葉っぱに埃がついたので水をかけて払ってやったでちブログ

〜 歌舞伎と音楽 〜

カテゴリ: 読書日記


Guten Morgen!!
今朝も、目が覚めたような気がしますよ
きっと目が覚めているような… 息もしているような…


6月に入っています
少しひんやりした朝が続いています
晴れそうです


お花2015/05/19

沖縄の雲

お花












あの「悲惨な事故」から5年目になりました
原発事故のできるだけ早期の収束を願っていますが…
いまだに事故を小さく見せようとする「公」と某企業〜
被害地域の方々に、少しでも福を〜
なるべく早い収束を願うのみです
最近 報道が少なくなってきていますね

今日も「なんくるないさ〜」の心で…




♪♪♪♪♪
今朝もベトベンです


ルービンシュタイン・オーマンディ







ベトベン:「ピアノ協奏曲 第5番」 Es-Dur 作品73
アルトゥール・ルービンシュタイン(ピアノ)
ユージン・オーマンディ師 指揮 フィルハーモニア・オケストラ の演奏です
(録音:1963年 ロンドンでのライブ録音のようです)

今朝はクナとカーゾンのこの曲を聴いたんですが…
何か物足りなくて、この演奏に…
この演奏は「うれしい演奏」ですね
役者がご馳走役に嬉々として演じているような感じがします
気持ちの良い演奏です


昨日 「澪つくし料理帖」読み終わりました
去年 最終巻が出ていたんですね、知りませんでした

天の梯 みをつくし料理帖 (ハルキ文庫)
天の梯 みをつくし料理帖 (ハルキ文庫)


小生の拙い感想です

このシリーズが終わってしまうのは非常に残念です、ですが、野江ちゃん、澪ちゃんの幸せを願わずにはいられない気持ちも… とんでもない嫌な人は出てこず、どちらかというと市井の普通の人、理想的な町衆ばかりが登場します、それでも良いのではないですか… ほっこり、ほのぼのすることも、人間には必要な時ではないかと… 澪ちゃんのような強さは持てなくても、それを応援する気持ちは持てることを実感させてもらいました 感謝です




☆ 「住民投票」は否決されましたが、某市長を支持する人が約半数もいることに…;;
賛成派も反対派も「利権」モロ出しで汚い限りですが、そうすることで見えてくるところもあるかもしれませんね… あれほど税金を使って、それを見せてくれているのでしょうか??

* 愛ちゃんのかわいい顔 見てあげてくださいね…

愛ちゃん




* 小室さんの著作、久し振りに読んでいます
logicalであり、講談のようでもあり…

日本人のためのイスラム原論
日本人のためのイスラム原論





* ブログお友だち、TW のお友だちでもある、ブッヒちゃん家のメグお姉ちゃんが体調を崩しておられるようです
少しずつ快復するようにお祈りしています
少し元気が戻ってきているようですよ
メグお姉ちゃんの快復を願いながら…

少しずつ良くなってきているようですよ
お祈りをお願いします

昨日(2015/02/19)は とーさまが退院されて、自宅でのリハビリに入られたようですよ
頑張りすぎないでください…

☆メグお姉ちゃん 気持ち良さそうに…

メグお姉ちゃん14歳







メグお姉ちゃん2015







今朝も短めです


☆☆☆

今朝はここまでに〜
今日も短めです
頑張らないように頑張ります〜
今日も、応援ポチッをお願いします。
さらなる応援を宜しくお願いしますぅ〜
m(_ _)m

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
← 応援してくださいね。ミ(`w´彡)
かなり下がってしまっていますよん
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。


人気ブログランキングへ

← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします
m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜




♪♪♪♪♪
今朝も起き上がっています

昨日は9時過ぎに歯医者さんへ
虫歯を見つけてくださいました

そのあと 病院に、10時過ぎでしょうか…
眼科の診察です、予約がなかったので、何時頃になりそうですか?と受け付けで聞きましたよ
結局12時頃だったような… ウィルス性の感染症ではないかと、ウィルスを調べてもらったですが、ウィルスは検出されなかったようです、それまでは仕事を1週間休まないと移るのでと…言われたのですが〜
眼底内に出血の後が見えるということで、循環器の先生の診察を受けることに、眼科医が循環器の先生と電話して相談されたようです

それで、待っている間に目薬を貰いに製剤薬局に行きました
それから待つこと、3時間ほど… 3時頃にやっと診察時間です、お昼を食べに行ける時間がなかったですよ
一応 心エコーの検査をしておきましょうか?と…
来週、また病院に行きますよ

帰ってきたのは3時半過ぎです
4時から #オプエドです
地震予知学会の早川さん 2度目の出演ですね

夜は出前にしましたよ




読みかけのミステリ
読み終わったです
面白かったですよ、まだレビューは書いていませんが…

後半は一気読みでした…

悪魔はすぐそこに (創元推理文庫)
悪魔はすぐそこに (創元推理文庫)




〜閑話休題〜
7時過ぎから神々しいジャーナリストさんの配信を…
ホモ・サピエンスは20万年前にアフリカで生まれ、6万年前までは一緒に暮らし、その頃から色々な大陸に移動を始めたとか、チンパンジーと枝分かれしたのは200万年前とか…
ミトコンドリアのDNAの分析から分かってきたそうです
前にも聞いたような…
(2015/06/01 記)



〜閑話休題〜
孫ちゃんの「日米開戦の正体」を読み終わりましたが、もし「日米開戦」が回避されていた場合、あの厄介な旧日本軍が丸ごと残った可能性もありますね
その方が怖いような気もしますね;;
(2015/05/26 記)

〜閑話休題〜
70代以上の人口は40代までの半分くらいだったようですね、やはりウソを言っていましたね

某「住民投票」では数字のマジックがまたも使われていますね、70代の方の反対が多かったと…どうしてそんなことが分かるのでしょうか?? メディアの行った調査から言っているだけなのですよ… あたかもそれが「真実」であるかのように、「自己責任を要求していながら、自分は自衛隊に助けてもらった」似非ジャーナリストさん、こんな連中がダメにするんですね…
(2015/05/19 記)

〜閑話休題〜
お江戸のメディアは「都構想」とばかり言っていますが、大阪市廃止法案だったのですよ、都構想なんか1ミリも言っていません、某市長は「都構想」と大ウソを毎日のように言いまくっていましたが〜 まあ 彼は口を開くとほぼウソばかりですから… あの大ウソを信じる人がいるということが信じられません
それでも投票者の半分くらいは信じておられるのか? それとも… 分かりません、教えて欲しいくらいです
あの市長は税金の無駄遣いが大好きなのは分かりますが、それ以外は何をしていたのか、さっぱり分かりません
お分かりの方は教えてください、お願いいたします。
(2015/05/18 記)

〜閑話休題〜
けっして「都構想」ではありませんよ

この市内は「分割案」を巡って熱い闘いがやっと始まってきました、既存の「利権チーム」にはいつもは仇敵同士を演じている党も一緒に… 「新たな民営化利権チーム」今の市長たち、いずれも胡散臭いですね
地下鉄などは黒字なので、それを民営化して自分のものにしたいと思われるチーム、それを阻止せんとするチーム、色々な見え隠れしてきましたね
某市長の意図がやっと分かりかけてきました…爆
我ながら鈍いです
(2015/05/11 記)


☆ブログ友だちのお一人が本を出されるようです
皆さん 宜しくです…

クラシック音楽の毒と薬






*話題になっていた本ですね
あまり話題になっている本は読まないのですが… この「現実」から目を逸らすことはできないですね
著者は「何ができるか」より「目を逸らさないで欲しい」とのこと…

最貧困女子 (幻冬舎新書)
最貧困女子 (幻冬舎新書)





*「日本はなぜ原発と基地を止められないのか」という本を読み終わりました

日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか


天皇制の問題点を最後の後書きでようやく書かれていますね
この無責任体制を変えない限り、官僚制、司法制度も何にも変わらないのではないかと思いますが…
難しいですね





*<キャスの揉め事>は下の方に移動しました




*〜閑話休題〜 は別のカテゴリーを作りました〜 (^^) 多くなっていたので、集めました


次回の沖縄旅行まで… 1ヶ月とちょっとに…〜 爆〜!!


7月の旅行は、ある程度日程を決めて
いつもお姉ちゃんにお願いしています
2015/01/31に電話がありましたよ
何度か電話があって、Jクラスの席が取れたとのことでした…

2015/02/10 旅行社のお姉ちゃんから電話があり
飛行機の変更できたそうです



応援している about チームの公式ブログが始まっていますよ

http://teamaboutid.ti-da.net/

そうそう、沖縄のお友だち「ゆかいな、ゆきちさんファミリー」が「FMよみたん」の Ustream に登場しておられますよ、出演ではないようです、爆〜バックナンバーの「チャリパラ」を是非ご覧くださいね〜 13分ほど経過した頃です(激爆〜)

http://www.ustream.tv/recorded/14244746

2011/12/11 車椅子サッカーチーム about の代表とメンバーが「FMよみたん」の番組に生出演したですよ
アーカイヴも残っていますので、皆さん、見てあげてくださいね〜
姐さんの逞しい姿も見られますよ〜ミ(`w´彡)

2012/02/05「FMよみたん」に、ボッチャクラブの指揮官殿が出演されましたよ、録画で見られますよ〜

☆☆☆

<速報>
2015/03/01 第10回沖縄県車いすサッカー大会で
#手動車椅子サッカーチーム about が3位

何と adult が優勝です
しかも あの「ゆきちさん」が最優秀選手賞を受賞されました…
おめでとうございます!!


2015年3月1日
第10回 沖縄県 手動車椅子サッカー大会 が開催されます 沖縄県総合運動公園 体育館
10時からです

チャンピオンクラスに about も出演のようです
キャス配信があるようです
皆さん キャスコメで応援を〜!!

差し入れは無事に到着したようですよ
(^o^)

2014/10/26
車椅子サッカー大会が浦添市で開かれました

車いすサッカー競技普及活動15周年記念 - 第15回浦添市車いすふれあいサッカー記念大会 -

about、adult とも健闘したようですよ
about が準優勝だったようです!!




♪♪♪♪♪
今日は予定はありません
ラジオの一日でしょうか…


Don't be angry, arrogant, irritated.
いかるな、いばるな、イライラするな
ある方から DM から「3つのイ」という言葉のようですよ
今日も笑顔を絶やさないようにしたいです

起き上がれていることに感謝です
仕事に行けていることに感謝です
日々 感謝の気持ちを忘れないようにしたいですね

皆さんのブログにコメントができていません
申し訳ありません

焦らず、ゆっくりですよね
気張らずに一日を〜
まぁ〜 なんくるないさ〜の精神で〜

どんな一日でしょうか?

今朝も、何とかブログを更新できました。

なんくるないさ〜♪
今日はどんな一日になりますか〜
I do wish to live today with eternity in a moment.
Pay less attention to what others say, and more attention to what I think about the world!!

今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。



* 反省の日々ですね、Reflektion の日々ですよ
口は災いの元と、心しないといけませんね


* 下の方に、愛ちゃん、メグちゃんの小さな頃の写真を載せさせてもらっていますよ、見てあげてくださいね〜

「かーさま」がサイトを作られましたよ
見てあげてくださいね〜(無理しないでね〜)
辛いことを書くことで、愛ちゃんを追悼されていますよ
愛ちゃんが虹の橋に上がってから、半年を過ぎました
大好きなピョンピョン遊びをしていると〜

今日は愛ちゃんの誕生日のようです(12/18)
生きていたら、10歳になったそうですよ


〜 最愛の子『愛』に捧げるレクイエムサイト。「犬の脳腫瘍」突然死の参考になれば『愛』も喜ぶことと思います


愛ちゃんの笑っているお顔も〜

愛ちゃんとメグお姉ちゃん








愛ちゃん








タブーの正体!: マスコミが「あのこと」に触れない理由 (ちくま新書)
タブーの正体!: マスコミが「あのこと」に触れない理由 (ちくま新書)
クチコミを見る


元「噂の真相」の副編集長だった方の話題の本です
タブーが増えてきている原因を鋭く指摘しておられます



*元気な頃の写真を今朝も〜
(B ちゃんからは、きれいな愛ちゃんの寝ている写真が送られてきました、ゆっくり寝ていました〜)
B ちゃんのブログから小さな頃の写真を載せさせてもらいます
皆さんから暖かいコメント、感謝です…

4ヶ月頃の愛ちゃんですよ〜

小さい頃の愛ちゃん






小さな頃の愛ちゃん2








*「バラ」と「フレンチブル」で検索してもらうと、小さな頃の写真もご覧になれるかと思います

元気な頃の「愛ちゃんの写真」を〜 右の子ですよ、左は姉ワンちゃんです

ブッヒちゃんの姫さまたち







魂鎮への道―BC級戦犯が問い続ける戦争 (岩波現代文庫)
魂鎮への道―BC級戦犯が問い続ける戦争 (岩波現代文庫)
クチコミを見る


この飯田さんは、NHKの特番で知ったのですが、穏やかな語り口ですが、非常に重いことを語っておられます。


地獄の日本兵―ニューギニア戦線の真相 (新潮新書)
地獄の日本兵―ニューギニア戦線の真相 (新潮新書)
クチコミを見る


「英霊」という言葉を軽々しく使って欲しくないと思いますね〜、まずはこういう本を読んでから言って欲しいですね



にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。

愛之助ちゃんのコーヒーカップ2




昨日洗っていて落として、カップの取っ手が取れてしまいました;;

愛之助ちゃん




後援会システムが変わって、今年は会員証が届いていますよ
(2014/05/16)

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)



昭和二十年夏、僕は兵士だった
昭和二十年夏、僕は兵士だった
クチコミを見る


この本を再読したくて探していました、爆〜


<ちょっと一言>
最近、「愛国心」を煽るメディア、それに政治家が非常に多いですね、何か怖い時代になってきているようで〜
冷静な対応を政治家には求めたいですが〜


〜閑話休題〜
ふと 気付いたことがあります
前にも口汚い攻撃を受けたときは、某県の選管に電話して問い合わせた後でした
そして、今回は某 Ust配信をしておられるところで、コメントをしました、質問です、それと存じ上げている方、もちろん顔と名前だけですが、その方にちょっと意見を書かせていただきました
すると、また攻撃が始まりました
よほど都合が悪いことでも書いたのでしょうか??
(2015/01/29 記)

<キャスでの揉め事>
ふとキャスを見たら、キャス仲間の方を口汚く罵っておられる方が…
あまりに酷いので、コラボをしたら、こちらの声は聞こえないようにして 自分の声だけを流されたのかもしれません、マイクセットがおかしいかなと思っていたら、あとで配信したら、声は聞こえていたようです

前の「事実の証拠を出しなさい」と言ったら「ありません」と言った方です、今度は「調べる費用を出せ」とか… こちらは事実はないと言っているんですから、事実だという方が証拠を出すのが当たり前と考えます

どうもあのチームの方々は法律も道徳も無視しておられるようです、その方は「色々な人の個人情報を金で買った」と豪語されていました、これって法律に違反しないでしょうか??

呆れて寝ました

〜閑話休題(2)〜
某市民活動家の方の「胡散臭さ」(実際にそうなのかは分かりません)に気付き、色々と批判していると、キャスで先週の木曜日6月5日の夜に、私の HN をキャスで何度も言いながら「謝罪を要求する」と言っている方が…
反論も許してくれないお方です
こういう人たちが、運動をダメにしていくのではないかと、私は危惧しています


<キャスの揉め事>
(19)
いまなお、某キャスで嫌がらせを続けているお人がいますね、「個人情報を掲示板に上げられた」とか言って…;;
まったく関係がありませんよ
XX を言ったと因縁を付けてきて、謝罪しろと、去年の6月頃からキャスで騒いでおられます
証拠を出してくれと言うと、調べる費用を出せとか…
呆れます、ないものは証明できないという「悪魔の証明」が分かっておられないのですね
謝罪を求めるなら、しっかりとした「証拠」を提示してくださいね、お仲間の P さんに頼んで下さいね、爆…
(2015/02/08 記)

(18)
ふとあるキャスを見ると、不愉快に思えることをひたすら書いているお方がおられましたよ
何を目的にされているのか さっぱり分かりません
「嫌がらせ」をされているんでしょうが…、他人の個人情報など興味もありませんし、そんなことで「批判」したことも「中傷」したこともないかと思います
もしあるというなら、その「証拠」を出して欲しいですね、出せないので「嫌がらせ」という、「某市民運動家」と称していて「実は権力の◎」のような人と同じことをされていますね
(2015/01/31 記)


(17)
某キャス主が、私の個人情報をお金で買ったと言っておられます、これって違法行為を自ら告白されているのではないでしょうか?
自分から告白は凄いことですが…爆〜
(2014/12/21 記)

(16)
深夜から 某キャス主が
誹謗中傷を何時間も続けていたようです
私は何度も「証拠を出してください」と言っていますが、いまだに「XX さんに証拠を出してもらえ」とか、ふざけたことを言っています
「言った」証拠は、言ったと仰っている「あなた」が出さないと行けないものですよ、と言っても通じないようです
(2014/12/18 記)

(15)
揉め事は雲散霧消状態です
相手方が行方不明に…爆〜
(2014/11/22 記)






3

Guten Morgen!! 

今朝は、1時頃に目が覚めたのですが
さすがに早すぎると
二度寝をしようとしていたのですが
2時過ぎに起き出してしまいました〜

寝たのは10時過ぎです〜。

♪♪♪♪♪
今朝はブラームスです。このところ、ブラームスの室内楽をよく聴くようになってきています〜。

ブラームス:ピアノ五重奏曲ヘ短調
ブラームス:ピアノ五重奏曲ヘ短調
クチコミを見る


ヨハネス・ブラームス:「ピアノ五重奏曲」ヘ短調 作品34
ヤン・パネンカ(ピアノ)
コチアン四重奏団
(録音:1988年10月、12月 プラハ、芸術家の家)

この演奏、少し前に買って、何度も聴いています。
ブラームスのこの五重奏曲、本当に名曲ですね〜。
これまで色々なピアニストの演奏を聴いてきました。ゼルキン師とブダペストの演奏、ゼルキン師とブッシュとの演奏、ルービンシュタイン、ポリーニなど、いずれも素晴らしい演奏です。

このパネンカとコチアンとの演奏も、素晴らしいですね〜、しかも廉価盤です〜。この時代の東ヨーロッパの音楽家の演奏、本当に素晴らしいものが多いです。スイトナーさんの演奏、ズスケ・カルテットの演奏、ケーゲルの演奏、他にも色々とありますね〜。

この演奏、繰り返して聴きたくなる演奏ですよ。

今朝は旅行準備のため、短めです。m(_ _)m


♪♪♪♪♪
昨日も、ファミレス任務にしました。
ファミレスではダイヴィング・マニュアルを読んでいますが、まだ1章が終わったところです、爆〜
大丈夫かな??

帰ってきてからは、報道番組を少し見てから、練習任務です。土曜日に、楽器屋から部品が入荷したとのメールを受け取っていたので、「朝一でお店にお伺いします」との返事をしていたので、そのための練習を少ししました。10時前に出かけました。
何にも言わない、ということを心がけて〜
このことに関しては、もう一つのブログに書きました。
(やっぱりアカンわ、何にも向こうは感じていないようです、爆〜。言わないと分からない人は言っても分からないですね〜)
昨日も5本買いました、これがないと練習ができませんから〜。

帰ってきたのは、買い物をして11時頃です。
昨日はできたのはそれくらいです。ダイヴイングのマニュアル、DVDを見ようと思っていましたが、やはり疲れたようです、楽器屋に行くとすごく疲れるんです;;

1時半頃から3時半頃まで昼寝
iPodに入れていく音楽を入れたくらいです。
夜も何にもする気になりませんでした。


今日、沖縄に出発です!! 

荷物は送ってしまいましたから、明日はPC関係だけを袋に入れて持っていこうと思っています。
なんくるなるさ〜 ⇒「なんくるないさ〜」でした

『女の道は一本道にございます。定めに背き、引き返すは恥にございますよ』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(「篤姫」が終わってしまったのが残念なのは私だけでしょうか〜。)

6時半にタクシーを予約してあります。8時半頃の便で沖縄入り染ます〜。
旅行の準備をマジで始めますね〜。
なんくるないさ〜♪
今日はどんな一日になりますか〜
「一瞬に永遠を宿しながら」生きることが出来ると良いですが〜。
今日もゆるゆると〜

今日も穏やかに過ごしたいものですが〜。
今日は、どんな一日でしょうか? 

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。
また10位から落ちてしまっていますぅ〜
さらなる応援を宜しくお願いしますぅ〜  
m(_ _)m

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
←  応援してくださいね。ミ(`w´彡) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

飆風 (文春文庫)
飆風 (文春文庫)
クチコミを見る


「私の小説論」これまた凄い内容です。命懸けで小説を書いておられる方ですね〜。

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)
クチコミを見る


大不況には本を読む (中公新書ラクレ)
大不況には本を読む (中公新書ラクレ)
クチコミを見る


面白い本なのですが、なかなか進みません〜


DVD付き限定版 のだめカンタービレ 第23巻 (講談社コミックスキス)
DVD付き限定版 のだめカンタービレ 第23巻 (講談社コミックスキス)
クチコミを見る


この23巻で、めでたく『のだめカンタービレ』は終わりになるそうです。
22巻もまだ読んでいないんですよ〜

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪

『のだめカンタービレ』映画版のサイトですぅ〜

絶賛上演中ですよ〜 まだ観ていないですが…
前売り券を買うと特典も付いているそうですよ。(^o^)
(Gummoさんのご指摘を受け、文章を変えました〜 m(_ _)m  〜)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。

9月の舞踊公演は、チケットの予約を後援会に頼みました〜。
当日、調子が悪く、公演には行けませんでした;;
お正月の浅草公演は行けないかも〜
4月には金比羅歌舞伎に出勤ですね、行きたいな〜〜

愛之助ちゃんのコーヒーカップ2




去年、年末に愛之助ちゃんの後援会から送られてきたプレゼントのコーヒーカップで、珊瑚ロースト35コーヒーを飲んでいます〜。飾ってありましたが、カップも使ってあげないとね〜 ミ(`w´彡)

4月の琴平、金丸座の公演、行こうかと思い、後援会にチケットを頼みました。チケットがようやく届きました〜 (^_^)v 25日の千穐楽に応援に行きますよ〜。
5月は御園座で、亀治郎くんと競演ですよ、名古屋に行こうと思っています〜。


歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
クチコミを見る


かなり面白いですよ。再読しています。
本当に、学ぶことが多くある本ですよ〜。
色々とマスコミでは知り得ない情報も教えてもらえますよ〜。

中原の虹 第一巻
中原の虹 第一巻
クチコミを見る


年末年始は、これを再々読、何回目かな?読もうと思っています。


3
ブログネタ
クラシック に参加中!

Guten Morgen!!

今朝は5時起きです。

昨日は午前中にお医者さんに行こうかと思いましたが、途中休憩しながらも、少しずつ少しずつ仕事をしていきました。くじけそうになりましたが、何とか一つはやりました。

その間に、『中原の虹』を読んだり、ひっくり返ったりしながらです。
昼は、定食屋さんに食べに行き、帰ってきてから、昨日は少しの昼寝でした。
起きあがって、カラヤン盤のブルックナーの2番を聞き直しました。2楽章以降はやはり良いなって思いました。
聴きながら、仕事もしました。その後、グァルネリ・カルテットのベトベンの弦楽四重奏曲第15番を聴いたのですが、これは、また今度に書きたいと思っています。

ある程度のところまで仕事をして、終わってから、コンビニに夕食を買いに行って、後はテレビを見たりして、12時過ぎ頃に寝ました。

♪♪♪♪♪
今朝は久しぶりにヴァーグナーです。
ブログ仲間のみー太さんが、昨日、5月22日は、リヒァルト・ヴァーグナーの誕生日と書いておられるのに触発されて、ヴァーグナーを聴こうかと思いました。1812年の生まれですから、後5年ほどで生誕200年を迎えることになるんですね。

やはり、私のヴァーグナー体験の最初の演奏を聴こうと。

ワーグナー:名演集


クナッパーツブッシュ指揮 ヴィーナーフィルハーモニカーの演奏です。
歌手は、キルステン・フラグスタート、それに、ジョージ・ロンドンさんです。

高校生の頃ですか、ヴァーグナーの序曲ものを聴きたいと思い、レコード店の中を漁っていたら、とんでもない大きな指揮者の肖像画がジャケットになっている二枚組が目にとまりました。少し廉価盤であったような気がします。二枚で3000円くらいの。
買って帰ってビックリ、序曲集だと思っていたら、歌ばかり;; ああああ、間違ったとそのときは思いました。
ですが、すぐに、演奏に引き込まれました。私の当時のステレオ装置で聴いても、素晴らしい音、素晴らしい演奏、本当にあれ以来、何度聴いたかしれません。

CD時代になって、この演奏も復刻されたのですが、同じ選曲でのCDがなかなか出ず、何枚も買わないと、このLPに収録されていた曲目を聴くことができませんでした。それに、音がLPよりも悪いと思えるCDが多くて;;
ようやく、LPに収録されていた曲(それ以外にもクナッパーツブッシュは録音していたと後で分かりましたが)は、聴くことができるようになりました。

1. 楽劇「神々の黄昏」 夜明けとジークフリートのラインへの旅(序幕)
2. 楽劇「神々のたそがれ」 ジークフリートの葬送行進曲(第3幕)
3. 舞台神聖祝典劇「パルジファル」 クンドリの語り「幼な子のあなたが母の胸に」(第2幕)
4. 楽劇「ワルキューレ」 ヴォータンの告別「さようなら,勇ましいわが子」-魔の炎の音楽(第3幕)
5. 楽劇「トリスタンとイゾルデ」~第1幕への前奏曲
6. 楽劇「トリスタンとイゾルデ」~イゾルデの愛の死「優しくかすかな彼のほほえみ」(第3幕) ビルギット・ニルソンさんの独唱です。

いずれも、とんでもない演奏です。これまでに、色々なヴァーグナーの演奏を聴いてきましたが、いつもここに戻ります。私の好みは、大学時代からはかなり変わってきて、クナッパーツブッシュの音楽よりは、マエストロ・トスカニーニの音楽の方が好きになってきていますが、これらの演奏は、やはり、素晴らしいですね。

ヴァーグナーの書いたスコアのすべての音を知り抜き、どの音を大事にしたらよいか、どれを強調したら良いか、そういったことをすべて頭の中に入れて、そんなことを微塵も考えずに演奏しているかのように思います。

何度も書いているかもしれませんが、『ヴォータンの告別』の最初の音、微妙にヴァイオリンの高音が先に出ているのですが、それがあの素晴らしい音になっています。これは、クナッパーツブッシュがそうしようと思ってしたのか、結果としてなってそうなってしまったかは、分かりません。ですが、もの凄い効果になっていますね。

『ラインの旅』から『葬送行進曲』にかけても同じことが言えると思います。この辺りのものに関しては、マエストロ・トスカニーニ、ベーム盤など、良い演奏は数多あると思います。ですが、これほどまでに、小さな部分を拡大して演奏したものは少ないのではないかなと思います。

DVDで、クナッパーツブッシュが『ヴァルキューレ』第1幕を演奏したものを持っていますが、彼がぐっと手を伸ばしただけで、オケストラが反応して大きな音になるところがあります。ほとんど腕を動かすことがないのですが、少し動かしただけで、あれだけの項かを引き出すのは、並みの指揮者ではないですよね、それに応える、ヴィーナーフィルハーモニカーも素晴らしいと思いますが〜。

これほどの演奏を聴かせるものは、他には私は知りません。これを聴くと、他のものが色褪せて感じてしまうくらいです。

♪♪♪♪♪
中原の虹 第三巻


浅田次郎氏の『中原の虹』、昨日完読しました。
やはり、面白いことは面白かったです。ですが、1巻、2巻と比べると、少し落ちるかなってというのが、私の偽らざる印象です。
大きな西太后が亡くなったこと、そのことで『蒼穹の昴』以来の主役であった、春児(チュンル)、梁文秀、それに何と言っても、李鴻章の不在、これが大きいですね。
3巻の主役は、袁世凱、その朋友、徐世昌(菊人 ジュレン)、張作霖でしょうが、張作霖は、活躍の場がはっきりせず、それに、大清国が崩壊した後、どういう立場に立とうとしているのかもよく分からなかったですね。徐世昌は、梁文秀、王維などと同じ年に科挙に登弟した秀才ですが、状元ではなかったわけですが、大清国の幕引きをするに際して、大きな役割を果たしたと書かれています。春児との最後の対話のところでは、文官とはこういうものであるのか、と感動しました。
不良皇族の戴沢が活躍します。

もう一度読み直そうと思っています。浅田次郎氏の本は、再読できますよね
きっと読み落としているところが数々とあるかと思います。


♪♪♪♪♪
今日はお医者さん巡りの日です。8時半頃から出かけます、帰りは早くて11時頃でしょうか。今日も暑くなりそうです。日本の気温を見ていると、関西地区が一番気温が高いですよね、昨日は29度くらい。

それに、仕事も〜
練習がこの頃できていません、今日は少しはやりたいと思っているんですが〜
どうなりますか?

今日もブログを更新できました。
昨日もたくさんの方々がこのブログに訪問いただきました。
感謝です。

今日も感謝の気持ちを忘れずに〜 (^o^)



今日もポチッとお願いします。(^o^)
昨日はたくさんの方がポチッと押してくださり、何とか上位をキープしています。
応援をおねがいしますぅ〜〜 <(_ _)>

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね (*^_^*) ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 
応援を宜しくお願いしますぅ〜。ランキングに拘るのもどうかなって思ったりもします、こだわり出すと、もの凄く気になりますものね。毎日更新していますので、応援、宜しくお願いします。ミ(`w´彡)

ブログランキング
人気blogランキングへ
 ← ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング ← このランキングにも参加しましたぁ〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

アニメ『のだめカンタービレ』の公式サイトですぅ〜
DVDが、月に一枚ずつ届きそうです。もう2枚届いています (^_^)v

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪
こちらも、DVDが出るそうです。
もう予約しています、爆〜。アマゾンが安いみたいですね

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。


3
ブログネタ
クラシック に参加中!

Guten Morgen!!

今朝は4時過ぎ起きです。
昨日は早めに帰ってきたのですが、あまりに疲れていて、早めに寝てしまいました。

昨日は8時半頃車にガソリンを入れて、仕事に向かったんですが、高速の集中工事とかで、高速が渋滞していて、普段は30分でいけるところが、1時間半以上かかってしまいました; 帰りは、少しマシでしたが、それでも、1時間以上高速に乗っていたような;;
集中工事とかで道路の舗装をしているみたいですが、そんなに道路が悪いように思わないのですが、爆〜。どうして、毎年、毎年工事をするんでしょうか? ひょっとして、お金を使うためだったりして〜。

昨日は天気も良く、のろのろと運転していると眠くなってきました、爆〜。

最近、そういえば、ブルックナーを聴いていないなって思って、昨日は車に、カラヤン盤の全集を積んで持って行ったですよ。で、1番から聴いて行きました。

ブルックナー:交響曲全集

(私の持っているのは、廉価盤です)

1番は、カラヤンで聴いても、それほど面白くないなって思ってしまったんですよ。全集盤では、1番の後に、5番の1楽章が入っているんですが、こちらの方が断然、面白いですよね。1番は、もう少し聴きごたえがあるかと思ったんですが、スィトナーさん盤で聴いてもそれほど面白いとは思わなかったですね。ショルティの全集を注文して、もう2ヶ月くらいになるのですが、まだ届きません、在庫がないようで;;ショルティ盤はどうかなって思ったりもしています。

帰りは、2番と思い、聴き出しました、これも最後まで聴けました(それだけ渋滞していたということですが)。1番よりは面白いのですが、それほどでもないかなって思ったりも。2番ってもっと面白いと思っていたんですが〜。
疲れた耳で聴いているので、確かなことは分かりません、もう一度聴いてみないといけないなって思ったりもしています。

♪♪♪♪♪
で、今朝は、ホルスト・シュタインさんがヴィーナ−・フィルハーモニカーを振った演奏で、2番を聴いてみようかと思いました。

ブルックナー:交響曲第2番 ハ

(これも廉価盤で持っています、確かHMVで、800円くらいでした、CDは、本当に安くなっていますよね)

ブルックナー 交響曲第2番
ホルスト・シュタイン指揮 ヴィーナー・フィルハーモニカー
(1977年の録音です)

断然、こちらの方がおもしろいですね。
1楽章から、ヴィーンの金管の素晴らしさを実感できる演奏です。1楽章の冒頭の弦の刻み、良いですね、この時期のヴィーンは本当にいい音がしています。

2楽章 最後のホルンのソロ、美しいですね、この歌の楽章、ブルックナーらしい、良い歌が聴けますね、決して大袈裟でない歌が聴けます。

3楽章 ここに来ると、俄然、ブルックナーの本領発揮という感じがしますね、ここでも、ヴィーンの力強い金管の音。今はこういう音はしませんね;; ヨーロッパでは特に、金管も、木管もまろやかで全体にとけ込む音が要求されているようです。これはひとえに指揮者の問題ではないかと思うんですよ。ベームにしても、カラヤンにしても、バーンスタインにしても、音をくっきりと出そうとし、金管の出番では音が潰れようと気にせず、強奏をさせていたと思うんですが、今ではそういうことをすると、指揮者に止められてしまうそうです。ちょっと残念ですね。シュタインさんは、もちろん、思いっきり強く演奏させていますね。

4楽章 デッカの録音が良いのでしょうか?左右からの金管の音に大満足です。ラッパのトリプルタンギングも鮮やかに決まっています。静かなところでの弦楽器の響き、これも美しいですね。1楽章が戻ってくるところ、本当に美しいですよ。

カラヤン盤はどうだったかな?
やはり車の中だけでは分からないですよね。
今日は家の中で聴いてみようかと思っています。

♪♪♪♪♪
待ちに待った、浅田次郎氏の『中原の虹』
もう半分以上読んでしまいました。
やはり読ませますね、4巻は11月の刊行だとか、それまで待てますか??

中原の虹 第三巻


西太后の不在が、物語から生彩が失われているのは仕方のないことかもしれませんね、『蒼穹の昴』以来、ずっと主役であった西太后が2巻の終わりで壮絶な最後を迎えてしまったときに、そのことは予感していました。李鴻章も亡くなってしまっている、梁文秀は、日本に亡命中(柳川文秀として、早稲田の教授になっていますね)。
意外だったのは、あれほど生き生きしていた、張作霖が生彩を無くしていることなんですよね、ちょっと意外です。

脇役であった、袁世凱の友、徐世昌が意外に面白く描かれています。紫禁城の玉座についている溥儀のもとに、西太后の霊が降りてきて、袁世凱を内閣総理大臣に任命する旨の言葉を伝えるところで、西太后とおぼしき声が少し聞こえます。もう3分の2まで読んでしまっています。そうそう、蒋介石も登場します、日本軍を除隊して中国に戻るところで、梁文秀を訪ねます。

今日も、ファミレスで読もうと思っています。
今日読み終わってしまいそうです、爆〜、(ちょっと残念な気持ちも〜)

♪♪♪♪♪
今朝も、ブログを更新できました。
今日は臨時のお休みです、溜まっている仕事を少しはやろうと思っています。
焦らずに〜。

今日も感謝の気持ちを忘れずに〜 (^o^)


今日もポチッとお願いします。(^o^)
かなり下がってきてしまいました;;
応援をおねがいしますぅ〜〜 <(_ _)>

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね (*^_^*) ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 
応援を宜しくお願いしますぅ〜。ランキングに拘るのもどうかなって思ったりもします、こだわり出すと、もの凄く気になりますものね。毎日更新していますので、応援、宜しくお願いします。ミ(`w´彡)

ブログランキング
人気blogランキングへ
 ← ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング ← このランキングにも参加しましたぁ〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

アニメ『のだめカンタービレ』の公式サイトですぅ〜
DVDが、月に一枚ずつ届きそうです。もう2枚届いています (^_^)v

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪
こちらも、DVDが出るそうです。
もう予約しています、爆〜。アマゾンが安いみたいですね

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。


3
ブログネタ
クラシック に参加中!

Guten Morgen!!

今朝は、メンデルスゾーンです。
「勝手にメンデルスゾーンの日」に、ある方がブログで挙げておられた、『最初のヴァルプルギスの夜』です。これは、タワーレコードの企画もので、オーマンディ・フィラデルフィアの演奏が復刻されたものです。

オーマンディ・ファンとしては、何をおいても手に入れるべきアイテムだったと思うのですが、タ○ーの通販では、違う商品を送ってきたりして、ちょっと、って思うこともあり、まだ手に入れていなかったんですよ。ですが、皆さんが良い演奏だと口々に言われているので、注文したんですよ。

どういう訳か、ものすごく早く届いて、昨日の夜に届きました。 (^o^)

メンデルゾーン作曲
カンタータ Die erste Walpurgisnacht
ジェラルド・ノーマン(テナー)、ローズ・テイラー(メゾ・ソプラノ)、サイモン・エステス(バス)
合唱 フィラデルフィア・メンデルスゾーン・クラブ(どこの団体なんでしょうね、合唱は上手いですよ)
ユージン・オーマンディ指揮 ザ・フィラデルフィア・オケストラ

この曲も、私にとっては初めての曲です。このシリーズで、確か去年、メンデルスゾーンの大曲『エリア』も復刻されました。これは、早めに注文していて、何度か聴いたのですが、なかなか馴染めません、爆〜。

この『ヴァルプルギスの夜』の方が、聴きやすい曲ですね
交響曲『イタリア』と同じ頃に作曲されたとのことです。

<グーグルで検索すると、ある方のブログ(HODGE’S PARROT)>に、上手く書いてくださっていました。ココに貼り付けさせていただきます。m(_ _)m (著作権違反になるのでしょうか?)

(ここから)
CDの解説によると、『最初のワルプルギスの夜』の歌詞はゲーテのバラードに拠っており、ワルプルギスとは8世紀に実在したローマ・カトリックの聖人、尼僧ワルプルギスのことだという。彼女は病気の守護神として讃えられているのだが、しかし「ワルプルギスの夜」という「祝日の前夜」となると、その意味するものは大分ズレる。

その詩についてゲーテは次のように説明している。「ドイツに古くからある異教徒たちは、キリスト教が民衆に強制されたために追われることになり、古老や長老の下、一族は人里離れたハルツ山に引きこもった。そこで密やかにこれまで通り宗教儀式を行いながら暮らしていたのである。そして、他の侵入者や武装集団から守るために、悪魔の姿に変装して、迷信深い敵を脅すことで身を守っていた。こうして彼らは、悪魔の仮面に守られて、神への奉仕を行っていたのだ。

メンデルスゾーン『最初のワルプルギスの夜』のブックレットより
(ここまで)

う〜ん、そういう難しいテーマなんですね
でも、音楽はそんなに難しい感じはしないんですが〜。

♪♪♪♪♪
余白には、『フィンガルの洞窟』『夏の夜の夢』(抜粋)が入っています。正直に言います(爆)、『フィンガル』になったら、途端に音楽が生き生きとしてきます、オケストラも生き生きと〜
分厚い弦の響き、引き締まった管楽器の音色、どれを取っても一級品ですよね、本当に上手いです。

オーマンディという指揮者というと、どうしても、小品が上手いとか言われますが、私は決してそんなことはないと思います。私が聴くことが出来た、ベトベン、ブラームスのシンフォニーなど、どれも立派な演奏です、それに、モツアルトも、ヴァーグナーも、マーラーも、ブルックナーも。確かに、マーチも良いです、それは、トスカニーニがベトベンも、ブラームスも良かったし、スーザのマーチも良かったのと同じです。

日本の評論家は、本場主義みたいなものがあり、ドイツ音楽だとドイツのオケストラの演奏でないとダメといった風潮がありましたよね、それに、アメリカのオケストラは、機能的に上手いだけで味がないとか。オケストラとして上手いということは、作曲家の指示通りにまずは演奏できるということであり、ある意味、アメリカのオケストラほど、ドイツの響き、フランスの響きを大事にして、演奏してきた団体はないと思うのですが。大体、上手い人が日本人はあまり好きではないのではないでしょうか? たとえば、オーボエのハインツ・ホリガーさんは、20世紀の天才の一人だと思いますが、何かというと「あの音はオーボエの音ではない」といった評もまだありますよね、一体、何を聴いているのでしょうか?嫌、私は、音楽を聴いていないのではないかなって思います。
(朝から、ちょっと小難しいことを;)

♪♪♪♪♪
昨日の練習は、何事もなく、終わりました。
モラハラオジンが何人かいるって、いつも書いていますが、昨日は3人中2人だけでした、爆〜。

『夏の夜の夢』、これも愛聴盤で、何度も聴いてきていますが、この復刻盤、音が良くなっていますね、何でかな?
素晴らしい弦の音ですよ。この難しい曲を軽々とこなしていますね、それに、素晴らしいアンサンブル力、オーマンディ時代のフィラデルフィアは、オケストラの歴史の中でも燦然と輝く時代と言っても過言ではないと思います。

今朝も、ブログを更新できました。
今日は午後から、友人とアンサンブルをして愉しむ予定です。
アンサンブルをするのは、ものすごく久しぶりなんですが、今年は出来れば、アンサンブルに力を入れたいと思っています。

いつもブログを見てくださっている方に感謝です。(^o^)

今朝は3時半頃に一回起きあがったんですが、もう少しだけ寝て、4時半頃に起きあがりました。

5時半頃ブログを書いたのですが、ライブドアのメンテナンスとかで、ブログをアップすることが出来ませんでした。で、今日は遅めになると思います。


にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
← このランキングにも参加しましたぁ〜 応援してくださいね (*^_^*) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜

アニメ『のだめカンタービレ』の公式サイトですぅ〜
関西は、やっと放映されました〜 (^o^) 関西は火曜の深夜、水曜の2時頃からですね。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜

ブログランキング
人気blogランキングへ
 ← ポチッとお願いします。 (^_^)v

音楽ブログランキング ← このランキングにも参加しましたぁ〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜



再起


昨日、ディック・フランシスの新刊を読み終わりました。
翻訳者が、菊池光さんから変わったとのこと、やはり、その影響はあったのではないでしょうか、菊池さんの文体に親しんできたものにとっては、ちょっと違和感があったのは、否めないです。

今回、シッド・ハレーが3度目の主人公になっています。ハレーの格好良さは、ちょっと無類のものですね。フランシスは、もう86歳くらいでしょうか
もう何年も新刊が出ていませんでしたので、もう無理かな、と思っていたので、アマゾンで見た時にはビックリしてしまいました。すぐに注文して、1週間くらいで読んでしまいました。もちろん、面白いんですが〜、となってしまいます。
どこか違うような気もします。でも、競馬シリーズの愛読者としては、本当にうれしいことですよね〜。(^_^)v

2
ブログネタ
鬱とのつきあい方 に参加中!

Guten Tag!!

今朝は、ファミレスで、浅田次郎氏の『蒼穹の昴』第3巻(4回目)を読了しました。

蒼穹の昴(3)


最後のところで、暗殺事件に関与した、春児(チュンル)の師匠の陳九老爺が殺されてしまいます。春児は、子供の頃、この宦官に世話になったということで、自分の宝貝(パオペイ)をお棺の中に入れてやります。大総官の李蓮英は、他の宦官に鞭打ちを命じますが、他の宦官がすべて、春児を庇おうとします。感動的なシーンですね。

ファミレスから帰ってきて、いつものように『芋たこなんきん』を見て、ぼうっとテレビを見ていたんですが、何か眠くて、布団に戻ってしまいました。

去年もこの時期、夕方の仕事だけになる頃に調子が悪くなったことを思い出しました。

このブログを始めたのも、そういうときに、「前はどうだったかな?」ということを見れば、それなりの対処の仕方があるよ、ってネット上の友人に言われたからです。

去年は、仕事に出かけるまで鬱々とした時間を過ごし、何とかかんとか、3時前に起き出して、仕事に出かけていたのを思い出します。

今年は、それほど調子は悪くないです。
ですが、今日も夕方からの仕事ということになると、何となく、しんどいような気がしています。

♪♪♪♪♪
音楽をかけながら、布団に戻っていましたが、ブログでも書いてみようと思い、起きあがってきています。

今朝と同じで、ヒツコク『カプリッチョ』を聴いています。二枚目のCDからです。このオペラは一幕ものですから、後半ということになるのでしょうね〜。

生活のリズムを作ることは難しいですね〜
簡単なようで、難しいです。

今日と明日は、夕方からの仕事だけです。今週は、この2つ日しか仕事がありません。来週はもう少し忙しくなりますが〜。

土曜、日曜と仕事に行っていたので、少し疲れているのかもしれません。

もう少ししたら、お昼を食べに行こうかと思っています。

今日は3時過ぎに出かけようと思っています。


アニメ『のだめカンタービレ』の公式サイトですぅ〜
関西は、17日の深夜に放送です。待ち遠しいですね〜。もう出来ていますね〜 (^o^)

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ ← このランキングにも参加しましたぁ〜 応援してくださいね (*^_^*) ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜

ブログランキング
人気blogランキングへ
 ← ポチッとお願いします。 (^_^)v



5
ブログネタ
クラシック に参加中!

Guten Abend!!

実家から10時半頃自宅に戻ってきました。
ポストの年賀状をチェックして、それから、PCに電源を〜。

市内は、まだまだ車が少なく、運転しやすかったですね
帰りよりも早かったです。

♪♪♪♪♪
今日は初練習です。
年末も仕事でなかなか練習はできなかったんで、久しぶりの練習です。

まずは、音階練習(どうもメトロノームの電池が切れかけています;)⇒ デタッシェの練習 ⇒ その後、難しい指でのデタッシェの練習 ここまでで30分くらいです。

それから、曲の中の難しい指のところの練習です。
休憩を挟んで、1時間くらいでしょうか、夕方にもう一度練習ができると良いのですが。楽器も冷えていて、なかなか音が鳴ってくれないような気がします。

♪♪♪♪♪
年賀状を出していない方からも賀状をいただいています。
まだ松の内ですから、賀状をお送りしようかと思っています。ロー$^ソンに買いに行かないといけないですね〜。

さっき、いつもの喫茶店にランチを食べて、ローソンに買い物にも行ったんですが、電池を買うのを忘れました。

♪♪♪♪♪

昼寝をして、目が覚めたら、6時半頃でした、爆〜

年末に買ったCDから
グスタフ・マーラー 交響曲『大地の歌』
オットー・クレンペラー指揮 フィルハーモニア
アルト クリスタ・ルートヴィヒさん

この曲の中でも、最も深い楽章である、6楽章「告別」を聴いています。精緻を極めるオーケストレーションを、くっきりと音にしている演奏です。これは、割と大きな音で再生しないと分からないところですね。

ルートヴィッヒさんの歌唱も、Ewig Ewig と歌うところが一番美しいですね、伴奏のマンドリンも雄弁にソロを演奏していますね〜。


比較してみようかと思い、オーマンディ・フィラデルフィアの演奏も聴きました。

Mahler: Das Lied Von Der Erde/Lieder Nach Gedichten Von Friedrich R醇・kert


オケストラは、さすがにフィラデルフィアの方が良いですよ、歌の方は、クレンペラー盤の方が良いですね。オーマンディ盤は、歌がオケストラに埋もれている感じがしますね〜〜。


にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ ← このランキングにも参加しましたぁ〜 応援してくださいね (*^_^*) ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜

音楽ブログランキング ← このランキングにも参加しましたぁ〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜



3
ブログネタ
クラシック に参加中!

Guten Tag!!

昼下がりの休日です。(^o^)
今日と明日とお休みです。練習はありますが〜。

今日は、昨日届いた、オーボエコンチェルトを聴いています。
元シカゴ響の主席オーボエ奏者であった、アレックス・クラインさんの演奏です。偶然、アマゾンで見つけて、あ、これは良さそうだと思って注文しました。

Oboe Concertos of the Classical Era



フランツ・クロンマー 『オーボエコンチェルト』 1番、2番
ヨハン・フンメル   『序奏、テーマと変奏曲』

アレックス・クライン(オーボエ) ポール・フリーマン指揮 チェコ国立オケストラ の演奏です。
クロンマー、フンメルは、モツアルト、ベトベンの同時代人ですね。両作曲家とも管楽器奏者には、貴重なコンチェルトを書いてくれているということで知られているかもしれませんが、一般的には、ほとんど知られていない作曲家かもしれませんね。

そりゃ、モツアルトのコンチェルトと比べたら、かわいそうですよ。
でも、この曲だけを聴くと、オーボエの持っている魅力、それに、見事なヴィルトオジティを堪能できますよ。それに、クラインさん、本当に上手いな〜
(でも、脳の障害で、指が動かなくなり、シカゴ響を辞められています、残念ですね、でも少しは吹けるところまで回復されているとの記事を読んだことがあります。)

クロンマーのWikipediaの記事ですぅ〜

フンメルのWikipediaの記事ですぅ〜

フンメルは多作家だったんですね、知りませんでした〜。
クラインさんの記事は、「パイパーズ」1月号に掲載されているみたいですね。
クラインさんの超絶技巧をこのCDでは堪能することができますよ。

今朝は、お医者さんに行ったんですが、明日が祝日のせいか、一杯で、ドアを開けて締めて帰ってきて、一ヶ月ぶりに散髪に行ってきました。年末は忙しいんで、きっと行けないと思って〜。
今日は空いている感じでした、散髪してもらっている間、うとうとと寝ていました、爆〜。歩いて20分くらいのところなんですが、地下のトンネルを歩いて、また自転車に衝突されるのは嫌なんで、一駅地下鉄に乗って行ってきました。地下鉄に乗るのは、久しぶりです。
昼間の地下鉄ですから、空いていて良かったです。
帰り道で、いつもとは違う喫茶店のランチを食べてみました。何事も経験と思って。
まあまぁかな〜って。
コーヒーはいつものところよりも美味しかったです。

浅田次郎氏の『蒼穹の昴』第4巻(3回目)も終わりの方まで読んできました。
李鴻章がとっても格好が良いです、ロンウーを大将軍の格好で「お前に天命などない」と脅すところ、確か、「これからの若者を調べもせずに殺したこと、それに西太后の女心を弄んだこと」と、2つの罪を挙げるところ、李鴻章は西太后に恋心を抱いていたとの設定で書かれているんですね。
何度読んでも、新たな発見がある本です。

これから、夕方のお医者さんに行く前に、少し練習をしようかと思っています。

あああ、ブログ村がきれいに変わっていますよね、ブログ村の方々、ありがとうございます。m(_ _)m


フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ ← このランキングにも参加しましたぁ〜 応援してくださいね (*^_^*)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜

音楽ブログランキング ← このランキングにも参加しましたぁ〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜




2
ブログネタ
クラシック に参加中!

Guten Abend!!

今日は、2時前に帰ってきて、昼食、それから、修理から戻ってきたPCに増設メモリを入れて、ルーター経由でネットにつなげることができました。ルーターを買ってから、初めて、2台のPCでネットができたことになります。どちらも、XPなので、上手く行ったのかもしれません。Meと98のマシンでは、ルーターが使えませんでした(未だに、どうしてなのか、理由は分かりません、爆〜)。

新しい方のPCのリカバリディスクの作成をしました。DVD2枚、CD1枚です。
これは、京都のオッチャンに「作っておいた方がええで」と言われていましたので、今朝、仕事場でマニュアルを読んで、必要なものを揃えておきました。

今朝は、仕事場には8時過ぎに着き、すぐに喧しくなったので、近くの喫茶店に逃げました、爆〜。やはり、その方が楽ですね、不快な声を聞いているよりは、無関係な人の声の方が気になりませんね。

9時過ぎに仕事場に戻りましたが、まだ喧しかったので、CDをかけて、読書にしました。ストレスをできるだけ避けたいと思っています。

今日は土曜日ぶりの練習も〜♪
音階練習 ⇒ デタッシェの練習 ⇒ 難しい指でのデタッシェ ⇒ 曲の中の指の難しいところを、ものすごくゆっくりしたテンポで何度も、何度も繰り返しています。

アクセント移動法でも、練習しました。アクセント移動法で練習すると、指の動きがしっかりしてきますね、息、お腹、指との練習です。

今日は珍しい曲です。
オリビエ・メシアン作曲 
Quatuor pour la Fin du Temps Violon, clarinette en si bemol, violoncelle et piano
「時の終わりのための四重奏曲」1941年に捕虜収容所で作曲、初演されたものだそうです。

Music For Winds


メシアンというと、「トゥランガリラ交響曲」という曲が有名ですね、ですが、私は聴いた記憶はありますが、CDは持っていません。

この曲は、木管楽器の20世紀の曲を収録している、2枚組のCDの一曲目に入っている曲です。

久しく聴いたことがなかったのですが、今日は珍しく聴いています。不思議な曲ですが、それほど聴きにくい曲ではありませんよ。かといって、聞きやすい曲というわけでもありませんが〜。

次に収録されている曲は
サミュエル・バーバー 「木管楽器のためのサマーミュージック」です。バーバーといえば「弦楽のためのアダージョ」という名曲を思い出しますが、それについで、演奏されることが多い曲ではないでしょうか?

今日は、色々な方の訃報が;;
歌舞伎では、市川青虎丈(80歳)、晩年は関西で上方歌舞伎塾の講師などを務めておられたそうです。舞台姿は、『雁の便り』の医者の役をよく覚えています。上方の味を残した脇役の俳優さんが少なくなってきていますので、非常に残念ですね;;

新劇では、岸田今日子さんが亡くなられたようです。脳腫瘍とかで; 不思議な味のある女優さんでしたよね、NHKの大河ドラマ『慶喜』の乳母の役は、はまり役でしたよね。まだまだお元気だと思っていたので、ちょっとビックリしています。

お笑いでは、青島幸男氏もお亡くなりに。青島氏は、意地悪婆さんとかやっていた頃が一番良かったのではないでしょうか?政治家としては何にもしていないと思いますので、取り上げません。

馴染みのある方々が亡くなって逝かれるのは、寂しいものですね。ですが、それもまた仕方がないことかもしれません。

と思えば、亀とかいうボクサーの訳の分からない試合も今日のイヴェントです。


フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ ← このランキングにも参加しましたぁ〜 応援してくださいね (*^_^*)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜


音楽ブログランキング ← このランキングにも参加しましたぁ〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜



4
ブログネタ
クラシック に参加中!

Guten Tag!!

今朝は、ファミレスで、浅田次郎著『蒼穹の昴』第3巻(3回目の読書)を読んでいました。忠義の文人将軍である、李鴻章は隠遁しています。それでも、国の行く末を慮っています。李鴻章がどういう人物であったかは、もちろん、分かりませんが、浅田氏の描く、李鴻章の格好良さは、群を抜いていますね〜、本当に格好いいです。
帝党、后党に分かれて、一発触発の雰囲気のところまで読み進みました。

今朝は、早めに練習をしています。
いつものように、音階練習 ⇒ デタッシェ ⇒ 難しい指でのデタッシェ 2ページ目も予習を始めました。まずは、4度のところも指がややこしいですが、まずは指遣いを覚えようと思っています。 ⇒ 曲の中の難しいところを集中的にさらっています。ゆっくりとしたテンポで、四分音符=60くらいの速さで練習をしています。実際のテンポは、もっと、もっと速いでしょうが、爆。

休憩には、一昨日届いたCDから
モツアルト セレナード K.361 Gran Parita です。

Mozart: Serenade No. 10 "Gran Partita"; Divertimenti K.213 &amp; K.270


このCDは、アマゾンでベームの演奏を探しているときに偶然見つけたものです。
演奏は、ロバート・クラフト指揮 コロンビア・シンフォニー・オケストラ です。
ですが、ヴァルター指揮で演奏している、コロンビア響とは違うような気もします。どうもCBSは、オケストラの契約の問題で名前を出せないときに、コロンビアという名前を使っていたような〜。でも、録音場所は、カリフォルニアのハリウッドになっています。ひょっとしたら、ヴァルターが指揮していたオケストラと同じかもしれませんね。

これが、なかなか良い演奏で、少し聴いただけで気に入りました。音が好きですね〜
どんな方が演奏されているかは分かりません、書かれていませんので。でも、チャーミングなオーボエ、表情豊かなバスーン、クラリネット、バセットホルンも良いんですよね、久しぶりで良い演奏を聴いている感じです。

9時半頃から、11時半頃まで練習をしました。
今は『グラン・パルティータ』の7楽章を聴いています。ちょっと変わったところもあって、面白いですよ、当たりのCDでした。価格は1000円弱ですよ。

その後には、フィラデルフィア木管による、五重奏曲も入っています。
ちょっとお得なCDではないでしょうか?

今日は、いつもの喫茶店にランチに出かけ、昼寝をしてから、練習に出かけようと思っています。


フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ ← このランキングにも参加しましたぁ〜 応援してくださいね (*^_^*)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜

音楽ブログランキング ← このランキングにも参加しましたぁ〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜


4
ブログネタ
鬱とのつきあい方 に参加中!

Guten Morgen!!

昨日のドラマ『のだめ』面白かったですが、コミックとはかなり変わってきていますよね、コミックファンの方はどう思われるのかなって思います。原作の設定をかなり変えているところが。時間の制約がありますから、仕方がないんだと思いますが、ちょっと強引かなって思ったりもしますね。千秋さまがお金の無心をしている、三善家の人々はまったく出てこないですね、ちょっと寂しい気もしますね。
『チャングムの誓い』のように、50回以上やらないと、日本編だけでも終わらないかもしれないですね。

今朝も、早朝覚醒です、昨日寝たのがきっと12時過ぎだと思うんですよ、でも、何回も目が覚めて、3時過ぎに起き上がってきました。まぁ、良いかなって、仕事も休みに入ったし、昼寝もできるしって思うようにしています。寝ないといけないと思うと、それもストレスになるそうですから。

昨日の夜に、『蒼穹の昴』第1巻(3回目)を読了しました。
1巻は、主に、梁文秀、春児が主役になっていますね。白太太(パイタイタイ)の星読みが、文秀の場合、ピタッと当たっていくんですよね、科挙に状元で登第します。春児は、白太太の星読みに合うように、自ら浄身(チンシェン、宦官になること)します。それに、乾隆帝が出てきますが、全体を読んだ上で、それに『中原の虹』を読んだ後で、もう一度読んでいますと、それぞれの関係が良く分かるようになりますね。
私はこんなに何度も読む小説は、最近では初めてです。早く『中原の虹』第3巻が出て欲しいです。『蒼穹の昴』は今年の夏の沖縄旅行中に読んでしまいました。でも、話が良く分からず、夏にもう一度、全4巻を読んで何とか分かった感じです。
本当に飽きない小説です、こんなに何度も読むのは、本当に久しぶりです。

今朝は、やはりジュリアードの旧盤、ベトベンの弦楽四重奏曲から、中期の傑作である、ラズモフスキー2番、3番を聴いています。最近は、ラズモフスキー2番が気に入っています。曲の解説などは、ウィキペディアにお任せします。「ベートーベン ラズモフスキー」で検索できます。
ロシア風の旋律も使われているとのことですが、どこの部分か、良く分かりません、爆〜。
そんなことよりも、曲自体が好きですね、1楽章の和音で始まるところ、2楽章の「歌」、3楽章では、フーガのような処理をされているところ。4楽章のおどけたテーマなど。挙げれば切りがありません。

こんなに室内楽を聴くようになったのは、どうしてなのでしょうか?最近ではオペラよりも多いかも〜。朝は特に、室内楽が良いですね。

関西では日テレの早朝のニュースがなかなか始まりません。早朝の顔である、中井有紀さんをみたいと思っているのに。
ああああ、始まったです、何で、こっちは遅くから始まるのかな??

今日からお休みです、ゆっくりします。
好きな音楽、好きな本、それに練習まで出来れば良いですが〜
また、モツアルトのアリア集、ルチア・ポップさんが歌っているものです、CDは、3800円@@もしていたんですね、今は安くなったですよね。
ポップさんの歌声は、魂を浄化してくださるような感じがします。本当に美しい歌声です。ひょっとして、天国があれば、こういう声が聞こえるのではないかと思ったりもします。

モーツァルト:オペラ・アリア集


今朝も、ブログの更新が出来ました。
今期も仕事先から仕事振りの件で呼び出しがあると思っていました、きっとこれからあると思います。昨日だと思っていたんですが、ありませんでした。何でかなって思いますが、先のことは先のこととして、放っておくようにしたいと思っています。

今日も感謝の気持ちを忘れずに、一日を過ごしたいと思っています。
(^o^)

この休みに、鴈治郎はんのビデオのDVD化をしたいのですが〜。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜


にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ ← このランキングにも参加しましたぁ〜 応援してくださいね (*^_^*)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜

音楽ブログランキング ← このランキングにも参加しましたぁ〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜


3
ブログネタ
クラシック に参加中!

Guten Abend!!

今日も帰りが遅くなりました、仕事は2時半に終わっていたのですが、仕事場を出たのは、6時半頃。それから、急ぐときの帰り道、高速を使って、一度家に帰って、それから楽器を持って、練習場に出かけました。個人練習だけでも、と思ってです。1時間ちょっと練習をしました。いつもの基礎練習中心です。

早めに帰ってきました、後かたづけなどもしないといけないのかもしれませんが、良いかなって。お腹も空いていたし〜。

ついに、浅田次郎著『中原の虹』第2巻を読了です。
面白かったです、この巻の最後は、西太后慈禮(シータイホウ・ツーシー)が崩御します。光緒34年陰暦10月22日。

「いい、春児、中華という呼び名は、世界の中心という意味じゃないのよ。この地球のまんなかに咲く、大きな華。それが中華の国。人殺しの機会を作る文明など信じずに、たゆみなく、ゆっくりと、詩文を作り花を賞で、お茶を淹れおいしい料理をこしらえ、歌い、舞い踊ることが文化だと信じて疑わぬ、中華の国よ」
(『中原の虹』第2巻より)

『蒼穹の昴』から、この『中原の虹』2巻に至るまでの、主役の一人であった、西太后が亡くなります。老いていく、小さな身体で大清帝国を背負って、西洋列強から国を守り抜いて、亡くなっていきます。

実際の西太后がどういう人物であったのかは、まったく分かりませんが、浅田氏の描く西太后は、胆力、知力を兼ね備えた豪傑のような感じです。本当に面白い小説です。3巻が出るのが待ち遠しいですね。

今日は、珍しく、フルートです。
ジャン・ピエール・ランパルのフルートで、モツアルトのフルート四重奏曲です。
ランパルとパスキエトリオの演奏です。弦楽器も上手いですね〜。
どうも、ライブ録音のようですが、完成度はものすごく高いです。

Mozart: Flute Quartets


私がこれまで聴いてきたフルーティストの中では、やはり、ナンバーワンですね。その音色、大きな音楽、確かなテクニーク、どれをとっても、一番ではないかと思います。フルートという楽器を、独奏楽器としても世界中に認知させた演奏家ではないでしょうか?天才的ですね、ヴァイオリンで言えば、ハイフェッツに匹敵する名人ではないでしょうか?

モツアルトは、フルートが嫌いであったということはよく知られていますよね、でも、フルートコンチェルト、それに、4曲のフルート四重奏曲、それに、オペラやシンフォニーでも良いソロがたくさんありますよね、本当に嫌いだったのでしょうか??
嫌いで、こんな名曲が書けるのでしょうか?

オーボエ四重奏曲をフルートで吹いている演奏も入っています。あああ、名人が間違えている@@ これほどの名人でも間違えることがあるんですね、人間らしくて良いですよね。いっとう始めのところですが、その後は素晴らしい演奏ですよ。その辺りが名人たる所以でしょうか?
タブルタンキング、見事ですね、美しいです。
オーボエの曲ではなく、フルートの曲のように感じてしまいますね。

今日は早めに寝ようかな〜
(^^)

小野田光一の「政治経済の真実」のブログです。



フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜

にほんブログ村 クラシックブログへ ← ポチッとお願いしますぅ〜 (^o^)

ブログランキング
人気blogランキングへ
 ← ポチッとお願いします。 (^_^)v

3
ブログネタ
クラシック に参加中!
お早うございます。

今朝も美味しいコーヒーをいれて、音楽を聴きながら、このブログを書いています。
このとこと、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲を聴くことが多くなっています。


昨日、浅田次郎著『中原の虹』(第1巻)を読了しました。

21日から足かけ3日で読んでしまいました。主人公は、張作霖ですが、もう一人の主人公は、李春雷(宦官となった李春運の兄)、『蒼穹の昴』の主人公でもある、李春運、西太后、袁世凱なども登場します。大体、1901年くらいからのお話ですが、満州女真族の祖ヌルハチにまで遡っていきます、今回は〜。その壮大な構想、今後の展開が楽しみです。読ませますね、浅田次郎は〜。西太后が袁世凱の魂胆を見抜いているところなど、真に迫っています。それに、狂人を装う光緒帝が、袁世凱に遺言というべきものを伝えるところも。

一つ教えられたところは、満州というのは、文殊菩薩の国という意味であったということです。本当かどうかは、分かりませんが、文殊菩薩が出てきたときにはビックリ仰天しました。

壮大ですね、「歴史」が物語であることを教えてくれる格好の書ではないでしょうか?
4巻まであるそうです、早く次巻が読みたくなりますね。

中原の虹 第一巻


昨日は、少しだけ練習もしました。
いつもの、音階練習 ⇒ デタッシェ ⇒ 難しい指でのデタッシェ
ほぼ基礎練習で、時間が尽きた感じです、あまり遅くまでは、練習はできません。

練習後に、読書、それに、『ラズモフスキー』1番を聴きました。演奏は、いつものジュリアード・カルテットです。昨日は、ラズモフスキーを全3曲聴きました。

このカルテットの演奏は、スコアがくっきりと見えるような演奏と言っても良いのではないでしょうか?以前は、1番が一番良いかなって思っていましたが、昨日3曲を聴いて、2番が一番好きだなって思いました。今も、2番を聴いています。

曲の好みも変わっていくのでしょうか?昔は断然、1番、3番が好きでした。ですが、今回3曲を聴いてみて、2番が今の私には一番しっくり来ます。

楽器の音の好みも変わってきますね、私も今の先生に習いだしてから、以前のような音の出し方が嫌になり、かなり変えた音にしています。音の立ち上がり、それに音の処理の仕方に注意を払うようになりました。

弦楽器の方は、本当に良い曲を作曲家が提供してくれていて、本当に良いですね、ベートーヴェンの弦楽四重奏、モーツァルト、ハイドン、いくらでも名曲がありますからね。羨ましい限りです。

今日は臨時の休みです。ブログの更新も多いかも〜、爆〜。
少しは仕事をしないといけないなって思っています。

今日も、感謝の気持ちを忘れずに〜

そうそう、ブログペットの名前を改名致しました。

初世、二世中村鴈治郎に因んで「雁次郎」と改名致しました。

何れもさまのご贔屓ご鞭撻、乞い願い奉ります。
チョン、チョン、チョン、ちょ〜〜〜ん

にほんブログ村 クラシックブログへ ← ポチッとお願いします。(^o^)

ブログランキング
人気blogランキングへ
 ← ポチッとお願いします。 (^_^)v

3
ブログネタ
クラシック に参加中!
お早うございます。

今朝も美味しいコーヒーをいれて、音楽を聴きながら、このブログを書いています。
このとこと、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲を聴くことが多くなっています。


昨日、浅田次郎著『中原の虹』(第1巻)を読了しました。

21日から足かけ3日で読んでしまいました。主人公は、張作霖ですが、もう一人の主人公は、李春雷(宦官となった李春運の兄)、『蒼穹の昴』の主人公でもある、李春運、西太后、袁世凱なども登場します。大体、1901年くらいからのお話ですが、満州女真族の祖ヌルハチにまで遡っていきます、今回は〜。その壮大な構想、今後の展開が楽しみです。読ませますね、浅田次郎は〜。西太后が袁世凱の魂胆を見抜いているところなど、真に迫っています。それに、狂人を装う光緒帝が、袁世凱に遺言というべきものを伝えるところも。

一つ教えられたところは、満州というのは、文殊菩薩の国という意味であったということです。本当かどうかは、分かりませんが、文殊菩薩が出てきたときにはビックリ仰天しました。

壮大ですね、「歴史」が物語であることを教えてくれる格好の書ではないでしょうか?
4巻まであるそうです、早く次巻が読みたくなりますね。

中原の虹 第一巻


昨日は、少しだけ練習もしました。
いつもの、音階練習 ⇒ デタッシェ ⇒ 難しい指でのデタッシェ
ほぼ基礎練習で、時間が尽きた感じです、あまり遅くまでは、練習はできません。

練習後に、読書、それに、『ラズモフスキー』1番を聴きました。演奏は、いつものジュリアード・カルテットです。昨日は、ラズモフスキーを全3曲聴きました。

このカルテットの演奏は、スコアがくっきりと見えるような演奏と言っても良いのではないでしょうか?以前は、1番が一番良いかなって思っていましたが、昨日3曲を聴いて、2番が一番好きだなって思いました。今も、2番を聴いています。

曲の好みも変わっていくのでしょうか?昔は断然、1番、3番が好きでした。ですが、今回3曲を聴いてみて、2番が今の私には一番しっくり来ます。

楽器の音の好みも変わってきますね、私も今の先生に習いだしてから、以前のような音の出し方が嫌になり、かなり変えた音にしています。音の立ち上がり、それに音の処理の仕方に注意を払うようになりました。

弦楽器の方は、本当に良い曲を作曲家が提供してくれていて、本当に良いですね、ベートーヴェンの弦楽四重奏、モーツァルト、ハイドン、いくらでも名曲がありますからね。羨ましい限りです。

今日は臨時の休みです。ブログの更新も多いかも〜、爆〜。
少しは仕事をしないといけないなって思っています。

今日も、感謝の気持ちを忘れずに〜

そうそう、ブログペットの名前を改名致しました。

初世、二世中村鴈治郎に因んで「雁次郎」と改名致しました。

何れもさまのご贔屓ご鞭撻、乞い願い奉ります。
チョン、チョン、チョン、ちょ〜〜〜ん

にほんブログ村 クラシックブログへ ← ポチッとお願いします。(^o^)

ブログランキング
人気blogランキングへ
 ← ポチッとお願いします。 (^_^)v

3
ブログネタ
クラシック に参加中!
今日は帰りが少し遅くなりました、6時過ぎです。

演奏会も近いので、今日は少し遅めですが、練習をしようと思っています。
行き帰りは、カラヤン指揮ドレスデン・シュターツカペレ ヴァーグナー『ニュルンベルクのマイスタージンガー』の第極襪鯆阿ました。
ワーグナー : 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」全曲

この演奏は、もうかなり前に購入し、何度も何度も聴いているものです。お気に入りのCDと言えるかもしれません、ここでも紹介したことがあると思います。
極襪蓮⊇蕕瓩離檗璽哀福爾離皀離蹇璽亜▲競奪スの「にわとこのモノローグ」、ザックスとエヴァの二重唱、最後のフーガ、と聴き所が多い曲ですね。
テオ・アダムのザックス、リーダーブッシュのポーグナー、ドナートのエヴァ、ペーター・シュライアーのダーヴィット などです。
カラヤンは、オペラは本当に得意であったのではないかなって思います、それに、どの曲を聴いてもカスがない、という点では、非常に平均点が高い指揮者の一人ではないでしょうか?

本当に、私はこの曲が好きですね、爆〜。いつも、この曲を聴いているような気がします。このCDは、車に置きっぱなしのCDです。

練習は、いつもの通りです。
音階練習 ⇒ デタッシェ ⇒ 難しい指でのデタッシェ、スラーなどの練習
デタッシェをする前に、息だけでやっておくと良いですよ、って、この前のレッスンで教えていただきました。

ロケット奏法というも、先生がいつも仰有っている奏法です、ちょっと書きにくいのです、これは〜、説明が〜爆〜 意識をお腹よりも下に持ってきて、音を出す瞬間にロケットのように、噴射する感じとでも、言いましょうか〜。ちょっと分かりにくいかと思います。

音程の難しいソロをチューナーで音を確かめながら、一音一音チェックをしました。
一時間弱です、夜遅くは練習はちょっと無理です。

明日、明後日の練習で終わりです、明日はレッスンのMDをもう一度聴いて、確認をしたいと思っています。

3
ブログネタ
クラシック に参加中!
今日は帰りが少し遅くなりました、6時過ぎです。

演奏会も近いので、今日は少し遅めですが、練習をしようと思っています。
行き帰りは、カラヤン指揮ドレスデン・シュターツカペレ ヴァーグナー『ニュルンベルクのマイスタージンガー』の第極襪鯆阿ました。
ワーグナー : 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」全曲

この演奏は、もうかなり前に購入し、何度も何度も聴いているものです。お気に入りのCDと言えるかもしれません、ここでも紹介したことがあると思います。
極襪蓮⊇蕕瓩離檗璽哀福爾離皀離蹇璽亜▲競奪スの「にわとこのモノローグ」、ザックスとエヴァの二重唱、最後のフーガ、と聴き所が多い曲ですね。
テオ・アダムのザックス、リーダーブッシュのポーグナー、ドナートのエヴァ、ペーター・シュライアーのダーヴィット などです。
カラヤンは、オペラは本当に得意であったのではないかなって思います、それに、どの曲を聴いてもカスがない、という点では、非常に平均点が高い指揮者の一人ではないでしょうか?

本当に、私はこの曲が好きですね、爆〜。いつも、この曲を聴いているような気がします。このCDは、車に置きっぱなしのCDです。

練習は、いつもの通りです。
音階練習 ⇒ デタッシェ ⇒ 難しい指でのデタッシェ、スラーなどの練習
デタッシェをする前に、息だけでやっておくと良いですよ、って、この前のレッスンで教えていただきました。

ロケット奏法というも、先生がいつも仰有っている奏法です、ちょっと書きにくいのです、これは〜、説明が〜爆〜 意識をお腹よりも下に持ってきて、音を出す瞬間にロケットのように、噴射する感じとでも、言いましょうか〜。ちょっと分かりにくいかと思います。

音程の難しいソロをチューナーで音を確かめながら、一音一音チェックをしました。
一時間弱です、夜遅くは練習はちょっと無理です。

明日、明後日の練習で終わりです、明日はレッスンのMDをもう一度聴いて、確認をしたいと思っています。

3
ブログネタ
最近読んだ本 に参加中!
読書ブログのタグもつけました。たまに、読書日記も書いています。
あまり読書の感想も得意ではありません。良いなと思っても、それをどのように伝えたらよいのか、それが難しいですね〜。

今日は暑さはマシみたいですね。散髪屋さんに行く前に、先に楽器屋さんに行き、部品を一本、ちょっとした道具を一つ、楽器を持って帰ってきて、それから、散髪屋さんに車で行きました。ですが、回りの駐車場は一杯です;; やはり、道交法の改正以降、駐車場はどこも一杯ですね、ちょっと面倒です。やっとこさ、空きを見つけ、駐車してから、散髪屋さんに〜。
2時間くらいかかって、帰ってきてから、いつもの喫茶店にランチを食べに出かけました。

朝は、2度目ですが、養老孟司氏の対談本を読んでいます。

脳と魂

坊さんとの対談です。読みやすいですね。
養老氏の本は、『逆さメガネ』という本を読んで以来、ファンになっています。色々と新たな視点を教えていただいたような気がします。初めは何を書いているのか、さっぱり分からなかったでつが、慣れてくると、同じことを違う表現で何度も何度も説いておられるような気もします。

3
ブログネタ
最近読んだ本 に参加中!
読書ブログのタグもつけました。たまに、読書日記も書いています。
あまり読書の感想も得意ではありません。良いなと思っても、それをどのように伝えたらよいのか、それが難しいですね〜。

今日は暑さはマシみたいですね。散髪屋さんに行く前に、先に楽器屋さんに行き、部品を一本、ちょっとした道具を一つ、楽器を持って帰ってきて、それから、散髪屋さんに車で行きました。ですが、回りの駐車場は一杯です;; やはり、道交法の改正以降、駐車場はどこも一杯ですね、ちょっと面倒です。やっとこさ、空きを見つけ、駐車してから、散髪屋さんに〜。
2時間くらいかかって、帰ってきてから、いつもの喫茶店にランチを食べに出かけました。

朝は、2度目ですが、養老孟司氏の対談本を読んでいます。

脳と魂

坊さんとの対談です。読みやすいですね。
養老氏の本は、『逆さメガネ』という本を読んで以来、ファンになっています。色々と新たな視点を教えていただいたような気がします。初めは何を書いているのか、さっぱり分からなかったでつが、慣れてくると、同じことを違う表現で何度も何度も説いておられるような気もします。

4
ブログネタ
最近読んだ本 に参加中!
最期の喝采

ゴダードの新刊をようやっと、今朝読み終わりました。
ゴダードは、出ている本はすべて読んでいます。ストーリーテラーとしては、現代の作家の中でも五指に入る作家ではないでしょうか?
私は、時を行き来するタイプのゴダードの小説が好きですが、この作品はそういうタイプのものではなく、ある俳優が一週間に遭遇する悲劇を描いているものです。これまでのゴダードの作風からは少し変わったところがあるのではないでしょうか?

少しずつ読みながら、初めのうちは、この世界にのめり込むことができず、なかなか読み進めることができませんでした。ですが、流石はゴダードですね 半分をすぎた頃から急に面白くなります。急展開をしていくこともありますが〜。

とんでもない陰惨な事故で最後は終わりますが、最後の一ページにホッとするページが隠れています、このページは蛇足かもしれませんが、最後にちょっとした救いのような1ページが隠れています。う〜〜ん、こういうのもありかな、と思いました。陰惨な事故の後での、和解のようなものでしょうか。

今年の夏は、浅田次郎『蒼穹の昴』(2回読了)、ゴダード『最後の喝采』、これだけでしょうか?

4
ブログネタ
最近読んだ本 に参加中!
最期の喝采

ゴダードの新刊をようやっと、今朝読み終わりました。
ゴダードは、出ている本はすべて読んでいます。ストーリーテラーとしては、現代の作家の中でも五指に入る作家ではないでしょうか?
私は、時を行き来するタイプのゴダードの小説が好きですが、この作品はそういうタイプのものではなく、ある俳優が一週間に遭遇する悲劇を描いているものです。これまでのゴダードの作風からは少し変わったところがあるのではないでしょうか?

少しずつ読みながら、初めのうちは、この世界にのめり込むことができず、なかなか読み進めることができませんでした。ですが、流石はゴダードですね 半分をすぎた頃から急に面白くなります。急展開をしていくこともありますが〜。

とんでもない陰惨な事故で最後は終わりますが、最後の一ページにホッとするページが隠れています、このページは蛇足かもしれませんが、最後にちょっとした救いのような1ページが隠れています。う〜〜ん、こういうのもありかな、と思いました。陰惨な事故の後での、和解のようなものでしょうか。

今年の夏は、浅田次郎『蒼穹の昴』(2回読了)、ゴダード『最後の喝采』、これだけでしょうか?

このページのトップヘ