XBOX360の有線コントローラが壊れてしまいました。
もう2年使ってますしね…。コントローラは消耗品!
最初からついてきた無線コントローラを使うことにします!


とは言ったものの、そのままでは箱○のコントローラは十字キーが使いづらいです。
肝心な時に誤動作を起こして…死ねます。
特に下キーと左斜め下キー。
これは分解してちょっと弄るだけで改善できちゃいます。

そんなわけで、無線コントローラを分解。
十字キーをさっくり改造します。かかる時間は10分
長くても20分ぐらいだと思います。
サクっと終わるのに、十字キーが使い易くなるので超オヌヌメ!

*ただし、分解は自己責任で。*
*分解におけるトラブルや不具合は当方では一切責任を持ちません*


手順通りにやれば、よほどのことが無い限り失敗しないと思うけどね!!


まず、無線コントローラを分解するのに
T8トルクスドライバーが必要です。
先っちょが星型になっている特殊なネジ(ゲームボーイなど)を外せます。
星型の形です






星型。先がこんな形をしてます。
T8と書かれているものを買いましょう。

100均にも売っているらしいのですが、見つからなかったので
ホームセンターで買ってきました。380円也。
T8トルクスドライバー



ちなみに、有線コントローラの場合はこのドライバーはいらないです。
+ドライバーで開けることができますよ!

しかも分解後の工程は、ほぼ同じです。


さっそく分解しちゃいます。
が、その前に手を洗いよく拭いて静電気を落とします。
基板がショートしたら大変なので。

気を取り直して分解!
電池裏にもネジがあります






電池ぶた裏にもネジがあるので忘れないように。


\くぱぁ/
バラすとこうなります。






こんな感じ。

図の部分を切りとります。









上に付いているゴム。
丸で囲んでいるところが干渉しています。

丸く囲んだ部分が干渉します。






ゴムの下。丸で囲んだでっぱり部分が上に上がり
ゴムを押す仕組みですが…←こんな状態。
でっぱり部分を切って遊びを作らないとダメです。 

干渉している部分を、ゴム上を参考にして切った後に
丸く切った紙をはめ込んで十字キーの硬さを調整します。
薄い紙を1枚入れてもいいし、2枚重ねてもok。
厚い紙を入れてもイイヨ!
自分の好きな硬さに合わせましょう。

その辺の紙を丸く切って敷く。






↑厚い紙を入れてしまったせいで、十字キー硬すぎだった…(ノД`)。
そんなわけで後に泣く泣く修正することになる図。
\マヌケだー!/


後は元通りに組みなおして、完成!
箱○で動作確認して終わりです。

お疲れ様でした。


 

ーーーー2011/02/13ーーーー
別記

01








ついに箱○、2個目のコントローラが壊れました!
ってことで新しいコントローラ買ってきたよ。
黒色のワイヤレスコントローラ(純正)です。
前回バラした、白色の有線コントローラ、無線コントローラでは
赤い丸のゴム部分に切り込みが無く引っかかって
入力にイライラしましたが、新しいのは改善されてます。

*調べても、新型コントローラは十字キー改善した!とか言ってるのはみるけど
分解した時の写真がでてこないので載せてみました。