Guten Morgen!!
今朝も、目が覚めたような気がしますよ
きっと目が覚めているような… 息もしているような…
そのことに感謝です


6度です
晴れてきています


〜近況報告〜 は ↓の方に移動しました








2019/07/10 晴天の朝








智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通とおせば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。


2017沖縄の空
普天間を望む
定点観測 2019/07/06





定点観測 2019/07/08




2020年の沖縄手帳です(袋に入れたままの写真なので光っていますが…)
2020 沖縄手帳22020 沖縄手帳1










♪♪♪♪♪
今日はモツアルトです


Complete Columbia Album C
Bruno Walter
Sony Classical
2019-11-22





モツアルト:「フィガロの結婚」より 
ジョージ・ロンドン(バス・バリトン)
ブルーノ・ヴァルター 指揮 コロンビア交響楽団 の演奏です
(1953年  ハリウッドでの録音のようです)

ヴァルターBOXからです
この録音はまったく知りませんでした
ジョージ・ロンドンさんの歌声は クナ、ヴィーナー・フィルハーモニカーとの録音でヴァーグナーのモノローグなどを大昔から大好きでよく聴いてきました

ロンドンさんは50年代から60年代の初めまでの活躍期間で色々な録音を残しておられます
確か モツアルトの全曲録音もあったような… 覚えていませんが…
クナとの「ヴァルキューレ」の告別のモノローグ、「マイスタージンガー」ザックスのモノローグも良かったですね

ここでも深い独特の声で すぐにロンドンさんと分かりますね
この時代ですが、通奏低音にはチェンバロを使っているのも 少し驚きました、この時代はピアノで演奏しているものが多かったですから…


主に「フィガロ」からのアリア、それに コンサートアリアです
「ドン・ジョヴァンニ」のアリアも収録してくれていたらと思います
エツィオ・ピンツァのアリア集の録音もあったからかもしれません
ヴァーグナーの曲も録音してくれていたらと…




こんなブログでも見てくださっている方々に感謝です

何とかブログをアップです <(_ _)>

今は昔…


応援している 手動車椅子サッカーチーム aboutの記事が沖縄タイムスに掲載されました

2019年 12月14日 浦添市で うらそえ車いすサッカー大会
第20回車いすサッカー浦添大会は、交流の部でaboutが準優勝、一般の部でADULTが優勝しました、とのことです
おめでとうございます。 ㊗️


応援してくださった全世界の皆様、ありがとうございました。

9日に 手動車椅子サッカーチーム about の代表のユキボーくんが FMokinawaのシェア・タイムにゲスト出演されました
#radikoでも聞けますので…

手動車椅子サッカーチーム aboutさん 記事ユニバーサルサッカー体験会 
スクリーンショット 2019-12-11 8.49.04










☆☆☆
メグお姉ちゃん 愛ちゃんと虹の橋の上で 
仲良く遊んでいますよ…
かーさまのブッヒちゃんがBLOGをアップされています、見てあげてくださいね…


愛ちゃんとオネエちゃん









今日も、応援ポチッをお願いします。
さらなる応援を宜しくお願いしますぅ〜
m(_ _)m
ぶろぐ村が変わりつつあり トラックバックができなくなり 不便ですが… 致し方ありません

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
← 応援してくださいね。ミ(`w´彡)
かなり下がってしまっていますよん
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。


人気ブログランキングへ

← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします
m(_ _)m













今朝はここまでに〜
今日も短めです
頑張らないように頑張ります〜



〜〜〜

何とかブログをアップしています
何とか…です <(_ _)>
起き上がっていることに感謝です




今朝も短めです

☆☆☆


♪♪♪♪♪

今朝も 起き上がって来ています
起き上がっていることを幸せと感じられることが…
と書きましたが 「幸せ」が何であるのかは分かりません


昨日も少し散歩です
お休みの日のようで ほとんど誰も歩いていないと…
どうして こんなことに鳴ったのかなと…
どうして 自分なのか? 
どうしてなのか? そんなことを考えたところで 目の前のくもりがなくなるわけではないのですが、それでも考えてしまいますね
もうそろそろ 1ヶ月ですが、慣れませんね
ずっと 一応は見える世界に生きていましたので…

これから どうするのか?
そんなことはなかなか考えられないですね
どうしたら良いのでしょうか?


生きていると(きっと)、色々なことが起こりますね
思いもかけなかったことですが、右目だけでなく、左目も悪くなる可能性もあったのを忘れて生活していました


引退したら 暇に任せて あれも読もう、これも読もうとか思っていましたが、読めるときに読んでおかないといけないですね 
後悔先に立たず です


そういや 今年のカレンダー 沖縄のホテルから届きません
忘れられているのかなぁ……
今年は行けますかね…
行こうと思えば、今は行けますが…


これが「今」の…ですか…


〜 近況報告 〜

実は、1月14日(火曜日)夜に急に目が見えなくなり、救急車で 緊急外来で診ていただきました
翌朝に大きな病院で診察を受けるようにと…

救急車で 何とか 年に一回診てもらっている病院に行き、診察を受けました(15日 午前です)
右目は何十年も前に眼底出血であまり見えなくなり、左目で見ていました
その左目が急に見えなくなったのです…

5日間ほど入院して 効果があるかもしれない点滴治療を受けてはどうかと、お医者さんに勧められ、水曜から月曜まで入院して、1日2回 2時間の点滴を受けました

退院の日の朝に診察、それは初診の先生ではなく、病院の常勤の先生ですが、脳梗塞と同じような梗塞が網膜の血管にも出来ているが、特効薬はない、とのことでした

目が見えるのを当たり前のように暮らしていましたが、見えなくなると 辛いものがあります

退院後の 22日の診察では「今後 今以上に見えるようになることはない」と主治医に言われております

病名は 網膜動脈閉塞症 というみたいです
治療法は現在はないようです 何かご存じの方がおられましたら
ご連絡 よろしくお願いいたします <(_ _)>

ブログを始めて 一週間以上休んだことはあったでしょうか?
2013年に一ヶ月くらい入院したときはどうだったでしょうか?

こんな拙いブログでも見てくださっている方がおられると思って ご報告します
「見える生活」から 「ぼやけた世界に生きる」生活に慣れていくしかないでのでしょうね…






〜〜〜〜〜
ふと 沖縄のコミュニティFMをそれとなく聴いていると いつも「嫌韓番組」をやられている方が、「LGBTは趣味趣向で 差別は行けない」と仰っていて、腰が抜けるほど驚きました
LGBTQのみなさんは「趣味趣向」ではないと 仰っていませんでしたか?
相手を認めて「差別」しない うん いつも言っていることと違うのではないですか? 
世の中は不可解です


2019/07/14 沖縄焼そば12019/07/14 沖縄焼そば2



私のような「変なリスナー」がいない方がコメントも多そうで… 爆 
コミュニティFMのリスナーさん方とは意見が異なるようですし…
それはそれで良いのですが…


2019/07/05 白梅の塔 の掲示2019/07/05 白梅の塔12019/07/05 白梅の塔2



リズムちゃん セラムちゃん、 ハクちゃん に会いに行く予定ですよ 爆

沖縄 こどもの国






不屈館ユキボーくん 沖縄タイムス




〜〜〜〜〜

#okinawa #沖縄 での 県民投票のためのフォーラム の配信 そのあと 神々しいジャーナリストさんの配信
「日米地位協定」だけではなく 本当は一番問題なのは「その他の数々の協定」これが日米合同委員会だけで 決められているとのことだったです



2017年 3月7日の 配信です YouTube で見られます
是非 ご覧になって欲しいですね
「ノーヘイトTV」前のものを確認のために見ていたりです
昨日も 篠原章氏との対談をお復習いしていました
氏は「ニュース女子」の報道を裏付けることは何一つ言われなかったですね






6dfaf04d63e2172723818bbe63051754






沖縄旅行 次はいつでしょうか?


矢部さんは 丹念に密約を暴いておられます

知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた (講談社現代新書)
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた (講談社現代新書)





藤井誠二さんの著作です

沖縄アンダーグラウンド 売春街を生きた者たち
沖縄アンダーグラウンド 売春街を生きた者たち




2018 白梅の塔 夏






下の本は 是非 読んでほしい本です
私の主張を裏付けてくれる著作だと思います
こういう本が発禁になる世の中にはならないで欲しいです
悲惨な事例が山のように… 軍隊が兵士を「人間」と見ていなかった(見ていない)ことの証左が…


日本軍兵士―アジア・太平洋戦争の現実 (中公新書)
日本軍兵士―アジア・太平洋戦争の現実 (中公新書)