分からないSEO,HTML,CSSはコツコツ勉強しよう

HTMLとかCSSとか、全然分からない!という人の為の初心者による初心者の為のHPマニュアルに、できればなりたいな

泥沼に陥らない為のSEOの基礎知識vol2

こんにちは、谷山です。
今回も、泥沼に陥らない為のSEOの基礎知識です。

前回は、順位保障のSEO業者でした。
今回もその続きです。
順位保障のSEO業者って、一番多いように感じます。
何にせよ、数字がある分信じやすいんですね。
それで、SEOの知識も無い様なスパムしてる業者が目を付ける訳です。
誰も、順位保障の業者さんが全部駄目だなんて言っている訳ではなく、嘘を吐いてる業者を見分けようという趣旨ですからね。

では、偽りの業種を適当に話してどんなキーワードが良いか聞いてみましょう。
上位表示を約束すると言っているので、多分ですが誰も検索しない様なキーワードを狙ってくる可能性があります。
極端な例で言えば、食べ物の固有名詞+飲み物の固有名詞の複合ワードなどです。
ハッキリ言って、物凄く簡単に上位表示できる組み合わせが沢山あります。
店の名前と食べ物の名前などは、ほぼ確実に上位表示できるパターンです。
その名前が特徴的であるなら尚更です。
ですが、問題はここにあります。
ここで、上位表示できると言ったキーワードの組み合わせに注目しましょう。
複合ワードでも、誰かが調べそうな物で、尚且つ何パターンもあればとても良いでしょう。
上位表示された時、何種類ものキーワードが最適化されていると、入り口が多くなってアクセスされる確率が上がります。
もし、「キーワードはそちらで決めて頂いても大丈夫です」なんて言ってたら、その業者さんはやめた方が良いでしょう。
SEOを施すにあたって、お勧めのキーワードの意見などを出してくれる業者は、信用できるかどうかは別ですが、まだ良い業者さんである可能性があります。
SEO初心者に対して、キーワードを自分で決めさせるのは、結構危険だったりします。
SEOが分からないので、かなりのビッグキーワードを出してきたり、何故かは分かりませんが、社名または商品名をキーワードにしようとします。
自社ブランドによほど自信があるのかは分かりませんが、それなら別にSEOをする必要が無くなったりしますし、アクセスを伸ばすのはかなり難しいと思います。
商品名の場合、購買意欲はかなりありそうな気がしますが・・・
それなら、最初からSEO対策を業者に頼む必要が無いわけです。
逆に、ビッグキーワードで上位表示して欲しいと言われても、間違いなく不可能に近いですよね?
これは前回書いた通りです。
上位に絶対的に君臨しているのを蹴落とすことなんて、出来ないですよね?
極端な例で言えば、小規模会社が超マイナーな商品を作りました。
それは、パソコン用のパーツです。
だから、「パソコン パーツ」のキーワードで上位表示させてくれなんて言われても、無理なわけです。
知名度の高い会社ならまだできるかもしれませんが、そんな小規模会社がSEOで一位をキープなんて出来るわけありません。
出来て、スパムで一時的に・・・だけですよね。
なら、良いSEO業者はどんなキーワードを提案するのでしょう。

答えは、SEO業者次第。そして、商品次第です。
安請負をする業者は無視して良いでしょう。
しかし、その商品の事を熱心に知ろうとして、その特徴からキーワードを考えてくれる業者さんに出会ったら、あなたは幸運です。
そのSEO業者さんと少し深い話をしてみましょう。
月々のSEO対策の費用や、費用対効果の話。将来の展望やら何やらを話してみましょう。
それを経て、SEO業者さんを決めてください。
最後は主観ですから、私は口出ししません。
少なくとも、目先のことだけを考えているスパム業者より、将来的な方向を見ていれば、結果は違ってくるでしょう。
心配な事があれば、話してみて下さい。
相談して、スキルや知識などにも探りを入れて、そのSEO業者の事をもっと知りましょう。
メタタグとかタイトルだけ変えてスモールワードで上位表示させて報酬を要求するようなSEO業者に会わない事を祈っています。

泥沼に陥らない為のSEOの基礎知識vol1

こんにちは、谷山です。
今回は泥沼に陥らない為のSEOの基礎知識。

SEO業者という言葉に騙されてはいけません。
本当に信頼できるSEO業者かどうかを見定めなければ、SEOと名を偽ったスパムで痛い目を見るかもしれません。
SEO業者と名乗ることは簡単です。
しかし、それは薄い皮。
偽SEO業者の矛盾点なんて、簡単に見つけられる物である可能性もあります。
本物のSEO業者であっても、その中でも更に良いSEO業者を見つけましょう。

まずは、順位保障のSEO対策業者の例です。
●位以内に入らなければ料金は頂きません。
と言っている業者のパターン。
撃退してあげましょう。
まず、キーワードを上げます。
出来るだけ大きなキーワードで、検索結果の出来るだけ多いキーワードを用意します。
例:パソコンや自動車、ビールなど。
「中小企業なんですけど、キーワード・パソコンをGoogleで上位表示出来ますか?」と聞きます。
出来ますと答えれば、信用してはいけません。
「えっ!?出来ると言っているんだから、信用できるんじゃないの?」
と思っては駄目です。
パソコンなどの大きなキーワードは、既に大会社や有名な通信販売業者が上位を確立しています。
(一位は価格.com 2009年8月26日現在)
超有名な会社でもない限り、上位は奪えないでしょう。
このパターンは、着手金としてお金を取られるか、スパムの詰め込みや大量のリンクで無理矢理上位表示させるでしょう。
というか、スパムでも結構無理があります。
事実は分かりませんが、スパムでも一時的な上位表示すら難しいと思います。
逆に、それが実際に出来るSEO業者を信じられません。(良い意味で)
では、今日はこれ位で終わっておきます。

無料ブログはSEO対策に不利?有利?

こんにちは、谷山です。
今日二回目の記事ですが・・・一回目の記事がほぼ感想の様な状態になってしまったので、いつもの更新がこっちで、あれがイレギュラーだったと考えてください。
今回は、ブログはSEO対策に不利?有利?です。

無料ブログって、よく使われてますよね。
でも、無料ブログはSEOに関して弱いところがあります。
(私はlivedoorとfc2しか使った事ありません。内容はほぼそれだと思ってください。)
例えば、URLの付け方です。
HPなどを回っていると、とてもそこが弱いんだなと感じます。
例えば、ターゲットワードをSEOに絞った場合。
このブログを例に出します。トップページURLがhttp://blog.livedoor.jp/rukcew/になってます。
そして、個別ページのURLが・・・http://blog.livedoor.jp/rukcew/archives/51248370.htmlになってます。(前々回記事)
これって、実はとっても損なんです。
URLの例にSEO対策の薬箱さんを出します。
http://pillcase.com/seo/
トップページです。

私のブログの場合だと、blog.livedoor.jpがlivedoorブログのドメインです。
rukcewの部分が私のブログ用IDという事になってます。
IDがURLに含まれる様になっているんです。
ここまでは問題無いんですけど・・・問題は個別ページにあります。
個別ページのURLは、archives/51248370.htmlという文が増えてます。
この部分が、記事の番号みたいな感じなんですが・・・
因みに、この記事はtwitterという単語が少しだけ入っています。
Movable Typeでブログを作っているSEO対策の薬箱さんでは・・・
http://pillcase.com/seo/l2009/08/twitter-delete.htmlというURLの記事があります。
この記事は、twitterのfollowとfollowerの件数が何故か減って(followした・された分のデータが消えて)しまったことに関する記事です。
分かりましたか?内容に合わせたtwitter-deleteというサブディレクトリになってますよね?
これを踏まえて、もし「seo twitter」というキーワードで検索された場合、私のブログと薬箱さんでは(内容が全く同じであっても)間違いなく薬箱さんの記事が検索で上位に来ます。(何位かはわかりませんが)
それは、URLに含まれているという事によって、それはseoとtwitterに関しての深い関係のある記事だと検索エンジンが理解するからです。
(因みに、私のブログと薬箱さんでは差がありすぎて話になりません)

ですが、無料ブログにも強みはあると思います。
それは、コミュニティの形成に関する部分です。
例えば、ブログ村などのブログ専用ポータルサイトなら、薬箱さんの様なMovable TypeやWord Pressで作られているブログでも登録できます・・・多分。
ですが、livedoor blogのカテゴリ欄に載せる事は・・・多分出来ないでしょう。
(調べろよという声。もしくは出来るわけねぇだろという声が聞こえてきそうです)
それに、livedoor blogの最新記事を見て来てくれる人も居るかも知れません。(livedoorブロガーなら・・・ですが)
それでも、コミュニティ形成に少しは役立ちそうです。

まぁ、他にも色々あるんですけど。
無料ブログだから出来ない事って、いっぱいあります。
それを考えると、Word Pressとかって良い事あると思います。
出来れば、そっちに移したいと思ってるのも事実ですが・・・
知識が無いと駄目そうなので、もっとこのブログを書きながら知識を増やして行きたいと思います。
まだWEB関連に手を出してから二ヶ月経ってないので、分からない事だらけです。
でも、これだけは皆さんに言っておきたい。
WEBで顔が出てない名前が出てないから・・・っていう考えで、無責任な事書いたりしちゃ駄目です。
信用を得ないと、SEOしても良いコンテンツを作っても、意味がなくなっちゃいます。(ブログ炎上みたいな感じとか)
ブログに手を出すのもありですけど・・・責任、取ってくださいね。

あぁ・・・お前が言うなというコメントが目に浮かぶ。

編集の仕方
  • ライブドアブログ