d8517929.jpg












上の写真は手持ちのお米券の写真です。
今回はこのお米券についての投稿。

皆さんはこのお米券、普通は贈答品でもらったり何かの景品(知り合いや会社のコンペとか慰安旅行とかでのミニゲームなど)でもらったりしたときに見るくらいなのではないかと思います。

お米券を発行してるところは実は複数あって全米販が発行しているものが一番有名かとは思いますが、どこのお米券も基本的に額面が1kgとあり、お米券取り扱いのスーパーやお米屋さんで1kgのお米と交換してもらうか、もしくは440円分のお米の計り売りの代金に使えます。

普通でしたら家庭に備蓄しておく以上のお米用として持っていたり、そのまま使わずに忘れ去られてしまったりするお米券ですが、実はこれ、お米以外の支払いに使えるのです。

とはいってもお米券の発行元のHPに行ってもそういった店は載っていません(スーパーの名前などがあっても、それはあくまでお米関係の支払いのみ、というスタンスです)ので自分で色々探し回らないといけないのですが、一部のスーパーや酒販店、ドラッグストアなどで使えることがあります。

おそらくは米屋さんはお酒を、酒屋さんはお米を扱い出し、もしくは薬品を扱いだし、そうしたところがチェーン展開を進めていき、お米や酒類を扱うドラッグストア、あるいはディスカウントストアやコンビニエンスストアなどの大規模店になるにあたって、お米以外の商品でもお米での売り上げとして計上できるようになったためなのではないかと思います。

HP上で公式にお米券を支払いに使用可能と告知しているところは、私が確認したところでは・・・

クリエイトSDホールディングス(HPの該当箇所リンク)・・・ドラッグストアチェーン「クリエイトSD」を展開

螢クヤス(HPの該当箇所リンク)・・・酒類の販売店「カクヤス」を展開

東横イン(HPの該当箇所リンク)・・・ビジネスホテルチェーン「東横イン」を展開

がありました。

通勤ルートにカクヤスが何件かありますので、仕事が終わってから友人宅に突撃するときに酒やつまみを買って帰ろうかなと思っています(実行したらまた記事にします)。

他にもスギ薬局などはお米券が使えるということで有名ですし、未確認ですがドンキホーテやローソンなんかでも使えることがあるみたいです。

面白いのは、全国で店舗展開しているビジネスホテルチェーンの東横インで宿泊費の支払いにお米券が使えること。
宿泊費の支払いに金券全般(テレカや図書カード、そしてQUOカードは除く)、お米券やビール券、各クレジットカード会社のギフト券などが使えるので、株主優待として受け取った金券を東横インの支払い用にストックしておくことができるようになります。
こうなると、ギフト券やギフトカード、お米券を株主優待で出す企業はすべて「ホテル優待銘柄」であると考えられます。

関西に帰ってきてからは出張で地方に行くことがあり、そこでの宿泊にはよく東横インを使うので、出張費用を浮かせられるんじゃないかなと思っています。

東横インは地方都市でも店舗展開しているので、自転車を持って地方旅行に行くときも使えるんじゃないかと思ったりも。
持ち歩く飲み物、電車の移動、現地での食事、そして宿泊すべてを株主優待で賄ったりできたら面白そうですね。

こう考えるようになって以来、俄然はりきってお米券を優待で出す銘柄を買い集め出すようになりました。

2011年2月25日現在、お米券銘柄は下記の8つを保有中です。

(6463)TPR・・・・・・・・年間3kg
(2676)高千穂交易・・・・・・年間6kg
(7561)ハークスレイ・・・・・年間3kg
(6926)岡谷電機産業・・・・・年間2kg(3年以上保有で年間3kg)
(3003)昭栄・・・・・・・・・年間4kg(3年以上保有で年間6kg)
(9368)キムラユニティー・・・年間4kg
(9324)安田倉庫・・・・・・・年間2kg
(7628)オーハシテクニカ・・・年間2kg(3年以上保有で年間4kg)

合計で年間26kg、3年以上保有すれば、年間31kg分のお米券になります。
1kgあたり440円換算ですから、26kgで11440円、31kgで13640円分になります。
これだけあれば大体2泊分にはなりますね。
他に宿泊用銘柄として保有しているサムティ(3244)、リゾートソリューション(5261)、共立メンテナンス(9616)も合わせると、ホテルにばらつきはあるものの、年間で8泊分くらいは優待で賄えそうなかんじです。

リゾートソリューションや共立メンテナンスやその他お米券銘柄の買い増しを進め、年間12泊、つまり月1回は1泊どこかのホテルに泊まれるような状態にするのが当面の目標ですね。

お米券に限らずですが、金券の使い道をあれこれ考えると、株主優待生活に幅が出てくる感じがします。

お米券を優待に出す銘柄は業績が安定してるものが多いような気がしますので、投資検討するのも面白いかもしれません。

(2012年3月5日追記)
2012年3月5日現在のお米券銘柄は下記の15銘柄です

(2676)高千穂交易・・・・・・・・・年間3kg
(4746)東計電算・・・・・・・・・・・年間2kg
(6328)荏原実業・・・・・・・・・・・年間4kg
(6463)TPR・・・・・・・・・・・・・・・年間3kg
(6926)岡谷電機産業・・・・・・・年間2kg(3年保有で+1kg)
(7561)ハークスレイ・・・・・・・・年間3kg
(7628)オーハシテクニカ・・・・・年間2kg(3年保有で+2kg)
(9324)安田倉庫・・・・・・・・・・・年間2kg
(9319)中央倉庫・・・・・・・・・・・年間2kg(3年保有で+1kg)
(9368)キムラユニティー・・・・・年間4kg
(4659)エイジス・・・・・・・・・・・・・年間3kg
(8818)京阪神ビル・・・・・・・・・年間1kg
(8742)小林洋行・・・・・・・・・・・年間2kg
(3817)SRAホールディングス・年間3kg
(3228)三栄建築設計・・・・・・・年間5kg

合計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・年間41kg(3年保有で+4kg)

2月と3月の権利確定で無理やり取得したものもあるので継続保有が疑わしいものもありますが、お米券の額面では40キロ以上と、場所にもよりますが東横インで4泊位はできるようになってきました。