手作り大人服

2013年03月10日

手作り・ママ用カーゴパンツ&ギャザーワイドパンツ

今回もママ用の服
作ったのは秋の始めくらい。

しっかりとした形のパンツが欲しくて、初めてファスナー付きのものに挑戦
そうして完成したのが、このカーゴパンツ

031





素材はリネン

リネンって無地のイメージがあるが、そうではないものも結構ある。



サイズはSで。









実は、まともにファスナーをつけたことがない私
以前、小物を作ろうとファスナーをつけて失敗した経験があるので、挑戦するのは勇気がいるんだけども
ハンドメイドが趣味の人にコツを聞いたら、『ファスナーはしつけをしたほうがいい』とのこと。

126


初心者なのにいきなりパンツのファスナーは、やはり無謀だったかも

『見返し』や『持ち出し』などのよく分からないパーツが出てきた。

手順は図説に従って慎重にやったが、慣れないので難しかった


画像では見えにくいが、ちゃんと前にもポケットがありステッチがしてある。


129


そして横のポケット。

そう、このパンツ、実にポケットが多い
計6個。
それゆえに、やる工程が多い





131


そして、後ろのポケット。

この手のポケットは娘のベストを作ったときもやったが、難しくて苦手なんだよね
なんとか形にはできたので、よしとしましょう。



着てみるとサイズはほぼピッタリ実はこれが一番心配だった。
でも、裾は思ったよりワイドだった。

しかも、これは実ははけないパンツ、ということが分かった。
はいてみたら、ファスナーがゆるくて、歩いてると勝手に下がってきてしまう
小物用のファスナーだったのかしら。

そんなわけで、『ファスナー』は完成してから、再度別のファスナーを用意して付け直した。
すごく面倒だったけど、元のように出来たのでホッとした
これでなんとかはけるパンツに。


それにしても、なぜリネンで作ってしまったのか
私としては職場に着ていけるパンツを作りたかったので、もっと別の素材で作ればよかった。

リネンには独特のシワがあるので、どうしてもラフな感じになってしまう。
思ったよりも本格的なパンツだし、上手にできたと思うので、余計に悔やまれる
まあ、トップスとの組み合わせによっては着れるんだろうけど。




今回の型紙は、図書館で借りたこの本

おめかしパンツで行こう!―S~LLサイズの実物大型紙つきおめかしパンツで行こう!―S~LLサイズの実物大型紙つき
著者:渡部 サト







パッと見、本のイメージとしては一昔前の雰囲気がしたが、でも作ってみたいパンツ、使えるパンツがたくさんで、なかなか優秀な本。
型紙取るのが難しいのが唯一の欠点
自分のサイズに合わせられそうなら買ってみたい本。・・・と思っていたが、難しい作りのものが多いので、この本で挑戦する気はしばらくは起きないかなあ




今度はもっと簡単なものを作ってみよう
と、ワイドパンツを作ってみた。私、去年くらいからワイドパンツを愛用することが多いのよね。

096






これまた素材はリネン。




ウエストがゴムなので簡単だった。
型紙は手芸店で売ってたもので、小さ目に作ったつもりだけどちょっとだけ大きかった







実はこの布は昨年の夏に作った『dokataパンツ』のためにネットで買ってた布。

丈夫でとても良い素材なのだが、なんせ厚い!
私が勝手にリネンは薄いものだとくて、イメージを勝手に持っていたので、まさかこんな厚いリネンもあるのだとは知らなかった
厚いので重い布でもあり、あの『dokataパンツ』にはイメージが合わず、買いなおして別の布で作ったはいいが、当初買ったこの布はどうにも使い道に困っていた
何を作っていいのかよく分からないし。なんせ光沢もあるので、コートやジャケットだと、学生服みたいになりそうだし。
ってなわけで、こうしてワイドパンツになったんだけど、秋くらいしか着れない素材かも



私のブログをよく読んでくれてる人は知ってると思うけど、私ってわりと失敗が多いよねえ
布選びも(主にネットで買って)たまに失敗してるし、作る工程でもいい加減な性格が災いし、細かい失敗は多い。

もう修正できないようなものはしかたないけど、今回のファスナーのように、直せるものは直した方がすっきりすると思う
たとえ、少々心が折れてしまっててもね。
失敗してこそ学んだことも結構あるわけだし


ママ用の服をいくつか作ってみたけど、わりと気が済んだというか、特にもう作りたいものもないので、よほど気が向いたらまた作ることにして、しばらくは娘の服と小物などを作っていきたいと思う


読んでいただいてありがとうございます!
↓大変お手数ですが、押していただけるととっても嬉しいです。どうぞよろしくお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

ruhruhlilia at 17:02|Permalink

2013年02月11日

手作り・ママ用ソフトリネンのコート

自分の服も作るという宣言をしてから、本屋でハンドメイドの本を立ち読みしたりしてたが、結局、本はひとつも買えなかった(買ったら本気で、自分用をたくさん作らないといけないような気がして
でもたくさん見てみた本の中で、これは絶対作ってみたいと思うものがあった。
そして、その本を図書館で借りて作ってみた。
それが、コレ。

083






サイズはS
ちょうど良かった。


3種類の大きさのボタンを使用。










このコートはどうしても理想的な風合いの布地で作りたくて、作るならソフトリネンがいいと思っていた。
ソフトリネンは高いが、見た目の質感も手触りも最高だ
ネットでいいものを見つけたが売り切れ
他に探してもどうしてもいいのが見つからず。
しかしネットが安いとはいえ、やはり実際に目で見て触って選びたい、という思いから、高いけど店で悩みながら決心して買った布だ。
やはり実際に手にとって確かめないと分からないものってあるからなあ。
これまで自分が扱ったもので、一番上質の布だろう
それゆえに慎重に丁寧に作ったものでもある。

085




とはいえ、画像ではその質感は分かりにくいとは思うけど








091



着るときは、全部ボタンを締めてもいいし、開けて着ても印象が変わる。

私は開けて着ることが多い。





全体の作り方として、すごく難しいという印象はないが、コートなのでステッチ縫いが必要。
しかも裏から見てもキレイに見えるように、『折伏せ縫い』で縫うため、それが手間だった


089





見えにくいけど、脇のポケットまでステッチをつけてある。








086



一番わかりにくかったのは、袖口のあきかなあ。

無地なので途中で裏だか表だか分からなくなってくるんだよね





093





後ろヨークのステッチが、若干甘かったかな










前回のdokataパンツと同じく、またこの本から。
ガーゼで作る心地よい服ガーゼで作る心地よい服
著者:櫻井 悦子


本では淡い紫で作ってあった。





裏地がなく、とても薄いコートなので、季節的に着れる期間が非常に短いけど、デザイン的にも職場にも着ていけるし、普段でも着れる、堅すぎずカジュアルすぎないのがよいところ
袖を折って、シャツ風に着ても良いし。
カーキ色は訳あって、あまり私は着ない色だったんだけど、合わせやすい色だとは思う。

しかし、このコートで労力を使い果たしたので、この秋冬はあまり作れなかったなあ


それにしても、お店で売っているリネン素材の服は高すぎると思う
シンプルなつくりなのに1万数千円は軽くいくし。
これなら私でも作れそうって思ってしまうのだが。
今回のコートくらいの複雑なデザインなら、店で売ってたら2万円くらいは取るのでしょうね。

安いけど上質なリネンってネットでもいくらでもあるでしょうに、リネンってだけで高額になるなんてと思うのだが。

だから自分の服を作るなら、どうせならリネンでって感じになっちゃうんだよね


読んでいただいてありがとうございます!
↓大変お手数ですが、押していただけるととっても嬉しいです。どうぞよろしくお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

ruhruhlilia at 10:48|PermalinkComments(15)TrackBack(0)

2012年10月10日

手作り・ママ用dokataパンツ

たまには自分の服も作るか〜ってことで、前に宣言したので頑張って作ってみた

なぜ今まで自分の服を作らなかったかというと、大人の服って、簡単な作りだけどダボッとした物ばかりで、今まで作る気がしなかった
大きなモデルが着て、ダボッとしてるってことはかなり大きいって事で、貧相な体型の私にはまずサイズが合わないだろうと思っていた。
でも本屋でいくつか立ち読みしてたら、いい本があって、それがなんと図書館にもあって、借りて作ってみたのだった。

今回は先にの紹介から。
ガーゼで作る心地よい服ガーゼで作る心地よい服
著者:櫻井 悦子

トップスはギャザーとフリルがめいっぱいでガーリッシュすぎて、私の年齢ではちょっとね・・・というものばかり載っているが、デザインが無駄に大きくなくて良い
中級者向けの、こった作りの服が多く、読んでいるだけでも結構勉強になりそう。

明らかに初心者向きの本ではないので、完成するのにかなり時間と手間がかかりそうなものもある。(私には無理だ〜
服の説明に付属している詩(?)が面白かった(などと言ったら怒られそうだな
最近は、Sサイズがある大人服の本が増えているのも喜ばしいことだ


大人服の練習のつもりで、簡単なパンツを作ることに。
しかしこの本はパンツなども、そもそもの構造の説明図も何もないので、初めてパンツを作る人には向かないでしょう

そして完成したのがこのdokataパンツ

117







アイロンしたのにまたシワがついてしまった

ご勘弁を。










本全体がおしゃれに徹底していて、フェミニンでふんわりとした印象なのでこのパンツも『dokataパンツ』などとしゃれた記載がしてあるが、とどのつまりはニッカポッカ風の土方パンツね。
作る素材によっては、本当に現場の人みたいになってしまうかもしれないな

Sサイズにしてみたけど、実際入らなかったらショックなので、型紙を切った時点で紙を履いてみたが、それでも不安で、股の線だけ少し多めに縫い代を取った。
ウエストベルトや裾は本ではリブニット(伸びる素材)を使用とのことだが、布代が高くつくので本体と同じ布にした。したがって、ウエストベルトは本より長くした。
本と同じく、ガーゼで作ると可愛いだろうが、パンツにすると耐久性が気になる
なんせガーゼはほつれやすい

というわけで見た目、麻100%にも見えるやわらかめの綿麻で作ってみた。
色はチャコール(墨色)。
この色は黒ほど重くなくて、合わせやすくて好きな色
では黒で作ってあったが、紺や茶などでも可愛いかも。

ベルトもゴムだし、ざっくりと作れるし、わりといい加減に縫ったような


前ポケット

120



あまりこういう遊び心は働かせない私だが、ポケットのふちはちょっと可愛く変えてみたいと思った。

KOKKAの花柄。




前ポケットのふちは最後まで同布のチャコールにするか、花柄にするか悩んだ
年を考えろ〜と自分でも思ったけど、鏡で合わせてみたら、ポケットのふちなんてたいして気にならなかったので、花柄を採用した。


後ろポケット
122



ふちがガタガタに見えるのは、布の素材がぼこぼこしてるものだから







ふちにはドットや光沢のある布を使ったりしても可愛いだろうし、ウエストベルトや裾布の柄を変えて作ってもいいかもしれない


119




特徴はこの豪快なギャザー









それでは試着

050


履いてみたら股がかなり浅いので、ガードルとか履いたら上からはみ出ちゃうな

でも素材も夏の季節にぴったり。
なかなか履き心地が良くて、この夏は結構愛用してた



かなり個性的なパンツではあるが、こういうの好きかも〜
保育園の行事のときにはいてたら、先生が、「そのパンツ可愛いですね〜」と言ってくれて嬉しかった


今回大人服を作ってみて、やはり子供服とは全然違うなあって思った。
なんせでかいSサイズでも、すんごくでかく見える
作業の場所を取るし、布をたくさん使うし、型紙もすぐなくなるし、なんというか、余程素敵なものを作らないと割が合わない気がするなあ
でも私は娘みたいに身長伸びたりはしないので、極端に太らないかぎりはずっと着れるのはいいね
あと少しだけ、自分服も作ってみるということで。


読んでいただいてありがとうございます!
↓大変お手数ですが、押していただけるととっても嬉しいです。どうぞよろしくお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

ruhruhlilia at 07:00|PermalinkComments(10)TrackBack(0)