葉っぱに埃がついたので水をかけて払ってやったでちブログ

〜 歌舞伎と音楽 〜

カテゴリ: 歌舞伎 〜 鴈治郎はん


Guten Morgen!!
今朝も、目が覚めたような気がしますよ
きっと目が覚めているような… 息もしているような…

3月も 20日に…

あの大震災から4年を過ぎました
阪神大震災からは20年を過ぎました


お花








もうすぐあの「悲惨な事故」から5年目になりますね
原発事故のできるだけ早期の収束を願っていますが…
いまだに事故を小さく見せようとする「公」と某企業〜
被害地域の方々に、少しでも福を〜
なるべく早い収束を願うのみです
最近 報道が少なくなってきていますね

今日も「なんくるないさ〜」の心で…



♪♪♪♪♪
今朝もマーラーです

Mahler: Symphony 6
Mahler: Symphony 6



ミトロプーロス・マーラー2










グスタフ・マーラー:「交響曲 第6番」a-moll
ディミトリ・ミトロプーロス 指揮 ニューヨーク・フィルハーモニック の演奏です
(録音:1955年10月 カーネギー・ホールでのモノラル、ライヴ録音のようです)

これも最近 廉価盤で発売されたものです
昨日のシェルヘンのエキセントリックな演奏と比べれば、相当にオーソドックスな演奏に聞こえますよ

今日はあの「地下鉄サリン事件」から20年だとか…
良く覚えています
阪神大震災の後だったですからね
いまだに良く分からないことも多いとか…
裁判は「有罪か有罪でないか」を判断するところで、事件の解明をするところではありませんから
きっと、今後のジャーナリストの検証を待つしかないかもですね

今朝は一つ訃報も…
桂米朝師が昨日夜にお亡くなりになったようです
人間国宝、文化勲章まで貰われて、89歳の天寿を全うされたようです
米朝さんは何といっても、土曜の朝の TV で司会をやられていた頃、60年代かと思いますが…
あの頃を一番よく覚えています

60年代から70年代までは、関西にも土着の文化がまだまだあった頃で、漫才、落語、浪花節、歌舞伎芝居、TV 番組も、関西の匂いのある芸人さん、役者さんが多かった頃ですね
子供の頃は良く寄席や劇場に連れて行かれましたから、本当に懐かしいです

今も良く覚えて、二代目の鴈治郎はん、今の藤十郎丈の「時雨の炬燵」南座の顔見世、3階席で見たのを良く覚えています、その時の子役が、今の亀鶴丈だそうです(その時が初舞台だったとか…)
これは DVD にも残しているかと思います
先代の仁左衛門さん、嵐璃�枕さん、確か成太郎さんも出ておられたと思います
扇雀時代の藤十郎丈は二役をやっておられたと…
今も健在なのは、藤十郎丈、今の亀鶴丈だけですね

米朝さんは学者然としていて、どちらかというと、豪放磊落な松鶴さんの方が好みだったかもしれません、晩年の松鶴さんではなく、元気な頃の松鶴さんです
早口だったですよ、トントントンと話を進めて行かれる芸風だったです

何かの会で、山村楽正さんと米朝さんの対談があって
美しい大坂の言葉で愉しい話しをしておられたのを思い出します
米朝さんは若い頃映画にも出ておられて
先代の扇雀さんが主役で、二代目の鴈治郎はん、三好榮子さんも出ておられた「女殺油地獄」で、太鼓持ちの役で出ておられたのを覚えています

音楽に戻ります
シェルヘンの6番に触発されて、今朝はミトロプーロスの演奏も聴いていますよ
演奏に関してはまた…



* ブログお友だち、TW のお友だちでもある、ブッヒちゃん家のメグお姉ちゃんが体調を崩しておられるようです
少しずつ快復するようにお祈りしています
少し元気が戻ってきているようですよ
メグお姉ちゃんの快復を願いながら…

少しずつ良くなってきているようですよ
お祈りをお願いします

昨日(2015/02/19)は とーさまが退院されて、自宅でのリハビリに入られたようですよ
頑張りすぎないでください…

☆メグお姉ちゃん 気持ち良さそうに…
メグお姉ちゃん2015






メグお姉ちゃん







今朝も短めです


☆☆☆

今朝はここまでに〜
今日も短めです
頑張らないように頑張ります〜
今日も、応援ポチッをお願いします。
さらなる応援を宜しくお願いしますぅ〜
m(_ _)m

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
←  応援してくださいね。ミ(`w´彡)
かなり下がってしまっていますよん
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。


人気ブログランキングへ

← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします
m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜




♪♪♪♪♪
今朝は朝から訃報が…

昨日は朝寝を少し…爆〜
12時からは征平ちゃんのラジオです
お昼は出前にしましたよ

2時半頃から昼寝をしたと思うんですよ
よく寝たと思って 朝かなと思ったら
20時を過ぎた頃でした…爆〜

キャス、Ust 配信 最近面白いものがありませんね
ニコ生の久田のマー君 タイムシフトで後の方まで見てから、また寝ましたよ



〜閑話休題〜
あの震災から4年目です
2011年3月11日 14時45分頃だったと思います
今と同じように、PC に向かっていたと思います

あの日から、色々と変わりました
阪神大震災と大きく違うところは、津波と原発事故ですね、津波はまだ何とかなりますが…
原発事故だけは、今の人間にはどうしようもできないものでしょうね…
それまで、原発開発者の中にも原発に反対してきていた方々を知ったのも、あの震災からです

キャスで「福島の三分の一はもう住めない」と発言して、訂正を求められました
確かに不正確な情報であったと反省しております
かなり長期にわたって、住まない方が良いところがあの福一の周辺に広がっていることは確かではないかと思います
放射能は、今の人間には無害化できませんので…
外部被曝だけでなく、内部被曝も今も問題になっています

あの事故で、「安全です」とメディアで叫んでいた学者先生方は何処に行かれたのでしょうか?
学者先生も「平気でウソを吐く」ということが明らかになりましたね
自らの研究と「お金」の問題も明らかになりましたね
別に理系だけの問題ではなく、文系の研究所でも「原発マネー」が流れていると… K 大の研究所、立派な研究所ですが、K大の元教授が学園祭で暴露されていました

もう一部の学者、金の亡者の問題ではなく、この「国」のシステム全体の問題ではないかと思っています
ただ、まだ復興住宅で暮らしている方々が20万人以上おられるようです
「国」は民を守るのでしょうか?
相当に疑っているというか、「守らない」と…
これはこの前の大戦でも同じことが起こりました
また同じことが起こっていて、それが継続しています
自分に何ができるのでしょうか?
祈るしかないのでしょうか?
(2015/03/11 記)


☆ブログ友だちのお一人が本を出されるようです
皆さん 宜しくです…

クラシック音楽の毒と薬






*話題になっていた本ですね
あまり話題になっている本は読まないのですが… この「現実」から目を逸らすことはできないですね
著者は「何ができるか」より「目を逸らさないで欲しい」とのこと…

最貧困女子 (幻冬舎新書)
最貧困女子 (幻冬舎新書)





*「日本はなぜ原発と基地を止められないのか」という本を読み終わりました

日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか


天皇制の問題点を最後の後書きでようやく書かれていますね
この無責任体制を変えない限り、官僚制、司法制度も何にも変わらないのではないかと思いますが…
難しいですね





*<キャスの揉め事>は下の方に移動しました




*〜閑話休題〜 は別のカテゴリーを作りました〜 (^^) 多くなっていたので、集めました


次回の沖縄旅行まで… 4ヶ月を切ったかもです〜 爆〜!!


7月の旅行は、ある程度日程を決めて
いつもお姉ちゃんにお願いしています
2015/01/31に電話がありましたよ
何度か電話があって、Jクラスの席が取れたとのことでした…

2015/02/10 旅行社のお姉ちゃんから電話があり
飛行機の変更できたそうです



応援している about チームの公式ブログが始まっていますよ

http://teamaboutid.ti-da.net/

そうそう、沖縄のお友だち「ゆかいな、ゆきちさんファミリー」が「FMよみたん」の Ustream に登場しておられますよ、出演ではないようです、爆〜バックナンバーの「チャリパラ」を是非ご覧くださいね〜 13分ほど経過した頃です(激爆〜)

http://www.ustream.tv/recorded/14244746

2011/12/11 車椅子サッカーチーム about の代表とメンバーが「FMよみたん」の番組に生出演したですよ
アーカイヴも残っていますので、皆さん、見てあげてくださいね〜
姐さんの逞しい姿も見られますよ〜ミ(`w´彡)

2012/02/05「FMよみたん」に、ボッチャクラブの指揮官殿が出演されましたよ、録画で見られますよ〜

☆☆☆

<速報> 
2015/03/01 第10回沖縄県車いすサッカー大会で
#手動車椅子サッカーチーム about が3位

何と adult が優勝です
しかも あの「ゆきちさん」が最優秀選手賞を受賞されました…
おめでとうございます!!


2015年3月1日
第10回 沖縄県 手動車椅子サッカー大会 が開催されます 沖縄県総合運動公園 体育館
10時からです

チャンピオンクラスに about も出演のようです
キャス配信があるようです
皆さん キャスコメで応援を〜!!

差し入れは無事に到着したようですよ
(^o^)

2014/10/26
車椅子サッカー大会が浦添市で開かれました

車いすサッカー競技普及活動15周年記念 - 第15回浦添市車いすふれあいサッカー記念大会 -

about、adult とも健闘したようですよ
about が準優勝だったようです!!




♪♪♪♪♪
今日は金曜ですから 文化放送だけかもです


Don't be angry, arrogant, irritated.
いかるな、いばるな、イライラするな
ある方から DM から「3つのイ」という言葉のようですよ
今日も笑顔を絶やさないようにしたいです

起き上がれていることに感謝です
仕事に行けていることに感謝です
日々 感謝の気持ちを忘れないようにしたいですね

皆さんのブログにコメントができていません
申し訳ありません

焦らず、ゆっくりですよね
気張らずに一日を〜
まぁ〜 なんくるないさ〜の精神で〜

どんな一日でしょうか?

今朝も、何とかブログを更新できました。

なんくるないさ〜♪
今日はどんな一日になりますか〜
I do wish to live today with eternity in a moment.
Pay less attention to what others say, and more attention to what I think about the world!!

今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。



* 反省の日々ですね、Reflektion の日々ですよ
  口は災いの元と、心しないといけませんね


* 下の方に、愛ちゃん、メグちゃんの小さな頃の写真を載せさせてもらっていますよ、見てあげてくださいね〜

「かーさま」がサイトを作られましたよ
見てあげてくださいね〜(無理しないでね〜)
辛いことを書くことで、愛ちゃんを追悼されていますよ
愛ちゃんが虹の橋に上がってから、半年を過ぎました
大好きなピョンピョン遊びをしていると〜

今日は愛ちゃんの誕生日のようです(12/18)
生きていたら、10歳になったそうですよ


〜 最愛の子『愛』に捧げるレクイエムサイト。「犬の脳腫瘍」突然死の参考になれば『愛』も喜ぶことと思います


愛ちゃんの笑っているお顔も〜

愛ちゃんとメグお姉ちゃん








愛ちゃん








タブーの正体!: マスコミが「あのこと」に触れない理由 (ちくま新書)
タブーの正体!: マスコミが「あのこと」に触れない理由 (ちくま新書)
クチコミを見る


元「噂の真相」の副編集長だった方の話題の本です
タブーが増えてきている原因を鋭く指摘しておられます



*元気な頃の写真を今朝も〜 
(B ちゃんからは、きれいな愛ちゃんの寝ている写真が送られてきました、ゆっくり寝ていました〜)
B ちゃんのブログから小さな頃の写真を載せさせてもらいます
皆さんから暖かいコメント、感謝です…

4ヶ月頃の愛ちゃんですよ〜

小さい頃の愛ちゃん






小さな頃の愛ちゃん2








*「バラ」と「フレンチブル」で検索してもらうと、小さな頃の写真もご覧になれるかと思います

元気な頃の「愛ちゃんの写真」を〜 右の子ですよ、左は姉ワンちゃんです

ブッヒちゃんの姫さまたち







魂鎮への道―BC級戦犯が問い続ける戦争 (岩波現代文庫)
魂鎮への道―BC級戦犯が問い続ける戦争 (岩波現代文庫)
クチコミを見る


この飯田さんは、NHKの特番で知ったのですが、穏やかな語り口ですが、非常に重いことを語っておられます。


地獄の日本兵―ニューギニア戦線の真相 (新潮新書)
地獄の日本兵―ニューギニア戦線の真相 (新潮新書)
クチコミを見る


「英霊」という言葉を軽々しく使って欲しくないと思いますね〜、まずはこういう本を読んでから言って欲しいですね



にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。

愛之助ちゃんのコーヒーカップ2




昨日洗っていて落として、カップの取っ手が取れてしまいました;;

愛之助ちゃん




後援会システムが変わって、今年は会員証が届いていますよ
(2014/05/16)

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)



昭和二十年夏、僕は兵士だった
昭和二十年夏、僕は兵士だった
クチコミを見る


この本を再読したくて探していました、爆〜


<ちょっと一言>
最近、「愛国心」を煽るメディア、それに政治家が非常に多いですね、何か怖い時代になってきているようで〜
冷静な対応を政治家には求めたいですが〜


〜閑話休題〜
ふと 気付いたことがあります
前にも口汚い攻撃を受けたときは、某県の選管に電話して問い合わせた後でした
そして、今回は某 Ust配信をしておられるところで、コメントをしました、質問です、それと存じ上げている方、もちろん顔と名前だけですが、その方にちょっと意見を書かせていただきました
すると、また攻撃が始まりました
よほど都合が悪いことでも書いたのでしょうか??
(2015/01/29 記)

<キャスでの揉め事>
ふとキャスを見たら、キャス仲間の方を口汚く罵っておられる方が…
あまりに酷いので、コラボをしたら、こちらの声は聞こえないようにして 自分の声だけを流されたのかもしれません、マイクセットがおかしいかなと思っていたら、あとで配信したら、声は聞こえていたようです

前の「事実の証拠を出しなさい」と言ったら「ありません」と言った方です、今度は「調べる費用を出せ」とか… こちらは事実はないと言っているんですから、事実だという方が証拠を出すのが当たり前と考えます

どうもあのチームの方々は法律も道徳も無視しておられるようです、その方は「色々な人の個人情報を金で買った」と豪語されていました、これって法律に違反しないでしょうか??

呆れて寝ました

〜閑話休題(2)〜
某市民活動家の方の「胡散臭さ」(実際にそうなのかは分かりません)に気付き、色々と批判していると、キャスで先週の木曜日6月5日の夜に、私の HN をキャスで何度も言いながら「謝罪を要求する」と言っている方が…
反論も許してくれないお方です
こういう人たちが、運動をダメにしていくのではないかと、私は危惧しています


<キャスの揉め事>
(19)
いまなお、某キャスで嫌がらせを続けているお人がいますね、「個人情報を掲示板に上げられた」とか言って…;;
まったく関係がありませんよ
XX を言ったと因縁を付けてきて、謝罪しろと、去年の6月頃からキャスで騒いでおられます
証拠を出してくれと言うと、調べる費用を出せとか…
呆れます、ないものは証明できないという「悪魔の証明」が分かっておられないのですね
謝罪を求めるなら、しっかりとした「証拠」を提示してくださいね、お仲間の P さんに頼んで下さいね、爆…
(2015/02/08 記)

(18) 
 ふとあるキャスを見ると、不愉快に思えることをひたすら書いているお方がおられましたよ
何を目的にされているのか さっぱり分かりません
「嫌がらせ」をされているんでしょうが…、他人の個人情報など興味もありませんし、そんなことで「批判」したことも「中傷」したこともないかと思います
もしあるというなら、その「証拠」を出して欲しいですね、出せないので「嫌がらせ」という、「某市民運動家」と称していて「実は権力の◎」のような人と同じことをされていますね
(2015/01/31 記)


(17)
某キャス主が、私の個人情報をお金で買ったと言っておられます、これって違法行為を自ら告白されているのではないでしょうか?
自分から告白は凄いことですが…爆〜
(2014/12/21 記)

(16)
深夜から 某キャス主が
誹謗中傷を何時間も続けていたようです
私は何度も「証拠を出してください」と言っていますが、いまだに「XX さんに証拠を出してもらえ」とか、ふざけたことを言っています
「言った」証拠は、言ったと仰っている「あなた」が出さないと行けないものですよ、と言っても通じないようです
(2014/12/18 記)

(15)
揉め事は雲散霧消状態です
相手方が行方不明に…爆〜
(2014/11/22 記)





Guten Morgen!!
今朝も、目が覚めたような気がしますよ
きっと目が覚めているような… 息もしているような…


暮れる時間が遅くなったような…
如月も今週いっぱい…


お花









原発事故のできるだけ早期の収束を願っていますが…
いまだに事故を小さく見せようとする「公」と某企業〜
被害地域の方々に、少しでも福を〜
なるべく早い収束を願うのみです
最近 報道が少なくなってきていますね

今日も「なんくるないさ〜」の心で…



♪♪♪♪♪
今朝はシューマンです

ブラームス:ピアノ協奏曲全集&シューマン:ピアノ協奏曲
ブラームス:ピアノ協奏曲全集&シューマン:ピアノ協奏曲



ローベルト・シューマン:「序奏と演奏会用アレグロ」d-moll 作品134
ルードルフ・ゼルキン師(ピアノ)
ユージン・オーマンディ師 指揮 フィラデルフィア管弦楽団 の演奏です
(録音は 1968年の録音のようです)

今朝は目を覚ましてから、ニュースを見ていると
訃報が…;;
坂東三津五郎丈が亡くなられたようです
まだ59歳だったようです
同世代の役者衆が亡くなっていくのは寂しいし、哀しいですね

八十助時代は舞台を何度も観たように思いますが、三津五郎になってからはあまり観ていないようにも思いますが、何年か前に正月の芝居見物で観ました
踊りが上手かったですね
「伊賀越道中双六」沼津の場で、藤十郎丈の十兵衛に付き合って、普段演じることのない、荷持ちの安兵衛をやっておられたのを思い出しています
宝塚スターだった奥さまと別れられてから、役にはあまり恵まれなかったような気も…
役者はチケットが売れてナンボというところもあるんですね…
そういう点では、正月、2月と襲名興行をやっておられる役者衆もおられますが、行っておりません、爆…
先々代が忘れられませんので…
役者は死んだら終わりと、故杉村春子嬢、当代の仁左衛門丈が…
70代の三津五郎丈を観たかったですね

三津五郎丈 ご冥福をお祈りいたします 合掌


今朝はふとゼルキン師の演奏を聴きたくなりました
捜さなくても良いところに置くようにしています
この録音は前から持っていますが、上のものはTOWER で再発売されたものです
音は非常に良くなっています

ゼルキン師のピアノの音がこんなに美しかったのかと思うような演奏になっています
シューマンのピアノ曲では、コンチェルトよりも好きかもしれませんね
オケと一体となっていながら、ピアノの良さもよく出てくる曲であり、名演奏ですね
後半でラッパのピアノのソロ、しかもメロディーがありますが、もの凄く上手いです


* ブログお友だち、TW のお友だちでもある、ブッヒちゃん家のメグお姉ちゃんが体調を崩しておられるようです
少しずつ快復するようにお祈りしています
少し元気が戻ってきているようですよ
メグお姉ちゃんの快復を願いながら…

少しずつ良くなってきているようですよ
お祈りをお願いします

昨日(2015/02/19)は とーさまが退院されて、自宅でのリハビリに入られたようですよ
頑張りすぎないでください…

メグお姉ちゃん







メグお姉ちゃん









今朝も短めです


☆☆☆

今朝はここまでに〜
今日も短めです
頑張らないように頑張ります〜
今日も、応援ポチッをお願いします。
さらなる応援を宜しくお願いしますぅ〜
m(_ _)m

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
←  応援してくださいね。ミ(`w´彡)
かなり下がってしまっていますよん
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。


人気ブログランキングへ

← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします
m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜




♪♪♪♪♪
昨日は日曜です

午前中に一つ書類を提出して
買い物です
帰ってきてから、12時過ぎからの #okinawa #手動車椅子サッカーチーム about の練習 配信を待っていましたよ

来週は 第10回沖縄県車いすサッカー大会が開かれます
about adult も出場かと…
3月1日です 朝の10時頃からキャス配信もあるようです
応援 宜しゅうに…

2時前まで応援していて
それから昼寝です
18時過ぎに起き上がって来たみたいです

19時過ぎから、土曜にあった、北の大地の元代議士 I さんの裁判報告会が神々しいジャーナリストさんの Ust再配信がありましたよ
(神々しいジャーナリストさん 倒れられたようです、ご快癒をお祈りしています)
安田弁護士が事件の概要を説明してくださっていましたが、イマイチ分からなかったですね
I さんも分からなかったんだと思います
完全な「冤罪」事件だと思いますが…
メディアと「検察司法」の合作冤罪ですよね
私の学生時代にもそういう事件がありました
その頃から不思議だなと思っていました
やっと「謎」が解けた気がしますが…
この状態を変えることができるのかな?? 分かりません

そのあとは「独眼竜政宗」第13回が YouTube に上がっていません、どうも出演者の不祥事でダメみたいですね

昨日は珍しくなかなか眠れなかったです
非常に珍しいですが…



☆ブログ友だちのお一人が本を出されるようです
皆さん 宜しくです…

クラシック音楽の毒と薬





〜閑話休題〜
#オプエドに…
ジャーナリスト U ちゃんは中東取材に行っていたようですよ、昨日は出演していましたよ
元官僚の K さんがゲスト
あまり信用していません、爆…
それは去年落選した、栃木の某代議士、それに某 O市長のブレーンにもなっていたので、それに対するコメントを聞きたいのですよ、まったく語られませんが…
(2015/02/21 記)

〜閑話休題〜
荻上チキちゃんの「Session22」です
右派の S という呆けた(?)オバアチャンが新聞に寄せた記事で、世界からも袋だたきに遭っています

当然のことです、アパルトヘイトについては知らないと言いながら、それをこの列島でも行えば良いかのような発言をしたんですからね…
チキちゃんのインタビューでは悪びれずに「何が悪いの?」と、まったく反省はありません…爆〜
もう長年こんなことを言えば、世界からどんなことを言われるか、まったく分かっていないオバアチャンですね
(2015/02/18 記)

〜閑話休題〜
69の会 配信が昨日は9日だったのでありましたよ
神々しいジャーナリストさんのサイトが配信してくださいました
「イスラム国」問題を話題に…
それよりは、この列島に蔓延する「空気という自己規制」のことが話題であったような気も…
3.11以降 何かと、その時々の為政者に何かを言うと「国賊」といった、20世紀になってから使われるようになった言葉が今なお使われ出したような…
これまでの「常識」と思えるものに異を唱えると「国賊」となるようです

何か最近に変わったように書いていますが、それに通底しているところは同じではないかなと…
この閉鎖した社会、開かれるときが来るのでしょうか?
(2015/02/10 記)

〜閑話休題〜
某キャスをチャット代わりに使わせてもらっています
けっこう 色々な方が入ってこられます
「某自称活動家」さんのキャス 配信されていないのですが、ふと見ると、そのチャットに反応している支援者の方がお一人… 嫌みなことを延々と…
キャスの揉め事でも書いているお方です
いつも書いたコメントを消されます
都合がお悪いのでしょうね…
書いたこと、言ったことには責任を持たなければと思っていますよ
「某自称活動家」さんは夜の街の徘徊をしておられたようですが…爆〜 
(2015/02/08 記)

〜閑話休題〜
#オプエドから

F さんは例の事件が終わったように報じられているが、「遺体」が戻らない限り、保険も降りないかもしれない、まだまだ終わっていないと…
色々とラジオとか聞いていますが、初めて言われてみて確かに…と
「例の事件」の検証なされるのでしょうか?
(2015/02/05 記)

〜閑話休題〜
夜は元官僚のインタビュー 呆れました
去年で落選した政治家と連み、どっかの傍若無人の市長と連み、今度はどこでしょうか?
胡散臭く感じますね
官僚の中にも「良い官僚がいる」作戦のようで…爆〜
システムの問題ではなく、個人の問題にして、この場を切り抜けようとしているようで…
こういう人たちは多いですね
途中で見るのを止めました
(2015/02/03 記)

〜閑話休題〜
9時から神々しいジャーナリストさんのインタビュー
西洋列強の「テロ行為」を追求されている女性の学者さんだったですよ
11時頃まで聞いていて
某キャスで応援している方の報告を聞いていましたよ
某キャス主から電話があって、コラボして
意見交換をするとのこと…
勝手なことを言い合っていても意味がありませんから
良い機会になるかもしれません
(2015/02/02 記)


〜閑話休題〜
ふと 地上波を見ると、テロ国家と言われている集団に人質となっていた方が殺害されたようなニュースが流れました

その報道があってから、ネットでのインタビューなどを見たり聞いたりしてきましたが、良く分かりません
ある団体が発表したとするvideo も信じるに樽ものなのかも分かりませんし、某国政府の発表もまったく信じていませんので…

少なくとも、自分が人質になったときに、「国」に守ってもらえるなどとはまったく思っていません
先の大戦での琉球諸島、中華の大陸で行われた「自国民」の「虐殺」のことを考えて、そう判断しています
もちろん異論があるかもしれません
あくまでも、自分の判断に過ぎませんので…

色々な地域に、数々の暴力の犠牲になった方々がおられます
その方々のご冥福をお祈りいたします

あの地域は20世紀初め頃から西洋列強の植民地として支配され始め、それが今も続いているような状態です
そのことから目を逸らしてはならないかと思います
(2015/02/01 記)

〜閑話休題〜
7時過ぎからは、神々しいジャーナリストさんの「資本主義の終焉」に関するインタビューです
「歴史の危機」のことを語っておられましたが、ブルクハルトのことは出てきませんでしたね、神々しいジャーナリストさんはヴェーバーをバカにするような発言も、爆…きちんと読まれたのかな…??
(2015/01/30 記)



〜閑話休題〜
テロ活動 まったく支持はしていません
ですが、西洋の国々もテロ行為を続けています
この「負の連鎖」の中に入りたいと思っている、どこかの某首相がおられるのかもしれませんね
近くの地域に国レヴェルでテロ活動を行っている国に「支援」をすると言ったとか… その仲間入りをしたいのでしょうか?
「負の連鎖」を断ち切るのに、武力では…
軍隊は民も、況や兵士も守ったことは一度もないかと思いますが…
哀しい時代です
(2015/01/21 記)

*話題になっていた本ですね
あまり話題になっている本は読まないのですが… この「現実」から目を逸らすことはできないですね
著者は「何ができるか」より「目を逸らさないで欲しい」とのこと…

最貧困女子 (幻冬舎新書)
最貧困女子 (幻冬舎新書)





*「日本はなぜ原発と基地を止められないのか」という本を読み終わりました

日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか


天皇制の問題点を最後の後書きでようやく書かれていますね
この無責任体制を変えない限り、官僚制、司法制度も何にも変わらないのではないかと思いますが…
難しいですね





*<キャスの揉め事>は下の方に移動しました




*〜閑話休題〜 は別のカテゴリーを作りました〜 (^^) 多くなっていたので、集めました


次回の沖縄旅行まで… 1年を切ったかもです〜 爆〜!!


7月の旅行は、ある程度日程を決めて
いつもお姉ちゃんにお願いしています
2015/01/31に電話がありましたよ
何度か電話があって、Jクラスの席が取れたとのことでした…

2015/02/10 旅行社のお姉ちゃんから電話があり
飛行機の変更できたそうです



応援している about チームの公式ブログが始まっていますよ

http://teamaboutid.ti-da.net/

そうそう、沖縄のお友だち「ゆかいな、ゆきちさんファミリー」が「FMよみたん」の Ustream に登場しておられますよ、出演ではないようです、爆〜バックナンバーの「チャリパラ」を是非ご覧くださいね〜 13分ほど経過した頃です(激爆〜)

http://www.ustream.tv/recorded/14244746

2011/12/11 車椅子サッカーチーム about の代表とメンバーが「FMよみたん」の番組に生出演したですよ
アーカイヴも残っていますので、皆さん、見てあげてくださいね〜
姐さんの逞しい姿も見られますよ〜ミ(`w´彡)

2012/02/05「FMよみたん」に、ボッチャクラブの指揮官殿が出演されましたよ、録画で見られますよ〜

☆☆☆
<速報>
2015年3月1日
第10回 沖縄県 手動車椅子サッカー大会 が開催されます 沖縄県総合運動公園 体育館
10時からです

チャンピオンクラスに about も出演のようです
当日はキャス配信があるようです
皆さん キャスコメで応援を〜!!


2014/10/26
車椅子サッカー大会が浦添市で開かれました

車いすサッカー競技普及活動15周年記念 - 第15回浦添市車いすふれあいサッカー記念大会 -

about、adult とも健闘したようですよ
about が準優勝だったようです!!




♪♪♪♪♪
今日は朝一で歯医者さんの予約がありますよ
9時過ぎに歩いて出かける予定です


毎年 この時期の懸案が一つ残っています
それ以外は予定は…
これまでのファイルを使えるフリーソフトをインストして、去年のデータを入れました
後は減価償却費を記入すると…


Don't be angry, arrogant, irritated.
いかるな、いばるな、イライラするな
ある方から DM から「3つのイ」という言葉のようですよ
今日も笑顔を絶やさないようにしたいです

起き上がれていることに感謝です
仕事に行けていることに感謝です
日々 感謝の気持ちを忘れないようにしたいですね

皆さんのブログにコメントができていません
申し訳ありません

焦らず、ゆっくりですよね
気張らずに一日を〜
まぁ〜 なんくるないさ〜の精神で〜

どんな一日でしょうか?

今朝も、何とかブログを更新できました。

なんくるないさ〜♪
今日はどんな一日になりますか〜
I do wish to live today with eternity in a moment.
Pay less attention to what others say, and more attention to what I think about the world!!

今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。



* 反省の日々ですね、Reflektion の日々ですよ
  口は災いの元と、心しないといけませんね


* 下の方に、愛ちゃん、メグちゃんの小さな頃の写真を載せさせてもらっていますよ、見てあげてくださいね〜

「かーさま」がサイトを作られましたよ
見てあげてくださいね〜(無理しないでね〜)
辛いことを書くことで、愛ちゃんを追悼されていますよ
愛ちゃんが虹の橋に上がってから、半年を過ぎました
大好きなピョンピョン遊びをしていると〜

今日は愛ちゃんの誕生日のようです(12/18)
生きていたら、10歳になったそうですよ


〜 最愛の子『愛』に捧げるレクイエムサイト。「犬の脳腫瘍」突然死の参考になれば『愛』も喜ぶことと思います


愛ちゃんの笑っているお顔も〜

愛ちゃんとメグお姉ちゃん








愛ちゃん








タブーの正体!: マスコミが「あのこと」に触れない理由 (ちくま新書)
タブーの正体!: マスコミが「あのこと」に触れない理由 (ちくま新書)
クチコミを見る


元「噂の真相」の副編集長だった方の話題の本です
タブーが増えてきている原因を鋭く指摘しておられます



*元気な頃の写真を今朝も〜 
(B ちゃんからは、きれいな愛ちゃんの寝ている写真が送られてきました、ゆっくり寝ていました〜)
B ちゃんのブログから小さな頃の写真を載せさせてもらいます
皆さんから暖かいコメント、感謝です…

4ヶ月頃の愛ちゃんですよ〜

小さい頃の愛ちゃん






小さな頃の愛ちゃん2








*「バラ」と「フレンチブル」で検索してもらうと、小さな頃の写真もご覧になれるかと思います

元気な頃の「愛ちゃんの写真」を〜 右の子ですよ、左は姉ワンちゃんです

ブッヒちゃんの姫さまたち







魂鎮への道―BC級戦犯が問い続ける戦争 (岩波現代文庫)
魂鎮への道―BC級戦犯が問い続ける戦争 (岩波現代文庫)
クチコミを見る


この飯田さんは、NHKの特番で知ったのですが、穏やかな語り口ですが、非常に重いことを語っておられます。


地獄の日本兵―ニューギニア戦線の真相 (新潮新書)
地獄の日本兵―ニューギニア戦線の真相 (新潮新書)
クチコミを見る


「英霊」という言葉を軽々しく使って欲しくないと思いますね〜、まずはこういう本を読んでから言って欲しいですね



にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。

愛之助ちゃんのコーヒーカップ2




昨日洗っていて落として、カップの取っ手が取れてしまいました;;

愛之助ちゃん




後援会システムが変わって、今年は会員証が届いていますよ
(2014/05/16)

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)



昭和二十年夏、僕は兵士だった
昭和二十年夏、僕は兵士だった
クチコミを見る


この本を再読したくて探していました、爆〜


<ちょっと一言>
最近、「愛国心」を煽るメディア、それに政治家が非常に多いですね、何か怖い時代になってきているようで〜
冷静な対応を政治家には求めたいですが〜


〜閑話休題〜
ふと 気付いたことがあります
前にも口汚い攻撃を受けたときは、某県の選管に電話して問い合わせた後でした
そして、今回は某 Ust配信をしておられるところで、コメントをしました、質問です、それと存じ上げている方、もちろん顔と名前だけですが、その方にちょっと意見を書かせていただきました
すると、また攻撃が始まりました
よほど都合が悪いことでも書いたのでしょうか??
(2015/01/29 記)

<キャスでの揉め事>
ふとキャスを見たら、キャス仲間の方を口汚く罵っておられる方が…
あまりに酷いので、コラボをしたら、こちらの声は聞こえないようにして 自分の声だけを流されたのかもしれません、マイクセットがおかしいかなと思っていたら、あとで配信したら、声は聞こえていたようです

前の「事実の証拠を出しなさい」と言ったら「ありません」と言った方です、今度は「調べる費用を出せ」とか… こちらは事実はないと言っているんですから、事実だという方が証拠を出すのが当たり前と考えます

どうもあのチームの方々は法律も道徳も無視しておられるようです、その方は「色々な人の個人情報を金で買った」と豪語されていました、これって法律に違反しないでしょうか??

呆れて寝ました

〜閑話休題(2)〜
某市民活動家の方の「胡散臭さ」(実際にそうなのかは分かりません)に気付き、色々と批判していると、キャスで先週の木曜日6月5日の夜に、私の HN をキャスで何度も言いながら「謝罪を要求する」と言っている方が…
反論も許してくれないお方です
こういう人たちが、運動をダメにしていくのではないかと、私は危惧しています


<キャスの揉め事>
(19)
いまなお、某キャスで嫌がらせを続けているお人がいますね、「個人情報を掲示板に上げられた」とか言って…;;
まったく関係がありませんよ
XX を言ったと因縁を付けてきて、謝罪しろと、去年の6月頃からキャスで騒いでおられます
証拠を出してくれと言うと、調べる費用を出せとか…
呆れます、ないものは証明できないという「悪魔の証明」が分かっておられないのですね
謝罪を求めるなら、しっかりとした「証拠」を提示してくださいね、お仲間の P さんに頼んで下さいね、爆…
(2015/02/08 記)

(18) 
 ふとあるキャスを見ると、不愉快に思えることをひたすら書いているお方がおられましたよ
何を目的にされているのか さっぱり分かりません
「嫌がらせ」をされているんでしょうが…、他人の個人情報など興味もありませんし、そんなことで「批判」したことも「中傷」したこともないかと思います
もしあるというなら、その「証拠」を出して欲しいですね、出せないので「嫌がらせ」という、「某市民運動家」と称していて「実は権力の◎」のような人と同じことをされていますね
(2015/01/31 記)


(17)
某キャス主が、私の個人情報をお金で買ったと言っておられます、これって違法行為を自ら告白されているのではないでしょうか?
自分から告白は凄いことですが…爆〜
(2014/12/21 記)

(16)
深夜から 某キャス主が
誹謗中傷を何時間も続けていたようです
私は何度も「証拠を出してください」と言っていますが、いまだに「XX さんに証拠を出してもらえ」とか、ふざけたことを言っています
「言った」証拠は、言ったと仰っている「あなた」が出さないと行けないものですよ、と言っても通じないようです
(2014/12/18 記)

(15)
揉め事は雲散霧消状態です
相手方が行方不明に…爆〜
(2014/11/22 記)








Guten Morgen!! 
今朝も、目が覚めたような気がしますよ

立春も過ぎ〜

原発事故のできるだけ早期の収束を願っていますが…
いまだに事故を小さく見せようとする「公」と某企業〜
被害地域の方々に、少しでも福を〜

今日もなんくるないさ〜

♪♪♪♪♪
今朝はブリテンです


Opera! Peter Grimes
Opera! Peter Grimes


ベンジャミン・ブリテン:「ピーター・グライムズ」
サー・コリン・デイヴィス 指揮 コヴェント・ガーデン王立歌劇場管弦楽団&合唱団 の演奏です

ジョン・ヴィッカーズ(テノール)
ヘザー・ハーパー(ソプラノ)
ジョナサン・サマーズ(バリトン)、他
(録音:1978年のようです)

「ピーター・グライムズ」は「4つの間奏曲」を一度演奏したこともあり、CD を借りて一度聴いたことがありますが、CD は持っていませんでした〜
20世紀後半のオペラ作家は、このブリテンということになるかと思いますが、まったく聴いてきませんでした
20世紀にオペラをたくさん書いた作家は、前半はシュトラウス、後半はブリテンということになるんでしょうね〜
作風はまったく違いますね
ブリテンはベルクに師事したいと思っていたそうです

題材は、漁師と少年の問題、村人との葛藤などを描いていて、暗い題材です
盟友のピアーズの意見もあり、少年愛に関するところはカットしたそうですね〜

昨日は早寝したので、早朝に知りました
また訃報です
十二代目の市川團十郎丈がお亡くなりになりました
12月に舞台を休んでから静養をされていたとは思いながらも、1月も休演でしたので、相当に悪いのかとも思っていましたが〜
こんなに早いとは〜
口跡は悪く、何を言っているのか分からない感じではありましたが
舞台を投げてしまうようなところはなく、真面目で明るい舞台姿だったと〜
ご冥福をお祈りいたします 合掌

閑話休題〜
ブリテンのこのオペラ、間奏曲だけ良く演奏会でやられることが多いのは、やはりこの間奏曲良く出来ているからかもしれませんね〜
会話劇の雰囲気もありますね、後半にはピーターの大きなアリアがあるそうですが、今朝は CD1までで、そこまでは聴いていません。



今日も短めです
頑張らないように頑張ります〜今年も〜



今日も、応援ポチッをお願いします。
さらなる応援を宜しくお願いしますぅ〜  
m(_ _)m


にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
←  応援してくださいね。ミ(`w´彡) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。
1位とは相当にかけ離れてしまったですよん〜


人気ブログランキングへ
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします
m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜







次回の沖縄旅行まで、7ヶ月を切りましたよ!!


今年も行けるように〜
春も行きたいですが〜


応援している about チームの公式ブログが始まっていますよ

http://teamaboutid.ti-da.net/

そうそう、沖縄のお友だち「ゆかいな、ゆきちさんファミリー」が「FMよみたん」の Ustream に登場しておられますよ、出演ではないようです、爆〜バックナンバーの「チャリパラ」を是非ご覧くださいね〜 13分ほど経過した頃です(激爆〜)

http://www.ustream.tv/recorded/14244746

沖縄のたこ焼き食堂「ハリセンボン」さん 新たに開店されたようですよ

2011/12/11 車椅子サッカーチーム about の代表とメンバーが「FMよみたん」の番組に生出演したですよ
アーカイヴも残っていますので、皆さん、見てあげてくださいね〜
姐さんの逞しい姿も見られますよ〜ミ(`w´彡)

2012/02/05「FMよみたん」に、ボッチャクラブの指揮官殿が出演されましたよ、録画で見られますよ〜

☆☆☆
新年の6日「車椅子サッカー大会」が開催〜〜 うるま市で開催ですよ Ust配信があるかもしれません

⇒ ゆきちさんの Tw で配信されていますよ
adult が優勝です adultの優勝は3回目だそうです
aboutも頑張っていましたが…
デカ子ちゃん、正寿先生、ユキボーくんも元気な声を出していますよ


「第13回 浦添市車椅子ふれあいサッカー大会」
平成24年12月16日(日) 午前10時から

一般の部に、about、adult 2チームが出場し
adult が優勝〜 おめでとうございます〜
about が4位だったようです
お疲れさまです〜

ゆきちさんが詳しい経過をコメントで残してくださっていますよ
(2012/12/17)



♪♪♪♪♪
昨日は家にいましたよ

午前中は少しだけ地上波を見て
朝寝も〜爆〜

#okinawaの車椅子サッカーの練習 ライヴ放送されるかなと思っていたのですが、ライヴはなかったようです

午後からは爆笑問題のラジオを聞きながら昼寝をすることが多いです

昨日は3時頃に起き上がって来て
読みかけていたミステリ 一気読みをしましたよ
デボラ・クロンビーという、アメリカ生まれイギリス在住の女性の作家のようです、この作家の本は初めて読みましたが、家族愛に溢れた小説を書いているようです、事件はおぞましいものですが〜
ストーリーの組み立てが実に上手いですよ

警視の偽装 (講談社文庫)
警視の偽装 (講談社文庫)


6時過ぎに読み終わったような〜
それからは、何か面白い配信はないかなと思ったですが、なかったので、早寝ですよ

あああ、もちろん恵方巻きは食べなかったですよ、爆〜



MBS で有名な報道番組であった「種まきジャーナル」が強制終了から、もう3ヶ月ちょっとです、大阪のジャーナリストさんたちが別の放送局で同じような番組を始めようと頑張っておられます
まいどの I っさんからメールが来て、沖縄の FM局を紹介して欲しいとのこと、早速ゆきちさんにメールをしてお願いをしておきました〜
沖縄の FM 局は多数あり、障碍者問題などをしっかりと放送してくださっていますので、原発問題も扱ってもらえるとありがたいですね〜


夏天の虹―みをつくし料理帖 (角川春樹事務所 (時代小説文庫))
夏天の虹―みをつくし料理帖 (角川春樹事務所 (時代小説文庫))
クチコミを見る


ほっこりできる小説ですが、今回は…
テレビドラマが始まっているようですね〜 見ていませんが〜
ミ(`w´彡)


タブーの正体!: マスコミが「あのこと」に触れない理由 (ちくま新書)
タブーの正体!: マスコミが「あのこと」に触れない理由 (ちくま新書)
クチコミを見る


元「噂の真相」の副編集長だった方の話題の本です
タブーが増えてきている原因を鋭く指摘しておられます

♪♪♪♪♪
今日は朝一でお医者さんに行ってこようと思っていますよ


今日は今日の風が吹く〜と 
今日もなんくるないさ〜

皆さんのブログにコメントができていません
少しずつ再開していきますね〜 申し訳ありません

焦らず、ゆっくりですよね
気張らずに一日を〜
まぁ〜 なんくるないさ〜の精神で〜

どんな一日でしょうか?

今朝も、何とかブログを更新できました。

なんくるないさ〜♪
今日はどんな一日になりますか〜
I do wish to live today with eternity in a moment.


今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クチコミを見る


最近は色々な言論が出てくるようになってきました
「二元論」に過ぎるような気もしますが〜


帝国の残影 ―兵士・小津安二郎の昭和史
帝国の残影 ―兵士・小津安二郎の昭和史
クチコミを見る


書き言葉の難解さはありますが、久し振りに脳が興奮する本ですね〜。昨日、もう半分以上読んでしまいましたよ
小津の映画は大好きなんですが、意外にも評判の良くない作品が好きですよ、「お早う」とか「浮草」(これは鴈治郎はん、京マチ子さん、若尾文子さん、杉村春子さんが出ているから〜)、あまり原節子嬢は〜爆〜。「小早川家の秋」の浪花千栄子さんも凄い〜


こんな沖縄に誰がした 普天間移設問題――最善・最短の解決策
こんな沖縄に誰がした 普天間移設問題――最善・最短の解決策
クチコミを見る


大田さんの新刊です、学ぶところの多い本ですよ


魂鎮への道―BC級戦犯が問い続ける戦争 (岩波現代文庫)
魂鎮への道―BC級戦犯が問い続ける戦争 (岩波現代文庫)
クチコミを見る


この飯田さんは、NHKの特番で知ったのですが、穏やかな語り口ですが、非常に重いことを語っておられます。


地獄の日本兵―ニューギニア戦線の真相 (新潮新書)
地獄の日本兵―ニューギニア戦線の真相 (新潮新書)
クチコミを見る


「英霊」という言葉を軽々しく使って欲しくないと思いますね〜、まずはこういう本を読んでから言って欲しいですね


飆風 (文春文庫)
飆風 (文春文庫)
クチコミを見る


「私の小説論」これまた凄い内容です。命懸けで小説を書いておられる方ですね〜。

DVD付き限定版 のだめカンタービレ 第23巻 (講談社コミックスキス)
DVD付き限定版 のだめカンタービレ 第23巻 (講談社コミックスキス)
クチコミを見る


この23巻で、めでたく『のだめカンタービレ』は終わりになるそうです。
24巻、25巻も出ていますね〜

のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪
フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜

『のだめカンタービレ』映画版のサイトですぅ〜
映画はもう終わっているようですよ〜
DVD は持っていますが、まだ見ていませんよ〜、爆〜


にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。

愛之助ちゃんのコーヒーカップ2




昨日洗っていて落として、カップの取っ手が取れてしまいました;;

愛之助ちゃん




10月が誕生月だったのでカードが届きましたよ
後援会のシステムが変わったようで、今年は届きませんでした〜;;
(2012/11/05)

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
クチコミを見る


かなり面白いですよ。再読しています。
本当に、学ぶことが多くある本ですよ〜。
色々とマスコミでは知り得ない情報も教えてもらえますよ〜。


昭和二十年夏、僕は兵士だった
昭和二十年夏、僕は兵士だった
クチコミを見る


この本を再読したくて探していました、爆〜

戦争の世紀を超えて
戦争の世紀を超えて
クチコミを見る


非常に重い内容の本です、ですが考えなければならない問題だと思います。文庫版が出ているんですね、私はアマゾンに出品されていた単行本を買いました。


<原子力関係の情報源>
毎回紹介していますが、先週から連日に渡り、ネットで記者会見をして、様々な情報を提供してくれているところが「原子力資料研究室」です。反原発団体のサイトのようですが、原発賛成派は反論をまったくしておりませんので、今のところ分かりません。(ググっていただけるとすぐに出てくると思います)。

http://www.ustream.tv/channel/iwakamiyasumi5

ここでは、原子力プラントの元日立、東芝の技術者が原発の設計の説明、今の状況などを非常に分かりやすく説明してくださっています。設計した立場からの問題点を挙げてくださっています。
上のサイトは、昨日の記者会見の模様です。

昨日も掲載しましたが、もう一度〜
福島第一原発の現状を、ジャーナリストの広瀬隆氏が解説されているものです。

ニュースの深層「福島原発事故」
1/3 http://bit.ly/edfGyg
2/3 http://bit.ly/hGY8WD
3/3 http://bit.ly/fsmHg0

それに加えて、「ホンマでっかテレビ」でも有名な、武田邦彦さんもブログで発信をされています
http://takedanet.com/

結局は自分で判断するしかないですね〜 その判断が正しいかどうかは問題ではないのではないかなと思ったりもします。
判断をする際の「情報公開」こそが大事なのではないでしょうか??

<追記>(4月9日)
それにしても、某電力会社の会見は本当に酷いですね
「いずれ」「検討」ということの2つの言葉が本当にお好きなようです、ですが執行役員が殆ど会見に出ておいでないのは何か理由でもあるのでしょうか?? 私が記者なら、ボイコットします、「役員を出すまで質問しない!」と言ってしまいたいですが、誰も仰いません、フリーのジャーナリストの方々もです、Twitter などで呼びかけていますが、まったく返事もありませんが〜爆〜

<追記>
執行役員の方々はもっと強かでした;;
もうどうしようもない状態ですね
救済法案まで通りそうです;;

<ちょっと一言>
この頃の政治状況には呆れかえっていますよ
上の方で書くと、ポチが減ってしまうような〜爆〜
(2012/06/06)

あんな悲惨な事故があったにも関わらず、まだ原発を推進しようとする方々が多いことに呆れています
お金なんでしょうね〜;;
(2012/06/11)

万事金世中〜;;
残念〜
(2012/06/19)

新しいMacBookPro15 Retinaですよ

MacBookPro15





MacBookPro15




<ちょっと一言>
最近、「愛国心」を煽るメディア、それに政治家が非常に多いですね、何か怖い時代になってきているようで〜
冷静な対応を政治家には求めたいですが〜


<ちょっと一言>
最近ガマンができなくなっていないか?
文句が多くないか?
と、反省です〜

<ちょっと一言>
営業成績の良い方々、どうしてなのか、さっぱり分からないですね
分かっているような気もしますが、矛盾していますよね
何かの努力とは殆ど関係ないようにも思います
この稼業では「話が上手い」こと、強引な説得力(それは優しい口調であろうと、傲慢であろうとどちらでも良いように思います)があるかどうかですね
どちらも自分がやりたいとは思えないものですし、やれるとも思いませんので、自分なりの仕事をして、去って行くだけかと〜
(2012/10/21)


<ちょっと一言>
昨日昼過ぎに、MacBookAir が修理を終えて帰って来ましたよ
ロジックボードの交換だったようです

仕事では反省すべきことが;;
言ってしまってから後悔ですよ
後悔先に立たず;;
(2012/12/21)

<ちょっと一言>
もう演奏活動に復帰することはないかなと思います
とても私には理解できない「論理」というか、「自分たちだけの理屈」で運営されているところが多いですね、それに対して何とも思わない人たち、この人たちが一番の癌だと思いますね
放っておきますよ、関わらないこと、これしかありません
(2013/01/13)


3

Guten Morgen!! 

今朝は、3時前起きです

昨日は仕事からは7時半頃帰ってきました
疲れて、食事中に寝てしまったようですよ、爆〜

今日で4月も終わりですね、本当に早いですね〜

まぁ、なんくるないさ〜

金比羅歌舞伎の観劇記は下の方に載せようと思っています。

♪♪♪♪♪
今朝はモツアルトです、超久し振りにゼルキン師の演奏です。

ウィーン・フィルと名指揮者達 ユージン・オーマンディ編 [DVD]


モツアルト:ピアノ協奏曲 第21番 ハ長調 K.467
ルドルフ・ゼルキン師(ピアノ)
ユージン・オーマンディ師 指揮 ヴィーナー・フィルハーモニカーの演奏です
(収録:1963年6月9日 アン・デア・ウィーン劇場)

音楽DVDはあまり買いません、見ないからです、爆〜
映像を見ながら音楽を聴いているのがしんどいからかもしれません。

ですが、ゼルキン師の晩年、ヴィーンで行ったリサイタル、オーマンディ師の演奏などは何枚か持っています。

このDVDが発売されると知り、早めに予約していました。
届いてから、そのままにしておいたのですが、今朝、聴いてみようかと〜。

モノラル録音、白黒画像ですが、音も良いですし、映像も鮮明ですよ。冒頭のオケストラのトゥッティから、オーマンディ師の鮮やかな棒さばき、素晴らしいですね〜。

ゼルキン師、この演奏当時、60歳頃の脂の乗った時期の演奏です。
私がライヴで聴いた音に近い音がしています。柔らかく、優しいピアノの音です。テクニークも万全ですね〜。
映像で見ると、あの音を出すために、どんな工夫をしているのかも、少しは分かりますよ〜。

ヴィーナー・フィルハーモニカーの演奏、これも真面目に演奏していますね〜。オーマンディ師はマエストロ・トスカニーニ派の指揮者ですが、ヴィーナー・フィルハーモニカーには好かれていたと聞いたことがあります。

これほど、ピアノとオケストラが一体になった演奏も珍しいかと思います。2楽章のゆっくりしたところで、ゼルキン師のピアノ、長い音符、ピアノでは音を延ばすことはできないのですが、あたかもそれが延びているかのように感じます。この辺り、やはり名人の演奏ですね〜。

オーマンディ師の伴奏、ピカイチですね〜、やはり上手いものです、棒は非常に見やすいですね、フィラデルフィアでは見にくいといわれていたそうですが、私が見ている限り、分かりやすくて良いですけどね〜。


今朝も少し短めです。
 
♪♪♪♪♪
昨日は早出で、6時半頃出かけました。
連休中なので、高速で事故渋滞などがあってはいけないと思ってのことですが、空いていました、上りは〜。下り路線は、動かない状態だったですよ〜。
いつもよりも早めに高速を降りて、吉野家で朝食です
その後、保険屋さんの事務所に寄って、入院していた車を受け取りに行きました。
それから仕事先に向かいました。8時前に到着です。

仕事先に着いてからは、少し準備をしてから、喧しいので20分ほど散歩です。散歩は良いですね〜。
9時から1時頃まで仕事をして、休憩をはさみながら、5時半頃までの仕事です。昨日は早めに帰れました。6時頃仕事先を出ました。
運良く高速も混んでいなかったのですが、眠かったのでSAでアイスを食べて、休憩もしましたよ。

帰ってきたのは7時半頃です。
お腹が空いていたので、すぐに夕食です
食べている最中に眠くなって、そのまま寝てしまったようですよ

今日も、なんくるないさ〜爆〜

次回の沖縄旅行まで、あと3ヶ月弱ですよ!! 

『女の道は一本道にございます。定めに背き、引き返すは恥にございますよ』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(「篤姫」が終わってしまったのが残念なのは私だけでしょうか〜。)

今日は市内での仕事です。連休中ですから道は混んでいないものと思います。

今日は、金比羅大歌舞伎・観劇記は下の方に載せられるかどうか〜

今朝も、何とかブログを更新できました。

なんくるないさ〜♪
今日はどんな一日になりますか〜
「一瞬に永遠を宿しながら」生きることが出来ると良いですが〜。
今日もゆるゆると〜

今日も穏やかに過ごしたいものですが〜。
今日は、どんな一日でしょうか? 

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。
さらなる応援を宜しくお願いしますぅ〜  
m(_ _)m

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
←  応援してくださいね。ミ(`w´彡) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

魂鎮への道―BC級戦犯が問い続ける戦争 (岩波現代文庫)
魂鎮への道―BC級戦犯が問い続ける戦争 (岩波現代文庫)
クチコミを見る


この飯田さんは、NHKの特番で知ったのですが、穏やかな語り口ですが、非常に重いことを語っておられます。


地獄の日本兵―ニューギニア戦線の真相 (新潮新書)
地獄の日本兵―ニューギニア戦線の真相 (新潮新書)
クチコミを見る


「英霊」という言葉を軽々しく使って欲しくないと思いますね〜、まずはこういう本を読んでから言って欲しいですね


谷崎潤一郎犯罪小説集 (集英社文庫 た 28-2)



塩壷の匙 (新潮文庫)
塩壷の匙 (新潮文庫)
クチコミを見る


これを読み始めています〜
反時代的毒虫 (平凡社新書)
反時代的毒虫 (平凡社新書)
クチコミを見る


白州正子女史の対談が一番面白かったですよ〜

飆風 (文春文庫)
飆風 (文春文庫)
クチコミを見る


「私の小説論」これまた凄い内容です。命懸けで小説を書いておられる方ですね〜。

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)
クチコミを見る


大不況には本を読む (中公新書ラクレ)
大不況には本を読む (中公新書ラクレ)
クチコミを見る


面白い本なのですが、なかなか進みません〜


DVD付き限定版 のだめカンタービレ 第23巻 (講談社コミックスキス)
DVD付き限定版 のだめカンタービレ 第23巻 (講談社コミックスキス)
クチコミを見る


この23巻で、めでたく『のだめカンタービレ』は終わりになるそうです。
22巻もまだ読んでいないんですよ〜

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪

『のだめカンタービレ』映画版のサイトですぅ〜

絶賛上演中ですよ〜 まだ観ていないですが…
前売り券を買うと特典も付いているそうですよ。(^o^)
(Gummoさんのご指摘を受け、文章を変えました〜 m(_ _)m  〜)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。

愛之助ちゃんのコーヒーカップ2




去年、年末に愛之助ちゃんの後援会から送られてきたプレゼントのコーヒーカップで、珊瑚ロースト35コーヒーを飲んでいます〜。飾ってありましたが、カップも使ってあげないとね〜 ミ(`w´彡)

4月の琴平、金丸座の公演、行こうかと思い、後援会にチケットを頼みました。チケットがようやく届きました〜 (^_^)v 25日の千穐楽に応援に行きますよ〜。
5月は御園座で、亀治郎くんと競演ですよ、名古屋に行こうと思っています〜。チケットは後援会に頼みましたよ♪


歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
クチコミを見る


かなり面白いですよ。再読しています。
本当に、学ぶことが多くある本ですよ〜。
色々とマスコミでは知り得ない情報も教えてもらえますよ〜。


金丸座3金丸座3






〜4月 琴平 金丸座 金比羅大歌舞伎・観劇記(3) 〜
第2部は通し狂言です。金比羅歌舞伎で通しが出るのは初めてであったようですよ。
【第二部】(午後3時開演)
『通し狂言 敵討天下茶屋聚』
元右衛門、片岡造酒守:市川亀治郎
弥助:中村翫雀
東間三郎右衛門:片岡愛之助
早瀬伊織:中村亀鶴
伊織妻、染の井:上村吉弥
伊織弟:尾上右近
伊織許嫁:中村壱太郎
嵐橘三郎、他〜

この狂言、亀治郎オンステージでした。
「天下茶屋」は翫雀丈が松竹座で先年やられましたが、まったくの別物のような面白さだったです。
亀治郎くん、猿之助丈よりも細めですが、愛嬌たっぷりの芝居、客席はヤンヤの喝采ですよ〜。
こんな面白い芝居は久しぶりで観ましたよ〜。
この座組も良いですね〜。
元右衛門の亀治郎くんは舞台狭しと走り回っておられました。逃げるところでは客席、ハシゴを使って二階席にも、爆〜。
元右衛門が死ぬところでは、何かしたようで、吉弥さん、壱太郎くん、笑ってしまって、台詞が〜、爆〜。
愛之助ちゃんは笑っていなかったですが〜。

伊織役の亀鶴くん、妻の吉弥さん、いずれも上々吉、弟役の右近くん、許嫁の壱太郎くんもなかなかの出来、この一座ではどんな芝居も出来るな〜と思ったですよ。

愛之助ちゃんの悪役、色悪でしょうが、堂に入っている感じがしますよ。

「今月はこれ切り」で終わったのですが、お客さんは帰りません、拍手も鳴りやまず、期待していた挨拶があったですよ〜。
亀治郎くん、愛之助ちゃん、吉弥さん、橘三郎さん、壱太郎くん、右近くんと並んだですよ。亀治郎くんから一人ずつ挨拶ですよ。
ホンマに話すのも上手い亀治郎くんですが、ちょっとつまったりも、爆〜。お疲れであったんだと思います。愛之助ちゃんは「私は悪役をやっていますが、悪い人ではないんですよ」と〜。
橘三郎さんは挨拶があり、喜んでおられたですね、吉弥さん、言葉につまっておられて、そこがまた良かったですよ〜。
「一本締め」と亀治郎くんが良いながら、三本締めに、爆〜
隣の愛之助ちゃんが亀治郎くんに「えええ」という顔で笑って、亀治郎くんは苦笑いです〜。

金比羅大歌舞伎、この座組だとまた行きたいですね〜。
当て逃げとか色々ありましたが、愉快な1日だったですよ〜。


3


Guten Morgen!! 

今朝は、2時半頃起き上がってしまいました
深夜起きです

昨日は8時過ぎに寝たような、爆〜

まぁ、なんくるないさ〜

金比羅歌舞伎の観劇記は下の方に載せようと思っています。

♪♪♪♪♪
今朝はR・シュトラウスです。

Tone Poems (Bril)
Tone Poems (Bril)
クチコミを見る


R・シュトラウス:交響詩『ツァラトゥストラはかく語りき』作品30
ヴォルフガング・サヴァーリッシュ 指揮 フィラデルフィア・オケストラの演奏です。
(録音時期:1996年4月29日、5月3,4日 録音場所:ニュー・ジャージー州、コリングスウッド、ジャンドメニコ・スタジオ)

サヴァーリッシュさん、確か引退されたと思います。
奥さんを亡くされてから急に老け込まれた感じがしましたよね〜。
颯爽とした指揮振りが有名だったですし、優美な指揮も〜。
NHK響の最後の来日公演、見ていて痛々しかったですよ。

ミュンヘンでもオペラを一度見ましたし、来日公演のオペラも何度も観ました。ひょっとしたらライヴでは一番演奏に触れている指揮者かもしれませんね〜。

サヴァーリッシュさんがフィラデルフィアの音楽監督になったときは驚きました。ミュンヘンのオペラの監督を辞めてですからね〜。
それに、サヴァーリッシュさんは、あのフランス系のスイス・ロマンドをドイツ系に変えてしまった指揮者ですし、爆〜。フィラデルフィアには合わないのではないかと思っていました。
ですから、CDをこれまで買ってきませんでした。
このCDは、サヴァーリッシュがフィラデルフィアを振った録音としては初めて買ったものです。

やはりサヴァーリッシュさんのシュトラウスは良いですね
それにオケストラがまだまだ上手いですよ〜。
フィラデルフィアはかなり力が落ちていると言われています。

きらきらした弦楽器、木管の名手たち、金管の華やかさ
この頃はまだ健在だったんですね〜
この曲は、一度は演奏してみたい曲です、非常に美味しい曲なんです、きっと機会に恵まれることはないかと思いますが〜。

それに、この曲、軽薄な曲だと言われていますが、ニーチェの「ツァラトゥストラ」との関係を付けようと思うから、そう思う方もおられるのかもしれませんね〜。そんなことを無視して聴けば、やはり良い曲だと思いますよ〜。

この2枚組、HMVでは1000円以下ですよ〜。お買い得盤ですね〜

今朝も少し短めです。
 
♪♪♪♪♪
昨日は喫茶店から帰ってきて、少しだけ仕事の準備をして、
8時過ぎに仕事に出かけました。この時間帯は高速は混んでいないようで、1時間弱で行けるということが分かりました。事故がない場合ですが〜。

仕事は11時から5時半頃までです。
昨日は仕事先から、苦情を言われました、爆〜
好き勝手言っていますから〜、でも信じているところを話しています、ですから後悔はまったくありません。
こちらは「正しい」と思うことを話しているつもりです、もちろん「正しい」かどうかは分かりませんが〜。
人と意見が違う、当たり前のことです、伝聞の伝聞では、こちらの意図はまったく伝わらないですよね〜。
なんか雰囲気が悪いですよ〜
なんくるないさ〜 爆〜

帰ってきたら、7時過ぎです
疲れました、仕事ではなく、休憩時間に〜爆〜
仕事の合間は散歩、昼食、仕事先の先輩に聞いたお店、少し高めですが、美味しかったですよ、毎週、あそこにします〜

夕飯を食べていて、眠くなり、8時過ぎには寝てしまいました〜

今日も、なんくるないさ〜爆〜

次回の沖縄旅行まで、あと3ヶ月弱ですよ!! 

『女の道は一本道にございます。定めに背き、引き返すは恥にございますよ』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(「篤姫」が終わってしまったのが残念なのは私だけでしょうか〜。)

今日は内科の予約日です、歩いて出かける予定です
その後、午前中に少しお出かけしてきます
たまには出かけたりもしないと、ストレスに、爆〜

今日も、金比羅大歌舞伎・観劇記は下の方に載せますよ〜

今朝も、何とかブログを更新できました。

なんくるないさ〜♪
今日はどんな一日になりますか〜
「一瞬に永遠を宿しながら」生きることが出来ると良いですが〜。
今日もゆるゆると〜

今日も穏やかに過ごしたいものですが〜。
今日は、どんな一日でしょうか? 

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。
さらなる応援を宜しくお願いしますぅ〜  
m(_ _)m

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
←  応援してくださいね。ミ(`w´彡) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

魂鎮への道―BC級戦犯が問い続ける戦争 (岩波現代文庫)
魂鎮への道―BC級戦犯が問い続ける戦争 (岩波現代文庫)
クチコミを見る


この飯田さんは、NHKの特番で知ったのですが、穏やかな語り口ですが、非常に重いことを語っておられます。


地獄の日本兵―ニューギニア戦線の真相 (新潮新書)
地獄の日本兵―ニューギニア戦線の真相 (新潮新書)
クチコミを見る


「英霊」という言葉を軽々しく使って欲しくないと思いますね〜、まずはこういう本を読んでから言って欲しいですね


谷崎潤一郎犯罪小説集 (集英社文庫 た 28-2)



塩壷の匙 (新潮文庫)
塩壷の匙 (新潮文庫)
クチコミを見る


これを読み始めています〜
反時代的毒虫 (平凡社新書)
反時代的毒虫 (平凡社新書)
クチコミを見る


白州正子女史の対談が一番面白かったですよ〜

飆風 (文春文庫)
飆風 (文春文庫)
クチコミを見る


「私の小説論」これまた凄い内容です。命懸けで小説を書いておられる方ですね〜。

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)
クチコミを見る


大不況には本を読む (中公新書ラクレ)
大不況には本を読む (中公新書ラクレ)
クチコミを見る


面白い本なのですが、なかなか進みません〜


DVD付き限定版 のだめカンタービレ 第23巻 (講談社コミックスキス)
DVD付き限定版 のだめカンタービレ 第23巻 (講談社コミックスキス)
クチコミを見る


この23巻で、めでたく『のだめカンタービレ』は終わりになるそうです。
22巻もまだ読んでいないんですよ〜

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪

『のだめカンタービレ』映画版のサイトですぅ〜

絶賛上演中ですよ〜 まだ観ていないですが…
前売り券を買うと特典も付いているそうですよ。(^o^)
(Gummoさんのご指摘を受け、文章を変えました〜 m(_ _)m  〜)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。

愛之助ちゃんのコーヒーカップ2




去年、年末に愛之助ちゃんの後援会から送られてきたプレゼントのコーヒーカップで、珊瑚ロースト35コーヒーを飲んでいます〜。飾ってありましたが、カップも使ってあげないとね〜 ミ(`w´彡)

4月の琴平、金丸座の公演、行こうかと思い、後援会にチケットを頼みました。チケットがようやく届きました〜 (^_^)v 25日の千穐楽に応援に行きますよ〜。
5月は御園座で、亀治郎くんと競演ですよ、名古屋に行こうと思っています〜。チケットは後援会に頼みましたよ♪


歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
クチコミを見る


かなり面白いですよ。再読しています。
本当に、学ぶことが多くある本ですよ〜。
色々とマスコミでは知り得ない情報も教えてもらえますよ〜。


〜4月 琴平 金丸座 金比羅大歌舞伎・観劇記(2) 〜

二『棒しばり』
中村翫雀
中村亀鶴
片岡愛之助

亀鶴くん、男前ですね〜 軽妙な演技もええですわ
若々しいし、鴈治郎を継いでほしいくらいですわ〜
ああいう華がないと、鴈治郎には寂しいですわ
愛之助ちゃん、可愛らしかったですよ、爆〜

翫雀丈、頑張っていましたよ、でも素に見える瞬間があるんですよね、それと役が異なっても、声がいつも同じ感じがしますね〜

三『浮世風呂』
市川亀治郎
中村壱太郎

この舞踊は、市川猿翁さんが初演したもので、今の猿之助さんの当たり役を亀治郎くんが踊るということです、澤潟屋の出し物ですね〜。

踊り、上手いですわ、亀治郎くん、もう少し恰幅が出た方が、三助に見えると思ったですが〜。
なめくじ役の壱太郎くんが妙な色気があって、面白かったです。ですが、翫雀丈がなめくじに出たら面白かったかなと〜。

最後に、立ち回りになり、亀治郎くんは、風呂桶を積んだ山の上に乗り、見得を切って幕になります、格好が良いですね〜。
身体の切れがいいです、亀治郎くん、踊りでも若手ではピカイチかもしれませんね〜。5月の御園座の舞踊が楽しみですね〜。
それと、サーヴィス精神満点、猿之助さん譲りかな〜。声が段四郎さんではなく、猿之助さんに似ていますわ〜。

<続く>






3

Guten Morgen!! 

今朝は、3時過ぎです
定時起きかもですね〜

昨日の午前中に実家から戻り、保険屋さんに電話したりしていました。

まぁ、なんくるないさ〜

金比羅歌舞伎の観劇記は下の方に載せようと思っています。

♪♪♪♪♪
今朝もシュベルトです。室内楽ではありませんが〜。

Schubert: Symphonies (Complete) [Box Set]
Schubert: Symphonies (Complete) [Box Set]
クチコミを見る


Schubert: Symphony No. 9
Schubert: Symphony No. 9
クチコミを見る


フランツ・シュベルト:交響曲第9番 ハ長調 D.944『グレイト』
リッカルド・ムーティ 指揮 ヴィーナー・フィルハーモニカーの演奏です
(録音:1986-93年の間だそうです)

この廉価盤、かなり前に買っていて、少しずつ聴いてはいたのですが、どういう訳か、ブログには書いてきませんでした。

ムーティの録音は、フィラデルフィアとの演奏はかなり集めています。これはフィラデルフィアを聴きたいということで〜。ムーティという指揮者、マゼールとともに、いまだに良く分かりませんですよ、爆〜。
ムーティの古典の演奏はベトベンの全集も持っています。ごくたまに聴きますが〜。

いつも若いように思っていましたが、ムーティももう70歳くらいではないでしょうか〜。はっきりと覚えていないのですが〜。
ヴィーナー・フィルハーモニカーの演奏会にもよく出ていますよね、かなり要求は五月蠅そうなムーティを呼んでいるということは、ヴィーナー・フィルハーモニカーに好かれているのでしょうか?
その辺りのことは分かりません。

演奏はオーソドックスなものです。奇を衒ったようなところはありません。ジュリーニのシカゴ盤を聴いたときは驚きましたが、そういう驚きの箇所はありません。

ヴィーナー・フィルハーモニカーの演奏は良いものですよ。ルーティンワーク的な感じがしません。きっとムーティも、マエストロ・トスカニーニやショルティのように指示がうるさいのかもしれませんね〜。ムーティのモツアルト、ベトベンの交響曲は少しテンポが速すぎるような気がするのですが、このシュベルトはそんなことはありません。

1楽章の繰り返しもやっています。4楽章の繰り返しも〜。
ちょっと驚きました、爆〜。この曲は非常に長いです、特に4楽章、非常にしんどい曲です、その一番しんどいところを繰り返し、爆〜。録音でないと有り得ないことかもしれませんね〜。

どの楽章も良く歌っている演奏です。やはりイタリア系というのが影響しているのでしょうか?テンポの設定などは、マエストロ・トスカニーニほどの速さではなく、真っ当なものですね。
第4楽章はかなりテンポをいじっていますが、嫌みはありませんね〜。

ムーティの演奏は、どの演奏も水準は非常に高いと思います。ですが、日本ではそれほど人気があるようにも思えないのですが、どうなのでしょうか?

このシュベルトの廉価盤、HMVだと4枚組で2000円弱ですよ、お買い得盤だと思いますね〜。

今朝も少し短めです。
 
♪♪♪♪♪
昨日は9時半頃実家から戻ってきました。
保険屋さんに電話です。相手方の保険屋さんからも電話があり、こちらの保険屋さんに電話です。

保険屋さんが車を見に来てくださるということで、少し時間があったので、練習をしました。基礎練習とリードの調整です。
車は入院しましたよ、昨日〜。

昨日は定食屋さんは休みました、お昼はラーメンにしました。朝、実家でいっぱい食べていたんで〜。

3時頃から昼寝、5時頃まで寝たような、起き上がってきてからは、ボケッと~でも、少しだけ練習をしました
デタッシェの難しいところ、指遣いの難しいところ、リードの調整などです〜。

昨日の夜はDVDを見たりしていて、寝たのは10時半頃です

今日も、なんくるないさ〜爆〜

次回の沖縄旅行まで、あと3ヶ月弱ですよ!! 

『女の道は一本道にございます。定めに背き、引き返すは恥にございますよ』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(「篤姫」が終わってしまったのが残念なのは私だけでしょうか〜。)

今日は仕事日です。8時過ぎに出かけようと思っています。
帰りは7時頃かな〜

今朝も、何とかブログを更新できました。

なんくるないさ〜♪
今日はどんな一日になりますか〜
「一瞬に永遠を宿しながら」生きることが出来ると良いですが〜。
今日もゆるゆると〜

今日も穏やかに過ごしたいものですが〜。
今日は、どんな一日でしょうか? 

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。
さらなる応援を宜しくお願いしますぅ〜  
m(_ _)m

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
←  応援してくださいね。ミ(`w´彡) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

魂鎮への道―BC級戦犯が問い続ける戦争 (岩波現代文庫)
魂鎮への道―BC級戦犯が問い続ける戦争 (岩波現代文庫)
クチコミを見る


この飯田さんは、NHKの特番で知ったのですが、穏やかな語り口ですが、非常に重いことを語っておられます。


地獄の日本兵―ニューギニア戦線の真相 (新潮新書)
地獄の日本兵―ニューギニア戦線の真相 (新潮新書)
クチコミを見る


「英霊」という言葉を軽々しく使って欲しくないと思いますね〜、まずはこういう本を読んでから言って欲しいですね

塩壷の匙 (新潮文庫)
塩壷の匙 (新潮文庫)
クチコミを見る


これを読み始めています〜
反時代的毒虫 (平凡社新書)
反時代的毒虫 (平凡社新書)
クチコミを見る


白州正子女史の対談が一番面白かったですよ〜

飆風 (文春文庫)
飆風 (文春文庫)
クチコミを見る


「私の小説論」これまた凄い内容です。命懸けで小説を書いておられる方ですね〜。

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)
クチコミを見る


大不況には本を読む (中公新書ラクレ)
大不況には本を読む (中公新書ラクレ)
クチコミを見る


面白い本なのですが、なかなか進みません〜


DVD付き限定版 のだめカンタービレ 第23巻 (講談社コミックスキス)
DVD付き限定版 のだめカンタービレ 第23巻 (講談社コミックスキス)
クチコミを見る


この23巻で、めでたく『のだめカンタービレ』は終わりになるそうです。
22巻もまだ読んでいないんですよ〜

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪

『のだめカンタービレ』映画版のサイトですぅ〜

絶賛上演中ですよ〜 まだ観ていないですが…
前売り券を買うと特典も付いているそうですよ。(^o^)
(Gummoさんのご指摘を受け、文章を変えました〜 m(_ _)m  〜)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。

愛之助ちゃんのコーヒーカップ2




去年、年末に愛之助ちゃんの後援会から送られてきたプレゼントのコーヒーカップで、珊瑚ロースト35コーヒーを飲んでいます〜。飾ってありましたが、カップも使ってあげないとね〜 ミ(`w´彡)

4月の琴平、金丸座の公演、行こうかと思い、後援会にチケットを頼みました。チケットがようやく届きました〜 (^_^)v 25日の千穐楽に応援に行きますよ〜。
5月は御園座で、亀治郎くんと競演ですよ、名古屋に行こうと思っています〜。チケットは後援会に頼みましたよ♪


歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
クチコミを見る


かなり面白いですよ。再読しています。
本当に、学ぶことが多くある本ですよ〜。
色々とマスコミでは知り得ない情報も教えてもらえますよ〜。



〜4月 琴平 金丸座 金比羅大歌舞伎・観劇記(1) 〜

金丸座1金丸座1






昼の部は11時からの開演です。
枡席はどんな人が座っているかで変わりますね、爆〜
昼の部は大きな女性がドンと座っていて、狭かったですよ、爆〜


【第一部】(午前11時開演)
『源平布引滝・義賢最期』 よしかたさいご
木曾義賢:片岡愛之助
小万:市川亀治郎
多田行綱:中村翫雀
進野次郎:中村亀鶴
待宵姫:中村壱太郎
葵御前:上村吉弥
嵐橘三郎、他〜

この演目、仁左衛門さんの最近観ましたが、いつだったかは忘れました。愛之助ちゃんのは初めてなんですよ。初演は行っていないので〜。

良くできた芝居ですね、それぞれの役にしどころがある狂言だと思います。仁左衛門さんのはおそらく最後だろうと思い、観に行きました。最後のところだけがクローズアップされますが、前半も面白い芝居だと思いますね〜。そうそう、孝夫時代にも何度か観ているような、その頃の孝夫さんは今の愛之助ちゃんと同じくらいの年齢だったですね〜。あの頃は猿之助さんたちと一座をしていた、花形公演だったですよ〜。

感心したのは、亀鶴くんの悪役、顔が立派すぎて〜
段々初代の鴈治郎はんに似てきている気がするのは私だけでしょうか?

子役の太郎吉、可愛かったですよ。葵御前の吉弥さん、きれいですね、まだまだお婆さん役は早いですよ。翫雀丈のこういう役、安心してみていられますね〜。
橘三郎さんの爺さん役、はまっていて良かったです。
立ち回りは、舞台が狭いですから、大がかりではないですが、客席に落ちてしまう怖さはあるでしょうね〜。
愛之助ちゃんも60歳代で出来るでしょうか? それよりも、私が観られるでしょうか?

この座組、良いですね〜。若々しいし〜 亀治郎くんの小万も殊勝な出来ではないでしょうか〜。

<続きます>



2

Guten Morgen!! 

今朝は、4時過ぎ起きですよ

昨日は愉しい1日でもあり、御難続きでもありました、爆〜

琴平での当て逃げ、高速を降りてから実家への道が分からず(爆〜)迷子〜
それでも、一応無事のようです

まぁ、なんくるないさ〜

金比羅大歌舞伎1




♪♪♪♪♪
今朝はシュベルトです。弦楽四重奏曲です。

シューベルト:弦楽四重奏曲「死と乙女」  ほか
シューベルト:弦楽四重奏曲「死と乙女」 ほか
クチコミを見る


フランツ・シュベルト:弦楽四重奏曲 ニ短調 第14番「死と乙女」
カペー四重奏団の演奏です。
(1928年の録音のようです)

この前、ハイドンを聴きましたが、今朝はシュベルトです。
1928年にこんな演奏をしていたのかと驚いています。

ブッシュ四重奏団の厳しい演奏よりも、あっさりとした感じがします。ですが、音楽は実に豊かです。これって何なんでしょうね〜
音も意外に聴きやすいですよ。音程もリズムも良いです。

4本の楽器の一体感、実に素晴らしいです。
音楽の技術面では、20世紀に相当に良くなったと思いますが、音楽の表現面ではどうなのでしょうか?
このカペー四重奏団、それにブッシュ四重奏団の演奏などを聴くと、表現面ではいわゆる「進歩」などないのかもしれないと思ってしまいます。

自分も演奏をしていますから、色々と考えさせられる演奏です。
演奏って??何なんでしょうか?


今朝も少し短めです。
 
♪♪♪♪♪
昨日は6時、実家から琴平に向かいましたよ。
距離は片道250キロくらいでしょうか、初めての道ですし、高速は迷わなかったのですが、高速を降りてから、金丸座までは迷いました、爆〜。

途中で信号待ちをしていると、後ろからどすん;;
当てられました;; 赤でとまっていたのに、爆〜
車から降りて、運転手のところへ行くと、止まるどころか、ゆっくりと進んで交差点を左折して、寄っていくと、走り去っていきます;;

アカンと思ったとき、同乗の老母がバックナンバーの一部をメモってくれていました。それから止まれるところへ行き、警察に通報、芝居の時間は迫っているので焦りましたよ。
10分くらいで警察が来てくれました。警察嫌いの私は、若干の悶着もありました、爆〜。色々と話しているときに、「犯人が派出所に出頭した模様です」とのこと、警察とともにこちらに向かっているところですとのことです。

犯人のじいちゃんは「曲がってから待っていたら、行ってしまった」と、アホな〜 どこかへ行ってしまったのに;;
出頭したということでお咎めはないそうだったですよ、ええ加減やね〜 K川県警察〜 じいちゃん、もう運転は無理ですわね

金比羅大歌舞伎2





それから金丸座へ〜
枡席には、大きなお姉さまがドンと座っていて、座る場所が、爆〜
前から2列目で、愛之助ちゃん、亀治郎くんはよく見えました。
舞台が低いので、見やすい劇場ですね〜。
昼の部は11時開演で、2時に終演
夜の部は3時開演で、6時半に終演

芝居は夜の部が圧倒的に面白かったですよ
観劇記は、明日にアップしますね〜
亀治郎オンステージ状態、千穐楽で、カーテンコール、挨拶、亀治郎くん、愛之助ちゃん、右近くん、壱太郎くん、橘三郎さん、吉弥さんの順だったですよ、亀治郎くんの音頭での一本締めが、三本締めに、爆〜 苦笑いの愛之助ちゃん、首をかしげている亀治郎くん〜
それで終演でしたよ

7時に出発、10時過ぎに高速を降りたのですが
実家へ帰る道が分かりません、爆〜
あちこち聞き回ったのですが、夜道ですし、初めての道、それに道路標識が分かりにくいですよ;;
老母に当たってしまいました;;

ですが、11時半頃ようやく着きましたよ。


なんくるないさ〜爆〜

次回の沖縄旅行まで、あと3ヶ月弱ですよ!! 

『女の道は一本道にございます。定めに背き、引き返すは恥にございますよ』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(「篤姫」が終わってしまったのが残念なのは私だけでしょうか〜。)

今日は朝食後に自宅に戻ります。
明日の仕事の準備などを〜

今朝も、何とかブログを更新できました。

なんくるないさ〜♪
今日はどんな一日になりますか〜
「一瞬に永遠を宿しながら」生きることが出来ると良いですが〜。
今日もゆるゆると〜

今日も穏やかに過ごしたいものですが〜。
今日は、どんな一日でしょうか? 

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。
さらなる応援を宜しくお願いしますぅ〜  
m(_ _)m

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
←  応援してくださいね。ミ(`w´彡) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

魂鎮への道―BC級戦犯が問い続ける戦争 (岩波現代文庫)
魂鎮への道―BC級戦犯が問い続ける戦争 (岩波現代文庫)
クチコミを見る


この飯田さんは、NHKの特番で知ったのですが、穏やかな語り口ですが、非常に重いことを語っておられます。


地獄の日本兵―ニューギニア戦線の真相 (新潮新書)
地獄の日本兵―ニューギニア戦線の真相 (新潮新書)
クチコミを見る


「英霊」という言葉を軽々しく使って欲しくないと思いますね〜、まずはこういう本を読んでから言って欲しいですね

塩壷の匙 (新潮文庫)
塩壷の匙 (新潮文庫)
クチコミを見る


これを読み始めています〜
反時代的毒虫 (平凡社新書)
反時代的毒虫 (平凡社新書)
クチコミを見る


白州正子女史の対談が一番面白かったですよ〜

飆風 (文春文庫)
飆風 (文春文庫)
クチコミを見る


「私の小説論」これまた凄い内容です。命懸けで小説を書いておられる方ですね〜。

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)
クチコミを見る


大不況には本を読む (中公新書ラクレ)
大不況には本を読む (中公新書ラクレ)
クチコミを見る


面白い本なのですが、なかなか進みません〜


DVD付き限定版 のだめカンタービレ 第23巻 (講談社コミックスキス)
DVD付き限定版 のだめカンタービレ 第23巻 (講談社コミックスキス)
クチコミを見る


この23巻で、めでたく『のだめカンタービレ』は終わりになるそうです。
22巻もまだ読んでいないんですよ〜

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪

『のだめカンタービレ』映画版のサイトですぅ〜

絶賛上演中ですよ〜 まだ観ていないですが…
前売り券を買うと特典も付いているそうですよ。(^o^)
(Gummoさんのご指摘を受け、文章を変えました〜 m(_ _)m  〜)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。

愛之助ちゃんのコーヒーカップ2




去年、年末に愛之助ちゃんの後援会から送られてきたプレゼントのコーヒーカップで、珊瑚ロースト35コーヒーを飲んでいます〜。飾ってありましたが、カップも使ってあげないとね〜 ミ(`w´彡)

4月の琴平、金丸座の公演、行こうかと思い、後援会にチケットを頼みました。チケットがようやく届きました〜 (^_^)v 25日の千穐楽に応援に行きますよ〜。
5月は御園座で、亀治郎くんと競演ですよ、名古屋に行こうと思っています〜。チケットは後援会に頼みましたよ♪


歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
クチコミを見る


かなり面白いですよ。再読しています。
本当に、学ぶことが多くある本ですよ〜。
色々とマスコミでは知り得ない情報も教えてもらえますよ〜。




3

Guten Morgen!! 

今朝は、4時前起きです
いつもよりも遅めです〜

昨日は練習から帰ってきたのが10時半頃
それから遅い夕食
寝たのは11時半頃です〜

♪♪♪♪♪
今朝はベトベンにしました。久しぶりに、ピアノ・ソナタを聴いていくシリーズです。

Artur Schnabel Beethoven Klaviersonaten
Artur Schnabel Beethoven Klaviersonaten
クチコミを見る

(HMVでは10枚組が1700円くらいです、安いですよ〜)

ベトベン:ピアノ・ソナタ第8番 ハ短調 作品13 Grande Sonate pathetique
アルトゥール・シュナーベル(ピアノ)
(1934年の録音のようです)

ベトベンのピアノ・ソナタを聴くシリーズ、ブルックナー4番攻撃などで、完全に止まっていました〜。今年初めてでしょうか? 去年の11月から止まっていましたね、爆〜。
本当に久しぶりに聴いています〜。きっと聴いていたのでしょうが、ブログに書かなかったのかもしれませんね〜。

シュナーベルの演奏、聴く曲がどんどん広がってきています。ベトベン、シュベルト、それにモツアルトなど〜、最近ではモツアルトのピアノ協奏曲の演奏の素晴らしさに舌を巻いています〜。

昨日、小さなアンサンブルで指導してくださっている先生と少し話をしていたんですが、その先生「昔の演奏、味がありますよね」と〜。プロのホルン奏者ですが、恐ろしく耳が良い方なんですよ、それに「この楽器はこんな音でないと行けない」といった変な偏見を持っておられない方です、爆〜。ですから、私のような変人でも受け入れてくださるのかもしれません、爆〜。

シュナーベルのベトベン、やはり素晴らしいものですね、この「悲愴」でも何か特別なことをしているわけではありませんが、その演奏には説得力があります。
ルービンシュタインのピアノは元気をくれます、シュナーベルは??
このお二人は同世代ではないかと思うのですが〜。ルービンシュタインは90歳近くまで活躍していましたが、シュナーベルは早く亡くなったのではないかなと思います。ルービンシュタインは19世紀末から20世紀初頭の音楽を晩年まで持ち続けた貴重な存在でしょうね〜。シュナーベルはもう少し新しい感じもします。
でも、同じ空気を感じるんですよ。ピアノのテクニークで言えば、ルービンシュタインの方がはるかに上でしょうね〜、だからといってシュナーベルのテクニークが劣っているなどとは要っていません。この時代にこれだけの演奏をするピアニストがいたことに驚いているくらいですから〜。

このソナタでは、特に2楽章のあの旋律の穏やかな調べ、何物にも代え難いものではないでしょうか?

第1楽章 Grave - Allegro di molto e con brio
第2楽章 Adagio cantabile
第3楽章 Rondo - allegro

曲については今更書く必要はありませんよね〜。
今朝、もう何度も聴いています。飽きることがない演奏です。自然なテンポ、自然な譜読み、それでいながら深い演奏になっていると思います。テンポは少し早めかもしれませんが〜。

♪♪♪♪♪
最近、Twitterにはまっています、爆〜。朝起きてから寝るまで、つぶやいていますよ、爆〜。何となくお友だちも出来てきています、色々な情報をくださる方もいますし、これまで知り合えなかったような方々と言葉を交わすことができること、これは得難いことですよね〜。

昨日は、いつもの喫茶店が定休日、それでファミレスで一日を始めました。ファミレスでは読書ができます。車谷さんの「飆風」読了しました(これに関しては下の方で書きますね)、凄い小説です、驚きです、日本にこんな天才作家がいたのかと、今更ながら、自分の良く本の狭さを感じます。この小説も、ブログ仲間の方に教えてもらったものです、Yさん、感謝です〜。

帰ってきてからは、少し不快な報道番組を見てから、練習を始めました。
音階練習 ⇒ デタッシェの練習 ⇒ デタッシェの難しいところ ⇒ 曲の中の難しいところ 2時間ほどです。最近、真面目に練習していますよ。小さなアンサンブルでコンチェルトをやらせてもらうことになりました。

11時頃から散歩、それから買い物〜
帰ってきてから昼食、1時前から昼寝、1時間ほどです
起き上がってくると、眠いんですよね、それでまた楽器の練習です、練習をすると目が覚めるんですよ、おかしなものですね、身体を使うからでしょうか?
1時間ほど練習して、京都のオッチャンに電話です、久しぶりに電話しました。車の中のようで少しだけです〜。
5時半頃、小さなアンサンブルの練習に出かけました。高速を乗っていきますが、愉しい練習ですよ、ある迷惑な管楽器の方が辞められるようです、爆〜。音程もリズムも酷かったので、良かったですと言うと申し訳ないようにも思いますが、アンサンブルに取っても良かったのではないでしょうか?
昨日は新しい曲も練習に入りました。それにコンミスが「XXさんにコンチェルトをやってもらうことになりました」と、練習後に発表です〜。もう後には引けませんね、しっかりさらいますね〜。

帰ってきたのは10時半頃、それから遅めの夕食です。
遅い時間に食べるのは良くないと思っているんですが〜。
寝たのは11時半頃です〜。

『女の道は一本道にございます。定めに背き、引き返すは恥にございますよ』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(「篤姫」が終わってしまったのが残念なのは私だけでしょうか〜。)

今日は老母が午前中やってきます、携帯電話を交換しないといけないんですよ、それで早めに来て、と電話しました〜。DoCoMoショップ、混んでいるんですよね、それに勝手にムーバは使えなくなるんですよ〜;; 勝手にそんなことしないでほしいですね〜。
松竹座の観劇記の最終回は、後でアップしますね〜。下の方を見てくださいね〜。
「一瞬に永遠を宿しながら」生きることが出来ると良いですが〜。
今日もゆるゆると〜

今日も穏やかに過ごしたいものですが〜。
今日は、どんな一日でしょうか? 

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。 
皆さんの応援のおかげで20位以内に復帰していますぅ〜
さらなる応援を宜しくお願いしますぅ〜  
m(_ _)m

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね。ミ(`w´彡) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

飆風 (文春文庫)
飆風 (文春文庫)
クチコミを見る


この小説、最近読んだ小説の中では(日本で書かれた小説の中で)、秀逸なものだと思います。こんな小説を読んだのは初めてです。とんでもない私小説です、実名で批判をしているのですから、爆〜。これは問題になったでしょうね〜、ですが嫌な感じがしません、不思議ですが〜。この方の頭の中がどうなっているのか、知りたいと思いますね〜。こんな変な小説、私は初めてです、しかも笑ってしまうところもあります。UNKOちゃんと呼ばれる奥さんも良い味を出しています〜。現代の病を自分の病と同列に並べながら書いているようにも思います。
是非、是非、ご一読くださいね〜。


大不況には本を読む (中公新書ラクレ)
大不況には本を読む (中公新書ラクレ)
クチコミを見る


面白い本なのですが、なかなか進みません〜


DVD付き限定版 のだめカンタービレ 第23巻 (講談社コミックスキス)
DVD付き限定版 のだめカンタービレ 第23巻 (講談社コミックスキス)
クチコミを見る


この23巻で、めでたく『のだめカンタービレ』は終わりになるそうです。
22巻もまだ読んでいないんですよ〜

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪

『のだめカンタービレ』映画版のサイトですぅ〜

絶賛上演中ですよ〜 まだ観ていないですが…
前売り券を買うと特典も付いているそうですよ。(^o^)
(Gummoさんのご指摘を受け、文章を変えました〜 m(_ _)m  〜)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。

9月の舞踊公演は、チケットの予約を後援会に頼みました〜。
当日、調子が悪く、公演には行けませんでした;;
お正月の浅草公演は行けないかも〜
4月には金比羅歌舞伎に出勤ですね、行きたいな〜〜

愛之助ちゃんのコーヒーカップ2




去年、年末に愛之助ちゃんの後援会から送られてきたプレゼントのコーヒーカップで、珊瑚ロースト35コーヒーを飲んでいます〜。飾ってありましたが、カップも使ってあげないとね〜 ミ(`w´彡)

4月の琴平、金丸座の公演、行こうかと思い、後援会にチケットを頼みましたよ〜
5月は御園座で、亀治郎くんと競演ですよ、今年は名古屋にも行きますね〜 (^o^)


歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
クチコミを見る


かなり面白いですよ。再読しています。
本当に、学ぶことが多くある本ですよ〜。
色々とマスコミでは知り得ない情報も教えてもらえますよ〜。

中原の虹 第一巻
中原の虹 第一巻
クチコミを見る


年末年始は、これを再々読、何回目かな?読もうと思っています。


〜 大阪・松竹座・初春大歌舞伎 通し狂言「仮名手本忠臣蔵」(坂田藤十郎奮闘公演)・観劇記(7)〜

この前に「忠臣蔵」の通しがあったときは、藤十郎丈、仁左衛門さん、我當さん、秀太郎さん、竹三郎さん、梅玉さん(他)が出ていたような〜。仁左衛門さんが由良之助、梅玉さんが判官、藤十郎さんは師直、お軽、戸無瀬だったような〜。

昭和52年の懐かしい通しは、鴈治郎はんの師直、由良之助、先々代の仁左衛門さんの判官、本蔵、延若さんの勘平、若狭之介、扇雀さんのお軽、先代の吉弥さんが「おかや」だったような、徳三郎さんが「お石」で、嵐璃かくさんの伴内、すごい一座だったんですね〜。鴈治郎はんの由良之助、良かったな〜、きっと延若型だと思うんですが〜。

大阪の芝居に「鴈治郎」がないのが寂しいですね〜、これが一番寂しいですわ、でも跡継ぎはいなさそうだし〜;; 壱太郎くんにやってもらわないとアカンかな、けど彼もねいディヴではないし〜。今回のような芝居には、愛之助ちゃんも出して、覚えておいてもらわないといけないのでは?と思うのは、私だけでしょうか?そりゃ、亀治郎くんたちと出ている方が楽だろうし、お客さんも入ると思いますが〜、今月のご見物の年齢層が高いのは、愛之助ちゃんたちのような花形が出ていないからでしょうね〜。

当代の仁左衛門さんは上方式に拘っておられないですね、ですから優一代のものばかりになる可能性もありますよね、まさか小さな孫に期待してもね〜。そういや、吉右衛門さんも跡継ぎがいないし〜。萬屋には希望の星がいるから良いのかもしれませんが、上方は本当に人がいないし〜。
いくら藤十郎丈が「歌舞伎の両輪は江戸と上方」と言っても、大阪、京都で毎月歌舞伎が出ることはないですわね〜。鴈治郎はんが「ワイが出ている芝居が上方の芝居や」と口癖のように言うてはったですが、藤十郎さんが出ている芝居が「上方の芝居」となりますわね〜。

関西では歌舞伎の幕がほとんど開かない月が多かったことを思うと、今の方がまだマシかもしれませんね〜。それも、愛之助ちゃんというスターが出てきたからですわね〜。

今回でも仁左衛門さんが出てくれていれば、もっと厚みが増したと思います。なかなか難しいですね、歌舞伎界も〜。

扇雀さんが、今の翫雀丈、当代の扇雀丈の頃(50代の頃)も見ていますが、もっと色々な芝居をやっておられましたわね、スターだったですからね〜。
けど、やっぱり「鴈治郎」が出ていないと「上方の芝居」にはならへんような、延若さんもいないし〜。

藤十郎さんが元気なうちに、壱太郎くんの「鴈治郎襲名」これしかないですわね〜
ちょっと寂しいですわ〜

大阪の一歌舞伎ファンの言葉です〜


3

Guten Morgen!! 

今朝は、2時半起きです。
2時頃目が覚めて、二度寝をしようと思ったのですが
眠れず、起き上がりました〜

昨日は寝たのは10時頃です

♪♪♪♪♪
今朝はバーバーです。かなり前に注文していたCDが届きました〜。

クラシック - livedoor Blog 共通テーマ

バーンスタイン・バーバー




バーンスタインのバーバー集 HMVのサイトですぅ〜
(660円に下がっています、すごい廉価盤です〜)

Barber: Adagio for Strings; Violin Concerto
Barber: Adagio for Strings; Violin Concerto
クチコミを見る

(上のCDと同じ録音だと思います〜)

サミュエル・バーバー:ヴァイオリン協奏曲 作品14
アイザック・スターン(ヴァイオリン)
レナード・バーンスタイン 指揮 ニューヨーク・フィルハーモニック の演奏です。
(1964年の録音のようです)

バーバーの作品、それほど聴いていません。持っているCDも以下のものくらいです。
「弦楽のためのアダージョ」を聴くために買ったようなものばかりです。

American Masterpieces
American Masterpieces
クチコミを見る

(オーマンディ師の演奏を聴くことができますよ)

Barber: Adagio for Strings; Orchestral & Chamber Works
Barber: Adagio for Strings; Orchestral & Chamber Works
クチコミを見る

(「弦楽のためのアダージョ」その原曲の弦楽四重奏曲も聴くことができます)

バーバーのアダージョ〜アメリカ管弦楽曲集
バーバーのアダージョ〜アメリカ管弦楽曲集
クチコミを見る

(マエストロ・トスカニーニのアメリカ音楽の録音です)

このCDもバーンスタインの「弦楽のためのアダージョ」を聴きたいと思って注文したのですが、「ヴァイオリン協奏曲」にはまってしまっています。昨日から何度も、何度も聴いています〜。

1楽章、私の大好きな映画、小津安二郎監督作品「小早川家の秋」で使われている音楽に非常に似ています。驚きです。きっとバーバーのこの作品をぱくったのだと思いますが〜。非常に懐かしい雰囲気が漂っています。

バーバーは初演に当たり、次の文章を寄せているようです。

第1楽章「アレグロ・モルト・モデラート」は、開始とともにヴァイオリンがいきなり叙情的な主題を呈示する。管弦楽による序奏はない。この楽章は全体として、協奏曲の形式というよりはむしろソナタの特徴を持っている。第2楽章「アンダンテ・ソステヌート」は、オーボエ独奏による長めの序奏によって導き出される。ヴァイオリンが、それと好対照をなすラプソディックな主題によって入って来て、それから開始のオーボエの旋律を繰り返す。最終楽章は無窮動で、ヴァイオリンのより華麗で名人芸的な性格が探究される。


この曲は素人のヴァイオリン弾きに依頼されて書かれたようですが、2楽章まではそのヴァイオリン弾きにも弾けたそうですが、3楽章は難しすぎて弾けず、他の曲を作れと、バーバーに文句を言ったそうです。そりゃそうですね、3楽章は相当に難しい曲になっています。

これまでクラシック音楽、もうXXも聴いてきていますが、今なお、知らなかった曲に出会います。それがクラシック音楽を聴く楽しみでもあるのでしょうが、大海を前にした幼児のような感じがしますね〜。

楽器編成は、次のものです。
フルート2、オーボエ2、クラリネットA管(B♭管への持替えあり)2、バスーン2、ホルン2、ラッパ2、ティンパニー、スネアドラム、ピアノ、ヴァイオリン独奏、それに、弦楽五部です。

第1楽章、第2楽章は叙情的な曲ですね、こんな曲がアメリカで作曲されていたことに驚いています。素晴らしい曲です、コルンゴルトの「ヴァイオリン協奏曲」にも匹敵する曲でしょうね〜、2楽章のオーボエのソロ、ブラームスの「ヴァイオリン協奏曲」のソロにも匹敵する素晴らしい旋律です。
第3楽章は、ヴァイオリンの技巧を見せる曲になっています。

Wikipediaからですが、リラリー・ハーンが録音したときのコメントを〜

ハーバート・ボーメルは、1939年から1940年のシーズンにソリストとして、カーティス音楽院交響楽団と共演してこれを演奏したのである。指揮はフリッツ・ライナーだった。この演奏に興味を惹かれたユージン・オーマンディは、1941年2月にフィラデルフィア音楽院においてアルバート・スポールディングを独奏に迎え、フィラデルフィア管弦楽団を指揮して公開初演を行なう予定を立てた。(実際の初演は2月7日であった。)これらに続いて、2月11日にカーネギーホールで再演が行なわれると、その頃からたちまちヴァイオリンと管弦楽との定番の楽曲になった。実際バーバーの協奏曲は、あらゆる20世紀の協奏曲の中で最も演奏回数の多い作品の一つである。


そんなに演奏回数が多いコンチェルトとは知りませんでした。
皆さんはご存じだったですか?

スターンはこの頃はまだまだテクニークの全盛期でもあり、素晴らしい演奏を聴かせてくれます。それにバーンスタイン指揮のニューヨーク・フィルハーモニックも絶妙な伴奏ですよ〜。
名曲、名演奏だと思います。

♪♪♪♪♪
昨日も喫茶店から一日を始めました。帰ってきてからは、少し不快な報道番組を見てから、お出かけ予定だったので、早めに練習を始めました〜。
音階練習 ⇒ デタッシェの練習 約1時間、そこまでですね〜。

昨日は9時半頃からお出かけです。車で出かけました。道はわりあい空いていました、ですが寒かったですね〜。1時前にコンビニで買い物して帰宅です〜。
携帯でメールのチェックをすると、仕事先からクレームのメールが来たとのこと、爆〜。しょうもないクレームをいつも言ってくる御仁です、帰ってからすぐに電話、「私には連絡がつかなかったことにしよう」と担当者と密談です、電話で〜、その方が担当者が楽なので〜、爆〜。

それから遅めの昼食です、デザートまで、爆〜
それから1時間ほど昼寝です、起きだして報道番組を少しだけ見たのですが、呆れて〜;;

また練習です、爆〜。少しずつ練習に身が入るようになってきています。
デタッシェの練習 ⇒ デタッシェの難しいところ ⇒ 指がすべるところ などを繰り返し繰り返し練習です、調整したリードのチェックも〜。
2時間弱やりました、ご近所迷惑ですよね〜、爆〜。

それから音楽を聴きながら、あああ、読書もしていました。
ブログ仲間の方が取りあげておられた、車屋長吉という小説家の「飆風」(ひょうふう)を読み出していましたが、その世界になかなか入れなかったのですが、ようやく融け込んでいけるようになってきています。面白いです(下にリンクがありますよ〜)

『女の道は一本道にございます。定めに背き、引き返すは恥にございますよ』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(「篤姫」が終わってしまったのが残念なのは私だけでしょうか〜。)

今日は小さなアンサンブルの練習です。それに練習の土曜日でもあります。
松竹座の観劇記は、後でアップしますね〜。下の方を見てくださいね〜。
「一瞬に永遠を宿しながら」生きることが出来ると良いですが〜。
今日もゆるゆると〜

今日も穏やかに過ごしたいものですが〜。
今日は、どんな一日でしょうか? 

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。 
皆さんの応援のおかげで20位以内に復帰していますぅ〜
さらなる応援を宜しくお願いしますぅ〜  
m(_ _)m

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね。ミ(`w´彡) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

飆風 (文春文庫)
飆風 (文春文庫)
クチコミを見る


日本にこんな作家がいたんですね、驚きです
とんでもない世界を描き出しています、「私小説」だそうですが、シュールな世界にビックリです、この人、天才ですね、久しぶりで日本の作家の文章を読んで、笑っています、ですが笑い事では済まされない現代を描いているようにも思います。読み終わったら、また書きたいと思っています。はまりそうです〜。


大不況には本を読む (中公新書ラクレ)
大不況には本を読む (中公新書ラクレ)
クチコミを見る


面白い本なのですが、なかなか進みません〜


DVD付き限定版 のだめカンタービレ 第23巻 (講談社コミックスキス)
DVD付き限定版 のだめカンタービレ 第23巻 (講談社コミックスキス)
クチコミを見る


この23巻で、めでたく『のだめカンタービレ』は終わりになるそうです。
22巻もまだ読んでいないんですよ〜

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪

『のだめカンタービレ』映画版のサイトですぅ〜

絶賛上演中ですよ〜 まだ観ていないですが…
前売り券を買うと特典も付いているそうですよ。(^o^)
(Gummoさんのご指摘を受け、文章を変えました〜 m(_ _)m  〜)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。

9月の舞踊公演は、チケットの予約を後援会に頼みました〜。
当日、調子が悪く、公演には行けませんでした;;
お正月の浅草公演は行けないかも〜
4月には金比羅歌舞伎に出勤ですね、行きたいな〜〜

愛之助ちゃんのコーヒーカップ2




去年、年末に愛之助ちゃんの後援会から送られてきたプレゼントのコーヒーカップで、珊瑚ロースト35コーヒーを飲んでいます〜。飾ってありましたが、カップも使ってあげないとね〜 ミ(`w´彡)

4月の琴平、金丸座の公演、行こうかと思い、後援会にチケットを頼みましたよ〜

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
クチコミを見る


かなり面白いですよ。再読しています。
本当に、学ぶことが多くある本ですよ〜。
色々とマスコミでは知り得ない情報も教えてもらえますよ〜。

中原の虹 第一巻
中原の虹 第一巻
クチコミを見る


年末年始は、これを再々読、何回目かな?読もうと思っています。


〜 大阪・松竹座・初春大歌舞伎 通し狂言「仮名手本忠臣蔵」(坂田藤十郎奮闘公演)・観劇記(6)〜

〜 大阪・松竹座・初春大歌舞伎 通し狂言「仮名手本忠臣蔵」(坂田藤十郎奮闘公演) 観劇記(6) 〜

昼の部は、15日、20日と二回観劇しました。15日は板東竹三郎さんが休演で、上村吉弥さんが代役でした(代役の初日です)。20日はどうかなと思っていましたが、竹三郎さん、元気に出演でした、良かったです〜。芝居は面白いもので、俳優が一人変わるだけで大きく変わってしまいます。

20日は、今は演劇評論家をしておられる、水落潔さんに悪所で出会い、昔話を少しすることができました。鴈治郎はんのこと、仁左衛門さんのことなどです。
ロビーには、若い、若い扇千景さん(元参議院議長)も後援会のところにおられました、ご子息、お孫さんの舞台が心配なのかもしれません、それとチケットの売り上げも〜、爆〜。

六段目は「おかや」が良くないと面白くない幕でしょうね〜。先代の上村吉弥さんの「おかや」今も覚えております。それに嵐璃かくさんも有名であったような〜。
勘平、三代目の延若さんのものが一番懐かしいですね〜、昭和52年の中座の通し狂言のときです。「裏門」も出ていて、延若さん、扇雀さんのお二人、きれいだったですよ(今回は、この幕は出ませんでした)。
松禄さん、勘三郎さん(先代)の勘平も覚えていますが、勘三郎さんの江戸前の勘平も良かったですね〜。

お軽は、歌右衛門さん、梅幸さん、藤十郎丈と観てきていますが、秀太郎さんの上方式のお軽、良いものだったと思います。歌右衛門さんは思い入れたっぷりで、重い芝居であったような感じもします、これは江戸のやり方なのかもしれませんが、きっと歌右衛門さんのやり方なんでしょうね〜。

この幕は完全に上方式で通されていたのが、久しぶりに観て面白かったですね、義太夫狂言はやはり上方言葉でやってほしいと、関西のファンは思いますね〜。吉弥さんの「おかや」代役でしたが、頑張っておられました。まだまだお若いので、婆さん役はお可哀相に思ったりもしますが、これからでしょうね〜。

竹三郎さん、20日は元気に出勤、やはり味わいが濃いですね、こういう味わいを嫌われる方もおられるでしょうが、勘平を迎えるところ、夫が勘平に殺されたのではないかと思い出してからの演技、リアルでありながら、様式美も兼ね合わせた当代一の「おかや」ではないでしょうか?

孝太郎丈の「お才」京言葉が板についてきていて、少し安心しました。確か、東京のお生まれ、松嶋屋は三都(京、大坂、江戸)の芝居をやる家系です。最近は上方系の芝居にもよく出ておられますよね、こういう役の方がピッタリな感じがしますね〜。寿治郎さんの源六も上方の女衒の感じがして良かったですね、祇園から来ている訳なので、江戸弁はちょっとおかしな感じがしますね〜。前の幸四郎さんは由良之助をやられるときは、義太夫の音遣い、上方言葉でやっておられたように思います。

藤十郎丈、ワンマンショー、奮闘公演です〜、爆〜。
本当に元気、若い、これは化け物並みです、爆〜
鴈治郎はんが藤十郎丈と同い年の頃は、もうかなりヨボヨボだったですので、驚くほどです。やり方は鴈治郎はんとはかなり異なるとのことです、水落さんに聞きました。私は、鴈治郎はんの勘平は写真でしか知りません、残念ながら〜。

すごいと思ったのは、おかやが吉弥さんのときと、竹三郎さんの時とでやり方を細かく変えておられたことですね〜、あの藝熱心さには頭が下がります。
やはり大きな役者ですね〜、藤十郎丈に匹敵するのは当代では、吉右衛門さんくらいではないでしょうか?

上方生まれの私としては、上方式の勘平の方が自然な感じがします。江戸前の様式美も美しいですが、芝居として面白いのは、やはり上方式のものではないでしょうか?

今回は昼の部を二回観劇しました。今回が最後ではないかと思い、二回行きました。
久しぶりに芝居を観て愉しかったですね〜。
藤十郎丈には元気なうちに、新しい藤十郎十二曲を作って、後世に残して欲しいですね〜。

薪車さん、橘三郎さん、特に橘三郎さん、段四郎さんの代役でしょうが、これほど上手いとは知りませんでした、今後の活躍をお祈りいたします〜。



3

Guten Morgen!! 

今朝も、3時前起きです

「コロンボ」を見たかったのですが、睡魔に負けました、爆〜
で、9時頃には寝てしまいました〜。

今朝も早起きですが、Macのアップデートに時間を取られました、爆〜

♪♪♪♪♪
今朝はショパンです。今年はショパンイヤーだそうですよ〜。

The Chopin Collection [Box Set]
The Chopin Collection [Box Set]
クチコミを見る

(このアルバムにはルービンシュタインが録音したすべてのショパンが収録されていて、この値段ですよ!下の「ノクターン全集」よりも安いですよ〜)

ショパン:夜想曲集(全19曲)
ショパン:夜想曲集(全19曲)
クチコミを見る


フレデリック・ショパン:ノクターン 作品9,15、27、32
アルトゥール・ルービンシュタイン(ピアノ)
(1965年の録音だそうです)

1810年にショパンは生まれています。で、今年が生誕200年になるんですね〜。
このブログではショパンはまだ2回しか書いていません。ゼルキン師の「24の前奏曲」、ホロヴィッツの「ショパン集」だけかもしれません。ホロヴィッツのオリジナル・ジャケット盤、良いのですが、まとまった形での録音ではありません。ホロヴィッツのいわば好みの曲を録音している感じがします。
ルービンシュタインは、RCAの方針なのか、ルービンシュタインの意図によるものか、その辺りは分かりませんが、まとまった形での録音になっていますね〜。
そういう意味では、ショパンの曲をまとめて聴くには(初心者には〜)良いものですね〜。

ルービンシュタイン、最近、ホロヴィッツとともにはまっているピアニストです。ゼルキン師の演奏よりもよく聴いているように思います。シュベルトの室内楽を聴いて、あまりの素晴らしさに驚き、シュベルトのピアノ・ソナタ、ベトベンのコンチェルト、ブラームスの室内楽など聴いてきて、ようやくショパンに到達しました(遅いですよね〜、爆〜)。

昨日、このCDを聴きながら、吉田秀和さんの「世界のピアニスト」のルービンシュタインのところを読んでいました。

世界のピアニスト―吉田秀和コレクション (ちくま文庫)
世界のピアニスト―吉田秀和コレクション (ちくま文庫)
クチコミを見る


その中で吉田さんはルービンシュタインの言葉を引用しておられます。
「私は人生をあるがままに受け入れる。人生とは多くの、より多くの幸福を内蔵しているものだ。たいがいの人は幸福の条件をまず考えるが、幸福とは人間が何の条件も設置しない時、はじめて感じることができるのだ。」と〜。吉田さんは、「幸福」を「音楽」に置き換えて、ルービンシュタインの音楽について論じておられます。慧眼に感服です〜。

「私は音楽をあるがままに受け入れる。音楽とは多くの、より多くの音楽を内蔵しているものだ。たいがいの人は音楽の条件を考えるが、音楽とは人間が何の条件も設置しない時、はじめて感じることができるのだ。」(吉田さんの読替です)

なるほどな〜と思います。吉田さんは1913年のお生まれ、もう少しで100歳、100歳になられますね〜。今も元気で、FMの「音楽の楽しみ」を続けておられますね、今はハイドンをやっておられます。ハイドンですから、すべての曲の紹介にはなっていないところが残念ですが〜。私は練習があり、また部屋ではFMがほとんど入らないので、車の中でしか聴けないのですが〜、しかもたまにしか〜。

ルービンシュタインのショパン、まだまだこれから聴いていくことになるかと思います(ホロヴィッツも同時並行で〜)。この「ノクターン」を聴いていると、無性に懐かしい気分になります。それと、落ち着いた気分に〜。どうしてなのでしょうか?分かりません、爆〜。このボックスには、わりあい詳しい英文のルービンシュタインの経歴のようなものが掲載されています。そこにはルービンシュタインの言葉も〜。昨日、半分ほど読んだんですが、彼は放埒の末、本当にお金に困って、首つりを試みたこともあるそうです、それ以降、生き方が変わったと〜。

「ノクターン(夜想曲)」これから聴いていく曲になるかと思いますが、作品9の2曲が素晴らしいですよね、繰り返し聴いていますが、心を温かくしてくれる演奏ですよ〜。


♪♪♪♪♪
昨日も喫茶店から一日を始めました。帰ってきてからは、予定は未定だったので、早めに練習を始めました〜。

音階練習 ⇒ デタッシェの練習 ⇒ デタッシェの難しいところの練習 これだけでも、2時間弱ですよ、けっこう真面目に練習すると時間がかかりますね〜。音階練習だけでも30分以上やっていますから〜。

11時前に、少し小雨模様、しかも朝とはうって変わって寒くなっていましたが、少しの散歩任務、それから定食屋さんで昼食、帰ってきてから気分が悪くなる報道番組(辞め検ばかり出てきますね、犬察の宣伝でしょうか、爆〜)を切り、他の番組に、爆〜。
国会中継、これもまったく迫力がなかったですね〜、マスコミの報道を繰り返しているだけでは仕方がないでしょう、質問する限りは自分で調べた証拠を出しなさいよ、自◎党さん、爆〜。昔の社会党の爆弾男を真似するくらいの覚悟が要りますよね、そうでないと、自分のところの裏献金ネタがそろそろ出てきそうですね〜、爆〜。

昼寝です、1時過ぎから2時半頃までかと〜。ラジオで桑原征平ちゃん(元関テレの名物アナです)の番組を少し聞きました、面白いんですよ、今はA放送でのラジオ番組のレギュラーです〜。

少し報道番組を見ましたが、またも同じこと〜。国会中継も少し〜。
またも夕方練習です。小さなアンサンブルでやらせてもらえるかもしれないコンチェルトの曲を本格的にさらい始めました。去年からコッソリとさらっていたんですが〜。2月にはレッスンもあるようです。しかも2,3月は暇、暇です、爆〜。仕事を降ろされたので、爆〜。しっかり練習しますね〜。新しいリード(年末に買ったものですが)、これが良いです〜。というか、楽器が良いのかな〜、反応が素晴らしいです、ピアニッシモを苦労しなくても出せるようになってきています。管楽器はピアニッシモが命ですから〜。
昨日は4時間近く練習しましたよ〜。

7時過ぎから野菜中心の夕食、「コロンボ」を観たかったのですが、寝てしまいました、夕飯が早いと寝るのが早くなります〜。

『女の道は一本道にございます。定めに背き、引き返すは恥にございますよ』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(「篤姫」が終わってしまったのが残念なのは私だけでしょうか〜。)

今朝はMacのアップデートに手間取りました、爆〜。昨日、再インストしたので、アップデートが必要だったんでしょうね〜。
今日は久しぶりにお出かけをします。芝居に出かけたり、お出かけもできるようになってきています。それにお風呂です、最近は朝風呂に入っています、気持ちが良いものですね〜。(^o^) 松竹座の観劇記は、後でアップしますね〜。下の方を見てくださいね〜。

「一瞬に永遠を宿しながら」生きることが出来ると良いですが〜。
今日もゆるゆると〜

今日も穏やかに過ごしたいものですが〜。
今日は、どんな一日でしょうか? 

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。 
皆さんの応援のおかげで20位以内に復帰していますぅ〜
さらなる応援を宜しくお願いしますぅ〜  
m(_ _)m

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね。ミ(`w´彡) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

飆風 (文春文庫)
飆風 (文春文庫)
クチコミを見る



大不況には本を読む (中公新書ラクレ)
大不況には本を読む (中公新書ラクレ)
クチコミを見る


面白い本なのですが、なかなか進みません〜


DVD付き限定版 のだめカンタービレ 第23巻 (講談社コミックスキス)
DVD付き限定版 のだめカンタービレ 第23巻 (講談社コミックスキス)
クチコミを見る


この23巻で、めでたく『のだめカンタービレ』は終わりになるそうです。
22巻もまだ読んでいないんですよ〜

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪

『のだめカンタービレ』映画版のサイトですぅ〜
今年、12月に映画版が封切られるそうですね〜。
前売り券を買うと特典も付いているそうですよ。(^o^)
(この情報はGummoさんに教えていただきました〜)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。

9月の舞踊公演は、チケットの予約を後援会に頼みました〜。
当日、調子が悪く、公演には行けませんでした;;
お正月の浅草公演は行けないかも〜
4月には金比羅歌舞伎に出勤ですね、行きたいな〜〜

愛之助ちゃんのコーヒーカップ2




去年、年末に愛之助ちゃんの後援会から送られてきたプレゼントのコーヒーカップで、珊瑚ロースト35コーヒーを飲んでいます〜。飾ってありましたが、カップも使ってあげないとね〜 ミ(`w´彡)

4月の琴平、金丸座の公演、行こうかと思い、後援会にチケットを頼みましたよ〜

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
クチコミを見る


かなり面白いですよ。再読しています。
本当に、学ぶことが多くある本ですよ〜。
色々とマスコミでは知り得ない情報も教えてもらえますよ〜。

中原の虹 第一巻
中原の虹 第一巻
クチコミを見る


年末年始は、これを再々読、何回目かな?読もうと思っています。


〜 大阪・松竹座・初春大歌舞伎 通し狂言「仮名手本忠臣蔵」(坂田藤十郎奮闘公演)・観劇記(6)〜

今日、アップする予定でしたが、間に合いませんでした
申し訳ございません。m(_ _)m
明日アップしたいと思っております


1

Guten Morgen!! 

今朝は、3時前起きです

昨日は芝居見物に疲れて(爆〜)、早めに休みました
9時半頃でしょうか〜

ブロクを書いているときに、Macのディスクユティリティがおかしいと気づき、再インスト任務をしました;; 
時間がかかりますが、Macは楽なんですが〜。

♪♪♪♪♪
今朝は珍しい曲を聴いています〜。プロコフィエフですよ、このブログで登場したことが合ったかな〜??

ホルスト・シュタイン・デッカ・コンプリート・レコーディング
ホルスト・シュタイン・デッカ・コンプリート・レコーディング
クチコミを見る


セルゲイ・プロコフィエフ;ヴァイオリン協奏曲 第1番 ニ長調 作品19
ヨーゼフ・シヴォー(ヴァイオリン)
ホルスト・シュタイン 指揮 スイス・ロマンド管弦楽団 の演奏です
(1971年 6月の録音だそうです)

ホルスト・シュタインさんのデッカでの録音、ほとんど持ってはいたんですが、スイス・ロマンドとの録音は持っていませんでした。ちょうどアマゾンで中古商品が出ていて、少し高いかなと思ったんですが、HMVではもうカタログにも載っていなかったんで、衝動買いしてしまいました〜、爆〜。このCDは、シュタインさんが亡くなったときに追悼盤として発売されたのは知っていたのですよ、ブルックナー、ヴァーグナーなどは重なっていたんで、買わなかったんですよ。買っておけば良かったかも、爆〜。

プロコフィエフの曲はほとんど聴いていません。「ピーターと狼」、「古典交響曲」は聴いていますが、他はほとんど聴いていません。このブログでは一度だけ「ピアノ協奏曲 第3番」を取りあげていますね〜。それ以来かもしれません。

プロコフィエフも多作家なのでいっぱい曲があるかと思いますが、聴いている曲は少数です。やはり聴く曲は限られてしまいますね〜。ブログを始めてからは相当に聴く曲は増えたのですが〜。

この曲は、1916年から1917年にかけて作曲され、初演は1923年10月18日にパリのオペラ座にてマルセル・ダリウーのヴァイオリン独奏とセルゲイ・クーセヴィツキー指揮パリ・オペラ座管弦楽団によってなされたようです。プロコフィエフは1891年の生まれのようですから、この曲を作曲したのは、25歳くらいの時でしょうか〜。ロシア革命の頃でしょうか〜。

プロコフィエフにもストラヴィンスキーと同じように古典に回帰したような曲もありますが、この曲は世紀末の雰囲気を少し残したような曲になっていますね〜。

編成は、独奏ヴァイオリン、フルート2(ピッコロ1持ち替え)、オーボエ2、クラリネット2、ファゴット2、ホルン4、ラッパ2、チューバ、ティンパニ、小太鼓、タンブリン、ハープ、それに、弦五部です。
わりあい大きなオケストラですね〜。

第1楽章 アンダンティーノ(ニ長調)
第2楽章 スケルツォ、ヴィヴァーチッシモ(イ短調)
第3楽章 モデラート - アンダンテ(ニ長調)

良い曲なんですよ〜、初めて聴いたのですが、面白いです。
第3楽章にバソンのソロもあり、スイス・ロマンドはアンセルメが亡くなってから、ドイツ系の楽器を使っていると思っていたのに、フランス式のバソンの音が聴けました。

このヴァイオリニストは、ヴィーナー・フィルハーモニカーのコンマスをされていた方であるようです。シュタインさんはヴィーナー・フィルハーモニカーを良く振っておられたので、この録音がなされたのかもしれませんね〜。

(Macの故障で、今朝は短めです、喫茶店から帰ってきてから、書き加えますね〜)

♪♪♪♪♪
昨日も喫茶店から一日を始めました。寒いので早めに帰ってきました〜。観劇記を書き、準備をして、9時半過ぎに松竹座に出撃しました。
電話予約でチケットはチケット売り場受け取りだったので、10時過ぎには行きました(10時半までの受け取りだったので〜)。

チケット売り場のおねえさんに「竹三郎さん、今日は出ますか?」「今日は出演です」「良かったわ〜、それにしても、藤十郎さん、元気やね、あの中で一番元気がええやん、どないなってはるんやろ〜」と会話をして、引っかけ橋を渡って、カフェへ〜。エスプレッソにパンなどを食べて、休憩して、松竹座に〜 昨日は舞妓さん、芸妓さんたちが多かったです、ですが、それだけチケットが売れていないのかな?と〜。前の方にも少し空席が目立ちます。私の隣も空席だったですし〜、後ろも空席〜。
一幕目が終わって悪所に行くと、演劇評論家をしておられる、水落潔さんに遭遇、話しかけました。「藤十郎さんはホンマに若いですね、前の鴈治郎はんの中座の公演も観ていますが、あれほど元気ではなかった」といった、昔話を少ししました。丁寧に挨拶をされて、客席に戻られました。松竹座、若いファンの方が少ないんです、私よりもはるかに年上ではないかと思われるご見物衆です、ちょっと寂しかったですね〜;;
あれほど、藤十郎さん、頑張って芝居しているのに、あまり入らないのは、可哀相になりました〜。

打ち出してから、小屋の前でちょっと休憩して、地下鉄で帰ってきました。
帰りにDoCoMoショップによって、バッテリ交換をしてもらおうと思ったのですが、混んでいて、待つのが嫌で帰ってきました、爆〜。

お昼にはサンドのようなものを食べていたんですが、お腹持ちは悪かったです、おにぎりにすべきだったです、爆〜。
帰ってきてからは、報道番組を見てから、昨日も練習しましたよ〜。
音階練習、デタッシェの練習、デタッシェの難しいところをさらったり〜。小さなアンサンブルでコンチェルトをやらせもらえるかもしれません〜。もう年ですし、早めにやっておかないと、出来ないと思い、コンミスにメールしたら快諾です。普段はコンタクトなのですが、外していたので、メガネで練習していたのですが、譜面が見えない、爆〜。でも、それだと譜面を覚えますね、爆〜。1時間半ほどやりました〜。

終わってから夕食です、野菜中心の食事です。
テレビも面白くなく、昨日も早めに寝ました。9時半頃でしょうか〜。


昨日も喫茶店から一日を始めました。寒いので早めに帰ってきました〜。観劇記を書き、準備をして、9時半過ぎに松竹座に出撃しました。
電話予約でチケットはチケット売り場受け取りだったので、10時過ぎには行きました(10時半までの受け取りだったので〜)。

そのことも書きたいのですが、後で書きますね〜
帰ってきたのは4時半頃です、疲れました〜、一番前で観るのが疲れるのでしょうか?目が悪いからでしょうか?

早めに昨日も寝ました〜。

『女の道は一本道にございます。定めに背き、引き返すは恥にございますよ』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(「篤姫」が終わってしまったのが残念なのは私だけでしょうか〜。)

Macの故障、再インストで時間がかかり、今朝は短めになってしまっています。喫茶店から帰ってきてから、書き加えますね〜。今日はお休みです〜。
松竹座・初春大歌舞伎の観劇記、喫茶店から帰ってきてからアップする予定です。下の方を見てくださいね〜。
「一瞬に永遠を宿しながら」生きることが出来ると良いですが〜。
今日もゆるゆると〜

今日も穏やかに過ごしたいものですが〜。
今日は、どんな一日でしょうか? 

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。 
皆さんの応援のおかげで20位以内に復帰していますぅ〜
さらなる応援を宜しくお願いしますぅ〜  
m(_ _)m

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね。ミ(`w´彡) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

飆風 (文春文庫)
飆風 (文春文庫)
クチコミを見る



大不況には本を読む (中公新書ラクレ)
大不況には本を読む (中公新書ラクレ)
クチコミを見る


面白い本なのですが、なかなか進みません〜


DVD付き限定版 のだめカンタービレ 第23巻 (講談社コミックスキス)
DVD付き限定版 のだめカンタービレ 第23巻 (講談社コミックスキス)
クチコミを見る


この23巻で、めでたく『のだめカンタービレ』は終わりになるそうです。
22巻もまだ読んでいないんですよ〜

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪

『のだめカンタービレ』映画版のサイトですぅ〜
今年、12月に映画版が封切られるそうですね〜。
前売り券を買うと特典も付いているそうですよ。(^o^)
(この情報はGummoさんに教えていただきました〜)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。

9月の舞踊公演は、チケットの予約を後援会に頼みました〜。
当日、調子が悪く、公演には行けませんでした;;
お正月の浅草公演は行けないかも〜
4月には金比羅歌舞伎に出勤ですね、行きたいな〜〜

愛之助ちゃんのコーヒーカップ2




去年、年末に愛之助ちゃんの後援会から送られてきたプレゼントのコーヒーカップで、珊瑚ロースト35コーヒーを飲んでいます〜。飾ってありましたが、カップも使ってあげないとね〜 ミ(`w´彡)

4月の琴平、金丸座の公演、行こうかと思い、後援会にチケットを頼みましたよ〜

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
クチコミを見る


かなり面白いですよ。再読しています。
本当に、学ぶことが多くある本ですよ〜。
色々とマスコミでは知り得ない情報も教えてもらえますよ〜。

中原の虹 第一巻
中原の虹 第一巻
クチコミを見る


年末年始は、これを再々読、何回目かな?読もうと思っています。



〜 大阪・松竹座・初春大歌舞伎 通し狂言「仮名手本忠臣蔵」(坂田藤十郎奮闘公演) 観劇記(6) 〜

15日、20日の昼の部を観ました。こんなことは久しぶりです。昼の部と夜の部を一回ずつが普通なんで〜。それだけ面白かったということですが〜。

「大序」から四段目までは書きましたが、もう一度振り返りたいと思っています。
「切腹の場」で、力弥の壱太郎くんが花道に由良之助を見に行った後、本舞台に戻る際、15日は転んだんですよ、新しい型かなと思ったんですが、20日にはその型はなくなっていました。やはり転んだんですね〜。そういうこともありますよね。

五段目 山崎街道鉄砲渡しの場
    同 二つ玉の場(ふたつだまのば)

早野勘平 坂田藤十郎
斧定九郎 中村翫雀
一文字屋お才 片岡孝太郎
千崎弥五郎 板東薪車
原郷右衛門 嵐橘三郎
与市兵衛 中村翫哉
母おかや 板東竹三郎
女房おかる  片岡秀太郎

板付きで勘平が座っています。笠を上げると、藤十郎丈の美しい顔が見えます。15日は笠を上げたように思うのですが、20日は笠は下げておられたような〜。その後、千崎弥五郎の出になります。小さな声で「音羽屋!」と声がかかりました、20日には〜。
薪車さん、藤十郎丈と台詞を回しても遜色がないですね、どんどん役者振りが上がっていますね〜。勘平は花道から揚げ幕に入ります。

その後、与市兵衛の出です。それを追いかけて、定九郎が出てきます。歌右衛門さんのインタビューには「延若さんの、どてらを着た定九郎」と言われていましたが、定九郎の拵えは、やくざものが着る合羽を着ていました。「ええええ」と思いました。どてらを着ている方が良いのではないでしょうか?「どてらを着た定九郎」を観たいなと思いましたね〜。殺し方などは、江戸のやり方とは異なっていましたが〜。九太夫に勘当された定九郎ですから、非人のような格好でも良かったのではないでしょうか?街道筋のヤクザもののように見えましたが〜。余市兵衛は良かったですよ〜。翫雀丈は元武士には見えにくかったですね〜。

猪が出てきてから、花道から勘平の二度目の出になります。鉄砲の弾に当たった猪を取り押さえようとするところ、格好が素晴らしく良いですね〜。形になっています、ああいう決まり、決まりできちっと決まること、これが歌舞伎を観る楽しみでもありますね、この段は、勘平の動きが実に良かったです。

六段目は次回に〜




3

Guten Morgen!! 

今朝は、4時半起きです
いつもよりも遅めです

一度2時半頃に目が覚めたのですが、もう一度寝たようです

昨日も、仕事から帰ってきたのが10時過ぎです
それから遅い夕食
11時半頃には寝ました〜。

今日は松竹座・初春大歌舞伎 昼の部に2回目の突撃ですよ
こんなことは久しぶりです。吉右衛門さんが出ておられたとき以来のことです。

♪♪♪♪♪
今朝はドヴォルジャークの室内楽です。最近知った名曲です。

ドヴォルザーク:ピアノ五重奏曲
ドヴォルザーク:ピアノ五重奏曲
クチコミを見る


アントニン・ドヴォルジャーク:ピアノ五重奏曲 第2番 イ長調 作品81
ヤン・パネンカ(ピアノ)
スメタナ四重奏団 の演奏です
(1986年の録音のようです)

この名曲を知ったのは最近のことです。ルービンシュタインのブラームス「ピアノ五重奏曲」を聴きたいと思ってCDを買ったら、このドヴォルジャークの五重奏曲にはまってしまい、確かお正月の1日目はこの曲でブログを書いたかと思います。

ルービンシュタインとグァルネリ四重奏団の演奏も素晴らしいものでした。愛聴盤になっています。

このパネンカ盤、偶然見つけました。HMVで見つけたと思うのですが、アマゾンで買いました、すぐ聴きたかったので、爆〜。アマゾンのプライムを使うと、本は当日、CDでも翌日には届きます、非常に便利な世の中になっていますよね〜。

このCDのHMVのレビューは次のものです。

指の故障からカムバックしたパネンカの復帰第1弾として当時話題になったものです。この2つの名作を隅々まで知り尽くした室内楽の巨匠どうしの協演です。他の追随を許さぬ境地に達した名演として、決定盤の誉れ高い演奏です。


曲に関しては、ルービンシュタインの演奏で書きましたので省きますね〜。

第1楽章 アレグロ・マ・ノン・タント
第2楽章 ドゥムカ:アンダンテ・コン・モト
第3楽章 スケルツォ(フリアント):モルト・ヴィヴァーチェ
第4楽章 フィナーレ;アレグロ

この曲は、ドボルジャークが1887年に作曲した作品のようです。
ボヘミア的な情感と地方色を豊かにもち、情熱と哀愁を兼ね備えた名曲と言われているようです(ボヘミヤ色なるものは想像しているだけですが〜)。いずれの楽章も、旋律は美しさを極めたものです。

ヤン・パネンカはLP時代廉価盤が多数出ていたピアニストであったように覚えています。CD時代になってからは、ヴァイオリニスト、ヨーゼフ・スークの伴奏で聴いたくらいでした。この演奏で久しぶりにソロを聴いてみて、やはり上手いなと思います。歌心、詩心に溢れる演奏ですね、特に2楽章の何とも懐かしく感じる旋律を実に見事に歌っています。それはスメタナ四重奏団の演奏でも同じです。スメタナ四重奏団もベトベンなどの演奏とは少し異なり、歌いまくっています、彼らの心の音楽なのでしょうか?

この演奏も、名曲の名演奏だと思います。廉価盤なので、一人でも多くの方に聴いていただきたい演奏ですね〜。


♪♪♪♪♪
昨日も喫茶店から一日を始めました。寒いので早めに帰ってきました〜。観劇記を書き、9時過ぎから2週間ぶりの診察に歩いていってきました〜。9時半前に行ったのですが、2人目でした。健康チェア?ですか、そういうのがあり、その上に座って、揉んでもらっていました、肩こりも酷いので(少し背中が痛いです、爆〜)。

診察では、このところ芝居にも行けているので、調子は良さそうだということ
それに、嫌みな人は放っておくこと、別にこちらが迷惑をかけているわけではないからと〜 沖縄でのダイヴィングが、私の体調次第にしておいた方が良いのではないかということでした〜。20分ほどの診察時間だったです。

帰りにスーパーにより、買い物もしてきました、スーパーによると、色々と余計なものを買うことが多いです、爆〜。11時頃に帰ってきました。2時間ほどかかりました。
お昼を食べてから、昼寝をしました、2時間ほどでしょうか、アマゾンに返品をするCDを取りに来てもらうことになっていたので、寝てしまってはいけなかったのですが〜。1時から3時の間だったですが、2時半頃、起きていた頃に来てくれました。簡単ですね〜。同じCDを2枚も注文してしまったんですよ、しかも2タイトルも、爆〜。ボケかけていますね〜。

3時半頃に仕事に出かけました。K市内のセルフでガソリンを入れて、仕事先に〜。
相変わらず喧しい職場です、地下駐車場で過ごす時間が長いです。仕事はちょっとハイで、自分勝手ではないかと反省もしています。

仕事先には同僚のお父さんの訃報が掲載されていました。こんな訃報を掲示しますか、爆〜。後輩と駐車場で少し話をしました。「どないなってんねん」「僕はこんな掲示は外せって言ったんですよ、おかしいやないか」と後輩〜。同じ意見の人もいるんですよ、爆〜。「僕の訃報が掲示されていたら、あんた、すぐに破り捨ててや」「きっとXXさんの方が先やと思うんで、遺言を守りますわ」と後輩〜、爆〜。
心地よく仕事先を笑いながら後にしました〜。

帰ってきたのは10時半頃です、さすがに疲れます、夜の仕事はもうアカンかもしれません、というか今年も外されるでしょうね〜、爆〜。


『女の道は一本道にございます。定めに背き、引き返すは恥にございますよ』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(「篤姫」が終わってしまったのが残念なのは私だけでしょうか〜。)

今日も、松竹座の初春大歌舞伎・昼の部に突撃です。板東竹三郎さんが休演から復帰してくれていると良いのですが〜。上方の役者衆を応援に行ってきます、こんなことは、吉右衛門さんが出ていた初春歌舞伎以来です。そのときは、藤十郎丈と吉右衛門さん(女形をやっておられました)との踊りが見事で、もう一度観に行ったんですよ。

松竹座・初春大歌舞伎の観劇記、喫茶店から帰ってきてからアップする予定です。下の方を見てくださいね〜。
「一瞬に永遠を宿しながら」生きることが出来ると良いですが〜。
今日もゆるゆると〜

今日も穏やかに過ごしたいものですが〜。
今日は、どんな一日でしょうか? 

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。 
皆さんの応援のおかげで20位以内に復帰していますぅ〜
さらなる応援を宜しくお願いしますぅ〜  
m(_ _)m

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね。ミ(`w´彡) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

飆風 (文春文庫)
飆風 (文春文庫)
クチコミを見る



大不況には本を読む (中公新書ラクレ)
大不況には本を読む (中公新書ラクレ)
クチコミを見る


面白い本なのですが、なかなか進みません〜


DVD付き限定版 のだめカンタービレ 第23巻 (講談社コミックスキス)
DVD付き限定版 のだめカンタービレ 第23巻 (講談社コミックスキス)
クチコミを見る


この23巻で、めでたく『のだめカンタービレ』は終わりになるそうです。
22巻もまだ読んでいないんですよ〜

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪

『のだめカンタービレ』映画版のサイトですぅ〜
今年、12月に映画版が封切られるそうですね〜。
前売り券を買うと特典も付いているそうですよ。(^o^)
(この情報はGummoさんに教えていただきました〜)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。

9月の舞踊公演は、チケットの予約を後援会に頼みました〜。
当日、調子が悪く、公演には行けませんでした;;
お正月の浅草公演は行けないかも〜
4月には金比羅歌舞伎に出勤ですね、行きたいな〜〜

愛之助ちゃんのコーヒーカップ2




去年、年末に愛之助ちゃんの後援会から送られてきたプレゼントのコーヒーカップで、珊瑚ロースト35コーヒーを飲んでいます〜。飾ってありましたが、カップも使ってあげないとね〜 ミ(`w´彡)

4月の琴平、金丸座の公演、行こうかと思い、後援会にチケットを頼みましたよ〜

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
クチコミを見る


かなり面白いですよ。再読しています。
本当に、学ぶことが多くある本ですよ〜。
色々とマスコミでは知り得ない情報も教えてもらえますよ〜。

中原の虹 第一巻
中原の虹 第一巻
クチコミを見る


年末年始は、これを再々読、何回目かな?読もうと思っています。

〜 大阪・松竹座・初春大歌舞伎 通し狂言「仮名手本忠臣蔵」(坂田藤十郎奮闘公演)・観劇記(5)〜 <昼の部>

三段目 足利館門前進物の場
    同 殿中松の間刃傷の場

高師直 坂田藤十郎
塩冶判官 中村扇雀
桃井若狭之助 中村翫雀
鷺坂伴内 中村寿治郎
加古川本蔵 片岡松之助

この進物の場が面白くないと、後が続きません。いわゆるちゃり場ですが〜。
本蔵が若狭之介のことを思い、師直に賄賂を送りに来る場ですね〜。道化役の伴内が活躍します。昭和52年の通しでは、嵐璃かく(「かく」の字が出てきません;;)さんの伴内、今も良く覚えています。良かったな〜、あの味わい、もう観ることができないものですね〜。寿治郎さんも頑張っておられましたし、藝達者な松之助さんの本蔵も良かったですよ〜。

「刃傷の場」血気にはやる若狭之介、翫雀丈、思いの外良かったですよ、でもやはり延若さんの舞台を思いだしてしまいますね〜。師直の山城屋さん、最初の平謝りのところ、ここでも元気です、爆〜。判官が出てきてからは、いじめ抜きますが、大名の格を守っておられるところはさすがですね〜。

扇雀丈の判官、これも本役になりそうなお役ですね、梅幸さん、十三代目の仁左衛門さんの舞台にはまだまだでしょうが、これも予想外に良かったですよ〜。お父さんの指導でしょうか?

師直が切られて舞台から逃げるところで拍手が来ないのが寂しかったですね〜。今日は拍手しますね〜。最後の引き留めの松之助さん、さすがに上手いですね〜。判官はもっと悔しさを身体いっぱいで表現してほしかったところはありますが〜。

引き締まった舞台だったですよ。意外に良かったです。山城屋さんは以前のやり方とはまた変えられていて、さすがですね〜、延若型だと思いますが、新しい型を作っておられるのだと思いました。


3

Guten Morgen!! 

今朝は、4時前起きです

昨日は仕事から帰ってきたのが10時過ぎです
それから遅い夕食
11時半頃には寝ました〜。

1月も明日はもう20日ですね、本当に早いですね〜。
この前お正月だったのに〜。

♪♪♪♪♪
今朝は久しぶりにモツアルトです。

Mozart Piano Concertos Nos. 20, 21, 24 & 27
Mozart Piano Concertos Nos. 20, 21, 24 & 27
クチコミを見る


モツアルト:ピアノ協奏曲 第24番 ハ短調 K.491
アルトゥール・シュナーベル(ピアノ)
ヴァルター・ズゥスキント 指揮 フィルハーモニア・オケストラ の演奏です。
(1948年の録音だそうです)

この前に、シュナーベルの演奏による、モツアルト 21番のピアノコンチェルトを取りあげたと思います。その際、アマゾンのサイトを見ていたら、他の曲の録音もあると知りました。ただアマゾンでは売っていなくて、出品されているものでした。もちろん衝動買いです、爆〜。中古商品、2枚で3200円ほどです、少し高いかなと思ったんですが、きっとこれを逃すとてに入らないかもと思い、注文して、去年の年末に届いていました。

少しずつ聴いていたのですが、ブルックナー4番シリーズなどでブログに書くことはできませんでした。

モツアルトのピアノコンチェルトは、ゼルキン師のCBSの録音、晩年のDGの録音、それにカサドシュ・セル盤などをこれまで好んで聴いてきました。

この選集では、20番、21番、24番、27番のコンチェルトが収録されています。シュナーベルの録音に関してはアマゾンの方が品揃えが良いですね〜。

聴いて驚きました、新鮮な驚きです。こんな素晴らしいコンチェルトの録音があったのかと〜。去年だったでしょうか、シュナーベルの素晴らしさを知ったのは〜。ベトベンのピアノ・ソナタ、シュベルトのピアノ・ソナタ、それにモツアルトのピアノコンチェルトの素晴らしさも〜。確か21番のコンチェルトのことは書きましたよね〜。

この時期のピアニストは弾き崩していると勝手に思いこんでいました。シュナーベルのテクニークが実に充実したものです、テクニークに問題はまったくありません、それどころか、今のピアニストと比べても遜色はないと〜。しかも、細やかなニュアンス付けには驚かされます。このコンチェルトでも非常に細やかな演奏です。

それに伴奏のフィルハーモニア・オケストラが上手いんですよ。このコンチェルトは木管のアンサンブルが各楽章に出てくることでも有名ですが、実に上手いです。この頃は確か、ファゴットではなく、バソンを演奏する名手がおられたと思います。名前は失念しました;; アンサンブルのCDも持っているのですが〜。フルート、オーボエ、クラリネット、バソンのソロ、実に見事なものです。

特筆すべきなのは、シュナーベルの作曲によるカデンツァです。実に面白いカデンツァになっています。この頃は有名ピアニストのカデンツァを演奏することが多いと思いますが、シュナーベルは自身で作曲したものを演奏していると思います。このカデンツァ、モツアルトの様式にあっているかはともかく、面白いです。確か、シュナーベルは作曲もしていたように聞いています。どの楽章のカデンツァも新鮮で面白いです。彼はきっと自分のカデンツァを演奏しなければならないと思っていたんだと思います、モツアルトを演奏するんだから、と〜。
ゼルキン師も自身のカデンツァを演奏している場合もありますが、これほど飛んだカデンツァはありません。その点でも、この録音は貴重ですね〜。

編成は、モツアルトのピアノコンチェルトの素晴らしさでは一番大きいものだそうです。フルート、オーボエ2、クラリネット2、バソン2、ホルン2、ラッパ2、ティンパニ、それに、弦五部です。

第1楽章 アレグロ ハ短調 3/4拍子
第2楽章 ラルゲット 変ホ長調 2/2拍子
第3楽章 アレグレット ハ短調 2/2拍子

2楽章の木管アンサンブルは美しいですね〜、モツアルトの書いた緩除楽章の中でも美しいものの一つでしょうね〜。木管アンサンブルとピアノとが交互に出てくる、珍しい作りになっています。モツアルトのピアノコンチェルト、木管のソロが多くて面白いのですが、この曲は特に面白いものですね〜。私は一度だけ演奏したことがありますが、どんな演奏をしたか、もう忘れてしまっています、爆〜。もう一度演奏したい曲ですが、その機会はないでしょうね〜、残念ながら〜。

この時期の録音としては相当に良いですよ、それも驚きです〜。

♪♪♪♪♪
昨日も喫茶店から一日を始めました。寒いので早めに帰ってきました〜。帰ってきてから、配水管の清掃があり、部屋の中に作業の方が入ってこられますので、部屋の中を少しだけ片付けました。
少し不愉快な報道番組を見ながら、仕事との準備も〜。鳥越さん、大谷さんなどはまだまともですよね、辞め検の人たち、あの人たちは検◎の手先なんでしょうか、爆〜。

清掃が終わってから、11時前まで仕事の準備をしました。しんどくて、もう止めようかとも思ったんですが、何とかやりました。それから散歩です、寒いので短めですが1キロ以上は歩いていると思います、それから久しぶりに定食屋さんで定食を食べて帰ってきて、不愉快な報道番組を少し見て、ラジオに代えて、昼寝任務に〜、爆〜。12時過ぎから1時半過ぎまで1時間ほど寝ました。その間に荷物が届いていたようで、電話をして持ってきてもらいました。アマゾンに同じCDを二枚ずつ注文してしまったのを返品しないといけないので、早めに持ってきてほしかったんですよ。

昨日は入院していた車を取りに行かないといけないし、少し早めに出ました。代車ではCDが聴けないので、iPodで聴いていました。
4時半にならないうちに、保険屋さんの事務所に到着、保険で済ませましたが、2万以上かかる修理だったそうです、これから注意しないと、駐車場の入り口に置いてある大きな石、それを守るブロック、爆〜。迷惑です、爆〜。

駐車場の近くのコンビニで買い物をしてから仕事先へ〜。すこしすると喧しくなってきたので、散歩に出ました〜、爆〜。仕事は6時から9時頃まで〜。仕事先を出たのは昨日はすこし遅く、帰ってきたのは10時を過ぎていました、それから遅めの昼食です。
でも、1月中は月曜、火曜日の夜しか仕事がありません、日雇いですから、少し厳しいですが、何とかやっていきますね〜。

『女の道は一本道にございます。定めに背き、引き返すは恥にございますよ』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(「篤姫」が終わってしまったのが残念なのは私だけでしょうか〜。)

今日は2週間ぶりの診察に行ってこようと思っています。2週間経っていないのですが、火曜日に行くことにしているんで〜。今日も歩いていこうと思っています。行き帰りで小一時間かかりますが、運動です〜。松竹座・初春大歌舞伎の観劇記、喫茶店から帰ってきてからアップしますね〜、下の方を見てくださいね〜。
「一瞬に永遠を宿しながら」生きることが出来ると良いですが〜。
今日もゆるゆると〜

今日も穏やかに過ごしたいものですが〜。
今日は、どんな一日でしょうか? 

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。 
皆さんの応援のおかげで20位以内に復帰していますぅ〜
さらなる応援を宜しくお願いしますぅ〜  
m(_ _)m

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね。ミ(`w´彡) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

飆風 (文春文庫)
飆風 (文春文庫)
クチコミを見る


大不況には本を読む (中公新書ラクレ)
大不況には本を読む (中公新書ラクレ)
クチコミを見る


面白い本なのですが、なかなか進みません〜


DVD付き限定版 のだめカンタービレ 第23巻 (講談社コミックスキス)
DVD付き限定版 のだめカンタービレ 第23巻 (講談社コミックスキス)
クチコミを見る


この23巻で、めでたく『のだめカンタービレ』は終わりになるそうです。
22巻もまだ読んでいないんですよ〜

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪

『のだめカンタービレ』映画版のサイトですぅ〜
今年、12月に映画版が封切られるそうですね〜。
前売り券を買うと特典も付いているそうですよ。(^o^)
(この情報はGummoさんに教えていただきました〜)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。

9月の舞踊公演は、チケットの予約を後援会に頼みました〜。
当日、調子が悪く、公演には行けませんでした;;
お正月の浅草公演は行けないかも〜
4月には金比羅歌舞伎に出勤ですね、行きたいな〜〜

愛之助ちゃんのコーヒーカップ2




去年、年末に愛之助ちゃんの後援会から送られてきたプレゼントのコーヒーカップで、珊瑚ロースト35コーヒーを飲んでいます〜。飾ってありましたが、カップも使ってあげないとね〜 ミ(`w´彡)

4月の琴平、金丸座の公演、行こうかと思い、後援会にチケットを頼みましたよ〜

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
クチコミを見る


かなり面白いですよ。再読しています。
本当に、学ぶことが多くある本ですよ〜。
色々とマスコミでは知り得ない情報も教えてもらえますよ〜。

中原の虹 第一巻
中原の虹 第一巻
クチコミを見る


年末年始は、これを再々読、何回目かな?読もうと思っています。

〜 大阪・松竹座・初春大歌舞伎 通し狂言「仮名手本忠臣蔵」(坂田藤十郎奮闘公演)・観劇記(4)〜

syoutikuza1





<昼の部>
大序 鎌倉鶴ヶ岡兜改めの場

高師直 坂田藤十郎
塩冶判官 中村扇雀
顔世御前 片岡孝太郎
足利直義  片岡進之介
桃井若狭之助 中村翫雀

大阪だけのことかもしれませんが、幕が開く前に、口上人形が出てきて、役名、役者の名前を読み上げます。この口上人形を見るのは、私は昭和52年中座での通し上演のとき以来のような気がします。それ以降も見たかな?思い出せません。

誰が声の出演をしているのか、分からなかったのですが、ブログ仲間の恵美さん(リンク先がありますので、ご覧になってくださいね〜)が、片岡千次郎さん、片岡比奈三さんだと教えてくださいました。「えっへン、えっへン」と声を整えてから、幹部俳優の役名を呼び上げていきます。最初は我當さんだったと思います。最後は座頭の藤十郎丈です。

幕には「笹瀬連」の文字が〜。昔の大坂の贔屓筋だそうです。鴈治郎はんの自伝「鴈治郎の歳月」にも記述があったと思います。大阪では幕は左右に開きます。十一代目の仁左衛門さん、初代の鴈治郎はんの贔屓が先に顔を見たいとのことで、どっちから幕を開けるか揉めて、左右に引くようになったとか聞いたことがありますが、記憶違いかもしれません。

段の上には、直義公、その下に師直、舞台に兜が入った長持ち、その両脇に若狭之介、判官が座っています。浄瑠璃の役名の読み上げて、一人ずつ顔を上げていきます。中座の通しでは、直義は扇雀さんだったと思います。師直は鴈治郎はん、若狭之介が延若さん、判官が十三代の仁左衛門さんだったと〜。鴈治郎はんの師直、今も覚えています、憎々しげな師直だったですよ。「ニンにない」ということで、やっておられなかったようですが、海外公演で初役でやり、歌右衛門さんに絶賛され、やるようになった役だったようです。

今回の直義公、進之介くんですが、危なげなく安心してみられました、爆〜。ちょっとそれでは寂しいような、爆〜。危なそうな進之介くんの舞台が観たいような〜、爆〜。格があり、良い直義であったのではないでしょうか?最近の舞台では一番良かったですよ(でも、今回、この一役、ちょっと寂しくないですか?)。

若狭之介の翫雀丈、ちょっと太り気味ですが、けっこう良かったですし、扇雀丈、意外なほど良かったです。そりゃ、梅幸さん、仁左衛門さんと比べるのは酷でしょうが、良い判官だったですよ〜。

それにしても、師直の藤十郎丈、前よりもずっと嫌らしさが増しているようで、富十郎丈と双璧かもしれませんね〜。最近は吉右衛門さんもやられているようですが、このお二人が一番かな〜、先々代の松禄さんの師直も良かったですが〜。上方式、延若型の師直、ええもんですね〜。

顔世御前、やはり歌右衛門さんの舞台姿が忘れられません。ですが、孝太郎丈の顔世、なかなか良かったですよ。立女形の役ですから、大きさが必要なそうです。歌右衛門さんは戦前、中座で通しが出たときに、二代目の延若さんにおしえてもらったそうです。「かぎ当てちゃいけない」と〜。孝太郎さんはその形でやっていたのかどうかは、分かりませんでした。もう覚えているのは、藤十郎丈、我當丈くらいでしょうか? 二代目の延若さんの師直の色気は凄かったそうです、インタビュー番組で懐かしそうに語っておられました〜。

大序が面白くないと、それ以降が面白くなりませんよね、上方のこってりとした味わい、私はやはりこれが好きですね〜。

続きは次回に〜 ミ(`w´彡)






3

Guten Morgen!! 

今朝は、2時頃起きです
昨日は9時過ぎに寝てしまいました〜

午前中は色々とやったせいか、疲れて午後から寝ていました、爆〜

♪♪♪♪♪
今朝はブラームスです。このところブラームスを取りあげることが増えていますね〜。

ブラームス:二重協奏曲/悲劇的序曲
ブラームス:二重協奏曲/悲劇的序曲
クチコミを見る


ヨハネス・ブラームス:「ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲」 イ短調 作品102
ヨゼフ・スーク(ヴァイオリン)
アンドレ・ナヴァラ(チェロ)
カレル・アンチェル 指揮 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 の演奏です。
(録音:1963年9月30日〜10月2日、プラハ、ルドルフィヌム)

近頃、突然、ブラームスの室内楽に目覚めてしまい、色々と聴いています。シンフォニーはそれほど聴きませんが、コンチェルトは「ピアノ協奏曲 第1番」これが好きですね、それと、この「ドッペル・コンチェルト」が好きです。2番のピアノ・コンチェルトも好きなのですが、変な演奏を隣で聴いてしまい、それが悪夢になっています、爆〜。

このコンチェルトを初めて聴いたのは、フランチェスカッティ、フルニエ、ブルーノ・ヴァルターの競演盤です。今でも愛聴盤の一つです。好きな曲ですが、CDはあまり持っていません。上のもの以外は、ハイフェッツとフォイアマンの昔の録音、ハイフェッツとピアテゴルスキーのものも確かあったと思うのですが〜。

ヨーゼフ・スークは大好きなヴァイオリニストの一人です、昔からです。高校生の頃に出たスークのモツアルトのコンチェルト集、どれだけ聴いたか分からないほどです。CD時代になり、スプラフォン盤、色々と買いそろえました。

この演奏はHMVに発売の情報が出たときに予約していたものです。ようやく届いたんですが、忙しくて聴いていませんでした。今朝はもう何度も、何度も聴いています。シンフォニーだと繰り返し聴く気にはならないのですが、ブラームスの曲でも何度も聴ける曲があるんだと、「ピアノ五重奏曲」を聴いていて、新たな発見をしました〜。

アンチェルも懐かしい名前です、LP時代には廉価盤が多数出ていたように思います。貧乏学生だったですから、LPはほとんど廉価盤、大学の生協で買うとスタンプでおまけがあったので、生協で買っていましたね〜。本当に貧しかったな〜。

第1楽章の前奏から、充実した演奏です。チェコ・フィルは、ドイツ系のオケストラとは異なる音がしますね〜(現在もでしょうか?)。木管も金管も温かい音がします。弦楽器も実に充実した音ですよね〜。ヴィーナー・フィルハーモニカーの音が変わったのは、以前のようにハンガリーやチェコの奏者が入団しなくなったからだとの意見もありますね〜。アンチェルの指揮、面白いところで見得を切るところがあります。意外でした〜。ですが、嫌みではまったくないですよ。

ナヴァラというチェリスト、初めてかもしれません、フランス系の方のようですが、上手いですね〜。音も良いですし、音程、リズムも良いですね、当たり前かもしれませんが〜。スークの端正なヴァイオリンにも良く合っているようにも思います。冒頭のチェロのソロ、長いですよね、ヴァイオリニストは手持ち無沙汰だと思います。ブラームスの「ヴァイオリン協奏曲」でも、1楽章も2楽章も前奏が長いですよね〜、かの名ヴァイオリニスト、サラサーテが「ヴァイオリン協奏曲」の2楽章に関して、「オーボエが旋律を奏でて聴衆を魅了しているというのに、自分がヴァイオリンを持ってぼんやりそれを眺めていることに我慢がならない」と語ったと言われていますね〜。

サラサーテはこの曲はどう思ったのでしょうか?ソリストとしては手持ち無沙汰なところもありますよ〜、第1楽章は〜。第2楽章、第3楽章はソロから始まりますので、そんなことはないかと思いますが〜。

第1楽章 Allegro
第2楽章 Andante
第3楽章 Vivace non troppo

この曲は一度は演奏したい曲の一つに入っていますが、その機会はないだろうと思っています〜。二人のソリストを揃えること、これが難しいですから〜、演奏会でもあまり取りあげられないのは、そうした理由があるからでしょうね〜。


♪♪♪♪♪
昨日の朝はファミレスです、今年のセンター試験のやってみました。いつもファミレスでやっています。家でやるのが面倒なのと、喫茶店ではできないだろうと思って〜。去年よりも簡単だったように思います。解答時間が去年よりも短かったように思いますから〜。

それから喫茶店でもモーニング、食べ過ぎかもしれませんね、ファミレスではスープモーニングと決めています。それくらいは良いかもしれませんね〜。

帰ってきてからは、少しラジオで「米朝噺」を聴いてから、練習を始めました。
土曜日に削ったリードがもう一つだったので、調整をしようと思ったんですよ。日曜はめったにやらないのですが〜。1時間ほどやったと思います。音階練習、デタッシェの練習、デタッシェの難しいところなどを、リードを調整しながらやりました〜。

それから散歩です、昨日も寒かったので、少しにしました。でも歩くことは良いようですね、体調が良くなっています。帰りに買い物をして帰ってきました。それからブログネタを書いて、ブログを少し変更して、お昼にしました。

昨日は献立はちょっとだけ豪華〜です、道頓堀の「今井」で買って帰った「きつねうどん」、出汁がやはり違いますね、うどんも美味しいです。
沖縄から届いた「じ〜ま〜み〜豆腐」、目玉焼き、厚揚げの焼いたん、ちょこっと豪華でしょ〜。

1時過ぎから昼寝、3時頃に起き上がってきたんですが、また眠くなって、また1時間ほど寝たような〜。夕食はあり合わせです、テレビ番組が面白くなく、少し録画を観たんですが、眠くなり9時過ぎには寝ました。
それで今朝は超早起きです。

今日はマンションの配水管の清掃、仕事の準備など〜。3時半頃仕事に出かける序でに、入院していた車を取りに行きます。帰りは10時を過ぎるでしょうね〜。


『女の道は一本道にございます。定めに背き、引き返すは恥にございますよ』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(「篤姫」が終わってしまったのが残念なのは私だけでしょうか〜。)

午前中に、配水管の清掃、立ち会わないといけません、その後、少しでも散歩しようと思っていますが〜。松竹座の観劇記は下の方に書いています〜。
「一瞬に永遠を宿しながら」生きることが出来ると良いですが〜。
今日もゆるゆると〜

今日も穏やかに過ごしたいものですが〜。
今日は、どんな一日でしょうか? 

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。 
皆さんの応援のおかげで20位以内に復帰していますぅ〜
さらなる応援を宜しくお願いしますぅ〜  
m(_ _)m

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね。ミ(`w´彡) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

大不況には本を読む (中公新書ラクレ)
大不況には本を読む (中公新書ラクレ)
クチコミを見る


面白い本なのですが、なかなか進みません〜


DVD付き限定版 のだめカンタービレ 第23巻 (講談社コミックスキス)
DVD付き限定版 のだめカンタービレ 第23巻 (講談社コミックスキス)
クチコミを見る


この23巻で、めでたく『のだめカンタービレ』は終わりになるそうです。
22巻もまだ読んでいないんですよ〜

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪

『のだめカンタービレ』映画版のサイトですぅ〜
今年、12月に映画版が封切られるそうですね〜。
前売り券を買うと特典も付いているそうですよ。(^o^)
(この情報はGummoさんに教えていただきました〜)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。

9月の舞踊公演は、チケットの予約を後援会に頼みました〜。
当日、調子が悪く、公演には行けませんでした;;
お正月の浅草公演は行けないかも〜
4月には金比羅歌舞伎に出勤ですね、行きたいな〜〜

愛之助ちゃんのコーヒーカップ2




去年、年末に愛之助ちゃんの後援会から送られてきたプレゼントのコーヒーカップで、珊瑚ロースト35コーヒーを飲んでいます〜。飾ってありましたが、カップも使ってあげないとね〜 ミ(`w´彡)

4月の琴平、金丸座の公演、行こうかと思い、後援会にチケットを頼みましたよ〜

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
クチコミを見る


かなり面白いですよ。再読しています。
本当に、学ぶことが多くある本ですよ〜。
色々とマスコミでは知り得ない情報も教えてもらえますよ〜。

中原の虹 第一巻
中原の虹 第一巻
クチコミを見る


年末年始は、これを再々読、何回目かな?読もうと思っています。


〜 大阪・松竹座・初春大歌舞伎 通し狂言「仮名手本忠臣蔵」(坂田藤十郎奮闘公演)・観劇記(3)〜

十一段目 師直館表門討入の場(もろのうやかたおもてもんうちいりのば)
     同 広間の場(ひろまのば)
     同 柴部屋本懐焼香の場(しばべやほんかいしょうこうのば)

大星由良之助 坂田藤十郎
大星力弥 中村壱太郎
千崎弥五郎 板東薪車
寺岡平右衛門 中村翫雀
原郷右衛門 嵐橘三郎
赤垣源三 片岡當十郎
高師直 実川延郎
高師泰 片岡松之助 他〜

この幕も色々なやり方がありますね、前回の通しでは、馬に乗った方(役名は忘れました、爆〜 梅玉さんがやっておられたと思うのですが〜)が格好良く登場して終わる、というやり方ではありませんでした。
討ち入りの場では、藤十郎丈の大きさを見せる場面、広間の場は、壱太郎くんと松之助さんとの立ち回りを見る場(松之助さんは上手いですね〜、いつ見ても〜)、焼香場では珍しく「勘平の焼香」までやっていましたね〜、山城屋さんの引き出しには色々なものが入っているんでしょうね〜、これを誰が引き継ぐのかが問題ですね、山城屋さん一代で消えてしまわないと良いのですが〜、壱太郎くんに期待しましょう、爆〜。

終幕での鬨、こういうやり方もあるんですね、大きな橋の上で終わる演出を見馴れているので、意外でした。力弥役の壱太郎くんから、あれは何と言うんでしたっけ?フサフサになったもの?? 山城屋さんがそれを挙げて、舞台が明るくなって打ち出しです。
幕が閉まるまで芝居をする、これが上方の芝居ですね、鴈治郎はんもおんなじやったですよ。山城屋さんの目の動き、鴈治郎はんに似てきてはりますわ、今回の通しでは特にそう思いました。

脇の役者衆、いわゆる三階さんにも台詞や立ち回り、そういう工夫をしているのも座頭としての役目かもしれませんね〜。山城屋さんの大きさに感動した幕でした。綺麗ですよ、本当に〜。

昼の部は、また次回です。20日にも、昼の部を観ますので、少し間遠になるかもしれません〜。



3

Guten Morgen!! 

今朝は、3時半頃起きです
昨日は小さなアンサンブルの練習から帰ってきたのが、10時半過ぎです
それから遅い夕食です

寝たのは、11時半頃です

昨日、今日とセンター試験が行われていますね〜。受験生は持てる力をフルに発揮できると良いですね〜。お祈りしています〜。

阪神大震災から15年も経ったんですね、犠牲になられた方々のご冥福をお祈りいたします。

♪♪♪♪♪
今朝は久しぶりに、R・シュトラウスです。

Richard Strauss: Symphonia Domestica [Hybrid SACD]
Richard Strauss: Symphonia Domestica [Hybrid SACD]
クチコミを見る


R・シュトラウス:『町人貴族』組曲 作品60
フリッツ・ライナー 指揮 シカゴ・シンフォニー・オケストラの演奏です。
(録音:1956年4月17日 シカゴ、オーケストラ・ホール(町人貴族:2トラック録音)SACD Hybrid

ライナーの演奏はLP時代に廉価盤で聴いていたようにも思うのですが、すっかり忘れていました〜。復刻盤が出ているのは知っていましたが、手に入れていませんでした〜。アマゾンでセールをしていましたので、衝動買いです、爆〜、1000円を切っていたので〜。

Living Stereo の音質の良さは、以前に買ったCDで知っていましたが、このCDも、ものすごく音が良いですね〜。それにオケストラ、ライナー時代からシカゴは上手かったんですね〜。ライナーのシュトラウスは定評があったと聞いています。でも、昔聴いた演奏はすっかり忘れています。

ソロ楽器の上手さは特筆ものです。コンマスのソロ、オーボエのソロ、ラッパのソロ、フルートのソロなどいずれも、今の奏者と比べても遜色がないように感じます。

ホーフマンスタールによる『町人貴族』の最初の改作版は、1912年にシュトゥットガルトの宮廷劇場で、マックス・ラインハルトの演出によって上演されて、この版には劇中劇としてホーフマンスタールの台本によるオペラ『ナクソス島のアリアドネ』が加えられていたそうです。ですが、この上演は、その劇中劇が原因で不評に終わったとのことで、ホーフマンスタールとシュトラウスは、まず『ナクソス島のアリアドネ』に別のプロローグを付けて独立させて、1916年に初演されたそうです。一方、『町人貴族』の方はオペラ抜きでまとめ直され、この第2の改作版『町人貴族』の付随音楽は全17曲からなり、うち9曲は1917年に新たに作曲され、上演は翌1918年に行われているとのことです。

組曲は新旧17曲の中から9曲を抜粋して編まれ、1920年1月31日にウィーンでシュトラウス自身の指揮によって初演されたそうです。

曲は室内楽の趣がある曲に仕上がっていますね〜。「ナクソス島のアリアドネ」の中の旋律も出てきます。

編成は管楽器、打楽器が多いですね〜。弦楽器の少ないのは「アリアドネ」に合わせているのかもしれませんね〜。

フルート2(ピッコロ2持ち替え)、オーボエ2、クラリネット2、ファゴット2、ホルン2、トランペット、トロンボーン、ティンパニ、大太鼓、小太鼓、タンブリン、シンバル、トライアングル、グロッケンシュピール、ピアノ、ハープ、ヴァイオリン6、ヴィオラ4、チェロ4、コントラバス2

1 第1幕への序曲(Ouverture zum I. Aufzug)
2 メヌエット(Menuett)
3 剣術の先生(Der Fechtmeister)
4 仕立て屋の入場と踊り(Auftritt und Tanz der Schneider)
5 リュリのメヌエット(Das Menuett des Lully) - 第2幕への前奏曲。リュリの音楽の編曲。
6 クレオントの登場(Auftritt des Cleonte) - リュリの音楽の編曲。
7 間奏曲(Intermezzo)
8 宴会(Das Diner)
9 クーラント(Courante)

このライナー盤では、6曲が収録されています。1、2、3、4、9、5、8の順に収録されています。
ライナーのシュトラウスの印象、まだこれからかもしれません。端正で、意外にも潤いのある演奏には今のところ思えています。しばらくライナーのシュトラウスを聴いていこうかと思っています。

♪♪♪♪♪
昨日はファミレスで、喫茶店の常連さんのオバチャンに会い、同席して色々と話をしていました〜、そんなこともあるんですね〜。帰ってきてからは、少し報道番組、酷い報道に怒りを覚えますが、政争となっていますから、どちらが勝つかということになるでしょうね〜。

9時頃から練習です。音階練習、デタッシェの練習、デタッシェの難しいところの練習、休憩を入れながら2時間ほどやりました。途中、松竹のチケットホンに電話をして、松竹座の昼の部、もう一度行くことにしました。上方の役者衆を応援したいと思っています〜。見物が来ないと、芝居も開かないですからね〜。

11時頃、散歩に出ようと思っていましたが、玄関にあるHMV、アマゾンから届いた荷物が入っていた空箱、潰してほかす(捨てる、の意味です)任務に〜。これが意外に面倒です。来たときに潰しておけばそうでもないのでしょうが〜。これにおおかた40分ほど〜、爆〜。

昨日、沖縄に注文しておいた「じ〜ま〜み〜豆腐」と珊瑚焙煎35コーヒーが届きました (^o^)〜。それなどを食べながらの昼食です。
早起きでしたから、昨日も昼寝です。1時過ぎから2時半頃まで寝ました。起き上がってきてから、届いたCDを聴こうと思うと、ケースに割れが;; アマゾンのサポートに電話しました。対応がマニュアル通りで、こちらの質問に答えてくれません。それで「上席に代わってほしい」と伝えましたが、「私が対応します」の一点張り、爆〜。「どうして代われないのか?」の質問にも回答はありません。押し問答の末、30分ほどでクァドリーダーの方から電話が〜。対応が違いすぎますよ〜。アマゾンにはお世話になっているので、クレームはあまり言いたくないですが、CDをメール便で送るのはアカンと思います〜。

そんなこんなで、夕方の練習は短くなりました。5時半に、小さなアンサンブルの練習に出かけました。道が空いていて、6時半までに到着です。私は先週は仕事で出られなかったので、初練習です。このアンサンブル、下手ですが、雰囲気が良いですよ〜。音楽をしていて愉しいですよ〜。コンミス、チェロさんは上手いんです、それにおじいちゃんチームのヴィオラが頑張っています、他は…。

終わってから、演奏会でコンチェルトをやらしてほしいとコンミスに伝えてあった件で少しコンミスと指揮者の先生と話をしました。「もう年やし、思い立ったときに練習しておかないと、もうできないかもしれないので〜」ということで、取りあえずはやることに決定です。ヴェーバーのコンチェルトをやろうかと思っています、実は去年からさらっていたんですよ〜。

帰ってきてから、遅い夕食、軽いものを食べて寝ました。

今日、1月17日は阪神大震災が起こった日です。この震災には色々な思いがあります。ですが、もう何度も、何度も書いてきましたので、今回は、犠牲になられた方々のご冥福をお祈りするだけにしますね〜。

『女の道は一本道にございます。定めに背き、引き返すは恥にございますよ』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(「篤姫」が終わってしまったのが残念なのは私だけでしょうか〜。)

今朝はファミレスで、センター試験をやろうと思っています。それから喫茶店に行こうかと思っています。松竹座・観劇記は、下の方に載せております。
「一瞬に永遠を宿しながら」生きることが出来ると良いですが〜。
今日もゆるゆると〜

今日も穏やかに過ごしたいものですが〜。
今日は、どんな一日でしょうか? 

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。 
皆さんの応援のおかげで20位以内に復帰していますぅ〜
さらなる応援を宜しくお願いしますぅ〜  
m(_ _)m


にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね。ミ(`w´彡) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

大不況には本を読む (中公新書ラクレ)
大不況には本を読む (中公新書ラクレ)
クチコミを見る


面白い本なのですが、なかなか進みません〜


DVD付き限定版 のだめカンタービレ 第23巻 (講談社コミックスキス)
DVD付き限定版 のだめカンタービレ 第23巻 (講談社コミックスキス)
クチコミを見る


この23巻で、めでたく『のだめカンタービレ』は終わりになるそうです。
22巻もまだ読んでいないんですよ〜

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪

『のだめカンタービレ』映画版のサイトですぅ〜
今年、12月に映画版が封切られるそうですね〜。
前売り券を買うと特典も付いているそうですよ。(^o^)
(この情報はGummoさんに教えていただきました〜)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。

9月の舞踊公演は、チケットの予約を後援会に頼みました〜。
当日、調子が悪く、公演には行けませんでした;;
お正月の浅草公演は行けないかも〜
4月には金比羅歌舞伎に出勤ですね、行きたいな〜〜

愛之助ちゃんのコーヒーカップ2




去年、年末に愛之助ちゃんの後援会から送られてきたプレゼントのコーヒーカップで、珊瑚ロースト35コーヒーを飲んでいます〜。飾ってありましたが、カップも使ってあげないとね〜 ミ(`w´彡)

4月の琴平、金丸座の公演、行こうかと思い、後援会にチケットを頼みましたよ〜

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
クチコミを見る


かなり面白いですよ。再読しています。
本当に、学ぶことが多くある本ですよ〜。
色々とマスコミでは知り得ない情報も教えてもらえますよ〜。

中原の虹 第一巻
中原の虹 第一巻
クチコミを見る


年末年始は、これを再々読、何回目かな?読もうと思っています。

〜 大阪・松竹座・初春大歌舞伎「仮名手本忠臣蔵」通し狂言(坂田藤十郎奮闘公演)・観劇記(2)〜

2010松竹座2






八段目  道行旅路の嫁入

戸無瀬 坂田藤十郎
小浪 中村扇雀
奴可内 中村翫雀

常磐津での上演です。この場は、中村歌右衛門さんの舞台姿の美しかったことを思い出しますね〜。
由良之助の後に、戸無瀬、藤十郎丈はさすがに「兼ねる役者」ですね〜。娘の小浪よりも若く見える母です、爆〜。常磐津は一巴太夫、久しぶりに美声を愉しみました。以前よりも少し声が小さくなられているようには感じましたが〜。

小浪は壱太郎くんの方が良かったのではないかなと思いました。平右衛門よりも奴の方が翫雀丈も良かったですね〜。

十段目  天川屋義平内の場
天川屋義平 片岡我當
女房おその 片岡吉弥
丁稚 上村吉太朗
千崎弥五郎 板東薪車
大星由良之助 坂田藤十郎

この幕はかかることがほとんどないので、愉しみにしていました。
初代猿翁さんの義平、我童さん(十四代目仁左衛門)の「おその」での舞台録画を持っています。猿翁さんの口跡の良さ、芝居の運びもさすがに上手かったんですね〜。

今回の我當さんのやり方、猿翁さんの舞台とはもちろん変わっています。堺の商人ということで、上方狂言になっています。これが本行のやり方でしょうね〜。昭和52年の中座の通しでも出なかった幕です。この芝居、面白いですのでもっとやって欲しいですね〜。我當さん、足がお悪そうですが、立派な義平ですね〜、若々しく見えますし、それに口跡が良いです、昔は少し気張ったセリフ回しかなと思っていましたが、今回はそんな感じがしませんでした。女房おそのを内には入れないときの思い入れ、女房に対する思い、由良之助との約束をしっかりと果たしたいという思いが、芝居に滲み出ている、立派な義平だったですね〜。最後に出てくる、藤十郎丈も座頭としての風格があり、吉弥さんの女房、これも大大吉、我童さんのものに匹敵するほどの熱演でした。丁稚の吉太郎くんも可愛かったですよ〜。

夜の部では一番、芝居らしい感じがしましたね〜。
今日はここまでにしますね〜、続きはまた明日です〜。


4

Guten Morgen!! 

今朝も、3時半頃起きです。
どうも同じような時間に起きるような〜

昨日は、大阪松竹座の初春大歌舞伎の公演、夜の部に行ってきました〜。

2010松竹座1





♪♪♪♪♪
今朝もブルックナー4番攻撃です、爆〜。今日で最後にしようと思っています。

ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」
ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」
クチコミを見る


アントン・ブルックナー:交響曲第4番 変ホ長調「ローマンティッシェ」
ヘルベルト・フォン・カラヤン 指揮 ベルリナー・フィルハーモニカー の演奏です。
(1970年の録音のようです)

この演奏、思い出の演奏です。これで締めくくろうと思ったんですよ。
この演奏は確か、私が高校生の頃にLP3枚組で発売された演奏だと思います。繰り返し聴いていたのを思いだしています。

以前、カラヤンの旧盤の7番について書いたことはありましたが、この4番については書いていなかったようです。7番のブログを少し加筆しながらです〜。

昔はベルリナー・フィルハーモニカーの演奏をよく聴いていたのですが(LP時代です)。ですが、CD時代になってから、私の好みが変わってきて、オーマンディ師、マエストロ・トスカニーニ、ショルティなどを聴くことが多くなり、それに従い、ベルリナー・フィルハーモニカーの演奏は聴くことが少なくなりました。ラトルも、バーミンガムのオケストラを振っていた頃は好きだったんですが、今は〜。

ですが、もちろん、思い出の演奏というのがあって、それは、やはりカラヤン指揮のものです。ライヴも何度も何度も聴きました、カラヤン時代は〜。
このブログでも何度も書いていますように、ブルックナーを初めて知ったのは、カラヤン指揮ベルリンフィルの演奏(DGの旧盤)です。それに、高校生のときに、その当時はまだ高価だったLP、確か3枚組ではなかったかと、2枚だったかな、その辺りは良く覚えていません。EMIから発売された、ブルックナーの4番、7番の演奏、これも思い出の演奏です。

CD時代になってから、レコード会社によって音が異なるということがあまりなくなりましたが、LP時代は、ソニー、DG、デッカ、EMIで、微妙に音が異なっていましたよね、カラヤン・ベルリンフィルの演奏も、DGとEMIでは相当に音が異なっていたような気がします。EMIの音はどちらかというと、弦の音の響きが豊かであったような気がします。今のベルリナー・フィルハーモニカーは、インターナショナルな音になってしまい、ドイツのオケストラという感じがしませんが、カラヤンの頃はまだ地域性を残したオケストラであったような感じがしますね〜。

上に書いているカラヤンのブルックナーは、どうしても聴きたくて、CDで買い直しました。昔聴いていたLPの音とは、微妙に違います。DGは同じような音だと思うのですが、EMI盤は昔よりも音の分離が良くなっているように思います。

日本では、何でも屋のカラヤン、とか言って、バカにされている時代も長くありました(今でもそうかもしれませんが〜)。オーマンディ師・フィラデルフィアは、音がゴージャスなだけで内容空疎な音楽、と酷評されていましたし、今もそれは変わりません、爆〜。日本では、上手いものは煙たがられる傾向があるのかもしれませんね。たとえば、オーボエのホリガーさんなんかは、20世紀の奏者として、管楽器、弦楽器の区別なく、天才を持った音楽家だと、私は思いますが、あんなのはオーボエの音ではない、と今でも言っている人が多いですね、爆〜。

カラヤンのブルックナーは、ライヴでは聴いたことがありません、さぞや良かったことだろうと思います。私は、ブルックナーは大学時代は良く聴いていたんですが、一時期、聴かなくなっていました。その私をまたもブルックナーの世界に連れ戻してくれたのが、オーマンディ師の5番の演奏でした。「5番って、こんなに良い曲だったんだ」って初めて思い、それから、またブルックナーを聴き続けています。

この4番、色々な演奏を聴いてきましたが、このカラヤン盤、カラヤン節が全編に漲り、オケストラは極上品、私にはブルックナーを聴く喜びをしっかりと伝えてくれる名演だと思いますね〜。DGの新盤よりも、やはりこのEMI盤が良いですね、私には〜。

ここで、私のお薦め盤を〜。クナッパーツブッシュの1944年のライヴ、クナの魅力満載の演奏ですが、コアなファン向けかもしれません。これからブルックナーを聴こうと思われる方は、カラヤンの旧盤(今日取りあげた演奏)、オーマンディ師・フィラデルフィア盤、スイトナー盤、それにムーティ・ベルリナー・フィルハーモニカー盤、廉価盤が多いです。

これほど4番を聴き続けたことはありません。他にも色々なCDを持っていますが、私の好みに合わないものもあります。そういった演奏は取りあげていません。やはり好きな演奏をブログでは取りあげた方が良いのではないかと思ったからです。

このカラヤン盤、今朝は小さなスピーカで聴いていましたが、今は大きなスピーカで、爆〜。

♪♪♪♪♪
昨日は6時半に喫茶店に行ってから、帰ってきて「ウェルかめ」朝ドラを見て、少し報道情報番組を見てから、昨日は早めに練習しました。
いつもの基礎練習、音階練習、デタッシェの練習、デタッシェの難しい箇所の練習、それにリードの調整も少ししました。2時間弱やったと思います。
11時頃になり、少し散歩です。寒かったので短めです、爆〜。

11時半頃から昼食、夕方に初春大歌舞伎を観に行く予定だったので、12時頃に昼寝です、爆〜。2時間ほど寝ました。2時頃起きだして、出かける準備です。歌舞伎を見に行くときだけ地下鉄に乗ります〜。車で普段動いていると、電車は苦手になります、中年のオッチャン、オバチャンのマナーの悪さには呆れますから、爆〜。

3時過ぎに妹と、道頓堀のうどん屋「今井」で待ち合わせです。このところ、妹を誘っています。病気でバイトを休んでいますし、若い頃お金を借りたこともあり、罪滅ぼしです、爆〜。あの頃も貧しかったです、爆〜。

今井のうどん





〜 大阪松竹座・初春大歌舞伎(坂田藤十郎奮闘公演)観劇記(1) 〜
大阪松竹座の初春大歌舞伎は「仮名手本忠臣蔵」の通し公演です。しかも、坂田藤十郎丈が4役!! 高師直、勘平、由良之助、戸無瀬、この4役を11時の開演から、8時過ぎに終演までほぼ出ずっぱりですよ、御年78歳のご老人にはまったく見えません、「生涯青春」を地でいってはります。昨日は夜の部の鑑賞です。例年は昼夜通しで観てきましたが、今年はよい席がなかったこと、疲れることなどの理由から、昼の部は今日の鑑賞です。
ブログには、すべて見終わってから、観劇記を書きたいと思っています。

ちょこっと、感想を〜。藤十郎丈が一番若く見えます、怖いですよ。壱太郎くんの力弥、血は争えませんね、面差しが初代の鴈治郎はんに似ているような感じがします。片岡秀太郎丈のお軽、絶品でしたよ〜。上方のお軽というだけでなく、当代一のお軽ではないかと思ったほどです。はんなりとした雰囲気、それに若いです、綺麗だったですよ。愛之助ちゃんの活躍とともに、若くなられているようで、これからも頑張ってくださいね。薪車さんの千崎もよかったです、平右衛門を観たかったような、爆〜。

一番良かったのは「天川屋」の場です。片岡我當さんの義平、よかったです、口跡が良いですね、膝が悪そうで、足を組めない感じだったですが〜。それに上村吉弥さんの「女房おその」、本当に美しいし、上手いです。昔の映像の、猿翁さんの義平、我童さんのおそのの録画を持っていますが、それに匹敵する名演ではないかと〜。しかも堺の商人ですから、上方言葉〜、これもよかったです。上村吉太朗くんの丁稚も良かったですよ〜。この幕はライヴでは初めて観ました、もっともっとやってもいい幕ではないでしょうか?

実川姓の役者衆で今残っておられる俳優の最後、実川延郎さんの斧九太夫、良かったな〜、こんな良い役をやられるのは久しぶりではないですか〜。延若さんの「雷船頭」で雷をやっておられた姿、私はまだ覚えていますよ〜。片岡松之助さんも大活躍、なんせ人がいませんから、爆〜。

幕切れで明るくなったときの藤十郎丈の由良之助のうれしそうな顔、これが上方の芝居ですわ〜。隣に力弥の壱太郎くんもいますしね〜。やっぱり二代目の鴈治郎はんの息子だけのことはありますわ、あの目の動かし方、そっくりでした、それに若い〜!! どないなってんねん、と思うほど〜、爆〜。

打ち出しは8時15分、早いですね〜。帰ってきたのは9時前ですよ、地下鉄から歩いたのに〜。帰ってきてからは「コロンボ」任務です、爆〜。
寝たのは11時半頃です。

沖縄旅行、7泊の予定ですが、4日間のダイヴィングスクールに入ると、フリーの日がほとんどなくなります、もう2,3日増やそうかと思案中です。

『女の道は一本道にございます。定めに背き、引き返すは恥にございますよ』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(「篤姫」が終わってしまったのが残念なのは私だけでしょうか〜。)

今日は大阪松竹座の初春大歌舞伎・昼の部を観に行きます。その前に練習してからですよ〜。
「一瞬に永遠を宿しながら」生きることが出来ると良いですが〜。
今日もゆるゆると〜

今日も穏やかに過ごしたいものですが〜。
今日は、どんな一日でしょうか? 

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。 
皆さんの応援のおかげで20位以内に復帰していますぅ〜
さらなる応援を宜しくお願いしますぅ〜  
m(_ _)m

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね。ミ(`w´彡) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

大不況には本を読む (中公新書ラクレ)
大不況には本を読む (中公新書ラクレ)
クチコミを見る


面白い本なのですが、なかなか進みません〜


DVD付き限定版 のだめカンタービレ 第23巻 (講談社コミックスキス)
DVD付き限定版 のだめカンタービレ 第23巻 (講談社コミックスキス)
クチコミを見る


この23巻で、めでたく『のだめカンタービレ』は終わりになるそうです。
22巻もまだ読んでいないんですよ〜

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪

『のだめカンタービレ』映画版のサイトですぅ〜
今年、12月に映画版が封切られるそうですね〜。
前売り券を買うと特典も付いているそうですよ。(^o^)
(この情報はGummoさんに教えていただきました〜)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。

9月の舞踊公演は、チケットの予約を後援会に頼みました〜。
当日、調子が悪く、公演には行けませんでした;;
お正月の浅草公演は行けないかも〜
4月には金比羅歌舞伎に出勤ですね、行きたいな〜〜

愛之助ちゃんのコーヒーカップ2




去年、年末に愛之助ちゃんの後援会から送られてきたプレゼントのコーヒーカップで、珊瑚ロースト35コーヒーを飲んでいます〜。飾ってありましたが、カップも使ってあげないとね〜 ミ(`w´彡)

4月の琴平、金丸座の公演、行こうかと思い、後援会にチケットを頼みましたよ〜

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
クチコミを見る


かなり面白いですよ。再読しています。
本当に、学ぶことが多くある本ですよ〜。
色々とマスコミでは知り得ない情報も教えてもらえますよ〜。

中原の虹 第一巻
中原の虹 第一巻
クチコミを見る


年末年始は、これを再々読、何回目かな?読もうと思っています。



3

Guten Morgen!! 

今朝も4時過ぎ起きです〜。
昨日は寝たのが遅かったですので、ちょっと寝不足かもしれません。
でも、まぁ、お休みなので、良いかなと思っているところです。


♪♪♪♪♪
今朝はモツアルトです。また最近、モツアルトを聴いていますよね〜。大好きな『ポストホルン・セレナーデ』です〜。

ベイヌム・モツアルト






モーツァルト:セレナード第9番
クチコミを見る


W・A・モツアルト : セレナード 第9番 ニ長調 K.320 『ポストホルン』
デドゥアルド・ヴァン・ベイヌム 指揮 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 の演奏です。
(1956年の録音のようです。モノラル録音です)

ヴァン・ベイヌムの演奏は、大昔LP時代には廉価盤が出ていて、色々と聴いていました。CD時代になってからはとんとご無沙汰していたのですが2009年は、ヴァン・ベイヌムの没後50年だからかもしれませんが、色々とCDが廉価盤で出てきています。

そのときに、見つけたのが、このCDなんですよ〜。
ブログ仲間の方がベイヌムの演奏を最近取り上げておられて、それに感化されたこともあります。

昔は、アムステルダム・コンセルトヘボウと言っていたと思うのですが、調べてみると、1988年にベアトリクス女王より「ロイヤル」の称号を下賜され、「ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団」と改称したようですね〜。

『ポストホルン・セレナーデ』は、この前にも取り上げたように、モツアルトのオケストラの作品の中でも大好きなものの一つですし、セレナードの中では『グラン・パルティータ』と並んで好きなものです。

ベイヌムがどんな演奏をしているのかな、と興味があって購入しました。このCDは日本盤で、2006年に発売されたもののようです。

モノラル録音ですが、もうすぐステレオになる時期ですので、録音はすこぶる良いですよ。音は非常に良いものです。

ベイヌム、久し振りに聴くのですが、実に良いテンポ、それに加えて、良いモツアルトを演奏しています。良いモツアルトって何?って聴かれると困るのですが、モツアルトだなと感じさせてくれるものです〜。ホントに良いテンポなんですよ〜。

この間、他の『ポストホルン・セレナーデ』も聴いたのですが、それよりもずっと良い演奏です。ベーム盤、セル盤に並ぶ名演ではないかと思い始めています。

オランダのオケストラは、ドイツのオケストラとも違いますよね〜。傾向としては、どちらかというとベルギーなどと同じくフランスのオケストラの影響が強かったのではないかと思ったりもしています。ベルギーは今もフランス式の楽器を使っているオケストラもあるようです。フランス⇒ベルギー⇒オランダ(ドイツ⇒オランダ)、フランス⇒イギリス、フランス⇒アメリカ とオケストラの傾向は流れているように思いますが、いかがでしょうか?

大昔に、ハイティンクが指揮者で来日した際に、一度だけ聴いたことがあります。マーラーの4番のシンフォニーだったのは覚えているのですが、前プロは思い出せません、爆〜。
そのときも、実に上手いオケストラだったです。

この演奏でも、弦楽器の艶やかさ、管楽器の色彩感、いずれをとっても、実に良い演奏をしています。ラッパは打楽器のように実に慎ましやかな演奏です。あだなにもなっている「ポストホルン」も、上手いですよ〜。

この曲では、オーボエとフルートが歌い合うところが何とも言えず、素晴らしい箇所ですが、この演奏でも、オーボエ、フルートが上手いです〜。(有名オケストラで、木管前列が下手なところはないと思いますが〜)。特に、オーボエは実にチャーミングな音ですよ。

3楽章、4楽章の木管楽器のソロ、それに5楽章の短調になるところなど、聴き所の多い曲ですよね〜。3楽章には木管楽器のカデンツもありますよね〜。

このベイヌムの演奏、実に素晴らしい演奏ですよ〜。廃盤にならないうちに、一度は聴いていただきたい演奏です。

♪♪♪♪♪
昨日の土曜日が練習の日にしています。喫茶店から帰ってきてからは、ニュース番組を見てから、9時過ぎから練習をしました。ヴィヴラートの練習、音階練習、デタッシェの練習、曲の中の難しいところ、デタッシェの難しいところなど、基礎練習が中心です。低音で小さな音で演奏するところ、これが難しいので、昨日も少しリードを削ったり、調整をしたのですが、家では演奏できるのに、練習ではアカンかったです;; もう少し練習します〜。

お昼を食べてからは、少し昼寝をして、起きだしてきて音楽を聴いてから、少し練習して、練習に出かけました。

練習では演奏会が近いことでエキストラの方々が来てくださっていますが、なかなかテンポをつかんで演奏してくださる方は少ないようで、演奏会が近づきながら、テンポがなくなりかけています;; ちょっと哀しいですが〜。
そういうことができるエキストラの方は少ないのだと思いますが〜。

練習から帰ってきたときは、少し興奮状態にあるのか、いつも寝るのが遅くなってしまいます。まぁ、今日は仕事もありませんので、良いかなと思っていますが〜。

『女の道は一本道にございます。定めに背き、引き返すは恥にございますよ』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(「篤姫」が終わってしまったのが残念なのは私だけでしょうか〜。)

今日は寝ている日曜でしょうか、どんな一日でしょうか〜。

大阪 松竹座の観劇記(4)は、下の方にアップしています。見ていただければ幸いです。昼の部はこれからですが〜。

沖縄旅行まであと5ヶ月ですね、爆〜。
だんだん近づいてきていますよ〜。
予約を入れていますよ、いつものホテル、いつもの部屋を頼んでいます〜。


今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。
皆さんの応援で、少し上がってきています。(^o^)
10位以内に戻れる日は来るでしょうか?
皆さんのさらなる応援をお願いします〜〜  m(_ _)m

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね。ミ(`w´彡) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)


コミックの『のだめカンタービレ』第21巻が、発売されましたよ(^o^)
読みましたが、やはり日本編の方が面白かったように思いますね〜。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

来年は、映画版が封切られるそうですね〜。(^o^)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。
初芝居は、愛之助ちゃんの後援会に頼みました。
後援会から、愛之助ちゃんの紋が散らしてある、コーヒーカップが届きました。クリスマス・プレゼントかもしれませんね〜。

2月の花形歌舞伎の観劇記を書いていっています。

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


正義で地球は救えない
正義で地球は救えない

環境問題に関しての新たな視点を教えてくださいますね〜。

新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫)
新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫)
クチコミを見る


今朝、読み終わりました。ドラマよりも先に読まなくて良かったと思っています。ドラマと原作では、篤姫の考え方も異なっています。ドラマと原作は別物ですね〜。

NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第壱集 [DVD]NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第壱集 [DVD]
出演:宮崎あおい
販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2008-12-19
おすすめ度:4.0
クチコミを見る


また第壱集の最初から見ていっています、爆〜。

審判 (ハヤカワ・ノヴェルズ)
審判 (ハヤカワ・ノヴェルズ)
クチコミを見る


競馬シリーズ、昔から大好きで全巻読んでいると思います。
これは去年の12月に発売された新刊です。
ディック・フランシスとご子息との共著ということですが、フランシスの雰囲気がまだ残っていて、面白いと思いました〜。

十一代目團十郎と六代目歌右衛門―悲劇の「神」と孤高の「女帝」 (幻冬舎新書)
十一代目團十郎と六代目歌右衛門―悲劇の「神」と孤高の「女帝」 (幻冬舎新書)
クチコミを見る


面白く読ませてくれますよ〜。

2月の松竹座3





〜 2月 大阪 松竹座 花形歌舞伎公演 観劇記(4) 〜

夜の部
一 「吹雪峠(ふぶきとうげ)」

直吉  片岡愛之助
おえん 中村七之助
助蔵  中村獅童

猛吹雪に閉ざされた山小屋へやっとの思いで辿り着いたのは商人姿の助蔵とおえん〜。おえんはもとは、助蔵が無頼漢だった頃の兄貴分、直吉の女房だった女。密通の末駆け落ちして、今は世をしのぶ二人であり、いつも直吉へのおびえがつきまとっています。ところが、こともあろうにその直吉がこの山小屋へやってきます。

猛吹雪を演出していて、紙の雪が舞台に降り積もり、私の席までも吹雪でした、爆〜。

情けない助蔵、病を負っています。この情けない役、獅童くんのニンに合っていると言うと怒られそうですが、実に軽妙で良い味を出していました。それに、女房のおえん役の七之助くんも、ヤクザものの女房という感じもあり、意外に良かったですよ〜。江戸前の台詞も板に付いている感じで〜。

そこへ颯爽と現れる、愛之助ちゃんの直吉〜。助蔵とおえんは、最初は一緒に謝っていたところが、互いにお前が悪いと言い争うことになります。この辺りも、きっとこんな風になるだろうという運びですが、面白かったです。
そこで、直吉が自分の思いをぶちまけます。愛之助ちゃんは、江戸弁も実に颯爽としていて、良かったですよ。

30分ほどの何と言うこともない芝居ですが、意外に面白かったです〜。雪には困りましたが〜。

昼の部はまた書きますね〜。

3

Guten Morgen!! 

今朝も起き上がれています。5時半起きです。
昨日も早く寝たと思うんですが〜。
確か「ゴッドファーザー鶚」の途中で寝たような〜
すこし寝過ごしました〜。

♪♪♪♪♪
今朝は、ヴァーグナーです。クナッパーツブッシュが1958年にバイロイトで指揮した『ニーベルンクの指輪』を聴くシリーズです。「ジークフリート」まで来ました〜。

クナ・ジークフリート






クナッパーツブッシュがバイロイトで指揮した『ジークフリート』(1958年盤) HMVのサイトですぅ〜
(3000円弱で、入手できますよ〜〜)

R・ヴァーグナー: 『ジークフリート』 第1幕
ハンス・クナッパーツブッシュ 指揮 バイロイト祝祭管弦楽団 の演奏です。

ヴォルフガング・ヴィントガッセン(ジークフリート)
アストリッド・ヴァルナイ(ブリュンヒルデ)
ハンス・ホッター(さすらい人)
ゲルハルト・シュトルツェ(ミーメ)
フランス・アンデルソン(アルベリヒ)
ヨゼフ・グラインドル(ファフナー)
マリア・フォン・イロシュヴァイ(エルダ)
ドロテア・ジーベルト(森の小鳥)
(録音:1958年7月30日(モノラル) 録音場所:バイロイト祝祭劇場)

まだ1幕の途中までしか聴いていません。何せ長いです。1幕だけでも、80分くらいあるのではないでしょうか?

1幕は、ミーメ、ジークフリート、さまよい人が中心で、物語る感じのする幕ですよね〜。ジークフリートがノートゥングを鍛えるところまでは、割と退屈と言っても良いところかもしれません。

でも、よく聴いていると、意外に面白いものですよね〜。
このクナッパーツブッシュ盤では、ミーメはシュトルツェさん、ミーメで名をなした歌手とも言えますよね〜。実に、ミーメの性格のようなものがよく出ている名唱だと思います。

それに、ジークフリートのヴィントガッセンさん、ジークフリートでは有名ですが、後年のショルティ盤では少し年を取っておられたのかなと思うほど、この演奏では、声がよく出ています〜。

それに、さまよい人のホッターさん、この歌唱には驚きです。「ラインの黄金」「ヴァルキューレ」よりも断然良いです。声も良く出ている感じですし、その存在感、そして声に張りがあり、しかも、さまよい人の性格もよく出ています〜。実に立派な歌ですよ。驚きです。ホッターさんのヴァーグナーでは、今まで聴いてきたものの中で一番ではないかと思うほどです。

しかし、ミーメって可哀想ではありませんか?
育てたジークフリートにボロクソに言われ、最後は殺されてしまいます。何と哀しいことでしょうか?

今朝は寝すごしたということもあり、ここまでです。
1幕の2場の途中までです。続きます〜。

♪♪♪♪♪
昨日は、午前中は、2週間ぶりの診察に行きました。
早めに行ったので、一番でした〜。
先生に起き上がれない日があるということをお話しすると、「日程が日によって異なると、生活のリズムを作るのが難しいですよ。でも、仕事には何とか行けているので、それで良いと感じた方が良いです。それに、いつも2,3月よりも、調子は良いように思いますよ」ということだったです〜。

お昼は定食屋さんで食べ、昼寝をしようかと思っていたんですが、少し出かけることにしました。久し振りに〜。

帰ってきてからは、音楽を聴いたりしていました〜。


『女の道は一本道にございます。定めに背き、引き返すは恥にございますよ』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(「篤姫」が終わってしまったのが残念なのは私だけでしょうか〜。)

今日はお休みで、明日、明後日と仕事があります。
今日は2週間ぶりの診察日です。先生には「起き上がれない病」のことはしっかりとお話ししないと行けないなと思っています。

大阪 松竹座の観劇記(2)は、少しだけ書きました。下の方に載せていますので、見てくださいね〜。

沖縄旅行まであと5ヶ月ですね、爆〜。
だんだん近づいてきていますよ〜。
いつも泊まっているホテルが改装中のようですが、今年は同じところに泊まれるのかな? ホテルに問い合わせると、大丈夫のようです〜。
今年も早めに予約をしようかなと思っているところです。

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。
また20位以内からも落ちそうです;;
10位以内に戻れる日は来るでしょうか?
皆さんのさらなる応援をお願いします〜〜  m(_ _)m

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね。ミ(`w´彡) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)


コミックの『のだめカンタービレ』第21巻が、発売されましたよ(^o^)
読みましたが、やはり日本編の方が面白かったように思いますね〜。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

来年は、映画版が封切られるそうですね〜。(^o^)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。
初芝居は、愛之助ちゃんの後援会に頼みました。
後援会から、愛之助ちゃんの紋が散らしてある、コーヒーカップが届きました。クリスマス・プレゼントかもしれませんね〜。

2月の花形歌舞伎の観劇記を書いていっています。

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


正義で地球は救えない
正義で地球は救えない

環境問題に関しての新たな視点を教えてくださいますね〜。

新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫)
新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫)
クチコミを見る


今朝、読み終わりました。ドラマよりも先に読まなくて良かったと思っています。ドラマと原作では、篤姫の考え方も異なっています。ドラマと原作は別物ですね〜。


NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第壱集 [DVD]NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第壱集 [DVD]
出演:宮崎あおい
販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2008-12-19
おすすめ度:4.0
クチコミを見る


また第壱集の最初から見ていっています、爆〜。

審判 (ハヤカワ・ノヴェルズ)
審判 (ハヤカワ・ノヴェルズ)
クチコミを見る


競馬シリーズ、昔から大好きで全巻読んでいると思います。
これは去年の12月に発売された新刊です。


十一代目團十郎と六代目歌右衛門―悲劇の「神」と孤高の「女帝」 (幻冬舎新書)
十一代目團十郎と六代目歌右衛門―悲劇の「神」と孤高の「女帝」 (幻冬舎新書)
クチコミを見る


面白く読ませてくれますよ〜。


〜 二月 大阪 松竹座 花形歌舞伎 公演 観劇記(2)〜

一番印象に残った演目から、一つずつ取り上げていきますね〜。
夜の部は、3列ー8 という前の方の席でした(今回も、愛之助ちゃんの後援会にチケットを頼みました)。

夜の部 三 『蜘蛛絲梓弦(くものいとあずさのゆみはり)』 
市川亀治郎六変化相勤め申し候

傾城薄雲・童・薬売り
番頭新造・座頭・蜘蛛の精  市川亀治郎

平井保昌  片岡愛之助
碓井貞光  中村獅童
卜部季武  中村七之助
坂田金時  中村亀鶴
渡辺綱   市川男女蔵
源頼光   中村勘太郎

能の『土蜘』を題材とした変化舞踊とのことです(コメントをくださる方からの情報ですが、昨年、博多座でも出た演目だそうです)。

幕が開くと、亀鶴くん、獅童くんの二人が宿直をしているところです。この二人がなかなか良いんですよ。亀鶴くんの赤っ面も似合っていますし、獅童くんの顔の作りも、昼の部の弾正よりもニンに合っている感じがしました。

すると、スッポンから亀治郎くんの童が出てきます。童には見えませんが(爆〜)、これはこれからでしょうね、年配の役者の方が若く見えるときがあります。これこそ、芸の力なんでしょうね〜。

前半は、亀治郎くんが下座の御簾の中に飛び込んだり、常磐津の見台から現れるとか、若い頃の猿之助さんばりで、アッと驚くばかりでした。
でも、見事でした〜。(^o^)

常磐津、長唄連中の掛け合いも面白かったです。
前半は、3人だけの舞台、それから頼光(勘太郎丈)が出てきてからは、薄雲太夫(亀治郎くん)が出てきます。

いつになったら、愛之助ちゃんは出てくるの?と心配していましたら、舞台に全員が揃ったところで、『道成寺』の押し戻しのような格好で、揚げ幕の中で一声あって、花道に出てきます。隈取りがよく似合っていました。
本舞台に入ってからは、「クイズ番組で漢字が得意の亀治郎、風林火山がもう昔、今は天地人、直江兼嗣の兜は『愛』の文字、勘太郎は前田愛」と笑いを取って、幕切れです。

この踊りは本当に面白かったです〜。



3

Guten Morgen!! 

今朝も早起きです。
昨日は9時過ぎに寝てしまいました。
夕食後、急に眠くなって〜。

今日は、十日戎の本戎、明日が残り福です。
今年は行けるかな〜

♪♪♪♪♪
今朝も、ヴァーグナーです。最近、『パルジファル』にはまってしまっています。ショルティ盤の『パルジファル』です。やっと第3幕にやってきました〜。カラヤン盤も平行して聴いています。

Parsifal (Slipcase)
Parsifal (Slipcase)
クチコミを見る


R・ヴァーグナー:『パルジファル』 第3幕
ゲオルク・ショルティ指揮 ヴィーナー・フィルハーモニカーの演奏です。

ルネ・コロ(パルシファル)
クリスタ・ルートヴィヒ(クンドリー)
ハンス・ホッター(ティトゥレル)
ディートリッヒ・フィッシャー=ディースカウ(アンフォルタス)
ゴットロープ・フリック(グルネマンツ)
ゾルターン・ケレメン(クリングゾール)
ロバート・ティアー(第1の聖杯騎士)
ヘルベルト・ラクナー(第2の聖杯騎士)
ロートラウト・ハンスマン(第1の小姓)
マルガ・シムル(第2の小姓)
ハインツ・ツェドニック(第3の小姓)
エーヴァルト・アイヒベルガー(第4の小姓)
ルチア・ポップ、アリソン・ハーゲン、アン・ハウエルズ、キリ・テ・カナワ、ジリアン・ナイト、マルガリータ・リローヴァ(花の乙女たち)
ビルギット・フィニラ(アルト独唱)

ウィーン国立歌劇場合唱団、ウィーン少年合唱団(合唱指揮:ノルベルト・ヴァラチュ)
(1971年12月、1972年3月、クリストファー・レイバーンのプロデュース、ケネス・ウィルキンソン&ゴードン・パリーのエンジニアリングによるゾフィエンザールでの優秀録音です。260分収録。)

ようやく3幕までやってきています〜。
カラヤン盤と平行して聴いているのですが、甲乙付けがたい名演ではないかと思いますね〜。

どちらかというと、ショルティ盤の方が、歌手の歌を楽しめる演奏になっているのではないでしょうか?
それと、3幕では合唱が出てきますが、これがショルティ盤良いですよ〜。

ゴットロープ・フリックさんのグルネマンツ、私は好きですね〜。深い声、慈愛のある歌唱、それと、昔LPでよく聴きましたから、この声を覚えています。そういう音の記憶があって、この演奏は好きですね〜。

巨匠指揮者の演奏だと、この作品は途中で寝てしまいます、爆〜。聴き通せません。それはモノラルだからかもしれませんね、ステレオ録音の偉大さを感じます。そういう点では、カラヤンもショルティも良い時代に生まれていたと言えるかもしれませんね〜。それに、両者とも、好きな曲を録音できる立場にあったわけですから〜。

「聖金曜日の音楽」 これほど美しい曲だと思ってもみませんでした。実はこの『パルジファル』の1幕に関してはまだ書いていません。これから戻っていこうと思っています。ヴァーグナーの魔力は強いですね、一度聴き出すと、それから離れられないような気もします。

♪♪♪♪♪
昨日も、午前中だけの仕事です。この間はそういう仕事になっています。
7時半頃出て仕事先には8時前に着き、準備など〜。1時前に仕事先を出て、1時半頃帰宅、それから定食屋さんに昼食に出かけ、帰ってきてからは、『篤姫』のDVDで第3回を観ていました、面白いですね〜、やはり〜。

昼寝をしてから練習する予定にしていたのですが、疲れていて(精神的な疲れが多いです、昨日の仕事場も変でした、爆〜)、昼寝の後起き上がってきてからも、練習をする気になれませんでした (>_<)

昨日は、昔の名優の舞台をNHKの教育テレビでやっていたのですが、録画しています、DVDに〜。ですが、どうもDVDがまた故障のようです。テレビを見ても、市販のDVDを見ても、横線のノイズが入ります。詳しい京都のオッチャンにメールで聞いたのですが、電源部分にノイズが入っているとのこと、修理してもらわないと行けないかな〜。面倒です〜。

初芝居






〜大阪・松竹座 壽初春大歌舞伎 観劇記(3)〜
昨日に続いて、松竹座のレポを〜。夜の部が断然面白いのですが、書くのに時間がかかります、筋が無茶苦茶ですので、爆〜。夜の部の中幕までです〜。

通し狂言 霊験亀山鉾(れいげんかめやまほこ)亀山の仇討

藤田水右衛門/隠亡の八郎兵衛  片岡仁左衛門
丹波屋おりき/貞林尼  片岡秀太郎
掛塚官兵衛  中村翫雀
石井兵介  片岡進之介
源之丞女房お松  片岡孝太郎
石井源之丞/石井下部袖介  片岡愛之助
轟金六/大岸主税  板東薪車
六之進妻おなみ  上村吉弥
芸者おつま  中村扇雀
大岸頼母/仏作介  市川段四郎
藤田ト庵  片岡我當

萬歳 坂田藤十郎


この芝居は、五代目松本幸四郎(鼻高の幸四郎ですね)のために書かれた作品だそうです。鶴屋南北の作品ですね〜。筋はある意味、無茶苦茶です、爆〜。古手屋八��緤識辧△�つま、この二人は「おつま、八��緤識辧廚箸靴突名な「恨鮫鞘」鰻�の場で有名な作品ですが、この場もあまり出ませんね;; 大昔、十三代目の仁左衛門さんの舞台を観たことがありますが〜。
その筋も、この芝居に入れ込んである、凝った芝居です〜。

序幕に入る前に、以下のような話しが発端になっているそうです。(2002年の国立劇場での上演について書かれたHPから参照させていただきました〜。)

ご機嫌!歌舞伎ライフのHPですぅ〜
検索で辿り着きました。非常に歌舞伎に詳しい方のサイトです。


(発端)ここは、上演されていません。
藤田水右衛門は仕官をかけた石井右内との立会いに破れ、その腹いせに右内を闇討ちして殺し、一匹の白蛇が守護する「鵜の丸の一巻」という神陰流の秘書を奪う。

序 幕 甲州石和宿棒鼻の場より
        播州明石網町機屋の場まで

この幕では、水右衛門(仁左衛門さん)と石井右内の弟・兵介(進之介さん)との仇討ちの場面から始まります。官兵衛(翫雀さん)の立ち会いのもとですが、この官兵衛が悪人で水杯に毒をしのばせ、兵介に飲ませ、兵介は水右衛門に返り討ちにあってしまいます。
ただそれだけなのですが、仁左衛門さんの水右衛門、出てきただけで素晴らしい悪役振り、実に大きいです。翫雀さんの悪役(三枚目でもありますが)、これもなかなかのもの、それに進之介さん、珍しく台詞が入っていて、安心してみていられました、爆〜。

次の幕は、筋を追うだけの幕のようなもので、しどころもない感じでした。源之丞の愛之助ちゃん、その妻おまつ(孝太郎さん)も、ちょっとしどころもなく、ちょっとという感じですね〜。

二幕目 駿州弥勒町丹波屋の場より
      同 中島村焼場の場まで

駿州の揚屋、丹波屋で、掛塚官兵衛(翫雀さん)は、めあての芸者・おつま(扇雀さん)が一向に姿を見せないのでいらだっている。そこへおつまが香具屋の弥兵衛(愛之助ちゃん)と一緒に帰ってくる。実はこの弥兵衛は源之丞の世をしのぶ姿というとことになっています、

芸者姿の扇雀さんは、昼の部の伊左衛門よりは余程良かったですね〜、それに、愛之助ちゃんの弥兵衛の色男振りも良いものですね〜。

そこへ、水右衛門そっくりの古手屋八郎兵衛(仁左衛門さん)が出てきます〜。この前も書きましたが、相方に〜

向こうに見ゆるわな、ありゃさ、向こうに見ゆるは、あれは、松嶋屋の紋所、仁左衛門、ささささぁ、松嶋屋〜 

丸に二の字はな、ありゃさ、丸に二の字は、あれは松嶋屋の定紋じゃ、仁左衛門、ささささぁ、松嶋屋〜

(これは、「雁の便り」という三世中村歌右衛門が作った戯作で出てくる相方です。最近では、先代の扇雀さん、三代目の鴈治郎さん、藤十郎さんの舞台を観たことがありますが、これは愉しい芝居です〜。)

向こうにみゆるはな、ありゃさ、向こうにみゆるは、あれは、延若さんの紋所、延若、さささな、延若さん〜
(これも、観たかったですが、観られませんでした;;)

粋な姿の仁左衛門さんをここではたっぷりと見られる場です〜。
そこに揚屋の女将、おりき(秀太郎さん)も出てきます。これも、水右衛門につながるものという設定で、悪婆ものになっています。秀太郎さんの悪婆、なかなか良いんですよ〜。澤村宗十郎さんが亡くなって以来、悪婆ものは出なくなってきています。是非、秀太郎さんに悪婆ものをやってほしいですね〜。

次の場では、源之丞が罠にはまって、水右衛門に惨殺されてしまいます。
丹波屋のりきは、水右衛門を早桶にひそませて逃がそうとするが、この騒ぎで源之丞の遺体が入った早桶ととりちがえられてしまい、水右衛門の入った早桶は焼き場へ運ばれる。源之丞を弔うためにおつまが形見の刀を風呂敷につつんでやってきてみると、焼き場の番人・隠亡はなんと八郎兵衛〜。
ここで、本水を使った立ち回りになります。定式幕がある辺りから、水が〜。壮絶な立ち回りになり、おつまが惨殺されます。焼き場に乗せられた棺桶が壊れると、水右衛門が立ち上がってくるという面白い仕掛けになっています。八郎兵衛と水右衛門の二役、この辺りの悪役振りは、当代一ですね〜。ここを見るためだけの通しという感じもしますね、夜の部の一番面白いところです。

中 幕 春寿松萬歳
藤十郎さんのお正月を祝う踊りです。
少し前と比べますと、やはり年かな、と思ったりもします。
去年は、化け物だなと思ったんですが〜。ホントに若く見えましたから〜。もうお年ですから楽な舞台にしておられるんだと思いますが、まだまだ元気な訳ですから、もっと面白い芝居に挑戦してほしいですね〜。

仁左衛門さんの出ていない幕は、筋を通すだけの感じが否めませんでした。お話しが錯綜しすぎてはいるかな、と思ったりもしました。
八郎兵衛の本水での立ち回り、それに棺桶から水右衛門が出てくるところは圧巻でした〜。

後半は、また続きを書きたいと思っています。何せ、長いですので、爆〜。

『女の道は一本道にございます。さだめに背き、引き返すは恥にございます』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(「篤姫」が終わってしまったのが残念なのは私だけでしょうか〜。)

今日も早出で、7時前には出かけます。
今日はどんな一日でしょうか?

沖縄旅行まであと6ヶ月ですね、爆〜。
だんだん近づいてきていますよ〜。

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。
皆さんのおかげで、10位以内にいますぅ〜
皆さんのさらなる応援をお願いします〜〜  m(_ _)m

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね (*^_^*) ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)


コミックの『のだめカンタービレ』第21巻が、発売されましたよ(^o^)
読みましたが、やはり日本編の方が面白かったように思いますね〜。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

来年は、映画版が封切られるそうですね〜。(^o^)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。
初芝居は、愛之助ちゃんの後援会に頼みました。
後援会から、愛之助ちゃんの紋が散らしてある、コーヒーカップが届きました。クリスマス・プレゼントかもしれませんね〜。

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


Don't Look Now and Other Stories (Penguin Modern Classics)


これは大学時代に読んだ本ですが、また読み返しています
難しいです;; (^_^;)
沖縄でもあまり進みませんでした。今年に夏中に読み終わりたいですが〜。
読み直しをしたいと思っていますが〜。


正義で地球は救えない
正義で地球は救えない

環境問題に関しての新たな視点を教えてくださいますね〜。

新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫)
新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫)
クチコミを見る


今朝、読み終わりました。ドラマよりも先に読まなくて良かったと思っています。ドラマと原作では、篤姫の考え方も異なっています。ドラマと原作は別物ですね〜。




3

Guten Morgen!! 

今朝は早起きです。
寝たのが早いのですが〜。3時半頃起きだしてきました。
昨日は友人との新年会でした。飲んで喋った3時間ほどでした〜。

今日から、十日戎のお祭りです。
子供の頃は、毎日のように出かけていました。
関西では、十日戎までがお正月のような感じでしたよ。

道頓堀




(道頓堀でこんなお店を見つけました〜)

♪♪♪♪♪
今朝はシュベルトのピアノ曲です。

Schubert: Complete Piano Sonatas, Vol. 1
Schubert: Complete Piano Sonatas, Vol. 1
クチコミを見る

(HMVでは1000円という廉価で入手できますよ〜)

フランツ・シュベルト:ピアノ・ソナタ ト短調 D.894 第18番 「幻想」
ヴァルター・クリーン(ピアノ)
(1971年から73年の録音のようです)

クリーンさんによるシュベルトのピアノ・ソナタ全集は、シュベルト生誕200年祭の1997年に発売されたもののようですね。VOX盤にはそのような記載がありますね〜。

この曲は、リヒテルの2種類の録音をこれまで聴いてきました。実に味わいのある演奏だったと思います。

ヴァルター・クリーンさんの演奏もそれに勝るとも劣らない演奏ではないかな、と思っています。
「幻想」という名前は後世付けられたものでしょうね〜。
でも、ピッタリな名前のような感じもします〜。

第1楽章:モルト・モデラート・エ・カンタービレ、ト長調、12/8拍子
ひたすら、祈りの音楽のようです。

第2楽章:アンダンテ、ニ長調、3/8拍子。
1楽章に続いて、この楽章でもゆっくりしたテンポで、シュベルトならではの歌の世界が繰り広げられますよね〜

第3楽章:メヌエット。アレグロ・モデラート、ロ短調、3/4拍子
力強いメニュエットと可憐なトリオの対比が面白いですよね〜。

第4楽章:アレグレット、ト長調、4/4拍子
アレグレットの楽章ですが、それほど速い感じがしない曲です。不思議ですね〜。演奏によるところがあるのでしょうか?
どうでしょうか?

クリーンさんのピアノは、このシュベルトのソナタ集しか知らないのですが、もっと聴かれても良いピアニストではないかな、と思ったりもします。HMVで検索してみますと、モツアルトのピアノ・ソナタ集の録音もあるようですね〜。どうしてアメリカのメーカーから発売されているのか、その辺りの事情は分からないのですが〜。

クリーンさんは、シュベルトのピアノ・ソナタ全集を6枚のCDに残されています。廉価盤でしたので、年末にすべて購入したのですが、少しずつ、少しずつ聴いています。意外に、聴いたことがないソナタが多いです〜。
少しずつブログに書いていきたいと思っています。

♪♪♪♪♪
昨日は午前中だけの仕事です。この間はそういう仕事になっています。
7時半頃出て仕事先には8時前に着き、準備など〜。1時過ぎに仕事先を出て、2時ごろに帰ってきました。
定食屋さんに行こうかとも思ったのですが、残り物を食べました〜。
そして、新年会の準備に少し昼寝です。
その後、少し初練習もやりました。基礎練習だけですが、1時間ほど〜。
音階練習に、デタッシェの練習だけです。

7時に待ち合わせ、3時間弱、昔の同志と語り合いました。
音楽繋がりですが、今はそんな話題だけではなく、仕事のことなども話しています。久し振りで愉しい一時を過ごせました〜。(^o^)

〜大阪・松竹座 壽初春大歌舞伎 観劇記(2)〜
昨日に続いて、松竹座のレポを〜。夜の部が断然面白いのですが、書くのに時間がかかります、筋が無茶苦茶ですので、爆〜。今朝は、昼の部の感想です。

1  「義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)」 鳥居前
佐藤忠信実は源九郎狐:  中村翫雀
源義経: 片岡愛之助
武蔵坊弁慶: 板東薪車
静御前:  片岡孝太郎

この場は、滅多に出ない場ですね。愛之助ちゃんの義経、普通はこういう役はあまりしないと思いますが、御曹司の雰囲気が出ていてけっこうでした〜。孝太郎丈の静御前、こういう役になると急に暗い感じになるのが少し残念です。薪車さんの弁慶、隈もよく似合い、大きく大らか感じが出ていて、良かったです。意外ですが、翫雀丈の忠信、義太夫狂言ということもあり、上方言葉などあまり関係ないということもあり、安心してみていられましたし、こういう役の方がニンに合っているかもしれませんね〜。

2  「良弁杉由来(ろうべんすぎのゆらい)」二月堂
良弁大僧正: 片岡我當
僧順円: 上村吉弥
同法善: 板東薪車
渚の方: 片岡秀太郎

今回の座組で残念だったのは、藤十郎丈と仁左衛門丈とが出ている芝居がまったくなかったことですね〜。本当であれば、良弁に仁左衛門さん、渚の方に藤十郎丈が出られれば、もっと大きな舞台になったかもしれませんね〜。だからといって、この座組が悪かったと言うことではないのですが〜。我當さんの良弁、とりわけ渚の方の秀太郎さん、良かったですよ。でも、この場だけの芝居では、この芝居の良さが分からないようにも思いますね〜。もう少し他の場を出した方が良いのではないでしょうか?

3  玩辞楼十二曲の内「廓文章(くるわぶんしょう)」 吉田屋
藤屋伊左衛門: 中村扇雀
吉田屋喜左衛門: 市川段四郎
女房おきさ : 板東竹三郎
扇屋夕霧 : 坂田藤十郎

上方狂言がこれだけというのは少し寂しい気もしますね〜;;
しかも、竹三郎丈は、昼夜でこの役だけというのは、寂しいですよ〜;;
段四郎さん、竹三郎さんの芝居は、大きなものですね、段四郎さんがこういう役や老け役ばかりが回ってくるようになっているのは少し残念です。この前に松竹座に出られたときは、確か鳴神をやられたと思います。ちょっと残念ですね〜。
扇雀丈の伊左衛門、やり方の通りをやっているだけのような感じもあり、少し退屈で寝てしまいました、爆〜。藤十郎さんの夕霧、大きなものなのですが、二人の重みが違いすぎるような感じがします。伊左衛門に仁左衛門さんが出ていれば、と思いましたね〜。

4 「お祭り(おまつり)」
鳶頭:  片岡仁左衛門
芸者:  片岡孝太郎

この幕が一番短いですが、充実していた幕でしたね〜。
何よりも、仁左衛門さんが出てくるとパアッと舞台が華やぎます。若い者との立ち回り、お正月ということもあり、獅子舞をだしたりして、色々と変化に富み、仁左衛門さんのサーヴィス精神、十三代目さんの優しい目を思い出したりもしました。孝太郎さんの芸者も、静御前よりもニンに合っているなぁと思ったりも〜。実に明るくて、お正月の芝居にピッタリでした〜。
松嶋屋さんは、東西の芸風を伝えられる貴重な存在なわけですが、江戸前のスッキリした感じがピッタリなんですよね〜。泥臭い上方のお役よりは〜。これはご自身もそう仰っていたように思います。

何といっても、夜の部が見ものだったのですが、これはまた明日にでも〜。

『女の道は一本道にございます。さだめに背き、引き返すは恥にございます』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(「篤姫」が終わってしまったのが残念なのは私だけでしょうか〜。)

今年は成人式は、12日の月曜でしょうか、私の頃は15日と決まっていました。訳の分からない法律で、日にちが変わってしまったんですよね〜。私の姪が成人式です。赤ちゃんの頃から覚えていますので、感慨深いです。

今日も早出で、7時ごろには出かけます。
今日はどんな一日でしょうか?

沖縄旅行まであと6ヶ月ですね、爆〜。
だんだん近づいてきていますよ〜。

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。
皆さんのおかげで、10位以内にいますぅ〜
皆さんのさらなる応援をお願いします〜〜  m(_ _)m

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね (*^_^*) ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)


コミックの『のだめカンタービレ』第21巻が、発売されましたよ(^o^)
読みましたが、やはり日本編の方が面白かったように思いますね〜。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

来年は、映画版が封切られるそうですね〜。(^o^)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。
初芝居は、愛之助ちゃんの後援会に頼みました。
後援会から、愛之助ちゃんの紋が散らしてある、コーヒーカップが届きました。クリスマス・プレゼントかもしれませんね〜。

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


Don't Look Now and Other Stories (Penguin Modern Classics)


これは大学時代に読んだ本ですが、また読み返しています
難しいです;; (^_^;)
沖縄でもあまり進みませんでした。今年に夏中に読み終わりたいですが〜。
読み直しをしたいと思っていますが〜。


正義で地球は救えない
正義で地球は救えない

環境問題に関しての新たな視点を教えてくださいますね〜。

新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫)
新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫)
クチコミを見る


今朝、読み終わりました。ドラマよりも先に読まなくて良かったと思っています。ドラマと原作では、篤姫の考え方も異なっています。ドラマと原作は別物ですね〜。






このページのトップヘ