葉っぱに埃がついたので水をかけて払ってやったでちブログ

〜 歌舞伎と音楽 〜

カテゴリ: ヴァーグナー(2)

3

Guten Morgen!! 

今朝も起き上がっています
今朝も早起きですよ

被災地の皆さま お身体をご自愛ください
できるだけ早い復興をお祈りしております
それに、犠牲になられた方々のご冥福をお祈りいたします
祈るほかにできることは殆どありません

一ヶ月を過ぎました、ようやく「不都合な真実」が出てくるようになっていますが〜;;
希望はどんなときでも持てると信じています〜

今日もなんくるないさ〜

♪♪♪♪♪
今朝は久しぶりにヴァーグナーです

Parsifal
Parsifal
クチコミを見る


リヒァルト・ヴァーグナー:「パルジファル」
サー・レジナルド・グッドオール 指揮 ウェールズ・ナショナル・オペラ管弦楽団&合唱団 の演奏です

ウォーレン・エルスワース(パルジファル)
ヴァルトラウト・マイアー(クンドリー)
ドナルド・マッキンタイア(グルネマンツ)
フィリップ・イョル(アンフォルタス)
ニコラス・フォルウェル(クリングゾール)

(録音 1984年だそうです)

グッドールのヴァーグナーは「トリスタン」を聴いていたと思います、それも良い演奏だったと思うんですよ。

HMV のレビューには次のように〜

 演奏時間トータル286分という、史上2番目に遅いテンポが採択された『パルジファル』ですが(1番はトスカニーニの288分)、自然な呼吸のおかげで全くだれることがありません。
 何よりもこのテンポならではの第3幕の美しさは比類が無く、崇高としか言いようの無いその音楽はまさにグッドオールならでは。ドイツ語歌唱。


CDで4枚です、「パルジファル」たいていそうですね〜
今朝は1枚目の第1幕の途中まで聴いています
「遅い」と書かれていますが、それほど遅くは感じませんよ
音楽はテンポの速度だけでなく、その流れによっても遅く感じたり、速く感じたりすることもあるかと思います

前奏曲から悠揚迫らぬ音楽が続きます、焦ることなく、ゆったりと「聖金曜日の音楽」が流れます
この指揮者はショルティを怖れさせた指揮者とのことですが、実際はどうなのかは分かりません。

このウェールズのオペラ、相当にオケストラは上手いですね〜。
スター歌手としてはマッキンタイアさんだけかもしれませんね〜ですが、歌手のレヴェルも非常に高いですよ
マイアーさんもクンドリーの役だと深い声が生きているようにも思いますね〜。

この1幕はグルネマンツの長いモノローグに耐えられるかどうかが好き嫌いの基準になるかもしれませんね〜。
私は意外にも好きですね〜。2幕はもっと好きですが〜。

この演奏は続けて聴いていきますよ


♪♪♪♪♪
昨日の朝もファミレスですよ
iPhone のメール設定をしていたら分からなくなり、出かけるのが遅くなりました

9時前に出かけて、ファミレスで少し仕事して
分からないので、10時過ぎに電器屋さんに行って聞きました
帰りにコンビニで貴重品げっと〜

帰ってきてから、プリントアウトなどをしてから、設定をしましたが分からず、アップルのサポートに電話です
非常に分かりやすくて、色々と教わったですよ

それから昼食です
1時半頃から1時間ほど昼寝をして、2時半頃起き上がって
昨日は車を保険屋さんに持っていく予定だったので、車の中に積んであるものを整理したりしてから、3時過ぎに出かけました
4時過ぎに高速を降りてから、保険屋さんの事務所へ〜
車の買い換えの時期なんですが、震災の関係で予定していた車が入手できず、しばらく代車になりました、次の車は少し高くなりそうですよ、保険屋さんと少し話をして、5時前に仕事先に移動です

仕事先はショウもない話をする方々がおられて、爆〜
駐車場で読書などです
9時半頃仕事は終わりましたが、少しサーヴィス残業をして、10時頃仕事先を出て帰ってくると、11時ですよ
火曜は遅くなりそうですね
それからの夕食です、12時を過ぎてから寝ましたよ


小夜しぐれ (みをつくし料理帖)
小夜しぐれ (みをつくし料理帖)
クチコミを見る


やっぱりほっこりする小説を挙げておきますね〜


次回の沖縄旅行まで、後3ヶ月を切ったですよ〜〜!! 
例年通り、7月8日に出発です!


仕事の予定が来る前に予約をしていましたが、仕事とはかぶらなかったようです


先月26日に行われた「沖縄県車椅子サッカー大会」
応援していた adult チーム 見事に3位入賞ですよ
おめでとうございます〜 adult チーム

なんと about は優勝ですよ〜 (。???。)
おめでとう、about 〜〜 これからもガンバです〜

リンク先の「ゆきちさんのブログ」をご覧くださいね〜
(残念ながら、ゆきちさんはブログを閉じてしまわれました、お疲れさまでした〜)

応援している about チームの公式ブログが始まっていますよ

http://teamaboutid.ti-da.net/

そうそう、沖縄のお友だち「ゆかいな、ゆきちさんファミリー」が「FMよみたん」の Ustream に登場しておられますよ、出演ではないようです、爆〜バックナンバーの「チャリパラ」を是非ご覧くださいね〜 10分ほど経過した頃です(激爆〜)



今日は定休です
超久し振りに楽器屋から部品のお知らせが届いたですよ、入荷がなかったんでしょうか〜?? 分かりませんが〜 ありがたく、今朝は10時頃にお店にお伺いしようと思っていますよ。
ファミレスから帰ってきたら、少し練習をしようと思っていますよ

今日もなんくるないさ〜

皆さんのブログにコメントができていません
少しずつ再開していきますね〜 申し訳ありません

今朝も少しだけ動きました、少しずつですが〜
今日もゆっくり過ごしますね
焦らず、ゆっくりですよね
気張らずに一日を〜
まぁ〜 なんくるないさ〜の精神で〜

どんな一日でしょうか?

今朝も、何とかブログを更新できました。

なんくるないさ〜♪
今日はどんな一日になりますか〜
I do wish to live today with eternity in a moment.
(ezorisuさんのご指摘で少し表現を変えました)

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。
さらなる応援を宜しくお願いしますぅ〜  
m(_ _)m

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
←  応援してくださいね。ミ(`w´彡) 
ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

人気ブログランキングへ
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします
m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜






帝国の残影 ―兵士・小津安二郎の昭和史
帝国の残影 ―兵士・小津安二郎の昭和史
クチコミを見る


書き言葉の難解さはありますが、久し振りに脳が興奮する本ですね〜。昨日、もう半分以上読んでしまいましたよ
小津の映画は大好きなんですが、意外にも評判の良くない作品が好きですよ、「お早う」とか「浮草」(これは鴈治郎はん、京マチ子さん、若尾文子さん、杉村春子さんが出ているから〜)、あまり原節子嬢は〜爆〜。「小早川家の秋」の浪花千栄子さんも凄い〜



クリスマスに少女は還る (創元推理文庫)
クリスマスに少女は還る (創元推理文庫)
クチコミを見る


年末に読んだ新作が面白かったので、一昨年出たものを買ってみて、読んでいます、込み入っていますよ、込み入っていますが、最後のところで少し感動するところもありますよ

こんな沖縄に誰がした 普天間移設問題――最善・最短の解決策
こんな沖縄に誰がした 普天間移設問題――最善・最短の解決策
クチコミを見る


大田さんの新刊です、学ぶところの多い本ですよ

徹底討論 沖縄の未来 (沖縄大学地域研究所叢書)
徹底討論 沖縄の未来 (沖縄大学地域研究所叢書)
クチコミを見る


この本も学ぶところが多いですね〜


失われた近代を求めてI 言文一致体の誕生 (失われた近代を求めて 1)
失われた近代を求めてI 言文一致体の誕生 (失われた近代を求めて 1)
クチコミを見る


久しぶりに面白い本ですよ〜


魂鎮への道―BC級戦犯が問い続ける戦争 (岩波現代文庫)
魂鎮への道―BC級戦犯が問い続ける戦争 (岩波現代文庫)
クチコミを見る


この飯田さんは、NHKの特番で知ったのですが、穏やかな語り口ですが、非常に重いことを語っておられます。


地獄の日本兵―ニューギニア戦線の真相 (新潮新書)
地獄の日本兵―ニューギニア戦線の真相 (新潮新書)
クチコミを見る


「英霊」という言葉を軽々しく使って欲しくないと思いますね〜、まずはこういう本を読んでから言って欲しいですね


飆風 (文春文庫)
飆風 (文春文庫)
クチコミを見る


「私の小説論」これまた凄い内容です。命懸けで小説を書いておられる方ですね〜。

歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)
クチコミを見る


大不況には本を読む (中公新書ラクレ)
大不況には本を読む (中公新書ラクレ)
クチコミを見る


面白い本なのですが、なかなか進みません〜


DVD付き限定版 のだめカンタービレ 第23巻 (講談社コミックスキス)
DVD付き限定版 のだめカンタービレ 第23巻 (講談社コミックスキス)
クチコミを見る


この23巻で、めでたく『のだめカンタービレ』は終わりになるそうです。
24巻、25巻も出ていますね〜

のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪
フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜

『のだめカンタービレ』映画版のサイトですぅ〜

絶賛上演中ですよ〜 まだ観ていないですが…
前売り券を買うと特典も付いているそうですよ。(^o^)
(Gummoさんのご指摘を受け、文章を変えました〜 m(_ _)m  〜)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。

愛之助ちゃんのコーヒーカップ2




今年は1月は浅草、2月は松竹座ですが〜
3月は国立ですが、今年はまだ芝居見物に行けておりません


歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546) (PHP新書)
クチコミを見る


かなり面白いですよ。再読しています。
本当に、学ぶことが多くある本ですよ〜。
色々とマスコミでは知り得ない情報も教えてもらえますよ〜。



Apple MacBook Air 2.13GHz 13.3インチ MC234J/A
Apple MacBook Air 2.13GHz 13.3インチ MC234J/A
クチコミを見る




(*´ω`*)

昭和二十年夏、僕は兵士だった
昭和二十年夏、僕は兵士だった
クチコミを見る


この本を再読したくて探していました、爆〜

戦争の世紀を超えて
戦争の世紀を超えて
クチコミを見る


非常に重い内容の本です、ですが考えなければならない問題だと思います。文庫版が出ているんですね、私はアマゾンに出品されていた単行本を買いました。


<原子力関係の情報源>
毎回紹介していますが、先週から連日に渡り、ネットで記者会見をして、様々な情報を提供してくれているところが「原子力資料研究室」です。反原発団体のサイトのようですが、原発賛成派は反論をまったくしておりませんので、今のところ分かりません。(ググっていただけるとすぐに出てくると思います)。

http://www.ustream.tv/channel/iwakamiyasumi5

ここでは、原子力プラントの元日立、東芝の技術者が原発の設計の説明、今の状況などを非常に分かりやすく説明してくださっています。設計した立場からの問題点を挙げてくださっています。
上のサイトは、昨日の記者会見の模様です。

昨日も掲載しましたが、もう一度〜
福島第一原発の現状を、ジャーナリストの広瀬隆氏が解説されているものです。

ニュースの深層「福島原発事故」
1/3 http://bit.ly/edfGyg
2/3 http://bit.ly/hGY8WD
3/3 http://bit.ly/fsmHg0

それに加えて、「ホンマでっかテレビ」でも有名な、武田邦彦さんもブログで発信をされています
http://takedanet.com/

結局は自分で判断するしかないですね〜 その判断が正しいかどうかは問題ではないのではないかなと思ったりもします。
判断をする際の「情報公開」こそが大事なのではないでしょうか??

<追記>(4月9日)
それにしても、某電力会社の会見は本当に酷いですね
「いずれ」「検討」ということの2つの言葉が本当にお好きなようです、ですが執行役員が殆ど会見に出ておいでないのは何か理由でもあるのでしょうか?? 私が記者なら、ボイコットします、「役員を出すまで質問しない!」と言ってしまいたいですが、誰も仰いません、フリーのジャーナリストの方々もです、Twitter などで呼びかけていますが、まったく返事もありませんが〜爆〜

<追記>
執行役員の方々はもっと強かでした;;



2

Guten Morgen!!

今朝は、3時半起きです。
昨日は仕事から帰ってきたのが8時過ぎです。
帰りは、ラジオで阪神戦を聴きながら帰ってきました。
世界の盗塁王、福本豊さんの解説、感想がめちゃ、面白いからです、爆~。

帰ってきてから、野菜中心の夕食
食べてから、推理小説を読んでいて、眠くなり早めに寝ました。

♪♪♪♪♪
今朝は、ホルスト・シュタインさんのヴァーグナーです。
今朝、起きてから、ブログ仲間の方の記事を見て驚きました。シュタインさんが亡くなったとのこと;; 何年か前に倒れられてからは、引退状態だったんですが、亡くなられると、やはり寂しいですね。

R・シュトラウス:ツァラトゥストラはかく語りき


リヒァルト・ヴァーグナー 『タンホイザー』序曲とヴェーヌスベルクの音楽
ホルスト・シュタインさん 指揮 バンベルガー・シンフォニカーの演奏です。
(1986年の録音のようです)

私が子供の頃のバイロイトは、ホルスト・シュタインさんの牙城のようになっていました。いつも、『指輪』を振っておられたように思います。それに、NHK響と協演した演奏など、思い出に残っている指揮者です。

シュタインさんを偲んで、ヴァーグナーをと思いましたが、シュタインさんが指揮したヴァーグナーの全曲盤は、私は一つも持っていないことに気づきました。私が持っている、シュタインさんの指揮したオペラは、『カプリッチョ』とヴェルディの『ドン・カルロ』だけかもしれません。

シュタインさんの演奏が素晴らしいと思うようになったのは、ヴァーグナーではなく、グルダと協演したベトベンのピアノ・コンチェルトの伴奏でした。ヴィーナー・フィルハーモニカーの音が素晴らしく良かったんですよ。
それから、シュタインさんのCDを集め出しました。色々と出ていたようですが、廃盤になっているものも多く、今では入手出来ないものも多いですが、いずれの録音も素晴らしいものが多いです。

シュベルトの交響曲全集、R・シュトラウスの交響詩、それに、ブルックナーの2番、6番の演奏など、いずれも素晴らしいものが多いです。

ヴァーグナーものでは、ヴィーナー・フィルハーモニカーとの序曲集もありますが、HMVでは扱っていないようです。こういうのはアマゾンの方が手に入りやすいですね。ブラームスの交響曲全集もあるそうですが、これは入手できていません。

この「タンホイザー」序曲とヴェーヌスベルクの音楽 は、マエストロ・トスカニーニが良く演奏していた形態ですよね。バッカナールになるところが面白いところです。
普段「タンホイザー」は、滅多に聴きませんし、ヴァーグナーの序曲集というのも殆ど聴かないわけですが、ごくたまに、マエストロ・トスカニーニ盤は聴くこともあります。
この演奏では、合唱も少しはいっています。

それにしても、ホルスト・シュタインさんが亡くなったことは本当に寂しいことです;;
私の青春(もちろんあったんですよ、爆~)の思い出が一つ、また一つとなくなっていきます。これは寂しいことですが、致し方のないことですよね。

このヴァーグナーも、奇を衒ったところは皆無で、正統派の音楽です。
シュタインさんは、声楽家になろうかと思ったこともあるとかで、声も良かったですよ。
前に、NHK響のリハーサルをやっておられる映像を見たことがあるのですが、実に音程の良い声で、こう歌ってくれ、と指示を出しておられた姿を思い出しています。

ご冥福をお祈り致します。

♪♪♪♪♪
昨日も、同じような日程の一日でした。
午前中は仕事の準備もそれほどいらないので、仕事関係の本を読んだりしています。
割と気楽に仕事をしているかもしれません。

無理することもなく、自然体でやっていきたいです。
あるブログ仲間の方の記事で、何が起こっても「そうきたか」とかわしていく、ということが書かれていました。そんな風になれると、良いのですが~。

『女の道は一本道にございます。さだめに背き、引き返すは恥にございます』
「篤姫」で、乳母の「菊本」(佐々木すみ江さん)の台詞、本当に良い台詞ですね〜、それに、名演技ですぅ〜(この台詞を越える台詞は、まだ出てきていませんね〜 )

『なれど、伝えるなと言うたは父の気持ち、それを伝えたのもまた父の気持ちじゃ』
(斉彬公の台詞ですね)

今日は午後だけの仕事です。
早めに帰ってこられると思うのですが、どうでしょうか?

いつもの「日常」に戻っています。沖縄旅行まで一年を切っています、爆〜。

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。(^o^)

今日も、応援ポチッをお願いします。
皆さんのおかげで何とか一桁にとどまっています。 (^o^)

皆さんのさらなる応援をお願いします〜〜  m(_ _)m

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね (*^_^*) ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

のだめカンタービレ #20 (20) (講談社コミックスキス)


コミックの『のだめカンタービレ』第20巻が、発売されましたよ (^o^)
読み終わりましたが、もう一つかなって印象なんですよ〜


フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

1月4日、5日の『のだめ』パリ編が特別放送、終わりましたね
DVD、もう届いています (^o^)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。
今年も無事に、浪速花形歌舞伎が終わったですね〜。

★ 愛之助ちゃん情報ですよ〜 ★
8月、出石・永楽館の柿落とし公演、大阪から観劇ツアーに参加します〜
後援会にデビューします、爆〜。
夜の部と昼の部を二回観ようと思っています〜。
旅行会社から電話があり、劇場に近いホテルに泊まれるそうです。
お食事会もそのホテルであるそうです。
昨日、チケットと旅行の日程表が届きましたよ。 (^o^)

部屋にはLan接続がないようなので、ブログの更新はどうしようかな、と思っているところです。Macには、ドコモのカードが使えないんですよ。で、winのPCを持っていこうか、どうしようかと思っているところです。


歴史をいかに学ぶか―ブルクハルトを現代に読む (PHP新書)


Don't Look Now and Other Stories (Penguin Modern Classics)


これは大学時代に読んだ本ですが、また読み返しています
難しいです;; (^_^;)
沖縄でもあまり進みませんでした。今年に夏中に読み終わりたいですが〜。







3

Guten Morgen!!

今朝は、4時前起きです。
寝たのは10時前だと思います。
段々と日常に戻していかないといけないですよね
今日から仕事です。

♪♪♪♪♪
今朝はヴァーグナーです。

最近、エルネスト・アンセルメのCDがまとめて再販されました。
アンセルメは好きな指揮者の一人で、没後何年とかいう記念の年に、日本盤で、ベトベン、ブラームスのシンフォニー全集、それにハイドン、フランス音楽録音集成などを持っていました。

ですが、ヴァーグナーの録音があるとは全く知りませんでした。


アンセルメ・ヴァーグナー




(HMVでは900円くらいです)


ワーグナー / 歌劇 「ローエングリン」第1幕への前奏曲

ワーグナー:
・『ローエングリン』第1幕への前奏曲
・『神々の黄昏』〜ジークフリートの葬送行進曲
・『ニュルンベルクのマイスタージンガー』第1幕への前奏曲
・『パルジファル』第1幕への前奏曲
・『パルジファル』〜聖金曜日の音楽

 スイス・ロマンド管弦楽団
 エルネスト・アンセルメ(指揮)

 録音:1963年11月、ジュネーヴ、ヴィクトリア・ホール(ステレオ)


アンセルメが指揮しているスイス・ロマンドの管楽器は、フランス系の楽器を使っていました。今はもうドイツ式に変わっているそうですが〜。

このブログを読んでいただいている方々はもうご存じだと思いますが、私はフランスの管楽器、ついでアメリカの管楽器の演奏が好きです。上手いこと、それに、ソリスティックであることが、好きな理由でしょうか〜。フランスやアメリカでもインターナショナル化がどんどんと進み、音楽ではドイツ化が進んでいます。(^_^;)
フランスが往年の音を失ってしまっていることが原因かもしれません。
アメリカ、フランスの管楽器奏者が、ドイツの名だたるオケストラの首席になる時代です。
まぁそれだけ上手いと言うことですが〜。

私が曲の勉強をするときに聴く演奏は、フィラデルフィアとこのスイス・ロマンドの演奏です。私の楽器ではフランス系の名手が演奏されているからです(名前も知っていますが、伏せておきますね、爆〜)。

戦後、フランス系の指揮者がバイロイトに招聘されましたよね。
戦前はマエストロ・トスカニーニだけです。戦後は、クリュイタンスなどフランス系と呼んでも良いような方がバイロイトに出演する時代になりました。
私はベームもどちらかというと、ドイツの大指揮者の系譜には入らないように思っています。ブーレーズはもちろんですが〜。ヴィーラント・ヴァーグナーがドイツの大指揮者を嫌っていたということもありますが〜。

アンセルメの演奏、地中海的な響き、それに、整理された演奏、スコアが見えてくるようです。アンセルメは数学の学者でもあったんですよね〜。

私は、この曲集の中では、「パルジファル」が一番好きですね〜。
アンセルメのCDもう5,6枚届きました。(^o^)

そうそう、ラサール弦楽四重奏団が演奏している、新ヴィーン楽派の曲集
ようやく入手しました。
アマゾンの中古ですが、廃盤になっていますよ;;

♪♪♪♪♪
辞めたと思っている団体の人からメールを2通もらいました。
覚えていてくださること、これはうれしいことですが、
「無法者、自分勝手な人を許している他の人が嫌いだ」と書いたのですが、それは理解してもらえないようです。理解してもらおうとは想っていませんが、爆〜

私は我慢するのを止めると言っているだけなんですが、これすら理解されないですね
残念です (^_^;)

今日から4日間、二カ所で仕事があります。間に移動します。
家に近い方に移動なので、まだマシだと思っています。
出かけるのは7時過ぎにしようかと思っています。
喫茶店に行ってから、今日は出かけようと思っています。

ゆったりとした島時間を過ごしました (^o^)
今日から「日常」に戻ります。

今朝も、何とかブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思っています。(^o^)

今日も、応援ポチッをお願いします。
皆さんのおけがで一桁にようやく戻りました。 (^o^)

皆さんのさらなる応援をお願いします〜〜  m(_ _)m

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね (*^_^*) ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

のだめカンタービレ #20 (20) (講談社コミックスキス)


コミックの『のだめカンタービレ』第20巻が、発売されましたよ (^o^)
読み終わりましたが、もう一つかなって印象なんですよ〜

アニメ『のだめカンタービレ』の公式サイトですぅ〜
DVDが届いています (^_^)v 4巻は、再購入をしました、爆〜。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

1月4日、5日の『のだめ』パリ編が特別放送、終わりましたね
DVD、もう届いています (^o^)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。
今年も無事に、浪速花形歌舞伎が終わったですね〜。

★ 愛之助ちゃん情報ですよ〜 ★
8月、出石・永楽館の柿落とし公演、大阪から観劇ツアーがあるみたいです〜
秀太郎さん、壱太郎くんも出るそうです。
行こうかと思っています〜 (^o^) ちょうど仕事がお休みであったんで〜。

皆さんで応援に行きましょう (^o^)
夜の部と昼の部を二回観ようと思っています〜。

次の楽しみは、出石行きですね〜 (^o^)
8月4,5日と行きますよ〜。


Don't Look Now and Other Stories (Penguin Modern Classics)


これは大学時代に読んだ本ですが、また読み返しています
難しいです;; (^_^;)
ビーチでは余り進みませんでした、爆〜 (^_^;)
今日からまた読み出しますね〜 




3
ブログネタ
クラシック に参加中!



Guten Morgen!!

お早うございます。
今朝は5時半起きです、昨日はうたた寝をしてしまって
気づくと3時、もう一度寝ました、爆〜。

♪♪♪♪♪
今朝は、『ヴァルキューレ』第3幕です。
何とか、ここまでは聴いておきたいと思いました。誰の演奏を聴こうか、悩みましたが、クレメンス・クラウス盤(バイロイト・ライヴ盤)を聴くことにしました(モノラル録音です)。

Wagner: Der Ring des Nibelungen

(HMVだと、半額くらいで買えます)

R・ヴァーグナー 『ヴァルキューレ』第3幕
クレメンス・クラウス指揮 バイロイト祝祭管弦楽団、合唱団
(1953年のバイロイト祝祭劇場でのライヴ録音)

ヴォータン: ハンス・ホッター
ブリュンヒルデ: アストリッド・ヴァルナイ
ジークムント: ラモン・ヴィナイ
ジークリンデ: レジーナ・レズニック
フリッカ: イーラ・マラニウク
ヴァルトラウテ: イーゼ・ゾレル
フンディング:ヨーゼフ・グラインドル
(その他)

『ニーベルンクの指輪』全曲は、ベーム盤、ショルティ盤、このクラウス盤の3種類しか持っていません。『ヴァルキューレ』だけであれば、色々と思っているのですが〜。
カイルベルト盤を買いたいとは思っていたのですが、まだまだ高くて手を出していません。クナ盤の全曲もまだです。

持っているものの中では、ベーム盤を一番聴くかもしれません。『ヴァルキューレ』では、ロッテ・レーマンさん、キルステン・フラグスタートさん、それにラウリッツ・メルヒオールさんが歌っているもの、アストリッド・ヴァルナイさんがジークリンデでメトにデビューしたときの演奏、クナの1幕だけのもの、ヴァルターの1幕だけのもの、など色々と聴いてきています。

『ヴァルキューレ』の中では、第1幕、それに3幕の終幕部分(3場)を一番良く聴いています。

私は、ヴォータンでは、ジョージ・ロンドンさん、テオ・アダムさん、フリートリッヒ・ショルさん(メトでのライヴ録音)、この3人が好きですね。ハンス・ホッターさんは、ショルティ盤ではもう往年の声をなくしておられて、声が暗すぎますよね。ですが、このクラウス盤では、まだまだ元気な頃でしょうし、ホッターさんのヴォータンでは、一番良いのではないでしょうか。

ブリュンヒルデは、ニルソンさん、フラグスタートさん、それに、このヴァルナイさん、この辺りが一番かもしれませんね。メトの頃のヴァルナイさん、1941年にロッテ・レーマンさんの代役でジークリンデを歌ってデビュー、そのすぐ後には、ブリュンヒルデも歌っておられるんですよね。

クレメンス・クラウスは、1893年の生まれで、この録音の次の年、1954年に亡くなっていますね。この録音の頃は、まだ60歳くらいでしょうか、かなり若くして亡くなっているんですね。

クレメンス・クラウスの指揮した演奏は、これとシュトラウスの『カプリッチョ』くらいしか持っていないのですが、このヴァーグナーは、クナとはまた違った堂々たるヴァーグナーです。あと10年でも長生きすれば、ステレオ録音も残されていたかもしれませんね。少し残念ですね。クラウスが亡くなったので、ヴィーラント・ヴァーグナーと意見の合わなかったクナッパーツブッシュがバイロイトの指揮台に戻り、カイルベルトが指揮をすることになったのでしょうか。

3幕では、あの有名な『ヴァルキューレの飛行』3幕の前奏曲の後は、聴き所は、ブリュンヒルデとヴォータンの二重唱ではないでしょうか。

ホッターさんは、この録音が一番ドイツ語も聞き取りやすいですし、声も堂々たるものですね。「ヴォータンの告別」前奏部分は、クラウスの指揮も、力が入っていますね、その後で歌い出すホッターさんの歌声、立派なものですね、フォルテからピアノまで、細かなニュアンスをつけて歌っておられるのが分かります。

それに、ヴァルナイさんのブリュンヒルデ、高音から低音まで豊かな声、ニルソンさんの硬質な声とはちょっと違う声ですね。でも、良い声ですね、ひょっとすると、伝説的な名歌手、フラグスタートさんよりも良いのではないかなって、2回目を聴いていて思っています。確か、カイルベルト盤ではステレオで、ヴァルナイさんのブリュンヒルデが聴けるんですよね。欲しいな、爆〜。

この3場、良いですね、2人しか出てきませんが〜。
『ヴァルキューレ』だけよく演奏されるのはよく分かりますね、やはり一番聴き所が多いですね。

年末は、昔は、バイロイト音楽祭のFMでの放送、良く聴いていました。
私の住んでいるところでは、FMが受信できないんです。それで、最近の演奏は聴いていません。確か、シュタインさん、ブーレーズの頃のバイロイトは、FMで聴いていたと思うのですが〜。

それと、『ヴァルキューレ』のヴォータンの告別(ロンドンさんのもの)、『神々の黄昏』の終幕のところ(ショルティ盤、ベーム盤)だけを聴くということに長くしていたことがあります。年末の儀式みたいなものですね、ロンドンさんの歌う「ヴォータンの告別」(クナ・ヴィーンの演奏)だけは、いつも実家に帰る車の中でたいてい聴いています。あの演奏から、ヴァーグナーに入った思い出の演奏なんですよ。

このクラウス盤に戻ります。
これ、かなり良い演奏なのではないでしょうか?
モノラルであること、あまり気になりませんね。モノラルの終わりの時期ですし、録音の技術も上がっていたのではないかなって。
それよりも、ホッターさん、ヴァルナイさんの二重唱、それをサポートするクラウスの指揮も見事ですよ。(^o^) クラウスの指揮、大きな音楽を作っています。

♪♪♪♪♪
昨日は、午前中は銀行、郵便局回り
午後は、映画
夜も、ドラマ、映画『スーパーの女』割と面白かったですよ。

郵便局で振り込みをしたいと思ったんですが、年末の営業日が分からないんで、HPを見ました、見ても分からない、で、電話しました、その担当者も知らない、爆
民営化して、さすがにサーヴィスが良くなりましたね、爆〜。

忘れていました、昨日、少しだけ練習をしました。基礎練習だけ30分、6時以降でしたから、あまり長くすると迷惑だと思って、休憩するまでの30分にしました。

今日、実家に戻ろうと思っています。午後にCDが届きます、それから実家に戻ろうと思っています。
12月にもう一度仕事を休むことになってからは、仕事関係のことはやらずに来ています。
まぁ、良いかなって思っています。来年になってから考えます、爆〜。


今日もブログを更新できました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに、一日を過ごせればと思っています。(^o^)
明日からは、実家からのモバイルで、ブログの更新になるかと思います。

今日も、応援ポチッをお願いします。m(_ _)m
今朝は、5位も留まっていますぅ〜 
さらなる応援をお願いしますぅ〜〜 <(_ _)>
全体では、今朝は2700番代です。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね (*^_^*) ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

のだめカンタービレ #19 (19) (講談社コミックスキス)

コミックの『のだめカンタービレ』第19巻が出ていますよ。
コンビニには2冊入っていたんですが、まだ一冊売れ残っています。(^_^;)
その一冊が可哀想で〜 その一冊、昨日はなかったです;売れたのではなくて、返品になったのではないでしょうか〜。

アニメ『のだめカンタービレ』の公式サイトですぅ〜
DVDが届いています (^_^)v 4巻は、再購入をしました、爆〜。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪
アマゾンからDVD、「おなら体操」のCDも届きましたぁ〜〜
初版特別版ですよ〜、まだ開けていません、爆〜。

来年のお正月、4日と5日に『のだめ』パリ編が特別放送ですよ!!

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。

1月は、浅草公会堂で、2月は博多座の公演が決まっているようです。演目ももう決まっていますよ。もう、どちらの公演もポスター、演目、配役も決まっていますね〜。

後援会から手紙が届きました、早速、後援会費を振り込みましたよ (^o^)
1月は、初芝居は2日に松竹座に行きます。
浅草にも行きたいなって思っているんですが、どうなるでしょうか〜。


祝宴 (ハヤカワ・ノヴェルズ 競馬シリーズ)


ディック・フランシス、もう80歳を超えていると思います
息子さんとの共著になっています。
全作よりも面白かったような
タフなオーナーシェフ、その恋人、ヴィオラ奏者
来年も是非とも出して欲しいですね〜

ミ(`w´)彡 

3
ブログネタ
クラシック に参加中!



Guten Morgen!!

お早うございます。
今朝は6時前起きです。
今朝もスッと起き上がっています。

♪♪♪♪♪
今日も2つ日遅れですが、『勝手にオペラの日』に参加です。
それもヒツコク、R・ヴァーグナーです。

年末までに、『ニーベルンクの指輪』(『リンク』)を聴き通したいと思っています。暇なんだから、爆〜。

『ラインの黄金』『ヴァルキューレ』(1幕)と聴いてきましたから、今朝は『ヴァルキューレ』第2幕にします。

R・ヴァーグナー 『ニーベルンクの指輪』第1夜 『ヴァルキューレ』第2幕
1967年 カール・ベームの指揮で行われたバイロイト音楽祭のライヴ録音からです。

ジークムント  ジェームズ・キング(T)
ジークリンデ  レオニー・リザネク(S)
フンディング  ゲルト・ニーンシュテット(B)
ブリュンヒルデ ビルギット・ニルソン(S)
ヴォータン   テオ・アダム(Br)
フリッカ    アンネリース・ブルマイスター(M)
ゲルヒルデ   ダニカ・マステロヴィッツ(S)
オルトリンデ  ヘルガ・デルネシュ(S)
ヴァルトラウテ ゲルトラウト・ホップ(A)
シュヴェルトライテ ジークリンデ・ワーグナー(A)
ヘルムヴィーゲ   リアーネ・ジーネック(S)
ジークルーネ    アンネリース・ブルマイスター(M)
グリムゲルデ    エリーザベト・シェルテル(M)
ロスヴァイセ    ソナ・ツェルヴェナ(A)

録音:1967年 バイロイト音楽祭におけるライヴ

ベームのリンク










ワーグナー:ニーベルングの指環 ハイライツ


(こちらは、便利なハイライト盤です)

ベーム盤の『ヴァルキューレ』は、以下のものです。写真がないのが残念ですが〜。

ワーグナー:ワルキューレ 全曲


第2幕の粗筋です。

荒涼たる岩山。ワルキューレの長姉ブリュンヒルデとヴォータンがいる。そこへ結婚を守護する女神でヴォータンの妻フリッカが現れる。フリッカは、妻を奪われたフンディングの復讐と婚姻の神聖を守るためとして、ヴォータンにジークムントの死を求め、ヴォータンはやむなく承諾する。ブリュンヒルデはヴォータンからジークムントがフンディングによって殺害されること、そしてそれを見殺しにすべきことを告げられる。ブリュンヒルデは兄妹を守ろうとするが、ジークムントはフンディングの槍に貫かれてしまう。
(Wikipediaより)

『ヴァルキューレ』では、1幕、3幕を聴くことが多く、2幕はそれほど聴きません。
ですが、2幕の前奏曲も、3幕に劣らず良いものですね。

私は、フリッカとヴォータンの二重唱のところが意外に好きです。ヴァーグナーは、フリッカの歌にはロマンティックな歌を書いていますよね。
ヴォータンは、『ラインの黄金』で出てきてから、『ヴァルキューレ』ではこの2幕から出てきますね。テオ・アダムさんのヴォータン、それに、ブルマイスターさんのフリッカ、息詰まるような二重唱を聴くことができます。

ベームの指揮は、これまでのドイツ系の大物指揮者とは一線を画するような演奏をしていますね。クリアで、どちらかというとサクサクと進んでいくような感じです。
このベーム盤は、CD時代になってから購入したものです。前にも書いたかもしれませんが、『ヴァルキューレ』だけ別個に購入していて、全集盤以外に、もう一つ持っています。

ブリュンヒルデは、バイロイトに長く君臨された、偉大なヴァーグナー・ソプラノのビルギット・ニルソンさんです。ニルソンさんは、ショルティ盤でもブリュンヒルデを歌っておられますね。どちらが良いでしょうか。私は、アダムさんのヴォータンの方が好きなので、このベーム盤の方が好きですね。ニルソンさんとアダムさんの二重唱、これも良いですね。

『リンク』を年末までに聴けるでしょうか?
できれば、4作品を異なる演奏で聴いてみたいなって思っています。できれば、幕毎に異なる演奏というのも面白いのですが、そこまで異なる演奏を持っているでしょうか、ちょっと分かりません。

♪♪♪♪♪
今日は16日ですね、後2週間で新年を迎えますね。
急に寒くなってきたように思いますね。
冬に休んでしまうのは、何年ぶりでしょうか、もう忘れています、5,6年前でしょうか。
休んでしまってからは、起き上がりにくいということはなくなっています。
ブログを更新する時間は前よりも遅くなっていますよね。それでも、何とか更新しています。

今日もブログを更新できました。
今日も感謝の気持ちを忘れずに、一日を過ごしたいと思っています。(^o^)

今日も、応援ポチッをお願いします。m(_ _)m
今朝も、5位に下がってしまっていますぅ〜 
さらなる応援をお願いしますぅ〜〜 <(_ _)>
全体では、今朝は3700番代です。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね (*^_^*) ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

のだめカンタービレ #19 (19) (講談社コミックスキス)

コミックの『のだめカンタービレ』第19巻が出ていますよ。
コンビニには2冊入っていたんですが、まだ一冊売れ残っています。(^_^;)
その一冊が可哀想で〜

アニメ『のだめカンタービレ』の公式サイトですぅ〜
DVDが届いています (^_^)v 4巻は、再購入をしました、爆〜。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪
アマゾンからDVD、「おなら体操」のCDも届きましたぁ〜〜
初版特別版ですよ〜、まだ開けていません、爆〜。

来年のお正月に『のだめ』パリ編が特別放送ですよ!!
「のだめロケツアー」があるみたいですよ〜。上のリンクのトピックを参照してくださいね。

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。

来年の6月、御園座で座長公演が決まったそうです。演目は未定みたいです。(^o^)
演目はもう決まっているそうです。うきよさまが教えてくださいました。
1月は、浅草公会堂で、2月は博多座の公演が決まっているようです。演目ももう決まっていますよ。もう、どちらの公演もポスター、演目、配役も決まっていますね〜。

3
ブログネタ
クラシック に参加中!



Guten Morgen!!

お早うございます。
今朝は6時起きです。
今朝もスッと起きあがれています。

♪♪♪♪♪
一日遅れましたが、『勝手にオペラの日』に参加です。
何にしようかと迷いました。久しぶりにモツアルトにしようか、R・シュトラウスにしようかと〜。

同じリヒァルトとですが、リヒァルト・ヴァーグナーにしました。
演奏もこれまでに取り上げたものですが、ヴァーグナーの演奏としては一番最近に購入したものにしました。

ワーグナー:楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」(全曲)

リヒァルト・ヴァーグナー 『ニュルンベルクのマイスタージンガー』
(これは、日本盤ですが、購入したのは輸入盤です、少しだけ安いです。HMVにはあります)

カイルベルト・マイスタージンガー









ヨーゼフ・カイルベルトが、1963年にミュンヘンのシュターツオーパーの復興記念公演で演奏したものをライヴ録音したものです。1963年の11月23日の録音です。

ヨーゼフ・カイルベルト 指揮 バイエーリッシェス・シュターツオケストラ(バイエルン国立歌劇場のオケストラです)

ハンス・ザックス   オットー・ヴィーナー
ファイト・ポーグナー ハンス・ホッター
ベックメッサー    ベンノ・クッシェ
ヴァルター      ジェス・トーマス
エーヴァ       クレア・ワトスン
マグダレーネ     リリアン・ベニングセン
ダーヴィット     フリートリッヒ・レンツ
           他

カイルベルトは、最近、バイロイトで録音したステレオ盤の『リンク』が発売されて、話題になっていますね。私も欲しいなって思っているんですが、如何せん、まだ高いです;2万円くらいでしょうか、14枚組ですから、それほどは高くはないのでしょうが、やはり、2万円となると少し考えてしまいますね。
評判は良いみたいなのですが〜。

この『マイスタージンガー』 録音が非常に良いです、ライヴ録音だというのに。
オペラ劇場でのライヴ録音、かなり難しいと思うのですが。歌手の歌声とピットのオケストラとが非常に分離良く聞こえてきます。

前にも書きましたが、向かって左手に、1stヴァイオリン、木管楽器、ホルン、右側には、2ndヴァイオリン、ビオラ、ラッパ、トロンボーンなどにきれいに分かれていて、歌手の声も、左右から分離良く聞こえてきます。両翼配置が活かされています。オケストラだけの部分は、本当に面白く聞こえてきます。両翼配置を取っているクーベリック盤よりも、クリアに音が聞こえてきます。『マイスタージンガー』のCDは多数持っていますが、これほどオケストラの音がクリアに聞こえるものは、他にはないですね。デッカのショルティ盤でも、これほどではないように思います。ヴァーグナーはこの曲ではとりわけ、対位法を上手く使って作曲しているように思います。その効果が一番良く表れている演奏ではないでしょうか、これは、カイルベルトの指揮の良さかもしれません。

『マイスタージンガー』は、好きな幕は、3幕、2幕、1幕の順になるでしょうか。
昨日から、3幕を聴いています。3幕は聴き所が多い幕ですよね。夜明けの描いた前奏曲、ザックスの「迷妄のモノローグ」、ザックスとエーヴァとの2重唱、それから、主役5人による5重唱(この5重唱は、ヴァーグナーが書いた重唱の中でも出色のものではないでしょうか)、その後は、ヴァルターの歌、終幕のザックスのモノローグまで、聴き所が満載です。

このオペラ(楽劇)を、これまでどれだけ聴いてきたことでしょうか、それも色々な録音で〜、マエストロ・トスカニーニ盤、フルトヴェングラー盤、クナッパーツブッシュ盤(2つ)、カラヤン盤、ショルティ盤(2つ)、クーベリック盤、ラインスドルフ盤、まだ他にもあったと思います。オペラのCDの中で、一番多く持っているのが、このオペラだと思います。

私の好きなオペラを10曲選ぶとすれば、必ずこのオペラはその10曲の中に入ることと思います。何度聴いていても飽きるということがないです。

このカイルベルト盤、なかなか良いですね。
前にも書きましたが、HMVなどのレビューでは、オットー・ヴィーナーさんのザックスの評判が悪いみたいですが、私は好きなザックスのうちの一人ですね。テオ・アダムさん、ジョージ・ロンドンさん(全曲録音はありませんが)、トーマス・スチュアートさん、それに、フリートリッヒ・ショアさん、私の好きなザックスの一人に入っています。

♪♪♪♪♪
早いもので、今年も後2週間になってしまいました。
今年も色々ありましたが、まだ振り返るのは早いですね。
ブログはほとんど毎日書いてきているのではないかなって思います。
今日はどんな一日でしょうか? ゆっくり過ごしたいと思っています。


今日もブログを更新できました。
今日も感謝の気持ちを忘れずに、一日を過ごしたいと思っています。

今日も、応援ポチッをお願いします。m(_ _)m
今朝は、5位に下がってしまっていますぅ〜 
さらなる応援をお願いしますぅ〜〜 <(_ _)>
全体では、今朝は4100番代です。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね (*^_^*) ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 
← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング
← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

のだめカンタービレ #19 (19) (講談社コミックスキス)

コミックの『のだめカンタービレ』第19巻が出ていますよ。
コンビニには2冊入っていたんですが、まだ一冊売れ残っています。(^_^;)
その一冊が可哀想で〜

アニメ『のだめカンタービレ』の公式サイトですぅ〜
DVDが届いています (^_^)v 4巻は、再購入をしました、爆〜。

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪
アマゾンからDVD、「おなら体操」のCDも届きましたぁ〜〜
初版特別版ですよ〜、まだ開けていません、爆〜。

来年のお正月に『のだめ』パリ編が特別放送ですよ!!
「のだめロケツアー」があるみたいですよ〜。上のリンクのトピックを参照してくださいね。

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。

来年の6月、御園座で座長公演が決まったそうです。演目は未定みたいです。(^o^)
演目はもう決まっているそうです。うきよさまが教えてくださいました。
1月は、浅草公会堂で、2月は博多座の公演が決まっているようです。演目ももう決まっていますよ。もう、どちらの公演もポスター、演目、配役も決まっていますね〜。

<ちょっと一言>
ブログペットのアクセス数が、10,000件を越えました。
このアクセスをつけたのは、いつだったか、忘れましたが〜
ありがとうございます。m(_ _)m

3
ブログネタ
クラシック に参加中!



Guten Morgen!!

お早うございます。
今朝は5時前起きです。

昨日は9時過ぎに寝てしまったようです。
何度か目が覚めたようですが、スッと起き上がっています。

♪♪♪♪♪
今朝も、ヴァーグナーです。昨日は『ラインの黄金』全曲を聴きました、珍しく。最後の方は音楽も面白くなりますよね。オーケストレーションも凝っていて。

今朝は、『ヴァルキューレ』第1幕(『ニーベルンクの指輪』第1夜)です。

メト40年のヴァルキューレ






メトの1940年の『ヴァルキューレ』のHMVのサイトですぅ〜
アマゾンにはどうもありませんでした。HMVではまだ手に入るようですよ。

『ヴァルキューレ』には名盤が揃っていますね。それだけ良い曲だということかもしれませんね。私は最近の演奏はほとんど聴かないのですが、昔の演奏には興味があって、というか、昔のヴァーグナー歌手の歌声に興味があって、色々と揃えています。

今朝はその中から、ドリームキャストによる『ヴァルキューレ』から、第1幕です。

ジークムント ラウリッツ・メルヒオール
ジークリンデ ロッテ・レーマン
フンディンク エマニュエル・リスト

エーリッヒ・ラインスドルフ指揮 オーケストラ・オヴ・ザ・メトロポリタン・オペラ の演奏です。
(1940年の録音です)

古い録音ですが、鑑賞にはまったく問題がありませんね。
この録音がなぜ、ドリームキャストかというと、一幕には出てきませんが、ブリュンヒルデがフラグスタート、それに、ヴォータンがフリートリッヒ・ショルが歌っているからなんですよ。どうも、2つの録音を合わせて、そういうキャストになるようにした演奏みたいです。

『ヴァルキューレ』の1幕は、出てくる歌手は3人で、それぞれに素晴らしいモノローグ、それに2重唱があるということで、この幕だけが演奏会に出ることもありますね。

色々な方のジークリンデを聴いてきましたが、私が聴いた中では、やはり、ロッテ・レーマンさん、それに、レオニー・リザネク(ベーム盤)が一番好きですね。声の質はお二人はまったく違います。ロッテ・レーマンさんの歌声は今では、あまり聞けないような声ですね。こういう声の方がなくなってきているのではないかなって思います。
清楚でありながら、ドラマティックに歌えるソプラノ、今では本当に聴けない声ですね。

それに、ジークムントは、ラウリッツ・メルヒオールさん、これは、ヘルデン・テノールの最高峰ではないでしょうか。ヴィントガッセンさんも良いのですが、メルヒオールさんの歌を聴いた後では、少し物足りなく感じてしまうかもしれません。
「ヴェールゼ」と歌うところでは、いつまで続くのか、と思うほど、音を伸ばしておられます。これは指揮者の指示ではなく、メルヒオールさんの指示なんだと思います。このお二人が歌っておられるスタジオ録音、ヴァルター盤もありますが、これではそこまで伸ばしておられません、きっとヴァルターの指揮は、それを許さなかったのかもしれませんね。

オケストラ、1940年代ということで、あまり上手くないと思われるかもしれませんが、どうして、どうして、この時代のものですが、十分に上手いですね、この頃からアメリカのオケストラは上手かったのではないでしょうか。

ジークムントとジークリンデの二重唱、これほどのものはそうはないと思います。
最後のオケストラの追い込みのところも素晴らしいですよ。
ラジオ録音から、CD化されたもののようで、カーテンコールに答えているところの拍手まで入っています。熱烈な拍手が録音されています。

♪♪♪♪♪
昨日も、ファミレスから帰ってから、読書、テレビ、昼寝
夜は眠くなり、早めに寝てしまっています。

今日はどんな一日を過ごすことになるでしょうか?
ゆっくり、焦らず過ごしたいと思っています。

今朝もブログを更新できました。そのことに感謝です。
今日も感謝の気持ちを忘れずに一日を過ごしたいと思っています。(^o^)

今日も、応援ポチッをお願いします。m(_ _)m
今朝は、2位に上がっていますぅ〜 
さらなる応援をお願いしますぅ〜〜 <(_ _)>
全体では、今朝は2400番くらいです。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね (*^_^*) ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 ← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング ← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

のだめカンタービレ #19 (19) (講談社コミックスキス)

コミックの『のだめカンタービレ』第19巻が今週出ましたね。

アニメ『のだめカンタービレ』の公式サイトですぅ〜
DVDが届いています (^_^)v 4巻だけがどこに行ったのか、分からないんですよ;;

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪
アマゾンからDVD、「おなら体操」のCDも届きましたぁ〜〜
初版特別版ですよ〜、まだ開けていません、爆〜。

来年のお正月に『のだめ』パリ編が特別放送ですよ!!
「のだめロケツアー」があるみたいですよ〜。上のリンクのトピックを参照してくださいね。

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。

来年の6月、御園座で座長公演が決まったそうです。演目は未定みたいです。(^o^)
演目はもう決まっているそうです。うきよさまが教えてくださいました。
1月は、浅草公会堂で、2月は博多座の公演が決まっているようです。演目ももう決まっていますよ。

<ちょっと一言>
最近は歌舞伎にも行っていないですし、文楽もご無沙汰なんですが、
文楽のある大夫さんが、横領をしたとかで、文楽界から追放されることになったとか
その大夫さんは、私が文楽によく行っていた頃の若手一番の方でした。
事件の真相は分かりませんが、残念なことですね〜。


3
ブログネタ
クラシック に参加中!



Guten Morgen!!

お早うございます。
今朝は5時半頃起きです。

昨日は昼寝、夜寝でした、爆〜。
でも、朝のファミレスには出かけています。
世の中は、3連休の方も多いのか、昨日の朝のファミレスは、騒々しかったですよ。

♪♪♪♪♪
今朝は久しぶりに、ヴァーグナーです。
ヴァーグナーというと、どうしても大好きな『ニュルンベルクのマイスタージンガー』を聴くことが多いのですが、本当に久しぶりに、『リンク』(ニーベルンクの指輪)からです。

Wagner: Das Rheingold


リヒァルト・ヴァーグナー 『ラインの黄金』Das Rheingold
(『ニーベルンクの指輪』序夜)

カール・ベーム指揮 オルケスター・デア・バイロイター・フェストシュピーレ(バイロイト祝祭管弦楽団)
(1967年のライヴ録音です)
ヴォータン テオ・アダム
ローゲ   ヴォルフガング・ヴィントガッセン
アルベリッヒ グスタフ・ナイトリンガー
ファーゾルト マルッティ・タルヴェラ
ファーフナー クルト・ベーメ
フリッカ   アンネリース・ブルマイスター
フライア   アニア・シリア
ヴォークリンデ ドロテア・ジーベルト
ヴェルグンデ  ヘルガ・デルネッシュ
フロースヒルデ ルート・ヘッセ    他

『ニーベルンクの指輪』では、第一夜の『ヴァルキューレ』が好きで割と聴きますが、その他は滅多に聴きません。良いところ取りで、『ジークフリート』だと、最後のところ、『神々の黄昏』も最後のところで、他の部分は余程のことがないと聴きません。

去年、ショルティ盤の『リンク』を年末に全曲聴こうと思っていましたが、途中で放り出しました、爆〜。

昨日から聴きだしています。もう一度1枚目から聴いています。ベーム盤、配役が素晴らしいですね、その当時の最高の歌手を集めていますね。
歌手の名前は、どこのサイトにもなかったので、薄いリブレットから書き写しながら、凄い歌手ばかりだなって思いました。

このベーム盤、『ヴァルキューレ』だけCDで先に買っていて、かなり経ってから、廉価盤が出ていて、全曲を購入しました。それで、『ヴァルキューレ』だけが2つもあります。バラバラで買うよりも、全集の方がずっと安いです。最近のCDの販売の仕方は、そんな感じになっていますね。全集盤がもの凄い廉価で発売されています。

この『ラインゴルト』も大体の筋は知っていますが、今どんなことを歌っているかは分かりません、爆〜。
昔、バイロイト音楽祭をFMで放送していましたよね、解説は作曲家の柴田南雄さんが担当されていた頃、良く聴いていました。中学生から高校生の頃でしょうか。その頃のLPはもの凄く集ったですので、もちろん全集盤など持っていませんでした。LPの全集を買ったのは、ショルティ盤でした。大学生の頃に買ったと思います。このCD盤は、何年か前に買ったものです、ネットでCDや本を買うようになった頃に買ったと思います。

この『ラインの黄金』をグーグルで検索してみると、漫画を入れてストーリーを説明してくださっているサイトを見つけました。
『ラインの黄金』ストーリーのサイトですぅ〜
この後もあるのかと検索しましたが、どうもここだけのようです。
『リンク』すべての解説があると便利だと思ったんですが〜。

この『ラインの黄金』では、序奏のところ、Esの音の持続音からライトモチーフへと姿を変えていくところが美しいですし、ラインの乙女達が歌うところが聴き所でしょうね。

『ラインの黄金』、『ヴァルキューレ』、『ジークフリート』の途中まで書いて、その後は『トリスタン』『マイスタージンガー』が書かれて、その後に『ジークフリート』『神々の黄昏』と作曲されていったということもあり、音楽は少し前の様式になっているように感じますね。連続して聴いていくと、その違いも明らかになっていくように思います。

でも、続けて聴くことは、相当の努力を要しますよね。
今年も後1ヶ月とちょっと、その間に最後まで聴けるでしょうか?

今さっき、2枚目のCD、後半に入っています。
ベームの引き締まった指揮、心地よいですね〜。

♪♪♪♪♪
昨日は、『チャングムの誓い』(完全版)の放映日でした。
それで、ちょっとDVD版を見てみようかと思うと、またDVDが認識されません、前もあったのですが、DVDの読み取りのところが弱くなってきているのではないかと思います。前には修理に来てもらって、ディスクを読むところを交換してもらうとすぐに治りました。今回もそうかもしれません。認識してくれるディスクとできないディスクがあります。

昨日も練習を休みました。今日も休もうかと思っています。
ですが、起きあがれないということはなくなっています。
仕事を休んでいるからかもしれません。

昨日もたくさんの方にコメントをいただきましたが、まだレスをつけておりません。ファミレスから帰ってから、レスいたします。申し訳ありません。

今日はどんな一日になるでしょうか?

今朝もブログを更新できました。そのことに感謝です。
今日も感謝の気持ちを忘れずに一日を過ごしたいと思っています。(^o^)

今日も、応援ポチッをお願いします。m(_ _)m
今朝は、3位に落ちてしまっていますぅ〜 
さらなる応援をお願いしますぅ〜〜 <(_ _)>
全体では、今朝は2500番くらいです。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね (*^_^*) ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 ← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング ← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

のだめカンタービレ #19 (19) (講談社コミックスキス)

コミックの『のだめカンタービレ』第19巻が今週出ましたね。
ファミレスの帰りにコンビニによりました。2冊の在庫が1冊になっていました。
一冊売れたんだと思います。端の方に追いやられていました。人気は去年がピークだったんでしょうね〜。

アニメ『のだめカンタービレ』の公式サイトですぅ〜
DVDが届いています (^_^)v 4巻だけがどこに行ったのか、分からないんですよ;;

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪
アマゾンからDVD、「おなら体操」のCDも届きましたぁ〜〜
初版特別版ですよ〜、まだ開けていません、爆〜。

来年のお正月に『のだめ』パリ編が特別放送ですよ!!
「のだめロケツアー」があるみたいですよ〜。上のリンクのトピックを参照してくださいね。

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。

来年の6月、御園座で座長公演が決まったそうです。演目は未定みたいです。(^o^)
演目はもう決まっているそうです。うきよさまが教えてくださいました。
1月は、浅草公会堂で、2月は博多座の公演が決まっているようです。演目ももう決まっていますよ。



1
ブログネタ
クラシック に参加中!



Guten Morgen!!

お早うございます。
今朝は5時起きです。

昨日は7時頃に出て、帰ってきたのは8時過ぎでした。
さすがに疲れますね〜。
夕食を食べて、テレビ東京系で映画を観ていたのですが、途中で寝てしまいました、爆〜
さすがに疲れていたんだと思います。

♪♪♪♪♪
昨日の仕事の行き帰りから、久しぶりに『マイスタージンガー』を聴いています。この頃は、マーラーばかり聴いているところもあり、ヴァーグナーは久しぶりですね〜。

この前届いたCDからです。

ワーグナー:楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」(全曲)

リヒァルト・ヴァーグナー 『ニュルンベルクのマイスタージンガー』
(これは、日本盤ですが、購入したのは輸入盤です、少しだけ安いです。HMVにはあります)

ヨーゼフ・カイルベルトが、1963年にミュンヘンのシュターツオーパーの復興記念公演で演奏したものをライヴ録音したものです。1963年の11月23日の録音です。

ヨーゼフ・カイルベルト 指揮 バイエーリッシェス・シュターツオケストラ(バイエルン国立歌劇場のオケストラです)

ハンス・ザックス   オットー・ヴィーナー
ファイト・ポーグナー ハンス・ホッター
ベックメッサー    ベンノ・クッシェ
ヴァルター      ジェス・トーマス
エーヴァ       クレア・ワトスン
マグダレーネ     リリアン・ベニングセン
ダーヴィット     フリートリッヒ・レンツ
           他

昨日は1幕から2幕の途中まで、今朝は2幕の途中から聴いています。
2幕の最後のフーガになるところ、かなりアンサンブルの難しい箇所ですが、ライブとは思えないほどの出来映えですね。

カイルベルトは、この年、確か、シュトラウスの『影のない女』も指揮していたかと思うのですが、これだけの大曲を任せられるということは、それだけの期待もあった指揮者なんでしょうね。1908年の生まれですから、この頃はまだ50歳代だったんですよね。1968年に『トリスタン』を指揮している最中に、心臓発作で亡くなられたようですね。指揮者としてはまだこれからの60歳の頃ですね。

ザックス役のオットー・ヴィーナーさん、私は他のCDでも聴いているかもしれないのですが、あまり記憶には残っていません。HMVなどのレビューでは、ミスキャストであるかのように書かれています。どちらかというと、テオ・アダムさんと同じような声の質ですね。それに、それを少し軽くしたような感じではないでしょうか? ザックスというと、重々しい感じでなければならないとするのは、一つの考えかもしれませんが、私はこういう軽いザックスも好きですね。重々しくなくて良いです。ライヴでこれだけの声で歌えるというのは、やはり素晴らしい歌手ではなかったか、と思います。
今、3幕の「迷妄のモノローグ」を聴いているところなんですが、なかなかの貫禄のある声だと思いますね。Mein liebes Nueruenberg!(ウムラウトが出ませんから、uのウムラウトは、ue にしています)このオペラでの聴き所の一つでしょうが、良いですよ〜。

3幕の前奏曲、1幕の前奏曲が有名で、こちらはあまり話題にされませんが、この前奏曲も希代の名曲の一つではないかと私は思っているんですよ。二幕の最後のところでも感じましたが、カイルベルトの虚飾を排除した指揮振り、これも聴きものですね。

車の中で聴いていると、小さな音はあまり聞こえませんね、それで、車の中で聴いたときと、家で聴いたときとでは、印象が異なるときもあります。

エーヴァ(エーファ)を歌っておられる、クレア・ワトスンさん、良いですよ。この可憐な役は、ヴァーグナーのオペラでは珍しい役所だと思います。ヴァーグナーのオペラでは、どちらかというと、ドラマティックなソプラノが主役になっている場合が多いですね、『ローエングリン』は可憐な娘役でしょうが、実際には、ドラマティック・ソプラノが歌う場合が多いですから。ちょっと疑問に思ったんですが、この Eva は、ドイツ語ではどう発音するのかなって。辞書を引いてみました、爆〜。「エーファ」でも「エーヴァ」でも、どちらでも良いみたいですね。

エーヴァとしては、カラヤン盤のヘレン・ドナートさん、クーベリック盤のグンドラ・ヤノヴィッツさん、印象的ですぐに思いつくのは、このお二人ですね。そのお二人と比べても遜色のない歌ではないかなって思っています。

もう一人の主役、ヴァルター・フォン・シュトルツィングを歌う、ジェス・トーマスさんに関しては、もう少し聴いてから書いてみたいと思っています。


♪♪♪♪♪
今日はいつもの金曜日よりも、ブログのアップが遅くなりました。
目が覚めてから、色々と考えていました。
それで遅くなってしまいました。


今日も、ブログを更新できました。そのことにまずは感謝です。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに、一日を過ごせればと思っています〜 (^o^)
それに、見てくださっている方に感謝です。m(_ _)m

今日も、応援ポチッをお願いします。(^o^)
3位からも滑り落ちてしまいましたぁ〜
応援をお願いしますぅ〜〜 <(_ _)>
全体では、今朝は2500番台ですぅ〜

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね (*^_^*) ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 応援を宜しくお願いしますぅ〜。

ブログランキング
人気blogランキングへ
 ← このランキングにも参加しています。ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング ← このランキングにも参加しています〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜


アニメ『のだめカンタービレ』の公式サイトですぅ〜
DVDが、もう何枚も届いています (^_^)v

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪
アマゾンからDVD、「おなら体操」のCDも届きましたぁ〜〜
初版特別版ですよ〜、まだ開けていません、爆〜。

来年のお正月に『のだめ』パリ編が特別放送ですよ!!
「のだめロケツアー」があるみたいですよ〜。上のリンクのトピックを参照してくださいね。

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。

来年の6月、御園座で座長公演が決まったそうです。演目は未定みたいです。(^o^)
演目が分かれば、また報告しますね〜。

昨日、愛之助ちゃんから、バースディ・カードが届きました〜 
生写真にサイン入りですよ〜 (^o^)

<ちょっと一言>
何ヶ月ぶりに、仕事を休んでしまいました。
お医者さんには「仕事を休まないように」と言われていたのですが
かなり辛い状態で休んでしまいました。

3
ブログネタ
クラシック に参加中!



Guten Morgen!!

お早うございます。

今朝は5時前起きです。今朝はスッと起きあがれました。

昨日は、7時半頃仕事に出かけて、帰ってきたのは5時前でしょうか。
1時間ほどニュース番組、それに、昨日、聴きかけていた、パヴァロッティさんが歌っている『イドメネオ』を途中まで聴いていました。

6時頃から練習をしました。久しぶりで演奏会以来です。ちょっと間が開いてしまいました。基礎練習中心です、いつものように、音階練習 デタッシェの練習 音階練習 難しい指でのデタッシェ 曲の中の難しいところのチェック それだけ、1時間ちょっとでしょうか、休憩を入れて。

昨日は『チャングムの誓い』(完全版)、久しぶりに放映時間に観られました(阪神戦はカットしました、爆〜)。宮中での医女修練の巻ですね。シン・イクピル教授、シンビなど、後半重要な役割を演じる方々が良い芝居をしていますね。この間は、完全版とこれまでの放映版とそれほどの違いを感じなかったですね。

その後は、眠くなったんですが、色々な動画を見ていました。それで眠くなり、12時までに寝ました。

今朝は、気分良く起き上がっています。

♪♪♪♪♪
今朝は、久しぶりに、ヴァーグナーです。
ブログ仲間のみー太さんが、最近取り上げられたいた演奏、それで、あああ、このCD持っているって思い、聴いてみたくなりました。

Die Walkure (Act 1)


ヴァーグナー 『ヴァルキューレ』第1幕
ハンス・シュミット・イッセルシュテット 指揮 NDRシンフォニーオケストラの演奏です。

ジークリンデ ビルギッテ・ニルソン
ジークムント セト・スヴァンホルム
フンディンク ヨーゼフ・グラインドル
(1953年の録音です)
画像を探しましたが、アマゾンにもHMVにもありませんでした。

このCDは、HMVのメルマガで知り、すぐに注文したものです、もうかなり前かもしれません。去年の6月に注文していますね。
それから、一回くらいしか聴いていなかったかもしれません。

『ヴァルキューレ』の1幕は、ヴァーグナーのオペラの中でも最も好きなものの一つかもしれません、『リンク(指輪)』の中でも、最も聴いているところかもしれません。

良い演奏、録音も多い部分ですね。フラグスタートが歌っているクナ盤、ロッテ・レーマンさんが歌っているヴァルター盤、リザネクさんが歌っているベーム盤、いずれも名盤ばかりです。そうそう、トスカニーニ盤もありましたね(抜粋盤ですが)。

ニルソンさんは、『ヴァルキューレ』ではブリュンヒルデを持ち役にされていましたよね、それで、ジークリンデ役は珍しいなって思って、このCDを買ったんだと思います。

シュミット・イッセルシュテットという指揮者は、色々な名盤を残している大指揮者の一人ですが、私はほとんどLPも持っていませんでしたし、CD時代になってからもスルーしてきていました。

この演奏、冒頭の嵐の部分からなかなかのものですね。
それに、グラインドルさんのフンディンク、良いですね、グラインドルさんは、バイロイトの常連であったわけですが、フンディンクは歌っておられるのかな? 存在感溢れるフンディンクです。

また、ジークムント役の、スヴァンホルムさん、クナ盤でも歌っておられますが、クナ盤は50年代の終わりか、60年代の初めの録音であったかと思うんですが、さすがに、53年の録音で全盛期の声を聴くことができますね。張りがあって、それに伸びやかな声です。

ニルソンさんも若い声ですね、キャリアの始めの頃にはこういう役も歌っておられたのでしょうか、ソプラノ歌手としてはものすごく長いキャリアを誇っておられた方ですので、若い頃に歌っておられたのかもしれませんね。ブリュンヒルデほど声を使っておられないような歌い方です。軽く歌っておられますが、声は素晴らしいですね。

この幕の一番の聴き所、ジークリンデとジークムントの二重唱、オケストラの演奏も素晴らしいですし、テンポもいくらか早めで、良いものですね〜。
モノラル盤だと思いますが、音がものすごく良いですよ〜。

久しぶりでヴァーグナーを聴くと、こりゃ良いわって思ってしまいますね (^o^)

♪♪♪♪♪
今日はお休みです。
午前中に練習をして、昼寝をしてから練習に出かけようと思っています。

昨日は、たくさんの方にコメントをいただきました、ありがとうございます。m(_ _)m
まだレスをつけておりませんが、必ずレスをしますので、少しお待ちくださいね〜。


今朝も、ブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに、一日を過ごそうと思っています〜 (^o^)

今日もポチッとお願いします。
今朝も、いつも1位の方がおられなくなって、2位に留まっていますぅ〜 (^o^) 
皆さんのポチッのおかげです。
本当にありがとうございます。m(_ _)m
でも、全体では、1600番台に下がっていますぅ〜〜
さらなる応援をおねがいいたしますぅ〜〜 <(_ _)> 

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね (*^_^*) ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 
応援を宜しくお願いしますぅ〜。ランキングに拘るのもどうかなって思ったりもします、こだわり出すと、もの凄く気になりますものね。毎日更新していますので、応援、宜しくお願いします。ミ(`w´彡)

ブログランキング
人気blogランキングへ
 ← ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング ← このランキングにも参加しましたぁ〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜


アニメ『のだめカンタービレ』の公式サイトですぅ〜
DVDが、もう5枚届いています (^_^)v

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪
アマゾンからDVD、「おなら体操」のCDも届きましたぁ〜〜
初版特別版ですよ〜、まだ開けていません、爆〜。

来年のお正月に『のだめ』パリ編が特別放送ですよ!!
「のだめロケツアー」があるみたいですよ〜。上のリンクのトピックを参照してくださいね。

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。

愛之助ちゃんから、昨日、暑中お見舞いの葉書が来ていましたぁ〜 (^o^) 写真を掲載しようと思ったんですが、住所も出てしまうので、掲載を断念しました。(住所を消せば良いんでしょうが、そういう技は使えません;;)


3
ブログネタ
クラシック に参加中!



Guten Morgen!!

お早うございます。

昨日も寝ていました、爆〜。どうも、起き上がりたくない病が少し出ている感じです。

午前中は寝ていたかも、ゴロッとしたらそのまま、お昼はあるものを食べて、また昼寝、5時半頃に起き出したかもです。

午前中は、今日紹介しようと思っている、クナの『トリスタン』の1枚目を聴いていました、そういえば。1枚目の前奏曲で音飛びがするんですね、それで、機械のせいかなって思って、PCで聴いてみようと思うと、音が鳴らないんです;;「ファイルを開く関連づけができていません」といったエラーが;; どうしてかな、iTunesにすると音が鳴るんです。このPCは、CD,DVDを入れると自動再生になっていたんですが;; どうしてなのか、分かりません、爆〜。こういうことが起こると、意地になって直そうとする癖があるんですが、昨日はやりませんでした、爆〜。これでも別に良いかって。iTunesを入れてからか、winの自動更新をしてからか、どうもPCがおかしくなっています、爆〜。

『トリスタン』の1枚目のCDですが、iTunes ではきちんと音が鳴っていました、ホッとしました。どこかの関連づけが変わっているんでしょうね。

昼寝から起きあがり、楽器の練習をしようかと思ったんですが、何となくやりたくない感じがして;;そういう日もありますよね。

そうそう、愛之助ちゃんのインタビューが朝日放送のニュース番組でやるのを思い出しました。9月の松竹座の『蝉しぐれ』の宣伝を兼ねているんでしょうね。でも、子役時代の丁稚のカワイイ写真も出てきましたよ。ちゃんと録画しました。(^o^)

午前中からかな、もう覚えていないのですが、大好きなイギリスの作家の新作の翻訳、大分前に買ってあったのですが、なかなか読み始められなかったんですが、昨日から読み始めました。

眩惑されて(上)


ロバート・ゴダードの『眩惑されて』(Sight Unseen)です。
ゴダードは、ストーリーテラーとしては、凄い才能の持ち主だと思います。初めはその世界に入り込みにくいときもあるのですが、いったん入ってしまうと、その世界から逃れなくなるところがありますよ。

♪♪♪♪♪
今朝も、昨日の続きを聴いています。

クナッパーツブッシュの『トリスタンとイゾルデ』です。

R・ヴァーグナー『トリスタンとイゾルデ』
ハンス・クナッパーツブッシュ指揮 バイエーリシェス・シュターツオーパー

Isolde...Helena Braun ヘレナ・ブラウン
Tristan...Gunther Treptow ギュンター・トゥレプトウ
Brangane...Margarete Klose マルガレーテ・クローゼ
Kurwenal...Paul Schoffler パウル・シェフラー
Konig Marke...Ferdinand Frantz フェルディナンド・フランツ
Melot...Albrecht Peter
Ein Junger Seemann...Paul Kuen
Ein Hirt...Paul Kuen
Ein Steurmann...Fritz Richard Bender

Bayerisches Staatsoper
(rec.1950/7/23 L)
(1950年、レジデンツ劇場でのライヴ録音とのことです)

Wagner: Tristan Und Isolde

(これが正規盤かもしれません)

クナのトリスタン







クナッパーツブッシュの『トリスタンとイゾルデ』のHMVのサイトですぅ〜
(演奏は、同じもののようです、何種類もCDが発売されているみたいです。私は、HMVで2000円弱の Andromeda盤を購入しました)


昨日から、1幕、2幕と聴いてきています。
クナッパーツブッシュというと、悠揚迫らぬテンポと思われがちですが、意外に早めなのですが、1幕は終幕辺りになるまで、なかなかその世界に入りにくいです。

2幕になると、俄然面白くなりますね、これは曲もそうなっているのかもしれないなって思います。ヘレナ・ブラウン、ミュンヘンを中心に活躍したソプラノとのことですが、初めて聴くソプラノです。トゥレプトウは、何度か色々な録音で聴いているテノールです。
両者とも、2幕に入ってからの方が良いように思います。「愛の二重唱」クナの伴奏とも相まって、素晴らしい出来映えですね。モノラルの録音、放送用録音というのも気にならなくなりますね。

まだまだ聴いていかないと、私の印象を書けないような気がします。2幕のマルケ王が出てくるところまで今朝は聴きました。マルケ王のフェルディナンド・フランツ、なかなか良い声ですよ。それに、味のある歌ですね。
もう少し良く聴いて、続きを書きたいと思っています。

クナッパーツブッシュの『トリスタン』に関する記事を詳しく書いてくださっているサイトですぅ〜


♪♪♪♪♪
昨日も、阪神戦、ラジオで福本豊さんの解説・感想を聞きながら、テレビを少し見ていました。ラジオを付けたまま寝てしまって、目が覚めたとき、2時半頃でした。睡眠はたっぷりと取っているのですが、何かまだ眠り足りない感じがします。

昨日は夜にコンビニに買い出しに行きました。
出かけるのが嫌だったんですが、出かけました。

今日は、朝一で、歯医者さんです。その後は、仕事の準備をしようかと思っています。散髪も行きたいなって思っていますが〜。あまり色々としようと思わない方が良いかもしれませんね〜。


今朝も、ブログの更新ができました。
今日も、感謝の気持ちを忘れずに〜 (^o^)


今日もポチッとお願いします。
今朝も、3位に留まっていますぅ〜 (^o^) 
皆さんのポチッのおかげです。
本当にありがとうございます。m(_ _)m
全体では、1700番台に上がりましたぁ〜〜
さらなる応援をおねがいいたしますぅ〜〜 <(_ _)> 

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね (*^_^*) ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 
応援を宜しくお願いしますぅ〜。ランキングに拘るのもどうかなって思ったりもします、こだわり出すと、もの凄く気になりますものね。毎日更新していますので、応援、宜しくお願いします。ミ(`w´彡)

ブログランキング
人気blogランキングへ
 ← ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング ← このランキングにも参加しましたぁ〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜


アニメ『のだめカンタービレ』の公式サイトですぅ〜
DVDが、もう5枚届いています (^_^)v

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪
アマゾンからDVD、「おなら体操」のCDも届きましたぁ〜〜
初版特別版ですよ〜、まだ開けていません、爆〜。

来年のお正月に『のだめ』パリ編が特別放送ですよ!!


にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。

愛之助ちゃんから、昨日、暑中お見舞いの葉書が来ていましたぁ〜 (^o^) 写真を掲載しようと思ったんですが、住所も出てしまうので、掲載を断念しました。(住所を消せば良いんでしょうが、そういう技は使えません;;)

朝日放送(ABC)関西ローカル特番「密着!歌舞伎界の星 片岡愛之助のアツい夏」が9月1日(土)10:25〜11:20に放送されるそうです。

昨日、夕方、同じく朝日放送「NEWSゆう」にて、愛之助ちゃんのインタビューが放送されましたぁ〜 (^o^)

3
ブログネタ
クラシック に参加中!



Guten Morgen!!

お早うございます。
今朝は珍しく、5時前起きです。
仕事が朝からだと早めに起きあがれるんですね。
そんなものなのかなって思います。

♪♪♪♪♪
昨日も、午前中は仕事の準備、昼ご飯を食べてから、少しの昼寝、また起き上がって、仕事、それから、3時頃仕事に出かけました。帰りは9時半頃です。

昨日の往きは、ショルティ・シカゴのブルックナーの7番を聴きながらでした。どうして、ショルティの演奏は、ブルックナーファンに嫌われているのか、その理由を考えてみたいと思ったりもしています。
一応は全曲を聴いてから、考えてみたいなって思ったりも。そんなことをしなくても、私が好きであれば、それで良いのですが〜。

♪♪♪♪♪
昨日は、帰りには、ベーム指揮の『トリスタンとイゾルデ』第3幕をiPodで聴きながら、帰ってきました。クライバー盤のクルヴェナール、ディースカウさんと、ベーム盤のクルヴェナール、ヴェヒターさんの歌唱とを比べてみたいなとも思ったんです。

ワーグナー : 楽劇&lt;トリスタンとイゾルデ&gt; (全曲)




R・ヴァーグナー 『トリスタンとイゾルデ』
カール・ベーム指揮 バイロイト祝祭オケストラ

ビルギット・ニルソン(S:イゾルデ)
ヴォルフガンク・ヴィントガッセン(T:トリスタン)
エーベルハルト・ヴェヒター(Br:クルヴェナール)
クリスタ・ルートヴィヒ(M:ブランゲーネ)
マルッティ・タルヴェラ(B:マルケ王)
クロード・ヒーター(T:メロート)
エルヴィン・ヴォールファールト(T:牧童)
ゲルト・ニーンシュテット(B:舵手)
ペーター・シュライヤー(T:若い水夫)

(録音は、1966年7月、バイロイト・フェストシュピーレでのライヴ録音です)

今朝も3幕から聴いています。
前奏曲から充実した響きですね。

ベームの『リンク』『さまよえるオランダ人』いずれも、バイロイトでの実況録音ですが、私は、初めて買った、ヴァーグナーの全曲盤は、ベームの『オランダ人』であったと思います。このトリスタンも含めて、名盤ということで定評がありますね。歌手陣が充実していることはもちろん、ベームのどちらかというと19世紀終わり頃からの巨匠指揮者のヴァーグナーの演奏とは一線を画していて、透明感のあるヴァーグナーとでも言いましょうか、どちらかというとラテン系に近いヴァーグナーのような感じがします。それを、ヴィーラント・ヴァーグナーが好んだということがあるんでしょうね。

そういえば、ヴォルフガング・ヴァーグナーの娘が、今年、『マイスタージンガー』の新演出をしたそうですが、ブーイングの嵐であったとか。凄い演出であったようですよ。

3幕は、イゾルデが出てくるのは、終わりの方だけで、前半は、トリスタンとクルヴェナールだけの舞台ですよね。それに、牧童、牧童が吹く笛を、コールアングレが演奏しますが、この部分のコールアングレの使い方は絶妙ですね〜。

ヴィントガッセンのトリスタン、バイロイトの一時代を築いた、ヘルデンテノールですね、もちろん、ニルソンに対すると弱いと言われたことが多いようですが、今聴くと、これだけのヘルデンテノールは、少ないですよね。

それに、クルヴェナール役のエーベルハルト・ヴェヒターさんの歌唱、良いですよね。温かいバリトンの声。私は昔は余り良いとは思わなかったのですが、ジュリーニの『フィガロ』で伯爵を歌っておられて、それはもう素晴らしい伯爵で、こんなに良い歌手だったのか、と初めてその良さに気づいた感じです。

確か、この録音には昔は、リハーサル風景がついていたと思うんですよ。ヴェヒターさんが、3幕の歌をベームに何度も何度も歌わせられているシーンがありました。今は持っていないのですが、何かで聴いたことがあります。

『トリスタン』と言えば、往年の名歌手でいうと、ラウリッツ・メルヒオールの名前を挙げないと行けないですね、イゾルデ役のフラグスタートとの「愛の二重唱」は、それはもう素晴らしいものです。ビーチャム指揮のコヴェントガーデンでのライブ録音を持っています、1930年代の録音であったと思うのですが、十分聞ける録音ですよ。

3幕では、船が見えたことを知らせる、ラッパの音が聞こえてくる辺りが本当に良い音楽ですよね。

今朝は、トリスタンとクルヴェナールの二重唱の辺りを聞いています。
ヴィントガッセンさん、ヴェヒターさんのお二人の歌唱、今聴いても素晴らしいですね。ライブの感じもあります。それに伴奏のオケストラの雄弁さ、これも特筆ものですね。

♪♪♪♪♪
今日は午前中だけの仕事です。やはり午前中だけの方が身体は楽ですね。
帰ってきて昼寝もゆっくりとできるし〜。

明日からもまた午前中だけの仕事になります。
13日まで休みがないのがちょっと、という感じですが、急ぎの仕事は殆ど終わってしまいました。それだけでもホッとしています。

今朝は、ファミレスから一日を始めようと思っています。
今日も何とか、ブログを更新できました。
そのことを感謝です。また、いつも見てくださっている方々に感謝です。m(_ _)m

今日も感謝の気持ちを忘れず、一日を過ごせれば、と思っています。


今日もポチッとお願いします。(^o^)
1位、2位は、とお〜〜く、遠くになってしまっていますぅ〜〜 
皆さんのおかげで、今は何とか3位に踏みとどまっていますぅ〜
さらなる応援をおねがいいたしますぅ〜〜 <(_ _)> 
全体では、1300番台です 〜 ありがとうございます。m(_ _)m

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね (*^_^*) ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 
応援を宜しくお願いしますぅ〜。ランキングに拘るのもどうかなって思ったりもします、こだわり出すと、もの凄く気になりますものね。毎日更新していますので、応援、宜しくお願いします。ミ(`w´彡)

ブログランキング
人気blogランキングへ
 ← ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング ← このランキングにも参加しましたぁ〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

アニメ『のだめカンタービレ』の公式サイトですぅ〜
DVDが、もう5枚届いています (^_^)v

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪
アマゾンからDVD、「おなら体操」のCDも届きましたぁ〜〜
初版特別版ですよ〜、まだ開けていません、爆〜。

来年のお正月に『のだめ』パリ編が特別放送ですよ!!


にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。

愛之助ちゃんから、昨日、暑中お見舞いの葉書が来ていましたぁ〜 (^o^)

3
ブログネタ
クラシック に参加中!


ファミレスの花壇・7月






Guten Morgen!!

お早うございます。
今朝は5時半起きです。どうも疲れが溜まっている感じです。

昨日は11時半頃仕事に出かけ、午後からの仕事、5時過ぎに仕事場を出て6時頃には帰ってきていました。急ぎの仕事をしてから、夕食にしようと思っていたのですが、ゴロッとなったら寝てしまいました。目が覚めたら、9時半、テレビを見ながらの夕食です、眠くて、11時過ぎには寝てしまいました。もう少し起きていたかな〜。

テレビ東京系の、村上龍、小池栄子が司会をしている「カンブリア宮殿」という番組を見ました。回転寿司のチェーン店の社長が出てきていました。衛生管理、食の管理、店舗の管理を徹底的にしている会社とか。良いものを安く、がモットーだとか。「ダメになっている会社はトップに問題がある、トップを変えれば会社は変わる」と。
私が思ったのは、あれだけアイデアマンの社長がいると、社員はしんどいのではないかなって思ったりもしました。

仕事自体は3時間ほどなんですが、どうも疲れが溜まっているようです。
金曜、土曜と仕事、練習、日曜も仕事で、休んでいないのも原因かもしれません。

♪♪♪♪♪
今朝は、アマゾンから日曜に届いたCDからです。

昔は、セル・クリーヴランドの演奏は、LPの廉価盤で、それはもう色々と聴いていました。CD時代になってからは、ベトベンのシンフォニーの全集、モツアルトのシンフォニー集、ブラームスのシンフォニーの全集、などは買い換えたんですが、それ以外はあまり購入していませんでした。私の好みが変わっていったということもありますが、セルのCDはあまり廉価盤で出ていないということも一因かもしれません。それほど人気がないのでしょうか?

その昔、R・シュトラウスの交響詩は、セル・クリーヴランドの演奏で知りました。もちろんLP時代です。シュトラウスのオケストラの曲は、昔は良く聴いていました。今は、オペラの方が聴くことが多いんですよね。で、交響詩のCDはそれほど持ってはいません。

ちょっと前に、無性に昔聴いた、セルの演奏を聴きたいなと思って、HMV、アマゾンなどを検索しました。すると、日本盤には、二枚でおおよそ、セルが録音したシュトラウスが聴けると知り、アマゾンに注文したんですよ。

昨日は、『ドン・キホーテ』を仕事の行き帰りに聴いていました。これに関しては、また今度書きたいと思っています。

今朝は聴いているのは、次の曲です。

R・シュトラウス 『シンフォニカ・ドメスティカ』(家庭交響曲)Sinfonia Domestica
ジョージ・セル 指揮 ザ・クリーヴランド・オケストラの演奏です。
(1964年の録音です)

R.シュトラウス:家庭交響曲


昨日、『ドン・キホーテ』を聴いているときも感じたんですが、おお、と思うくらい、音が良くなっています。あの潤いのない感じの録音であったと思うのですが、非常に柔らかく、温かい音になっているんですよ。ちょっとビックリしました。

セルは、1897年の生まれでしたでしょうか、シュトラウスとも交流もあり、アメリカに来る前には、ドイツでシュトラウスのオペラなどを振っていたと言われていますね。

ベトベン、モツアルトなどでは、あまりセルの気持ちのようなものが現れて来ないように思いますが、シュトラウスでは、ドイツ・オーストリアの世紀末の雰囲気といったものが色濃く出てきているように思います。昔、LPで聴いていたときも、何てロマンティッシュな演奏なんだろう、って思ったものです。そういう心情が、他の演奏では出ないのはどうしてなのだろうか、って思いました。

それくらい、シュトラウスでは、ロマンティッシュな演奏が聴かれます。あのシュトラウスを得意としていたベーム、こちらの方はどちらかというとドライに聞こえる瞬間もあります、もちろん、ベームならではの高揚感も味わわせてくれるときもあるんですが。

この『シンフォニー・ドメスティカ』も、非常にロマンティッシュな演奏ですよ。
それに、久しぶりでこの曲を聴いていますが、あれれ、こんな曲だったのか、と色々なことを教えてくれる演奏でもあります。オーケストレーションが非常によく分かる演奏です。レヴァインのマーラーの演奏のときに、「上からスコアを見ているように細かなところまで見える」って書いたように思うのですが、この演奏でも、そういう感じがします。(そういえば、レヴァインは若い頃、セルの副指揮者をしていたんでしたよね。)

ひょっとして、セルが若い頃に慣れ親しんだ、後期ロマン派の世界、世紀末の世界の息吹を伝える曲としては、シュトラウス(マーラー、これはCDで持っていませんが)だったのかもしれないなって思ったりもします。

この曲は、1903年に作曲され、ニューヨークでシュトラウスの指揮で初演された曲ですね。まだ『薔薇の騎士』(1910年)、『サロメ』(1905年)、『エレクトラ』(1908年)もまだ作曲されていない頃の作品ですね。『英雄の生涯』に続くものと言えるかもしれませんね。それでも、『英雄の生涯』で聴く音楽とは少し違っているような気がします。攻撃的な雰囲気がなく、どちらかというと牧歌的な曲ですよね〜。

この演奏は、良いですよ。ロマンティシュでありながら、そうした感情を抑えながら、ある枠内で可能な限りのロマンティシュな感情を吐露しているような演奏かなって思います。そういう意味では古典的とも言えるのかもしれませんが、セルの演奏するベトベン、モツアルトのような、生硬な感じはしません。

何せ、昔聴いた音と記憶とはかなり音が違っていて、ビックリしています。

♪♪♪♪♪
今朝は、にほんブログ村のメンテナンスみたいですね〜。
早朝には終わるって出ているのですが〜。7時過ぎのこの時間にはまだ終わっていないようです。

最近、ちょっとファミレスに行くのが遅くなってきています。
起きるのが遅いのもありますが〜。
そんなに焦って出かけなくても良いかなって思ったりも
ひょっとすると、起きあがりにくくなってきているのかなって思ったりもしますが〜。

今日も感謝の気持ちを忘れずに、一日を過ごしたいと思っています。(^o^)


今日もポチッとお願いします。(^o^)
1位、2位は、とお〜〜く、とお〜く、遠くになってしまっていますぅ〜〜 
さらなる応援をおねがいいたしますぅ〜〜 <(_ _)> 


にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね (*^_^*) ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 
応援を宜しくお願いしますぅ〜。ランキングに拘るのもどうかなって思ったりもします、こだわり出すと、もの凄く気になりますものね。毎日更新していますので、応援、宜しくお願いします。ミ(`w´彡)

ブログランキング
人気blogランキングへ
 ← ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング ← このランキングにも参加しましたぁ〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

アニメ『のだめカンタービレ』の公式サイトですぅ〜
DVDが、もう5枚届いています (^_^)v

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪
アマゾンからDVD、「おなら体操」のCDも届きましたぁ〜〜
初版特別版ですよ〜、まだ開けていません、爆〜。

来年のお正月に『のだめ』パリ編が特別放送ですよ!!


にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。

愛之助ちゃんは、七月大歌舞伎で忙しいでしょうね〜 大坂の夏は熱いかも
海老蔵くんが怪我をしたようですね;海老蔵くんは休演になってしまいました; 
早く良くなって舞台に復帰してくださいね〜。

愛之助ちゃんは六役で頑張っているようです、無理しないでね〜
千穐楽に松竹座に出かけます、レポをお楽しみに〜 (^o^)

3
ブログネタ
クラシック に参加中!



Guten Morgen!!

お早うございます。

今朝は5時起きです。
昨日は午前中に少し出かけたのですが、午後は寝ていました。
少し読書もしたのですが、夜も7時過ぎに眠くなり、そのまま寝てしまいました。

オケストラの練習も体調が悪いということで休ませてもらいました。やはり疲れているのかもしれませんね、というか、あまり出かけたくなかった、練習に出たくなかったんですよ、そういうときがあってもかまいませんよね。

台風で多数の被害者が出ていますね、私なんかのホテルでの足止めなんか、被害のうちには入りませんよね。亡くなられた方々、ご冥福をお祈りいたします、それに、被害を受けられた方々、早く快復されるようにお祈りいたします。

♪♪♪♪♪
今朝は、ホテルの葉っぱの写真をアップしますね〜。

葉っぱ1






葉っぱ2






どういう名前の植物なのか、分からないのですが、きれいに撮れているでしょうか?
皆さんのブログでは、食べたものの写真なんかも撮られているんですが、意外に写真を撮りにくいですよね、すぐに箸をつけないと悪いように感じてしまったり、それに、恥ずかしいなって思ったり〜。そういや、今回、自分の写真はまったく撮っていません、一枚くらい記念に撮っておいても良かったかな〜 私は写真があまり好きではないんですよ、どうしてなのかな??

♪♪♪♪♪
今朝も、「勝手にラファエル・クーベリックの日」に参加です。
昨日はクーベリックのブルックナーを3番、4番と聴いてきました。

今朝は、ヴァーグナーにしました。
R・ヴァーグナー 『ニュルンベルクのマイスタージンガー』
ラファエル・クーベリック指揮 バイエルン放送響
(1967年の録音です)

Wagner: Die Meistersinger Von Nuernberg

(HMVではまだ購入できますよ〜〜)


ザックス:トマス・スチュワート
ヴァルター:シャーンドル・コーンヤ
エーヴァ:グンドゥラ・ヤノヴィッツ
マグダレーネ:ブリギッテ・ファスベンダー
ダーヴィット:ゲアハルト・ウンガー
ポーグナー:フランツ・クラス
ベックメッサー:トーマス・ヘムスレー   他

この録音を知ったのはどこだったかな? このCDは、二回発売されているようです、私は2組持っています。一つはこのアマゾンのリンクにあるもの、もう一つは、HMVで購入したものです。これは、2004年の12月に購入しているみたいです。

クーベリックの『マイスタージンガー』のHMVのサイトですぅ〜

音が良くなったと書いてあるのですが、私には良くなっているのかどうかは分かりません、爆〜。ブックレットは、Calig盤の方が充実していました。収録されたときの写真なども掲載されていました。

このオペラも、私はライヴでまだ見たことがありません。
昔、ミュンヘンのシュターツオーパーの来日公演、横浜での公演のチケットを購入していたのですが、病気で行けなくなり、友人に差し上げたことがあります。ポップさんがエーヴァを歌う公演だったのですが、今から思うと非常に残念です。

この録音では、若い頃のヤノヴィッツさん、ファッスベンダーさん、スチュアートさんの素晴らしい歌唱が愉しめますよ。

今朝は桂襪ら聴いています。一番好きなところです。夜明けを描いた前奏曲、それに続く、ダーヴィットとザックスの会話、その後、ザックスの『迷妄のモノローグ』になります。

ザックス役としては、ジョージ・ロンドンさん(全曲録音が残されていないのが非常に残念です;)、フリートリッヒ・ショアさん(メトロポリタンのライヴ録音が残されています)、それに、トマス・スチュアートさん(この録音)、F・ディースカウさん(ヴァルターがドミンゴさんで、この録音はあまり聴きません、爆〜)、この4人が素晴らしいように思います。録音の状態とかを考えると、このクーベリック盤が一番優れているのではないかなって思います。もちろん、マエストロ・トスカニーニ盤、これは凄いわけですが、録音状態が悪いですので〜。

あああ、もう一人忘れていました。テオ・アダムさんですよね、カラヤン盤ですね、これも素晴らしいですね。クーベリック盤かカラヤン盤でしょうか。

このヴァーグナーでも、クーベリックは、何か特別なことをやっている感じはまったくしません。ですが、音楽は流麗に流れます、どこかで滞ることがありませんね。昨日も色々な方のブログにお邪魔しました、それで、クーベリックのことがどのように書かれているのかなって思いました。が、どなたも同じような見解ですね。

それにバイエルン放送響の魅力も挙げられていますね。ドイツのオケストラというと、どうしても重厚な音作りって思われますが、南ドイツのオケストラは音が明るいように思います。もちろんドイツ系の音なんでしょうが、「ドイツの音」と一言ではとても言えないものがあるように思います。日本では、ドイツの音、フランスの音、というように、カテゴリーに入れて考える場合が多いようですが、私はそんなカテゴリーは無用ではないかなって思ったりもします。

ヴァーグナーのオペラ(楽劇)は、ずっと聴いているのが辛い曲がありますが、この『マイスタージンガー』には、そういうところがないですね、マエストロ・トスカニーニが一番愛していたというのも分かるような気がします。

しかし、『マイスタージンガー』は一晩で行われるオペラとしては、一番長いものですよね。なかなか全曲を聴くことはありません、一番良く聴くのが、3幕の1場でしょうか。


♪♪♪♪♪
今日から、日常が始まります、休みの期間が終わって仕事が始まります。
午前中は仕事の準備を始めます、夕方からの仕事なので。

沖縄はまだ雨のようですね、連休を沖縄で過ごそうとされていた方々は、ビーチに出られなくて、残念な思いをされているかもしれませんね。また、来年、沖縄に行きますよ〜。来年はどうなるでしょうか? また、新たな経験ができることと思います。


今日もブログを更新できました。
昨日はたくさんの方にコメントをいただきました、これからレスを書かせていただこうと思っています、少し遅くなるかもしれません、申し訳ありません。m(_ _)m


今日も感謝の気持ちを忘れずに、一日を過ごしたいと思っています。(^o^)


今日もポチッとお願いします。(^o^)
2位に踏みとどまっていますぅ〜!! 
さらなる応援をおねがいしますぅ〜〜 <(_ _)> 
今朝は、全体では、何とか1100番台に上がっていますぅ〜〜〜


にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
←  応援してくださいね (*^_^*) ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 ランキング、されどランキング 
応援を宜しくお願いしますぅ〜。ランキングに拘るのもどうかなって思ったりもします、こだわり出すと、もの凄く気になりますものね。毎日更新していますので、応援、宜しくお願いします。ミ(`w´彡)

ブログランキング
人気blogランキングへ
 ← ポチッとお願いします。 m(_ _)m

音楽ブログランキング ← このランキングにも参加しましたぁ〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜

アニメ『のだめカンタービレ』の公式サイトですぅ〜
DVDが、もう5枚届いています (^_^)v

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪
アマゾンからDVD、「おなら体操」のCDも届きましたぁ〜〜
初版特別版ですよ〜、まだ開けていません、爆〜。

来年のお正月に『のだめ』パリ編が特別放送ですよ!!


にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜 片岡千代丸ちゃんこと、片岡愛之助ちゃんを応援しています〜 (^o^) 将来の上方の歌舞伎を背負っていってくれると信じています。
これからも、愛之助ちゃんを応援しようと思っています。
愛之助ちゃんは、七月大歌舞伎で忙しいでしょうね〜 大坂の夏は熱いかも
海老蔵くんが怪我をしたようですね;早く良くなると良いのですが〜。愛之助ちゃんは六役で頑張っているようです、無理しないでね〜


3
ブログネタ
うつと暮らす に参加中!

Guten Morgen!!

お早うございます。
今朝も何とか起きあがっています。

昨日は、練習でちょっと嫌なことがあり、後を引いていますが、「空気」と思うことですよね〜。これは、ブログ仲間の方から教わりました。

♪♪♪♪♪
今朝は、久しぶりに、ヴァーグナーの『ニュルンベルクのマイスタージンガー』です。
ショルティは、『マイスタージンガー』を二回録音していますが、今朝は、一回目のヴィーンフィルでの録音です。

Wagner: Die Meistersinger von N醇вnberg


ザックス  ノーマン・ベイリー(Bs)
ヴァルター  ルネ・コロ(T)
ベックメッサー  ベルント・ヴァイクル(Br)
エヴァ  ハンネローレ・ボーデ(S)
ポーグナー  クルト・モル(Bs)
ダーヴィト  アドルフ・ダッラポッツァ(T)
マグダレーネ  ユリア・ハマリ(Ms)、他

ゲオルグ・ショルティ指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

一番好きな、第3幕から聴いています。
この曲が、ヴァーグナーの中では一番好きな曲です。ヴァーグナーが書いた曲で、喜劇はこれだけです。全編、明るい調性で書かれているところも好きな点ですね。

1幕は、昼間の明るさ、2幕は夜の静けさ(最後では大喧噪になるのですが)、3幕は夜明けの静けさ、最後は芸術の賛歌で終わります。

3幕の前奏曲は、とても美しい曲で、夜明けの雰囲気が良く出ています。ザックスとダーヴィットとの二重唱、ザックスのモノローグ(迷妄のモノローグ)、それからヴァルターとザックスの二重唱、ベックメッサーとザックスの二重唱、エヴァとザックスの二重唱へと進んでいきます。

何せ、1日で演奏されるオペラとしては、最も長い曲だと言われています。1幕 1時間半くらい、2幕 1時間ちょっと、3幕 1時間半ほど 全部を聴き通すことはまずありません。一番良く聴くのは、3幕の1場、それに、2幕でしょうか。

ショルティの新盤は、シカゴ響との演奏会形式での演奏会の録音ですが、旧盤は、もちろん、デッカの録音で、ゾフィエンザールでの録音です。この頃のヴィーンは、いい音がしていますね〜、本当に。それに、ショルティの録音は、本当にカスが少ないですね、どれも、水準以上の出来映えだと思います。

♪♪♪♪♪
今日も午前中だけの仕事です。
帰ってきてから、少し休憩して、練習に出かけようと思っています。

ようやく、エヴァの登場です。
『マイスタージンガー』のCDは、カラヤン盤、ショルティ盤2つ、クナ盤2つ、トスカニーニ盤、フルトヴェングラー盤、クーベリック盤、他にも色々と持っています。音は悪いですが、トスカニーニ盤は凄いですね、どれも好きですが、クナ盤は意外に聴かないかもしれません。

今朝も何とかブログを更新できました。
見てくださっている方々に感謝です。(^o^)


にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
← このランキングにも参加しましたぁ〜 応援してくださいね (*^_^*) ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜 少し上がりました。m(_ _)m


アニメ『のだめカンタービレ』の公式サイトですぅ〜
関西は火曜の深夜、水曜の2時頃からですね。

もう、DVDが出るようですよ、アマゾンで予約を開始していました。特典も付いているようです。アマゾン、タワー、HMVで、微妙に値段が異なっています、どうしようかな〜。アマゾンもポイント制になったみたいですね、HMVの影響かな〜

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

こちらも、DVDが出るそうです。欲しいですよね〜

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜

ブログランキング
人気blogランキングへ
 ← ポチッとお願いします。 (^_^)v ココのランキングも上がってきました、ありがとうございます。m(_ _)m

音楽ブログランキング ← このランキングにも参加しましたぁ〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜



3
ブログネタ
クラシック に参加中!

Guten Tag!!

いつものように、朝はファミレスで朝食 
帰ってきて、NHKの『芋たこなんきん』です。私は、藤山直美さんはあまり好きではないですが(爆〜 寛美さんの嫌なところを拡大解釈して見せられている感じがします)、他の出演者が良いし、それにドラマとしても面白いので見ています。

何となく、午前中、やる気でず、です。
ですが、今日の仕事の準備はしました、何とか〜。(^^)

♪♪♪♪♪
ヴァーグナー好きの私が、今年になってから、ヴァーグナーを聴いていなかったような気がします。

Wagner: Opera Arias &amp; Duets


今日は、ニルソンさんとホッターさんの競演のCDから
『タンホイザー』から、エリーザベトの二幕アリア
『さまよえるオランダ人』から、ゼンダのバラード、オランダ人との二重唱
『ローエングリン』から、エルザの夢
『ヴァルキューレ』3幕から、ブリュンヒルデとヴォータンの二重唱

レオポルト・ルートヴィッヒ指揮 フィルハーモニアの演奏で、1957年のスタジオ録音です。

ニルソンさんは、ライヴも素晴らしいんですが、やはり、スタジオ録音の方が、まろやかな声になっているように思います、録音場所にもよるのでしょうが〜。ホッターさんは、確かに暗い声ですが、ショルティの全曲盤ほどではなく、これだと、その当時の最高のヴォータンと言われたのも納得できますよ。
二人の二重唱では、最高のものかもしれませんね。切々と訴えかけるヴォータン、意外とフィルハーモニアの演奏も良いんですよ。

オケストラも歌手が良いと変わる場合がありますね〜。

かなり前に、ヴィーンのシュターツオーパーの引っ越し公演で、『薔薇の騎士』が二日あったことがありました。グンドラ・ヤノヴィッツさんがマルシャリンを歌うということ、ダブルキャストということもあり、私は両日ともチケットを買いました(結局、両日ともヤノヴィッツさんだったんですが)。一日目は、オケストラがやたらうるさくて、歌手の声が小さく聞こえたんですよ、そしたら、二日目には、オケストラがまったく変わっていて、歌手の声が良く聞こえる伴奏になっていたんです。それほど変わってしまうのですね、ひょとしたら、ヤノヴィッツさんが指揮者に文句を言ったのではないかなって思いました。

指揮者の名前は忘れましたが、確か、日本人指揮者でバイロイトに出たがすぐに降ろされた方がいましたよね、その人の代役の指揮者の方だったと思います。

♪♪♪♪♪
「ヴォータンの告別」は、いつ聴いても、良い曲ですよね〜。「魔の炎の音楽」からのキラキラした弦楽器、木管楽器、それを遮って出ている金管楽器 
ヴァーグナーという作曲家は、本当に、人を引きつける魔力を持った作曲家だと思います。


アニメ『のだめカンタービレ』の公式サイトですぅ〜
関西は、17日の深夜に放送です。待ち遠しいですね〜。今日の深夜でしょうか〜 (^o^)

フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ ← このランキングにも参加しましたぁ〜 応援してくださいね (*^_^*) ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜

ブログランキング
人気blogランキングへ
 ← ポチッとお願いします。 (^_^)v



ちょっと一言〜〜
XX exemption法案、あれは、バカにしていますね
「残業手当廃止法案」と正しく日本語で表現すべきですよね
どこかのアホ総理の「醜い国」と同じくらい、醜い表現ですね〜
ホンマに〜〜

5
ブログネタ
クラシック に参加中!

Guten Abend!!

大晦日の夕べですね

今日は、父親とファミレスに行き、デニーズです。そこの深煎りコーヒーは、割と美味しいですね〜。けっこう人は入っていました。

帰ってきて、年末恒例の、京都南座の顔見世興行の舞台中継を見ました。
坂田藤十郎さん丈 『雁の便り』の三二五六七 久しぶりで観ました。

私が観るのは、3度目です。初めては、扇雀時代に、国立文楽劇場での公演、『梶原平三誉石切』もやられました。上方式の演出で、面白かったのを覚えています。この時期は、初代の当たり役をやっておられた頃ですね。『雁の便り』は、二世延若の出し物だったと思います。ですから、延若型でやられていたと思います。

二度目は、鴈治郎襲名興行で、確か中座(松竹座だったでしょうか)で観ました。顔の作りが前とは異なっていたように感じました。今回と同じような作りですね。

やはり、上方狂言は良いですね
「お玉どん、しらんがな〜」
「おいでた、おいでた」
「こっちゃ想いの、あっちゃなんともなしじゃがな〜」

下座も愉しいですよね〜
「向こうに見ゆるはな、ありゅさ、あれは藤十郎さんの定紋じゃ、藤十郎さささ、山城屋〜♪」
もっと、こういう狂言をやって欲しいですね〜♪

♪♪♪♪♪
年末は、『ヴァルキューレ』3幕のヴォータンの告別を聴くのが慣例になっています。
歌手は、もちろん、ジョージ・ロンドンさん クナッパーツブッシュ(クナ)指揮 ヴィーナーフィルハーモニカーです。

George London


私が初めてヴァーグナーのLPを買ったのが、クナのヴァーグナーの2枚組でした。管弦楽が入っているのかと思って買ったのに、歌が多くて、ガッカリしたのを覚えています。ですが、今では、それで、ヴァーグナーのオペラ、楽劇を知ったんで、良かったかなって思っています。フラグスタートさん、ニルソンさん、ロンドンさんの独唱、それに、『神々の黄昏』から、ジークフリートのラインへの旅、ジークフリートの葬送が入っていました。

『ヴァルキューレ』のロンドンさんは、クナの素晴らしい伴奏とともに、最高のヴォータンの歌唱を聴かせてくれます。『マイスタージンガー』からザックスのモノローグも2曲入っています。意外にこれがCD化されたのが遅かったんですよね、私の愛聴盤の一つです。ヴォータンでは、テオ・アダムさんも好きですね、ベーム盤ですが。ベームの指揮も引き締まっていて、冗長さを微塵も感じさせませんね。

「ヴォータンの告別」の前奏のところ、とんでもない音がしますよ。先に1stヴァイオリンがフライング気味に出てくるんですよ、その後、トロンボーン、ホルンのフォルティッシモ、最高ですね、ヴァーグナーを聴く醍醐味を味わえます。

このCDには、ロンドンさんがミュージカルナンバーを歌っておられるんですが、これまた、良いんですよね。

♪♪♪♪♪
今年の5月から、このブログを立ち上げました。
この頃ようやく、来てくださる方も増え、本当にうれしく思っています。

皆さま、良い年をお迎えくださいね〜 ギャボ〜〜



フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜
のだめちゃんは、終わってしまいましたが、リンクは残しておきますね〜♪♪

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ ← このランキングにも参加しましたぁ〜 応援してくださいね (*^_^*) ランキングが上がっていると励みになりますぅ〜〜

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜

音楽ブログランキング ← このランキングにも参加しましたぁ〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜



4
ブログネタ
クラシック に参加中!

Guten Abend!!

今日は、ドラマ『のだめ』の第8回の放映日ですよ。
今日は夜の仕事が休みで、オンタイムで、皆さんと見ることができそうです。と思っていましたが、始まってから寝てしまい;;
DVDの録画を見ています。皆さんはどうでしたか?

出てきた音楽をチェック〜〜♪
(きっとダンベルドアさんの方が正確とは思いますが)

千秋さまのお母さんが登場ですね 水上の音楽
ラフマニノフのピアノコンチェルト2番 ブラームスの1番のシンフォニー4楽章
黒木くんがおだめちゃんにお花を持ってくるところで、ベートーヴェンのロマンス 
真澄ちゃんがのだめちゃんは変態ですよっていうところで、熊ん蜂の飛行 
鰻のタイムサービス ハチャトリアンの「ガイーヌ」から剣の舞
アランフェス・コンチェルトの2楽章のコールアングレのソロ
で、ベトベンの7番のシンフォニーの1楽章、

CM後、音楽コンクルに
黒木くんがリードを水につけすぎる ブラームスのハンガリアンダンス5番
清良が2位になるところで、カイ・ドゥーンが登場 チェロの菊池くんの優勝
鎖につながれる、のだめちゃん
清良が落ち込み、龍太郎くんが慰める フォーレの「シシリエンヌ」
ああああ、二人はホテルに〜@@

ブラームスの交響曲1番、4楽章
千秋さまの練習シーン

オケストラ演奏会 メンデルゾーンの「イタリア」1楽章
モツアルト交響曲25番、1楽章

千秋さまが変な夢 飛行機恐怖症
のだめちゃんが催眠のかけるところで、ムソルグスキー「展覧会の絵」から「バーバヤーガ」

のだめちゃんが催眠術の本を
ブラームス、シンフォニー1番の1楽章
またリハーサルシーンに

オリジナル曲も入ってきていますね〜
ラヴェルの「ボレロ」

R☆Sオケストラの演奏会では、多賀谷彩子と千秋さまのお母様が〜
黒きんの、モツアルトのオーボエコンチェルト

千秋さまの指揮振りも段々それなりになってきていますね〜
黒きんのオーボエは、いつも通り、ビブラートが一様ですね〜;
(どうもNオケストラのセカンド奏者のIさんの演奏みたいです)

シベリウスの「カレリア組曲」
佐久間さんの訳の分からないコメント

メイン曲は、ブラ1ですね
のだめちゃんも客席に「その口止めろ」と、千秋さま
1楽章から4楽章に
最期のコーダに〜!!
真澄ちゃんが格好の良いところですよ〜
カイ・ドゥーンがブラボーの一声、コミックはどうでしたか??
読み直してみないと。のだめちゃんは泣き崩れています。

のだめちゃんの催眠療法
「あなたはプラハから日本に向かう飛行機の中にいます」
「あなたの右隣にいた人は?」「音楽好きのおじいさん、ヴィエラ先生のパンフレットを持っていた」 なのに、胴体着陸 
ああああ、バーバーの「弦楽ためのアダージョ」効果的な使い方ですね、それに名曲〜
のだめちゃんが「誰にもどうにもならなかったんですよ、もう良いですよ」と、ミルヒーからもらった時計を千秋さまに握らせる。

のだめちゃんは、ピアノの譜面を譜読みし出す
「タイマーが鳴ったら、目を開けてください、大丈夫です、先輩はもう飛行機に乗れます」

あああ、終わりの、「ラプソディ・イン・ブルー」が〜〜♪
(クラシック音楽監修の方は、「のだめ」で、荒稼ぎをしておられるみたいですね;;
オケストラの後輩を使って、全国ツアー中、良いのかな〜爆。)

来週は、のだめちゃんのコンクル、飛行機に乗せるのは龍太郎くんになっていますね
コミックとは相当変わっていますね。
来週も面白そうです、(^_^)v

♪♪♪♪♪♪

今日は4時過ぎに帰って来ました。
ニュースを見て、浅田次郎著『蒼穹の昴』第1巻の3回目です、もう半分くらい読みました。

Friedrich Schorr Sings Wagner


今日は久しぶりに、ヴァーグナーを聴こうと思いました。
1930年代から40年代に活躍した、バリトンのフリートリッヒ・ショアの歌う、アリア、モノローグ集です。もちろん、SP盤からの復刻です。
意外に音は良いですよ。
ショアは、その当時の、ザックス、ヴォルフラム、ヴォータンとして第一人者であったそうです。
『ヴァルキューレ』のヴォータンの告別 暖かい声で歌っています。1927年の録音です。20世紀前半の最高のヴォータン、ザックスと言われたのも分かるような気がします。
見事なヴォータンですよ。ベルベットのような肌触りの声です。

これから、『マイスタージンガー』のザックスの歌声を聴いてみます。

Gute Nacht!!


フジテレビの『のだめカンタービレ』のサイトですぅ〜


にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ ← このランキングにも参加しましたぁ〜 応援してくださいね (*^_^*)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ ← このランキングにも参加していますぅ〜

音楽ブログランキング ← このランキングにも参加しましたぁ〜♪ 応援、宜しくですぅ〜〜


このページのトップヘ