2007年01月09日

Web2.0時代のインターネット広告3

広告代理店さんから頂いた本です。

Web2.0時代のインターネット広告―そのしくみから導入まで (単行本)
佐藤 光紀 (著)

内容(「MARC」データベースより)
狙った顧客を逃がさない! アフェリエイト、検索連動型広告、SNS、モバイル広告、ゲーム内広告など、ネット広告ならではの仕組みとノウハウを解説。ネット広告の最新情報も網羅した、読んですぐに使える一冊。

【私の感想】
インターネット広告を担当しているので、基本的には全て知っている知識が掲載されていました。結構網羅されているのでこれからインターネットに広告出稿しようと思っている方は読むと良いと思います。

しかし猫も杓子もWeb2.0ですね。定量型マーケティングをやらなくてはならない身だと結構つらいものがあります…。うーむ。ビジネスモデルを変えないと、時代にはついていけないと痛感中。
そういえば、仲良しのテニス仲間もブログを立ち上げて、頻繁に更新をおこない、コミュニティを確立しアクセス数を増やしています。口コミマーケティングの手法をがっつりと組めれば、2.0はWelcomeなカンジでしょうね。

Web2.0時代のインターネット広告―そのしくみから導入までという本を読みました。

rumikitikun at 11:50│TrackBack(0) | よろず本

トラックバックURL

Archives
Twitter