ハンドメイドいろいろ

2013年03月24日

手作り・春の花柄カバン

本当は冬用に作ろうと思ってたけど、春になって完成したので、春用のカバンに。
それがこれ。
052









タック入りのでかカバン












055



濃い目のブルーに花柄で、花は生成りとピンク。


私好みの色柄





布を切ってみて、「これはいくらなんでもデカすぎるだろう」と思い、型紙よりも縦横2センチずつ小さくした。
それでもやっぱり大きすぎかなあ〜なんて思ったけど。



062






持ち手は濃い茶色。








内布は薄ピンクに白のドット。やはりこういうときに便利なのはドット柄だね
内側にもタックが入ってるが、なんとかポケットを付けてみた。

059





横の大きさはいいけど、もう少し深めのポケットにしてもよかったかな〜








今回は図書館で借りた、この本から。
CHECK&STRIPE みんなのてづくり
CHECK&STRIPE みんなのてづくり [単行本(ソフトカバー)]

主に『リバティの布紹介本』とも言えるが、小物などは可愛いと思う。


完成した当初はでかすぎなカバン、と思っていたけど、本や着替えなんかもスポッと入るので、大きいと便利


さて、ここからは完全に春夏物になるけど、思ったより早く春が来てしまったので急いで取り掛からなくては
ハンドメイドの紹介はボチボチやるとして、また文章の多い記事に戻りますのでよろしく


読んでいただいてありがとうございます!
↓大変お手数ですが、押していただけるととっても嬉しいです。どうぞよろしくお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

ruhruhlilia at 08:57|Permalink

2013年03月16日

手作り・ファーティペット&ファーカチューシャ

今回は冬物の残りの記事で、娘用の小物

こちらがそのファーティペット
036






色違いで2色作ってみた。



後ろのは黒に見えるが、濃い茶色。











せっかく作ったのに、うちの娘は『首がしまる』とか言って、使ってくれない。
実は娘は同じ理由で、タートルネックの服も着てくれないのよね・・・。

ファーティペットはもっと大きくなっても使えるので、まあいいか


今回のファーティペットはこの本から。
a sunny spot 女の子のまいにちの服 (Heart wariming life series)
a sunny spot 女の子のまいにちの服 (Heart wariming life series) [大型本]

最近のイチオシのハンドメイド本
シンプルでナチュラルな雰囲気、豪快なギャザー、そしてサイズ140センチまで掲載してあり、私の欲求をすべて満たしてくれている本。

これから春夏ものは、この本から何点か作っていきたい




それからもうひとつ、ファーカチューシャ
041













ネットショップで売ってたカチューシャが可愛かったので、これなら真似して作れそう、と思って作ってみた。

黒い手芸用のカチューシャにファーをつけただけ。
布とカチューシャを糸で縫ってとめるだけではちょっと頼りないので、強力なボンドで付けたら、バッチリ
それからさらに糸で止めて固定。

作ってるときにボンドが出すぎて、私の指が3本引っ付いて、なかなかはがせなかった
何やってんだ、私

つけたらこんな感じ。
008



冬用のゴスロリ服に合わせて。




ファーマフラーよりもカチューシャの方が気に入ってくれたけど、結局この冬は一度も着けなかったなあ


今回、ファーを買ったのはこのお店→
大きさのわりに値段が安いけど、むしろファーがあまってしまって、使い道に困るかも
レースなどもいろいろ安い。

うちのファーも大量にあまってしまった


読んでいただいてありがとうございます!
↓大変お手数ですが、押していただけるととっても嬉しいです。どうぞよろしくお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

ruhruhlilia at 05:53|Permalink

2012年10月30日

手作り・花柄リネンのバッグ

今年の夏、どうしても作りたかったもののひとつに、リネンの花柄バックがあった。
布地は大花柄のリネン、持ち手はバンブーのバッグ。

ネットショップで迷いに迷って、購入。
本当は生成りが良かったけど、気に入るのがなくて、グレーに。
002



ネットではリネンは安く売ってるけど、これはそこそこの値段。私的には奮発した






で、よく見たら布ミミにKOKKAって書いてあった。また選んでしまった・・・
ネットショップの購入画面には、KOKKAとは一言も書いてなかったのに無意識で選んでるとは、なんか怖いわっ


そして完成したのがこれ。
006






こういうデザインだと、真ん中に大きなレースを縦につけたりすることが多いと思うが、布が隠れるのがもったいなくて。

でも何もないと寂しいので、100円の飾りをつけた。









008



裏地もあせた感じのリネン。
紫地のドット

リネンである必要は全くないわけだが、安かったので。





持ち手は手縫いのまつり縫いで付けるわけだが、重いものを入れたら使ってるうちに糸が切れてしまうんじゃないかと思ったけど、意外や耐久性はバッチリ
布も上等なだけあってか、痛まないし丈夫。バッグはこうでなくてはね


今回はこの本から。
花柄で作るバッグとお出かけこもの―トートバッグ ショルダーバッグ ボストンバッグ ポ (レディブティックシリーズ no. 3079)
花柄で作るバッグとお出かけこもの―トートバッグ ショルダーバッグ ボストンバッグ ポ (レディブティックシリーズ no. 3079)

この本からは小物も含め、6作目
なにげに活躍してるなあ〜

でも本とは素材も変えたし、型紙も横広がりに大きくした。持ち手のつけ方もちょっと変えたかな


おまけ
娘用のシュシュも作ってみた。

003


100均ではあまり可愛いのがないし、まともに買うと結構高かったりするので。

白レース、黒レースなど付けてみた。






おまけ・2

記事スペースが余っているので、お勧め本の紹介など

図書館で借りてみた本なんだけど、なかなか良かったので。

シンプル&ちょこっとデザイン おんなの子服おとこの子服シンプル&ちょこっとデザイン おんなの子服おとこの子服









かんたんすっきり おんなの子服おとこの子服 (Heart Warming Life Series)
かんたんすっきり おんなの子服おとこの子服 (Heart Warming Life Series)

カーディガンやタートルなどベーシックなアイテムもたくさん掲載されてて、図説もしっかりしてるし、可愛らしいデザインの服ばかりだし、ナチュラル風なおしゃれ服が好きな人におススメのハンドメイド本
男児のパンツも形がきれいでかっこいい

この本に載っているチュニックを春頃に作ろうと思って、型紙だけ作ったんだけど、布を買うときに迷って選べず、結局断念

この本に載ってる服はすごく可愛いのだけど、ほとんどニットで作るものなので、私には向かない。
ニット地はニット糸を使うのがいいのだけど、コンピューターミシンではニット糸を使うと、糸調子が合わなくなり、故障の原因になる
糸がおかしいとすぐに調子の悪くなるのがコンピューターミシンなのだが、糸の巻き方を直すと勝手に調子が戻ったりしてくれるところもいいところ
まあ、ニットよりもリネンとかのが好きなんだけどね。

まだハンドメイドを続けるなら、そのうち娘も小学生になるので、学校で着れる服を(私服通学なので)作りたいと思うけど、そうなるとやはりニットのような素材がいいだろう。
そんなわけで、ロックミシンの購入も考えてるけど、はたしてミシンの元を取れるほど作れるだろうか
でもとりあえずお金の工面ができないので、保留ということで。

それにしても、ハンドメイド本はだんだん買いづらくなってきたなあ〜
サイズが120センチまでの本も多いし、今買うとしても140まで載ってるやつでないと買う気がしないなあ。


読んでいただいてありがとうございます!
↓大変お手数ですが、押していただけるととっても嬉しいです。どうぞよろしくお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

※遅ればせながら、コメントをくださった方々のブログに訪問させていただいてますが、ずっと更新をされてないブログにはまだコメントを残せておりません。
ブログ自体が削除されてしまったという場合もあって、すべての方のところに訪問出来ていません。
またアメブロでコメントの設定が会員限定の上、リンクが自由に貼り付けられない設定になっているブログにも、こちらの都合上、コメントを残せないので、申し訳ありませんがご了承ください

ruhruhlilia at 06:59|PermalinkComments(13)TrackBack(0)

2012年09月10日

誕生日プレゼント・手作り『こんとあき』のこんぬいぐるみ

さて、娘にあげた手作りのプレゼントのこと。

それは、この絵本に出てくる・・・

こんとあき (日本傑作絵本シリーズ)こんとあき (日本傑作絵本シリーズ)
著者:林 明子








コン








こんのぬいぐるみ













会



ちなみに、誕生日当日の記事の中でもしっかり登場。
ついでに作ってみた

なんでキツネ?って思った人もいたかな




こんを作るに至ったきっかけは、とある場所でこんのぬいぐるみを見つけたこと
そしてそれが、絵本に載っている型紙から作ったものと知って、こん人形が自分で作れるものなのだと興味が沸いたのだった。
絵本の型紙だけでこんを作った人のブログを見たことがあるので、これでも作れるはずだが、絵本の出版元である福音館のサイトには、作り方の説明と型紙が載っている。
絵本の型紙と見比べてみると、HPの型紙も大差はないが、パッとみた感じ、HPの方がより立体的にできるように思う


この家にはそもそもぬいぐるみなんて全くなかったのだが、今ではちょこちょこ増えて、タンスの上を占領している。

画像 1633


中でも私がかつて作った、赤ちゃん人形の『ももちゃん』は、ままごとでもよく使っているし、よく抱っこしてはすごく可愛がってくれている




きっと『こん』も気に入ってくれることだろう。
ぬいぐるみはあまり作ったことないのだが、HPには作り方も詳しく載っているし、上手にとはいかなくても、なんとか作れる自信はあった。
なぜって、『ももちゃん』以上に難しいものは、そうそうあろうはずもないと思ってるから
『ももちゃん』は、今まで私が作ったものの中で、一番難しかったともいえる
これに比べたら、動物ならまだ大丈夫なはず。形は作りやすいだろう

あとの問題は、ぬいぐるみの生地が見つかるかどうかだが、ネットでいろいろ探して、値段を比較して見つけたのがこちらのお店

なぜプードルファーなのかというと、安いから
普通にぬいぐるみの生地が一番いいのだろうけど、やはりコストがかかるので・・・

私は濃いベージュを選んだけど、薄いベージュを使うともっと優しい雰囲気になるでしょう。
タオル地やフェルトなんかでもいいと思う

160



手足はジョイントが付いているので、肩と足の付け根が動くようになってる。


ぬいぐるみで難しいのは顔と組み立てだと思うが、組み立て位置はジョイントだし、型紙の通りの位置にすればいいので簡単




162


一番手間だったのは
細いワイヤーを入れることで、口がびしっと開いたままになるのだが、この部分はちょっと嫌になった

実は私が最初に見かけたコン人形は、口がなかった。
なので、完全にオリジナル作品なのでしょうね。
口が開いてると、やはりワイルド感がでるな

こうして見ると、たしかにキツネだねえ。

こんは、サプライズ的なプレゼントではなくて、(時間がないので)娘の目の前で作っていたから、パーツが出来上がるたびに「可愛い〜」と騒ぐ娘だった。
頭部を胴体につける前から抱っこして遊んでいた。
首なしキツネ人形を抱きしめる娘、なんか怖い

製作にあたっては、お盆休暇を一日かけて、娘の相手を適当にしながらも、チクチク手縫いでその日のうちに出来上がったので、裁断から含めても、丸一日つぶせばできると思う。
ぬいぐるみの中でも、こんは作りやすい。


しかしここからが手間だった
本体だけでも良かったけど、も作る気で布を買ってたので、ここまできたら完璧に作りたいと思って。
(服もHPに載っている)

163




いくらぬいぐるみの服とはいえ、普通にシャツとパンツなので、これはこれで結構面倒だった


よく間に合ったなあ〜って思う。夜更かししたり早起きして、ちょっとずつ作っていった。

服の色は絵本のまんま。(というか、HPのまんま)







165



小さいからすぐ出来ると思ってたら、そうでもなく、むしろ慣れない大きさなので作りにくい







ズボン



ズボンのブカッとした形は可愛らしく、なかなかよくできた型紙だ








BlogPaint



やはり、娘はとても気に入ってくれた

絵本に従って、こんのしっぽには包帯を巻いてみた





それにしてもでっかい!
私の想像の1.5倍くらい大きい

本当なら4歳の誕生日の時に絵本と一緒にあげたら良かったんでしょうけど、当時はそんな発想なくて

こんはたくさんの人に作られている、ぬいぐるみ。ネットで検索しても結構見つかったりする
ずっと大切にしてくれるといいな


読んでいただいてありがとうございます!
↓大変お手数ですが、押していただけるととっても嬉しいです。どうぞよろしくお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

※ブログの訪問がなかなか出来なくてすいません。
ゆっくりですが、これから少しずつ周らせていただきます。
すごく久しぶりに荒らしが来たので警戒していますが、悪質な荒らしは一度でもホスト名表示します。

ruhruhlilia at 07:05|PermalinkComments(29)TrackBack(0)

2012年05月02日

手作り・小物いろいろ

去年の夏くらいからちょこちょこ作ってた、簡単なハンドメイド物がたまってきたので、まとめて記事にしてみた
※一部紹介済みのものもありますが、カテゴリに分類するために、編集しなおしました。


バッグインバッグ
去年の夏ごろに作った、カバンの中のものを整理して入れるためのバッグ。

バックイン




外側はダブルガーゼで、内側は綿の花柄。







バックイン中



携帯と車の鍵を入れるポケットを作った、




バックイン2



サイフ、カード入れ、エコバック、スケジュール帳、ハンカチなどを入れている。





でも今はサイフを2つ折から長サイフに替えたため、入りにくくなったので、サイフは入れないことに。
夏はカゴバックを使うけど、仕事には持っていけないので、中身を入れ替えることが多いため、このバッグが重宝した。


このバッグはこの本から。
花柄で作るバッグとお出かけこもの (レディブティックシリーズ no. 3079)花柄で作るバッグとお出かけこもの (レディブティックシリーズ no. 3079)


本ではポケットが外についてる。








布ナプキン
布ナプ


パンティーライナーとして普段から使える薄型で小さいもの。
生理のときは不可。

型紙は適当に作ってやってみた。
裏はネル生地。







カードいれカバー
カードケースカバー


以前も紹介したカード入れカバー
100均のカード入れにカバーを付けただけ。

友達が作ってて影響されて真似てみたもの。




表地は綿麻。
あまり布だけで作ったけど、実は気に入っている




クッションカバー
見てのとおり、echinoの布。
決して安くない布だが、間違いなくおしゃれな感じには作れる布。

クッションカバー




柄を作るならもうひとつは無地にすべきかもしれないが、色のバランスを違えて柄物を二つにしてみた。





でもクッション本体は長年使ってて、座布団化してるので、中身を買い換えたいなあ〜




娘の家用エプロン
エプロン


親子クッキング用のエプロンが小さくなったので、新たに作ったもの。

小学生でも使える大きさにしてみた。





どれがいいか娘に選ばせたらシュガーバニーズを選んだ




娘の保育園用エプロン
エプロン


保育園のエプロンもすっかり小さくなってしまったので作った。

保育園のは自分で結べるように、紐を長くして前で結べるようにした。








ひな人形
手作りひな



ひな祭りの記事に載せた人形だが、娘が『顔がないよ』と何度も言うので、アクリル絵の具で書いてみた。






この人形は見本はあったが、作り方は想像だけで作ったもので、それでもきちんを形として完成できたことで、思い浮かんだものでも形として作り出せるということが自分なりに満足できた作品。

4月3日のひな祭りまで玄関に飾ってた。




娘の上靴入れ
年少の途中から上靴がいるようになったので、慌てて布を買って作ったもの。

シューズいれ


またしてもechinoの布。
切り売りされていると、なんとなく安いような暗示にかかってしまう

娘が保育園で使うにはちょっとおしゃれすぎるような柄だわねえ






布絵本の人形の服
今でもたまに遊んでくれている布絵本だが、娘の人形の服を作り替えた。

布絵本




娘のリクエストで『黄色い服に赤いリボンをつけて』というので作ったもの。





前の青はとっくにスナップボタンのところが伸びてしまってたので、やっと作り変えたって感じ
なので、今回はスナップボタンを付けるのはやめておいた。




缶ぽっくり
缶ぽっくり


保育園の親子工作で作った缶ぽっくり

家に持って帰ってから、いらないラミネート布と買ったけど絶対使わないであろう、100均のレースとモチーフをくっつけてみた。



布はカーペット用の両面テープで、レースや飾りは縫い付けてある。
いらないものだけで作ったようなものだが、こういうのも珍しくていいかしら



おまけ
友達のすすめで買ってみたのだが、小物や服の裁断に大活躍している。
小さいパーツの裁断にも便利で、はさみよりキレイに切れる
ロータリーカッター45mm
ロータリーカッター45mm




私の作る小物はほとんどあまり布だったり、買ったけど使い道がなかった布などで作ることが多い。
布を買うにしても、echinoのように布の柄自体がもう完成してるようなもので作るとかなり楽だったりもするわけだが。(個人的にはechinoはすごく好み)

たまに他人様のハンドメイドブログを目にしたりすると、驚くほどのセンスやアイデアを持つ人がいたりする。
見ただけでうっとりするような、そんな服や小物を作る、素人の人のセンスってすごいのだ
そういうのを目にしたら、軽くへこむというか、ほぼ本のまんま作ってる私のハンドメイドなんて載せても良いのかしら?と思うことも
だから落ち込まないように、人様のをあまり見ないようにはしているのだが
布選びにしても、私の場合はほぼ本の真似してたり、ときにはそっくり同じ、という場合が多い。
じっくり布選びをする時間が作れないというのもあるけど、本当はゆっくりじっくりと布選びをして、自分好みのものを作れたらいいな〜と思うんだよね。
しかしそうなるとやはり布をそれなりに集めないといけないし、金も手間も時間もかかるわけで
私は私の作れるものを自分なりに頑張るしかないなあ〜

さて、本格的に娘の夏服を進めたいところだが、これがなかなか進まない
時間的というよりも、やる気の問題だな。冬物で頑張りすぎたかしら
今年の夏は思い切って、私の服にも挑戦するぞ(言っちゃった


読んでいただいてありがとうございます!
↓大変お手数ですが、押していただけるととっても嬉しいです。どうぞよろしくお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

ruhruhlilia at 06:55|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2011年07月28日

手作り夏用カバン&マスク

またまた遅くなってしまったけど、久々にハンドメイドの記事です

実際に完成したのは春で、すでにずっと愛用してるカバンになってるわけだが・・・

この布を買ったのは何年前だっけ??
娘が赤ちゃんの頃かな。

カバン生地

キャス・キッドソンをパクッたようなカバンが作りたいなあと思って、ラミネート素材(ビニール)布を買って以来、なんか作る機会がなくて放置したまま数年




布を見るたび『作らなきゃ!』と思ってたけど、なかなか手が出せず、いよいよ気が重くなってきたので作ってしまうことに。(私的よくあるパターン

こうしてようやく本物には全然及ばないが、なんとか使えるバッグが完成した

カバン

















実は作ってすぐではなくかなり使ってから写真を撮ってしまった
大きさはA4が楽に入るくらい。

今回使用した布、ラミネート素材(ビニール)というのは通常の布とは扱いがかなり異なる。

まち針で止められない(針穴が残る)ので、代わりにセロテープを使わないといけない。
(と言いつつ最後の方はまち針を使ってたけど

アイロンはほとんどかけられない。(高温だと溶ける

というわけで非常に縫いづらかった
なんと言ってもカバンの持ち手がアイロンもかからないので一番縫いづらかった
途中で投げようかと思ったくらい。

その上、糸を透明の糸で縫った。(通常の糸と異なり、釣り糸のような糸で、透明なのでどんな布の色にも使える。が、直接肌に触れるようなものには使用しない。)
こいつも結構使いづらく、途中で普通の糸に換えてしまった。

でもラミネート素材の布は普通の布より丈夫だし、カバンもちろん、ポーチやエプロンなど小物作りにはすごくいいとは思うんだけどね。
表面は光沢のあるタイプとマットなタイプがあるが、私が買ったのはマットなタイプ。


カバン内布



カバンの内側。
ツートンの面白いドット柄があったので裏生地用に買っていた。





カバン内側



左にはサイフを、右には携帯が入る大きさのポケットを付けてみた。
やはり使いやすいポケットがあるのとないのでは大きく違う




カバン側面




側面はこんな感じ。





このカバンはよく見ればちょっとイマイチな部分もあるのだが、使ってみたらそんな細かいことは気にならないし、気にしてみる人も誰もいない。

でもがこのカバンを見て、『それを毎日使うんか?もっといいの使ったら』と言われた
悪かったね、貧乏臭くて!
もう高いカバンを使いたいとかいう時期はとっくに終わったのよねー。

しいて言えば、接着芯の固いやつを使って丈夫なつくりにすればよかったということ。
全体にやわらかくて、くたっとなっちゃうのよね。
でもそうしてたらもっと縫いにくかっただろうから、無理だったかも。

作った時の苦労もあってか、すっかりこの春夏の愛用カバンとなった


今回はこの本を参考に。
花柄で作るバッグとお出かけこもの (レディブティックシリーズ no. 3079)花柄で作るバッグとお出かけこもの (レディブティックシリーズ no. 3079)

あくまで参考にしただけで、大きさはもっと大きくしてるし、本では内側の布はなくて、もちろんポケットもない。

カバンくらいなら作り方がなくても、なんとなく作れるようになったみたい




ちなみにこのカバンは、昨年のクリスマスプレゼントに娘に作ったポシェットとおそろい布。

ポシェット


でもこのポシェット、使ってないなあ〜

よくよく考えてみれば、ポシェットをかけるようなおしとやかな子供ではないのよね




ラミネート素材はまだ余ってるのでポーチぐらいは作ろうと思うけど、もうこの素材でカバンは作りたくないなあ

でもカバン自体は難しくないので、(綿麻布などで)毎年、春夏用・秋冬用とひとつずつ作っていきたいな



おまけ

立体型マスク
以前作った娘用マスクが小さくなったので、今度は大きめで作った。
保育園でクッキングするときなどに使うようだ。

マスク















今後も小物数点を作る予定。
夏服も遅れてたけど、やっと完成した。(遅すぎ?
というわけでそれもまた、そのうち。


いつもありがとうございます
↓お手数ですが、クリックしていただけると嬉しいです。どうぞよろしくお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

※前回の記事にたくさんのコメントをありがとうございました!
とても嬉しかったです
お返事をすごくお待たせしてしてしまった皆さん、申し訳ありませんでした

ruhruhlilia at 06:40|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2011年01月14日

手作りお弁当カバン&シュシュ

さっそく更新がとても遅くなってしまったわけだが、みなさんお元気かしら

お正月はとにかく雪かきばかりしてて、積雪でうちの山の木がたおれ、道路をふさいじゃったもんだから、元旦早々、家族総出(姉一家も含む)でノコギリ片手に動き回ってた
うちは山の方だから降るときはかなり降るって分かってはいたものの、去年なんかちょっとしか降らなかったもんなあ
でももっと積雪のすごい地域のところもあったわけだし、うちは停電も断水もなかったんだしね。
それにしても地区のみなさんに木の伐採を手伝ってもらったり、大勢で雪かきしたり、そういうご近所とのつながりをすごく感じた

困ったことに、雪が降ると道路が混むのよね
だから朝はかなり早く出ないと仕事に遅刻しちゃうわけで、なかなか更新ができなかった。
新年早々すいませんでした
今も雪は毎日降るんだけど、ちょっとの雪では驚かなくなったかも。
でももう頼むから降らないでくれって感じ。



さて、今回はハンドメイドのお話です。
小物作りに熱を上げていた私は、ふと思いついて、毎日使うお弁当カバンを作ってみることにした。
と言っても、作ったのは去年なわけだが。しかも結構前かも

冷たいご飯が苦手な私はランチジャーを愛用している
これなら温かいご飯とみそ汁がお弁当で食べれるから。

ZOJIRUSHI ステンレスランチジャーおべんと SL-NC09-ST ステンレスシルバーZOJIRUSHI ステンレスランチジャーおべんと SL-NC09-ST ステンレスシルバー








今は可愛い色のも売ってるけど、私が買った当時は『スープ容器付き』で可愛い色のって全然なかったのよねえ
だからおっさんが持つようなランチジャーで食べてるわけ。
だからせめて、可愛いカバンに入れていこうと思って作ったのだ。

私は水筒も持っていくので(これまた超地味なステンレスの)、ランチジャーと水筒が入って、なおかつその重量に耐えられるような作りでないといけないし、保温性も考えないといけない

そして完成したのがコレ


お弁当カバン














今回は型紙はなくて、元々ランチジャーについてたカバンを参考に、メジャーで測ってひと回り大きくし、あとは適当に考えて作ったもの。


カバン生地


私らしからぬラブリーな花柄を選んじゃったりして

表地に厚手の接着芯を貼って、さらに表地と裏地の間にはキルト芯をはさむという頑丈さ




カバン持ち手



途中でだんだんこだわりが出てきて、どうせなら可愛く仕上げようと、持ち手にも飾り布を付けた。






カバン裏面



底と裏地(中の布)は紫。






ランチジャーと水筒の重さに耐えるため、底にはを入れないといけないと思って、何か使えるものがないかと兄に尋ねたら、光学式マウス用のマウスパットの要らないやつがあるというので、それをもらって切って代用した。

そうこうしてるうちに、布パーツがすごく多くなってしまったが、カバンなのでそう難しくもなく作れた

あまり私っぽくないカバンだけど、こういうのもママっぽくていいかって思ったりして
我ながら、かなり満足度の高いものに仕上がった


それから娘のシュシュも作った。

シュシュ













お花のシュシュはお弁当カバンのあまり布で。これは本を見て作った。

リボンの方は適当に作った。
80年代アイドル風のでっかいリボンに魅かれる私
でももっとバカみたいにでっかくすればよかったなあ。

七五三が終わったから娘の髪を切ろうと思ってたけど、どうしようか迷ってるうちに切らずじまいに。
でもちょっと髪が長すぎな娘なのだった
二つ結びだとご飯を食べてるときに髪が汚れてしまったりするし


年末に書こうとしたけど、みなさんバタバタしてあまりゆっくり読んでもらえないかもと思ってた、ちょっとかたい内容の記事がいくつかあるのだが、ゆるい記事と交互くらいに載せてみようかな


読んでいただいてありがとうございます!
↓すいませんが、押していただけるととっても嬉しいです。どうぞよろしくお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

ruhruhlilia at 06:08|PermalinkComments(18)TrackBack(0)

2010年11月12日

手作りカバン&サイフ

最近はどんなものを作っていたかというと、ひたすら小物ばかり作っていた。

娘のワンピースでも作ろうかと、2年前に購入して以来、放置されていた布でカバンを作ってみた。

カバン



コーデュロイの花柄。


やや大きめで、ちょうどよい大きさ
上の方を巾着のように少ししぼるようなデザインのカバン。



小物って作るの嫌いだったけど、型紙がない場合が多いから、測るだけで切って作れたりするので、かなり楽かも〜

実はこれ、以前作ったスカートとおそろい柄。
カバンに使った布が茶系で、娘のスカートが紫系
この布を買った頃は、まだどんな布が使いやすいかとか分からず買ってたなあ〜

リボンスカート



このスカート、気に入ってたんだけど、娘にはもう小さくて履かせられないので、カバンとおそろいで歩くことはできない





こちらがカバンの内側
裏ポケット


常に使えるカバンにできるように、内側には大きめのポケットと、携帯を入れるポケットを分けた。

綿麻のドット柄は小物に使いやすいく、裏地に最適



このカバンはとても簡単だった
カバンはまたいつか作ってみたいなあ〜


そして初めての挑戦で、お財布も作ってみた。

お財布


またまた花柄


サイフの下半分にギャザーが入ってるので、結構面倒くさかった





お財布・内





内側はいかにもサイフの内側っぽい柄にした。





このサイフ、すんごい丸っぽいデザインなので、実はカバンの中でかさばってしまう
口金って初めて付けたけど、なかなかうまくいかなくて、イライラしてしまった
二度とサイフは作らんぞ(とか言って、わからないけど

サイフやカバンなんて買えば安いのはいくらでもあるんだけど、手作りをするのは、やはりそれに愛着が持てるからだと思う


今回のカバンもサイフもこの本から
花柄で作るバッグとお出かけこもの (レディブティックシリーズ no. 3079)花柄で作るバッグとお出かけこもの (レディブティックシリーズ no. 3079)

花柄好きな私にはぴったりの本。

いろんな形のカバンが載っていて、作りやすい





それから、お昼にお弁当を食べるときに、私のお弁当箱が保温ランチジャーのため、どうしても水滴が机についてしまうので、それを避けるため急きょ作ったランチョンマット

ナプキン



表は綿麻のイチゴ柄と小花柄。

裏はダンガリー






普通に四角く縫うのが意外と難しくて、布が伸びたような感じになってしまった
これは弁当のときに、毎日使ってる。


この冬は娘の服は、あまり作りたいような服がなくってひとつだけ作ろうかな。
やはり夏物ほどはテンションがあがらないのよねえ
もう春に向けて構想を練ってはいるんだけど、布選びがなかなか決まらず。

というわけで、もうしばらく小物を作って遊ぼうかと思ってるんだけど、娘が大きくなったせいか、私がミシンをかけてるとあからさまにつまらないとアピールするようになってしまって
そんなわけで一向に進まなかったりして


読んでいただいてありがとうございます!
↓お手数ですが、押していただけるととっても嬉しいです。どうぞよろしくお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

ruhruhlilia at 06:40|PermalinkComments(18)TrackBack(0)

2010年09月05日

誕生日プレゼント・手作りぐりとぐら

ここ一週間くらい睡魔にとりつかれてて、すっかり遅くなってしまったけど、娘に贈った誕生日プレゼントを2回に渡って紹介します
手作りと買ったもの、ふたつあるけど今回は手作りの方。

娘の誕生日プレゼントはコレ

絵本のぐりぐら




これを作ります。
絵本の『ぐりとぐら』







実はずっと前からちょこちょこ縫ってたんだけど、他のものの製作が優先されてしまい、ぬいぐるみなんて別に急がなくていいものなので、何度も放置されてた
誕生日に向けて完成してしまうことにしたけど、なかなか進まず、お昼休みも使って作り、お盆休み中にやっと完成

思わず、そこにいた甥っ子に『見よ!驚異の集中力でついに完成したぜとぐりとぐらを両手に掲げ、叫んでしまった。
甥っ子も感心するやら、あきれるやら

ぐりとぐら




こんな感じでできました


大きさは座り姿で18センチくらい。






ぐりとぐら2


体や服はいいけど、顔が雑だと別人になってしまうので、すごく慎重にした。

作り方の本と比べるとちょっと違うかな





実は『ぐりとぐら』は最初は全然興味がなかったのよね。
子供のときも読んだことないし、絵もシンプルであまりそそらなかったし。
でも子パパも好きだって言ってたし、図書館で借りてみたら娘がとても気に入って、それから1冊だけ買ったのだった。
それからは私もぐりとぐらが大好きになった


今回はこの本から。

絵本の国のぬいぐるみ (MOE BOOKS)絵本の国のぬいぐるみ (MOE BOOKS)
著者:原 優子

図書館で見つけた本。

他にも『ぐるんぱのようちえん』や『わたしのワンピース』など名作キャラもたくさんで、どれもおしゃれで可愛くて欲しくなるぬいぐるみばかり



ハイ、じゃあ次は玉子の作り方。
『えー、玉子も作るの』って思われるかもしれないけど、いいアイデアを思いついたんで
小学生の頃にはりこでおきあがりこぼしを作ったことがあるので、それを応用して、玉子型を作ることに。
玉子は7月上旬に作り始めた

風船工作


膨らませた風船に小さく切った新聞紙を貼っていく。

私は薄力粉を水で溶かしたものを糊代わりにした。
障子を貼る糊が一番やりやすいかも




風船工作2

次に、習字で使う半紙を切って貼っていく。ここは糊で貼った。
最初から半紙を貼ってもよい。
ってか、そうすればよかったわ

全部で4〜6重くらいに厚く、丁寧に貼ることをおススメする

そして乾燥



風船工作3

暑いんで2日くらいで完全に乾いた

完全に乾いてカチコチになっていたら、千枚通しのようなもので、中の風船を割る。

パンッとは割れず、しぼんでいくのでちょっと不思議



夏休みの工作にするといって、隣で友人のNポン母子も風船はりこを作ってたんだけど、結構雑なので「これは壊れるだろうなあ・・・」と思っていたら、やっぱり乾燥後に壊れたらしい
娘にもちょっと手伝ってもらおうと思ってたのに、全然手伝ってくれなかった

ちなみに、このはりこは応用すればお面や置物なども作れるよ

卵


カッターで玉子が割れた形に切っていく。

内側は新聞紙なので、また繰り返し半紙を貼って、形を整える。

おおっ、なんか上手にできたじゃん



母に頼んで集めていた牛乳瓶のふたを青く塗ったもの、串、赤い紙粘土、そしてやわらかい針金を使って、玉子カーが完成


卵カー




適当に作ったわりにはサイズもぴったり










最初は引っ張って遊ぶものにしようと思ったけど、はりこは壊れやすいので、置物にした。
娘もとても喜んでくれた
それにしても工作って楽しいなあ〜〜裁縫よりも楽しいかも

次回は買った方の誕生日プレゼントに若干、手を加えたものです。
こんなことをなんやかんやとしていたから、この時期は更新もままならなかったわけだが・・・


おまけ

図書館で見つけた、おススメの絵本のレシピ本

絵本からうまれたおいしいレシピ SELECTION (e-MOOK)絵本からうまれたおいしいレシピ SELECTION (e-MOOK)



表紙はぐりとぐらのカステラ







絵本の中のおいしいスープ―こどもとつくるものがたりのレシピ36 (INFOREST MOOK)絵本の中のおいしいスープ―こどもとつくるものがたりのレシピ36 (INFOREST MOOK)


絵本の中に登場するおいしいスープを作ってみよう






絵本「からすのパンやさん」のパンをつくろう!―Have Fun With Bread!絵本「からすのパンやさん」のパンをつくろう!―Have Fun With Bread!








からすのパンやさん (かこさとしおはなしのほん (7))からすのパンやさん (かこさとしおはなしのほん (7))
著者:加古 里子


人気絵本『からすのパンやさん』のカラスが作るパンを作ってみよう






いろんな本があって、面白いですな


いつもありがとうございます!
↓すいませんが、押していただけるととっても嬉しいです。どうぞよろしくお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

ruhruhlilia at 08:01|PermalinkComments(32)TrackBack(0)

2010年06月21日

手作り・赤ちゃん人形

これを作ろうと思ったきっかけは、去年のクリスマスくらいにお友達とメールで『子供へのクリスマスプレゼントは何にした』って話題を出したのが始まりだった。
お友達が人形のお世話セットの話をしてて、私も実はぽぽちゃんとかメルちゃんが気になっていたので、いいな〜と思った。
ところが私は、とりあえず何でも「自分で作れるんじゃないだろうか」と考える変なクセがあるので、「よし、娘のために赤ちゃん人形を作ってみよう」と、急に思い立ってしまったのだった。

そして、赤ちゃん人形の作り方と型紙を載せているHPを参考に、手順を進めていった。
これだと等身大なので服を作らなくても、実際の娘のお古をそのまま使える。
ところが・・・
これがどうしても作業が進まない
子供服以外のものはどうもやる気が続かず、かつて苦労した『布絵本』のときと同じ状態になった。
途中で何度も挫折して、『何でこれを作ろうと思ったんだろう・・・』と悩みながら、でも早く作ってしまわなくちゃ、というプレッシャーとも戦って。
だいたい私は、立体的なものを作るのが苦手なんだよ〜〜
しまいには、自分にこれ以上子供を産む機会がないからって、こんなものを作ってるんじゃないかというみじめな気持ちまでわいてきたりして
私は娘に本当の赤ちゃんを与えてあげられない。
兄妹を作ってあげられないのだ

そんなこんなで途中で放置すること数ヶ月。
最近になってやっとやる気を取り戻し、・・・ではなくて、作ってしまわないと気が重いままになるので、頑張って完成させることにした。


赤ちゃん人形1

手順としては頭部、胴体、手足、耳などを各パーツごとに作っていく。
縫製をしっかりさせるため、ミシンで縫った。


うん、バラバラ事件みたいだね




なんて難しくて手縫いで形を整えたりしたし、も裁断ミスでやり直したし、結構、心の折れる作業の連続だった。
上手に作ろうと思うと難しいものね


赤ちゃん人形2


顔はアクリル絵の具で描いた。

HPでは男の子だったため、適当にアレンジして女の子にした。





さすがにこれは丁寧に描いたけど、まあまあよく描けたと思う
友達には「セーラームーンみたいだね」と言われた。
うん、たしかに赤ちゃんの顔ではないね


赤ちゃん人形3



そして組み立て


手縫いでつなげていくのだが、これが難しかった





ちゃんと座るようにしないといけないのだが、重心バランスが難しく、縫い直し多数
今まで作ったものの中でこの人形が一番難度が高かったな


赤ちゃん人形完成




毛糸の髪の毛をつけて、服を着せて完成







は茶色も候補にあがってたけど、リアルすぎて怖くなりそうなので、おもちゃっぽくするためピンクに。赤ちゃんなのでショートヘア。
そんでもって、この人形は母屋専用
はなれに持っていくと、リーちゃんに毛糸の髪の毛をムシャムシャ食べられてしまうこと必至
それにしても100円の毛糸のせいか、すぐボサボサになるんだけど

身長60センチ(生後3ヶ月)の等身大人形なのでかなりでかい
娘とそんなに変わらないような大きさ。
そして本当の赤ちゃんの体型を忠実に再現してあるので、当然ながら娘のお古の肌着や服もぴったり首から下がとにかくリアル!
(この型紙作った人は天才
ちなみにスタイは妊娠中に作ったもの。
お世話セットとして、果汁用の小さい哺乳瓶やオムツ、ガラガラなど、娘が実際に使っていたものをひっぱり出してきた。

作ってる途中は、上手く作れる自信もなくて、完成してもブログに載せられないかも・・・と思ってたけど、出来てみればなんだか可愛らしく思えたりして


BlogPaint

娘も結構気に入ってくれたみたいで、抱っこしたりおんぶしたりしてた。
私も完成してホッとした



娘に「名前何にする?」と聞くと「赤ちゃん」と答えた
赤ちゃんは名前じゃないよ〜
なので、適当に『モモちゃん』と名付けた。


そうそう、途中で変なこと言っちゃったけど、実はもう私は『もっと子供を産みたい』とかいう願望はすでにあまりなくて、最近は孫の顔を見るのが楽しみだなあ〜なんて思ってきてる。
いつの話じゃ


いつもありがとうございます!
↓すいませんが、押していただけると嬉しいです。どうぞよろしくお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

ruhruhlilia at 00:18|PermalinkComments(12)TrackBack(0)