■ 音が苦史2018 ■

音楽の歴史にまつわる話題と、日々の出来事の考察

コンビニに車突っ込み2人ケガ

インターネットで配信されるニュース、普段は 「見出し」 が要領を得ないことや

日本語的センスのなさに頭を抱えることが多いのですが、

今朝札幌のコンビニに事故車が突っ込み店内に居た2人がケガをした、

という記事の 「見出し」 はなかなか秀逸でした。

スポーツ紙では時々見かけるのですが、

見出しを 5・7・5 でまとめているのです!

「コンビニに 車突っ込み 2人ケガ」

編集デスクに遊び心のある人がいらっしゃるのか、

それとも偶然そうなったのかは判りませんが、

このセンスは大切にしてほしいと思います。

この事故、ケガをされたお二人も不幸中の幸い、軽傷で済んだ由。

だからこんな言葉遊びも許されるのでしょう。

西日本豪雨の報道でこれをやったら炎上間違いナシです。

そのような自制も十分効いていること、

この 5・7・5 見出しを 「意図的なもの」 と判断した根拠のひとつです。


ウォシュレットに異変が!

もう何日連続か確認するのも厭になるほど猛暑日が続きます。

わが家のウォシュレットにも異変が!

便座フタは接近者があるとセンサーが感知してウィーンと開くのですが、

連日の猛暑でセンサーに異状が生じたのか、

近づいてもウンともスンとも反応しません。

おいおい、大丈夫かと顔を近づけて叱咤激励すると青息吐息で

ウィ…〜ん、イン、インと苦しそうにフタを開けますが、その様子がなんとも痛たましくて

思わず手を添えてしまいます。(笑)

根本的な解決策はセンサーを交換するしかないのか?

それとも秋になり少し涼しくなったら元気を取り戻すのか?

暫くの間、見守りが必要のようです。


壊滅的被害

全ての大雨特別警報が解除され一夜明けた朝…

中国・四国地方の壊滅的被害が明らかになりました。

大きな被害が広範囲に及ぶ現状を鑑みると、

ひょっとすると大地震より深刻なのでは?と感じます。

当面は物流に大きな影響が出そうですが、

被害箇所の復旧を急ぐとともに、長距離フェリーを積極的に利用して

影響を最小限に止める対策も求められそう。

とにかく壊滅的被害を長引かせないことが重要です。

国にも積極的な支援を是非お願いします。

√5

√5 = 2.2360679… (富士山麓オウム鳴く)

朝原彰晃をはじめオウム真理教幹部7名の死刑が執行!



そんな今日、福岡・佐賀・長崎3県に 「大雨特別警報 (すぐ逃げろ!)」 が発令され、

午後に福岡で仕事を終え熊本の自宅に帰宅するのに一苦労しました。

・ 大雨に強い (はずの) 九州縦貫自動車道路 (高速道路) が通行止め! (オオッ!)

・ 西鉄大牟田線 (天神〜大牟田) が運転見合わせ (福岡市南区大橋〜西鉄久留米)!

・ JR 在来線 (鹿児島本線) が運転見合わせ (二日市〜羽犬塚、線路冠水)!

辛うじて動いている九州新幹線にやっとこさ乗り込み、乗車率200%の自由席で

一路熊本へ。

博多駅周辺は近隣の御笠川が氾濫警戒水位を超えたとかで地下鉄駅へのアクセスを制限

(間一髪セーフ!)。 今後も明日にかけて大雨特別警報は継続する模様で、

一刻も早く福岡を離れて熊本に帰るという判断は大正解でした。

この判断はリアルタイムの気象情報を基に、日頃からまさかの時に備えてシミュレートしている

避難プランを組み合わせて導き出したもの。 やはり日頃からの備えが大切ですね!

公共交通各社にお願いしたいのは、アクセスが集中して閲覧不能になる事態を見越して、

各種ポータルサイトに具体的な運行情報を 「早めに」、「積極的に」 提供していただきたい

ということ。 お〜い、JR九州、聞いてるか?

乗り場・改札口まで行かないと情報が判らないというのは最悪!

さて無事に帰宅したのでイワシの刺身で一献ぢゃ。(笑)

初夏のイワシは旨いっ!


このたびは大変おさわがせして申し訳ない

最近は謝罪会見も事前にきちんとした打合せがなされ、

かつてのような 「しどろもどろ謝罪会見」 を見ることは殆どなくなりました。

しかし今なお1点だけ理解に苦しむことがあります。

それは謝罪冒頭の言葉です。

「このたびは (世間を) 大変おさわがせして申し訳ない」

一体何を申し訳なく思っているのでしょう?

世間をさわがせたことが問題なのかぁ?

そうじゃないでしょう。

「対戦相手校選手を怪我させてしまって大変申し訳ない」

「大変」 という副詞も 「おさわがせして」 ではなく 「申し訳ない」 に掛かる方が効果的なのに。

「本心では申し訳ないなんて露ほども思っていませんから」

という感情がぽろりと出てしまったからなのか、

「とりあえず謝っておくのが無難」 という弁護士の知恵で渋々開いた謝罪会見なのか?

形式的な謝罪会見はあまり意味がないよなあ…


勘違い



最近ウグイスの鳴き声をよく聞きます。

木立の中を歩いていると (田舎なので…) どこからともなく

「ほう、法華教!」

という声が聞こえてきます。

でもその場所を通り過ぎてしまうと鳴き声はパタリと止みます。

調べてみると 「縄張りに侵入した外敵に対する威嚇の意味もある」 とのこと。

人間は 「美しい声だ」 と思っていても

ウグイスにしてみたら 「オラオラ、挨拶もなしか、おう!」

と激おこなのかもしれませんね。(笑)

明治期以降、洋画が日本に入ってきて 「静物画」 が好んで描かれるようになりますが、

魚をモチーフにした静物画がキリストを象徴していることなどつゆ知らず。

キリスト教が文化の下地に十分浸透していない日本では

「魚は単にサカナ、主に食糧と見做す」 のですから。

そんな勘違いがいけないことだとは思いません。

物事の見方は360度、あらゆる解釈が可能であり、

そのように自由な見方の出来る文化こそ

豊かな文化といえるのですから。


どん兵衛どリッチ全部のせ

どん兵衛どリッチ前部のせ

巷で話題の 「どん兵衛どリッチ全部のせうどん」 なるものを試食。

711で290円(日清希望小売価格)+8%消費税で313円。

高いといえば高いし安いといえば安い。 いつも近所の食品スーパーでは

普通のどん兵衛が120円前後で売っているから2.5倍の値段。

「きつね(揚げ)」 と 「肉」 と 「天麩羅」 の3種の具が同時に味わえる

というところが 「どリッチ」 なんですか。 ま、庶民のささやかな贅沢です。

でも正直な感想は 「天麩羅」 要らないから 「肉」 を増量してほしい。

「揚げ」 も 「肉」 も甘めの味付けなので 「天麩羅」 だけ味付けのベクトルが違う。

結論! ノーマルのどん兵衛を買っておぼろ昆布を山盛り後載せで食べるのが

一番安くて旨くて満足度が高い!

手軽に肉を味わいたければ 「かしわ(鶏肉)」 をめんつゆ+砂糖で煮たものを

山盛りに載せると 「超どリッチ」 になるぞ〜!

あ、それやるなら最初からカップ麺なんか買わないか。(笑)


ブログ内記事検索
profile

● オルガン弾き ●

Archives
  • ライブドアブログ