株式投資ではキャピタルゲイン(値上がり益)とインカムゲイン(定期的に発生する収入)、大きく分けて2種類の収益がありますが、優待目的で株を保有する時は、基本的にインカムゲインに着目することになります(長期で保有することが前提なのですから、当然の話ですね)。

インカムゲインの最たるものは配当金と、当サイトのメインテーマとなっている株主優待です。

上記二つはよく知られた株式のインカムゲインですが、小ワザ的なものでさらにもう一つ「貸し株」という形でのインカムゲインを得られる場合があります(貸借銘柄で、かつ貸し株サービスを行っている証券会社が定める銘柄のみ)。

貸し株とは、簡単に言うと「株式を貸し出してリース料をもらう」というものです。

株式を貸しているのに、配当金が入るというのは何故だと思われるかもしれませんが、配当金をもらうためには「権利確定日」に株式を保有している必要があるのですが、逆に言うと、「それ以外の日は必ずしも株式を保有している必要はない」ということ。

優待銘柄を保有する場合は通常なら長期で持ちっぱなしになることが多いわけですから、その間(権利確定日は除く)に株式を貸し出してリース料(貸株料)を受け取ることで、さらにインカムゲインを増やそうというわけですね。

貸し株ができる株式には条件があり、また貸し株の形も取扱い証券会社(マネックス証券or松井証券)によって違うので少しややこしいですが、私は松井証券の預株サービスを利用しています。

信用取引口座・特定口座を開設している場合は預株サービスは利用できないので、私は松井証券は信用取引口座を開けない優待専用口座として使ってます。
株主優待目的で長期で保有することを決めた銘柄は松井証券で購入し、(預株対象銘柄であれば)即座に預株に回すことにしてます。

また松井証券は配当や株主優待の権利確定日には貸し株自体を行わない(マネックス証券では別途申し込みが必要)ので、誤って権利確定日に貸し株をした状態になり、株主としての権利を取りそこなうこともありません。一度預株に回してしまえば後は放っておいても良いわけです。

優待目的で長期保有目的の銘柄を松井証券の預株サービスに回すことで、配当金・株主優待・貸株料の3種類のインカムゲインを得ています。

でも株を貸株として預けていればずっと毎日貸株料がはいるわけではありません。

貸株料の基準となる逆日歩が発生し、かつ松井証券にまで貸株の需要が回ってきて、自分が預けている株式が貸すことができた場合(手続きは全て松井がやってくれますから、自分は何もしなくてもかまいませんが)に、ようやく貸株料が発生します。
それも金額にしたら微々たるもの。1回1日あたり数円、月数十円〜数百円とささやかなものです。

一説によると、松井証券での預株による利回りは0.1〜0.25%だそうです(他に貸株サービスを行っているマネックス証券でも同じような水準)が、チリも積もれば山となります。
もともと株式を保有することによる「利息」は配当金という形で得ていますから、そこからほんの少しでもプラスαがあるなら上出来と言えましょう。

配当金というインカムゲインに、ほんの少しオマケを追加できる、貸株。

隠れた小ワザとして覚えておいて損はありません。


松井証券




マネックス証券