2007年04月27日

更新について

最近ルミポンダばかりで己日記が更新されないとご指摘を受けた。このところミクシィを始め、日記はそちらで更新することにした。

同じ日記を載せるべきか迷う。


rumipo at 16:40コメント(2)トラックバック(0) 
このブログの紹介 

2007年02月07日

月光仮面みたい

月明かりの下、前回くすぐったくなって失敗したマフラーの巻き方を改造し、寒くない、かつ耳まで暖かい巻き方を編み出した。頭から被ってしまう赤ずきんのごとく。だがしかし、颯爽とチャリを飛ばす己のさまはまるで月光仮面以外の何者でもなかった。
言っておくがさすがに月光仮面はリアルタイムではない。物語を見たこともない。月光仮面という名前と姿しか知らない。そこは判って欲しい。


rumipo at 14:25コメント(0)トラックバック(0) 
己の日記 

2007年02月03日

あーっ!

最近、左内股の筋太郎が痛い。昨年右内股の筋太郎の肉離れで病院行きとなり、実に半年間治らず、ほんのつかの間調子のよい時期があり、両脚を開脚し、床に頬杖をつけるまで回復した。
だがしかし、特に無理したわけでもないのに、左内股筋太郎を伸ばすと、短い筋太郎を無理やり伸ばしているかのような痛みがほどばしる。

切れる!!


レッスン中、開脚しストレッチをしようものなら激痛に耐えかねてめちゃめちゃ狭く足を開くことしかできぬ。


何てこった…。


先日からジャズダンスの回数を増やすことにした。昼間のレッスンにも行くことにした。


ダンススタジオで普通の音量と思われる音でレッスンを受けていると、ロングコートに身を包んだ一人の男性が入ってきた。


すいません、うるさいんですけど。もっと小さくして。


なにいいいいいー。

ビルの上の階の人らしい。

それはまるでドラマで刑事が犯人を逮捕しにくる瞬間のようであった。



〇〇の現行犯で逮捕する。


なにいいいいいー。

だ。
かわいそうに、その注意劇から先生は延々、音量を注意されたことを気にしているようだった。忘れた頃にまた音量の話をし、レッスンが終わるまで続いた。バレエはピアノの音楽で、タップもさほどパンチの利いた曲は流さない為か、矛先はジャズダンスに向けられたようだ。


何てこった


お疲れ様でした。


スタジオを後にした。己は四歳まで育ったこの街のある大手デパートが、近々閉店する事を知っていた。生まれる前から既にあったこのデパートがなくなるのは寂しいものであった。閉店セールのチラシに


私たちの思い出いっぱいの店


なんて書かれた日にゃもう泣くしかなかった。己はデパートに別れを告げるため、レッスン後、最後の買い物に出かけた。


たまにしかこないけど、なくなってしまうのは寂しい。


己は泣きながら買い物をし、変なトレンチコートを1万円引きで手に入れた。
似たようなの持っているが、店員の営業接客丸だしの対応に負けた。よく次から次へと言葉が出てくるものだ。

ありがとうございました。


覚えてろよ…


己はレッスンの道具が入ったでかいバッグをしょってこれじゃまるでどっかから出てきたみたいであった。


さよならデパート。忘れないよ。。


駅でかりんとうを買った。家に帰ると、別のかりんとうがあった。


すっかり忘れてた。同じような物ばっか買ってきてまぁ。


ちょっと気をつけないとダメだな。


rumipo at 00:53コメント(0)トラックバック(0) 
己の日記 

2007年01月27日

己の蛙吉

先日バイト先の側の化粧品店がテナント社販をするというので余計な物を買ってしまった。
化粧をあまりベースメイク以外しないのに、10色も付いているアイシャドーを買ってしまったり、中でも足のむくみを取るとか言う足洗い兼マッサージのたくさんギザギザが付いている蛙の顔の形のマットが一番要らぬ物であろう。早速試してみた。
だがしかしいざ蛙吉の上に足を置くと、半端なくくすぐったくて足を洗うどころの問題ではない。


うは〜うは〜うはは〜


うは〜うは〜うはは〜

うは〜うは〜うはは〜


うは〜うは〜うはは〜


うわぁあああおう!


使用後は邪魔だと言われるため仕方なく洗濯機に貼り付けておいたが、脱水の際蛙吉はその揺れに耐えきれず、あっけなくはがれ、その辺に転がってい、やはり邪魔だとバケツの中に放り込まれていた。


それにも負けず、終始笑っている蛙吉であった。


今日も蛙吉とくすぐったがりーな己の闘いが始まる。


rumipo at 21:27コメント(0)トラックバック(0) 
己の日記 

2007年01月22日

待てぃ!大迷惑野郎2

先日のつづき。

己たちは物陰に隠れて音の出所を突き止めるべく張り込みを開始した。


………。


………おめータバコ吸うな!

ちんはチャンスがあるとすぐにタバコに手を出すから腹が立つ。


………。


………鳴らないな。

仕方なくまた家に戻った。


あのバカ音の正体を突き止めるまでは絶対に



ピピピピピピピピピ

野郎!!


己とちんはまた走って外へ出て物陰に隠れた。



……どうやらうちじゃないということは確かだな。


ちんは物陰から出て駐車場へと歩いていった。上は仕事で着るワイシャツにベスト、下はくつろぐ家用の短パンに革靴。その妙な格好でりんの怒りを鎮めるために駐車場内の車一台一台を見てまわるちん、本当にありがたいのだがまさにお前こそ駐車場に出没する変な奴であった。


ちん!おかしいぞその格好!怪しまれるから戻れ!


何でー?


いいから戻れ!


戻ってきたちんを傷つけないように今一度


ちょっとその格好はよろしくないんじゃないかしら
と注意した。


かえってスーツ着てる奴の方が怪しいだろ?


……。



結局原因が分からぬまま引き下がった。


次の休日の昼、己が昼食をとりながらくつろいでいると


ピピピピピピピピピ


とまた始まった。


このルーレット野郎!!また鳴りやがったか!!


己は両親を率いて駐車場まで行き、しばらく固唾を飲んで見守った。近所の奥さんも母に

何の音なんでしょうね。うちも気になっているんです。


と寄ってきた。己は前髪がうざかったためてっぺんで結んでいた。故に髪が垂直に立っている完全な在宅スタイルであり、上着のフードを被った。


父が散歩がてら駐車場まで行って一台ずつ見てどれが原因なのか調べ、管理人にチクることになった。


今日はレッスンも予定もなくずっと家にいる日だからその間、家で母の手伝いなどしていたら


ピピピピピピピピピ


きたなルーレット野郎!!


ピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピ


なげぇな


ピピピピピピピピピピピピ



止まらないぞ!


ピピピピピピピピピピピピピピピピピピ


この間の真夜中と同じじゃないか!!


ピピピピピピピピピピピピピピピピピピ


ええいだまれぇぇぇー!!!!!


始めは休み休みだったがそのうちに休みは一瞬になり、変な音は気が狂ったように1時間近く鳴りまくった。
そして

ピピピピピピピピピピピピピピピピピピ

ぴたっ………。




しーん



どうやら父が管理人にチクったらしい。
………。


終わった…。



原因は車ではなくバイクのだったそうだ。もうどのバイクかもマークしたし、管理人が誰かも連絡先も分かったし、ようやく人騒がせな騒音事件は幕を閉じた。

その直後、家に電話が入った。母が出た。どうやらちんのご両親からだ。


あら〜この間はどうも〜☆近くにいらっしゃってるんですか?どうぞいらして下さい。


なんとうちの近くにいるが場所が分からないとのこと。父が道案内をする。


ちんのご両親がまもなく家にいらっしゃる!なにいいいいいいいいいいいいい〜!!

先ほども言ったが、本日の己は完全在宅スタイルであり、髪は垂直に立った髷を結い、起きたままの格好でノーメイク!


大ぴーーーんち!


己は休日でもせめて髪の始末だけはしておかねばならぬと実感し、未だかつて体感したことのない速さで身支度を整え、何事もなかったかのように涼しげなさまでご両親を迎え入れたのであった。


間に合った…。


ちんめ!今日休みだからって朝まで飲み歩いていただろう。今頃優雅に夢の中か。うちにきて一緒にこの場にいろ!


うちの両親とちんの両親は己たちが張り込みをしていた日に初対面し、ちんが大相撲の枡席チケットを4枚いただいので4人で観に行かせ、すっかり仲良しになっていた。


緊張してんの己だけ?


そそうがあってはならぬ。己は玄関の隅の方に脱がれたご両親の靴を履きやすい位置に揃えて置き、茶を出すにもきちんと別個に味見用湯呑みを用意し、まず味見をして美味いと思えた時点で順番に注ぎいれ、いつもと打って変わって非常にしとやかな己モードにして茶を出した。

そして、普段なら絶対にしないトイレのトイレットペーパーを三角に折っておいた。


ちんめ!結婚式場の話など具体的にどこでどうするなんて聞かれたってお前と己とまだ何も話がすすんでないじゃないか。何をどう話せばいいんだ。


嗚呼結婚適齢期…。精神年齢まだ3歳。


rumipo at 20:52コメント(2)トラックバック(0) 
己の日記 

2007年01月21日

待てぃ!大迷惑野郎

先日初めて張り込みというものをした。
というのも、4日ほど前どこからかルーレットが回って止まりそうになっていくような怪しげな


ピピピピピピピピピピピピ


という音が昼間から鳴っていた。30分に一度くらい。だがしかしその音は時が経つにつれて10分に一度、5分に一度、1分に一度、30秒に一度、しまいには鳴っては止まり鳴っては止まりを四六時中、何と真夜中も鳴り続けた。


うるせーぞこの野郎!!


ピピピピピピピピピ


野郎!!


ピピピピピピピピピ

ふざけるな!止めろ!!


ピピピピピピピピピ


☆ァァアアアアアアアアアアーック!!

ピピピピピピピピピ

人間、意味不明な音に悩まされると、ノイローゼになるほどイライラするものだ。もしその音の出所が己の目の前をうろうろしていたら、間違いなく粉々にしてやったであろう。


その音は朝7時頃まで鳴り続け、信じられないほど潔くピタッと止まった。


どうやら車の警報機ではないか?


近所に駐車場があり、そこから聞こえるし。

それにしてもだとしたらこの車の持ち主は付近の住民の大迷惑も知らずよくもぬけぬけと現れたものだ。きっとそいつの家は駐車場から遠いのだ。いつも通り安眠し平和な夜を過ごしたのだ。ああまるで


さぁ朝だ。出かけよう。おや?この音は…うちの車じゃないか。おいおいどうしたっていうんだ、さぁもう鳴るのはおよし。これでよし。出発進行だ。はっはっはっはっあーっはっはっは。行ってきむぁ〜す!ばっはは〜い!


だ。そう言わんばかりの止まり方であった。己の不眠は?この怒りはどこへぶつけたらよいのか?実に胸糞悪い目覚めであった。


反省したのか、その日からしばらく音はしなくなったが、2日前またも鳴り出した。


待てぃ!このルーレット野郎!!


ちんがうちに来ていたので己はちんと音の出所を掴むべく、この寒いのに音が鳴る度に外へ出て物陰に隠れ、音が鳴るのを待つという張り込み大作戦を決行したのであった。
つづく


rumipo at 02:22コメント(2)トラックバック(0) 
己の日記 

2007年01月18日

毎年恒例エスキモー女

己は寒い夜道をチャリで駆け抜ける際、耳が冷たくならないようマフラーが耳に被るほど巻き、完全防備で立ち向かう。これで敵なし!と勝ち誇っていた矢先、マフラーが首にあたるのが無性にくすぐったくなり、


うはーうはーうははー


うはーうはーうははー


うはーうはーうははー


と笑いが堪えきれず結局マフラーを投げ捨てて普通に巻き直して極寒の夜道を帰ってゆくのであった。それはまるで外出中に便所に行きたくなり、

でかいスーパーなら入りやすい


とスーパーを選ぶが、トイレに行く道などいたるところに


お客様以外のトイレご利用禁止



とことごとく書かれ、トイレに行くまでに精神的にやられ、出た後非常にどうでもよい品物を買わざるを得なかった時の心境にどこか似ていた。


rumipo at 22:44コメント(0)トラックバック(0) 
己の日記 

2007年01月14日

どうしたんだ〜?!回転親父

仕事帰りにみんなで駅に向かっているときだった。改札の近くで酒酔いか、フラフラフラフラ千鳥足親父が立っていた。立っているだけなのに何故か千鳥足。止まってられないのか?混雑していたため己たちは渋々その親父の側を通らねばならなかった。すると親父は弧を描くように歩きだし、丁度己たちが通りかかったときはトリプルアクセルか?ぐれーの勢いであり、誤ってその弧の中に入ってしまったものだから親父に一瞬追いかけられているような錯覚に陥り、己と、一緒にいた人2人して100mほど逃げた。
親父にしてみりゃ心外なんだろうが、殺気を感じるほどの回転は、逃げざるを得なかった。
昨年末は人気の少ない夜道でこれまた酔っ払いゲロ吐き親父と出くわして、数歩進んでゲロ吐いて、酒飲んで、数歩進んでゲロ吐いて、酒飲んでを繰り返してやがって、抜かしたいのに抜かせない。己は凄まじい恐怖と怒りでそれはもう靴の臭いをかがしてやりたいほどであった。だがしかしこの親父はかなり酔っているということは走れまい。己は勇気を振り絞って親父の横を駆け抜けた。無事通過することができた。

酒を飲むのは構わんが、人に迷惑をかけたり、恐怖心を与えるほど飲むな!!吐いたゲロはきちんとちり紙などで拭い去っておけ。


rumipo at 00:08コメント(0)トラックバック(0) 
己の日記 

2007年01月11日

あけおめ しくよろ バカ年賀と言っときながら

昨日の日記は肝心なことを書き忘れた。何がバカ年賀なのかと言うと己の年賀状だ。また今年も総手書きでインクジェット意味ねーと思いながら描いたそれは、またも意味不明であり、干支などまるで無視した男(今年は麻呂に初挑戦)を描き
A HAPPYNEWYEAR
2007
で終わり。毎年己の年賀状のそれを楽しみに待ちわびている者にはそれだけを、さすがにそれだけではやばいかなと思われた者にはメッセージを付け足した。だがしかし、今年は姉が帰国してい、同じ時にパソコン賀状を作成していたのでちょいと背景を拝借した。これで少しはまともになったであろう。パソコン賀状デビューとす。


rumipo at 16:58コメント(1)トラックバック(0) 
己の日記 

2007年01月10日

あけおめ しくよろ バカ年賀

いつしか中殺界の年が終わり、ようやく己も幸運期に入ったようだ。あけましておめでとうから早10日今年は年明け早々、少☆隊植☆の激やせっぷりに度肝を抜いたと同時に打ちのめされた。子供の頃から彼らのことはテレビでお馴染みであり、わりとよく知っていたが、歳が随分上であり世代が違うためか大人というイメージがあり、特にファンということではなかった。だがしかし、先日は腰が抜けるほど打ち抜かれた。あんなにセクシーでかっこ良くて素敵な植☆さんを見たのは初めてだった。それはもうメドレーなど歌い踊るさまを見せられた時にゃ釘付けであり、己は植☆さんから目を離すことができなかった。
まぶしすぎるぜ…。おっといけねぇ…。

さぁ今年はどんな1年になるかだ。
ようやくダンスでターンのこつが判り始めた。倒れない!よろけなくなったぞ!3ヶ月前の伝説と化したあのオーディションで、振り付けの時間に何度となくターンしてはよろけてぶつかり、近くにいた人に迷惑をかけた。己はこの1年間何よりもダンスを頑張ってみようかと思う。
見よ!気づけば、昨年1年間のレッスン筋がついた体になってきているではないか。特にケツ筋、腹筋は目に見える成長を遂げた。ケツは上がって締まってきたねと言われ、硬い。これはもはや女の体ではなくなってきているのかも知れぬ。腹筋は間もなく割れ目が入りそうだ。更にあんなに猫背だった己が、皆の衆から猫背という印象がないとまで言われるようになった。

だがしかし、一カ所だけどうしても変化の見られない箇所がある。ふくらはぎだ。こいつは何がそんなにおもしろくないのか常にむくみがとれず、細身の上半身に比べ太すぎる。いつもふくらはぎ脂肪肉野郎にこう言って聞かせる。


お前らはいい加減、編入しろ。いいか、お前らの所属部署は足ではない。バストだ!


こんなことを口うるさく言った所でこいつらは 無 を貫き通すつもりだろう。

勝手にしろ。

ミュージカル俳優になりたい一心で1年続けてきたけども、自分どこまでいけるのかしら。


rumipo at 23:30コメント(0)トラックバック(0) 
己の日記 
ルミメロです。よろしゅう。
QRコード。
QRコード


音楽座ミュージカル/Rカンパニーオフィシャルサイトへ星の王子様公式サイトへ