†卑猥猥褻淫乱記録† 痴る女い&Sる女い

普段と違う貴方だけの空間と誰にも見せる事の無い もう一人の貴方と 出会えるBlogです。ア◎ルに目覚めた貴方の為に作ってみました。そしてイヤらしいプレイが赤裸々に綴られている、るいのM性感痴女&S女のBlogです。

☆るいの部屋☆

4b725308.jpg
a782ab52.jpg
c087ee5a.jpg
e86ee48d.jpg
fe5c57fa.jpg
 
 
フレシネシリーズ
(スパークリングワイン)
呑みながら
官能小説書いてる
よりかは、
呑んでいた
時間の方が長い
るいでした…
 
トドメに
フランス産の
「クレール・ディアモンビュリュッド」
呑んでもうたぁ
 
 
 
若き頃に
良く呑んだスパークリングワイン
呑みながら…
 
昔も今も
変わらぬ
呑んだくれ
 
の『るい』ですた…

■滴る雫■

105814d5.jpg
 
 
久し振りに
ご来店のYさん
 
ちょっと疲れ気味
の表情が心配でしたが
 
相変わらずの
敏感な○○○ですね
 
四つん這いに
させてから
ぐちゃぐちゃに
濡れ濡れ○○○に
すると…
 
 
光の加減で
とても綺麗で
幻想的な雫が
○○の割れ目から
滴る雫を
撮ってみたのですが…
 
 
 
よく写メで
撮れていなかったですm(__)m
 
 
 
皆様にお見せ出来ないのが
とても残念でした…
 
 
けど、Yさん
凄く敏感なアナタの
亀頭は
久し振りに
るいに○○されて…
厭らしく
赤黒くテカらせて
いたけど
 
如何でしたか?
 
またお時間のある時に
是非、お立ち寄り
下さいね
次回は乳首と
○○○と○○を
三点攻めで〜
楽しんじゃいましょうね 
 
 
Yさんの又のお越し
心からお待ち
しております

『地下室』(続)5





第1話
『地下室』(続)


柔らかいしなやかな麻奈美の内腿に挟まれた僕の膝には、

真奈美の少し堅めで厭らしく厚目の肉ひだが僕の膝に擦り付けられた。

真奈美の熱くなった肉ヒダが
僕の膝上で擦られ
やや上つきの真奈美の密部がハマり込んできた。

つい一時間程前に
僕は彼女の、その肉厚なヒダヒダの奥に潜ませている
吸い付く様に絡み付く
彼女の温かい中で二度も吸い取られたばかりだと言うのに…

僕の耳元へ真奈美はゆっくりと溜め息を吐いた…

「まだ足りないわ…」

「な…何が?」
一瞬耳を疑った、
いつもなら、淡白な真奈美にしては様子が変だ…

「俺には、これから回診が残っているんだから、時間的にムリだよ。」


正直な話、時間よりも何よりも精神的に体力的に無理なのだ
「 あらあら…、アレで本当に私の身も心も満足させたつもりでいるの…?」

「えっ?」
何を言われたのか良く分からなかった、
一体何が起きたのか把握出来ずに一瞬、口を開きっぱなしの
僕の口に真奈美はいきなり
答える権利を与えないかの様に
何かを口の中へと押し込まれた…


それは、
放り込まれた口の中の物体に気付くまでに時間は掛からなかった
口の中の物体を何故…
何故、真奈美が持っていたんだ!?困惑と突然の出来事に
口の中の物を取りだして見ようとした瞬間…、
「それ、貴方の大好物なのよね〜、んふふ…かーずーちゃん…。」
小馬鹿にしたように
鼻で笑いながら真奈美は僕を見下ろしていた…



(続きは又ね)
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ