていないですよね、その点では良くなってきていると思いますよ」ということでした。
「趣味の場は、面白くないと、楽しめないと辞めるというか、行かないと決めてから、かなり楽になりました、新しい楽器でもう少し楽しめることが増えると良いなと思っています」と先生に話しました。

診察は15分くらいだったでしょうか、それから漢方薬局にいつも飲んでいるお薬を買いに行きました。いつもは電話をしておくって貰っているのですが、昨日は久し振りに買いに行きました。「このお店は6月には閉めることになりました」とのこと〜。どこも不景気なのかもしれませんね〜。
漢方薬はもう10年くらい飲み続けています。初めは目のためでしたが、段々と、体質を変えていくようなお薬を飲んでいます〜。

帰ってきて、また仕事の準備をしました。割とやっているでしょう、爆〜。
昨日は、1時過ぎから5時頃まで昼寝をしてしまいました。
どうも、昨日<ちょっと一言>で書いた話題、K西ローカルのラジオで、落語家の桂ざこばさんが触れられたそうです、ラジオをかけていたのですが、寝ていて聞いてはいません。「XX、頑張れ〜、BXXXX、バンザイ」とか叫んだようです、ざこびっちらしいですわ、爆〜。

昨日は練習を休みました。京都のオッチャンに指摘されたことが、ちょっと応えています、爆〜。でも、練習しないと、変わらないのですが〜。新年度の仕事が始まると、それほどには練習ができません。少しずつ練習して、新しい楽器に慣れていかないといけないですよね〜。

『女の道は一本道にございます。定めに背き、引き返すは恥にございますよ』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(「篤姫」が終わってしまったのが残念なのは私だけでしょうか〜。)

今日で、長いお休みは終わりです。明日は新年度の初日です。
ちょっと緊張感もあります。上手く行くかな、とか〜。
午前中は明日、明後日の仕事の準備になると思います。

今日は、どんな一日でしょうか? 

沖縄旅行まであと3ヶ月ですね、爆〜。
だんだん近づいてきていますよ〜。

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。
もう10位以内は難しいかもしれませんね〜 
何とか15位くらいのところに踏みとどまっています〜
さらなる応援を宜しくお願いしますぅ 〜〜  m(_ _)m  

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね。ミ(`w´彡) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)


コミックの『のだめカンタービレ』第21巻が、発売されましたよ(^o^)
読みましたが、やはり日本編の方が面白かったように思いますね〜。
第22巻が発売予定になっていますね、予約が始まっています〜。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

来年は、映画版が封切られるそうですね〜。(^o^)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。
初芝居は、愛之助ちゃんの後援会に頼みました。
後援会から、愛之助ちゃんの紋が散らしてある、コーヒーカップが届きました。クリスマス・プレゼントかもしれませんね〜。

2月の花形歌舞伎の観劇記を書いています〜。

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
クチコミを見る


かなり面白いですよ。再読しています。
本当に、学ぶことが多くある本ですよ〜。
色々とマスコミでは知り得ない情報も教えてもらえますよ〜。

新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫)
新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫)
クチコミを見る


今朝、読み終わりました。ドラマよりも先に読まなくて良かったと思っています。ドラマと原作では、篤姫の考え方も異なっています。ドラマと原作は別物ですね〜。

NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第弐集 [DVD]
NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第弐集 [DVD]
クチコミを見る


「篤姫」第弐集、ようやく発売されました。もう大分前に予約しておいたのですよ、やっと昨日届きました。アマゾンはペリカンさんから佐○に配送業者が変わったようです。また佐○と揉めました、爆〜。
初回限定版で、オマケがついていますよ〜。オマケは何でしょうか?


環境問題はなぜウソがまかり通るのか2 (Yosensha Paperbacks)
環境問題はなぜウソがまかり通るのか2 (Yosensha Paperbacks)
クチコミを見る


このシリーズ、「嘘がまかり通る3」が出ていますね〜


BlogPet 今日のテーマ 特に朝はイラッとします
「電車で見かける迷惑行為は?」
車で出かけることが多いので、最近、電車に乗っていませんが、混んでいる車内で、大きく広げて新聞を読んでいる男性は、迷惑ですよね〜::

3

Guten Morgen!! 

今朝は、4時過ぎ起きです。
2時半頃に1度目が覚めて起きあがったのですが、もう一度寝ることにしました。少しは眠れたように思います〜。

昨日は寝たのは11時過ぎからもしれません。
昼寝もしましたが〜〜。

♪♪♪♪♪
今朝は、ギレリスの演奏するベトベンのピアノ・ソナタからです〜。

Beethoven: Klavier Sonaten [Box Set]
Beethoven: Klavier Sonaten [Box Set]
クチコミを見る


ベートーヴェン:ピアノソナタ第17番& 第21番& 第26番
ベートーヴェン:ピアノソナタ第17番& 第21番& 第26番
クチコミを見る


ベトベン:ピアノソナタ 変ホ長調 第26番(作品81a)「告別」
エミール・ギレリス(ピアノ)
(1974年の録音のようです)

ギレリスの演奏するベトベン、少しずつ聴いていこうと思っています。
初期の曲から聴いていくのが良いのかもしれませんが、それだと、イヴ・ナットの演奏のように途中で止まってしまう可能性もあるので、好きな曲から聴いていくことにしました〜。

この曲は昔から大好きな演奏で、ゼルキン師の演奏が一番だと今でも思っています。ライヴでもゼルキン師が演奏するこの曲を聴いたことがありますが、味わい深い演奏だったです。

意外にこの曲、気に入る演奏が少ないのですよ〜。ソロモンの演奏は素晴らしいと思いました。冒頭の序奏から主部に入るところにしっかりと力の入った演奏でないと、と私は思うのです。音楽喫茶で(大昔です)、バックハウスやケンプフの演奏を聴いたように思うのですが、ゼルキン派の私にはあまり良い演奏だとは思わなかったです、とはいえ、もう何十年も前の話なので、今聴けばどう思うか、分からないのですが、両方の全集を揃えるのはちょっと無理かも〜。

今、ギレリスのこのソナタ集のCDをHMVで検索していたら、私が買ったものしかなくなっています。もう少し廉価のものがあったのに〜;; どうしてかな〜。

このギレリスの演奏、実に良いですね〜。
序奏の、Lebewohl の3つの和音から、主部に入るところの格好の良さ、歌舞伎役者が見得を切っているような感じです。それと、ピアノの音、とりわけピアノ、ピアニッシモの音が実に美しいのですよ。
ギレリスというと、豪腕ピアニストと思ってきましたが、この選集を聴いていると、そういう評価がすっかりと変わりそうです。

第2楽章でも、あの静謐感に溢れる音楽を実に味わい深く演奏しています。

第3楽章の冒頭の和音、それに続くアルペジオ、豪快に弾き散らすという雰囲気は皆無です。そういう点ではゼルキン師の演奏の方が豪快かもしれません。正確な打鍵、ピアノという楽器を本当に巧くコントロールしている感じがします。
コーダの前のゆっくりしたところも良いですし、終わり方も実に良いものですね〜。

ギレリスは晩年、ベトベンのピアノ・ソナタの全集を完成させることに拘っていたようですが、すべてを録音することはできなかったですね〜。1985年に亡くなったそうですが、その年もベトベンのソナタを録音していますね、それだけの思い入れがあったのでしょうね〜。全集を完成することができなかったことは非常に残念ですね〜、ゼルキン師も全集を録音することができなかったですが〜。

♪♪♪♪♪
昨日も喫茶店でモーニング、生活のリズムを崩さないようにできるだけしています〜。帰ってきてからは、少しだけ仕事をしました。

練習をしようかなとも思ったのですが、京都のオッチャンに言われたことが気になり(爆〜)、少しやる気をなくしていました〜。

お昼は定食屋さんで定食を食べ、帰ってきてからパンを一つ食べました、爆〜。
昨日は早めに昼寝を〜。1時過ぎでしょうか、それから5時過ぎまで寝ました。目が覚めたとき、5時、寝すごしたと思いました。朝と間違えたのですよ、爆〜。

少し音楽を聴いて、やはり練習をしました。
基礎練習、少しやり方を変えています。オッチャンに言われたこともあり、オクターブ、五度の音程を確認することも基礎練習に入れました。オッチャンには、これまで演奏会の録音は聴いて貰いましたが、家での練習を聴いてもらうことはあまりなかったです。

ティアック 高音質ICレコーダー TASCAM DR-07  DR-07
ティアック 高音質ICレコーダー TASCAM DR-07 DR-07
クチコミを見る

これを買ったので、ネットで録音を送ることができるようになり、京都のオッチャンに練習を聴いてもらうことができるようになったんですよ。前の楽器の録音も送っていて、それと比べると、新しい楽器の音程が悪いと言われたんです、それが気になって〜、爆〜。

若干、音程感が異なります、確かに〜。
音程自体は、新しい楽器の方が絶対に良いと思うのですが〜。

そうそう、楽器のメーカーにメールを出しました。A国のメーカーですが、社長から返事が来ましたよ〜 (^o^)
そろそろ楽器の代金を振り込まないといけないです、爆〜。


『女の道は一本道にございます。定めに背き、引き返すは恥にございますよ』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(「篤姫」が終わってしまったのが残念なのは私だけでしょうか〜。)

休みも今日と明日だけになりました。今週から新年度の仕事が始まりますが、休みは水曜と土日にしています。これは、もう長い間そのようにしています。木曜の仕事の準備を少しずつ始めないといけないです〜。

今日は2週間ぶりの診察日でもあります。珍しく、今朝は雨になっていますね〜。桜はこの雨で完全に散ってしまうかもしれませんね〜。

今日は、どんな一日でしょうか? 

沖縄旅行まであと3ヶ月ですね、爆〜。
だんだん近づいてきていますよ〜。

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。
もう10位以内は難しいかもしれません〜 新顔の方々が上位に来ています〜。凄いポイント数に驚いています〜。
20位以内も無理かもしれません;;
さらなる応援を宜しくお願いしますぅ 〜〜  m(_ _)m  

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね。ミ(`w´彡) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)


コミックの『のだめカンタービレ』第21巻が、発売されましたよ(^o^)
読みましたが、やはり日本編の方が面白かったように思いますね〜。
第22巻が発売予定になっていますね、予約が始まっています〜。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

来年は、映画版が封切られるそうですね〜。(^o^)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。
初芝居は、愛之助ちゃんの後援会に頼みました。
後援会から、愛之助ちゃんの紋が散らしてある、コーヒーカップが届きました。クリスマス・プレゼントかもしれませんね〜。

2月の花形歌舞伎の観劇記を書いています〜。

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
クチコミを見る


かなり面白いですよ。再読しています。
本当に、学ぶことが多くある本ですよ〜。
色々とマスコミでは知り得ない情報も教えてもらえますよ〜。

新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫)
新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫)
クチコミを見る


今朝、読み終わりました。ドラマよりも先に読まなくて良かったと思っています。ドラマと原作では、篤姫の考え方も異なっています。ドラマと原作は別物ですね〜。

NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第弐集 [DVD]
NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第弐集 [DVD]
クチコミを見る


「篤姫」第弐集、ようやく発売されました。もう大分前に予約しておいたのですよ、やっと昨日届きました。アマゾンはペリカンさんから佐○に配送業者が変わったようです。また佐○と揉めました、爆〜。
初回限定版で、オマケがついていますよ〜。オマケは何でしょうか?


環境問題はなぜウソがまかり通るのか2 (Yosensha Paperbacks)
環境問題はなぜウソがまかり通るのか2 (Yosensha Paperbacks)
クチコミを見る


このシリーズ、「嘘がまかり通る3」が出ていますね〜

<ちょっと一言>
K西の某タレントが不適切な発言を繰り返したとかで、番組をすべて降ろされるという事件が起こっています。新聞でもネットの新聞でも、理由は明確にはされていません。それもあり、色々と憶測が流れています〜。
別に、そのタレントを養護するつもりはまったくありませんが、どんな発言をすれば、降ろされるのか、その理由はマスコミはしっかりと報道しなければならない義務があるのではないでしょうか? これまで、裁判が終わる前に、容疑者を犯人扱いに報道してきたのは、大マスコミではないですか?
大本営発表だと、私は思ってきましたが、その通りであったということでしょうか??
不思議な事件です〜。


このページのトップヘ