木も見て森も見て、起業する(そのうち)

誰かの役に立つ事で、なおかつまだ誰もやった事がない事、それが僕にとって面白い事です。何でもいいから面白い事がしたい。 属性:グローバルITベンチャーのチームリーダー、エンジニア(もどき)、Music 4 Societyの代表、フローレンスのサポート隊員

リーダーシップは才能なんかじゃない

このエントリーを含むはてなブックマーク
仕事が一段落したので、久しぶりにビジネス本なんぞを読んでみた。
ちきりんの正体ではないかと、噂されている伊賀泰代さんの「採用基準
元マッキンゼーの採用責任者として、マッキンゼーのシンプルな採用基準を上げている。

1. リーダーシップがあること
2. 地頭がいいこと
3. 英語が出来ること 

 採用基準 p.56より

この3つの中で、一番日本人に欠けているのが、
"1. リーダーシップがあること"だと伊賀さんは繰り返し指摘している。

「でも、リーダーシップってぶっちゃけ才能だよね??」
「日本人にはそんな才能ないんじゃない??」
そう思ったあなた、リーダーの定義を再確認してみようか。

 本来のリーダーとは、それとは180度異なり、「チームの使命を達成するために、必要なことをやる人」です。プロジェクトリーダーである自分の意見より、ずっと若いメンバーの意見の方が正しいと考えれば、すぐに自分の意見を捨て、その若者の意見をチームの結論として採用するのがリーダーです。
 さらに、「そんな若造の意見を採用するなんて!」と不満を持つメンバーを納得させ、チームをまとめていくのがリーダーシップです。こう考えれば、チーム内にリーダーが複数いることはマイナスではありません。

採用基準 p.70より 

「立場のある人(だけ)がみんなを率いていくべき」
「組織が上手くいかないのは上の人にリーダーシップがないせい」

僕を含め、そう思っている日本人が多いことが、
企業を、そして日本を弱くしてる根本的な理由だと思う。
普段は意見を発しないくせに、後になってから全てをトップのせいにする。

日本に足りていないのはカリスマ的なリーダーではなくて、
国民が発揮しているリーダーシップの総量。
目標を掲げ、先頭を走り、決め、伝えるという行動の量。

足りていないのは才能じゃなくて行動量であるなら、
自分達にも何とか出来そうな気がしませんか?

採用基準
採用基準

ネットで生保を売ろうを読んだ

このエントリーを含むはてなブックマーク
10月にライフネット生命副社長である、
岩瀬大輔さんのお話を聞く機会があった。

知り合いの知り合いがライフネット生命にいたり、
友達から勧められたり繋がりはそこそこあったのだが、
著書を読んだ事は今までなかった。

Web業界にいると、新しいサービスが産み出されるサイクルが早く、
サービスが立ち上がった後に投資が入るケースの方が多い。
でも、ライフネット生命のケースは、サービスインの前、
それこそ1年半以上前から出資を受けていて、
取り扱う商材の違い、ビジネスモデルの違いを感じる。

保険はいざという時に支払いがきちんとされるという前提があってこそ、
消費者も安心して 加入ができるというもの。
だからこそ、サービスインの前に132億円もの資本が必要だったのだが、
それをきちんと集め切った出口さん、岩瀬さんはとんでもないなと。

読み進めていくと、ライフネット生命のすべてのアクションが、
「本当に消費者志向の新しい生命保険会社を創ること」
という事業の軸に沿ったものだと感じられる。

その最たるものが、創業者2人によるメディア露出。 
如何に低いコストで世間に認知してもらうか。
そのための書籍執筆、講演会、Webでのスパイシーな企画で、
やっぱり経営者は最強のセールスマンだなーと改めて思ったし、
自分の役割をそこに定めて徹したお二人が凄い。
※参考 : 自由すぎてすごいライフネット生命社長の伝説 

それに自立的な組織を創って安心して外に打って出られる体制を整えたことも、
特筆すべきことだよなーと感じた。 
優秀な人材を採用できたからこそ、それが出来たのだと思うけど。

本書の最後に、出口さんが岩瀬さんに語りかけていた言葉が印象深い。
「いつも話していると思うけど、経営とは、
他社ができないことをやること、それに尽きる」 
その言葉通りのアクションを取ってきているから、
これだけ共感する人がいるんだろうなー。


ネットで生保を売ろう!
ネットで生保を売ろう!

自分がラッキーな人間だと思えるか

このエントリーを含むはてなブックマーク
自分のPCで環境構築してるが、結構時間が掛かる。
システムの肝はプログラミングよりも、環境構築だなー。
待ち時間暇なので、思い付いた事を書いてみる。

僕は自分がラッキーな人間だと思っている。
平和な時代に生まれた事、
その中でも裕福な日本に生まれた事、
子供を自立させられる親の元に生まれた事、
真面目にやれば理解出来る位の脳みそを授かった事、
行動が制限されるくらいの大きな病気を抱えてない事、 
人と話すのが好きな性格である事、 
心が歪むくらい凄惨な経験を一回もしてない事。

上にあげた幸運は何一つ僕の努力で勝ち得ていない。
全くの偶然、巡り合わせの産物に過ぎない。 
不運の方もやろうとしたら同じ位かそれ以上数え上げられるけど、
どうせ嫌な気分になるだけだからやめておく。

突き詰めて考えると、人生の土台には運不運が厳然と存在するけど、
局面局面での不運は結局受け入れるしかないし、
積み重なった幸運の方はとことん活かすべきなんだと思う。

とりあえず僕は、自分がラッキーな部類だと思う事に決めてる。
ひどい経験もしてるが、ネタ話に出来る程度に済んでるし。


 

イノベーションとは真剣にめんどくさがること

このエントリーを含むはてなブックマーク
ITの世界には無数のツールがある。
フレームワーク、IDE、ライブラリやらまあいろんなものがあるが、
そういうのが産み出されたのって例外なく「めんどくさい」から。

文法エラーをいちいちチェックするのがめんどくさい。
自動でチェックさせればよくね?
キーボードをいちいち打つのがめんどくさい。
入力途中で補完させればよくね?
一から全部機能を作るのがめんどくさい。
あらかじめ作って後で使い回せばよくね?

怠惰はエンジニアの美徳の一つとよく言われる。
同じ事を毎回毎回時間掛けてやるのが死ぬほど嫌い。 
ルーティーンをする事に激しい憎悪を覚える。
そういうエネルギーが新しいものを作る原動力になるのかなと。 
 
いちいち動物狩るのめんどくさいよね、農業始めようぜ。
いちいち長距離歩くのめんどくさいよね、車作ろうぜ。
いちいち手で計算するのめんどくさいよね、演算機作ろうぜ。
 
ざっくり考えると、昔からこんな感じで社会は発展してきた気がする。
その裏には重度のめんどくさがりな人が絶対いたはずで、
そういう人がイノベーションを起こしてきたに違いない。


何が嫌いか

このエントリーを含むはてなブックマーク
人間の個性が一番現れるのは、「好き」よりも「嫌い」だと思う。
で、人生の選択を分けるのも、根本は「嫌い」なのかなと。

1. 一秒も無駄にしたくない、後悔するのが嫌だから。
2. 出来れば変化はしたくない、傷付くのが嫌だから。 

1の人だったら、ベンチャー行ったり起業するだろうし、
2の人だったら、大企業や公務員になる。きっとなる。

最近気付いたが「好き」よりも、「嫌い」の方が圧倒的にぶれが少ない。
選択に迷ったら「嫌い」を軸にする方が、決断がしやすい事が多い。

「好き」って勘違いとか一時の浮かれ気分とか多々あるけど、
「嫌い」って後から振り返っても大体正しい感覚な気がする。

だから、「嫌い」な事が何かを把握すると自分の事がとてもよく分かる。
「嫌い」を表に出せなくなると精神衛生状態が非常に悪くなるのは、
結局自分を出せてないのとイコールだからじゃないかな。



訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

いつも応援ありがとうございます!

最新ビジネス書
Recent Comments
livedoor プロフィール
記事検索
ブログランキング
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ