結果

2021年11月28日

京大に敗れ 2021年度は6位

【対戦結果:●19:47】
【対戦相手:京都大学】                                                                                                                                          
【日時:2021/11/28日)14:00】
【会場名:JR鷹取グランド】
【試合名:Bリーグ交流戦】
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 【メンバー】
1村上 翔太(➌関西大倉)
2.福 翔樹(❹御影)
3.米田 裕平(❹八尾)→後半 山之内
4西條 護(❹高津).
5中井 悠人(M\橋騎惘燹法
6槙野 洋人(❷星稜)
7浅海 有基(❹関西大倉)→後半 赤木
8.南野 亨.太(❸尾道)→後へ
9.川瀬 勇生(➌桃山学院)
10.岡 咲弥(❸関西大倉)
11.鉾立 政公(M〇余鯑蹇泡後半 安藤
12濱尾 爽一郎(❹住吉)
13.小川 蓮弥(❶尾道)
14.青山 大河(❹膳所)
15.合羽 尚也(❹近大付属)
16.向井 勇作(❶寝屋川)
17.綱嶋 雅也(❷千里)
18.山之内 隆(➌明治学園)
19.赤木瑶平(❹近大付属)
20.倉橋 太陽(❶近大和歌山)
21.安藤 翼(❶奈良朱雀)
22.高村 鷹志(❶上宮太子)
23大西尭人(❷桃山学院)

【スタッフ】
朴 翔昊(❹六甲アイランド) )伊藤孝太(❶金蘭千里) 椙本廉太朗(❷上宮太子)西濱 慧(❷尾道)
猪池一輝(M‥躬崖惘 

【マネージャー】
藤井志帆❹(近大付属)蘇武まなみ❸(西宮東)
木村萌那❸(奈良県郡山)藤本あかり❷(高津)
大野安那(❶プール学院)

【試合経過】
京大KO
・・10分余り自陣での戦いをしのぎ、反撃開始。
12分 PKを得て京大ゴール前に魏にタッチキック。ラインアウトからのモールを
...........押し‖湿絮γ羇T合羽G  7:0
16分 中央付近からの京大のキックのバウンドが京大にすっぽり入りパス。受け
...........た選手にポスト右にT.G   7:7
21分 ゴール左に迫るもドロップアウト
24分 京大陣に入って15m付近から右に回し南野右中間T.G。    14:7
32分 京大PKから大教左ゴール前にタッチキック。ラインアウトからのモール
............で左中間T  14:12   
36分 京大が大教インゴールにキック。バウンドを処理できず左中間にTGを許す。  
...........4:19
後半
・8分 大教自陣ゴール前で反則。京大PG狙うも外す。
11分 大教右ゴール前に迫った京大、大外に余ったウイングにキックパス。
...........左中間にTG。  14:26
17分 京大➑の突破を許しサポートした選手が中央TG。     14:33
27分 京大、大教ゴール前で波状攻撃。ポスト右にTG。     14:30
   大教シンビンのため14人に。
30分 京大、右展開から中央TG。        14:47
42分 15人人に戻った大教、40分を過ぎてミスの許されないアタックを続け、
...........最後は執念の左展開で㉑安藤左スミT。 19:47

 前半はほぼ互角、後半で突き放されるという試合展開は、9/26の1次リーグで14:45と敗れた試合と同じです。先週の京大vs大産大戦も同じような展開でした。これが京大得意のゲームプランなのかもしれません。後半の京大の溌溂としたプレーに圧倒されてしまいました。
 差が出たとすると それはキックであったと感じています。上記の試合経過でもあるようにバウンドが京大有利にはずんだり キック処理にもたついたりという場面が何度もありました。バウンドも含めたキックは、京大に運があったのか技術なのかはわかりませんが、大教が流れをつかめなかった大きな要因であったことは間違いありません。部員数の少ない我がチームが練習するのは難しいですが、いかにキックを有効に使い、エリアを進めペースを掴むかは、今後も大教の課題でしょう。
 これで2021年のチームは終わります。そして4回生 朴君・米田君・西條君・赤木君・浅海君・川瀬君・合羽君・濱尾君・青山君・藤井MG、院2年鉾立君は卒部となります。とくにこの2年間はコロナの影響で例年以上に自主性が求められました。そんな中でBリーグ12チーム中の6位は立派な結果を残したのは、君たちの力が大きかったに違いありません。11名もの人材がいなくなるのは痛手ですが、後輩たちに身をもって伝えてくれたことも多いのではないでしょうか。
OB会長・監督 窪木



rugby_okd333 at 23:45|PermalinkComments(0)