ホーム  > blogトップ  > ひとりごと  > 

ヤバイ!夏休みが終わっちまう!!

ヤバイ!夏休みが終わっちまう!!

子供の頃、夏休みのしくだいといえば開き直ってやっていかない方が多かったおいら。

毎日日記なんて無理だよ! 毎日ラジオ体操は行ってたけど。
毎日天気なんてつけられないよ! 晴れた日には毎日プールに行ってたけど。


でも。
なによりも。
夏休みの宿題の何がキライって?

読書感想文!


本を読むのは子供の頃から好きだったけど、感想文を書く事ができなかった。
課題図書なんて読んでもつまらんし。
本ぐらい自分で選べるわいっ!ってんで、自分の読んだ本で読後感想文を書こうとするのだが。


書けないっ!!!


このあふれ出る感情を
どのようにして文章に表せばいいのだ!?




なーんて悩みならいいのだが。


おいらは句読点と段落のつけ方がわからない子供だったのだ・・・




『わたしは、


書き出した途端にここで読点をうっていいものか悩む。


『・・・と思いました。そして・・・


“そして”の前は一段下げるのか?
“そして”の後には句点をうつのか??


悩んで、悩んで、結局は、中身は、テキトーなわりに、句読点が多い、作文になって、いました。

あ、もちろんですます調は字数をかせぐためね。


今となっちゃちょっとしたメールでも無駄に長い文になっちまうのに。(TeT)

しばらく前に2000文字って言われた文章を書いてたのに。
起承転結の“転”に入る前に2000字オーバーしている自分に感動したよ・・・


あーあ。
子供の頃に野坂昭如の火垂るの墓とか村上龍のトパーズとか読んでたらこんなに悩まなかったろうになぁ。

って、小学生がトパーズは読まないだろ。



そういや、電電公社の『未来の電話』の絵は参加賞?がもらえるから必ず描いてたぞ。
両側削る色鉛筆。

* ruminary at 2004年08月31日 20:59 │Comments(2)TrackBack(0)
Category : ひとりごと 
この記事へのコメント
◆ Posted by ぶうふう   2004年09月01日 09:19
長女の今年の宿題のひとつ、作文。
題名は「税について」

オネエ曰く
「・・・・・・・むり、書けない」
がんばれオネエ。

どうにかこうにか書いた模様。なに書いたんだろう?
私に書けって言われても無理。

◆ Posted by RUMI   2004年09月01日 10:16
税についての作文もありましたねぇ・・・
消費税なんてのも無かったから『ぜい?』って感じでしたわ。

うちのじーさま(故人)は税務署員だったのですが、『ぜいむしょ』はお酒が好きな人がいっぱいいるところだと思ってました・・・
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ruminary/6365398


ホーム  > blogトップ  > ひとりごと  > 

ヤバイ!夏休みが終わっちまう!!