SVPのメーリングリストで回ってきたイベント情報ですが、
このイベントにはかなり食いついてしまいました!
ハマっ子(生まれは福島)としてはこれを見過ごすわけにはいきません。

僕がいずれ起業をする時は横浜を拠点にしたいなと思っています。
育っててもらった都市ときちんと向き合えるビジネスをしたいというのと、
一番自分らしさが出せる場所というので横浜が良いなと。

僕の郷土愛を煽るようなこのイベントが開催されるのを聞きつけ、
「横浜に同志がいるんだ」という嬉しさと、
「こんなに自分は先を越されてるんだ」という悔しさが同居して、
ものすごい刺激を受けます。

僕にとっては必須科目なこのイベントですが、
皆様もぜひぜひ一緒に参加しましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
横浜ソーシャルベンチャー・ナイト vol.1】
横浜から社会起業家が次々と〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<開催概要>

【日時】2009年11月3日(火)18:30開場(18:40開演)から20:45

【場所】横浜情報文化センター 情文ホール
地図:http://www.idec.or.jp/shisetsu/s6-jouhou.php4?f=jouhou/3-room2.htm
     *  みなとみらい線「日本大通り駅」 情文センター口 0分
     * JR・横浜市営地下鉄「関内駅」 徒歩10分

【主催】横浜ソーシャルベンチャー・ナイト実行委員会
後援(予定):横浜市経済観光局   協力:ETIC.

【参加費】   500円(税込)

【申込】 http://kokucheese.com/event/index/570/ より申込み(先着200名様)

【締切】2009年11月2日23:55

【お問い合わせ】 http://www.unitedpeople.jp/contact/

【内容】

1.4人の横浜出身または横浜ベースの社会起業家の事業プレゼン(敬称略)

 ○NGO エクマットラ 渡辺大樹
  http://www.ekokoro.jp/world/interview/001_watanabe/index.html
  http://www.arijigoku.net/?page_id=78
1980年生まれ、横浜市出身。金沢大学文学部卒。
大学時代はヨット部に所属。タイ・プーケットで行われたヨットの国際大会時にスラムの子どもを見て衝撃を受ける。帰国後1年間バイトで貯めたお金を持ち、世界最貧国の1つバングラデシュへ。2004年にエクマットラを共同創設。バングラデシュの問題はバングラデシュ人の手により解決するべきと考え、現在は顧問としてバングラデシュで活動を指揮し、エクマットラアカデミー設立に向けて奔走中。※エクマットラは映画「アリ地獄のような街」を今年制作。11月から日本では公開開始(http://www.arijigoku.net/ )

※スペシャルゲスト:女優、大塚麻恵
http://ameblo.jp/ohtsuka-mae

○コトラボ合同会社 岡部友彦
  http://koto-lab.com/
  http://yokohama.hostelvillage.com/ja/index.php
1977年6月 神奈川県生まれ。東京大学大学院建築学修了。
2004年から横浜寿町を拠点に"YOKOHAMA KOTOBUKI STYLE"を展開、地域再生プロジェクトに取り組む。"モノ"づくりではなく、"コト"づくりからまちづくりをコンセプトに、再可視化 と再価値化に挑戦中。簡易宿泊所を改装したYOKOHAMA HOSTEL VILLAGEや、街の現状とそこで行われているプロジェクトを分かりやすく紹介したプロモーションムービー"KOTOBUKI_Promotion"の制作、通常の選挙キャンペーンにインスタレーション色を持たせた"KOTOBUKI選挙へ行こうキャンペーン"
などをプロデュースする。第57回横浜文化賞文化・芸術奨励賞。

○Waku-Work 山田貴子
  http://web.me.com/yamataka/waku-work/Home.html
  1985年生まれ 神奈川県湯河原町出身。
  慶應義塾大学政策メディア研究科社会イノベータコース在籍中。
  2006年、サイパンで出会ったフィリピン人がきっかけでフィリピンへ。  貧困問題を目の当たりにし、一人で計8ヶ月サバイバル! フィールドワーク!そして今年の4月、生まれた環境に関係なく一人一人が夢を見つけ夢を叶えられる社会を目指し、現地の若者5人と共にWaku-Workを立ち上げる。 海が好き!太陽が好き!今日もわくわく!

○ユナイテッドピープル株式会社 関根健次
  http://www.unitedpeople.jp/
  http://digiper.com/interview/article/26.shtml (インタビュー記事)
  1976年生まれ 神奈川県藤沢市出身。ベロイト大学経済学部卒業。
  高校卒業後、アメリカの大学へ進学。卒業後、帰国し、主にIT業界に身を置く。2002年に起業。学生時代に紛争地、パレスチナを訪問したことがきっかけで、世界の問題解決を目指すソーシャルビジネスを開始。2003年5月にNGO/NPO支援のための募金サイト、イーココロ!を立ち上げる。2007年より社会的企業や社会起業家を応援するソーシャル・イノベーション・ジャパン(SIJ)フェロー。2008年、第2回「ソーシャル・ビジネス・アワード」 にて マイクロソフト奨励賞を受賞。

2.同4人のパネルトーク

3.横浜の先輩企業からの応援メッセージ

○株式会社大川印刷 代表取締役社長 大川哲郎 様
  http://www.ohkawa-inc.co.jp/
2007年度(社)横浜青年会議所副理事長、NPO法人横浜スタンダード
推進協議会副理事長、メディア・ユニバーサル・デザイン協会理事、横浜のイベントをエコにするネットワーク副会長。印刷を通じて環境や医療など社会的な課題に取り組む、「ソーシャル・プリンティング・カンパニー」を目標に活動。 2005年「第8回グリーン購入大賞」大賞受賞。

4.横浜市経済観光局よりメッセージ
マザーハウスがバングラで行ったボランティア活動の
施設の子供たちにランドセルを届ける事業。
その際にコラボしたのがエクマットラです。

バングラディッシュの大人たちに希望を与えるのがマザーハウスなら、
子供たちに希望を与えるのはエクマットラと言えるのかもしれません。
恵まれない境遇の子供たちに教育を提供することで、
未来を自分で切り開く能力をつけるきっかけを与える。
文章にするとたった二行ですが、その文脈には多くのものが詰まっているはずです。
その「文脈」を知るために、一言一句もらさず聞いてこようと思います。

そして、エクマットラの4年間の活動の集大成である映画、
アリ地獄のような街が11月7日から上映されるそうです。
上映場所と期間は以下の通りです。

上映期間:2009年11月7日(土)〜11月20日(金)
11月7日〜13日 : 14:20〜上映 / 17:40〜上映
11月14日〜20日: 14:05〜上映

場 所 :シネマ・ジャック&ベティ
横浜市中区若葉町3-51
京浜急行 黄金町駅5分
市営地下鉄 阪東橋駅5分
JR関内駅 15分

電 話 :045-243-9800

鑑賞料金:一般1600円、大高1300円、小中シニア1000円

映像が持つ力は非常に強いので、きっと色々な事を感じると思います
こちらも見たらまたレポートします。