高銀の話

ゴールデンウィークに能登へ旅行しました。それをベースに銀魂の2次を書いています。カップリングは高杉☓銀時です。書いているのは留萌英春(るもいひではる)です。

銀魂人形

フィギュア撮影は難しい。が、コレはなかなかよく撮影できた。

空知先生復活おめでとーございます!!
連載なんか放り出してよいから生きてて!!と思った留萌ですが
やっぱりジャンプに銀魂が掲載されていると嬉しい。
以前親が
「留萌は生きててくれればいい、と思ったけど生きてれば生きてたで結婚とか孫とか思っちゃうのよねー」
と電話口で話していたのを思い出す。留萌は以前、大変病弱だった。

人間とは業の深い生き物。

ネタバレがあります。
単行本派の人は読まないでください。






  ↓



 ↓



  ↓



 
生き生きと楽しそうな松陽先生。
星海坊主しか眼中にない感じでお父さん対決。
もう、なんていうか
嫁に出す出さないで対決している感じ。
両家とも仲良くしてよ。

まあ先生は楽しそうだし高杉は安寧だし(あんなに楽そうな表情は初めて見た)
辰馬はがっかりしているし銀ちゃんは高笑いだし
ヅラは大変そうだけど
みんな元気で良かったな、と。

ロマンチストなO型の留萌は思うのです。

なんてダラダラ書いていたらDVD全巻購入特典のイベント席次通知が来た。
ヤフーのメアドだったのでちゃんと来るか心配だった。時々迷惑メールボックスに放り込まれることがあって心配だった。無事来て嬉しい。
で、席次を見たら
「は? はあぁぁ?!」
と言うくらい良い席。

びっくりした。
なにしろイベントに行くか行かないか散々悩んだ末に申し込んだ。

4月にアキレス腱をぶっちぎり、まともに動けなかった。
しかも最近体調悪くて簡単なお祭りに出ても1時間しないうちに帰宅する始末。
遠い静岡の地から東京は八王子まで無事たどり着けるのか、

弟が
「なら車で送ってやるよー」
と言っていたのだが
「ごめん。その日、資格試験だった…」
と言われた絶望感。


しかし
「これに参加しなかったら一生後悔する」
と思ったので締め切りギリギリに申し込んだ。
私は声優さんを見たことが無い。
こういったイベントは初参加だ。

締め切りギリギリだったから末席に違いない、と思っていたのに
なんでこんな良い席?
これでは出演者からも見える位置。あんまり汚い恰好をして行ったら
「やだー銀魂ファンってこんな?」
と思われてしまう。オペラ観劇並の服装をしていくべきだろうか。
だが足をがっちり固定する登山靴しか履けない身分でスーツ、ドレスは着られない。
もうしょうがないから普段犬の散歩をしているのと同じ格好をしていくことにした。
で、良い席なのは
田舎から来る人優遇措置なのかもしれない、と思い至った。


神楽中心


一番上手に撮影できた神楽中心の構図写真。

犬と


うちの定春と銀ちゃんたち。
  • 0コメント

KIMG2195

10月10日は銀ちゃんの誕生日だからケーキですよ!

けどなんか銀ちゃん小さすぎてわからん。

KIMG2196

フィギュアを変更して撮影。
…うーん。銀ちゃんは大きく映るけどケーキが全然わからん。

 KIMG2198

縮尺はいいけどケーキだかなんだかわからん。

 KIMG2199

ケーキカットをしている銀ちゃん(攘夷)
フィギュアって写真撮るの難しいね。


ちょっとしたネタバレがあるような気がするので単行本派の人は読まないでください。



















ここ2週間、銀魂の連載が無い。
弟に
「来週、再来週、お姉さまの好きな銀魂、載ってないですよ」
と金曜日だかに言われ
「はははーそんな嘘を」
と会話したら本当に掲載されていなかった。そしてジャンプは購入しなかった。
2、3本読んでポイ派なので銀魂が載っていないと買う意味が無いのである。

しかし空知先生心配。
単純に落としただけなら良いけど2週間確定で休みで空知先生病気!!確定。
けどインフルエンザでもお休みにならなかった(なれなかった?)空知先生が休むなんて
ものすごく重症なんじゃ…!
にわかに不安になる。

2週間お休み確定で、いつ復活か未定ってことは重病なの?
手術とか必要な病気なの?
それとも何が悪いかわからないぐらい具合悪いの?

やたら疑問ばかり浮かび不安になる。
ネットを漁ってみたが当然、何が原因なのかはわからない。

痔が悪化して手術じゃねー?((笑))というのもあった。確かに空知先生は痔持ちであると書いてあった。
痔というと結構笑いごとに書く人もいるが笑い事ではない。
軽く見ていられる病気じゃないんだよ!!
と猛ったりした。

ヘビースモーカーだというし女優さんの二酸化炭素吸って生きていけるって書いてあって
ちょっとは酸素も吸ってくださいよ、先生!
とか考えていた。

最悪、連載は中止でもいいから、空知先生、ちゃんと生きてて、お願い。

もう、今、 松陽先生の血が一番必要なのは空知先生だよ!
お願い松陽先生、空知先生に血を分けてあげて!!
その傷口に生き血を掛けてあげてよ!!

と、
もし痔だったら患部に血をかけているシーンはちょっとシュールだな、
だってほら横たわったおぼろんの胸辺りの
傷口と思しき部分に松陽旋回がこぶしから流れ出る血を掛けていた。
なので
あの方式でヂ血を掛けるとしたら…、と思った所で

ジャンプ公式に47号で復活という記事が出てほっとした。

けど先生無理しないでね、と心の底から思っている。

そして遅くなったけど銀ちゃんお誕生日おめでとう。
  • 0コメント

驚いた。
今日のチラシを見ていて魂消た。


十四豚

土方さぁぁぁん!
TOKYO Xだけじゃなく信州までも!
とンしろうさぁぁぁん!!

「とおしとん」と読むのかと思ったら「じゅーしーぽーく」でした。信州十四豚

ジャンプで大変なことになっている今こそ
土方十四豚を世に知らしめる運動をネットの片隅で開始。  

信州じゃなくて武州だったらもっとすごかったな。 
  • 0コメント

松陽企画

だいぶ昔に横浜市平塚へ行った時に見つけた看板。
かなり嬉しくて撮影した。

拍手コメントをありがとうございます。
返事は「続きを読む」にあります。 



と、これだけではなんなので。

前回、朧の生死確認が王大人(ワン・タレーン)並だと書いた。
しかしここで別の考察もしてみようかと思う。

以下ジャンプネタバレのような、そうでもないようなのがあります。
単行本派の方は読まないでください。














おぼろん(私の朧に対する愛称)は当然、地球人であると思っている。
しかしその思い込みこそが間違いなのではないか。
あの烏っちは天人なのだ。
そう、夜兎一族みたいな。

やたら頑丈で身体能力に優れた夜兎と対極の一族だとしたら…!

血がちょっとでも流れたら死ぬ。
倒れても死ぬ。
びっくりしても死ぬ。

そんなか弱い天人の一族。
その中でもとてもとても、とてつもなく頑強な人々それが八咫烏。
おぼろンは経絡などを駆使しみんなを救えるし殺せる超スーパーエリート。
母星ではアラレちゃん並の頑丈な男として君臨。もちろん部下たちもとんでもなく頑丈(おぼろン母星基準)

なので頑丈、と誉れ高い夜兎はおいといても
「あ、フツーに血が流れ出たら死にますよ、地球人」
という知識なので
「うん。こんなに斬っちゃったし埋まってしまったし、当然、死んだな」
と思うおぼろン。
なので今週(31号) 
「うん。死んだな」
と思った佐々木くんがズリッ…と動いたときは
「うわわわわわ」
と内心パニック。ホラーだったに違いない。
で、思わず足で踏んづけた。
だってゾンビを素手で触るの、怖いもの。

という感じ。

あと近藤さんが格好良かったです。
いつも格好いいけど。

てか。
ゴリラもとんでもなく格好いいので
参考画像
「なんで狼に例えられたんだろう?」
と疑問に思っていたんですが
「あ、壬生狼」
と思い至りました。
それまでは
「ちぇーゴリラ格好いいじゃん。シルバーバック(背中毛が白い/偉いゴリラがなる)とか素敵じゃないか。なんでシルバーバックじゃダメなんだ。はっ!!銀色のサムライと被るからかっっ」
と本気で思っていました。
バカじゃん。
続きを読む
  • 0コメント

KIMG1704

静岡県興津(おきつ)にある近代製餡の父の石碑がある八幡神社。

あんこの神社、と言われる縁起はこれ↓

KIMG1706

(クリックすると拡大)

ざっくりいうと
『興津承元寺町出身の北川勇氏が、明治時代、あんこを作るための煮炊釜、豆皮分離器などを発明し、同郷の内藤幾太郎氏と共に日本の製餡業の基礎を築いた。八幡神社入口に二人の功績をたたえる大きな石碑がある』
ということらしい。

参拝する機会があり
「あんこの神社!?それなら銀ちゃんを連れて行かねば!!」
と人形を持って行った。高杉は付き添い。

なんで正面でなく横なのか、と言えば


KIMG1701

何故かうちの飼い犬タカスギ(仮名)が人形を置いた途端、にこにこと正面に居座ったからだ。
狛犬のように動かない。ずっとにこにこ笑っているのでその場から退けるのも心苦しく一緒に撮影した。


KIMG1705


飼い犬ギントキ(仮名)の方も
「タカスギがやたら固執してポーズ決めてたその人形に何かあるのか?」
と脇に移して撮影しようとしたら寄ってきた。しかしギントキは執着心が無かったのですぐ離れてくれて1枚目の写真が撮影できた。

銀ちゃんが平和にだらだら宇治銀時丼を食べられますように。


本誌ジャンプの先週号で


『単行本派の人は読まないでください』









「虚様、あなたご執心の銀時はさっくり死んじゃっているのでさっさと去ね」(意訳)
と言ったにもかかわらず
 ガバァ!!
とさっそうと登場、主人公。

というシーンを読んで

「朧。白夜叉、死んでるとか言っちゃって生きてるじゃないですかー」
「てっきり黒焦げが白夜叉だと思いまして」
「朧は昔っから詰めが甘いんですよ。何度目ですか死んでる死んでる言って死んでないの」
「すみません」
「死亡確認っとか言って違ったなんて。朧の師匠は王大人(ワン・ターレン)ですか。男塾出身ですか。松下村塾行って習い直したらどうですか」
「お言葉ですが虚様。王大人は男塾出身と明言されているわけではありません」
「いいんですよ。江田島塾長の命でやってんだから男塾出身で」
 
みたいな会話を想像してにやにやしていたところ

「松陽先生かーいッ!!」
と留萌が叫ぶ羽目になりました。

高杉の怨念はどこへ行くのか。

そして
悲惨な過去が明らかになった異三郎ちゃんは
『なんかツライんだお。死にたくなるんだけど死ぬわけにいかないんだお』
『わかるー』
みたいなメールを高杉と交わしていたと想像しやすい。
世界を壊すか自分が死にたい2人組。 
  • 0コメント

このページのトップヘ