2011年02月

今週はお休み

明日からしばらく中国に行くため、今週は更新お休みです。

まったく、何が悲しくて上海までクレームをつけにいかねばならんのか。

サムティの優待券

3ed8bd97.jpg











11月に権利確定したサムティ(3244)の優待券が届きました。
2株保有しているので、届いたのはサムティが経営している、センターホテル東京もしくは大阪の無料宿泊券が2枚です(1株だと30%引き券が2枚なので、2株持った方がずっといいのです)。

センターホテルはこの2件しかありませんが、大都市圏中心部の立地(東京は日本橋、大阪は北浜)なので、利便性は結構高い(抜群というわけでもないですが、その土地に出張に行ったときに使う分には十分な場所、という意味です)です。

この優待券を受け取るのは2回目ですが、去年は自社の営業マンと2人で東京に出張に行ったときに丁度使うことができました
東京駅の八重洲口から南へ10分くらい歩いたところにあるのですが、東京駅周辺はビジネスホテルといえども値段が高い(センターホテル東京だと9000円近くしました)ため、無料宿泊券を使えるというのはかなりお得感があります。

2件とも好立地にあるので、大阪でも通常のシングルで6930円、インターネット経由の予約でも6500円
東京になると、通常料金でシングル8925円から、インターネットからでも7350円、日によっては8800円します

無料宿泊券は2株保有で2枚もらえますので、2枚分で東京ベースだと15000円分くらい、大阪でも13000円分くらいの値打ちになります。

株価は一株4万円を下回っているので、今期復配した1株1000円を含めると、利回りは20%前後になり、5年保有で元が取れる計算になります。
ここまでの大判振る舞いができるのは、この会社にとってホテル経営が主ではなく売上比率が小さいからでしょう。
ホテル経営がメインのリゾート銘柄ではこうはいきません。

さらに恐ろしいことにここの株、ちょっと前までは1万円台でした。
この価格まで下がると、もはや利回りは50%を軽く超えています。
さすがにこのときは自分が3万円前半で購入した後にさらに下落したこともあって、ちょっと焦りました。
サムティは基本的にマンションデベロッパーで、有利子負債もかなり多いため、自己資本比率がかなり低いです。

有利子負債の多さゆえに毎年の利払いもかなりの額になるので、巨額損失を出した期などはちょっと危ないかなとも思いましたが、私が持ち続けその後の株価下落からも回復した理由は、株主構成として政府系資本と提携していることと、なにより賃貸部門があり、そこからの収益が高かったからです。

キャッシュフローを見ると、賃貸部門から利益が出ている限りは支払い利息を払えることができる感じだったので、そこだけを注視して保有を続けました。
関西の会社ということもあって、通勤途中にサムティ管理のマンションを結構見かけますのでなんとなく親しみもあります。

なお同じような事業構成の銘柄としてかつて保有していた陽光都市開発という横浜のマンデベがありますが、ここはリーマン後、業績が悪化し、ドル箱だった賃貸管理子会社を売却してしまいました。
その後の凋落ぶりは目も覆わんばかりです(陽光都市の場合は、当初私が見逃していた強引な電話勧誘という企業倫理問題を抱えていたことの方が痛手ですが)。

あとは普通のマンデベとは違って、シンガポールの政府系不動産会社と提携してたりとか、微々たるものですが大阪ガス系の会社に資本割り当てしてる(サムティのマンションは大阪ガス系の設備を多く導入しているため)とか色々あり、株主構成に箔がついているのも注目でしょうか。
創業が1982年と、バブルを通過しているマンデベであるはずなのに生き残っているのはこの辺にも理由があるのかもしれません。

まぁ別途、東京の投資ファンドに新株予約権を割り当てているため、潜在的な売り圧力はあったりはしますが。
大阪ガス系の会社と資本提携してるといっても微々たるものですし、それをわざわざアニュアルレポートのページを割いて喧伝してるあたり少し胡散臭くもあります。
本業の開発案件については神戸と彦根の案件次第という感じもありますのでどうとも言えません。
神戸ポートタワーのすぐ近くなので立地はかなり良いとは思うんですけどね・・・。

株価がこれだけ上下するということはやはりそれなりに懸念材料も含んでいるということなのでしょう。

以上長くなってしまいましたが、いろいろ長短あっても今の株価水準だと買値も若干ながら上回っていますし、優待だけでどんどん回収ができますので、サムティの株主構成と賃貸管理部門がキャッシュフローを維持し続けているかぎりは保有継続するつもりです。

ヒューリックの優待案内

f0e19534.jpg











12月に権利を取ったヒューリック(3265)から株主優待のカタログギフトの案内が届きました。

3000円分のカタログギフトですが、このカタログの厚みが結構すごい。
ページ数がなんと200ページもあり、相当の種類から選べます。
お菓子や明太子やお肉なんかは普通のカタログ優待にもあったりするんですが、蟹とか河豚はあまり見かけません。
多分このボリュームは、私が保有してるカタログ系の優待では一番大きいんじゃないかと思います(前まではサザビーリーグがいい線いってたんですが、MBOで上場廃止に・・・)。

寝る前に枕元でぺらぺらめくりながら眺めてるのが楽しいギフトですので、ゆっくり選んでいこうと思います(笑。

今回の優待生活
ヒューリック・・・3000(カタログギフトやQUOカードなどは届いた時点で計上します)

城崎に来ています

f73cdfaf.jpgc71f6d5a.jpg
3855d423.jpg5217ee0b.jpg












城崎にきています。
折りたたみ自転車を持っていってるので、城崎温泉街の表も裏も走りまくりました。
やはりこういう温泉街を走るのは楽しいですね。


途中、地ビールと蟹かま揚げで一杯やりました。
城崎ビール美味し。

お米券の意外な使い道(小売店や東横インで使えます)

d8517929.jpg












上の写真は手持ちのお米券の写真です。
今回はこのお米券についての投稿。

皆さんはこのお米券、普通は贈答品でもらったり何かの景品(知り合いや会社のコンペとか慰安旅行とかでのミニゲームなど)でもらったりしたときに見るくらいなのではないかと思います。

お米券を発行してるところは実は複数あって全米販が発行しているものが一番有名かとは思いますが、どこのお米券も基本的に額面が1kgとあり、お米券取り扱いのスーパーやお米屋さんで1kgのお米と交換してもらうか、もしくは440円分のお米の計り売りの代金に使えます。

普通でしたら家庭に備蓄しておく以上のお米用として持っていたり、そのまま使わずに忘れ去られてしまったりするお米券ですが、実はこれ、お米以外の支払いに使えるのです。

とはいってもお米券の発行元のHPに行ってもそういった店は載っていません(スーパーの名前などがあっても、それはあくまでお米関係の支払いのみ、というスタンスです)ので自分で色々探し回らないといけないのですが、一部のスーパーや酒販店、ドラッグストアなどで使えることがあります。

おそらくは米屋さんはお酒を、酒屋さんはお米を扱い出し、もしくは薬品を扱いだし、そうしたところがチェーン展開を進めていき、お米や酒類を扱うドラッグストア、あるいはディスカウントストアやコンビニエンスストアなどの大規模店になるにあたって、お米以外の商品でもお米での売り上げとして計上できるようになったためなのではないかと思います。

HP上で公式にお米券を支払いに使用可能と告知しているところは、私が確認したところでは・・・

クリエイトSDホールディングス(HPの該当箇所リンク)・・・ドラッグストアチェーン「クリエイトSD」を展開

螢クヤス(HPの該当箇所リンク)・・・酒類の販売店「カクヤス」を展開

東横イン(HPの該当箇所リンク)・・・ビジネスホテルチェーン「東横イン」を展開

がありました。

通勤ルートにカクヤスが何件かありますので、仕事が終わってから友人宅に突撃するときに酒やつまみを買って帰ろうかなと思っています(実行したらまた記事にします)。

他にもスギ薬局などはお米券が使えるということで有名ですし、未確認ですがドンキホーテやローソンなんかでも使えることがあるみたいです。

面白いのは、全国で店舗展開しているビジネスホテルチェーンの東横インで宿泊費の支払いにお米券が使えること。
宿泊費の支払いに金券全般(テレカや図書カード、そしてQUOカードは除く)、お米券やビール券、各クレジットカード会社のギフト券などが使えるので、株主優待として受け取った金券を東横インの支払い用にストックしておくことができるようになります。
こうなると、ギフト券やギフトカード、お米券を株主優待で出す企業はすべて「ホテル優待銘柄」であると考えられます。

関西に帰ってきてからは出張で地方に行くことがあり、そこでの宿泊にはよく東横インを使うので、出張費用を浮かせられるんじゃないかなと思っています。

東横インは地方都市でも店舗展開しているので、自転車を持って地方旅行に行くときも使えるんじゃないかと思ったりも。
持ち歩く飲み物、電車の移動、現地での食事、そして宿泊すべてを株主優待で賄ったりできたら面白そうですね。

こう考えるようになって以来、俄然はりきってお米券を優待で出す銘柄を買い集め出すようになりました。

2011年2月25日現在、お米券銘柄は下記の8つを保有中です。

(6463)TPR・・・・・・・・年間3kg
(2676)高千穂交易・・・・・・年間6kg
(7561)ハークスレイ・・・・・年間3kg
(6926)岡谷電機産業・・・・・年間2kg(3年以上保有で年間3kg)
(3003)昭栄・・・・・・・・・年間4kg(3年以上保有で年間6kg)
(9368)キムラユニティー・・・年間4kg
(9324)安田倉庫・・・・・・・年間2kg
(7628)オーハシテクニカ・・・年間2kg(3年以上保有で年間4kg)

合計で年間26kg、3年以上保有すれば、年間31kg分のお米券になります。
1kgあたり440円換算ですから、26kgで11440円、31kgで13640円分になります。
これだけあれば大体2泊分にはなりますね。
他に宿泊用銘柄として保有しているサムティ(3244)、リゾートソリューション(5261)、共立メンテナンス(9616)も合わせると、ホテルにばらつきはあるものの、年間で8泊分くらいは優待で賄えそうなかんじです。

リゾートソリューションや共立メンテナンスやその他お米券銘柄の買い増しを進め、年間12泊、つまり月1回は1泊どこかのホテルに泊まれるような状態にするのが当面の目標ですね。

お米券に限らずですが、金券の使い道をあれこれ考えると、株主優待生活に幅が出てくる感じがします。

お米券を優待に出す銘柄は業績が安定してるものが多いような気がしますので、投資検討するのも面白いかもしれません。

(2012年3月5日追記)
2012年3月5日現在のお米券銘柄は下記の15銘柄です

(2676)高千穂交易・・・・・・・・・年間3kg
(4746)東計電算・・・・・・・・・・・年間2kg
(6328)荏原実業・・・・・・・・・・・年間4kg
(6463)TPR・・・・・・・・・・・・・・・年間3kg
(6926)岡谷電機産業・・・・・・・年間2kg(3年保有で+1kg)
(7561)ハークスレイ・・・・・・・・年間3kg
(7628)オーハシテクニカ・・・・・年間2kg(3年保有で+2kg)
(9324)安田倉庫・・・・・・・・・・・年間2kg
(9319)中央倉庫・・・・・・・・・・・年間2kg(3年保有で+1kg)
(9368)キムラユニティー・・・・・年間4kg
(4659)エイジス・・・・・・・・・・・・・年間3kg
(8818)京阪神ビル・・・・・・・・・年間1kg
(8742)小林洋行・・・・・・・・・・・年間2kg
(3817)SRAホールディングス・年間3kg
(3228)三栄建築設計・・・・・・・年間5kg

合計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・年間41kg(3年保有で+4kg)

2月と3月の権利確定で無理やり取得したものもあるので継続保有が疑わしいものもありますが、お米券の額面では40キロ以上と、場所にもよりますが東横インで4泊位はできるようになってきました。

2月銘柄の権利落ち

また少し更新期間が空いてしまいましたよ。

本日は2月末権利確定銘柄の権利落ち日でした。

私が2月に権利をとった銘柄は合計8銘柄でした(こちら)。

新規に購入したものはなく、ずっと保有してる分を通過させただけです。
相変わらず代わり映えのない保有銘柄。
吉野家にいたっては20歳の時に保有して以来、そろそろ10年目になろうかという古参になってきました(買値からみたら株価は半分ですね・・・。それすらも配当と優待分で埋まりつつありますが)。

2月分の銘柄はすべて食に関する優待ばっかりですね。
5月に届くのを楽しみにしております。


しかしこのところの調整気味の相場にはちょっと参っております。
3日前に25万円分上がったと思ったら、次の3日で35万円下がるという・・・。
1日のPFの上下がほぼ給料に相当するようになると、やはり精神が揺さぶられます。
この感覚だけは何年経っても慣れるようで慣れません。

というか今月の確定銘柄、日経の下落もあって全部爆下げしてます。
明らかに配当&優待以上の下げ・・・勘弁してくださいませ。

マルカキカイから優待ギフトが届きました。

771121fc.jpgモロゾフのお菓子セットです。
2000円相当のグルメセットなのでてっきり選べるやつなのかと思ってましたが、いきなり届いてびっくりしました。
よく見たら100株保有だと洋菓子セットと書いてありました。
チョイスできるタイプのやつは1000株かららしいです。

で、この洋菓子セットは家族にあげてしまいました。小さめの缶に入っているので、来客用の菓子に丁度いいサイズだということでした。

本日の優待生活

マルカキカイ・・・2000円

得意先を接待してきました

4c3042fb.jpg商談が終わった後、得意先を接待してきました。

サンマルク系の回転寿司、函館市場にて食事。

三人で8700円位食べましたが、株主優待カードで10%割引。

今回の優待生活
サンマルク 870円

ゲンキーの優待案内がきました

ccafb2b4.jpg29d2c57f.jpg4c567205.jpg















昨年に権利確定したゲンキーから優待の案内が届きました。
自社で使える2500ポイントのポイントもしくは商品券か、福井県名産品のチョイスです。

水羊羹や鯖寿司、味噌や漬物などありましたが、結局オーソドックスな焼き菓子セットにしました。

到着予定は3月下旬なので、本来12月末の優待は3月下旬以降にくることが多いという定石通りになりますね。

三光MFなど、12月に確定した他の銘柄の分も合わせて、楽しみにしています。

大光からクオカード優待が届きました

9161520c.jpg昨年11月に権利を取った大光から優待のクオカードが届きました。

展開している業務用食品スーパーのアミカで使える1000円券と交換できる500円分のクオカードです。

引換券の機能を持たせてるだけあって、デザインはまるで食券みたいな感じです。

もちろん私はこのままコンビニで使うつもりです。

本日の優待生活

大光 500円 クオカードなどの額面のある金券は、取得時に計上しています。
サイトマップ
現在工事中・・・

プロフィール

HN:ruinwalkers
1982年生。奈良県在住。

近鉄の株主優待パスや外食系の
株主優待を中心に、日常生活の
様々な費用を優待を使って節約
する株主優待生活をしてます。

このブログでは、株主優待生活
の日常を紹介したり、節約ネタ
やその他雑感などをゆるゆると
書いていこうと思います。

■株主優待生活
|-株主優待生活(全体)
|-株主優待生活とは
|-何故、株主優待生活なのか?
|-第3のインカムゲイン、預株
|-株主優待銘柄の利回り
|-優待券と割引サービスの併用
|-身近な銘柄を選ぶこと
|-お米券の意外な使い道
|-余った優待は換金する
|-換金率の高い(低い)優待は
|-保有優待銘柄(その1)
|-保有優待銘柄(その2)

■投資を始めるために
~節約生活~
|-貯金なくして投資なし
  節約なくして貯金なし
|-家計簿は何故つけるのか?
|-生活費を把握すること
|-収入の一定割合をまず貯金
|-消費欲と必要経費は別物
|-まとめて削減できることを探す
|-消費を投資に変える心がけ
|-優待生活は節約生活

■節約生活あれこれ
ーーー

■投資を続けるために
~貯金生活~
|-再度、貯金なくして投資なし
     節約なくして貯金なし
|-投資は余裕資金で
|-毎月の収入確保が一番大切
|-貯蓄に回す金と投資に回す金
|-生活防衛資金は確保しておく
|-富=(収入-支出)
    +資産×運用利回り

■副収入・ネットインカム
|-会社人ではなく社会人になる
|-残業より副業
|-給与収入<副業収入になる
|-アンケート&懸賞
|-アフィリエイト
|-ネットショップ

■お得情報(管理人兼用)
|-割引クーポンフル活用
|-無料で○○する
|-不用品の処分
|-オンライン購入

■その他(管理人の趣味など)
|-折りたたみ自転車
|-どこでも読書
|-どこでもデジカメ
|-庶民的グルメ
|-一人旅
|-街角&路上観察

■管理人のアイテム
|-折りたたみ自転車生活
|-机まわりのガジェット
|-管理人の本棚
|-こっそり買いたいもの
過去の日記
アフィリエイトリンク
☆☆☆
管理人用
ruinwalkers





















  • ライブドアブログ