2013年09月

2013年9月の優待生活

361408dc.jpge6e0e4a5.jpg6fd2b368.jpg
32665659.jpg82140063.jpg12611894.jpg
350487d4.jpgcd691217.jpg8c1d3be7.jpg
361408dc.jpgc89b7540.jpg44f55fd7.jpg
220f8b34.jpg567a90f5.jpgc5c2d2e3.jpg
31dbeeb0.jpg1b4c83db.jpgdfe17208.jpg

2013年9月の株主優待生活で節約できた金額は52551円でした。

<内訳>
ミニストップ・・・198円
パーク24・・・200円
吉野家HD・・・300円(贈与分)
ゼンショーHD・・・500円
コカコーライースト・・・720円
ワタミ・・・1000円
ダスキン・・・1000円
プレナス・・・1000円
ペッパーフードサービス・・・1000円
カッパクリエイト・・・1050円
ブックオフコーポレーション・・・1300円
松屋フーズ・・・1440円(うち580円贈与分)
クオカード優待・・・合計1500円
ジョイフル・・・2000円
キャンドゥ・・・2100円
日本マクドナルドHD・・・2830円(うち2000円贈与分)
サトレストランシステムズ・・・3000円
ダイドードリンコ・・・3000円
チムニー・・・5000円
GMOインターネット・・・5000円
コロワイド・・・6358円
共立メンテナンス・・・7000円(贈与分)

合計・・・52551円

今月は現金支出を抑えないといけなかったこともあって、ランチ利用を中心に細かく外食優待を使用しました。
金曜の夜や土曜日の昼も優待を使ったので、特に今月中旬くらいまではひたすら優待を使っていた記憶があります。

月後半になって優待の使用回数は落ちたものの、友人に宿泊系の共立メンテナンスの優待券を渡したり、期限切れ間近のマクドナルドの優待などを色んな人に渡したりしたので、結局かなりの程度数字のかさ上げがありました。

ダイドードリンコやコカコーラ系の自社優待品やGMOのサービス割引優待なども加わり、月間で集計したら外食、居酒屋、宿泊、自社優待等をバランスよくそれなりの金額で使用した形になり、合計金額がまたも5万円を超えてしまいました。

今年になって何度か月間の優待使用額が5万円を超えていますが、ランチ、月に何度かの呑み、自社優待品、月一回くらいの残業や旅行での外泊を一通りこなさないとこの金額になりません。
日常での感覚でいうと相当使ってる感じがありますので、独身の私の現状ではやはりこのあたりが優待使用額の上限値ですね。

小遣い銭で賄うような支出のかなりの部分を優待でカバーできているので、あとは優待ではカバーできないようなタイプの支出(水道光熱費に代表される純然たる現金支出)を優待株の配当金で賄えないもんかなと思っています。

さて10月度については9月度のように現金支出を抑える生活をする必要はなくなるので、通常の優待生活に戻ります。
・・・が、秋が本格的になってくるにつれて気候も涼しくなりますので自転車旅行に出かけるには絶好のチャンス。
ということで友人と自転車旅行するついでに宿泊優待を使うなどして意外と優待使用金額は膨らむかもしれません。

高高度飛行

4c1c3aba.png86c9e7cf.png
9月末時点の結果。

先月末比 + 26.2%
年初来比 +176.3%

月間上昇率が先月末比プラス25%以上という驚きの結果になりました。

今月は2020年の東京オリンピック決定ということで相場が沸きましたが、月末にかけて尻すぼみになった印象です。
私の持ち株は優待株が中心なので、話題の中心となる不動産銘柄はほとんど保有していなかったため、あまり恩恵を受けてる気がしませんでした。

にもかかわらずこのパフォーマンスを牽引したのは毎度おなじみの主力保有ファンコミュニケーションズ。
いまだ大半を保持しているのですが、そりゃPF時価の半分を占める銘柄が月間で50%も上がれば単純計算で全体も25%膨れ上がるわけです。

株価がついに高高度飛行状態に突入してる感じがしてきたので今度は墜落の恐怖が。
こんなパフォーマンスいつまでも続くわけがないですし、今年の5月や6月に何が起こったかを考えれば、来月には−30%なんてことも簡単に起こりうるわけで・・・・。

いつか来た道を考えれば、過去では今のような雰囲気の3ヶ月くらい後にライブドアショックが起きています。
あの頃は相場が楽観的なムードになってからポジションを膨らませていた人の退場が続出しました。
あの頃私が生き残ることができたのは「手持ちの優待株で精一杯で、大きな損をするだけの資産がそもそもなかった」に尽きます。

色々考え出すと止まらなくなるのですが、とにかく今の数字をベースに物事を考え出すとショック時のダメージもでかくなります。
焦って動いた時に限ってろくなことにならないのは今までの経験で身に染みているので、一歩引いて冷静に行こうと思います。

ペッパーの優待をギリギリ消化

dfe17208.jpg

本日で期限が切れるペッパーの優待券を消化してないことに昨日の夜に気付いたので、急遽会社帰りに難波のペッパーランチで夕食。
優待券が1000円分残ってたのでサービスステーキ200gのサラダセット+ドリンク券でコーラをオーダー。
合計1080円のうち差額80円を現金払い

なんとかギリギリでペッパーの優待使いきれました。

本日の優待生活
ペッパーフードサービス・・・1000円

三光MFから優待券が届きました。

8b1dbd36.jpg
6月に権利確定した三光MF(2762)から優待券が届きました。
5株での確定なので12000円分の優待券です。
生活圏内では近鉄阿部野橋駅近くの月の雫あべのルシアス店か、隣の黄金の蔵.jrあべのアポロビル店がありますので、いつものごとく月の雫で2回くらいに分けて友人もしくは身内の人間と使おうと思います。

さらに今回は見慣れぬ券が入ってるな、と思ったらなんと東京チカラめし試食券でした。
焼き牛丼+生卵+味噌汁+御新香のオーソドックスなセットを1回無料で試せるみたいです。

生活圏内では唯一、大阪日本橋の堺筋通り沿い、高島屋別館隣に店舗があります。
東京チカラめしは一度行かなきゃなと思っていたものの結局行ったことがありませんでしたが、通勤途中のエリアでもありますので、良い機会ですし近いうちに試食にいってみようと思います。

預株料がちくちくと

ab2522ae.jpg
9月度の預株料が確定しました。

いつもは月々数百円レベルで、缶ジュース代程度になればいいかな程度の預株収入なのですが、9月度は近鉄や共立メンテナンスなど、保有時価総額の大きい銘柄にちくちくと預株料がついたので、ちょっとした小遣いレベルになりました。
裏を返せばそれなりに共立メンテナンスとかに空売りが入ってると言えなくもないので、株価下落が控えているなら少々預株料をもらったところで喜んでる場合ではないはずですが、優待用に長期保有してる銘柄なのでその辺はあまり気になりませんね(共立メンテナンスは直近で急上昇しているので、その分の反落が怖い、というのはありますが)。

微々たるものでもこうして収入があるというのは嬉しいものです。

優待券、各種贈与

69743603.jpgb6bafa53.jpg61d08001.jpg

今回の記事は全て人にあげた優待についてです。

今月9月末までが期限のマクドナルドの優待券が4枚残っていたので、1枚をウチの若手社員に、3枚を本日帰省してきた従弟二人に進呈しました。
社員さんに渡したのは26日だったかと思うのですが、丁度マクドナルドでダブルチーズバーガーを購入するとフィレオフィッシュ等の無料券を1枚もらえるキャンペーン中だったらしく、喜んでくれました(優待でハンバーガーを購入しても無料券は貰えたらしいです)。
従弟も下宿先近くのマクドナルドで使えると大喜びでした。

なお、この従弟2人には、写真3枚目の松屋フーズの優待券も1枚ずつ渡しています。

写真二枚目については父親に。
本日のお昼頃・・・

父「おいruin、俺昼飯吉野家行ってくるわ。お前優待券持ってたやろ、1枚くれんか?」

私「いいよ。300円だと並盛1杯より安いから、2枚持っていったら?」

父「いや、いいわ。600円も食わんし、釣り銭でないんやろ?差額は払うわ」

私「OK」

てな感じのやりとりがあって、1枚進呈。

ということで使用期限が迫っていたものも含めて色々消化できた今週でした。

で、この投稿を書いてる最中に、今月末期限のペッパーの優待券が残ってるのを見つけたので、明日使ってきます。

今回の優待生活(すべて進呈した分)
吉野家HD・・・300円
松屋フーズ・・・580円(一番安い牛丼並盛@290円分と考えて、2枚で580円分です)
日本マクドナルドHD・・・2000円(適当に1枚500円分くらいで換算。4枚分です)

坐・和民で食事

1b4c83db.jpg
本日は会社帰りに天王寺の坐・和民で夕食。

お酒は呑まずに食事のみのつもりだったので、例によって「定食っぽく見える組み合わせ」を考えてオーダー。
結果本日はニラ卵とじをメインに和民サラダのハーフサイズとご飯セットを追加。

写真中央にメインのニラ卵とじを配置し、奥にハーフサイズのワタミサラダ、手前両脇に御飯セットの御飯(麦飯)と豚汁配置してお漬物とお箸をちりばめたら、なんとなく「ニラ卵と豚汁定食(野菜たっぷりサラダ付)」っぽくなりました。
座・和民はサラダにハーフサイズがあるので、一人分の食事を組み合わせるのにやりやすいですね。

会計は合計で1044円のうち、優待券1000円分利用して差し引き44円を現金払い。

本日の優待生活
ワタミ・・・1000円

GMOインターネットから優待案内が届いたので早速設定開始

31dbeeb0.jpgc496c6ba.jpg
7745eccd.jpg8138546d.jpg
多分これで三回目だと思いますが、GMOインターネットの優待案内が届きました。

くまポンギフト2000円分とGMOグループのサービス割引が5000円分、そしてGMOクリック証券の手数料バック5000円分です。
細かくいえば自社銘柄取引に優遇があったり、株主限定のWIFIプランがあったりしますが、既に利用中なので割愛。

くまポンギフト券2000円分は使用に縛りがあるため現在のところ使用予定はありません。
なのでこれはとりあえず置いておき、後の二つ、サービス割引5000円分と手数料バック5000円分の申請を早速行いました。

サービス割引は当然ながらGMOとくとくBBを対象にします。
現在我が家の通信環境はGMOとくとくBB経由のWIFIを使用しており、しかも株主限定プランで月あたり2980円(2年契約)となっております。
この通信費用をサービス割引でさらに安くできるので費用削減効果は非常に大きい。

月々2980円が12ヶ月で35760円、ここからGMOの優待割引が年間10000円(5000×2)適用できることに加え、毎月GMOとくとくポイントが100ポイントもらえるため、それをそのまま翌月の支払いに充てれば年間1100円分の割引と同じになります。

(35760-10000-1100)÷12ヶ月=月々2055円まで実質的に下がるわけですから、GMOインターネットの優待をフル活用することの恩恵はかなり大きいです。

そしてGMOクリック証券の5000円分の手数料バックについては、今後GMOクリック証券経由でいくつか優待株を売買(信用口座もあけてるのでクロスも一応出来ます)したり、ちょっとしたデイトレやスイングを行う時に効果を発揮してくれると思います。
半期ごとに期間中の取引履歴の内容から一括してキャッシュバックなので、これが発生したときに優待生活に計上する予定。

本日の優待生活
GMOインターネット・・・5000円(サービス割引分)


本日は9月末銘柄の権利付最終売買日でした。

本日は9月末銘柄の権利付最終売買日でした。

権利取得した銘柄は新規に購入した5銘柄含め、合計26銘柄です(詳しくはこちら。別窓開きます。証券コードだけ羅列して検索したので、最後の方に投信が混じってますが気にしないでください)。
中間配当のみの銘柄が他にもいくつかあったり、主力保有のファンコミュニケーションズの分割権利を確定させたりもしているのですが、それは除外しております。
大型である近鉄分を除いても優待銘柄だけで確定時価総額は3月に続き1000万円を超えたものの、全て現物。

確定した優待銘柄のうちほとんどが単元株での確定ですが、このうち複数単元で権利確定したものが、JT、サトレス近鉄、ゼンショー、共立メンテナンス、リゾートソリューションの6つで、サトレスとゼンショー、共立メンテを1000株で、リゾートソリューションを5000株で確定させました。

またほとんどが継続保有ではあるものの、今回新規で本日購入した銘柄が合計5銘柄(一覧はこちら。別窓開きます)あります。
その中では無理やり買いに行ったゼンショー1000株が大きく、後は5万円前後の小粒のクオカード&図書カード優待銘柄を買ったくらいにとどめました。

結果、確定した銘柄の優待内容は居酒屋やファミレスなどの飲食優待とビジネスホテルの宿泊優待が大半を占め、クオカードやお米券などの金券類がその脇を固めるという感じになり、金額ベースでは約12万円分。

確定した優待はいつものように日々の外食や細々した出費、旅行時の宿泊のサポートなどで役立ってくれることとでしょう。
年末の優待到着ラッシュが今から楽しみです。

明日は権利落ちで恐らく配当+優待分以上に下げるでしょうが、ほとんどが継続保有の銘柄なので焦らず行こうと思います。
精々今日確定したゼンショー1000株のうち一旦半分を売却して様子を見るくらいでしょうか。

日本マクドナルドHDから優待券が届いています

ea9a54ce.jpg
6月に権利確定した日本マクドナルドHD(2702)から優待券セットが届きました。

ハンバーガー、サイドメニュー、ドリンクの無料券が1枚ずつの綴りが6枚分。

そんなに頻繁に利用するわけではありませんが、通勤圏内での朝食や外回り、休日の昼食などに使っています。
半年につき6枚ですから、ほぼ1月に1回の使用なので消化ペースも丁度いい。

同社は数年前に原田CEOに代わってから年々値上げをしていっており、現在ではメニューをぱっと見ただけでは単品がいくらなのか分かりにくく、セットでオーダーしたらその高さに驚く、というレベルにまでなっています。

優待券が額面ではなく単品無料券となっているため、メニューの価格上昇はことごとく吸収できているので有難い。

そのうちここも松屋フーズのようにオーダー適用可能メニューが限定されたりなどの変更があるかもですが、まだまだ財務に余裕のある同社。
爆発的な成長はなくても、もう少し見守ってみようと思います。


サイトマップ
現在工事中・・・

プロフィール

HN:ruinwalkers
1982年生。奈良県在住。

近鉄の株主優待パスや外食系の
株主優待を中心に、日常生活の
様々な費用を優待を使って節約
する株主優待生活をしてます。

このブログでは、株主優待生活
の日常を紹介したり、節約ネタ
やその他雑感などをゆるゆると
書いていこうと思います。

■株主優待生活
|-株主優待生活(全体)
|-株主優待生活とは
|-何故、株主優待生活なのか?
|-第3のインカムゲイン、預株
|-株主優待銘柄の利回り
|-優待券と割引サービスの併用
|-身近な銘柄を選ぶこと
|-お米券の意外な使い道
|-余った優待は換金する
|-換金率の高い(低い)優待は
|-保有優待銘柄(その1)
|-保有優待銘柄(その2)

■投資を始めるために
~節約生活~
|-貯金なくして投資なし
  節約なくして貯金なし
|-家計簿は何故つけるのか?
|-生活費を把握すること
|-収入の一定割合をまず貯金
|-消費欲と必要経費は別物
|-まとめて削減できることを探す
|-消費を投資に変える心がけ
|-優待生活は節約生活

■節約生活あれこれ
ーーー

■投資を続けるために
~貯金生活~
|-再度、貯金なくして投資なし
     節約なくして貯金なし
|-投資は余裕資金で
|-毎月の収入確保が一番大切
|-貯蓄に回す金と投資に回す金
|-生活防衛資金は確保しておく
|-富=(収入-支出)
    +資産×運用利回り

■副収入・ネットインカム
|-会社人ではなく社会人になる
|-残業より副業
|-給与収入<副業収入になる
|-アンケート&懸賞
|-アフィリエイト
|-ネットショップ

■お得情報(管理人兼用)
|-割引クーポンフル活用
|-無料で○○する
|-不用品の処分
|-オンライン購入

■その他(管理人の趣味など)
|-折りたたみ自転車
|-どこでも読書
|-どこでもデジカメ
|-庶民的グルメ
|-一人旅
|-街角&路上観察

■管理人のアイテム
|-折りたたみ自転車生活
|-机まわりのガジェット
|-管理人の本棚
|-こっそり買いたいもの
過去の日記
アフィリエイトリンク
☆☆☆
管理人用
ruinwalkers





















  • ライブドアブログ