コラム

お米券の意外な使い道(小売店や東横インで使えます)

d8517929.jpg












上の写真は手持ちのお米券の写真です。
今回はこのお米券についての投稿。

皆さんはこのお米券、普通は贈答品でもらったり何かの景品(知り合いや会社のコンペとか慰安旅行とかでのミニゲームなど)でもらったりしたときに見るくらいなのではないかと思います。

お米券を発行してるところは実は複数あって全米販が発行しているものが一番有名かとは思いますが、どこのお米券も基本的に額面が1kgとあり、お米券取り扱いのスーパーやお米屋さんで1kgのお米と交換してもらうか、もしくは440円分のお米の計り売りの代金に使えます。

普通でしたら家庭に備蓄しておく以上のお米用として持っていたり、そのまま使わずに忘れ去られてしまったりするお米券ですが、実はこれ、お米以外の支払いに使えるのです。

とはいってもお米券の発行元のHPに行ってもそういった店は載っていません(スーパーの名前などがあっても、それはあくまでお米関係の支払いのみ、というスタンスです)ので自分で色々探し回らないといけないのですが、一部のスーパーや酒販店、ドラッグストアなどで使えることがあります。

おそらくは米屋さんはお酒を、酒屋さんはお米を扱い出し、もしくは薬品を扱いだし、そうしたところがチェーン展開を進めていき、お米や酒類を扱うドラッグストア、あるいはディスカウントストアやコンビニエンスストアなどの大規模店になるにあたって、お米以外の商品でもお米での売り上げとして計上できるようになったためなのではないかと思います。

HP上で公式にお米券を支払いに使用可能と告知しているところは、私が確認したところでは・・・

クリエイトSDホールディングス(HPの該当箇所リンク)・・・ドラッグストアチェーン「クリエイトSD」を展開

螢クヤス(HPの該当箇所リンク)・・・酒類の販売店「カクヤス」を展開

東横イン(HPの該当箇所リンク)・・・ビジネスホテルチェーン「東横イン」を展開

がありました。

通勤ルートにカクヤスが何件かありますので、仕事が終わってから友人宅に突撃するときに酒やつまみを買って帰ろうかなと思っています(実行したらまた記事にします)。

他にもスギ薬局などはお米券が使えるということで有名ですし、未確認ですがドンキホーテやローソンなんかでも使えることがあるみたいです。

面白いのは、全国で店舗展開しているビジネスホテルチェーンの東横インで宿泊費の支払いにお米券が使えること。
宿泊費の支払いに金券全般(テレカや図書カード、そしてQUOカードは除く)、お米券やビール券、各クレジットカード会社のギフト券などが使えるので、株主優待として受け取った金券を東横インの支払い用にストックしておくことができるようになります。
こうなると、ギフト券やギフトカード、お米券を株主優待で出す企業はすべて「ホテル優待銘柄」であると考えられます。

関西に帰ってきてからは出張で地方に行くことがあり、そこでの宿泊にはよく東横インを使うので、出張費用を浮かせられるんじゃないかなと思っています。

東横インは地方都市でも店舗展開しているので、自転車を持って地方旅行に行くときも使えるんじゃないかと思ったりも。
持ち歩く飲み物、電車の移動、現地での食事、そして宿泊すべてを株主優待で賄ったりできたら面白そうですね。

こう考えるようになって以来、俄然はりきってお米券を優待で出す銘柄を買い集め出すようになりました。

2011年2月25日現在、お米券銘柄は下記の8つを保有中です。

(6463)TPR・・・・・・・・年間3kg
(2676)高千穂交易・・・・・・年間6kg
(7561)ハークスレイ・・・・・年間3kg
(6926)岡谷電機産業・・・・・年間2kg(3年以上保有で年間3kg)
(3003)昭栄・・・・・・・・・年間4kg(3年以上保有で年間6kg)
(9368)キムラユニティー・・・年間4kg
(9324)安田倉庫・・・・・・・年間2kg
(7628)オーハシテクニカ・・・年間2kg(3年以上保有で年間4kg)

合計で年間26kg、3年以上保有すれば、年間31kg分のお米券になります。
1kgあたり440円換算ですから、26kgで11440円、31kgで13640円分になります。
これだけあれば大体2泊分にはなりますね。
他に宿泊用銘柄として保有しているサムティ(3244)、リゾートソリューション(5261)、共立メンテナンス(9616)も合わせると、ホテルにばらつきはあるものの、年間で8泊分くらいは優待で賄えそうなかんじです。

リゾートソリューションや共立メンテナンスやその他お米券銘柄の買い増しを進め、年間12泊、つまり月1回は1泊どこかのホテルに泊まれるような状態にするのが当面の目標ですね。

お米券に限らずですが、金券の使い道をあれこれ考えると、株主優待生活に幅が出てくる感じがします。

お米券を優待に出す銘柄は業績が安定してるものが多いような気がしますので、投資検討するのも面白いかもしれません。

(2012年3月5日追記)
2012年3月5日現在のお米券銘柄は下記の15銘柄です

(2676)高千穂交易・・・・・・・・・年間3kg
(4746)東計電算・・・・・・・・・・・年間2kg
(6328)荏原実業・・・・・・・・・・・年間4kg
(6463)TPR・・・・・・・・・・・・・・・年間3kg
(6926)岡谷電機産業・・・・・・・年間2kg(3年保有で+1kg)
(7561)ハークスレイ・・・・・・・・年間3kg
(7628)オーハシテクニカ・・・・・年間2kg(3年保有で+2kg)
(9324)安田倉庫・・・・・・・・・・・年間2kg
(9319)中央倉庫・・・・・・・・・・・年間2kg(3年保有で+1kg)
(9368)キムラユニティー・・・・・年間4kg
(4659)エイジス・・・・・・・・・・・・・年間3kg
(8818)京阪神ビル・・・・・・・・・年間1kg
(8742)小林洋行・・・・・・・・・・・年間2kg
(3817)SRAホールディングス・年間3kg
(3228)三栄建築設計・・・・・・・年間5kg

合計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・年間41kg(3年保有で+4kg)

2月と3月の権利確定で無理やり取得したものもあるので継続保有が疑わしいものもありますが、お米券の額面では40キロ以上と、場所にもよりますが東横インで4泊位はできるようになってきました。

配当金、株主優待に続く第三のインカムゲイン、貸し株

株式投資ではキャピタルゲイン(値上がり益)とインカムゲイン(定期的に発生する収入)、大きく分けて2種類の収益がありますが、優待目的で株を保有する時は、基本的にインカムゲインに着目することになります(長期で保有することが前提なのですから、当然の話ですね)。

インカムゲインの最たるものは配当金と、当サイトのメインテーマとなっている株主優待です。

上記二つはよく知られた株式のインカムゲインですが、小ワザ的なものでさらにもう一つ「貸し株」という形でのインカムゲインを得られる場合があります(貸借銘柄で、かつ貸し株サービスを行っている証券会社が定める銘柄のみ)。

貸し株とは、簡単に言うと「株式を貸し出してリース料をもらう」というものです。

株式を貸しているのに、配当金が入るというのは何故だと思われるかもしれませんが、配当金をもらうためには「権利確定日」に株式を保有している必要があるのですが、逆に言うと、「それ以外の日は必ずしも株式を保有している必要はない」ということ。

優待銘柄を保有する場合は通常なら長期で持ちっぱなしになることが多いわけですから、その間(権利確定日は除く)に株式を貸し出してリース料(貸株料)を受け取ることで、さらにインカムゲインを増やそうというわけですね。

貸し株ができる株式には条件があり、また貸し株の形も取扱い証券会社(マネックス証券or松井証券)によって違うので少しややこしいですが、私は松井証券の預株サービスを利用しています。

信用取引口座・特定口座を開設している場合は預株サービスは利用できないので、私は松井証券は信用取引口座を開けない優待専用口座として使ってます。
株主優待目的で長期で保有することを決めた銘柄は松井証券で購入し、(預株対象銘柄であれば)即座に預株に回すことにしてます。

また松井証券は配当や株主優待の権利確定日には貸し株自体を行わない(マネックス証券では別途申し込みが必要)ので、誤って権利確定日に貸し株をした状態になり、株主としての権利を取りそこなうこともありません。一度預株に回してしまえば後は放っておいても良いわけです。

優待目的で長期保有目的の銘柄を松井証券の預株サービスに回すことで、配当金・株主優待・貸株料の3種類のインカムゲインを得ています。

でも株を貸株として預けていればずっと毎日貸株料がはいるわけではありません。

貸株料の基準となる逆日歩が発生し、かつ松井証券にまで貸株の需要が回ってきて、自分が預けている株式が貸すことができた場合(手続きは全て松井がやってくれますから、自分は何もしなくてもかまいませんが)に、ようやく貸株料が発生します。
それも金額にしたら微々たるもの。1回1日あたり数円、月数十円〜数百円とささやかなものです。

一説によると、松井証券での預株による利回りは0.1〜0.25%だそうです(他に貸株サービスを行っているマネックス証券でも同じような水準)が、チリも積もれば山となります。
もともと株式を保有することによる「利息」は配当金という形で得ていますから、そこからほんの少しでもプラスαがあるなら上出来と言えましょう。

配当金というインカムゲインに、ほんの少しオマケを追加できる、貸株。

隠れた小ワザとして覚えておいて損はありません。


松井証券




マネックス証券


サイトマップ
現在工事中・・・

プロフィール

HN:ruinwalkers
1982年生。奈良県在住。

近鉄の株主優待パスや外食系の
株主優待を中心に、日常生活の
様々な費用を優待を使って節約
する株主優待生活をしてます。

このブログでは、株主優待生活
の日常を紹介したり、節約ネタ
やその他雑感などをゆるゆると
書いていこうと思います。

■株主優待生活
|-株主優待生活(全体)
|-株主優待生活とは
|-何故、株主優待生活なのか?
|-第3のインカムゲイン、預株
|-株主優待銘柄の利回り
|-優待券と割引サービスの併用
|-身近な銘柄を選ぶこと
|-お米券の意外な使い道
|-余った優待は換金する
|-換金率の高い(低い)優待は
|-保有優待銘柄(その1)
|-保有優待銘柄(その2)

■投資を始めるために
~節約生活~
|-貯金なくして投資なし
  節約なくして貯金なし
|-家計簿は何故つけるのか?
|-生活費を把握すること
|-収入の一定割合をまず貯金
|-消費欲と必要経費は別物
|-まとめて削減できることを探す
|-消費を投資に変える心がけ
|-優待生活は節約生活

■節約生活あれこれ
ーーー

■投資を続けるために
~貯金生活~
|-再度、貯金なくして投資なし
     節約なくして貯金なし
|-投資は余裕資金で
|-毎月の収入確保が一番大切
|-貯蓄に回す金と投資に回す金
|-生活防衛資金は確保しておく
|-富=(収入-支出)
    +資産×運用利回り

■副収入・ネットインカム
|-会社人ではなく社会人になる
|-残業より副業
|-給与収入<副業収入になる
|-アンケート&懸賞
|-アフィリエイト
|-ネットショップ

■お得情報(管理人兼用)
|-割引クーポンフル活用
|-無料で○○する
|-不用品の処分
|-オンライン購入

■その他(管理人の趣味など)
|-折りたたみ自転車
|-どこでも読書
|-どこでもデジカメ
|-庶民的グルメ
|-一人旅
|-街角&路上観察

■管理人のアイテム
|-折りたたみ自転車生活
|-机まわりのガジェット
|-管理人の本棚
|-こっそり買いたいもの
過去の日記
アフィリエイトリンク
☆☆☆
管理人用
ruinwalkers





















  • ライブドアブログ