2007年05月16日

北海道ネタ 帯広編

2adc1b72.jpg北海道2日目は帯広へ。
昔は東京〜十勝・釧路港路があり、マイカーで帯広へ行くには便利ですが、今はなく、どこかで1泊しないときついかもしれません。(私の場合は札幌近辺拠点で日帰りでしたが・・・)
札幌からだと夕張、日高経由と2つの峠を超えないと行けないので、運転に慣れていない人だときついかもしれませんね。夕張側はそれほどではなさそうですが、日高を過ぎてからの日勝峠はとても厳しく感じられます。なんせ高速道路がありませんからね・・・。
峠を過ぎるとやっと短い道東道、別名ムネ○ロード?の高速道路があります。

帯広と言えば・・・「豚丼」。まずは昼食に豚丼を食べないといけませんね。庶民派グルメ好きな私にとってはこれを逃せません。
ガイドブックに載っている店にとりあえず向かってみたのですが、水曜日は休業日、仕方ないのでその近辺を探したところ、いくつかありました。うち焼肉屋に入ってみることに。
見た目は吉牛のヒラヒラで薄っぺらい豚丼ではなく、厚めの肉が6枚ぐらい入って、あま〜いタレがかかっています。甘いからそのうち飽きるのでは?と思ったのですが、とてもおいしくて楽に食べました。付いていたキムチもおいしかったです。

帯広は「ラリー」として世界的にも有名ですね。今年は7月6〜8日に開催され、車好きな人で賑わいそうですね。
そういえば2年前この時期に「あかしあ」に乗船したときは、いかにもラリー目当ての客が何人かいて、ステッカーが貼ってあるスポーツカーをいくつか見かけました。ラリー目的なら、やっぱり自慢のマイカーで帯広へ行ってみたいですね!

帯広でもう1つ忘れて行けないのは、「ばんえい競馬」。以前は岩見沢、北見でもやっていましたが、不景気で残念ながら廃止となり、最後となってしまった帯広も廃止へと追い込まれました。しかし、ソフトバンクが経営することになり、今は帯広だけが開催となっています。
この日は重賞でも何もない平日でしたが、思った以上に客がたくさんいて、カメラを持った道外らしき人も何人か見かけました。
しばらく雨が降っていなかったせいか馬場がカラカラで重馬場(普通の競馬は逆に湿っていると重馬場になる)、馬が走り出すと砂煙がぶわぁ〜っとなり、カメラが砂だらけに・・・途中で馬が止まったり、勢いをつけて坂を登ったりと、直線で追い込んだりと、かなりの迫力のあるレースでした。
馬券の方は・・・重馬場に強そうな馬で賭けたら見事、2連チャンで的中! 3000円ぐらい儲け、帰りに六花亭の本店に寄り、ケーキをたくさん買いました。

写真は、ばんえい競馬より。

rumirumiferry at 23:26│Comments(9)TrackBack(0)clip!北海道 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by カシオペア   2007年05月17日 00:43
十勝・釧路航路のブルーゼーファーは是非乗りたかったです。十勝までは石勝樹海ラインと日勝峠経由は空いているし景色もいいですよ。豚丼は「ぱ○ちょう」が有名ですが帯広市内には隠れた名店もあるらしいです。六花亭はサクサクパイ等も美味いですよ♪

2. Posted by ささにしき   2007年05月17日 07:39
ばんえい競馬。生で観戦した事はないのですが、普通の競馬の様なスピード感はなくても迫力十分で、馬券を買わなくても楽しい様ですね。
ダートがパサパサ=重馬場とか、後ろのソリ?が決勝点を通過した時点でゴールというのも独特ですね。
普通の競馬でも、ダートはパサパサの良馬場=時計がかかると相場は決まってますが…。
3. Posted by 秋田利用   2007年05月17日 11:00
豚丼は名前が売れる前になんと地元で食べました。
帯広は「六花亭」以外にも和菓子洋菓子の名店がいっぱいあります。
4. Posted by W・O   2007年05月17日 12:50
北海道は酪農も多いので、良質の小麦・良質の牛乳と、その牛乳からバターや生クリームが作れるので、
地元産の材料を使ったお菓子のおいしい店が多いですよね。
私も実家が酪農とブランド小麦の産地なのです。
(その小麦、パンか麺類が多くってケーキになる事がなかなか無いのですが)

そういう意味では、西洋文化の神戸や長崎とは違った意味で、スイーツ大好きの人にはお奨めかと。
5. Posted by RUMI   2007年05月17日 22:17
雑誌に載っていたお店がその「ぱ○ちょう」でした。
行ってみたのですが、定休日でやってませんでした・・・

普通の競馬はスピード感、ばんえいはパワーの迫力ですね。
のっしのっしと歩き、最後はスタスタと走る、これが速いこと・・・

今回、お土産で買ったお土産は別の場所で買ったのですが、ほとんどが帯広でした。
羽幌方面で買った「昆布もち」は懐かしい味がしておいしかったです。
6. Posted by 白くま   2007年05月18日 03:06
十勝・釧路航路のブルーゼファー&サブリナはフェリーファンになってからその存在を知り、もし今もあったら便利だろうなぁ…って思いますね。でも考えてみたら運航していた当時、その存在を「知らなかった」って言う人が私を含めていたのものも事実だから、一般の人に存在を知られずに利用客が少なくなって廃止されたのもなんとなく理解出来ますが、やっぱり東京〜十勝・釧路航路はあったら便利だと思いますねぇ…
他にも、直江津〜岩内航路や大洗〜室蘭航路、大畑〜室蘭航路もあったみたいですけど、いずれも利用したことはありません。もし今もあったら北海道へのアプローチの選択に幅が出来て、旅行プランを考える時に色々と考えることが出来て楽しいんじゃないかなぁ…って思います。
(皆さんも復活して欲しい航路ってありますか?)
7. Posted by RUMI   2007年05月19日 18:28
復活して欲しい航路と言えば、やっぱり東日本フェリーの日本海航路かな?
あと、使ったことはありませんが、大阪〜高知は残して欲しかったと思います。でも、この航路、橋と高速道路ですんなり行ける場所だからと、負けてしまったんですよね・・・。
十勝・釧路港路は3日間もかけて運航しましたよね。これでは釧路へ向かうにもデイリー運航する航路の方を選んでしまうでしょう。
以前は東京〜大洗〜苫小牧がありましたが、時間がかかるということで東京の人でも大洗を選ぶ人が多かったようです。
8. Posted by 旅好きなヤツ   2007年05月22日 19:25
ばんえい存続に安心しました。あの独特の雰囲気は残して欲しかったからです。
数年前に岩見沢で観戦しました。観戦+散歩?で応援するスタイルで、健康によいですね。

ポイントは第2障害からです。大きな丘を登りきって、最後の直線でドンデン返しがありますからね。ゴールはソリの後ろなので、ゴール板で馬が一休みすると・・・ 「止まるなよ〜(泣)」って事になります。
パドック・騎乗・返し馬もあります。でもどうやって調子を見分けるか不明です(困)


ささにしきさんへ
そんな訳でばんえい観戦、私からもお薦めします。この迫力は格別です。帯広のみなので少し遠くなりますが、面白いですよ。
9. Posted by RUMI   2007年05月23日 23:22
第2障害を越えるまで勝負がわかりませんね。
でも、まだまだ終わらない、障害を越えてからも差す場合もあります。
返し馬では馬に騎手が乗りますよね。なんとなく違和感に感じてしまいます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔